天守閣前高層マンション退治記





小田原城を助けて

小田原城の目の前に、13階建ての巨大なマンションが計画されています。12月14日に「説明会」がありました。設計者は「小田原城よりは高くなるでしょうね」と平然としていらっしゃいました。「景観緑三法」やら「景観条例」やら、いろいろ丁寧な法令が作られていますが、都市計画法、建築基準法に守られて粛々と出現するのでしょうか。「世界にきらめく1000年都市おだわら」は市長さんのセールストークだったのに、なんたることでしょうか。合成写真をご覧ください。

小田原城天守閣からの眺め
2004.12.17.天守閣展望台より35mm広角レンズで撮影

13階建てマンションでこう変わりそうです。
事業者作成の立面図を合成したもので、スケールはほぼ正確です。

この計画の概要を記しました。

このマンション計画について (2004.12.15.現在までの経過)

1. 10月19日、小田原市都市部開発審査課に事前相談があった。
2. 12月1日、同課に「開発計画届」が出された。
3. 12月4日、現地に「開発計画の概要を示す標識」が設置された。
4. 12月4日、27区自治会の定例役員会で「説明会開催」が知らされた。
5. 12月9日、27区自治会により「事業者による説明会開催」の回覧がなされた。
6. 12月14日、「小田原市中高層建築物等の建築及び開発事業にかかる紛争の調整に関する条例」に基づいて、事業者による説明会が開催された。(市民会館)
この説明会で、次のような計画概要が知らされた。
       敷地面積:3,920平米
       機械式等による駐車施設 79台
       建物用途:ファミリータイプ分譲マンション78戸
       建築面積:915.0平米
       延べ面積:7,973平米
       最高高さ:42.47m(道路面から5m高い台地から)
       昇降機室:47.55m
       階  数:地上13階
       構  造:鉄筋コンクリート構造
       基  礎:直接基礎
       工  期:平成17年4月末日〜平成18年末日
         建築主 株式会社地建 沼津市五月町20番17号
         設計者 高橋駒井建築企画一級建築士事務所 小田原市酒匂4-12-11
         施工者 未定
7. 12月15日、小田原市都市部開発審査課に、開発審査で出来る最低限のこととして次のことを指導するよう申し入れた。
1) 本事案の計画並びに埋蔵文化財調査期間中及び工事期間中の敷地西側法面の安全確保
2) 前面道路である小田原停車場線との自動車出入り(収容自動車79台の交通発生)にともなう通行自動車および歩行者の安全確保
3) 接道土地から高さ5メートル擁壁上部の土地へ設けんとする斜路(勾配15%)の自動車昇降の安全確保

小田原市では、「高度地区の指定を検討中」ですが、条例成立は、2005年7月とのことです。このままでいくと、この件には間に合いそうにありません。(現行の法律、小田原市の条例では、この開発は法令的には許可されます。)


1月23日 自治会による
合同集会開催

 「城山三丁目の高層マンションを考える集会」が、第1区と第27区の二つの自治会の共催により、城山四丁目の公民館で開催されました。当日は、小田原では珍しい雪模様の中、日曜日の午後7時から34名の参加者により開催されました。
 計画の概要、環境への影響、小田原市の施策や対応などの説明に続き、活発な意見交換が行われました。周辺地区の環境影響はもちろん、小田原市のシンボルとも言える小田原城の景観を大きく阻害することへの懸念が話し合われました。4年前の「景観破壊マンション反対運動」の経験なども伝えられ、私たちに何ができるか、市の行政にどう対応してもらうか、どうやって多くの市民の方たちに伝えるか、等などさまざまな考え、アイデアが語り合われました。
 あっという間に時間が過ぎ、早急に再度集会を開いて「具体的対応と行動」を決めよう、そのための集会を26日(水)に開催することを決めて散会しました。多くの方たちが、伝達、立案、情報収集などで慌ただしく動かれています。


