戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第19章
未来への展望


―最低といえるような家屋であっても、その住まい方が賢明に行われていれば、
身だしなみ悪く住んでいる高級邸宅よりずっと良いのです―
『ワーカー仲間への手紙』(1907年) より- オクタヴィア 69歳


 1884年ミランダは、オクタヴィアの仕事についてメアリ・ハリスに宛てて書き送ったなかで、驚きの声を発している。「大変なことになりました。一週間に2人の貴族と1人の閣僚が彼女を訪れて助言を求めるのです。昨日ここで彼女は郵政大臣のフォーセットと会いました。その前日は、上院でなにを話すべきかたずねに、ウィームズ卿が、そして水曜日には問題(オープンスペース)に関して皇太子がが協力できることを尋ねに、ウエストミンスター侯爵がこられました。」ミランダは妹の高まっていく声望を喜んだが、面白いことに、オクタヴィア本人はいつまでもそれに気づかなかった。ヴィクトリア女王即位50年の祝典で、ウエストミンスター寺院に席を用意されたときも、ただまったく驚いたのだった。「私は自分の前にある仕事を、ただ、それも大きな犠牲を払ったわけでもなく、してきたに過ぎないのに、なぜこうして選ばれるのか分かりません」と彼女は母親への手紙で語っている。そして、これは無邪気を装っているのではなく、彼女に深く根を下ろして、変わることのない心境だった。当時、自己を世に知らせるパブリシティの技術は後の時代のようにもてはやされておらず、オクタヴィアはそれに関して何も知らなかった。そして、現代の人間には奇妙なひねくれと見えるに違いないが、今日の人々の多くが世の注目を浴びようと骨を折るのに負けないくらい、目立つまいとする強い願望、つまりその方がいい、その方が嬉しい、その方が静かだという抜き難い気持ちが彼女にはあった。そしてこういい添えている。「もちろん、何か大きな目的を後押しするときや、一つの建設的な仕事を成し遂げるときには、人はただひたむきに前進しなくてはならず、それが人々に知られているか否かを気にかけてはいられません。しかし選択できる場合は、私としては、黙って世間に知られず、引きこもった境遇がほしいと切に思います」この打ち消しがたい願望があったから、彼女は自分の名をとった建物を愛するバレッツコートにさえ、一棟も建てなかったし、シドニー・コクレルにつぎのように書き送りもした。「新聞でミセス・バリントンが私の肖像画をレッドクロスホールへ贈ろうと提案していることを知りました。そうなっては困るので、私は、あなたが友人として助けてくださることを願って、この手紙を差し上げています。委員会がこの件について私の気持ちを汲んで、それは困るという私を支持していただきたいのです」
 しかしながら、オクタヴィアがいつも自分の願う通 りにできるとは限らなかった。友人たちが彼女への愛情と感謝を、彼らの望む方法で表そうとしているのであり、その機会を与えることを断るのは無礼かつ狭量 でしかない状況がやってくる。オクタヴィアは無礼にも狭量にも決してなれぬ人間だったから、1898年、C.S.ロッホと、(フレデリック)ポロック夫人中心に、もっとも親しい友人たちが彼女に、サージェントの前でポーズしできあがった肖像画をみなからの贈り物として受け取るよう求められたとき、断ることはできなかった。彼女はサージェントの前に幾度か座り、肖像画(現在はナショナルポートレイトギャラリーにある)が完成した。

(訳注 サージェント―John Singer Sargent(1856-1925) 米国ボストン生まれだがフィレンツエとパリで肖 像画を学び、習得した重厚な技法は当時の英国上流社会で絶大な人気を得た。ナショナルポートレートギャラリーには45点の作品が展示され、テイトギャラリーにはサージェント室まである。)

