戻る本文

2004年8月2日

小田原市長 小澤良明様

 公務ご多忙のことと存じます。

 私事からで恐縮ですが私どもが東京から小田原に転居しましたのは、小澤様が市長になられた1992年でした。この町に何の縁もない私どもがこの地を永住の地として選ばせていただいたのは、その歴史、環境、交通アクセスなどまさに我が国随一と見定めたからです。以来12年余、おかげ様にて健やかに、元気に多くの友人にも恵まれ、楽しく暮らしております。

 その間、自治会や対話集会などで幾度かお目にかかり、いろいろなお願い等もいたしました。

 今日あらためてお手紙を差し上げるのは、このことだけはどんなことがあっても、小澤市長の強いご決断を求めなければならないと考えたからです。

 お抱えの多くの案件の中でも重くお考えのことと存じますが、駅前ビルに設置計画されている「競艇場外舟券売場」の件です。

この事業は、全国で多くのトラブルを生み、傷害事件まで引き起こしている厄介な「公営事業」であることは、十分にご承知のことと存じます。このような事業施設を、この美しい小田原の顔とも言うべき駅前に設置したいという申し入れは、言語道断で、誠に無礼なことです。

 ビル所有者たちの経済的苦渋も十分に理解しております。しかし、小田原には賃貸不動産のテナント探しに困窮している事業者も個人も、大勢いらっしゃいますが、それぞれ工夫と改善の努力を続けておられます。

美しい小田原市を守るため、小澤市長の誇りあるご決断を切望いたします。

松本 茂  250-0045小田原市城山4-1-11  電話 0465-23-7871

戻る本文

 

市長からの返信

こんにちは、市長の小澤良明です。

日ごろから自治会の活動や懇談会等を通じて本市のまちづくりにご協力をいただき、誠にありがとうございます。また、松本様におかれましては、本市を永住の地と決めてご転居いただき、楽しく過ごしておられるとのこと、大変嬉しく思います。

お寄せいただいたお手紙「小田原駅前ビルに計画されていた競艇場外舟券売り場」につきましてお答えします。

このビルの管理組合では、丸井小田原店が撤退した平成14年3月以降、業種としては物販等が最もふさわしいというご認識のもとで懸命にテナントを探してこられました。本市といたしましても、中心市街地の活性化を推進する中、とりわけ駅前という場所であることから、新たな出店者には強い関心を持ち、小田原商工会議所とともに、管理組合と情報交換を行い、有力なテナント情報があれば直接市の担当者も訪問するなど商業店舗等の誘致に向けて協力をしてまいりました。

しかし、建物の規模や設備、周辺の既存店の状況などから、その大部分のテナントが見つからない状況の中で、モーターボート競走の場外発売場に関する新聞報道があり、これを受け、市では国や関係団体等への調査を進めました。

こうした中、9月中旬になり、管理組合から、早く空フロアを埋めたいとの考えから活用に向けての話を進めてきたものの、議会での状況や周辺の環境も勘案すれば、長引いた場合、経営上得策ではないとの結論に至り、この度の計画を断念したい旨の話しを伺いました。

その際、併せて引き続きの空き店舗対策に対する支援の要請もいただきましたので、この建物の立地を踏まえ、今後とも管理組合の相談に応じて可能な限りの協力をしてまいりたいと考えておりますので、ご理解のほどお願い申し上げます。

松本様もご存じのように、小田原には、自然、歴史・文化、産業、人材など、人々の活発な交流を促すに足る資源が豊富に、しかもバランスよく備わっています。これらの資源を磨き上げ、市域全体を人々にさまざまな楽しみを提供できる魅力ある場にすることによって人々の活発な交流を生み出してまいりたい、そして、市民の皆様も誇りと愛着を感じることができるまちにしてまいりたいと考えておりますので、今後ともお気付きの点がございましたら、お手紙をお寄せくださるようお願いいたします。

平成16年10月18日

松 本 茂 様

             小田原市長 小澤良明



戻る本文