1月30日
「八幡山の景観と環境を守る会」
設立を宣言

 第1回会合に引き続いた26日の合同集会では、まず行動するための組織を立ち上げよう、ここに居る方で会員を集めよう。考えられるあらゆる行動をすぐに始めよう、ということが決められました。これを受けて設立総会が、1月30日、第1回集会から一週間後に開催されました。会場の確保ができず、狭いことを覚悟で、Cafe ma maison で参会者約40人により熱気あふれる論議の中で、会の設立が宣言され、会長に河田正さんが選任されました。なんと2月1日には、会員数300人を超える強力な組織に成長しています。


2月3日
市長と市議会議長に要望書を渡す

設立総会で選出された役員10人は、連日深夜までの協議と作業を重ね、総会議事録、会則認証、要望書、プレス資料などを完成させました。2月3日(木)午前10時、市長室にて河田会長より要望書を手渡しました。
 ただ、残念なことに、小澤良明市長は現れず、代理は市橋匠助役でした。市民が危機感を持って要望する事案に、耳を傾けていただくことはできませんでした。マンション用地の公有化のこと、公有するのは市民の力でやりましょうと提案したかったのですが、無念なことでした。市橋助役は「市長も甚く苦慮されている」といわれていましたが、具体策、緊急措置などについては一切お話はでませんでした。
 誠に困った事態だが、手の打ちようが無い、困ったことですでは何も解決しないのです。何が出来るか連日連夜考えてください。

 午前11時からは、市議会会議室で大野眞一議長にもほぼ同文の要望書を手渡しました。市議全員には協力のお願い文を添えて郵送で発送しました。
 この行動には、お子さんを抱かれた若いお母さんから、84歳の歩行もままならない高齢の方まで、10人ほどが参加されました。市の新たな施策である「高度地区」指定による高さ規制の決定はこの夏です。この駆け込み計画が万一現実のものにでもなると、15m 規制の地に50m のマンションが8月ころから顔を見せてきて、小田原市民全員が唖然とするということになります。市長さん、本当にこれで良いのですか。私たちも立ち上がります。一緒に解決策を練り上げましょう。



2月6日
緊急総会を開催し宣言採択

第1区公民館において、午後6時より役員会、7時より「緊急総会」を開催しました。この集会は、事業者から直接に計画の説明を聞くべく設定されていたのですが、事業者から断られたため、急遽「緊急総会」に衣替えしました。したがって、この総会の主要な議題は、事業者の計画の中止を求める宣言を決定するということになりました。


宣 言

私たちは、つぎの通り宣言します。

 私たちは、2月6日に第1区城山公民館に於いて緊急住民集会を開催し、城山地区の住民がこれまで長きにわたり大切にしてきた住環境と歴史風致景観を今後も守り続ける義務と権利があることを確認しました。
 株式会社地建(静岡県沼津市五月町20番17号)に対し、(仮称)アーバンシティー小田原城山新築工事の計画および準備工事を即時中止することを求めます。


2005年2月6日

八幡山の景観と環境を守る会
会長 河田正 副会長 足立慶郎、松本茂
ほか会員375名



2月7日
景観審議会が開かれました


 小田原市都市景観条例第26条に定める「都市景観の形成に重大な影響を及ぼす行為の届出」を受けた市長は、意見を求めるため「審議会」を開きました。委員の先生方はいささか頼りない不勉強の方が多く居られたのですが、さすがに市議さんの委員は問題認識が強く、私たちの考えをしっかり主張してくれました。この審議会としてはかなり踏み込んだ意見の提示が決められました。
議事録
 景観審議会始まって以来の「傍聴者」で、しかも満員となって、可成りのプレッシャーがあったのかも知れません。いささか時間不足の審議会だったようです。
 市長は、この意見を受けて届出者(事業者)に対し「要請」を出すことになります。ぜひ、事業者は市長の要請に応えて欲しいですね。まさか、罰則が無いから知らん振りということはないでしょうね。



