return








Octavia Hill (1838-1912)
1898年 John Singer Sargent による肖像画
National Portrait Gallery, London


このテキストの公開について
本稿は2000年7月14日からWeb Site に全文公開いたしましたが、2001年9月18日に日本経済評論社(東京都千代田区神田神保町3-2)より出版されました。そのため、今後は一部公開に変更させていただきました。ぜひご購読をお願いいたします。



『英国住宅物語-ナショナルトラストの創始者オクタヴィア・ヒル伝』
E.Moberly Bell 著
平 弘明・松本 茂 訳  中島 明子 監修・解説
日本経済評論社 発行
東京都千代田区神田神保町3-2
電話 03-3230-1661 FAX 03-3265-2993
定価 2,800円+税


目 次

 はじめに(松本 茂)
 まえがき(ジャネット・シアマン 1986年)
 序  文(住宅供給協会全国連合会会長 レジナルド・ロウ卿 1942年)
 まえがき(著者 エニド・モバリー・ベル 1942年)
 第01章 ヴィクトリア時代の子供たち
 第02章 ロンドン ― 苦しみと喜び
 第03章 苦難の日々
 第04章 新しい友人たち
 第05章 ノッチンガムプレーススクール
 第06章 住宅供給の始まり
 第07章 借家人たち
 第08章 幕 間
 第09章 慈善組織協会
 第10章 ソーシャルワーカーの教育
 第11章 増大する責任
 第12章 オープンスペース
 第13章 永い休息期間
 第14章 ふたたび住宅問題に取り組む
 第15章 サザーク ― 幸福な連帯
 第16章 貧困と自立
 第17章 セツルメント
 第18章 共有地、遊歩道、そしてナショナルトラスト
 第19章 未来への展望
 第20章 地方税による補助住宅と救貧法
 第21章 晩 年
 第22章 遺 言
 参考資料・オクタヴィアの転居マップ



はじめに(松本 茂)

 この伝記は、オクタヴィア・ヒル(Octavia Hill 1838〜1912 ) の生誕100周年を記念してその出版が企画され、Enid Moberly Bell によって完成した興味深い伝記です。オクタヴィア・ヒルは、ナショナルトラストの創始者の一人として日本でも広く知られていますが、英国に於いては住居運動の先駆者として高く評価されています。
 ヴィクトリア時代のロンドンは、急速な産業興隆の反面、都市過密の中での労働者層の生活、住居の貧困が大きな社会問題になっていました。そのような悲惨な状況を身近にしていたオクタヴィアは、多感な青春期を迎えると共に、下層民の住居問題に取り組みはじめます。その取り組みは今日から見れば、きわめてヴィクトリア的ですが、そのひたむきな心情と果敢な行動力には深く心を打たれます。
 21世紀を迎えようとしている今日でも、わが国の住居状況は本稿に描かれた根源的な「住居運動」を必要としているように思えてなりません。「住宅問題は建物の問題ではない」という彼女の思想には、日本の住居状況を見るにつけ、強く共感します。日本人の住宅問題は暮らし方の問題に迫らない限り、いささかの改善もないといい続けてきましたが、「暮らし方」をとやかくいうことに対しての抵抗は、極めて強いものがあり、住宅設計に携わる者のひとりとして、日々苦闘を重ねてきました。そのような思い入れからここに訳出したものです。
 1942年にロンドンのコンスタブル出版社より発行されたこの伝記は、1967年ころに絶版となっていたため、1986年にロンドンでゼロックスコピーされましたが、それを入手された中島明子氏(ハウジング研究者/和洋大学教授)からお借りして一読し、いたく感銘を受けました。日本ではあまり知られていないオクタヴィア・ヒルの伝記を紹介できる切っ掛けを作っていただいたを同氏のご示唆に深く感謝します。
 オクタヴィア・ヒルに関する邦訳書としては、Graham Murphy 著、四元忠博 訳『ナショナル・トラストの誕生』(緑風出版)があります。本伝記では一章 (第18章) にまとめられているナショナルトラスト誕生の経過が詳述されています。

