戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第18章
共用地、自由通行用地、そしてナショナルトラスト


―いくつかの美しい場所を永久に一般民衆に提供する仕事、
それに関わる力を与えられていることへの感謝の歌が、
私の胸の中で鳴り続けているように思われます―
オクタヴィア(64歳) から母への手紙(1902年10月)


 オクタヴィアがミランダにこう語っている。「私がはじめて働きだしたとき、人々は「どうしても必要なものを貧民に与えるためのお金なら出しましょう。しかしレクリエーションのなにが彼らに要るのか、私にはわかりません」といっていた。それから数年後、彼らは「貧民に楽しみが要ることはわかります。しかしオープンスペースがあの人たちに何の役たちますか」といった。だが現在では誰もがオープンスペースの重要性を認識している」一般の人々の考え方におきたこの変化は、オクタヴィア自身の活動が大きな原因なのだが、もちろんオクタヴィアにとって大いに嬉しいものだった。しかし不幸にもそれは深く浸透することがなかった。オープンスペースの大切さを、一般論としては認めながら、彼ら自身がぜひとも欲しい土地は、オープンスペースにしなくても当然だと確信している地主や企業家は非常に多かった。オープンスペースについて目覚めた考えを明言する人たちも、庭園、共有地、遊歩道を、それらを必要とする人々のために守ろうと、積極的に手を打つ用意があるとは限らなかった。そうした土地を確保するためにオクタヴィアは休むことなく奮闘した。そして大きな成功が得られた。
 オープンスペースのために活動する二つの委員会があり、一つはカール協会のオープンスペース委員会、もう一つは共有地保全協会(the Commons Preservation Society)の執行委員会だった。特に前者はオクタヴィア本人が構想したものである。義弟エドマンド・モーリスが名誉書記を務めた。この委員会の仕事は、オープンスペース保存の重要性をつねに世論が見失わぬよう、働きかけること、失われそうなオープンスペースを買い取るための資金を集めること、土地が入手できたならそれを整備し、その地の教区議会に引き渡して保守管理してもらうことであった。カール協会のこの委員会は大いに努力して大きな成果を得ていた。毎年オクタヴィアは『ワーカー仲間への手紙』で一、二の教会敷地、埋葬地、あるいは庭園を救い出し、公衆が利用できるようにしたと報告することができた。
 共有地保全協会は共有地問題の法律的な面を扱った。公衆の諸権利を保護し、必要があれば訴訟して争うことを目的に設けられた組織だった。油断のならぬ相手と争うわけなので、するべきことがたくさんあった。委員会の抱える困難の少なくとも一部はオープンスペースを取り込もうとするのが通常は公共事業体、あるいはそれに準ずる組織で、一方オープンスペースを最も必要とするのは自分で闘うのに必要な資金も影響力もない人々だ、ということにあった。オクタヴィアが気にかけていたのはその人々だった。1883年に彼女はこう嘆いている。「ニュークロスの小店主たちが、近くの丘(服飾雑貨品商会の所有です)を救おうと努力していますが、うまくいきそうにありません。公園の提供を受けた都市はたくさんあります。しかしロンドンのおかげで富を得た人や、ロンドンの良い点を享受している人が幾千人といても、私の知る限り、彼らは建築用地として売られる土地ならたった1エーカーであろうと、レクリエーション広場や公園としてロンドン市民に提供したことがありません。レスタースクエアは別として。気がついてみると不思議なことです」この発言は肥沃な土地に落ちた種子と映ったであろう。というのも一年後ミランダは、デットフォードでの活動に触れて、こう記しているからである。「はじめてロンドンの地主の一人が、建築に使えたはずの土地を公衆のためのオープンスペースに提供してくれました。その方はミスター・イーヴリンです」その後すでに見たように、オクタヴィアはこうしたオープンスペースのための土地提供を慣行とするよう、教会委員会を説得することに成功した。
