Project for Mr. Taira

1. 東京・下北沢/H.T.氏邸/縮築改修工事
(2000年)


世田谷区代田6丁目に建つ木造2階建て住宅の改修事例です。1961-2年ころに建てられた約30坪ほどの住まいですが、居住者は要介護3の高齢婦人と心臓疾患に不安を持つ男性です。
建物は40年ほど経っていますので、かなり老朽化していますが、劣化しているわけではありません。日本的常識では「建て直す」ことになるのでしょうが。高齢の住まい手のため、これまでの生活空間を大きく変えずに穏やかなリニューアル工事とすることにしました。
(この写真は南西角から見たところです。西側道路は幅約6m、南側は4mの傾斜道路です。2000年4月17日撮影)


高さ2mほどの大谷石積みで敷地ができています。南西角に突出して和室の「離れ」があり、現在はほとんどベッド上で生活を送る高齢婦人の部屋になっています。ところが浴室がちょうど反対側の北東角、台所の奥にあるということで不便をされていると見受けました。離れの北側に僅かなスペースがありますので、ここを浴室に使うと都合良さそうです。寝室と浴室が近接していない住まいが相変わらず造られていますが、高齢者にとっては不便であるとともに、とても危険なのです。若い方にとっても便利な方が良いと思います。
(この写真は西側の道路から見上げたものです。2000年4月17日撮影)


この地域はゆるやかな傾斜地で、どの住まいも台地状敷地になり、玄関へのアプローチには階段を設けています。いずこも狭小な敷地ですので、アプローチの階段はとても急で、危険なものになっています。転倒事故は命取りになりますので、今回のリニューアルの大きな課題です。
施主は心の優しい人で、我が家が2階建のため、北側隣家の日照を妨げていることを永年気にかけていて、この際2階を解体したいとの希望が出されました。そのため、玄関突出部を取り除くことにしました。ここになんとか、アプローチ階段がとれそうです。
(この写真は南側の道路から見たものです。2000年4月17日撮影)

南側4m道路に面して玄関がありますが、狭いポーチから道路まで僅かに90cmほどしかありません。鉄製門扉は階段の途中についていて、ほんとうに危険です。40年前はそれほど気にならなかったのでしょうが、足腰が弱くなってからは、かなり不便をされたことでしょう。
接道路面から生活床面までの高低差は1.5m以上もあります。もし、1/20勾配の傾斜路を造るとしたら、30m以上の長さを要するわけです。とても不可能なので、蹴上げ15cmの緩やかな階段でアプローチすることを選択しました。
(この写真は建物の東端から玄関ポーチを見たものです。2000年4月17日撮影)


この家のアプローチ階段は蹴上げ踏み面ともに30cmほどで、しかも道路に突出しているという危険なもので、しかも、それぞれの段差がさまざまです。10年ほど前に、この階段で転倒して右腕を骨折し後遺症を持つことになった施主のためにも、安全なアプローチがまず必要と考えました。
安全な住まいを造るためには、道路面と生活床面にあまり大きな段差を取らないことが鉄則です。床高が50cmも60cmもあるような家は、バリアフリーにすることはとても困難です。室内の段差が無ければ安全ということにはなりません。「高温多湿」だからと安易に床を高くすることは再考したいものです。
(2000年4月17日撮影)

とうとう、2階を解体して新しい小屋と屋根をかけました。通常の在来軸組ですが、2階屋根が、日本瓦葺きでしたので、かなり軽量になり、究極の耐震補強になったようです。隣家の方たちもとても喜ばれているようです。でも、このような「縮築」のケースはなかなかないでしょうね。拡大にともなう「危険」は縮小という知恵で安全に置き換わることは、どなたも分かっていられるのでしょうが。今回のケースは、余分と思える費用負担をしてでも「隣家のために」という施主の意志が強かったため実現したものでした。それによって、施主自身にも安全がもたらされたともいえるのです。
(2000年6月12日撮影)


2階を解体したため、とてもひかえめな家になりました。2階にはまだまだ利用可能な2室がありましたが、あまり使われていませんでした。趣味のオーディオ、楽器練習などに使っていたようですが、きつい階段のため、このところは時たましか2階には上っていなかったそうです。高齢者にとって階段の昇降はとても負担が大きいのです。日本の住まいは「狭い」といわれますが、それは小面積というより「狭く」使っているためです。ちなみにこの家の敷地面積は約45坪、1階の床面積は約21坪、とても小さな家ですが、ゆとりを持って暮らせる空間に蘇ることになります。
(2000年6月12日撮影)


