「すてきな小田原をめざす100人委員会」
からの
ボートピアに関する公開質問状



市議会議員宛公開質問状.pdf

市長宛公開質問状.pdf

第2区自治会長等宛公開質問状.pdf


質問状発送(配達記録付)

市議会議員宛     29通
市長宛         1通
第2区自治会長等宛   3通

市議会議員宛配達返信結果
(期限後回答3通を含む)

配達未受領       2通
   5番 志澤  清 市議 市民クラブ    4期
  27番 守屋喜代松 市議 粋誠会      8期

返信なし        8通
   1番 鈴木 美伸 市議 進友会      1期
   2番 杉山 三郎 市議 進友会      1期
  11番 下村 英之 市議 進友会      5期
  12番 三廻部周雄 市議 進友会      2期
  21番 相澤  博 市議 進友会      3期
  23番 細田 常夫 市議 進友会      7期
  24番 常盤 一郎 市議 粋誠会      3期
  26番 小林 俊夫 市議 粋誠会      4期

返信受理       19通
   3番 木村 信市 市議 市民クラブ    1期
   4番 安野 裕子 市議 市民クラブ    1期
   6番 青木 正光 市議 社民・ネット連合 1期
   7番 谷神 久雄 市議 社民・ネット連合 4期
   8番 檜山 智子 市議 社民・ネット連合 1期
   9番 奥山孝二郎 市議 公明党      1期
  10番 今村 洋一 市議 公明党      3期
  13番 中島 春子 市議 市民クラブ    3期
  14番 飯山 茂雄 市議 市民クラブ    2期
  15番 加藤 仁司 市議 駿世会      3期
  16番 井原 義雄 市議 駿世会      2期
  17番 武松  忠 市議 駿世会      2期
  18番 中野 隆雄 市議 駿世会      7期
  19番 堀村 逸郎 市議 公明党      2期
  20番 小松 久信 市議 公明党      4期
  22番 大野 眞一 市議 進友会      5期
  28番 田中利恵子 市議 日本共産党    2期
  29番 関野 隆司 市議 日本共産党    4期
  30番 原田 敏司 市議 日本共産党    2期

  (市議各位には、市議番号を表示した。)

回答結果回答者の敬称は省略させていただきました。

【質問項目】

1. あなたは、今議会に陳情提出された小田原駅前へのボートピア設置計画に対し、どのようにお考えですか?下記の選択肢のいずれかを○で囲んで頂き、その理由を簡単にご記入願います。

 a. 設置に賛成である  0通
 b. 設置に反対である  9通

  木村信市、安野裕子、青木正光、谷神久雄、檜山智子、
  中島春子、田中利恵子、関野 隆司、原田敏司

 c. 判断しかねる    7通
  奥山孝二郎、今村洋一、加藤仁司、井原義雄、中野隆雄、
  堀村逸郎、小松久信

  無回答       3通
  飯山茂雄、武松忠、大野眞一

  (大野議長と飯山市議は記述があって回答なし。武松市議は回答拒否。
  回答記述は市議個々に別欄に公開)


2. あなたは、小田原駅周辺における新たなギャンブル施設の設置についてどうお考えですか?下記の選択肢のいずれかを○で囲んで頂き、その理由を簡単にご記入願います。

 a. 設置しても構わない 1通
  井原義雄
 b. 設置すべきでない  8通
  青木正光、谷神久雄、檜山智子、中島春子、中野隆雄、
  田中利恵子、関野隆司、原田敏司

 c. 判断しかねる    7通
  木村信市、安野裕子、奥山孝二郎、今村 洋一、加藤仁司、
  堀村逸郎、小松久信

  無回答       3通
  飯山茂雄、武松忠、大野眞一
(回答記述は市議個々に別欄に公開)


3. 小田原駅周辺の商業活性化に向け、小田原市として取り組むべきと思われる政策を、優先順位の高いものから幾つかご提言願います。
(回答記述は市議個々に別欄に公開)



市長宛配達返信結果
(回答担当 まちづくりデザイン課)
個別質問に回答せず
過日の市議会での答弁の通りという回答(回答記述は別欄に公開)


第2区自治会長等宛配達返信結果
配達未受領    1通
返信なし     2通
返信受理     0通



記述回答全文

木村信市 市民クラブ  平成17年3月9日
1.設置に反対である
 (小田原駅前に限らず)小田原では、ギャンブルに頼らないまちづくりをこそ大切にしたいと思います。
2.判断しかねる
(質問では)
 (1)「ギャンブル施設」の意味が限定されていない。
 (2)ギャンブル一般を悪いとは必ずしも私は考えていない。
3.駅周辺の商業活性化策は色々あると思いますが、小田原だけの問題ではなく様々な要因で、簡単ではないと理解しています。駅前の個性ある美しい表情(快適な景観)づくり、落ち着いた風情の形成なども大事なものと思います。


