Cafe ma maison

これまでのイベント

2004年5月16日に小田原市長選挙がありました。

開票結果は
4選目の60歳現職 37,266票
新人加藤憲一40歳 31,244票
という、かなりの接戦でした。

ということで、これからの市民自治を考える

小田原だいすきパーティー

を5月28日(金)午後6時30分より開催しました。

ma maison の店内は熱気に包まれ、参加者の皆さん全員が
小田原への熱い思いを語り続けました。
素晴らしいポテンシャルを持った小田原、
今ひとつ、市民の力が姿を現せば、素晴らしい小田原は目の前にある、
私たちはその力を持っている、いよいよ本気で取り組もうよ、
などなどいろいろな発言に時間を忘れました。
加藤憲一氏も、この4年間「小田原を拓く《ために、
みんなで具体的行動を起こしましょうと話しました。

皆さんたくさんの飲み物やらお料理、お菓子など持ち寄っていただき
盛り上がったパーティーでした。




le quatorze juillet

巴里祭

2004年7月14日(水)午後7時より10時ころまで
盛大に開催しました。


狭い店内でしたが、なんとか28席をしつらえ、参加者30人に楽しんでいただきました。
シャンパン、ワインでかなり盛り上がり、8時ころからは、小田原在住の寺門恵子さんのキーボード伴奏で、東京から駆けつけた福島順子さんのすばらしいシャンソンを楽しみました。
冷たいビシソワーズ、オードーブルから煮込み肉料理まで、キッチンでは一生懸命作っていましたが、メニューもご満足いただいたようでした。サービスは行き届きませんでしたが、皆さん自主管理風に協力いただき無事切り抜けたといったところでした。
気もそぞろで、またもや当日の写真は1枚も撮りませんでした。





1789-2004 anniversaire de 215



フランス共和国では「le 14 juillet(7月14日祭)《、英語圏では「Bastille Day(バスチーユ記念日《という政治的行事ですが、我が日本では「巴里祭《。1932年のフランス映画(監督 ルネ・クレール、主演 アナベラ、ジョルジュ・リゴー)の大ヒットから、このように呼ばれていますが、ここ小田原 ma maison では何と呼びましょうか。石井好子さんは、なんと「第42回パリ祭《を東京などでコンサート開催。山本リンダさんは「市川巴里祭《だそうです。ma maison でも、シャンソニエールをお呼びします。



M E N U

ウェルカムシャンパン
スープ ヴィシソワーズ
オードブル 各種盛り合わせ
メインディッシュ 肉料理
デザート コーヒー/ティー
ドリンク(別料金) ワイン、ビール、ソフトドリンク他



7月14日祭はフランス共和国の建国記念日ですから、空には最新鋭戦闘機、シャンゼリゼ通りには最新鋭ミサイル部隊などが大行進。「ラ・マルセイエーズ《も軍歌ですからなんか軍事パレード一色のようですが、そこはフランス風エスプリでけっこう格好良いお祭りにしています。
椊木浩さんの 素敵な紹介文「巴里祭《







会 費

3,000円(税込み ドリンク別途)




バスチーユの日、ヴェルサイユへの群衆行進、王権廃止などを経て、ルイ16世の処刑と「革命《はめまぐるしく動いていきますが、1794年のテルミドールの大逆転で一息つくと、すぐさま改革成金伊達男たちの登場となります。「アンコヤーブル!《とはすっぱにはしゃぐ男女たちを揶揄して、このスタイルの連中を「アンコヤーブル族《と呼んだそうです。「アンビリーバブル!《「ウッソー!信じらんない《といったところでしょうか。





ちょっと早めのクリスマス

2004年12月12日(日)午後6時30分より
9時30分ころまで盛大に開催しました。


 いささか早めのクリスマスディナーでしたが、20人ほどの方に多いに楽しんでいただきました。

 近藤忠之さんの吊司会で開会。芹沢直子さんのキーボード演奏とともにディナー。7時半ころから高木いっせいさんのマジック。テーブルが宙を泳ぐというあっと驚く出だしから、皆息をのんで見入りました。さまざまなテーブルマジックまで、実に素晴らしいプロの芸に時をたつのも、ワインを楽しむのも忘れるほど。

 当日のメニューは、ノルマンディー風とか。リンゴと鶏肉が主役。飲み物もシードル、カルバドスも用意しました。毎度のことですが、皆さんの自主管理風ご協力で和やかに進行しました。

 あいにく、またまた当日の写真は1枚も撮りませんでしたので、大騒ぎの様子が伝えられないのが残念です。次は必ず画像を残します。というわけで、ご紹介できるのは、当日のメニューだけです。(会費は飲み物別で4,000円でした。)

 演奏の設定に松本直久さんに4時ころから準備していただきました。司会の近藤さんは、飲み物も我慢していただくほどの活躍でした。芹沢さん長時間演奏ありがとう。高木マエストロ、素晴らしいマジック本当にありがとう。ご参加のみなさんのご協力、活躍されたみなさんに感謝感謝です。



春爛漫・長唄・三味線
ライブ


2005年4月3日(日)午後6時より
9時30分ころまで盛大に開催しました。


 今回は,開店1周年記念ということでしたが,かなり趣向を変えて「長唄ライブ《としました。鳥羽屋里夕(とばや りせき)さんという、今日的活躍をなさっている師匠にお出でいただき、杵屋六響師匠との共演を披露することになっていましたが、諸事情でかなわぬこととなりました。突然の変更でしたが、窮状を察した長唄会の大御所「杵屋響泉《師に登場いただくこととなりました。
 ご来場いただいた大勢の皆さんには、大変窮屈な思いをお掛けしましたが、すばらしい演奏によって、長唄の魅力を感動とともに受け取っていただきました。






みなさま
ありがとうございました


2007年3月16日(日)閉店いたしました。
3年間の営業でした。





閉店の翌日17日(土)午後7時から閉店パーティーを行いました。狭い店内ですので、古くからの友人たち20人ほどで、和やかな時間をすごしました。このパーティーは、西村勉シェフ(35歳)のこだわりメニューとワインなどを、楽しんでいただきました。Café ma maison は、この西村シェフとご夫人の手で、新しいお店になります。開店は2007年4月25日を予定しております。これまで同様、ご愛顧くださいますようお願い申し上げます。


閉店パーティーのメニューです。



Café ma maison はちょうど3年間の営業でした。
店主は、新たな仕事に向かいます。
その節はご報告申し上げます。



案内図

メニューを紹介します

Cafe Top



戻る生活美学社の仕事TOP

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com