 12月1日グロヴナーハウスで多数の友人が出席して、正式な贈呈が行われた。30年前のオクタヴィアが手伝ったディーム・フリマントルと、円熟したオクタヴィアがともに働いたC.S.ロッホが演説した。二人とも彼女の能力、勇気、不屈の意思を語った。ミランダがこう伝えている。「優れた画家の作品なので、肖像画が、それを見る人々に語りかけ、オクタヴィアが友人たちにもたらしてきた力を、多少ともその人々にも与えることを、お二人は信じておられました」オクタヴィアの業績への称賛、しかしそれ以上に彼女の人柄への親愛の情が強く語られた。オクタヴィアにとって、彼女をたたえようと願う友人たちのこの集まりは、深く感動的な出来事だった。昔、まだ大きな困難がいろいろとあり、成功が心許ないころに彼女とともにあった友人たちも、そして、事業がしっかりしたものとなってからの彼女しか知らない友人たちもいた。しかし全員があらゆる仕事において積極的支持を寄せてくれる信頼すべき協力者であり、その人たちがいなければオクタヴィアにはなにを成し遂げる力もなかったに違いない。「私はこの絵を、私個人の活動の記念ではなく、友人たちすべてがそれぞれの仕方で貢献した共同作業の記念と思っています。どこまでも共同の努力でしたから、私たちの誰にせよ‘これは私のした仕事だ‘、‘あれはあなたのした仕事だ’ということはできません。私たち全員が‘それは私たちのした仕事だ’ということならできるのです」肖像画への感謝の演説のなかでオクタヴヴィアは彼女が成し遂げることのできた仕事をざっと振り返り、そして未来が、彼女のためにではなく、彼女がその中で努力してきた社会運動のために、何を残してくれているか、期待をこめて推測した。いかにもオクタヴィアらしく、彼女は自分の役割が認められることや、自分のやり方がいつまでも残ることを少しも望んでいなかった。「私がいなくなったとき、友人たちが何か特殊な方法を実行しよう、あるいは私のやり方を盲目的に踏襲しようとしないことを望みます。新しい状況が生まれれば幾多の努力が必要になります。そして永続させるべきものは私たちの運動の精神であって、精神のない形ではありません。私たちが現在の位置を去って、ほかの人々がワーカーとして第一線に立たされたとき、その人たちが私たちから受け継ぐものは何でしょうか。機構でも組織でもなく、生命を失った方式でもありません。清潔で住み易いように改修した家屋と、それよりも良い新築の家屋をそれぞれ少数、ていねいな管理の記録に類するもの、そして若干のオープンスペース(その中のいくつかは昔よりもきれいになっていると思います)を私たちは残すことになるでしょう。しかし一番残したいのは、どんなに立派であろうと形あるものではありません。また、それがどんなに好ましかろうと、過去の記憶ではありません。鋭敏な目、誠実な力、やがて来る新しくより良い日々の大きな実りをつかもうとする遠大な望み、高い理想と大きな希望、そしてこの二つを実現するための忍耐力を残したいのです」
 オクタヴィアは60歳になっていた。活力に満ちた人たちの多くがそうであるように、彼女は夢中で生きてきたので、歳月の歩みに気づかなかった。1889年のことだが、女子大学セツルメントの若い学生たちに自分が「ずいぶんヴェテラン」に見えることを知って、面白く思ったことがある。成人したあとはずっと変わらないと自分では思っていたのだった。元気にあふれる活動的な人たちのほとんどは、中年を過ぎて老人の仲間入りをするころ、自分と同年輩の人々がずいぶん老いたことに気づき、驚く。自分たち自身が消え去りつつある世代に属しているとはなかなか考えない。オクタヴィアの場合それをしみじみ認識したのは、この表彰、肖像画、そしてグローヴナーハウスで聞いた演説によってであった。彼女はかつて始めたことをすべてほぼ成し終えていた。今後彼女にあるのは新しいことに着手するのではなく、確保した立場を堅固にすることそして将来(そこに彼女は加わっていないであろうが)の計画を立てることだった。
