戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第21章
晩 年


―もう少しだけ、仕上げの手を加えてもよかったかもしれませんが、
いまはすべての計画が非常によく整ったと思います―
オクタヴィア(1912年・74歳)


「いま、私は自分本来の仕事の場に戻れます」このことばには安堵の様子が現れていた。救貧法王立諮問委員会は、どれほど必要かつ興味深いものであったにしても、結局オクタヴィアが大切に思っていた活動にとってみれば、それを中断するものであった。いまや彼女は復帰することができる。さらに、その活動はこの3年間、オクタヴィアの行き届いた気配りがなくても立派に続いてきたのだから、オクタヴィアに時間ができたいまは、新しく満足のいく進展を望めそうだった。「これ(救貧法王立諮問委員会)への参加を引き受けられたのは、各地域に思慮深く信頼するにたる代理者がおり、活動の一切が続行される(ことによると私がいないためにかえってうまく行われる)と知っていたからです。すべてがうまくいっているときにそれを妨げる気にはとうていなれませんので、私は諮問委員会が終わりになったら、どのように新しく自分の仕事を発展させようかと考え続けていました。力を投入できる新しい発展のヴィジョンが私にはありました」
 しかしながら、3月になってオクタヴィアはひどく身体をこわした。「私の多方面にわたる仕事は、もし突然、私がそれと離れなくてはいけなくなったら、どうなるのだろう」という問いと彼女は冷静に向き合った。そして「答えは安心と希望で満たされたもの」だった。彼女は回復するのだが、そのとき彼女はなんらかの新しい展開の構想をまだ大切に持っていた。しかしそれは具体化される運命にはなかった。矢継ぎ早に加えられた打撃が、組織の非常に順調であった活動を妨げたのである。最初の打撃はアルフレッド・ベック・ポーター卿の死だった。それにより、オクタヴィアとワーカーたちが安心しきって頼っていたひとりの強力な仲間が失われた。彼は教会委員会の資産に関するすべての業務の責任を引き受けていた。教会委員会がその労働者向け賃貸住宅を直接管理することを重要と認めたのはこの人であった。オクタヴィアのすべての活動の土台をなす根本方針をどこまでも支持して、教会委員会への彼女の要求をいつも援護してくれた人でもあった。さらに損失は続いた。ニュージーランドでの結婚のために同僚のひとりが去っていき、もうひとりは健康を害して倒れた。そしてさらにふたりが家庭に事情により、仕方なく活動を断念した。4人とも経験を積み、信頼できるワーカーだった。これは「組織の伝統を消散させかねないほどの大変動で、再構築を始めなければという気持ちにさせられます。……ところで、いくつかの馴染みの深い地域がもう一度私を求めていることがわかりましたので、若い新人のワーカーたちといっしょに、以前とおなじやり方で管理の仕事をするために、そこへ行かなくてはなりません」
 そこでオクタヴィアは以前行なっていた家屋の巡回をふたたび始めた。借家人たちとの毎日の触れ合いは、以前彼女がいつもそれに感じていた充足感をもたらした。若い新人ワーカーたちもまた、日に日にオクタヴィアを楽しくしていった。自分の仕事の仕方をその人たちに教えた。数年前から彼女はメリルボーンロードの自宅の隣の家屋にオフィスとして一室を持っており、そこへ毎週木曜日に報告書が持ち込まれて検討され、各種の問題もまた持ち込まれて討議された。力量のたりないものにとってそれは恐ろしいことであった。というのも、女性の教育水準が以前とは比較にならぬ高さに達していたとはいえ、報告書中の計算を不思議なくらいどうしても正確にできない人、基本的な重要事項を把握するのに手間取ったり、一見重要でなさそうな細かなことは忘れてしまいがちな人がまだ(つねにそうなのであろうが)いたからである。ことによると仕事への傾注と能力がオクタヴィアの求める高い水準に届かない人もいたかもしれない。オクタヴィアが愚かな人たちに黙って耐えたということは決してない。自分が不十分なことを知っていて、誤りを下手ないい訳でまに合わせようとする人たちにとって、いま70歳になっているオクタヴィアは充分に怖い存在だった。