How to Design Your Home


(作業継続中)

はじめに

 冷戦構造の崩壊、地球環境の危機といったグローバルな問題から、政治腐敗、不公正な経済構造、管理教育の強化、医療の混迷、家族の弱体化、急速な高齢少子化などなど身近で先の見えにくい大問題を突き付けられ、私たちの世の中はいったいどうなるのだろう、生活大国という掛け声は選挙用のキャッチコピーでしかないのか、いらいらと無力感をつのらせる毎日です。どうしてここまで個人が弱くなってしまったのだろうか。どうして人間らしい尊厳のある暮らしを奪い取られても平気でいられるのだろうか。
 荒っぽい論理のようにも思えるかもしれませんが、日本人の暮らしと意識をねじ曲げてしまったものは『住まい』である、諸悪の根源は『住まい』にあるというのが、私なりの思想です。いささか大上段に構えてしまいましたが、これまで永年にわたって考え続けてきた結果のひとつと受け止めてください。

 『住まい』問題は、いろいろな立場から問題提起がなされてきました。それらは主として土地利用、都市政策、地価対策、住宅供給などの経済的な側面を論じたものでした。住まいの貧しさが、経済拡大政策の犠牲として供されたことは、誰しもが認めざるをえない『結果』でしょう。しかし、住宅生産はここ数十年、毎年百万戸から百五十万戸が建設され、工業先進国の中でも住宅生産大国といえる状況を続けてきたのです。しかし、住居の水準はいっこうに向上せず、相変わらずの「兎小屋」のままです。住まいが狭小であるのは、土地や住宅建築費の異常な高価格のためですが、高価格はなにも住宅だけのことではなく、公共料金を初めとする生活インフラ費用の高さも大差ないといえます。
 なにが「兎小屋」からの脱却を妨げているのか。
 一つは、住宅を供給する立場にある国・自治体・公社公団・私企業のデベロッパー・ホームビルダー・工務店・大工・建築設計者・デザイナーが「良い住まい」をつくらないこと。もう一つは住まい手自身の「兎」的生活思想が「兎小屋」を生産・消費し続けているからはないでしょうか。私たちは、これらの膨大な不良資産、数千万戸の「兎小屋」を抱え、まともな在「宅」を失ったまま、高齢化社会を迎えなければならないという悲劇に直面してしまいました。
 それでは、なにが「兎小屋」からの脱却を可能にするのか。
 まず第一に「良い住まい」のつくり方を定着させること、そして生活者の「兎」的生活思想を「ひと」的生活思想に転換させること、良い住まいで生活者の暮らしの人権を回復することです。
 これまでの住宅論議の中で、永く忘れられている住まいづくりの「正しい」手法を提示することで、現状の住宅供給者と生活者の「間違った」生活思想を明らかにすることが本書の意図するものです。




目 次

第01章 住まい造りの原則

 01 住まいは安全でなければならない     to be safe
 02 住まいは住みやすくなければならない   to be convenient>
 03 住まいは楽しくなければならない     to be pleasant
 04 住まいは美しくなければならない     to be beautiful
 05 住まいは経済的でなければならない    to be not expensive
 06 住まいは長持ちしなければならない    to be durable
 07 住まいは住まい手が作らなければならない to be involved

第02章 安全な住まいの造り方

 01 建築基準法が考える住宅の安全性
 02 日本の住まいの危険な特性
 03 「下足」の危険
 04 「風呂」の危険>
 05 「ふとん」の危険
 06 段差床の危険
 07 安全な玄関の造り方(以下準備中)
 08 安全な浴室の造り方
 09 安全な寝室の造り方
 10 安全な床と階段の造り方

第03章 住みやすい住まいの造り方

 01 住まい手の生活行動
 02 個人的な生活行動
 03 家族としての生活行動
 04 社交的な生活行動
 05 生活行動にあった間取り
 06 デッドスペースのない間取り
 07 単純で明快な間取り
 08 室内空間の形
 09 大切な床の計画