 1900年におきたラスキンの死は、自分が古い世代に属しているというオクタヴィアの意識を強めた。彼の死は、40年以上にもわたり彼女の大切なものであった両者の関係に終わりをもたらしたのである。後半の20年間はほとんど接触がなく、「人生と同じくらい長い友情が落ち込んでいった死のような沈黙、その中から時折消息がある」にすぎなかったのだが、彼女には強い喪失感が残った。「自分としては、この人を失ったことは取り返しがつきません。私の若いときに師であり、友であった彼が、その美しい家にいるのを想像し、彼がまだ私たちの仲間だと思うのは嬉しいことでした」若い娘であったオクタヴィアのなかに、ラスキンが呼び起こした尊敬の念を、彼女から取り去ることはできることでははなかったのだ。1877年に生じた仲違いは、大層彼女を傷つけたが、少しもその心に苦しいものを残さず、彼女から見てラスキンの本質的な偉大さを縮小させることさえなかった。シドニー・コクレルとその妹オリーヴがラスキンの家に滞在することになったとき、オクタヴィアはシドニーに手紙を送った。「これはお二人に訪れた至高の名誉、偉大な恩寵です。あなた方はそのとき、あの場所にふさわしく歩まれるであろうと私は信じます。そしてなんと、あなた方は靴を履いていないのです。それは、あなた方が触れるであろうあの精神によってあの場所が聖なる場所と化しているからです」誠に不思議なことであるが、ラスキンのことを考えること自体がオクタヴィアの気持ちを強く動揺させるので、彼女らしい明晰な表現を失い、ごたついた、ラスキン風のことば遣いで、このように若い友人に訪問の際には靴を脱ぐよう勧めている。誠に不思議なことである。
 シドニー・コクレルは、ラスキンを大いに崇拝していたとはいえ、彼がオクタヴィアにした不当な仕打ちに気づかなかったわけではない。極めて勇気ある若者でもあったわけだから、偉大なラスキンをこの件に関して批判することを決意し、過ちを犯したという告白に類するものをラスキンから得た。メアリ・ハリスにミランダはこう伝えている。「シドニー・コクレルがどれほど深くラスキンを尊敬しているか、ラスキンがシドニーをいかに好ましく思っているか、あなたはご承知です。ラスキンはシドニーとオリーヴを彼の家に泊まりに来るよう招きました。そして、まだ発行されていない『フォルス(Fors Clavigera)』の次号を読んでくれました。シドニーはオクタヴィアに対しても非常に誠実です。そこで彼は、ラスキンがオクタヴィアに加えた攻撃についてラスキンをいさめ、彼が前に書いたものをもう一度自分で読んでみるようにさせました。ラスキンはシドニーの説明を聞いて深く悲しみ、自分自身をひどいと感じたと思われます。シドニーはラスキンがそれらの文章を公に撤回することを望んでいますが、オクタヴィアはもうこの件については終わりにするようシドニーを説いています。この青年の、ラスキンへの熱く激しい敬愛と、ラスキンには正しくあってもらいたいという欲求は一つに結びついて、非常に美しいものです」
 公的な撤回はなかったが、私信の中でいくつかの訂正が行われ、その手紙をコクレルはオクタヴィアに見せることができた。「貴重なお手紙をお返しします。……許すということについて彼は正しいと思います。そして、15歳にもなっていない少女の私を知ったときにはもう世の中でたしかな地位を占めていた人が、弟子のような者に許しを求めると期待するのは、あなたたちの誰がそれを望んでも無理があると思います。私自身はそう望んだことは決してありません。それが彼のしたことの記憶にまつわる悲しみをいくらかでも彼から取り去るのなら別ですけれども。はっきり申し上げますが、私はこの件全体を大して重要なこととは思いません。いい換えれば、立場とことばの不完全さ、限界が取り除かれたときは、ラスキンさんと私の間に、解決しなければならぬことがさしてあるとは考えないのです。この件でのあなたの騎士道的なご親切に感謝していますが、そのときまでは、思いやりのもった沈黙が彼と私にとって最善の、最も品位のある道であることをぜひ納得してください。……この件について私は静かな気持ちでおります。ラスキンさんがそうであってくだされば良いと願っています。そうでいらっしゃるかもしれません。過ぎたことなのです。土に埋めましょう。大地が覆おうとしないもの、土の一部とならぬものは永遠の世界で生き続けます。そのことを考えると、この世での不行き届きや思い違いはとても小さなことに見えます」