 そのつぎには、オープンスペースが失われぬようつねに注意していることが必要だった。1883年、トテナムコートロードに近い小さな埋葬地が、ロンドン&ノースウエスタン鉄道の、所有になってしまう恐れが生じた。辺りは人口稠密な地域で、建ち並んだ家と一つの病院が埋葬地に接していた。エドマンド・モーリスに励まされ、共有地保全協会の支援を得て、セントパンクラスの教区議会は国会でその案に反対しようと決めた。しかしながらそれは下院を通過し、上院の委員会でようやく否決された。委員会でオクタヴィアは証言を行っている。「オクタヴィアは自分の証言はあまり役に立たなかったと感じていましたが、共有地保全協会の人たちは、良い証言だったといってくれました。そして‘ミス・ヒルは、かなり手強い相手と考えられているロンドン&ノースウエスタン鉄道の弁護人より上手であった’と報じられています」
 セントパンクラスとその支援者たちにとって注目に値する勝利だったが、このスペースが奪われずにすんだのは、教区議会が長期にわたる、出費の多い闘いをいとわず、また強力な支援者を有していたからこそであった。ひとつひとつ脅威が生じる度に、それと闘わねばならず、そしてその結果もどうなるかわからない、それがオクタヴィアをひどく満たされない気持ちにした。もっと総合的な方策を立て、やたらな土地開発を阻止するために建築法を改正することを彼女は強く主張した。共有地保全協会とともに彼女は、ロンドンとその近郊を一体として扱うプランを作成しようと試みた。この問題に関して1887年にカール協会、共有地保全協会および首都圏庭園協会(the Metropolitan Gardens Association)が慈善事業諮問会議(the Charity Commissioners)へ送った請願書は、その大部分がオクタヴィアの仕事であった。「この秋は、かなり長い間、請願書作成の資料を集めることにかかりきっていました。この問題を検討すればするほど、はっきりわかることがありました。もし必要なオープンスペースの量について、当局がもっと積極的な考えを持ち、重要な土地をいますぐ買収する大規模な計画を採用しなければ将来ロンドン市民の健康と福利にほとんど不可欠なものとなるはずの土地を、開発から救い得る時期はたちまち過ぎ去ってしまう、ということです。大規模な計画の強力な実行への公衆の支持を得る(それもすぐに)ために、私は自分の使えるすべての方法を用いなければなりません」
 オクタヴィアが非常に大切に考え、共有地保全協会も熱心に支持している一つの計画があった。それはロンドン市民に歩くことの喜びをもたらす遊歩道の確保であった。テムズ川とトレーターズヒルに沿った曵き舟道があった。それはケンティッシュタウンと北ロンドンから通常はハムステッドヒースまで、共有地や私有地などの入り交じったロンドン近郊の遊歩道や散歩道と同じように、野原を通って繋がっていた。オクタヴィアはいつも地図を好み、楽しんでいた。そして今度は、どんな遊歩道があり、それらが、どの共有地とどの共有地をつないでいるかを示す地図を作ろうと考え、ボランティアに協力を頼んだ。要するに彼女はロンドンを囲む緑地帯を確保しようとしていた。我々がようやく1940年を迎えるようになって、望ましいと思いはじめた緑地帯である。