第04章 楽しい住まいの造り方

 01 住まいの中の個人と家族
 02 寝たきり個人と寝たきり住まい
 03 都市・町の中の住まい
 04 閉店した住まいと繁盛する住まい
 05 住まいの中での仕事
 06 住まいの社会的な役割
 07 繁盛する元気な住まいの造り方
 08 楽しい住まいの造り方

第05章 美しい住まいの造り方

 01 美しい住まいとは
 02 小さな美と大きな美
 03 単体の美と調和の美
 04 美のスタイル
 05 時代のスタイル
 06 風土のスタイル
 07 外観と室内の美
 08 美しい建物の造り方
 09 美しい室内の造り方

第06章 経済的な住まいの造り方

 01 住宅生産の仕組み
 02 工業製品と職人仕事
 03 明快な設計
 04 単純な構造
 05 普通の材料
 06 丈夫な設備
 07 イニシャルコストとランニングコスト
 08 施工者の選択

第07章 長持ちする住まいの造り方

 01 土地の選択
 02 材料と構法の選択
 03 施工の管理
 04 情のあるメンテナンス
 05 日常的なリフォーム

第08章 住まい手による住まいの造り方

 01 住まい造りの学習(経済的・工学的・美学的)
 02 住まいづくりへの意欲
 03 自分で造る手法
 04 専門技術者の援助
 05 造り続ける住まいづくり

第09章 いろいろな住まい

 01 小さな住まい
 02 マンションの住まい
 03 大きな住まい
 04 木造の住まい
 05 コンクリート造の住まい
 06 工務店が造る住まい
 07 「ハウスメーカー」がつくる住まい
 08 セカンドハウス
 09 日本の住まい
 10 外国の住まい

第10章 フロアプランの作り方

 01 ライフスタイルの確認
 02 プランニングの基本
 03 部屋のグルーピング
 04 家具調度品の配置
 05 窓やドアの働き
 06 部屋の大きさと形
 07 暮らしのシミュレーション
 08 フロアプランの作図

第01章 住まい造りの原則

1 住まいは安全でなければならない

 これについては、日本にも「建築基準法」というものがあり、敷地・構造・設備についてクリアしなければならない最低の基準を定めています。つまり法律という強制力で「健常者にとっての最低の水準」だけは守られているわけです。しかし、体の不自由な人やお年寄りのような生活行動が活発ではない人や、健康を害した人を対象とした基準はありません。したがって、住まいの中での安全については住まい手も住まいの造り手も、生活行動のさまざまな場面を想定して十分に配慮しなければなりません。
目次のトップに戻る

2 住まいは住みやすくなければならない

 住みやすいというのは、生活するためのいろいろな行動が容易にできる、楽ができる、快適に過ごせるということです。「入浴するためには傘を差して階段を上らなければならない」「夏は暑く、冬は寒く、いつも自然の変化を体で感じる」といった緊張感に満ち溢れた住まい造りの立場は取りません。人の暮らしはそれぞれの個人によってさまざまですが、基本的な生活行動には大きな差異はありません。だれにも共通する普遍的な行動になじむ住まいが住みやすい住まいだと考えます。
目次のトップに戻る

3 住まいは楽しくなければならない

 住まいは人生の器です。生産をバックアップするための装置ではありません。住んでいる日々が楽しく、人生をいきいきさせる楽しいものでなければなりません。人にとってもっとも楽しいことは、家族・友人・知人との交流ではないでしょうか。閉ざされた住まい、人を立ち入らせない住まいではなく、いろいろな人が出入りし、新しい話題にあふれ、多様な社交に満ち、だれもが訪ねてみたくなるような住まい、つまり繁盛する住まいこそ本当に楽しい住まいだと考えます。
目次のトップに戻る

4 住まいは美しくなければならない

 人はだれしも美しく生きたいと望んでいます。美しい言葉を話し、美しく装い、美しく振る舞おうと努めています。そして、人は美しい人にひかれます。美しい住まいはそれらを支える大切な基盤です。どんなに狭くても、どんなに粗末でも住まいを美しくすることなしに美しく生きることはできません。粗末だから、貧しいから住まいが醜いのはしょうがないということは、自分の人生を粗末にすることです。住まいこそ、そこに住んでいる人の美意識と人生観を表すものです。住まいは美しくなければなりません。
目次のトップに戻る