2月8日
神静民報が詳細報道



2月11日
宣言書を事業者に手渡しました

 2月11日午前11時、カフェマ・メゾンにおいて、八幡山の景観と環境を守る会 会長 河田正さんが、株式会社地建の代表代理者 開発部長 和泉信介さんに私たちの「2月6日宣言書」を読み上げるとともに、書面を手渡しました。なお、設計者 高橋駒井建築企画一級建築士事務所 代表駒井泰夫さん、当会の二人の副会長 足立慶郎さん、松本茂も同席しました。
 当日たまたまカフェマ・メゾンに来店された「歴史と文化のまち小田原の駅前を考える会」の世話人代表 安藤義和さん染三枝子さんもこの宣言書手交の光景を確認されました。

2月13日の日曜日
街頭署名行動開始

 私達の大好きな小田原城址公園で、最初の街頭署名行動を始めました。当日はスペシャルオリンピックのトーチランが行われていたことなどで、人出も多くてあっという間に500近い署名が集まりました。


2月15日には5団体が独自の景観保全の陳情

 小田原市議会議長と市長宛に「小田原の城と緑を考える会」「西湘の緑を守る会」「小田原城郭研究会」が共同で、「八幡山に『北条早雲公園』を創る市民協議会」と「城山のランドスケープデザインを子供たちに伝える会」がそれぞれ独自に、計3本の陳情が、「この地域の景観保全」という私たちに近い趣旨で出されました。
(その後、3月8日には、幸地区連合自治会会長 冨川 正秀、1区自治会会長 広瀬喜三郎、27区自治会会長 川瀬 敏夫の3自治会長から類似した趣旨の陳情が出されました。審査は3月議会終了後になるでしょう。)

2月18日 守る会の会長が関係3部長に解決要望

 政策、都市、教育のそれぞれの行政施策に責任を持つと思われる3部長が、市長の指示で会長と面談しました。3部長とも、景観の保全が危機に瀕している状況についての問題意識が極めて希薄であり、当会会長も唖然とした会見でした。代理者ではなく、市長自身が登場せよと要求を続けます。

2月24日 3月議会会派代表質問開始

 いよいよ代表質問が始まりました。市議会には7つの会派がありますが、すべての会派が「マンション開発と景観破壊」を取り上げました。それぞれ要求施策には違いもありますが、無軌道なマンション開発が国の法に反していないということだけで、市民のまっとうな景観と環境の保全という願いを踏みにじって良いのかと追求しました。市長は弱々しく「日本は法治国家ですから-----」と弁解。施策の怠慢が、こんな危機を呼び込んだことの責任に、打ちひしがれているように見え、気の毒にも見えましたが、矛先を鈍らせてはなりません。市長曰く「市ばかり責めないで、マンション業者を攻めてよ」。ごもっともですが、解決する力は、市長にしかないのですよ。

2月26日 事業者の小田原営業所を抗議訪問

 マンション業者を攻めてよという市長の希望に応えて、早速抗議訪問しました。会の行動家たちが担当部長と設計者に会い、要求を伝えました。

3月3日 沼津の本社を初めて抗議訪問

 早朝の電車で、沼津へ。9時の仕事始めの事務所に「ゼッケン姿」の代表4人が初めて訪問しました。「要求書」を示し、私達の願い、マンション計画の中止を要求しました。対応した常務さんをはじめみなさん全く無言、びっくりされたこともあるのでしょうが、対応に困っているといった感じでした。
 帰路の沼津駅前で街頭チラシ配りをして帰りました。

3月8日 関係自治会会長から新たな陳情

 このマンションの立地する近隣2自治会と地区連合自治会が、会長名でこれまでと類似趣旨の陳情を、市長及び市議会議長に出したことを知りました。自治会と市、市民の有力者とその団体など、永年の関係蓄積があるようで、単純な住民運動サイドからはよく見えませんが、大きな前進力のひとつになるもので、大歓迎です。ただ、例によってこのことを知っている自治会員は極めて限られているというのは、奇妙なことです。