 ラスキンが亡くなった。彼の死によって、オクタヴィアにはこの世がより寂しいところになったと感じられた。しかしその2年後、彼女は母の死というさらに大きな痛手に耐えることになった。この非凡な婦人は92歳で亡くなったのだが、最後のときまですべての精神的能力を保っており、娘たちの仕事への熱い関心を少しも失わなかった。オクタヴィアは1902年の手紙の終わりにこう書いた。「仕上げた仕事を持っていき、彼女に良いと認めてもらうことも、人の理解、共鳴がほしくて彼女を頼ることも、もう決してできなくなりました」キャロライン・ヒルは激しい生涯を送ったが、勇気あるいは強固な意志を失ったことはなかった。そして娘たちの生き方を通じて、大きく報われた。彼女は娘たちをその少女時代には可能な限り自由にさせた。そして大人になるにしたがって、彼女たちがそれぞれの生き方で生きていくことを許して満足し、その一方で彼女たちのおこなうあらゆることを優しい理解と共感をもって注視してきた。厳格からはおよそ遠い親であり、その報償、すなわち子どもたちの本能的なあるいは経験から来る信頼を勝ち得た。オクタヴィアは母をこう書いている。「子どもの仕事と完全に一体であれば、子どもそのもののそばにいたいとは思わない、ということがこれほど当てはまる母親はあり得なかったろうと思います」キャロラインは決して質問も助言も批判もせず、ただ見守った。そして彼女の手紙にある娘たちに触れたことばはつねに新鮮で興味深い。「オクタヴィアは今週自分は家にいるときの一年分以上笑ったと思っています。だがそれがどんなに頻繁におきていることなのか彼女は気づいていないと私は思います」姉妹の誰にとっても母親を休日に連れて出かけるのはほんとうに嬉しいことだった。母親と座って静かなときを過ごすことはいつだって元気を回復させた。ノッチンガムプレースの昔の生徒たちはとても小柄な老婦人(その娘たちもみな小さいが、さらに小柄な)としてキャロラインを記憶している。そしていつでも娘たちについて喜んで話してくれたこと、彼女たちの子ども時代の話をたくさん持っていたことを覚えている。
 キャロラインは娘たちの中でもオクタヴィアをもっとも身近に感じていたかもしれない。というのもキャロラインは、オクタヴィアのなかに自分の父親サウスウッド・スミス博士をみていたからである。キャロラインに元気を与えたのは父の仕事(いまは娘が引き継いでいる)であり、そして父の静かに落ちついた勇気、休むことのない活力だった。オクタヴィアの側では母親の中に賢明な相談相手、最愛の仲間を見出だしており、その優れた能力と美点を年ごとににより深く感じていた。1875年、オクタヴィアはメアリ・ハリスに「考えてみると、あなたに知っていただきたかったことすべての中で、一番お伝えするのを怠ってしまったのは、母は私たちに授かった強力な天恵だということです。……母にとって生きていると感じることは喜びなのだと思います。また、彼女は考慮中の問題に関わる原則を、とても整然と私たちに示すことがよくあります」と手紙で語っている。したがって、キャロラインの死は非常に大きな悲しみであり、悲しみは論理の外にあるから、彼女の年齢ではそれ以上の長生きを期待するのは無理だと考えても、悲しみが減ることはほとんどなかった。オクタヴィアは激しく悲しみ、多くの人が自分の幼いころを知っている、最後の人の死に際して迎えるあの侘しさを味わった。その死はオクタヴィアの人生の最終章が始まったことを示していた。
 1902年の『ワーカー仲間への手紙』は、活動の最終段階に入ったオクタヴィアの気持ちを示している。「私が記録に留めなくてはならぬ活動は、新規に始められるものよりも、旧来の線に沿って着実に発展している姿です。変革であるよりもむしろ成長です。そして、それが最善なのです。私たちがどの点で、どのように誤っているかを、またどれほど新しい時代が別の方法を求めているかを教えてくれる小さなささやき声、それへの注意を怠ってさえいなければ。‘新しい事態が新しい務めを教える’ことを我々に知らせる事実に対して率直な心、鋭敏な目と素直な耳を、老いていく私たちは特に失わぬよう努めなくてはなりません。‘記録するにたるような新しい特別な出発を持たないことを残念とは思いません。ただし成長があるという確信と、変革がないといっても、生活から生ずるはずの新しく必要なものに対して鈍感なわけではないという確信は持ちたい’のです」
