戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第22章
遺 言


―彼女は死ぬれども、いまなほ語る―
「ヘブル人への書」第11章第4節より


 政府はウェストミンスターに葬ることを提案したが、遺族はその名誉を辞退した。仮にオクタヴィア本人に意向を問えば、クロッカムの、かつて「広がる空間の素晴らしい心地好さ」を彼女に教えた見晴らしのいい教会墓地に、ミランダと並んで眠ることを選ぶだろうと知っていたからだった。オクタヴィアは、なぜ自分が「このような特別な扱いを受ける」のかを知れば(1887年のときのように)当惑したであろう。なぜなら彼女は「神が身近に遣わしてくれた人々」に混じって、「彼女の前にあることだけ」を行なうというとてもやさしい道をたどってきたと自分では思っているからだ。
 確かにオクタヴィアはヴィクトリア時代のすべての偉大な女性たちの中で、現在恐らくもっとも世に知られていないであろう。その生誕百年が祝われた当時、ある婦人は、「オクタヴィア・ヒル。ええ、その名前は知っています。ケント県の方の広い土地でしょう」といった。このようなまったくの無知は多分まれであろう。しかしフロレンス・ナイチンゲール、ドロシア・ビール、ジョセフィーヌ・バトラー、あるいはエリザベス・ギャレット・アンダーソンという名前がなにを意味するか知らなければ恥ずかしいと考えるのに、イギリスの国民生活へのオクタヴィアの貢献については、極めて漠然とした知識しかない人たちは多いに違いない。彼女が知られていないのは、ひとつには彼女自身が、世に知られることに断固抵抗したからである。そのために、彼女の死後、友人たちは建築物や公共的記念碑に彼女の名を残して伝えることができなかったし、彼女に忠節であろうとして、自分たち自身とその活動を努めて世間の目に触れぬようにした。またオクタヴィアは協会の類いを設立すること、あるいは自己の方針、信条をなんらかの組織だった条文にして残すことを拒否した。彼女の後を継ぐ人々を縛ることを恐れたからであったが、これもまた彼女があまり世人の記憶に残らない一因となった。そのほかに、死後30年が経過する中に、彼女が最も尊重していた価値基準はもう人々の評価するものでは、ある程度なくなったということも、彼女の世評に影響をおよぼしているかもしれない。彼女が指し示した道を我々が辿らなかったことは確かである。そして我々が実行した方策が、著しく良い結果を生んだわけではないのだから、いま、我々が知り得た一切が新しいものを生み出すために坩堝にあるとき、オクタヴィアの方針をもう一度考察し、我々のこれから行なう再建作業に役立つものが、何かオクタヴィアにないか検討するのは良いことである。

(訳注 フロレンス・ナイチンゲール ― Florence Nightingale, 1820-1910, フィレンツェに逗留中の富裕な家庭に生まれたが、デュッセルドルフのプロテスタント婦人奉仕団病院で正規の看護婦教育を受け、高度訓練された看護婦の重要性を知る。1854年のクリミア戦争で看護活動に従事。ナイチンゲール看護学校を設立し、看護婦の社会的地位 の向上に貢献した。)
ドロシア・ビール ― Dorothea Beale, 1831-1906, 女子教育の先駆者。チェルトナム女子大学の校長。
ジョセフィーヌ・バトラー ― Josephine Elizabeth Butler, 1828-1906, 社会改革家ジョン・グレーの娘。当時公認されていた売春婦の救済に立ち上がり、その全面禁止を実現させた。
エリザベス・ギャレット・アンダーソン ― Elizabeth Garrett Anderson, 1836-1917, 1860年から独学で医学を学び、1865年世界で最初の女医となる。1870年にはパリ大学の博士号を得る。1908年アルデバー市で最初の女性市長に当選。)


