戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第20章
地方税による補助住宅と救貧法


―ものごとの解決は仕組みにではなく……人々にかかっています―
『ワーカーの仲間への手紙』(1909年)より- オクタヴィア 71歳


 すでに見た通り、オクタヴィアが住居管理の仕事を始めたときから、住宅を採算の取れる事業にすることは根本方針であった。初めのころ、そして最初の困難を克服した後では、それは易しかった。というのも住むところがほんとうに不足していて、どの部屋も空くことがまったくなかったからである。労働者層に住宅を供給するのは、利益になる仕事だと明らかになるにつれて、しだいにいくつもの団体が住宅を建て始め、比較的収入の良い職工にとっては、住宅不足はなくなった。オクタヴィアはこれを好ましい事態と受け取った。そして自分の仕事の対象をより貧しくて、オクタヴィアとワーカーたちの援助を必要とする家族に限定していった。貧しい借家人の割合が大きくなり、税金はしっかりと上昇するので、出資に対する安定した利益の確保はより難しくなったが、それでも注意を払い、無駄を抑えれば、まだそれは可能だった。
 しかしながら、19世紀末に近くなると、新しい状況が生まれた。地方自治体が市民の住宅に責任を持つようになったのだ。当局は以前から不衛生な地域をなくしたいと言明していたが、それは当然のことだった。そして新しく造られる建物について種々の規制を定めていた。しかし自治体自らが住宅を建てるかどうかは不確定で、そのことが一般の住宅供給の意欲に水を差していた。その上、多数の世帯のロンドンへの流入という、この50年間地方の人口を減らし続けている現象が、当時すでに始まっており、多くの地域でふたたび労働者住宅の不足が生じた。こうした状況にあって、ロンドン県議会は1898年、商業的建築融資組合との競争になるが、共同住宅を建てること、そして家主としてこの分野に参入することを決めた。
 オクタヴィアにはこれは悲惨な誤りと思われた。深い敬意をもって、彼女を記憶し、彼女の生き方を心の底から正しいと考える人々の中には、もしいま生きていれば、彼女は選挙で選ばれた議会を持つ組織が住宅をつくることを望ましいと、認めるだろうと考える人がいる。それは空しい、益のない推測である。50年遅く生まれたオクタヴィアがいたとして、彼女がどんな仕事をしたか、なにを考えたかは誰にもわからない。はっきりといえるのは、この住宅建設への反対が、彼女の基本姿勢から孤立したものではなく、彼女の思想と活動全体の絶対的な基礎とつながっていたことである。彼女自身も自分の基本的理念が、この件に関わっていると知っていた。あらゆる補助金の支給が、原理的に誤りだと彼女はずっと考えてきたのだ。従業員が良好な状態で生活できるだけのものを支払うのは雇用者の務めであり、補助金は、要するに雇用者のポケットに入り、労働者を自分に必要なものをくれるのは国の務めだと思うように仕向ける、そう彼女は確信していた。
 すでに1884年、王立住宅諮問委員会で証言した際に、彼女はこう述べている。「税金(あるいは国)が支援するという案は、現状が求めているものに解決ををもたらしません。というのも、貧困者たちに、支払い可能と彼らが考える家賃で住宅を供給することが、自分たちの義務だとあなた方が、仮にも見なすなら、それはまさに以前の救貧法のシステム同様、給料を税金で補助していることになるからです。もし労働市場が不調だと、給料は下がるばかりでしょう」そしてふたたびこう述べた。「本来の価格以下で、ものを供給することに対しては、大いに反対せずにはいられません。要するにそれは税金を使った給料の補助になるでしょう」
 オクタヴィアはこの問題を冷静に見つめようとした。「自分が熟知しかつ好んでる活動方法への愛着のせいで、判断力を失い、進歩をもたらしそうな新しい展開の長所が見抜けなくならぬよう、切に願っています。しかしロンドン県議会の新方針と聞いているものには、ひどい結果をもたらすということしか見えてこないのです」彼女は反対意見をまったく明確に述べた。第一に、土地家屋の所有者が自分の競争相手を援助するために税金を取られるのは明らかに不当である。「競争相手は税金の援助を受けた住宅を建て、それらは低い家賃で居住者を入れます。ということは、Aの家賃の一部は、Bより高い税金を払わせることで支払われるのです。だから、ロンドン県自治体はほかの建築業者よりも安く売るだけでなく、県自治体が所有する家屋を援助するために、ほかの建築業者に、より高い税金をかけることになります」