 「老いていく私たち」と彼女はいっている。このとき以後オクタヴィアは仕事に取り掛かる際に、意識してそれをほかの人々に引き渡さねばならぬときに備えるようになった。彼女の仕事はつねに拡大しており、教会委員会のための仕事一つをとっても、大変な作業だった。そして教会委員会の管理地にある労働者向け住宅の賃貸期限が切れると、委員会はそれらの家屋をオクタヴィアの管理に移し委ねた。これら、借家人、借間人のすべてについて誰が責任を引き受けるかは、慎重に考えねばならぬ問題だった。いままではオクタヴィアの仕事仲間はたいがいがボランティアなので、責任の引き受けという問題はほとんど彼女の家庭内で解決されていた。つまり、オクタヴィア、その姉妹たち、ミス・ヨーク、あるいはほかの誰か親しい友人が責任者となり、その人に家主たちは家を託し、その人から報告を受けた。彼女たちを手伝ってパートタイムのボランティアのワーカーがそれぞれ割き得る時間で管理できるだけの、少数の借家人を担当していた。オクタヴィアは家を購入しそれを貸す人々に、自分でそれを管理できるようになるか、家族の者を説いてできるようにならせることを、勧められる場合は必ず勧めた。家主自身による管理が理想的ないき方だと彼女は考えていたのだ。なぜならそれが借家人と家主の間に自然な家族的関係を作り上げ、富む者たちに、貧しい人々の問題あるいは暮らし向きを真に理解させる役に立つからだった。
 もちろん、オクタヴィアの同僚には専門職のワーカーもいくらかはいた。またエマ・コンズのように、そこでの責任はないのだがセンターに長く身を置いてきた人々もいた。早くも1875年にミス・マーチンという人がリーズからノッチンガムプレースに来て住み、住居管理の仕事を学んだ。そしてそれをリーズでおこなうために帰って行った。エディンバラはすでに一つのトレーニングセンターになっていて、そこからパース、ダンディ、グラスゴーへワーカーが派遣された。そして1893年にはテル・メーレン夫人というオランダの女性がイングランドへ来て訓練を受け、アムステルダムへ帰って、住居管理を行った。こうしたことはあっても、基本的にはオクタヴィアは、専門職のワーカーが足りないと認めた場合でなければ、それを養成せず、ボランティアたちによる住居管理(少数のより完全に訓練され、信頼できる専門職のワーカーの監督下での)を心に描いていたのは事実であった。しかしながらいまはこの構想を改めなくてはならなかった。家屋やコートを投資する資本家を求める必要は、もうまったくなくなっていた。住宅はもう充分にあった。それらを管理できる、完全なトレーニングを受け信頼するに足る専門の住居管理者を供給することが、従来に増して必要となったのだった。はっきりいえば、家屋資産管理が専門的職能の地位を獲得しなくてはいけないのだ。それは「暮らしのために欠かせない新しい需要」の一つだった。オクタヴィアはこのことを素早く認めた「来てくれたボランティアを訓練し、必要とする数の職業的ワーカーを養成するだけではなく、我々が直接必要とする以上の人数の職業的ワーカーを養成するのです。そして小さな共同住宅を自分で保有し、これまでにはなかったタイプの管理人をその住宅へ派遣したいと望んでいる家主たちに、機会がありしだい、そのワーカーを引き会わす、こう計画するのがもっとも良いと思われます。通常の家賃集金人は時間に余裕があるだけで、特に教育された人ではありません。賃貸料を集めるために借家人を訪ね、そこで修繕を求められた場合でも、ある程度の作業指示をするだけですまし、自分の仕事がもっと広範囲のものだとは考えないのです。もしももっと徹底して仕事ができるように訓練され、より綿密な指示のできる能力を備え、良い暮らしのために細かなことまで考えるであろう婦人たちがいれば、家主は彼女たちに家作の管理を委ねるでしょう。看護婦と教師の養成が、このような職業に求められる資質をどんなに高めたかは誰もが知っています。