安野裕子 市民クラブ  平成17年3月11日(期限後回答)
1.設置に反対である
 二宮尊徳翁は健全な経済活動を勧めておられます。また、その思想は海外でも高く評価され始め、尊徳翁の生誕地である小田原市においては学校教育の場で尊徳学習を取り入れています。青少年への影響を考えると、ギャンブルは健全な経済活動であるとは思いませんので、市の教育方針の上からも、設置に反対です。
2.判断しかねる
 公営競技や民間のパチンコ店など、ギャンブルの施設によって判断の仕方が異なる。
3.回答なし


青木正光 社民・ネット連合  平成17年3月9日
1.設置に反対である
 ・城下町小田原にはふさわしくない施設である。
 ・中心市街地の活性化にはならない。
 ・すでに公営競輪場があり必要はない。
2.設置すべきでない
 同上
3.無回答


谷神久雄 社民・ネット連合  平成17年3月5日
1.設置に反対である
 小田原の顔にも当たる、特に駅前であります。基本的に、この種の進出は反対です(市内のどこであっても)
2.設置すべきでない
 現在でも、駅周辺の商業環境は良くない、特に旧職安通り-----?
3.・周辺の人々が、昔のように地元商店で何でも気軽に生活用品の調達ができる環境にするべきです。
  ・私は川東地区に居住する者ですが、今でも市内を歩くと、城下町の名残のある店もあります。ウインドショップの出来る、街並みを求めます。そして、私たち郊外、多方面から、昔のような魅力を感じ、各商業者と行政が力を合わせ街全体をキレイに明るい街通りにするべきです(更に町名を昔の城下町町名にすべきです)


檜山智子 社民・ネット連合  平成17年3月10日      
1.設置に反対である
2.設置すべきではない 
  (1と2はどのように違うのか、良く意味が分かりません)
3.皆様の期待に沿う回答ではないかも知れませんが、お答えします。はっきり言って、市も(つまり市長も)方策を考えあぐねていると思います。100人委員会の皆様の中には、ご自身も中心市街地でご商売をなさっている方も多くいらっしゃると思います。むしろ、皆様の側からより建設的で、実質的な活性化策を提案していく運動に是非切り換えていただきたいと期待するものです。


奥山孝二郎 公明党  平成17年3月8日
1.判断しかねる
2.判断しかねる
3.現在の解答を出すまでの時間では、政党として、対応することが出来ません。


今村洋一 公明党  平成17年3月8日
1.判断しかねる
2.判断しかねる
3.現在の解答を出すまでの時間では、政党として、対応することが出来ません。


中島春子 市民クラブ  平成17年3月10日
1.設置に反対である
  小田原のまちづくりに「なじまない」から。
2.設置すべきでない
   ギャンブル施設等によるまちの(駅周辺)活性化には疑問がある。
3.・小田原の個性を表現するもの。
  ・来訪者、市民ともに安心感のもてるまち。
  ・便利であること。適当な空間があること。


飯山茂雄 市民クラブ  平成17年3月9日
1.小田原駅前は小田原の顔であり、その顔相は外部の人に小田原の品格を映し出すだけでなく、ここに暮らす市民の品性を顔相なりに育ててゆくものだと云うことを百も承知で、地権者も、地元自治会も、これ以外に打つ手なしと苦汁の選択をしたと思っています。マルイと同じ手をマサゴに打てないのか、などなど沢山の市民が応援する運動になればとねがっています。
2.駅周辺にギャンブル施設がない方が良いのは当然(1.同様)ただ目を血走らせてギャンブルにとりくむ遊び下手社会から早く抜け出したいもの。
3.今まで永いこと、手を変え、品を変えやってきて、今の状況です。それに、川東南部の地区に移ってしまっています。常に新しい挑戦が大切ですが、商業はお客様のお財布次第。例えば、川東には自家用車が中心。自家用車のない人には駅周辺に来てもらう。市内のネットワーク・バスがなさ過ぎる。バス会社には黒字化の責任あるが、市内活性化の責任ない、誰が考える。


加藤仁司 駿世会  平成17年3月9日       
1.判断しかねる
 陣情者より計画の概略が示されたが、詳細なる事項の記述もなく、検討するには不完全な内容である。
2.判断しかねる
 地元自治会による経済活性化としてのギャンブル施設歓迎については理解するが、当該施設設置による弊害(治安、交通、青少年対策)等が、十分に議論されなければ、一概に判断できるものではない。
3.・お城通り地区再開発事業の推進
  ・大型スーパー誘致推進
  ・TMO補助経費の見直し


井原義雄 駿世会  平成17年3月9日
1.判断しかねる
2.設置してもかまわない
 地域の賛同があれば問題ないと考える。
3.・お城通り地区再開発事業
  ・(仮)城下町ホール