5 住まいは経済的でなければならない

 住まいは高価なものと考えられています。私たちの「工業社会」はさまざまな商品とサービスを開発し、大量に供給してくれます。住まいは一番大型の商品として、購入者の人生さえ支配するような高価なものになりました。だれにも稼ぎや甲斐性は限界があります。それでも、少しでも「良い」住まいを「購入」しようとして、商品の魅力に惑わされます。暮らしやすく、安全で、楽しく、美しい住まいという原則をつらぬくことを第一にして、豪華な材料、便利そうな新装置、新奇なデザインなどに出費しないことが大切です。私たちが目にする住宅は高価すぎます。住まいへの出費で苦しい人生を送るのは間違いです。
目次のトップに戻る

6 住まいは長持ちしなければならない

 日本は住宅生産の大国です。ここ20年ほど、毎年120〜150万戸の住宅が生み出されてきました。住宅の総戸数は約3500万戸ですから、その7割ほどが建て替わったことになります。建ててから20年以上経った住宅はわずか3割、35年以上経ったものはなんと1割しかありません。このような使い捨てのような住宅をいくら造り続けても、社会の基礎資産としての住宅は残っていきません。これは、まさに住まいの作り方に大きな問題があるからです。鉄筋コンクリートのマンションでさえ30年で建て替えるのが普通だと思わされています。良い住まいは50年でも100年でも使い続けられます。長持ちする住まいを造らなければなりません。
目次のトップに戻る

7 住まいは住まい手が作らなければならない

 住まいを造ることはとても大変なことです。良く分からないこともあって面倒なことです。それでひとまかせにしたり、出来合いで間に合わせたりするのでしょうか。子供を育てることも大変で面倒なことです。でも決してひとまかせにはしないはずです。住まいを造ることは、普通の人にとってはかなり大仕事で、失敗したら取り返しがつかないほどのものです。なぜこんなに大切な大仕事をひとまかせにしたり、商品カタログで安易に決めてしまうのでしょうか。住まいは人生を決める大切なものです。どんなに面倒でも、住まい手自身が造らなければなりません。住まい手自身が、建築家・インテリアコーディネーター・工務店・住宅メーカーなどの専門家を指揮監督しなければなりません。
目次のトップに戻る

第2章 安全な住まいのつくり方

 住まいは安全でなければならないという誠に当たり前のことが、最近になってことさらのように問題にされています。それは、高齢な住まい手にとってこれまでの住まいが徐々に住めないものになってきたことや、住まいの中での事故が増えてきたからに他なりません。いかに危険な住まいを造ってきたかが明らかになったのです。

1 建築基準法などが考える住宅の安全性

 建築基準法では、住宅についても敷地の衛生と安全・構造耐力・屋根や外壁の防火・採光や換気・日照・便所・諸設備・材料の品質などの最低規準を定めています。日常の生活行動に関わる主なものでは、天井の高さは2.1m以上、床の高さは地面から45cm以上、階段の幅は75cm以上、蹴上げ23cm以下・踏面15cm以上などです。
 地震や台風などでの倒壊はもちろん、火災による延焼も住まい手にとっては大変危険なことです。室内の物理的な環境が保たれないことも、住まい手の健康を損ないます。これらのことを法律で規制することは当然ですが、住まい手の日常行動から起きるであろう住宅内での危険についての規制は「階段」(なんという急な階段!)だけにとどめています。
 それは、住宅の建造や管理はその専用者・住まい手の自己責任とする考えがあるからでしょう。規制だらけの日本でも、こと住宅に関してはとても規制が緩やかです。先進的な部分と称えても良いのかも知れません。しかし、社会の急速な高齢化は、住宅計画についての新しい規制や「行政指導」を生み出すお役所のビジネスチャンスとなるかもしれません。1994年には通称「ハートビル法」(高齢者・身体障害者が円滑に利用できる特定建築物の促進に関する法律)によって公共建築物や商業施設には一定の条件が義務付けられました。住宅については建設省の「公的住宅等の配慮事項」や住宅金融公庫の「融資基準」などが生まれてきただけですが、住宅業界などがバリアフリーを売り物にする姿も見られます。 十分な市民監視の下で、有用なガイドラインが作られるようにしたいものです。

