戻る本文

2005年 06月 04日  臨時記者発表

城山三丁目のマンション予定地について

城山三丁目に計画されておりますマンションにつきまして、お話をさせていただきたいと思います。
ご存知のとおり、このマンション予定地の周辺は、八幡山に展開する戦国時代の城郭遺構であります。現在の小田原城天守閣と八幡山古郭という、いわば新・旧の小田原城址を結ぶ線上にあり、小田原城の発展過程の理解に資する重要な場所であるとともに、歴史的景観と豊かな緑を有する貴重な場所であると認識しております。
こうした市の考えにつきましては、文化庁や県も同様の認識を持っておりまして、当該地の保全に向けての小田原市の努力に対し、積極的に支援をしたいとのお話をいただいております。 したがいまして、私としては、この場所に計画のようなマンションを建設していただきたくないという考え方のもと、何とかこの土地を譲っていただけないものか、建設業者に対し、私や助役、幹部職員らが再三にわたり建設業者に赴いて交渉を行ってまいりました。
そのような中、建設業者の社長さんが6月1日に市役所にお見えになり、「小田原の文化的遺産を守るべく努力されている市長はじめ職員の皆様に誠意を感じ、土地を譲る考えを持った」と申し出がありました。
私は、建設業者という立場にありながら、文化的遺産に理解を示し、小田原のために英断を下された株式会社地建の社長さんに、敬意を表するとともに、ぜひお譲りいただく方向で検討したい、との考えをお話しをいたしました。
文化庁や弁護士などとも調整をさせていただいた上で決断し、6月3日には6億2千万円で土地をお譲りいただきたいと、社長さんにお伝えいたしましたところ、快くご承諾いただきました。今後、市議会にもお諮りをしながら、取得に向けて、具体的な手続きに入りたいと考えております。
これまで誠心誠意、切なる思いを粘り強く伝え続け、決して諦めることなく交渉をしてきた思いが相手に伝わり、内外に誇れる小田原の歴史的財産を守ることができたことについて、素直に喜びたいと思います。
今後は、この土地の活用について、文化庁や県のご意見等も伺いながら、最善の方法について検討させていただきたいと思います。

戻る本文