小田原はすてきな町です





1992年12月15日、小田原に転居して以来、近隣コミュニティー、市民との接触という初めての経験をしました。戦前戦後の混乱期を経た私の人生で14度目の転居で得た貴重な経験です。長期にわたった東京生活は近隣とは無関係の仕事社会だけの暮らしでした。地域生活というのでしょうか、住まいの土地に暮らしが根付いたというのでしょうか、そんな暮らしがもう11年を超えました。
小田原は、ほんとうに素敵な町です。東京であくせく暮らしていたときから、小田原は住むべき町だと考えていましたが、その直感は正しかった、この転居は私の意思決定歴の中でも特筆すべきものだと自負しています。

というわけで、とうとうこのページを増設することにしました。素敵な小田原、困った小田原、こうなって欲しい小田原など、日々の出来事とその思いを綴ってみます。




2004年5月
市長選挙



1992年の年末、特定街区総合設計でできた神奈川県住宅公社の中古マンション(10階建てという小田原では数少ない高層ビル)に転居したのですが、その年の春、当時の市長が他界して町を二分する選挙の結果、小澤良明さんという市議4期、県議2期の経験を持つ「昭和18年生まれ」の方が市長になっていたことを知りました。
神奈川県では大きな勢力を誇っていた「河野一郎さん」につながる政治勢力の方のように聞いています。彼の49歳から60歳までの働き盛りの時期を見てきたわけですが、大きな野心を見せるわけでもなく「市長」であることそのものに大きな価値を感じ、無理なことには手をつけない、縦社会に忠実な日本的常識人のように見受けました。現体制を支えるためには欠かせない地方政治家なのでしょう。
それから3期12年の間、この町の首長をつとめられ、今回の市長選挙には「四選」批判をものともせずに再出馬し、現職としてはやや寂しい結果でしたが、人口20万の町で3万7千票を得て見事当選となりました。例によって例のごとく、自民、公明、社民、連合など推薦、民主支持でした。




この選挙には、昨年11月に39歳の青年が挑戦を宣言し、全くの素人選挙戦を戦って3万1千票を得ています。加藤憲一さんという絵に描いたような好青年です。聡明さがそのまま行動に出てしまうような若さがありながら、結構儒教精神もあり、好感を持って迎えられているようです。
5月16日の選挙日は雨模様で、頼りない「無党派層」の足は遠のいたのか、投票率は40.88%でした。ひょっとするとひょっとするかもと考えていた市民も多少はいらしたようですが、まだまだ機は熟していないということなのでしょう。選挙後の5月28日、ma maison でも「小田原大好きパーティー」をやり、4年後こそと準備を固める彼にささやかな支援をしました。






期待の新人、加藤憲一さんが「小田原を拓く力」という市民組織を立ち上げ、精力的に行動していましたが、いよいよ市民への継続的な情報伝達作業が始まりました。12月1日、[Powers] パワーズの全戸配布が始まったのです。
平行して地域コミュニティーごとの小会合もスタートしています。12月2日現在で9回の地域会合、それ以外でもさまざまな集会で市民の交流と意見交換が始まりました。権力に無縁の市民たちが、主権者として動き始めました。
誠に地道な一歩一歩ですが、現実を直視し、ひるまずに力強く前進して行くことでしょう。

センター事務所も小田原市商業地の中心に開設され、ボランティアスタッフが運営しています。みなさんのご支援ご協力を切望します。

250-0011小田原市栄町2-13-1 二宮ビル2階
TEL: 0465-21-5260 FAX: 0465-21-5261
URL: http://www.katoken.info/
E-MAIL: powers@mbn.nifty.com




小田原城東堀の6月は
花菖蒲まつりです

 城址公園の花は美しい。2月の梅から8月の蓮の花まで、実に見事です。愛犬Jean-Jacquesとの散歩の際にも、友人知人に知らせてやりたいと思わず携帯電話に手が行きます。特に6月の花菖蒲は、感嘆の一言です。6月1日から30日まで毎日、テーブル椅子を用意して、ゆっくりお弁当など広げて楽しんでいただけるようになっております。ライトアップも午後10時までやります。
 2005年は、6月11日(土)午後6時から「花菖蒲園コンサート」が開かれます。静かで優雅な気分で、初夏の夕刻をお過ごしください。





ピース・カフェ あしがら?





 いよいよ夜明けが近づいたのか。日本の September 11th は、小泉サーカスに見とれてひどいことになりました。復古派はここぞとばかりに調子を上げ「愛国」「軍備放棄の放棄」など、戯言の大合唱。いくら何でも、そう簡単にだまされて、あの「悲惨」と「加害」を繰り返すことはしませんよ。さあいよいよ私たち「一般市民」の声が高まってきそうです。暗黒の夜に光が射してきましたよ。

 2005年の7月以来、有志の方たちで準備を進めてきた平和発信母体のかたちが、少しずつ現れてきました。へいわの手紙→ピースカフェを発行することなどの準備が進んでいます。基本コンセプトは「へいわとは−−しあわせな日々を暮らす−−こと」です。
 今後の展開をご期待ください。




小田原ボートピア阻止とその後
天守閣前高層マンション退治記
小田原城前びっくり仰天ビル(進行中)
小田原城の花たち #1
小田原城の花たち #2

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com