目次のトップに戻る

2 日本の住まいの危険な特性

 最初に日本の住まいづくりの特性がはらんでいる危険を探ってみましょう。
 日本の住まいは、住まい手の生活環境や社会的背景の大きな変化に左右されながらも、今だきわめて独自のスタイルを守っています。それらについて、いろいろな特徴を指摘することができるでしょうが、最大の特徴は「下足」「風呂」「ふとん」の三つに絞られてきたように思います。暮らしの洋風化にともないダイニングテーブルと椅子、腰掛け便器はみごとに普及しましたが、非「ふとん」派は30%、非「風呂」派は10%、非「下足」派は1%程度と、大変少数派です。
これは、日本人の住まいの貧しさからきたともいえますが、生活感情もかなり強く作用しています。どのように住もうと住まい手の勝手、住まい手の権利であり自己責任だ、ということはまさに原則です。しかし、それが安全性を著しく損ない、「弱者に厳しい」住まいを供給し、社会的蓄積になっていくとしたら、住まい手の勝手とはいえなくなるでしょう。この「三つの特徴」が、どのように住まいの安全性に影響しているかを考えてみましょう。

目次のトップに戻る

3 「下足」の危険

 日本の伝統的な履物、下駄・草履などの特徴を考えてみましょう。第一は、脱ぎ易さです。そして静かな動作を前提にしています。激しい動作を求められる場合は、裸足もしくは足袋裸足となります。この二つの特徴は、東アジア亜熱帯地域の気候条件から生まれたもので、この地域の生活様式に大きく作用し、「下足」つまり、住まいの内側では履物を脱ぐ、あるいは履き替えるという様式を定着させました。
 社会全体が洋風化され、日常の暮らしで「靴」を履くことが普通のことになっても、この習俗は変化しませんでした。そのため、生活の多様化・高度化という状況に反して狭隘になった日本の住まいの中に、履物の履き替えとその両履物の収納という機能を持たざるを得ない「玄関のたたき(土間)」を必要とするようになったのです。小さな住宅やマンションの「玄関のたたき」は、かっての日本住宅の「玄関」の概念とはほど遠い、「靴脱ぎ場」になってしまいました。「玄関」の問題については、別項で考察しますのでここでは「靴脱ぎ」の風習がもたらす「危険」に限って考えてみます。

目次のトップに戻る

3-1 靴脱ぎ動作の危険

 「下足」と「上足」を確全と区分けするために、「段差」をつけて下の床を玄関三和土(たたき) などと呼んでいます。上の床の鼻には上がり框と呼ぶ丈夫な部材を取り付けるのが一般的で、部材の材料には、しばしば堅木や石材など硬度の高いものが選ばれます。いろいろな衝撃に耐えるためです。段差は30センチから10センチまでさまざまで、最近の「バリアフリー」住宅などには1センチ、2センチなどというものも出現しています。
 さて、住まい手も住宅供給者も見逃している「靴脱ぎ」「下足」を前提とした住まい作りにはいくつもの落とし穴があります。最大のものが「危険」です。一般日本人の小住宅での状況を思い描いてみましょう。
●だらしなく脱ぎ捨てられた何足もの靴●それを掻き分けながら上がり框に接近する●スリッパなどを取りだし●上がり框にそろえる●片足の靴を脱ぐ●その片足を上の床にあげ●同時にスリッパなどを履く●片足でバランスを取りながら●まだ下の床に重心があるもう一方の足の靴を脱ぐ●すばやくその足を上の床にあげスリッパなどを履く。
 この一連の動作は、子供の頃から慣れ親しんできたもので、ほとんど失敗すること無く遂行しています。しかし、万一失敗したときのダメージはかなり大きなものになります。みなさんがスキーなどで捻挫でもして、足が不自由なときの体験をお持ちなら、この危険は良く理解できるのではないでしょうか。下肢の不自由な方にとって、この「下足」の風習、「段差」と「靴脱ぎ」は極めて困難な動作を要求される危険なものです。
 高齢者にとっても、事情はまったく同様です。玄関での転倒事故による骨折、そのまま寝たきりというケースは大変良く聞きます。「下足」の風習は、日本人の住まいにおける最大の「バリア」だといえるでしょう。転ばないような手摺をつけるとか、転んだときにもダメージを減らすように柔らかいカーペットを敷くなどという姑息な手法ではなく、きっぱりと「下足」の風習から抜け出すことこそ「バリアフリー」「人に優しい」住まい造りではないでしょうか。