同様の資質向上が、貧しい人々の賃貸住宅の管理にも生じて良いと思います。この専門的能力を持つ管理人をボランティアがになうことになるかどうかは自然に決まるでしょう。いずれにせよ家主は、法律的な助言をする弁護士、建築に関する大きな問題について助言する建築家、会計の管理者のほかに、家主に私がしばしば勧めてきたことなのですが、借家人たちの世話をし、労働者たちの住むコートあるいはアパートの運営を左右する細かい補修と管理を引き受ける代理人を持てるようになるのです。人々がいっしょに住み、ヤード、洗濯場、階段を共用する場合、この共用部分の使い方を監督指導し、一人の借家人の行動が、ほかの人々にどう影響するかを注意する役割の人がまったくいない例が極めて多いのです」いまやオクタヴィアはいつものエネルギーを集中して、この新しい管理人を育てる仕事に本気で着手した。彼女は、その重要性はつねに増大していると、その死にいたるまで思い続けた。教える側に難しい問題はなかった。オクタヴィアが集められる限りの志望者を、全員訓練するのに充分な数の、高い能力を持ったワーカーを彼女は抱えていた。依然として彼女はボランティアを求めていたが、それに加えて毎年毎年の「手紙」で専門家となる訓練を受ける婦人たちを募った。1903年にはこう書いている。「昨年はロンドンで3名の有給管理者の求人を受けましたが、まだ応えていません。私たちの抱える訓練されたヘルパー、そしてまだ訓練の充分でないヘルパーでさえ、私たち自身が管理している地域が広いので、全員そこにとられてしまうのです。そしてときどき地方に管理人の働き口がありますが、それらは管理の全責任を負う能力のある人々にのみ開かれていることを忘れてはなりません」管理者養成を受ける人は集まるが、急速にというわけではなかった。管理人の需要は増大していった。ロンドンの土地建物は多くの管理人を吸収した。やがて地方から養成を受けたいという申し込みがきた。1904年、バーミンガム、リヴァプール、オックスフォード、そしてマンチェスターが女性の管理人の雇用を考え始め、1907年にはレスターから2人の女性がトレーニングを受けにやってきた。そして1909年になるとタンブリッジウェルズ、トーキー、ノッチンガムが女性管理人雇用の可能性を検討していた。またこの仕事はイギリスに限られるものでなかった。最後の「手紙」にオクタヴィアはこう残している。「私たちは以前に変わらず、現在も外国におけるこの種の事業に協力することができます。2人の有能なオランダ女性が住居管理のトレーニングを受けるためにこちらへきていましたが、その一人はオランダへ帰ると良い働き口を得ました。80世帯の住宅と、その人たちがみなで楽しむ庭園の管理を担当しています。スウェーデンの女性が一人私たちのところでトレーニングの課程を始めました。彼女はストックホルムへ帰ったなら、ラーゲルシュタット夫人といっしょに仕事をすることで大きな成果をあげることでしょう。夫人は約2、30年前に私たちのところへきてトレーニングを受け、それ以後ずっとストックホルムで働き続けています」
 養成中の生徒数の増加は満足できるものだったが、オクタヴィアはいくら多くても多すぎることはないと思った。1907年に彼女はこう書いている。「家屋を建てるのが我々の主要な務めだと思ったことはかつてありません。私がもっとも必要とされていると思うのは、家屋の適切な管理です。最低といえるような家屋であっても、その住まい方が賢明に行われていれば、身だしなみ悪く住んでいる高級邸宅よりずっと良いのです」この意見は賛意を込めて度々引用され、王立諮問委員会、諮問評議会、そして住宅に関して権威をもって語るすべての人たちによって、繰り返されている。しかし実際となるとこの考えはほとんどの場合重んじられていない。建物にお金が投入され、あらゆる種類の現代的な進歩した設備のある住宅団地がつくられたが、オクタヴィアが不可欠と考える思慮深い管理はたいがい無視されてきた。各家屋、各団地は荒廃し、本能的に週休労働者を「あの階級の者」というふうにみる人々は、彼らが「浴槽に石炭を入れている」ことをうんざりするほどくどくどといい、明け渡しで明らかになった内部の状態にゾッとした様子で叫び声を発する。