ストップ! 127mタワービル

6月には駅ビルがオープンするのにもかかわらず、さらに、東口、現市営駐車場周辺の土地(通称お城通り地区)に天守閣の2倍もの高さ 地上33階建て127mのタワービルが建設されようとしています。

 

○城下町小田原の危機!

確実に城下町のイメージは変わってしまいます。小田原城に対抗するように建っているビルなんて想像できない。こんなことしたら、小田原にしかない魅力を求めて来てくださる日本人や外国の方はきっと落胆されるでしょう。

○市は市民の意見を受け付けない!

市はこれを「広域交流拠点整備構想」という計画に基づいていると言って、市民の意見を十分に聞き入れることなく計画をどんどん進めています。市による説明会が開催されましたが、出席した市民のほとんど全員が反対、事業の凍結を求めているにもかかわらず、市は「再開発準備組合の一地権者」であることを主張して、市民の意見を受け入れようとしません。この土地の8割を我々の多額の税金で取得しておきながら、あくまでも市は「一地権者」にすぎず、他の地権者と平等の立場であるから、市民がなんと言おうとも市単独では何も変更できないと、訳の分からないことを堂々と言っています。

○将来に負の遺産がのこる!

土地の取得にすでに72億円(金利が14億円)と今まですでに市民一世帯あたり10万円ほどの支出をしています。
市は民間に貸すのだと強調していますが、その民間業者から市が今度はコンベンションホールを毎年我々の税金2億円以上も出して50年間借りるのです。借りるということはその賃借料だけでなく、それを維持していくためのランニングコストやメンテナンスコスト、さらには内装費も多額にかかります。私たちが働いて収めている税金をそんなに使えるのなら、もっと今も将来に向けても小田原の魅力を引き出す方法がたくさんあるのに、バブルで反省した今の時代に高層ビルなんて!!小田原のことを真剣に考えていない人(代行者)が計画、決定しているから怖いのです。

○失敗は市民が背負う!

今声を上げなければ、多大なリスクを背負うのは市役所の職員でも市長でもなく、我々小田原市民だということを分かってください。一部の利益を得る者の為に大変なものを背負わされますよ。子供達も莫大なつけを払わざるを得なくなります。今まで想像したことがない少子高齢化の将来に、無駄遣いと景観破壊のつけが確実に回ってきます。

 


今回は、専門家をお招きして小田原の街づくりを考え、そしてこの計画を凍結してもらう作戦を考えます。

日時 2005年6月5日(日)17:00〜19:30

場所 小田原市民会館 第7会議室 (会場費 300円)

1.小田原らしい美しい街をつくるために~先進事例に学ぶ~
  都市プランナー 野口和雄さん 基調報告
2.事業の中止もしくは凍結をさせるために~討論~
  野口和雄さん 市民代表2名
3.今後の行動の提案~フロア討論~

主 催 歴史と文化のまち小田原の駅前を考える会

    神奈川ネットワーク運動おだわら市民会議

協 力 小田原駅前タワービル建設問題を考える会

問合先 歴史と文化のまち小田原の駅前を考える会事務局

250-0045 小田原市城山4-1-11 TEL:0465-23-7871 FAX:0465-23-7872 E-mail:smat2@nifty.com