 その上、地方自治体のこのやり方は、すべての民間の住宅建設を停滞させ、自治体はますます多くの労働者階級の住宅をかなり不当なコストで供給せざるを得なくなるだろう。自らの裁量で、動くことが許され、補助金によって引き起こされる競争の脅威に邪魔されることのない建築融資組合と、慈恵的なトラストは、あらゆる階層の需要に素早く応えられるのだから。
 国家および選挙によって編成されるどの団体も、住宅供給の問題においては、自らの任務を「家屋の取り壊しと衛生法を適用して、衛生の水準を維持すること」に限定すべきである。そうオクタヴィアは確信していた。そして一つの公的機関が監督者であると同時に家主であるということは認め難いといった。
 公的機関による住宅供給に彼女が反対する理由はさらにもう一つあった。投票者がその票を欲しているものの借家人であるという状況は望ましいものに思えなかったのだ。家主と借家人の関係は、まぎらわしさのない、実務的なものであるべきで、双方が自分の義務を認識しそれをきちんと果たせば良いとオクタヴィアはずっと信じていた。投票という行為は教育をあまり受けていない人に取って、とにかく難しいように彼女には思えた。そして、候補者が投票者の生活状態に影響をおよぼし得る人で、家賃をより高くも低くもできるし、立ち退けということも、逆に滞らせた家賃を待ってくれることも有り得るとしたら、そういう候補者を選ぶか退けるかしろと求められる投票は一層難しいものになり、それはあらゆる種類の悪弊を呼びこむだろうと予想された。この危険はほとんど否定し得ない現実的なものである。有権者あるいは候補者が意識して堕落するのでは必ずしもない。各自治区議会の住宅委員会が投票者である借家人を追い出すことは難しく、選挙が近くなればその難しさは倍増する。家賃の支払いに苦労している借家人がこの立ち退き免除をあてにするのも無理もない。そしていったん延滞が見逃されると、未払いは増加し、それによる損失は支払い能力のある納税者の負担になる。この危険を完全に除去する方法はない。しかしいかなる政治的圧力にも屈しない強い性格をもち、充分に訓練を積んだワーカーが住宅を管理するならば、この危険はある程度小さくできるだろう。だがそういう管理者が機能している場合でさえ、最終的な決定権は自治区議会にあるのだ。
 当局が充分に訓練を積んだ管理者を採用しない理由は、もちろん昔もなかったし、いまもない。近ごろでは一部の自治体で採用が見られるようになった。しかしオクタヴィアの時代には、この手法は責任ある地位にいる人たちに好まれず、家賃は古くからのやり方で、「月曜日の午前に回ってきて、入り口に立ち、手渡しを求める」男によって集められた。「正直、まじめ、堅実な借家人は、家賃を割引かせて払います。……不正直ででたらめな借家人は一銭も払いません」借家人個人に関心を払わないこのような扱い方が、オクタヴィアの不満をより激しくした。借家人を教育することが大切だという彼女の強い主張については、これまで充分に語られ、彼女の見解の正しさは最近にいたるまで十分に繰り返し証明されていていまさら強調することもない。抗議は無駄だった。ロンドン県議会は比較的新しい組織で、地域の改善を目指す熱意にあふれ、旧弊一掃のエネルギーを有したが、それを賢く使うための経験はなかった。幾棟も共同住宅を建て、それらを管理するには多大な労力を要することが分かり、また、投下した資本から収益を上げる必要によって拘束されることがなかったので、ロンドン県議会は立ち止まる理由が見えなかった。地方税は驚くばかり上昇し、それから逃れるために、交通の便が良くなったことを頼りに多数の人々が郊外へ移った。まもなく住宅不足は解消し、いまや難しいのは住居を見つけることではなく、借家人を見つけることだった。それでもオクタヴィアはもっともひどいタイプの借家人のための、古い家屋の修繕に投資することは依然として有益だと考えていた。しかし借家人の確保に不安があったので、彼女は、リスクを自分で判断できるだけの経験を積んだ投資者と非常に裕福で出資金からの利益はなくても良いと考える人たちの資金以外は、受け入れなかった。1907年、この仕事を始めて44年間で初めて、オクタヴィアは1、2戸の住宅で配当すべき利益が現実に得られなかったこと、また1、2戸についてはそれが減ったことを家主たちに告げなくてはならなかった。