武松忠 駿世会  平成17年3月9日
 回答いたしません。


中野隆雄 駿世会  平成17年3月9日
1.判断しかねる
2.設置すべきでない
3.お城通り再開事業


堀村逸一郎 公明党  平成17年3月10日
1.判断しかねる
2.判断しかねる
3.現在、会派で協議を進めるべく考えですが、予算特別委員会のため、全員で協議することが出来ない状況です。


小松久信 公明党  平成17年3月9日
1.判断しかねる
2.判断しかねる
3.現在の解答出す時間内では、政党として、対応不可。


大野眞一 進友会  平成17年3月8日
1.現在、当市議会においては、ボートピア設置についての賛成の陳情書と反対の陳情書が双方提出されており、今後、慎重に審議を進め議会としての意思を決定するものであります。審議途中の過程において議長が本件の是非について意思表示をすることは、議会の審議全体に影響を及ぼす可能性がありますので、控えさせていただきたいと思います。
2.1と同様の理由により意思表示を控えさせていただきます。
3.中心市街地活性化計画の抜本的な見直し


田中利恵子 日本共産党  平成17年3月10日
1.設置に反対である
 これ以上のギャンブル施設を受け入れたくないからです。
2.設置すべきでない。
 新たなギャンブル施設であれ今まである競輪場であれ、ギャンブル施設には反対です。教育、まちづくり、行政がギャンブルでの財政運営も考えている点など問題は多くにあり、また問題が多くに波及すると考えられるからです。
3.今後計画が進む方向にある再開発ビルやペデストリアレデッキの延伸などは中止し、今ある1つ1つの商店が、企業が際立つような、商店街の工夫をと考える。
例)昭和の頃の雰囲気をかもし出すなど、楽しい駅前の演出。
・お年寄りや障害者に優しいまちづくり。トイレの設置
・休憩所の設置・商店街の中に誰もが気軽に立ち寄れる案内所の設置など
・若者が集える場所の設置など。


関野隆司 日本共産党  平成17年3月11日(期限後回答)
1.設置に反対である
 今迄も述べてきましたが、競輪場があってボートピアがある自治体はありませんし、駅前にボートピアでは、玄関口としてもふさわしくありません。
2.設置すべきでない
3.・川東地域に大型店が出店したことや、景気の低迷で個人の販売力が減じていることが大きな要因となり、中心市街地の商業の低迷となっていると思う。大型店出店に対しても、もっと意見や提案すべき商店街連盟としても必要があったと思う。
  ・地元商店街の知恵と創意を力を合わせ発揮し打開策を行政と一緒に考え、施策化していく。   ・後継者やリーダーを育成していくこと。


原田敏司 日本共産党  平成17年3月14日(期限後回答)
1.設置に反対である
 パチンコ店が急増しているが、一向に活性化していない。ボートピアが出来ても結果は同じではないか。むしろ退廃化が進み、市民が避けて通るようになるのではないか。
2.設置すべきではない
 ギャンブルは「ものづくり」のように新しい価値を生み出すものではなく、本質的に活性化にはつながらない。トータル的に見て、参加者が必ず損をする仕組みになっている。少数の者の得が多数の者の損の上に成り立つという特有の性格から、これまで多くの悲劇を生みだしてもいる。そうした事実も真摯に見る必要がある。
3.・(難しい課題であるが)川東地区への大型店の無秩序な進出を規制する。
  ・高齢者宅への宅配システムなど既在の中小業者への共同支援。
  ・住商一体の複合住宅など増やし中心市街地への人口の回帰を促す。


小澤良明 小田原市長  平成17年3月9日
ボートピア設置計画に関する公開質問状について(回答)
 ボートピア設置計画につきましては、過日、市議会で答弁いたしましたので、以下を持ってそのお答えとさせていただきます。
 小田原駅前ビルの生涯学習フロア開設にあたっては、公営競技の入店を断るという条件を、管理組合の方々にご理解いただき、賃貸借契約を結んだという経緯がございます。
 ボートピアを決して好ましいとは考えておりませんが、場所が変更して計画が再浮上した背景や、地域の皆さま、議員の皆さまのお考えも、まだよく分からないところでもあります。
 また、国土交通省やボートピア推進本部によると、場所の変更により、手続きが最初からのやり直しになる、と聞いておりますので、今後とも、状況をよく見極め、慎重に対応したいと考えています。
 次に、小田原駅周辺の商業活性化につきましては、小田原市全域のにぎわいにつながる、中心市街地の活性化は非常に重要と考えていますので、住む人と訪れる人にやさしい、まちなみの整備に努め、駅前周辺商店街のにぎわいと活気の回復につながる、地域活力創出のための各種施策を進めて参りたいと思います。
 以上でございますので、ご理解をいただきたいと存じます。
 事務担当 まちづくりデザイン課 33−1379


このサイトについてのお問い合わせは下記宛メールにてお願いいたします。
すてきな小田原をめざす100人委員会 公開質問回答 web site 管理者

smat2@nifty.com