 訳出は、ここ数年来、私の友人平 弘明氏(英米文学研究者)の助力を得て続けておりましたが、諸事情により長期にわたってしまいました。原文のかなりこったいいまわしを生かした訳文は、若い方には若干抵抗があるかも知れません。いささか古い資料ですが、この訳出が、こころあるハウジング研究家たちのささやか動機づけになれば望外の喜びです。ご面倒でしょうが、じっくり読んでみてください。

 なお、本稿を教育資料としてのご使用の際は、お手数ですが本稿公開者の承認をお求めください。

 松本 茂 2000年7月14日

目次へ

OCTAVIA HILL
A BIOGRAPHY

BY
E.MOBERLY BELL

1942



まえがき(ジャネット・シアマン 1986年のコピー配付に際して)

 オクタヴィア・ヒルという人を、そして彼女の生涯と活動を記した書物をご紹介します。もしあなたが住宅供給に関わる職にあり、しかもこの書物を読みとおすだけの時間がなければ、住宅供給に関する2つの章と第18章「共有地、遊歩道、そしてナショナルトラスト」を選んでお読みいただいても結構です。時間のある読者は、全章を洞察をもって注意深くお読み下さい。ことによるとあなたは彼女の事業、信念、人々を橋渡しする行動の一部またはすべてに対して批判的であるかも知れません。そうであっても、もしあなたがあなたの方式の住居管理経営で、オクタヴィアに劣らぬ、あるいはそれ以上の成果を挙げているとすれば、それは彼女の願いにかなったことなのです。つぎに引用するコメントは、それぞれ住宅の問題に日ごろ実際に関わっている人たちから寄せられたものです。「住宅専門家」にとって興味深いものと思います。

ドリーン・タッカー(FIH、オクタヴィア・ヒル & ロウ ハウジングトラスト理事)
“オクタヴィア・ヒルの方針が基礎となって住居管理という専門職がつくり出された。1980年代には多数の地方自治体では住宅担当の責任者たちが、入居者たちは草の根のレベル、対等の目線で話し合える人間を必要としていることを認識するようになった。”

クリスティン・デーヴィス(BA、FIH、シェフィールド市 ポリテクニク主任講師)
“住居管理についてのオクタヴィア・ヒルの思想は、当時の劣悪な住宅事情と彼女のような社会的位置にある人に共通の意識から生まれた。踏み込んだその家父長的管理はいまの時代にはあわないと批判されるが、つぎのことばに示されているような思慮深さが彼女にあったことは忘れられている。「ある特定の方式を維持しよう、あるいは、私のやり方を盲目的に踏襲しようなどと決して思わないでください。状況が変わればさまざまな工夫が必要になりますし、永続させるべきものは住居管理の精神であり、精神を失った形式ではありません」(第19章参照、グロヴナーハウスで彼女に肖像画が贈られた際の謝辞。オクタヴィア・ヒル&ロウ ハウジングトラストの創立100周年記念パンフレットに引用されている。)住宅の設計とその管理および居住者のための共同施設の運営への居住者自身の参加の理念は、自助努力、真っ当な住宅とオープンスぺースの供給というオクタヴィアの思想の発展したものである。その精神は失われず、生きている。”

キース・オズボーン(BA、住居管理協会受講生、英国国教会委員会参事)
“オクタヴィア・ヒルの考え方は家父長的と見られている。その密着した周到綿密な管理という原則は、現在も100年前同様極めて重要である。住居管理者は、居住者側が管理規約を守ってくれるなら、それに対応して良い管理をするべき義務を負う。この関係にあっては、互いを重んじることがなによりも大切である。”

バーサ・ジルキー(セントルイス市 ヴォーン借家人協会デイケアディレクター)
“住居の規約は守られなくてはならない。……人々は権利と義務を分かちあう心構えがなくてはならない。”

ウィニフレッド・ケータラー(AIH、30年以上にわたりオクタヴィア・ヒルの資産を管理)
“ミス・オクタヴィア・ヒルが企画して建てた家屋に人々は現在も不都合なく住んでいる。それらの小住宅の中で溌剌と営まれる「家族」生活と周囲の小緑地−ロンドンの中心にありながら野性の花と人々が植え育てた花であふれる−がオクタヴィア・ヒルの記念碑である。”