煉瓦とモルタル(あるいはコンクリートと鋼材)にたっぷりお金を使うことで住宅の状態をよくしようと努める人々は必ず失望する。これは、オクタヴィアが幾度も断言した通り、いまも真理なのだ。「家屋と借家人を切り離して扱うことはできません」  管理人の数を増やせるよう準備を開始しておいてよかったとオクタヴィアに思わせることが、1904年におきた。教会委員会は、莫大な資産を所有し賃貸している大地主でありまた大家主なのだが、賃貸借契約の期限がくると、それらの契約の管理をオクタヴィアに要請した。サザークの数か所では、土地が旧来の終身土地保有契約によって賃貸されていた。つまり、賃貸の期間が幾年と決めてあるのではなく、人の寿命しだいになっていた。その契約期間が突然終了となったとき、オクタヴィアは通知を受けてわずか4日後に、それまでに出会った例に劣らず複雑な賃貸料集金の作業に、立ち向かわなくてはならなかった。「貸してあった家々は又貸しされていたので、私は詳細をほとんど知ることができませんでした。地図は持っていて、教会委員会に貸し主から戻ったそれらの家屋は、5エーカーにおよぶ土地の中の別々の街に散らばっていましたが、各家屋の番地はわかっていました。しかし私は借家人の名前も、どの家の賃貸料も知りませんでした。借家人の方も委員会との契約の書類を知らず、見てもそれとわかりませんでした。長い間又貸しに支払ってきたからです」オクタヴィアはいつもの冷静な自信を持ってこの状況に立ち向かった。自分で借家人をひとりひとり尋ね、事情を説明し、家賃の支払いを得ることに成功した。家を修理することはもっと手間取る仕事だった。家屋の状態を見た彼女は大いに考えさせられた。というのも教会と一体の団体が現実にはなにも維持管理の労を払っていない家から収入を得てきたのであり、それは極めて好ましくない事態だと思えたからである。「長期の賃貸借契約において、家主たちが自分の責任をほかにすっかり委ねてしまっていることを知ると不思議な気がします」
 その翌年この問題は、事業の一層の拡大によって、さらに顕著なものとなった。ウォールワースで、500戸から600戸の家を含む22エーカーの土地の賃貸借期限が切れて、教会委員会へ戻ってきた。再開発の機が熟している土地であった。そしてオクタヴィアは再開発の計画を手伝い、改築が行われる期間の土地、家屋の管理を頼まれた。彼女はこう書いている。「しかし、教会委員会は極めて重要な一点をまだ考慮中です。この土地を建築業者たちに貸し、彼らとその承継人に約80年間管理させるのが良いか、あるいは教会委員会の直接管理下に置くべきかの点です。……この土地は教会委員会の土地であり、教区教会に隣接し、教区の主教によって創設され、その名のついているタルボットセツルメントもごく近くにあります。確かにこの土地は教会委員会による管理から離れてはいけないのです。もし賃貸借契約の各条項が最大限思慮深く練られ最大限厳格に守られたとしても、それらの条項には、賢明な貸し主が直接身をもってする管理と同じ効果はありません。土地、家屋への要求、土地、家屋の水準はこれからもずっと変わっていくということだけからしてもそうなのです。そしてこれからの80年間には変化を伴う多くの決断が望まれるでしょう。……教会の土地を管理する人たちがこうした考慮を、よく自分のものとし、自分たちの意図を忠実に申し分なく実現してくれる充分な人数の、熟練したワーカーをきっと確保するだろうと信ずるばかりです」オクタヴィアの願いは実現した。教会委員会は問題の地域の労働者階級の住宅全部をその直接管理下に残すことを決めた。そして彼女の推薦によって、彼女とランベスで働いてきたミス・ラムズデンを住居管理者に選任した。