オフィスでオクタヴィアに会い、相当につらい気持ちを味わった後で、ミス・ヨークを探して慰めてもらう人は多かった。やってくる若いワーカーたちの悩みに対して発揮されるミス・ヨークの思いやり、優しさ、ユーモアのセンスは、ワーカーたちが客観性を取り戻し、勇気を回復して仕事に立ち向かう助けになった。必要な高さに自分の能力が達し得ないと感じて活動を離れる者も確かにいた。しかし耐え抜く力と意思のある人たちはオクタヴィアの信頼と友情という大きな報酬を得た。彼女は教え子に真の愛情を持ち、メリルボーンロードかラークスフィールド(週の一部をここで過ごすよう努めていた)でもてなすことを喜んだ。ラークスフィールドの庭はいつも彼女を楽しませ、草取りは依然として気に入りの仕事だった。田園の風景と音は、昔に変わらず彼女を魅了した。1898年に、オクタヴィアは「田舎で、楽しい夏を過ごしています。毎日毎日、鳥や花や山や空といっしょに暮らしていると、自分とそれらの関係が、束の間滞在する人とはまったく異なるものになります」と書いていた。歳をとるにつれて、鳥や花とのこの親しい関係は絶えずより大切なものになっていくようだった。
 ラークスフィールドにはほかにも嬉しいことがあり、特にザ・ウォレンの周辺がそうだった。オクタヴィアの姪のひとり、エリナが当時そこに住んでいた。オクタヴィアはすべての姪とこの上なく善い関係にあった。結婚しなかった多くの女性と同じように、彼女は子どもたちに深い愛情を持っていた上に、血縁ということはそれだけで、彼女には非常に重みがあったので、姉妹の子どもたちは彼女の愛情を呼び起こさずにはいなかった。その幼児のころから、子どもたちは彼女の大きな楽しみだった。彼女の残した手紙は子どもへの言及でいっぱいである。離れているときは、その子たちについてのニュースを熱心に求め、子どもたちが手紙を欲しがるまでに成長すると、見たことやしていることを長い手紙に書いて送った。理解ある叔母で、子どもの相手をする場合もその個性をつねに尊重した。若い人たちにとってそれはとても貴重なことなのだ。成長するにつれて彼(彼女)らは自然とオクタヴィアの仕事に関心を抱き、みな活動に参加するようになった。エリナが最もオクタヴィアと密接に関わった。資産管理のトレーニングを受けて、彼女の秘書を務め、1900年からはホラス街トラストの受託者のひとりであった。いまは結婚しており、彼女とその家族に新しい家で会うことをオクタヴィアは喜んだ。
 幸福で平和な日々であった。住居管理には依然として時間とエネルギーを要したが、大きな問題はひとつもなかった。オクタヴィアのもう一つの大きな関心事であるナショナルトラストはますます力を増し、各地で野原、岬、見晴らしのいい丘などを新しく確保していた。彼女は公的活動の場で賛同できないことが多い場合、ただイライラするのではなく、異議申し立てをする人間だった。しかしいまはもう戦闘の最前線へは行かなかった。新しい世代が作戦を指揮し、新しい状況に対して責任を負うべきなのだ。
 しかしその後もオクタヴィアは異議申し立てを続けた。そして少なくともそのひとつは知っていても良いものだ。彼女の晩年であったが、参政権を婦人にも与えることが激しく議論され、当時指導的な立場にいた婦人のほとんどがその成り行きに熱意と精力を傾けた。専門的職業に携わる女性たちはほぼ一致して婦人参政権を支持していた。オクタヴィアは女性の職業の開拓者のひとりであり、女性の専門的職業のひとつが確かに彼女によってつくられた。また国の各種委員会のメンバーにもなり、閣僚や貴族に助言するなど、男性とおなじ条件で働いてきた。同世代の遥かに先を行っていることをここでも証明したのである。したがって当然ながら婦人参政権論者は彼女が強力、重要な仲間であると信じて頼りに思った。彼女は、税金を払わない人には投票権はないと確かに主張したではないか。だから、納税している人は投票権を持つべきだと彼女が結論して当然ではないか。1910年7月、オクタヴィアは『タイムズ』紙に寄稿した。そこにのべられた見解は、非常にヴィクトリア時代的で、彼女自身の生き方が示してきた一切のものとは、信じがたいことだが、正反対であった。婦人参政権論者側はいらだち、当惑したに違いない。