ラルフ・ストランド(MIH、英国国教会委員会参事)
“家主と借家人の関係は職業的であるべきだとオクタヴィア・ヒルは主張した。借家人が家族生活のプライバシーを必要とするのは当然のことだ。「共同住宅よりテラス付きコテージ(小住宅)の方がはるかに良い」と彼女は力説した。古いコテージよりも良い住宅といえば、新しいコテージだけである。”

ダイアン・サヴィル(BSC、MIH、英国国教会委員会参事)
“オクタヴィア・ヒルは国家による福祉と住宅についての法律が成立する前の時代の人である。福祉国家は彼女が接した貧困の苛酷を取り除き、住宅法は家主と借家人の関係を法的に定めた。今日、住居管理者の仕事の重要な部分は、借家人たちが彼らの権利と義務を知り、彼らの利益を求めるのを助けることにある。オクタヴィアの考えは今も適切なのだ。”

ロビン・ラインズ(BA、住居管理協会学生会員、LSE大学院ハウジングコース)
“(住居管理という)一つの職業を創った人物を、彼女の後継者たちが詳しく知りたいと思うのは当然である。今日大勢いるハウジングワーカーは多様な人々であり、また非常に困難を感じているから特にそうだといえる。過去30年間の数々の計画破綻と現在の政府方針を通じて明らかになっているのは、オクタヴィア・ヒルの思想のなにがしかが顕在化したということである。”


 モバリー・ベル著『オクタヴィア・ヒル伝』のタイプスクリプトからとったこのゼロックスコピーが読めるのは、コンスタブル出版社の好意による。ゼロックスコピーはドリーン・ロバートソン(BA、MIH)によって作成された。タイプしたのも同じ人である。彼女はオクタヴィア・ヒル・エステーツの一部の管理に携わり、引退した。アンカー住宅協会への客員、イーアンの妻、ヘザーの母親であり、家族生活、勤労、道徳上の義務を、そして何事にも熱心であることを大切に考えている。彼女に深く感謝したい。

ジャネット・シアマン 英国国教会委員会参事 1986年7月14日
[Janet Shearman, Church Commissioners]


 [FIH ― Fellow of the Institute of Housing, A ― Associate, M ― Master
 BA ― Bachelor of Arts, BSC ― Bachelor of Sciences
 LSE ― London School of Economics and Political Science]

目次へ


序  文

(住宅供給協会全国連合会会長 レジナルド・ロウ卿 1942年)