縮築改修はかなり進みました。40年近くも前に一生懸命造ってくれた大工さんには申し訳ない気持ちで解体をしてしまいましたが、なんとか新しい表情を現してくれました。今回の大工さんも、とても気持ちの穏やかな方で、いっしょに仕事をしていても、妙なトラブルを一切持ち込んできませんでした。こんな大工さんが町ではきちんと仕事をしているのに、なんで何とかハウスとか、何とかホームなどといういかがわしい「大企業」、不良債権をどうやってごまかそうか、無知な大衆からどうやって搾り取ろうかとてぐすねひいている罠にかかってしまうのでしょう。良い大工さんは身近にいますよ。
(2000年7月24日撮影)


住まい手の右腕を骨折させた階段を除去しました。できるだけ軽微な費用で改修するために、仕上げはモルタル金鏝仕上げですが、蹴上げ、踏み面だけは正確にとってあります。新宿駅の階段より、ずっと楽に昇り降りできるはずです。ヘルパーの方も、けっこう年輩なので喜んでくれるのではないかと期待しています。
表玄関と勝手口に行く階段はまったく同じ勾配ですので、転ぶことはないはずです。でも、外に一歩踏み出すと思いやりのない強者優先の「公共工事」が高齢者を痛めつけようと待ち構えています。「外」を変えるために、私たちがマジョリティーになりましょう。
(2000年7月24日撮影)

改装キッチンのの姿が見えてきました。設計原則は、「単純明快」「役にたつ」「せせこましくしない」「ふしだらにならない(messyにならない)」「費用をかけない」です。1枚のコの字型のワークトップがあるだけで、大工さんの普通の仕事できれいに仕上がります。システムキッチンとかいう過剰装備のまがい物のために、馬鹿げた費用を出費するご主人の苦渋の表情がつらい。「住まいは経済的でなければならない」という「住まいの7原則」を思い出してください。住まいに費用をかけて、自分の、家族の人生を日本経済の安定のために犠牲にすることはそろそろ止めにしましょう。
(2000年7月24日撮影)


竣工しました。1日も早く引っ越したいという住まい手の希望で、8月10日に入居しました。この日介護用のベッド、カーテン、ブラインド、家具の主要なものが整いました。仮住まい探しには、短期、高齢という条件のためかなり苦労しましたが、至近の一軒家をご近所の方の好意でお貸しいただき、約2ヶ月半の期間を無事に過ごすことができました。お母さんの移動は、大工さんが背にしょって新居に移してくれました。この写真は引っ越し後1週間ほどしてからのものですが、その間に植木やさんがきれいに手入れをしてくれましたので、とてもさっっぱりした姿になりました。
(2000年8月18日撮影)


南面、出入り口側の外観です。白い簡易な門扉とフェンスもつきました。まだ、ベニヤ板とかその他の処分すべきものが散らかっていますが、結構明るくて軽快な姿になりました。それにつけても、東京電力株式会社や東日本電信電話株式会社の電柱と電線は、いつまでこんなにのさばって醜い姿ををさらし続けるのでしょうか。いいかげんにして欲しいものです。両社ともすごい利益をあげているというのに、なんとも恥知らずなことです。この写真は、あんまりなので電線などを多少消しこんでありますが、はやく電柱のない町にして、爽やかな町に建つ元気な家の姿を見たいですね。
(2000年8月18日撮影)


南側道路に面するアプローチの階段です。モルタル金鏝仕上げの簡素なものですが、踏面35cm、蹴上15cmの緩やかな階段です。以前の階段にくらべると、ほんとうに楽になったと喜ばれています。ここの5段を上ると、庭の高さに達します。その踊り場からは木製階段で、生活床面 に上がれます。
右手に少し見えている土面は植え込みなります。この写真は引っ越し当日の8月10日に撮影したもので、3日後には可愛い植え込みができました。お庭にも数本の新しい樹が植えられ、お母さんの部屋からも眺められるようになりました。
(2000年8月10日撮影)


この3段の木製階段を上るとウッドデッキに出ます。この高さが生活床面 です。既存建物の床面とほぼ同じです。日本の住まいは「高温多湿」ということで、これまで習慣的に50cmほどの高さに床面をとってきましたが、現在では防湿の処理も十分にできますので、床高は10-15cmで十分の筈です。接道面と生活床面の段差が大きければ大きいほど、上り下りに負担がかかります。再考すべき基本的なテーマです。
ウッドデッキには、玄関ドア前にドアマットが埋め込み固定されていて、ここで靴を拭って室内に入りますので「玄関たたき」はありません。
(2000年8月10日撮影)