 しかし住宅建設は続いた。入居者の確保が難しく、1か月あるいは2週間の家賃をただにする条件で、週決めの入居者を求める広告を地元の新聞が載せている地域でさえ、すでに建て込んでいるところに新しいアパートが幾棟もまた加わった。彼女はほかの都市の場合を知って悲しかった。「バ−ミンガムは住宅建設を決める前に、空いている既存の貸室を数えます。この当然の方策がロンドン県議会には思い浮かばないらしい」彼女の異議申し立ては無視されたままだった。自治体は高水準の設備を持つが個性のかけらもないアパートを現在にいたるまで建て続けている。ロンドンの人口密度は大きくなったので、人の輸送はほとんど解決不能な問題になっている。労働者は通勤に時間を取られ、暇がない。これがすなわち進歩というものかもしれず、大量生産の時代にはオクタヴィア流の細かい気遣い、画一的でなく、個人に合わせた方法を存続させる余地はないのかもしれない。とはいえ、このような状況を残念に思い、個が集団にのみ込まれ、オクタヴィアが借家人との間に作り上げた自然で幸せな関係が存在できなくなったとき、人間らしい生活にとって非常に大切ななにかが失われているのだと考えることはできる。
 1905年、オクタヴィアは救貧法(the Poor Law/Chronology)に関する王立諮問委員会(the Royal Commission)のメンバーになるよう要請された。その受諾は多少ためらわれた。なぜならその委員会に加わることは彼女の活動全体を根本的に組み直し、彼女が折しも組織しようとしていた地方税の直接支払い(direct payment 訳注 この当時は家屋所有者が地方税を払い、借家人はその一部を負担していた) に関する協議会も断念することを意味していたからだ。それでもオクタヴィアは要請を受け入れた。「取り扱う予定の案件はどれも重要ですし、長い年月貧困者に積極的に関わって私が蓄えた経験は重要で、住宅を貸す側と借りる側が相互に義務を負うという点でほかに例のないものでしたから、私は委員会の参加を断れないと感じたのです」彼女の抱えている仕事の調整はただちになされた。もうこのころには有能な助手が多くなっていたので、住居管理に困難はなかった。それに彼女は有能な人材によく見られる、自分を絶対必要な人間と思い込む誤りとは無縁だったから、自分がいなくてもことが運ぶように徐々に改めていく計画もあった。委員会が設置されて一年の後、彼女はこう書いている。「私たちの事業は、私が諮問諮問委員会の方に力を注ぐよう求められたことで、かえって良くなったのではないでしょうか。諮問委員会への参加要請を受けたあの朝に、私はこうなるだろうと気づいていました」
 諮問委員会のメンバーになったオクタヴィアはその仕事に心から打ち込んだ。それは3年続き、諮問委員会による調査はロンドンに限らず、地方でも実施された。彼女はロンドンでの会議には1回欠席しただけで、地方の都市での調査にもほとんど参加した。この調査は「ひとつにはそれが提起する重大な諸問題ゆえに、またひとつには私たちがその暮らしと稼業に触れた人々の数が膨大なので、非常に興味深い」と彼女は感じた。この所見は彼女らしい。というのも幼いころからオクタヴィアは、ほかの人たちの生き方に激しい好奇心を見せていたからだ。検討の対象となっている諸問題について専門家的知識は何も持っていないといっていたが、長い間オクタヴィアはそれらの問題の直接の影響下にある人たちに親しく接してきており、事態の難しさはよく把握していた。
 王立諮問委員会の活動と調査結果および諮問委員会が行った諸改革は、伝記作家である私よりも社会史研究者が扱うべきことなのだが、諮問委員会の活動でオクタヴィアが果たした役割は極めて興味深いので簡単に記す。彼女は自分の事業では、貧しい人たちを援助に値するものとそうでないものに分けようとは決してしなかった。援助によって自立が可能な人たちと、素質的に何らかの弱さがあって、地域社会がずっと「支え」ていかなくてはならぬ人たちがいると考えたが、後者をオクタヴィアは責めなかった。彼らが悪いのではなく、不運なのだと考える用意があった。しかしながら、自立できるはずなのに、思慮のたりぬ援助や甘やかすだけの立法によって、貧困層の中に沈み込んでしまう人は絶無にしたいと思った。