 これまでオクタヴィア・ヒルは主にその書簡から選択、出版されたものをとおして我々の世代に知られてきた。いまは彼女の生涯の全体を伝える文章が公刊されるべき、適切な時である。彼女が亡くなってほぼ30年が過ぎ、誕生から数えればちょうど100年を超えた。我々は彼女の努力から生じた多様かつ豊かな作物をますます多く収穫しつつある。この国の住宅問題に関わって長く活動を続けて来た結果、私は貧困者のためのより良い住居を目指して現在行われていることの最良の部分は、この優れた婦人のライフワークに触発され、そこから出発したと確信する。人々への奉仕という領域で、これほど多くの樹がそこから芽生え、いまも成長を続けているという種子を蒔いた女性がほかにいるだろうか。オクタヴィア・ヒルは現在これまでになかったほど元気に生きているともいえる。
 住宅問題への国の姿勢にこの4分の3世紀の間に生じた大きな変化は、当局者の先見性や善意ではなく世論の力によるものである。世論は英国議会や地方自治体に、非常に長い間それらに目をつぶっていた状況を認識させ、注意を向けさせた。少しずつ、ほとんど一歩ごとに、現状肯定、さらには妨害と闘いながら世論を後押しして悲惨な現状の改善を強く要求させたのは、誰よりもオクタヴィア・ヒルであった。説き聞かせ、繰り返し実態を知らせて、彼女はイギリスの貧困者層の生活状態は、イギリス社会全体が恥じ入らねばならぬほどひどいことを人々に認識させた。そして現実にそれを恥と思う分別ある人の数が徐々に増えていった。例を示し、オクタヴィアは自分の指摘した悪を除去する最も実際的な方法を伝えた。
 オクタヴィア・ヒルの生涯は地味な、「人目を引かない」ということばがそのまま当てはまる生涯であった。「人目をひく」生涯となることをひどく嫌い、注目されるのが何より辛い人だった。しかし彼女の活動も性格もまことに非凡なので、それに関する情報は多くの人の関心を呼ぶだろう。第6章「初めての住宅供給」はそれだけで独立できるまとまりを持っている。そして誰にも興味深いものだろう。なぜならこの章は一つの叙事詩の始まりと思えるものを語っているからだ。より良い世界をつくろうと願い、「来たるべき世界」を誰でも粘り強い努力によって変えられることを学びたい、と切望する人々に向かって極めて刺激的に語っているからだ。スラムの極貧の人々が現に住む3戸の家を買うという、前例のない離れ業、そしてほんとうの実務能力と深い愛情によって3戸の家を少しの出費もなしにまともな住居に変え、豚のように暮らす借家人をきちんと暮らす人間に変えることによって、スラムの家主たちの嘘(今日でも耳にすることがある。最貧困層の人々に良い住居を与えても豚小屋にしてしまうだろうから無駄でしかないという嘘)を完全に覆した。つぎのことを忘れてはならない。オクタヴィア・ヒルのほんとうの目標は貧窮者の住宅を良くするとともに、好意を持って親しく接触し彼らの向上をはかることだった。卑屈になっている男女に自尊心、独立心、そして良い家庭生活を誇りとし、その維持を強く願う心を持たせることであった。ここでいう接触は対等の友人関係でなくてはならず、どれほどわずかでも住居管理者が借家人に対し優越的であってはいけない、とオクタヴィアはいっていた。慈善家たちの保護者的な態度だけでなく、何にせよ保護者的な思考そのものを彼女は非難した。相手構わずのでたらめな施しを、軽蔑を含んだ気前良さと見なして、容認しなかった。
 富める者の貧者への義務が、金銭で果たされ得るということを頑として認めなかった。はっきりいえばオクタヴィアは(個人的にはひどくお金に困る暮らしを長い年月続けたのだが)自分の事業目的に役立つ場合を除いて、金銭に価値をほとんど認めなかった。
 1864年オクタヴィアが初めて3戸の家をパラダイスプレースに買い、住居管理の小さな実験に成功したことが発端で、彼女が亡くなる前には、ロンドンの広い地域が彼女の管理によりスラム化をまぬかれていた。また彼女の生きている間にイギリスと外国の諸都市に同種の活動が始まった。模範を示すことによって彼女の活動は、今日広く認められ誇らしく語られるすべてのベターハウジング(住宅供給の改革)を導いたのだ。しかし彼女は住居管理方式に革命をもたらしただけでなく、ほかの多くの非常に重要な問題に関して改善をもたらすことでも開拓者だった。これについては本書の後半の章で述べられている。一つだけ例を挙げればナショナルトラストは美しく広がる未開発の土地を開発業者の投機から救い、一般の人々がともに利用できるよう永久に保存するために目覚ましい働きをしているが、トラストの始まりは主に「広がる空間という癒しの贈り物」を求めるオクタヴィアの努力、そして情熱である。
 1899年、賃貸住宅改善協会(the Improved Tenements Association)の発会の件で、私はオクタヴィア・ヒルに会った。それまでにも我々は彼女に助言と助力を求めたことがある。私はとりわけ彼女の際立った容貌に打たれた。幾分鳥を想わせる茶色の眼は真っすぐに相手を見て、静かにその人の内面をも見た。また私は彼女の知識と分別に敬服せずにはいられず、深い印象を受けた。きっぱりとしているが気取らない態度についてもそうだった。彼女は我々の計画を立ち上がらせ、家賃徴収人の一人をよこして、我々が初めて買い入れた4戸の住宅の管理を手伝わせてくれた。以来協会は大きくなり、現在はノースケンジントンの最も貧困な地域に数百戸を所有している。同様の活動は非常に広がり、オクタヴィアの影響下に始まったのであるが、彼女自身が直接手掛け達成した仕事の記録をすべて越えた。
 オクタヴィアの性格は単純かつ複雑だった。それは公刊された彼女の書簡を注意して読めば誰にも明白である。彼女の基本方針はひどく単純で、最高の基準によって綿密に判定し、正しいと信じられることをする、ということであった。ものの考え方のほうは複雑だった。すべてではないがいくつかの点で、現代の我々よりも進んだ考えを見せるというところで、ひと味もふた味も違うヴィクトリア時代人だった。ミス・モバリー・ベルは「多くの事柄に関してオクタヴィアは彼女の世代だけでなく我々の世代と比べても進んでいた」と述べているが、その通りである。オクタヴィアの性格のより細かな特徴は、本書の各章で見事に描出され同時に検討を加えられている。その人格に関して非常に興味深く感じるのは、あれほど深く謙虚な人にあれほどの指導力、統率力があり得たことだ。みなを上手に動かしたが、自分を偉いと思うことのできない人間なので、人々が自分を高く評価するのを心底意外に思っていた。彼女の事業の価値が世に広く認められたころ、姉妹の一人に「誰かが私に雷を落としてくれるといいのだけれど」と書き送っている。もっと前にはラスキンに向かって面白そうに、家族は彼女について「計算すること。重いものを持ち運ぶこと。雨の中を長々と歩くこと。具体的な、つまり観念的でない事柄についての問題なら、どんなに難しくても決着をつけること。できるのはそれだけ」と考えていると語った。どれほど無頓着な読み方をしても気づかざるを得ない彼女の特質があと2つ認められる。彼女はまったく非利己的であった。そして肉体的にも精神的にも挫けることのない勇気を持ち合わせていた。非利己的性質はオクタヴィアの行動のひとつひとつに歴然としている。そして、勇気が必要とされる時はいつもそれがあった。警官も恐れる裏町の路地を大胆に歩き、かすり傷一つ負わなかった。そして失敗してもたじろがなかった。「勝利は敗北の上に築かれます」といっていた。もう一つ重要なことがある。その業績を別にするとオクタヴィア・ヒルは普通程度に心優しい婦人にすぎないと思う読者には、ラスキンと仲違いしたあとの彼女の彼への態度をよく見て欲しい。その仲違いでラスキンが彼女に見せた振る舞いは、当時彼の健康が優れなかったとかその他どんないい訳があっても許されるものではなかったと私は思う。
 オクタヴィア・ヒルの生涯はすべての学校で青少年に伝えられるべきだし、この国の最も高潔な人々には不可欠なパン種でありこの国に深い影響、感化をおよぼすと信じるすべての人々(私もその一人だが)によって、深く検討されるべきである。