 こうした小さなスペースと遊歩道のほかに、ロンドンには、オクタヴィアがそれを求めて闘い、最後に勝利した二つの大きなスペースがあった。その一つはパーラメントヒルで、闘いは1884年、ウエストミンター公爵邸における会合で、オクタヴィアがこの件について報告を行ったときに始まる。広大なスペースであり、大変高価でもあった。買収費の一部を地方の自治体が出すのが妥当であり、地方税納付者のための、地方税の使い方として非常に納得できるとオクタヴィアには思われた。しかし多数の地方税納付者は貧しかったので、富裕階級がすすんで寄付をして買収資金を増やすべきだと彼女は考えていた。「地方税が貧困者たちを強く圧迫しているロンドンにあっては、大勢の富裕な、与えることを惜しまぬ人々(自分の負担分の地方税以上にお金を出し、仲間のロンドン市民たちに、堂々とした樹木もある数エーカーの緑に覆われた傾斜地を与えようとする人々)がいていいのです……私自身、もしそのお金があれば、公衆へのこのように立派で長持ちする贈り物は、なににもまして、残したいと思うでしょう」
 この計画が健全なものであることを納税者たちに納得してもらう必要があった。ハムステッド教区議会は、はじめて計画の提示を受けたときは、21票差(投票数55)で寄付を拒否すると決めたが、つぎのときには45票対20票で、20,000ポンドの寄付を決定した。この変化は舞台裏での激しい運動なしには起こり得なかったということは容易に理解されるだろう。首都圏建設評議会(the Metropolitan Board of Works)にも考えを改めてもらわなくてはならず、オクタヴィアは不安でいっぱいだった。ミランダによれば「首都圏建設評議会は明日パーラメントヒルに関する計画を検討することになっています。報道、言論関係の人々に評議会に語りかけてもらう機会を失ってはなりません。オクタヴィアは結果についてとても悲観的ですが、いつものように彼女のできることは全部しなければならないのです」
 しかしながら、蓋を開けて見ると評議会は計画を受け入れた。そしてオクタヴィアには個人で52,500ポンドの資金を募る仕事が託された。彼女がうろたえなかったのは、お金に関して決して気弱にならぬ人だったからである。協力要請を始めるとすぐに2,000ポンドの寄付の予約があった。そして9週間後、寄付金は45,500ポンドに達した。残りの7,000ポンドを得るためにシティの会社(シティーに本社を置く一流大企業)に接触してはどうかといわれたとき、彼女は自分の考えをこう語った。「(シティの会社は)もっと難しい計画を実行するときのためにとっておかれるべきです。これは、私たちの理解する限りでは、幾千もの市民への大きな、長持ちのする、目に見える贈り物なのですから、残る買収資金の負担に参加することを誇りと考えるようなロンドンの富裕層の一部に会ってみようと思います」オクタヴィアがその人たちを信じたのは、まったく正しかったことが明らかになった。必要額の7,000ポンドを上回る資金が彼女に寄せられたのだ。超過分はかなりの額で、その使途を決めるために全委員による集会を必要とするほどであった。その金で、ケンティッシュタウンとパーラメントヒルフィールズの間の野原の道を購入しようという提案があった。オクタヴィアはその道を保存することを切に望んでいたけれども、あえて今回の剰余分は、オープンスペース保存の一般的運動に使うべきだと強く人々を説得した。特定のスペースを確保するための募金は、人々の地元への愛情に訴えられるので、オープンスペース保存運動一般のための募金よりもはるかに容易であることをオクタヴィアはよく知っていたのだ。また、なにか突然に資金が必要となる重大な場合に取り出せるように、ある程度の金額を手元に置くことは、大切だと強く感じていた。
 言及する必要のある、もう一つの場所は、今日のヴォクソールパークである。オクタヴィアは「ザ・ローン(芝地)」という呼び名でそれを知っていた。グラッドストーン内閣の郵政大臣ヘンリー・フォーセットがランベスに持った住居だった。1887年、それが売りに出されたとき、彼女は入手してランベス地区の公園にしようと決意した。これについて新聞、雑誌などに投書した。そしてその地域の労働者たちもその土地の買収を強く求めていることを知り、非常に元気づけられた。彼女とミランダはランベスの屋外集会に出掛けて行った。