 「どのような形態を取ろうと、婦人参政権がイギリスに導入されるなら、私は深く悲しみます。そういわなくてはならぬと思います。男性と女性は相異なり、異なる才能と異なる活動領域を持ち、互いに補完する関係にあるので、助け合うものだと私は思います。男女が結婚において、また交友関係、協力関係において、ひとつになれるのは男女が別種の能力と性質を持つからです。人間は公私の生活で、男女のさまざまな才能を感じ、そして男性と女性に少し異なる助力を概して期待すると考えられます。世の中は助け合いの原理の上にできていると思います」
 婦人参政権論者たちは「下水管を調べ、悪い借家人の追い立てを命令し、スラムの改築について助言するのと比べて、投票用紙に×印をつけることがなぜ‘女らしさ’から遠いのか」と聞いてもよかったはずだ。その答えを考え出すのは容易ではない。
 しかしながらオクタヴィアの姿勢は、最初の見かけほどほんとうに一貫性を欠いていたわけではない。彼女の主張は、つぎに見るように筋が通っていた。
 「こういうことも私は考えます。人々が現在貴重、有益な貢献をしている、公共活動の広い領域においては、政治的な力は人々の有益な働きを妨げる方向に働くのです。現在あの人たちの貢献は、私の考えでは、いかなる投票権よりもはるかに価値があります。婦人参政権のおかげで投票者が200万人増えたとしても、それによってより優れた国会議員が確保されるのでなければ、なにも達成したことにはなりません。しかし、なんの成果も得られないのに、女性たちがそれまで公共活動に使ってきた大切な頭と時間が使い尽くされてしまうのです。しかるに、もし病人や老人や子どもや身を誤った人々のために、救貧委員、看護婦、保母、教師、巡視員として、彼女たちがその時間と心と頭を使うならば(いい換えれば、目立たず、静かに、実は大きなことを成し遂げている活動を彼女たちが求め、重んずるならば)大きな幸福がこの国にもたらされます」
 オクタヴィアにすれば、ことの核心は政党政治に対する彼女の深い不信にあった。民主主義の信奉者として、彼女は国会の必要性を認めてはいたが、心の底では、地方自治体の政治の方が一般市民(男であれ女であれ)にとってはるかに重要だと思っていた。異母兄のアーサー・ヒルは、レッディングから下院に立候補することを勧められたが、レッディング市の仕事のほかにさらに国会の仕事をするほどの時間がないという理由で断った。オクタヴィアは彼の決断に心から賛成した。彼がレッディングで行なっている仕事は、彼がウェストミンスターへ行って何かできるにせよ、それよりもはるかに価値があると確信していたのだ。救貧委員会、教会区総会、教区議会や市の議会、そのほか地方のすべての機関に適切な人物を得ることの重要性を、オクタヴィアは絶えず力説していた。この活動(本来の任務および市民仲間との日々の接触を含む)こそほんとうに行なう価値があると彼女は考えていた。そこに比べれば、国会で論議し、院内幹事のいうとおりの投票をするのは時間の浪費に思えた。婦人は地方での投票権はすでに持っていたが、ほとんどそれを行使していなかった。オクタヴィアは、国会議員選挙権は婦人たちの気をさらに散らせるので、仕事(彼女たちに委ねられ、成し遂げられのを待っている、非常に大切な仕事)への集中を弱めると思った。
 しかし、彼女のもっとも激しい不満を呼び招いたのは戦闘的な選挙権拡張論者たちの戦術で、かような戦術を使う主張は民主主義にとって危険だという確信が強くなった。つねに彼女は宣伝を、そして道理ではなく力によって何かを得ることをひどく嫌っていた。民主主義は理をつくした議論の上に成立するのだから、嫌がらせの効果で票を取り込もうとするのは、政治活動の正しい原則のどれにも反すると彼女には思われた。この気持ちは非常に強かったので、婦人参政権の問題を、真に理性的な判断をするのに必要な客観性を保ちつつ考えることが彼女にはできなかった。当座は彼女の見解が広く容れられたけれども、教育と、女性の労働の地位向上において彼女自身が収めた成果そのものが、その見解が優勢であり続けることを妨げた。