(Sir Reginald Rowe, President of the National Federation of Housing Societies)


目次へ



まえがき(著者 モーバリー・ベル 1942年)

 オクタヴィア・ヒルは1912年に亡くなった。義理の弟C・エドムンド・モーリスによる伝記が1913年に公刊されている。彼女の活動の評価をおこなうには少し早過ぎる時期だったかも知れない。オクタヴィアの性格である深い慎みが家族と友人に強い印象を残していたから、モーリスは執筆を引き受けるときもためらったし、彼女の人間を完全に描き出そうという気もなかった。したがって彼の採った方法はオクタヴィアの書簡からの抜粋を年代順に配列し、それらの間を非常に短い文章でつなぎ、注を付すというものだった。モーリスが使った書簡の多くはその後で破棄されたので、必然的にこの本がオクタヴィア・ヒルのどの伝記もそこから引き出されて来る源になっている。私もこだわりなく多くの引用をした。
 オクタヴィア・ヒルの生誕百年記念祭(1938年12月)を契機に彼女の生涯をより詳細に、彼女の人柄をより全体的に知りたいという要求が、そして国民の生活への彼女の貢献に対する評価を求める声が生まれた。彼女の現存する親族の依頼により、私はそれらの要求に応えようと努めた。

つぎの本にも非常に助けられた。

  *『オクタヴィア・ヒル---若き日の理想』
    オクタヴィアの妹エミリー・S・モーリスが編んだ書簡集(1928年)

  *『ソフィア・ジェックス-ブレークの生涯』
    マーガレット・トッド著

  *『ワーカー仲間への手紙』
    1871年より1911年までオクタヴィア本人が執筆し、年一回関係者に配布


[Enid Moberly Bell, 1881-1967ca]

目次へ


戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com