目次のトップに戻る

3-2 外開きドアの危険

 下足と関連するものに、ドアの開き勝手があります。日本の住まいのほとんどが、玄関ドアを外開きにしています。これは脱ぎ捨てられた靴が置かれた「玄関三和土」の方に内開きにドアを開くことができないという配慮からのものです。この「外開き」がもたらす危険を考えてみましょう。まず第一が、不用意に開けられたドアへの衝突事故です。自動車のドアは外開きです。そのため、道路交通法ではドアを開く際にはサイドミラーなどでの「後方確認」を義務付けていますし、ドライバーならほぼすべての方が実行しているはずです。それでもこの種の事故はかなり発生しています。
 住宅のドアに衝突するほど接近することは、それほど多いことではないでしょうが、マンションなどでは狭い廊下に面した外壁に余裕なく玄関ドアを設けたものは、普通に見られます。急ぎ足で廊下を通る通行者に、突然ドアが突き出してきたら、まさに交通事故です。外開きドアは常に細心の注意で開かなければなりませんが、すべての人がこのような良識ある人とは限りませんので、「廊下事故」はたびたび発生しています。
 次が、防犯上の危険です。ドアを外開きにすると、蝶番の回転軸は外部に出ます。この回転軸を抜き去ることはそれほど難しくありません。軸がなくなれば、住人に気付かれないように静かにドアを開けることができます。また、外開きドアの戸当りは当然内側に付きますので、ドアノブのラッチボルト(仮締り)とデッドボルト(かんぬき)はドアとドア枠の隙間に露出してしまいます。ボルトは真鍮製の小さな部品ですので、この隙間から金鋸引きでなんなく切断することができます。高性能の電動鋸でしたら数十秒の作業でしょう。
 ドアが暴力的に開けられようとする際にも、内開きでしたら室内側に重量のあるキャビネットやソファーなどを置けば防戦することができますが、外開きでは叶いません。このようなドアの危険も「下足」式がもたらしたものといえるでしょう。
 室内で「下足」のまま、「土足」のままでいることに違和感を覚え、暮らしのスタイルを変えることに抵抗することが、どんなに日本の住まい造りを歪めているかを考えてください。日常の仕事場や公共の場所での「下足」は当然のことでも、我が家だけは「下足」を許さないというのは、住まいを極度に私的なものに押し込めてしまうのではないでしょうか。「下足」から脱却することで、大きな「安全」とそして広さと美しさも回復できるのです。

目次のトップに戻る

4 「風呂」の危険

 日本の「風呂」のスタイルは、少しずつ変化してきましたが、まだまだ貯湯式・複数人入浴の風習は根強く残っているようです。新しく供給される住宅もこのスタイルを前提にしています。したがって給湯の他に、長時間の貯湯・加熱のため「追い炊き式ボイラー」なるものを付設したスタイルが一般的なようです。長時間貯湯式のため、浴槽の深さは61センチから53センチもあります。浴槽の立上がりは、据え置き式のエプロンつきのものですと65センチにもなります。
 複数人入浴のため、浴槽の他に完全な防水を施した洗い場が必要となります。洗い場には給水・給湯・排水の配管も必要です。浴槽と洗い場の二重設備です。洗い場はタイル張りや石張りの仕上げです。時には木製のすのこなどを二重設置することもあるようです。このようにかなり過重な設備によって「風呂」スタイルが維持されているわけですが、このスタイルによる「危険」発生をいくつか指摘します。

