小田原城の花たち #2
小田原城の花たち#1



花菖蒲とはいよいよお別れです。最後の一輪が名残り惜しそう。
花のいのちは3日とか。その華麗な美しさを保ち続けるには、早朝からかなりの手入れが必要なのです。愛犬Jean との散歩では、朝5時ころ泥田の中で花摘みをしているボランティアの婦人たちにお会いします。5月中旬から7月初旬まで1ヶ月半ほどのきつい作業ですが、美しい菖蒲を楽しんでもらおうという熱意には頭が下がります。このような方たちのおかげで、城址公園は少しずつ観光、散策などでにぎわいを見せるようになっています。


これまで脇役だった野花が目に入りました。
小田原城本丸の崩れた石垣の急斜面に可愛い姿を見せています。
有為転変、時代の都合で形を変え続けてきたであろう城址の土壌は、何事もなかったかのごとく、私たちに美しくまたはかない命を伝えてくれます。

いよいよ睡蓮の季節です。お堀を埋め尽くしていた大きな蓮の葉に隠れていたつぼみが花開きだしました。
この蓮池は小田原城の内堀と思われますが、その群生は見事です。敗戦後、数回の再生の試みが功を奏して、このような美しい姿を出現させてくれたようです。

蓮池の面積は5エーカーほどでしょうか。それぞれに開花時期、すがたかたち、それに花開く朝の時刻もさまざまです。堀端をうろうろ歩き回って楽しんでいます。
Jean-Jacques 君(トイプードル 2歳)はやや迷惑げですが、おとなしく付き合ってくれます。

睡蓮の撮影は、堀端から望遠でとらえるしかありません。
200mmのレンズはお荷物ですし、三脚まで用意しなければなりませんが、朝5時には大荷物の中高年者たちがおおぜいレンズを構えています。

遠くに見えるからこそ、ますます近づきたい。

少し無理してクローズアップしてみました。

このように俯瞰できる花は貴重なのです。やや小振りな花ですが、毎朝楽しませてくれます。


我が愛する小田原の花たちに会いにお出かけください。

かっては関東の中心でもあった小田原は、いまでも交通事情は抜群です。東京で仕事をされている方もおおぜい住まれています。都市環境はやや遅れているかもしれませんが、少しずつですが意欲的に取り組んでいる方たちの力で良い方向に進んでいると思います。
小田原の楽しみ方をお伝えしたい思いでいっぱいです。


Enjoy a Great Day
at
ODAWARA





小田原城の花たち#1

戻る Site Map


Cafe ma maison
Makiko Usuha & Shigeru Matsumoto,
Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com