3月9日 沼津の本社を再度抗議訪問

 今回は会長以下6名という陣容。やはり9時の事務所を訪問。今回は、八幡山がいかに大切な場所であるかを懇々と解説。事業者はこの地区が小田原の歴史遺産に絡んでいることを全くご存知無かったようですし、市側からも、設計者からも伝えられていないようで、いささかびっくりでした。開発の事前相談では、「そんな話は聞いていません」とのことでした。市の行政はどうなっているのですか。
 沼津駅前のアーケード街で署名活動を1時間ほどやりました。沼津市民からも、小田原城は大切だよと励まされ、みなさん感激と感謝。明るい希望を持って帰ることが出来ました。





3月15日 関係市民団体からの陳情を採択

 小田原城郭研究会(代表小笠原清氏)などの5団体から出されていた3本の陳情が、都市建設常任委員会で採択されました。全会一致でした。会派代表質問を受けての審査でしたが、委員会審査の傍聴者は極めて多数になりました。市議会事務局は傍聴者席の増設に消極的です。こんなところからも市議会運営の民主化が強く求められます。

3月16日 TBS テレビ 現地取材

 1月23日の最初の集会で、提案されたテレビ番組への情報通知が実りました。TBS テレビ制作4部、「噂の東京マガジン」制作担当と度々の打合せを経て、現地取材が行われました。守る会からは50人近い方達が取材協力し、清水国明インタビュアーも的確に取材してくれました。
 この報道は、3月27日の日曜日に放映されました。さすがにTVの力は大きく、いろいろな方達から大きな反響がありました。特に市長インタビューは、小田原市民にとっては何ともやるせない気分にさせてくれるもののようでした。駅前再開発も同時取材でしたので、景観という点での小田原市政府の矛盾した施策が浮き上がってきた番組になりました。当方にDVD録画の貸し出し用ディスクがあります。

3月25日 市長から経過についての説明会

 23日に市議会に説明したことを、市民団体にも直接説明したいとの趣旨で、市長、助役以下市の幹部総出で開催されました。市と地建の交渉は、2月21日に部長、3月5日、13日、18日に助役が対応。地建呈示の用地の売却条件は9億4千5百万円、不動産鑑定価格は4億1千万円、「公用地取得にともなう損失補償基準要項に基づく補償の範囲」でも6億2千6百万円が限度。3億円以上の開きがある。これ以上の公金支出は違法になる。従って差額は公金以外で賄うしかない。こんな趣旨の説明でした。
 市民団体代表からは、市長はなぜ自ら交渉に立たないのか、もっと真剣にやって欲しい。市民も市民力一杯に協力する。地建と市民の直接交渉の窓口を開いてくれ。などなど多くの意見が出されました。地建と市民団体の話し合いは、早期に実現するよう市が交渉することだけは了解されました。
 翌日の新聞各紙は、このことを報道し、市民の募金などが開始されることを示唆する記事も出ました。

3月30日 市民募金の体制づくりに動き出す

 守る会では、当初からこのような展開を予想して情報の収集を整えていましたので、直ちに行動を開始しました。まず、先進事例として「鎌倉広町の森」に学ぶため、中心的に活躍された弁護士さんに指導を受けました。非常に好意的で的確な指導をいただき、募金フレームを準備することができました。小田原の有力な方たちからのご意見で、大切なことは全市的な運動になるような「大きな風」を起こすことができないと、募金の成功は難しいという指摘のもと、それぞれの人脈でコンセンサスづくりに奔走しました。時間との競争でもあり、極めて慌ただしく動き、幅広く周知してもらうためタウン紙への意見広告掲載も準備しました。