 その間に、中年以上の人がみな知っているあのつねによりまして行くスピードで、日々が過ぎていった。一年一年がその前の年よりも早く過ぎた。どの年も多くの幸福をもたらしたから、毎年の終わりに『ワーカー仲間への手紙』を書くときに彼女が伝えようとしたのは、主として感謝の念であった。「この一年になされたことを記録するために私はふたたびあなた方に宛てて書いています。そうしている私の心の中で、感謝の歌が響いているように思えます。私たちを離れなかった数多くの大きな幸運、そして私たちを訪れた喜びのことを考えているのです」
 しかし悲しみもまたやってきた。1910年、ミランダが病気になった。発病時からオクタヴィアは、回復の見込みは乏しいと知っていた。夏が来てミランダは、田園の美しさを楽しめるよう、ラークスフィールドへ移された。彼女の人生の最後の数週間をオクタヴィアはいっしょに過ごした。「彼女は全生涯を神のすぐ近くで送り、霊的世界全体を生き生きと感じていましたから、天国の生活と一歩ほどの距離があるともほとんど思えませんでした」ミランダ以上に愛された人はあまりいなかっただろう。自分のことはおよそ念頭にないので、自分が非利己的であることにもまったく気づかない、そういうまれな人物のひとりだった。他人のために生きている人々の中にも、自分を殺していることがはっきり見えるので、周囲はつねに感謝せざるを得なくなるような人がいる。ミランダの態度はもっと上質だった。彼女の欲求はどれも自分と無関係のものだったから、彼女には自分を殺す必要がなかった。彼女は正しいと思うことをして、それを楽しんだのだった。いわばミランダは「自己開放の完全な啓示」に到達しており、幸福の光が彼女から輝き出て、彼女を無限に魅力的にしていた。「生きてきたなかでのひとつひとつの交渉で、彼女が知った人々(救貧法の対象になった子ども、教え子、友人、使用人、同僚)から愛と感謝の合唱でした。誰もがミランダの生き方に備わっている優雅な清らかさを多少とも感じた経験がありました」
 ミランダとオクタヴィアとの関係はとりわけ親密かつ幸福なものだった。「私の全生涯を通じての仲間、相談相手、道連れであった者が私を離れてあの世へ行きました。必然的に私の人生は変わらざるを得ません」つねにオクタヴィアは指導する人であったが、ミランダが自分よりも冷静であり、したがってより妥当な考え方をすることが多いと知っていたので、この姉の判断に非常に大きく依存していた。ミランダは、二番目の位置にあって、妹の下で働き、妹が仕事をしやすいように障害、困難を取り除き、家庭が安らかに営まれるように計らい、あらゆる方法で妹を守り、助けた。それで彼女は幸福であった。一方オクタヴィアは自分がミランダに負っているものの大きさを充分に知っていた。そしてこうのべている。「私はミランダの愛情に頼って70年間生きました。その愛に日々恵まれてきました」
 オクタヴィアは仕事の重い負担をふたたび背負うことにした。1911年の『ワーカー仲間への手紙』(彼女が書く最後の「手紙」になる運命にあった)は当時の活動への静かな自信とナショナルトラストの進展への感謝で満たされている。トラストが確保した2つの場所がとりわけ彼女を喜ばせた。というのもその2つはミランダを記念して与えられたからである。ひとつはカンバーランド県グレーンジフェルにあり、7エーカーの広さだった。もう一つはミッチャム駅近く、ワンデル川岸の10.5エーカーの一部だった。「ここで川はゆったりと曲がり、土手にはサクラソウやシモツケソウがあります。その流れは樹々に囲まれたやや大きな池、あるいは小さな湖にもなっています。島と岸辺の美しい草地、そしてその地帯を囲む一本の公道があります」