荷馬車の上からの労働者たちの演説を、大勢の聴衆の間に立って聞き、自分と子どもたちのために公園の確保を目指す彼らのはっきりとした決意に、二人は強く勇気づけられた。その状況はオープンスペースを求める運動が、大衆の心をほんとうにとらえつつあることを意味していた。有効な活動をすでに行っている人たちがいる場合、そこへ押しかけるように加わることは、断じて彼女の流儀ではなかったから、公園の件についてのランベスでの集会に彼女がつぎに参加したときも、一般大衆の一人としてであった。しかし「司会者は、彼女が出席していることに気づくと彼女に演説するつもりはなくても、せめて彼女を参加者に紹介できるように、演壇に上がってくれといってききませんでした。そして聴衆(主に労働者だった)は歓呼を幾度も繰り返して彼女を迎えました。彼らはオクタヴィアを彼らの計画の立案者と見なしているようです。なぜなら彼女が最初にそれについて新聞に書き、みんなの関心を目覚めさせたからです」
 ランベスの人たちがその地域の意向をまとめつつあったときに、オクタヴィアはより広範囲の人々に働きかけていた。大主教がその公邸のランベス宮殿を集会場所に提供してくれた。そこではウィンザーの首席司祭(ランダル・デーヴィッドソン。我々の世代には「大主教」として知られている)、ミセス・フォーセット(この人の娘フィリッパは最近ケンブリッジの数学学位試験第一級優等合格者中の首席合格者を負かした)そして雄弁な機関手の演説があった。しかしオクタヴィアを一番喜ばせたのはフロレンス・ナイチンゲールからの「美しい手紙」だった。オクタヴィアは語っている。「オープンスペースについてなにかいった、あるいは書いた人々の中で、彼女が問題の核心をもっともよくつかんでいます」自分と同じく女性の仕事を開拓した人の寄せてくれた共感は、オクタヴィアの心に沁みた。
 「ローン」は1890年7月に、皇太子を主賓に迎えて正式に公開された。長い年月にわたって、オクタヴィアの事業を関心と共感をもって見守ってきたルイーズ王女が出席した。それはオクタヴィアがほんとうに楽しむような種類の開園パーティーではなかった。「来園者の‘お迎え’をしなければならなくなり、ほとんど超人的なほど頑張りましたのに、逃げられないのはとても辛いことです」しかし、彼女はこの開園式の準備に大層骨を折った。「3週間にわたるきつい仕事」と彼女はいっている。そしてすべては滞りなく進んだ。少年軍事教練隊は儀仗兵になり、世話人たちは遅滞なく正確に務めを果たした。建物の中に控えたミランダは非常に楽しい行き届いた接待役であった。そして皇太子はいつもの通り、打ち解けた優しさですべてに人を魅了するとともに、開園式のすべてに心からの満足を表明した。オクタヴィアは疲れきっていたが、意気揚々とラークスフィールドへ戻った。「私にとってそれはとても厳粛な光景でした。なぜなら社会のあらゆる階級の人たちがもれなく集まっていたからです。そしてこの立派な企てを成し遂げるために、それぞれができることをしました。そしていまやそれは達成されました。人々がそれを必要とし、望む限り、これから長い年月にわたってあの土地には花が育つでしょう。そして陽射しがさえぎられることはないでしょう」
 オクタヴィアと共有地保全協会のおかげで、ロンドンが得た公園あるいは庭園をすべて挙げれば長くなってしまう。どの場合も対処の方法は基本的に同じだった。ある共有地が失われそうになると、オクタヴィアが直ちに新聞に投書して、まず世論を喚起した。共有地保全協会は、法的な側面を検討し、買収計画が提示された。そして関係する各自治体は買収費の一部を出すために、計画の綿密な検討を行い、各自治体がその負担分を出す意向を表明すると、オクタヴィアが不足分の募金を引き受けた。