引っ越し前のベッドを据えただけのお母さんの部屋です。南側窓から明るい陽射しがさしています。カーテンも引っ越し当日に取り付けられました。介護用のベッドはP社製のものですが、なんとも「病院風」でいささか落ち込む気分になりますが、福祉施設からの「推薦」を受けたものです。もう少し「ビューティフル」にならないものでしょうか。電動機が3台も装置され様々な動作ができるのですが、「病院風」にすることが介護用品ぽいとでも思われるようなマーケットが出来上がっているのかも知れません。「人権」という言葉を思い起こさせます。
(2000年8月10日撮影)


お母さんの部屋の直ぐそばにある洗面所です。西側にある大きな窓から明るい光が洗面台を照らします。この窓には、撮影日にベネシアンブラインドがつきました。洗面台のトップは白のモザイクタイル張りで、洗面器はT社のものです。フレーム付きの鏡にはデフロストヒーターをつけましたので、入浴中でも曇ることはありません。
それにしても、高価な国産品の衛生陶器とフォーセットはなんでこんなに愛想のないデザインなんでしょうか。大手2社のシェアの高い業界ですが、ぜひぜひヒューマンで楽しいデザインの製品を適正な価格で出して欲しいですね。
(2000年8月10日撮影)


洗面所と一室になった浴室です。洗面所の床はカーペットですが、浴室には洗い場が欲しいということで、10cm角のタイル張り仕上げにしました。洗面所の床との区切りには、排水用のグレージングを設けてあります。主排水は右奥の隅にとりました。西側の大きな窓にはやはりベネシアンブラインドがつきます。洗い場にシャワーセットをつけ、椅子座で洗身するようにしましたが、この赤い介護用椅子も福祉施設からの推薦です。広々した浴室で、これまでと全く違うほど介助が楽になったと、施主に喜ばれました。
(2000年8月10日撮影)


施主の書斎兼寝室です。引っ越し前のライティングテーブルと椅子が入っただけの部屋です。みなみがわホールに面したインナーウインドーから柔らかい光が入ってきます。右側のドアを開放し、お母さんの部屋のドアも開けておくと、施主のベッドからお母さんの様子が見通せるようになっています。
この写真には写っていませんが、施主のベッドはベッドメーキングに力を使いたくないという施主の希望で、ツインサイズの小さなものにしました。施主自身も心臓系統に疾患を抱えていますので、ベッドの選択は慎重にしました。
(2000年8月10日撮影


キッチンです。東側正面の大きな窓は、左右に外開きするケースメント窓で、ブラインドがつきます。そこから朝日がさしますので、一番明るい外光を受けるところにステンレス製のシングルシンクを据えました。左手のビルトイン式のガスコンロには排気フードはついていません。簡単な料理だけしかしないキッチンですので、壁付きの排気扇で十分だと判断しました。コの字型のワークトップはモザイクタイル張りの簡素なものですが、とても爽やかな感じに仕上がっています。高さは90cmです。普通の身長の施主ですが、これでやっと腰の痛みがなくなったといわれました。
(2000年8月10日撮影)


施主のHT氏は、9月に入ると検査のため再度入院の予定です。8月31日に工事竣工のお祝をしました。ちょうど10人が集まりました。HT氏も入居してから3週間たっていますので、やっと落ち着いたところのようで、友人たちとの歓談はいつまでも続きました。以前の和風の住いから、まったくの「洋風」に変わって、身体がとても楽になった、というのが施主の感想です。
まだ、以前の暮らし方を引きずっていますので、この家をフルに使いこなすにはもう少し時間がかかるでしょうが、日常の生活行動の負担が軽減し、健康が回復することを信じています。
(2000年8月31日撮影)


この家には、いわゆる日本風玄関がありません。つまり上がり框がありません。来客のひとりが「驚いたよ」といっただけで、皆さんさほどの違和感を持たれなかったようです。南面に設けたウッドデッキからそのままカーペット敷きの室内に入ります。とても簡単で、当たり前の解決ですが、最大のバリアである上がり框を放置して、バリアフリーは成立しないと思います。
5月20日に着工してから80日ほどの仮住まいをされたHT氏とそのお母さんが、入居後わずか3週間でとても生き生きとされてきたことと、ご近所の皆さんがこの改修工事を喜んでくれたことがこの仕事の最大の喜びでした。
(2000年8月31日撮影)



戻る生活美学社の仕事TOP

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com