目次のトップに戻る

4-1 結露・カビ・ダニの発生

 まず長時間の貯湯や加熱は、住戸内に水蒸気を放出し高湿度にします。結露・かび・だに等の発生はこの水蒸気放出に大きく原因しています。もともと高湿度の風土で「風呂」のスタイルが成立したのは、元来「風呂」は家屋外部に設けられたからであり、家屋内の場合でも大きな窓を開放できるような場所に設けたもので、このままのスタイルを気密性の高い室内に持ち込むことに問題があるのです。特にマンションのような住戸のかび問題は、「風呂」を変えることでほぼ解決するはずです。
 「万年風呂」「二十四時間風呂」などと宣伝している濾過装置付きの浴槽などは、よほどの排湿装置を設置し、24時間排気をしないと、いたるところにカビの発生をまねくでしょう。
目次のトップに戻る

4-2 洗い場に下りたときの転倒

 風呂には必ず洗い場が付いています。しかもこの洗い場は湯水を流すための水勾配のある傾斜床で、防水のため「脱衣場」より5〜15センチも低くなり、またもや段差がついています。水場ですので当然仕上げ材には透水性のないセラミックタイルや石などが使われています。この床が水で濡れているのですから、とても滑りやすくなります。ここで石鹸のような滑性材を使うのですからますます滑りやすくなります。したがって、子供のころから洗い場には注意して入るように躾られますが、滑った経験のない子は少ないでしょう。身軽な子供なら、頭に瘤を作る程度ですむかも知れませんが、高齢者の場合は致命的な事故になります。
目次のトップに戻る

4-3 浴槽に入るときと浴槽内での転倒

 浴槽エプロン(立上がり)の高さはさまざまですが、洗い場床面からの高さは据え置き式は65センチ、埋め込み式ですと40センチ程度のものが普通とされているようです。浴槽の深さは「和式」で60センチ、「和洋折衷式」だと50から55センチあり、かなり深いものです。このエプロンを跨いで湯に入るのは、高齢者や下肢不自由者にとっては困難な動作を求められます。また、湯の中に漬かる際には浮力を配慮しながらしゃがみ込むわけですが、浴槽の底面が滑りやすいと安定を失い、水没する恐れがあります。不自由者当人にとってはもちろん、家族・介護者にとっても相当な緊張感を要求される場面です。
目次のトップに戻る

4-4 追い炊き過熱の危険

 風呂は長時間貯湯のため「風呂釜」や「追い炊きボイラー」などの循環式加熱器を取り付けたものが良く見られます。最近のものは風呂温度調節装置などがつけられていますが、旧いものや最新のものでも設定ミスや故障などで、危険なほどの高温になり、浴槽に転落した幼児や不注意に入湯した高齢者の火傷事故は絶えないようです。酩酊して入浴した人が、家人の気付かないままに熱死し、翌朝高温の浴槽内で発見されたという無残な事故もあります。過熱防止には十分な注意が必要です。

目次のトップに戻る

4-5 複数入湯による湯の汚染

 浴槽に溜められた湯を汚さないため、洗い場で十分に体を洗浄してから入湯するようにいわれます。しかし、これでも決して完全に湯の清浄さを保つことはできません。銭湯やゴルフクラブなどの公衆浴場には殺菌濾過装置が設置されていますが、普通の住まいには過重な設備です。(万年風呂にはこれが付いているようですが、定期的なフィルター交換などのメンテナンスがきちんとできるのでしょうか。)家庭内といえども感染症への配慮はなされるべきです。若年者の過度な潔癖症が話題になりますが、複数入湯に平気なのは不思議です。

目次のトップに戻る

5 「ふとん」の危険

 ここでいう「ふとん」生活様式とは、床の上に直に敷き布団を置くスタイルをいいます。青々とした畳、枕元には静謐な床の間、真っ白い障子、こんな和室にゆったりと敷いてもらったふわふわの布団に静かにやすむのは気分のいいものです。アメリカなどにもFUTONという外来語が定着しています。でも彼らのFUTONはあくまでもふわふわした掛け布団のことで、敷き布団を床に敷くようなことは決してしません。
目次のトップに戻る