 社会改良家たちの中でオクタヴィアはもっとも理論から遠い人だった。自分でもいっていたように、目の前にあることをただただ素直にやったのが始まりであった。しかしながら、すぐ他人を思いやる性質で、困窮の事例を見れば何とかしようとせずにいられない人間であったから、彼女の活動は非常に多様になり、広い領域におよぶことになった。だがすべては具体的なひとつひとつの問題から始まっている。住宅供給の事業は、ある家族のために住居を見つけようとしたことが始まりだった。ナショナルトラスト、そしてオープンスペースのための活動はメリルボーンの小さな遊び場にまかれた種子から育った。そして、救貧法改正と慈善組織協会のための彼女のすべての努力を生み出した精神は、玩具作りに働く、その日暮しの少女たちが2ペンスの夕食代を払うためにお金を蓄えるのを手伝おうと、彼女が努力したときすでにその姿を見せていたのだ。「めでたき戦士」の第一の特徴として「この世の労苦の中に身を置きながら、少年の日の若々しい心にかなった計画を、実行し続けてきた、高潔な精神」を選んだワーズワースが正しいとすれば、間違いなくオクタヴィアは戦士たちの仲間に数えられる。個人が必要としているものへオクタヴィアの注意が向いたのは、彼女の気質にも、環境にも原因があった。それは確かなことである。しかし彼女が歩み始めたこの道から彼女が決して脇へそれないようにしたものは、モーリスの教育だった。オクタヴィアは彼から各個人には唯一無二の価値があるという信念を学び、この信念はつねにますます強まっていった。その価値は、ひとりひとりが神の子であり、神の意思に従うためにつくられたとする信仰に由来した。民主主義国家では個人の大切さは広く承認されている。そして多分ほとんどの人は誰に対しても、あなたは神の子どもではないというつもりはないだろうが、これは現在、実際的な政策とは無関係な、純学問的な問題とみなされるようになっている。ところがオクタヴィアにとってはそれはことの核心だった。彼女が与えた物質的援助は精神的な目的のための手段でしかなく、また彼女はどのような改革手段も、それが人格の向上を促すのにどれだけ有効であるかによって価値を判断した。貧しい市民の物質上の不足には国家が対処すべきであるけれども、彼らの心の在り方は彼らの個人的、私的な事柄である、という人がいたとすれば、オクタヴィアは、物と心を分離して考えることはできない、なぜならこの世界のすべての生物は、霊的な意味に満ちており、そして精神的なものは具体的、物質的な物を通じてのみ表れるものだから、といい返したに違いない。そして国家にも他人にも、誰かの肉体に気前よく贈り物を恵むことによって、その人の精神を破滅させる危険を冒す権利はないといったであろう。
 これは手触りの荒い、不快な見解と多くの人々に思われ、貧困者に対する時代遅れの姿勢(上流階級は名誉と富の権利を神から与えられているという勝手な思い込みが根底にある)が表れているとときにいわれてきた。しかしこのような受け取り方はことの全体を見誤ることになる。オクタヴィアは上流階級に優越を認めず、富める人々の精神的向上を貧者のそれに劣らず深く気にかけていた。むやみな援助に反対したのは、それが受ける人を堕落させるとともに、与える人の内部に手前勝手な満足を生むからであった。小切手への記入をすませた金持ちが、道理に合わぬ社会状況(多分彼の収入も一部はその状況のおかげなのだが)へのすべての責任から開放されたように感じるのは、オクタヴィアには許し難いことだった。彼女は金持ちの自己満足に手を貸したり、あるいは彼らの出費を少なくするために何かをしたりすることからはもっとも遠い人間だった。
 個人と国家との関係についての彼女の見解も、人間の尊厳を大切にする気持ちからきていた。社会の一員であることは一定の権利と義務を持つことであるが、そのどちらかを強調することはありうる。オクタヴィアは自分と他人の両方に、責任を強調した。彼女は社会に何を与えられるかが、社会から何を受け取るかよりもはるかに重要だとつねに思っていた。自分で努力すれば得られるものを、国家から与えられて喜ぶ人がいることを容易に信じなかった。彼女にとって自立は非常に大切なものであった。そして彼女は決して貧困者たちを例外的な階級とはみなさなかったので、自立は彼らにとってもやはり大切であることに疑問を持たなかった。「斜陽族(The New Poor)」と自称する人々が、労働者階級は「厚い保護を得て」自分たちよりも良い暮らしをしていると苦々しくいうのを耳にすることも、今日珍しくないが、オクタヴィアがかりにこれを聞いたとして、彼女にはなぜそんなことをいうのかまったく気持ちが理解できないであろう。というのも面倒を見てもらわなければならぬ立場は、耐えがたく、つらいものだろうと彼女は考えるからだ。