救貧院(work house)と救貧委員(guardian)と貧民救済係(Relieving Officer)を通じて当時の救貧法を実施していた当局は、この二種類の貧困者を区別できず、運悪く一時失職しているだけの人たちを、永久に役に立たない人間であるかのように扱い、「ちゃんとした人間にふさわしい環境での労働提供と職業訓練の方法」を開発する代わりに、ただ彼らをだらだらと援助した。そのために、立法府の議員、慈善家、そして勤勉に働いている人々は救貧法による救済を受けることを、もっとも堕落した人間でなければ堪えられそうにない不面目と感じていた。その結果「適切な調査もなんらかの試策もまったくなしに、複数の救済の仕組みが、互いに重複して、そこら中に現れています。……施しが振りまかれ、人々を堕落させています。老齢年金は、国の正式な救済機関とは無関係な団体によって管理、そして決定されています」
 この事態に対処する正しい方法は組織を根本的に改革することだとオクタヴィアは感じた。大多数の諮問委員が支持した案は、救貧委員会(Board of Guardians)を廃止し、それの代わりを県議会の各種法定委員会がするというものであったが、彼女は気に入らなかった。どれも「ほかの仕事のために選任され、すでに負担過重の委員たちがほとんどの」委員会なのだから強い反対を招くように彼女は思われた。「私はこの問題に限った特別委員会を提案すべきでした。もっと広い範囲から指名あるいは推挙という方法で委員を選ぶべきです。この新しい組織の下で開けるに違いない、より有益な活動の展望は、貧困者に関心を抱き、彼らのために自分の頭脳と肉体をひたむきに働かすことのできる人たちの奉仕を引き寄せたでしょう。その人たちは県会での仕事によって邪魔されることもなく、政界での出世を求めることもありませんので、ひたむきになれるのです」特徴的な案である。富める者、教育のある者、そして暇を持つ者は自分の身を持って人々に奉仕すべきであり、有権者は、援助を与えたりまたは与えなかったりする立場の者に、投票を求められることがあってはならない、というのがオクタヴィアの基本的な原則だった。
 それでも彼女は、諮問委員会の多数が支持する案に自分も賛成の署名をしても良いと思った。「問題の解決は、諮問委員たちが推し、議会がつくる機構に依存するわけではなく、多種多様な仕事で忠実な奉仕者として努力してくれる人材を、いかに多く英国が確保するかにかかっています」諮問委員会の勧告の中のひとつに彼女は同調しなかった。それは雇用市場で仕事を見つけられない人にそれを提供せよという勧告だった。ここで、いかなる状況にあっても現実に立ち向かおうとする彼女の激しさが突然表出する。「しかしながら、私が同僚委員とつぎの点で考えを異にすることにお気づきになるでしょう。私は現実に反して仕事がつくりだされるのを、まったく認めたくありません。仕事といっても、あるがままのこの社会の、ほんとうの労働市場で必要とされ続けているものでなければ、職業援助あるいは職業訓練とみなされるべきではないのです。……私たちは混乱していると思います。そして、人為的な条件の下でつくりだした仕事で失業者をだましていると思います」
 諮問委員会は1908年末に報告を行った。オクタヴィアは「私の3年間の働きがあまり役立ったとは思いません」と述べている。しかし同僚委員の幾人かは、彼女の審議への貢献に、そのように低い評価を下していない。委員長のジョージ・ハミルトン卿はその3年の間に、困ったときにはオクタヴィアを頼りにすることを覚えた。諮問委員会での彼女はあまり発言せず、両院協議会(the Conference)の写真の彼女と同じようにテーブルにまっすぐに座り、書類を前におき、それに覆いかぶさるように腕を組んでいた。討議中の問題に気持ちを集中し、その黒い眼はつぎつぎと発言者を追っていた。そして、「議論が重大な局面にいたると、彼女は文句のつけようのない分別と見識のある短い発言で間に入り、我々が討議中の問題を解決した」オクタヴィア本人はこういっている。「最善を尽くそうと努めました。参加を求められたときに断らなくてよかったと思います。私の修行が、この諮問委員会の一員になるのに特にふさわしいものだったとは考えません。さまざまな意味で、幾人もの同僚委員がこの任務に必要な条件を、私よりもずっとよく備えていたことは確かです。そうですが、私には幾分かの特別な経験がありましたので、必要とされたときにそれを活かそうと心がけていました。そしていま、私は自分本来の仕事の場へ戻れます」

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com