4月3日(日) 緊急総会で宣言採択、募金準備へ





 連日の慌ただしい動きを結集する「緊急総会」が開かれ、宣言と募金体制準備の概要が決定されました。


 まず広く発起人を募り、4月15日と17日に発起人との協議を行い、それにより体制を組むため各団体とも協議を進めることとなりました。


 この総会決定を受けて、役員は各会の有力な方たちに接触を開始しました。市長にも発起人になってもらうか、あるいはコメントを寄せてもらう申入もしました。発起人代表になっていただける方とも折衝を続けました。


 このような動きの中で、いち早く発起人になるという申し込みや基金の申し込みさえ出てきましたが、各界の広い賛同を得ることに専念しました。


 役員は、連日精力的に動きましたが、突然-------。






 このような中、4月5日の新聞報道などから予期しない動きが出現し、苦渋に満ちた論議の結果募金活動は休止することになりました。現在進行中の運動ですので、詳細を明かすことができません。極めて残念な結果となりましたが、これも市民社会の実態として受け入れざるを得ませんでした。




4月9日 「タウンニュース」の意見広告







 「大きな風」を起こすための最初のステップとして、市民の理解を求める意見広告を計画しましたが、掲載日の前に撤退せざるを得なくなり、守る会の乏しい財政からの大きな負担でしたが、空しい意見広告となってしまいました。

 発行者は記事としてもとても良い掲載をしてくれました。「自らお金を負担して景観を守りましょう」。これは、今後も続く大きな命題です。ご理解いただくまでに、時間がかかっても、景観は只では守れないことを言い続けたいと思います。


 中途で廃棄されたリーフレットなどをアップさせていただきました。


 守る会の運動は、この挫折を経てしばらく空転の時期を持つような残念な状態になりました。この間の事情は、いずれ明らかにします。
 やむなく戦術転換して、事業者、予想工事業者、建築確認機関それに市の都市計画課、消防本部、建築指導課、開発審査課、暮らし安全課、文化財課などを個別に訪問し、工事着工を遅延させる努力に傾注しました。この努力にもかかわらず、ついに6月6日(月)には「確認済み証」が交付される状況になってしまいました。5月30日(日)の役員会以後は、近隣自治会に「交通安全協定書」の案を持ち込んできた工事請負業者「日本国土開発株式会社」(本社東京赤坂)の本社と受注合意していた名古屋支店に接触する努力を重ね、地元情勢をていねいに説明することができました。支店担当者も状況認識が進んでからは、理解ある対応になってくれました。


遂に建設阻止
用地買収で合意成立

 こんな中、6月4日(土)の早朝電話連絡があり、事業者からの申入で「公有地化」決定、土曜日だが午後2時30分から市長が記者発表するとのこと。遂にやったぞ。みなさんに知らせたい思いでしたが、記者発表までは箝口令で、苦しい思いの時間を過ごしていましたが、10時ころになると議員さんからもお知らせが入るようになりました。市の幹部職員が個別に市会議員に通知して回ったようです。

市の対応に愕然

 午後2時半になるのを待ちかねるようにして、会長、副会長で市役所を訪問。記者発表に同席は無理だろうが、市民運動の代表者に説明ぐらいしてくれるだろうと期待していましたが、完全な無視。市民主権なんて頭の隅っこにもないのでしょうか。それとも我々の行動が生温すぎるのでしょうか。本当に愕然としました。御礼の訪問のつもりが、怒りの帰宅になってしまい、誠に釈然としない午後になりました。高揚した気分に冷水を浴びせてくれる市役所に怒り心頭でしたが、とりあえず嬉しい日でもありすごすご引き揚げました。
 担当課長も、市議と記者に発表したからそれ以上に何すりゃ良いのといった態度。代議制民主主義というのは代議者に白紙委任しているのでしょうか。そんな委任状を出した覚えはないのですが。