 教会委員会の持つ各地の土地は、地域の水準を決定するほどに大きかった。オクタヴィアが難しい地域の数戸の家屋を管理したときは事情が異なった。これがノッティングヒルで彼女が直面しなくてはならなかった問題である。1899年、そこの教区牧師からの要請に応えて彼女は5戸の住宅の管理を引き受けた。環境は非常に悪かった。「貧しいのではなく、退廃しているのです。残念なことにケンジントンの富裕な人々からたくさんのお金がここの住民のところへ来るらしい。この地区は乞食と、思慮のかけた無知な人々からの大まかな施しで生きている者でいっぱいです。悪徳がはびこっているようです。どの街も家具付の貸間をしています。貸間の在り方としては、堅実な労働者には好まれそうになく、のらくら者、だらしない人、堕落した人々にあつらえ向きの浪費的なものです」
 このような街々を救済することは、明らかにオクタヴィアの心にかなう仕事だった。少し前から彼女は主として住宅改築の計画に携わってきたが、ここで彼女は、昔最初に取り組んだ問題(すなわち、やる気のない人、貧窮者、失業者、能力年齢などの点から労働に適さない人の問題)に戻ったのである。彼らは彼女がもっとも救いたいと思う人々だった。気がつくと彼女は以前のように、あまり技術のいらない修繕には借家人を雇い、彼らに自分も働くことができるという考えを植えつけようとしていた。「居住者たちは身体が弱く、老齢で、技術も資格もない気の毒な人々です。一番最初に不景気の影響を受けるのは、まさにこの層です。男たちは、つねに監督し、面倒を見る必要があります。報酬は、彼らが屈せずに働き続け……材料を買い、少しずつ工具類をそろえていけるだけの額でなくてはなりません。しかし多すぎると、ほんとうの職長の下で、常雇いになってきちんと働こうとする気持ちを失わせてしまいますから、それではいけません」居住者たちの反応はあった。彼らが以前の技術を徐々に回復しているのを知って、オクタヴィアは嬉しかった。多くの人は立派に役に立つようになったので、彼女は彼らに仕事を頼むときもう不安を感じなくなっていた。
 しかしオクタヴィアはこのノッティングヒルの住宅については心配があった。最初の5戸から、彼女の資金の一部を使って管理する戸数を増やすことができたが、それでも少なすぎたからである。地域の道徳的水準は全体として非常に低かったから、退廃を防ぐために、たえず努力しなければならなかった。家屋が売りに出されると、もしオクタヴィアが買えなければ、それは地域を一層悪くする者たちの手に必ず落ちた。地域の当局は不道徳な目的に使われる家を再三閉鎖したが、いつもすぐに新しい人が来てふたたび同じ目的に使った。したがって、1910年に最初の5戸の持ち主がそれを売らなくはならなくなったとき、オクタヴィアは非常に困った。その地区でしてきたことがちょうど効果をあげ始めたところなので、ここで放棄することは考えられなかった。しかし労働者層の住居に投資するよう人々に求めるのは、もう正しいとはいえないと彼女は感じた。なぜならその投資が安定した収益を生むと思って良いとは、もう確信できなかったからである。幸いなことに、その家屋の将来の安泰を確保する一つの方法があった。1886年にスクレース・ ディケン夫人とラッセル・ガーニー夫人がオクタヴィアに数戸の家屋の所有権を与えたので、彼女は、シェーン氏の助けを得て、それらの家屋で、ホラス街トラストと呼ばれるトラストをつくった。その規約によって受託者は、家屋から生ずる利益から所要経費を引いた全額を、オープンスペースあるいはほかの公衆の役に立つものに提供することを義務づけられていた。受託者たちはすでに、ノッティングヒルの3つの家を買い取っていたが、今度は売りに出されている5戸の管理を引き受けることを承知した。オクタヴィアは嬉しそうにそれについて語っている。「受託者たちがこれらの賃貸物件を保有すると、たとえそこからまったく利益が生じない場合も、個人の損失にはならず、ほかに与えるお金が失われることになります。明らかにあの受託者たちはこれらの家を保有できる、またそうすべき人たちでした」そこでこの問題は、それらの家を購入する資金を募るといういつもの単純な解決法に行きついた。そしてこれはたやすく実現した。オクタヴィアはノッティングヒルの5つの家はもう将来に心配がないことを見て、安心してそれらの家を後にすることができた。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com