5-1 汚染空気の危険

 住まいの床といえども歩行の頻度は高く、床上30センチから下は空気の汚染が酷いといわれています。この汚染は寝静まった後でも数時間は続きますので、床上に寝ることはこの汚染空気を呼吸することになりますし、排出された炭酸ガスも床上に滞留しますので、たいへん不衛生なものといえます。寝ていることの多い高齢者や病弱者にとっては回復を妨げる大きな要因になります。
目次のトップに戻る

5-2 ふとん湿潤化の危険

 就寝中の発汗は、そのほとんどをふとんが吸収します。掛けふとんが吸収した湿気は室内空気中に放散されますが、敷き布団の湿気は床に吸収されることなく、翌朝まで残ります。そのため、毎日のふとん干しの仕事が生まれ、快晴の日には市街地のマンションさえ満鑑飾になります。毎日ふとん干しやふとん乾燥の仕事ができれば、美観の問題はさておくとして、乾燥したふとんに寝ることができますが、天候などの事情でやむなくそのまま押し入れにしまい込んでしまうと、ほとんどの湿気はその夜まで残ります。これが長期に続くとかなり不衛生な状況になります。
目次のトップに戻る

5-3 ふとん干しの危険

 さて、マンションのバルコニーにふとんを干すことの危険を考えてみます。町を歩くと高層マンションのバルコニーのパラペットに無造作にふとんが干されています。これは木造2階建ての縁側手摺に干していた風習がそのまま残ったのでしょう。しかし、高層の風はたいへん強く、太陽光側に少しでもたくさん露出させようとしてバランス悪く掛けられたふとんがあおられて少しずつずれていき、強風で落下することになるのです。もし通行人を直撃したら、相当なダメージを与えるでしょう。また、バルコニーで遊んでいた幼児がふとんと一緒に落下したという事故もありました。ふとん干しは室内でやって欲しいものです。
目次のトップに戻る

5-4 ふとん収納の危険

 ふとんをしまうために、「押し入れ」が作られています。これには85センチほどのところに中段があって、その上にふとんを重ねていきます。敷き布団から枕まで寝装具一式を折り畳み、持ち上げ、積み上げていくわけです。立派な力仕事ですが、これは毎朝毎晩の起床就寝時の必要作業になります。屈強の若者でもきつい仕事ですが、高齢者や弱者にとっては脊椎に障害をまねくほどのものになるでしょう。起きればふとんをしまわなければならないので、寝たきりで過ごしてしまうなどということはないのでしょうか。
目次のトップに戻る

6 床段差の危険

 これまでに記した「下足」「風呂」「ふとん」から派生する日本の住まいの危険な「伝統」の一つに床仕上の複雑さがあります。まず、三和土(たたき・土間)、タイル・石などの堅い仕上、それに板張り・プラスチックなどの中間の仕上げ、カーペット・畳などの柔らかい仕上げが使われます。多様な生活様式を演出するためともいえますが、小住宅ではマイナスのものになることが多いのです。ここでは安全に限って考えますが、これらの多様な仕上材のために、それぞれの見切りの箇所(異なる材料が付き合わさる箇所)に靴擦りを付けたり、わずかな段差を設けたりします。1センチでも2センチでも段差があることは住まい手の歩行には大変不便なものだけでなく、危険なものです。
 また、ドアや戸の見切りに下框(靴擦り)や敷居を無造作に付けていますが、これもたいへん不便・危険です。 近年になって、高齢者や弱者のための対策などが取り上げられるようになりましたが、日本の「伝統」が蓄積した三千万戸以上の危険住宅を「改造」するための社会的支出は膨大なものになるでしょう。この支出が新たなマーケットを作り、日本経済の活性化にでもなるというのでしょうか。たいへん妙な気分にさせられます。
 一日も早く安全な当たり前の住まいを普及させなければなりません。今日も明日も大量の危険住宅が生産され、それのために改造費が再支出されるようなことでは、いつまでたっても日本の住まいは「兎小屋」からの脱出は計れないでしょう。


目次のトップに戻る

(以下準備中)

7 安全な玄関の造り方

目次のトップに戻る

8 安全な浴室の造り方


目次のトップに戻る

9 安全な寝室の造り方


目次のトップに戻る

10 安全な床と階段の造り方


目次のトップに戻る

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan smat2@nifty.com