看板も双方同時撤去

 6月5日の日曜日は、守る会の役員会。遅い時間でもありましたので、ささやかに皆で乾杯しました。この成果をどう評価してどのようにまとめるか、みなさんへの御礼挨拶は、残務は、看板や幟の撤去は?そして、今後の守る会の使命は?など話し合われました。お祝い気分でしたので、とりあえず会報発行と看板などの処理だけ決めて、次週の役員会でしっかり協議することとしました。
 月曜日になると、市の担当課長から用地周辺の看板や幟などの撤去を早急にやってくれとのお達し。役員会決定通り「地建の看板が撤去されたら当方も撤去する」と回答。夕刻再び電話。「地建が看板を撤去しはじめている。守る会もすぐ撤去してくれ」と強硬。現地を監視中の会長と相談し、10人ほどの近隣協力者に集まってもらい急遽撤去作業開始。かなりの量と規模の看板類でしたのが、1時間足らずの作業で終了。作業中に相洋高校の下校中の生徒たちが「良かったね、良かったね、嬉しいね」と歓声を上げて通ってくれました。そんな瞬間、本当に勝ったんだという実感と喜びがあふれてきました。
 市はその後6月8日に地建と土地売買の覚書を締結したようです。もちろんお知らせなどありません。


雨の中現場見学会

 6月9日(木)午前10時30分から、文化財調査のための発掘現場の見学会が開催されました。慌ただしい動きの中で文化財課の職員たちが精一杯努力して開催してくれたのです。私は所用でその時間に参加できなかったのですが、調査員の好意もあり、早朝に現地に伺い手短かでしたが案内していただきました。素晴らしい土地です。みんなの力で買い取った最高の土地です。さわやかな空気が静かに流れて行くのを肌で感じながら、遠景の相模湾と近景の天守閣を眺める時間が持てました。いよいよ市民参加の展望公園などの施設づくりにスタートです。

翌日の新聞報道

 6月10日(金)各紙がこの見学会を報道してくれました。それによると、中世八幡山古郭の武器庫などとも思えるものの遺構や、縄文時代の炉跡も調査されるなど成果は大きかったようです。
 マンションの根切り工事の寸前で救出された遺跡として、永く記憶されることでしょう。神奈川新聞の記事を転載します。



























7月3日、この日も雨、運動集結の集い

 6月4日以降、この勝利は大きな反響を呼びました。近県はもとより、全国各地で展開されているマンション建設反対運動をされている団体や個人から問い合わせが続きました。
 「日経アーキテクチャー」誌6月28日号でも取り上げられました。ナショナルトラスト協会からも取材がありました。市民による景観保全の戦いが成功した希有の事例として、想像した以上の関心を呼びました。
 この様な中、7月3日(日)連日連夜奮闘した市民たちによって、運動集結、勝利祝賀の会がもたれました。昨年の12月14日から半年以上の運動展開でした。この間、多くの方たちが膨大なエネルギーと知恵をを投入しましたが、土壇場で「勝利」を手にした喜びは、現地で行った「運動集結の集い」にも、雨のため公民館で開いたささやかな「勝利祝賀会」にもあふれていました。
 普通の市民が、市民運動などまったく経験のない市民たちが、行動する組織を立ち上げ、大きな影響力を持つまでになり、ついに目的を完遂したのです。国の法体系でがんじがらめになっている都市計画行政に大きな穴をあけ、市民主権を示すことが出来たのです。
 小田原市民の全市的な支援があったこと,鎌倉の方たちの先進事例での有効な示唆や報道関係者からの関心、支援、報道など、私たちには大きな風が後押ししてくれました。運動参加者一同深く感謝いたしております。ありがとうございました。


遂に完勝しました
みなさま本当にありがとう
ございました


八幡山古郭の整備事業計画がスタートします

北条時代の八幡山古郭と大久保時代の本丸(調査位置図)

(今後は新たな展開を別サイトでお知らせします。)



小田原はすてきな町です
小田原ボートピア阻止とその後
小田原城前びっくり仰天ビル(進行中)
小田原城の花たち #1
小田原城の花たち #2

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com