Our Thought




to be safe 住まいは安全でなければならない

to be convenient 住まいは住みやすくなければならない

to be pleasant 住まいは楽しくなければならない

to be beautiful 住まいは美しくなければならない

to be not expensive 住まいは経済的でなければならない

to be durable 住まいは長持ちしなければならない

to be involved 住まいは住まい手が造らなければならない



to be safe



住まいが安全であることは、住まいの最低条件です。しかし、非常に残念なことにこの最低条件さえ保持されていない場合が少なくありません。とても残念なことに「危険住宅」が多いのです。
「危険」は外部からの災害、地震や台風などによるものと、住宅内で発生するもの、転倒や墜落などによるものがあります。これについては、日本にも「建築基準法」というものがあり、敷地・構造・設備についてクリアしなければならない最低の基準を定めています。つまり法律という強制力で「健常者にとっての最低の水準」だけは守られているわけです。しかし、体の不自由な人やお年寄りのような生活行動が活発ではない人や、健康を害した人を対象とした法令はありません。したがって、住まいの中での安全については住まい手も住まいの造り手も、生活行動のさまざまな場面を想定して十分に配慮しなければなりません。
15年ほど前から「ユニバーサルでザイン」という考え方が北アメリカで広がってきました。これは「五体満足」な人にも「五体不満足」な人にも、高齢者にも若年者にもすべての人にとって安全で便利なデザインこそ本当のデザインであるという思想です。
住まいにこそユニバーサルでザインが求められるはずですが、現在の住宅供給の現状は程遠いといわなければなりません。これは供給者の責任というよりも、住まい手自身が「安全住宅」を求めていないというところからきているともいえます。


このページの先頭に

to be convenient



住みやすいというのは、生活するためのいろいろな行動が容易にできる、楽ができる、快適に過ごせるということです。「入浴するためには傘を差して階段を上らなければならない」「夏は暑く、冬は寒く、いつも自然の変化を体で感じる」といった緊張感に満ち溢れた住まい造りの立場は取るべきではありません。人の暮らしはそれぞれの個人によってさまざまですが、基本的な生活行動には大きな差異はありません。だれにも共通する普遍的な行動になじむ住まいが住まいやすい住まいだと考えます。
快適な住まいづくりのためには、住まい手の生活行動、つまり暮らし方のすべてが秩序だっていることが前提となります。乱れた暮らし、だらしない暮らしは、住みにくさから生まれるのです。便利さを求めることを、やや否定的に捉えるような「自然派」もいられるようですが、高齢化社会にとっての住まいやすい住まいは、すべての人がより良く生きるための社会的資産です。


このページの先頭に

to be pleasant



住まいは人生の器です。生産をバックアップするための装置ではありません。住んでいる日々が楽しく、人生をいきいきさせる楽しいものでなければなりません。人にとってもっとも楽しいことは、家族・友人・知人との交流ではないでしょうか。閉ざされた住まい、人を立ち入らせない住まいではなく、いろいろな人が出入りし、新しい話題にあふれ、多様な社交に満ち、だれもが訪ねてみたくなるような住まい、つまり繁盛する住まいこそ本当に楽しい住まいだと考えます。

このページの先頭に

to be beautiful



人はだれしも美しく生きたいと望んでいます。美しい言葉を話し、美しく装い、美しく振る舞おうと努めています。そして、人は美しい人にひかれます。美しい住まいはそれらを支える大切な基盤です。どんなに狭くても、どんなに粗末でも住まいを美しくすることなしに美しく生きることはできません。粗末だから、貧しいから住まいが醜いのはしょうがないということは、自分の人生を粗末にすることです。住まいこそ、そこに住んでいる人の美意識と人生観を表すものです。住まいは美しくなければなりません。

このページの先頭に

to be not expensive



住まいは高価なものと考えられています。私たちの「工業社会」はさまざまな商品とサービスを開発し、大量に供給してくれます。住まいは一番大型の商品として、購入者の人生さえ支配するような高価なものになりました。だれにも稼ぎや甲斐性は限界があります。それでも、少しでも「良い」住まいを「購入」しようとして、商品の魅力に惑わされます。暮らしやすく、安全で、楽しく、美しい住まいという原則をつらぬくことを第一にして、豪華な材料、便利そうな新装置、新奇なデザインなどに出費しないことが大切です。私たちが目にする住宅は高価すぎます。住まいへの出費で苦しい人生を送るのは間違いです。

このページの先頭に

to be durable



日本は住宅生産の大国です。ここ20年ほど、毎年120〜150万戸の住宅が生み出されてきました。住宅の総戸数は3500万戸ほどですから、その7割もが20年で建て替わったことになります。建ててから20年以上経った住宅はわずか3割、35年以上経ったものはなんと1割しかありません。このような使い捨てのような住宅をいくら造り続けても、社会の基礎資産としての住宅は残っていきません。これは、まさに住まいの作り方に大きな問題があるからです。鉄筋コンクリートのマンションでさえ30年で建て替えるのが普通だと思わされています。良い住まいは百年でも二百年でも使い続けられます。長持ちする住まいを造らなければなりません。

このページの先頭に

to be involved



住まいを造ることはとても大変なことです。良く分からないこともあって面倒なことです。それでひとまかせにしたり、出来合いで間に合わせたりするのでしょうか。子供を育てることも大変で面倒なことです。でも決してひとまかせにはしないはずです。住まいを造ることは、普通の人にとってはかなり大仕事で、失敗したら取り返しがつかないほどのものです。なぜこんなに大切な大仕事をひとまかせにしたり、商品カタログで安易に決めてしまうのでしょうか。住まいは人生を決める大切なものです。どんなに面倒でも、住まい手自身が造らなければなりません。住まい手自身が、建築家・インテリアコーディネーター・工務店・住宅メーカーなどの専門家を指揮監督しなければなりません。
住まいを学ぶことは、とても楽しいことです。しかも、学んだことが数百万円、数千万円の倹約になるかも知れないのです。仕事を1年間休んでも良いくらいの値うちがあるのではないでしょうか。


このページの先頭に

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com