 最後のこの「手紙」の中でオクタヴィアが提示したもう一つの計画があり、それはマリナーズヒルにおけるトラスト保有地の拡大を目指していた。「土地がもう少し広く確保できないと、東側の景観は建物ができて損なわれるかもしれないと私たちは恐れています。……私はこれまでに600ポンドを集めましたが、残り(900ポンド)をぜひとも欲しいと思います。……小さな寄付を集めてどれほど広いオープンスペースを私たちが守ってきたか、あなた方はご存じです。それらの贈与をほんとうにありがたいものと私は感じています。……もしもあなた方が贈与の機会について聞きたがっているかもしれない人をご存じなら……その人たちにこう伝えてください。もし私たちのトラストがこの傾斜地も取得できると、東の景観はなににも妨げられない空と陸になり、広がる空間の素晴らしい心地好さを与えてくれるのです。その人たちに、その景観のすべてと広がる大気を含めたあの頂上の素晴らしさを、想像するよう頼んでください。この場所を愛し、これからの年月ここに喜びと安らぎを見出だすであろう人々のために、そこを誰でも立ち入れるようにしておくことを頼んで下さい」
 この「手紙」が配付される前にオクタヴィアは仕事を離れるべきときが近づいたことを知った。しばらく前から息切れに苦しみ、ほかにも危ない状態にあることを知らせる兆候があった。1912年の復活祭に、もはや治癒が見込めないと知ったとき、彼女は驚きもうろたえもしなかった。大切にしてきた活動が今後もうまく続くようにしたいと思うだけだった。
 なすべきことはたくさんあったが、彼女には信頼できる友人たちがいて、助けてくれた。また彼女は以前から自分の任務と財産を譲る場合の基本方針を決めてあった。あわてふためくことなく冷静に彼女は、自分の家と預けられている家屋の双方の将来の管理について手配をした。また彼女が責任者となっていた9つの銀行預金口座、そしてレッドクロスホール、セントクリストファービルディングズ、サザークのセツルメントに関連した彼女の仕事について引継ぎをした。ミス・ヨークがメリルボーンロードの家にこれからも住み、活動の多くについて責任者を務め、友人や同僚の中心になってくれること、そして家を姪たちに残せることをオクタヴィアは喜んだ。それらの家を姪たちはトラストと考えるだろう。彼女にはそれがよくわかっていた。身体が急速に弱っていったので、こうした整理はきつい仕事だった。しかし4月末までにすべてをきちんと決めることができて彼女は満足だった。「もう少しだけ仕上げの手を加えてもよかったかもしれませんが、いまはすべての計画が非常によく整ったと思います」
 この後オクタヴィアはミス・ヨークとともにラークスフィールドへ行った。さわやかな、美しい春だった。彼女は幾時間も続けて庭に座り、深く愛し続けてきた風景をじっと見ていた。その深い紅色を彼女がつねに好んだポピー、遥かな青空を背景に黄色に輝いているエニシダ、おとなしく静かに座っているこの人間は少しも怖くないと知って、近くへ近くへ飛んで来る小鳥、そして種々さまざまな音と匂いのある春の天候の快さ、どれもが彼女を喜ばせた。
 6月、彼女はメリルボーンロードへ戻った。急速に体力がなくなっていき、彼女がふたたびこの家を離れることはなかった。ミス・ヨークはひたむきに看護し、彼女たちに残された、いっしょにいられる最後の数週間をそれは大切に過ごした。オクタヴィアの姉妹、姪、旧友がつねにそばにいて、それを彼女は喜んだ。肉体がより衰えるにつれ、快活な精神の炎はよりしっかりと、揺るぎなく燃えた。彼女はまったく安らかだった。大切に支えてきた運動への関心は衰えなかった。特にマリナーズヒルの土地を買い増やすための資金が集まっている経過をとても喜び、見守った。死の前日であったが、オクタヴィアは親しい友人のひとりから500ポンドの小切手を受け取った。それは大きな喜びであった。500ポンド加わることにより、土地購入のための資金は必要額を超えたのである。
 オクタヴィアは死を迎えようとしていた。精力的に長く生きて、大きな悲しみとそれ以上に大きな喜びを経験した。いくつかの失敗と多くの成功があった。あるいはできるかもしれないと考えたその予想をはるかに上回ることを成し遂げた。大きな力を行使し、非常な名声を得て、しかも増長することがなかった。懸命に働き続けた人生であった。そしていまオクタヴィアは疲れた。8月12日夕刻、彼女は家の者たちひとりひとりに別れを告げた。そしてその夜のうちに、彼女の安らかな魂は長く宿ってきた肉体を離れた。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com