誰にせよ、そのような境遇に押し込まれてはならないと彼女は感じた。国家の役目は、彼女の考えでは、国民が必要とするものを直接与えることではなく、誰でもが自分と家族を自立の状態(単に生きていくだけではなくて)に保つだけのものを働いて得ることができる社会をつくることだった。オクタヴィアの時代以後、代々の政府は、この国の商工業を全国民が生計をたてられる状態に整えるのは、非常に難しいと知って、努力をあきらめ、窮乏(政府自体が見通しを欠いていることがその原因なのだが)を生じさせておいてからそれを救済するという、より安易な行き方をとった。その結果は、どう見ても充分に満足できるものではなかった。これは今後の改革の中で、イギリスの労働者に本来備わっているとオクタヴィアが信じた、強固な自立心の重要性を我々は認識する方が良いということかもしれない。
 オクタヴィアは理想家だったが、少しの善意ですべてがうまく解決すると都合よく信じるようなそれではなかった。彼女の理想主義は人間性の現実の実際的な理解に基づいていた。愚かな人々の漠然とした善意と自分本位な人々のひとりよがりの両方を、オクタヴィアは等しく非難した。どちも同じように危険で、同じように身勝手だと知っていたからである。一時の間に合わせの改善と、やたらの改革を信用しなかった。
生来直情的な気質なのだが、衝動的な直進を抑制することを学び、差し出された問題のひとつひとつについてなんらかの処置を取る前に充分理性的に検討することを身につけていた。自分自身にも彼女とともに活動しようとしている人たちにも、あらんかぎりの知力と洞察力を働かせることを求め、検討中の問題について、そのあらゆる面を考察する根気強さを求めた。彼女がオープンスペースの件を扱うとすると、当該地域全体の地図を用意し、地主たちの権利、農業あるいは工業の土地需要、リクリエーション用地としての可能性を必ず慎重に調べた。貧窮家族を扱う場合なら、すべての負債と返済能力、援助を頼める筋を必ず把握し、そして実際に可能な限界まで、家族ひとりひとりの将来性を知らないと気がすまなかった。ことの大小に関係なく、オクタヴィアは、事態の現実に基づいた対策を、真に建設的な尽力を求めた。
 何をなすべきかが決まると、オクタヴィアはその実行に取りかかる。何があっても予定の進路からそれることはなかった。幼いころに彼女は母親から、正しいことであればなされるべきだという教えを受け、それについてまったく疑問はなくなっていたのではないだろうか。もちろんしばしば障害や逆流はあったが、少しも彼女はたじろがなかった。「人々に新しいことを受け入れるこころの用意を求める場合、失敗の覚悟はいつも私にあります。失望という費用は誰かが支払わなくてはなりません。私が引き受けても良いのです」
 近い将来に我々が直面するであろう数々の問題に対して、オクタヴィアならどのような態度をとるか、想像してみたくなる。国家による管理、統制への彼女の極度の不信を修正する理由を見出だすか否か、あるいは国家的または国際的な再構築のあれこれの方法に賛成するか否か、確かな推定は不可能である。人々のいかなる問題についても決定的な解決策はなく、各時代の人々がその時代の困難を切り抜ける道を自分たちで見つけなくてはならぬと、彼女はつねづね考えていた。しかし永遠に正しく、どの時代にも妥当と信じられるいくつかの原則はあった。「ひとつひとつの事態は、その困難さと可能性のすべてを含めて、公正、冷静に対処されるべきであり、‘永遠の相の下’にこれを見なければならない」そして「各個人には社会に対してなすべき貢献があり、もしその貢献ができなければ、その人は計り知れないほど不幸である。したがって社会の数々の病の唯一の治療法は、男女各個人を目覚めさせ、教育することである」こういうことを彼女は、いま生きていれば、主張するといって良いであろう。「素晴らしい新世界」はオクタヴィアの考えるものとは別の基礎の上に築かれるかもしれないが、世界を再構築する過程で、賢明な判断、無私無欲の献身、そしてなによりも、正義への揺るぎない信頼がほぼ確実に必要とされるだろう。それらはオクタヴィア・ヒルがその世代に課せられた仕事に持ち込んだものだった。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com