 ときとして自治体の協力が得られにくいこともあった。ロンドンの南西にヒリーフィールズと呼ばれる45エーカーの土地が広がっていた。ロンドン県庁とグリニッジ自治区議会は両者で経費の3分の2を負担することを表明したが、ルーイシャム自治区は負担を拒否した。「その土地は彼らの行政教区にありますが、ルーイシャムの議会はなにを決議することも拒みました。この姿勢は、ほかの議会にとって先例になり、また多くの個人が基金をためらうもっともな理由となりますので、ひどいことだと私は思います。ルーイシャム自治区議会がその決定を再考するだろうと我々は最後まで期待し、一般の基金を募ることに全力を挙げてきました。一般の人々はとても努力してくれました。しかし、もしもいま、こうした惜しみなく与えられた援助にもかかわらず、あの議会がまだ拒否を続けるなら、計画の破綻は彼らの責任でしかありません」このような場合唯一の頼みは、納税者たちを説いて議会が拒否を続けられないよう圧力をかけてもらうことである。長い苦労の揚げ句ではあったが、最終的にはそれに成功したのだった。
 1891年、オープンスペースを求めるオクタヴィアの活動はもう別の方向への発展を遂げた。この種の問題にあって、一般市民の果たす役割が非常に重要であることは、まったく明白だった。そこで彼女は、土地の侵害(どんな種類であれ)と闘う場合、一般市民にその影響力を発揮するように、目覚めてもらう必要があると判断した。共有地、公園、野原に限らず、遊歩道、道路沿いの草地に失われるかもしれぬものがあった。オクタヴィアはまず自分のいるケント県を考えてみたのは自然なことである。その住民の共有地保全運動を助けるために、彼女は共有地保全協会のケント、サリー両県共同の委員会を創設した。「田園地域で進行している、公衆の権利の数知れない小さな侵害のすべてに関して、より詳細に調査することが最初の仕事です」と彼女は述べている。彼女からみればこの計画の最重要点は、貧富に関係なく、またその住むところが都市部、郊外、村落地域のいづれだろうと、県のすべての住民を共有地の守り手として一つに結びつけることだった。全住民が1シリングの納付金を払って、登録メンバーとなり、侵害がおきそうな場合は、ただちに実行委員たちに知らせる役をつとめるよう懇請された。まもなく委員会は一つの成果をあげた。一部のメンバーが当然自分たちにあると信じていた共有地権(common rights)を行使したところ、召喚されたのである。委員会は力強い支援を行い、その結果すべての召喚は取り消され、訴訟費用も支払われたのだった。これは非常にみなを力づけ、新しい登録メンバーが加わった。「農業労働者が我々の存在に気づきました。ある村からは大勢の人が、それぞれに苦労して得た1シリングを、郵便為替にした手紙で送ってきました。間違いだらけだが熱い気持ちのこもった、たくさんの手紙でした」残念なことに富裕な人々の登録は貧しい人々のそれとは歩調がそろわなかった。また、この活動に時間と頭脳を提供してくれるボランティアも現れそうになかった。これはオクタヴィアには理解し難いことに思われた。「農業労働者の毎日の暮らしのために、またロンドン市民の休日のために、共有地、沿道緑地、そして楽しい場所へいたる多数の遊歩道をしっかりと確保しようとする熱心な若者や政治家などが、なぜ大勢出現しないのか、私にはわかりません。この活動を組織する、もっとはっきりいえば活力あるものとする役割を、なぜ私や少数の疲れた仲間が担わなければならないのでしょう。もうすでにみな無理がきています」
 ボランティアが現れないので、オクタヴィアは頑張り続けなければならなかった。きつい仕事であり、気を挫かれることも多かった。「現在進みつつあるロンドンでのオープンスペース保存活動から私はすっかり手を引き、日々失われつつある田園地帯での運動に全力を投入しています。多くの人が同じようにしています。もっとも、すぐにはほとんど成果が得られていないので、失望は大きいのですが。それでも私はこれらの努力が効果を現すときが来ると思っています。多くの人を勇気づけているという意味ではすでに影響は確かに現れているのです。いくつかの共有地の囲い込みを諦めさせるという形で、間接的に効果をあげているのかもしれません。私たちは友人を得つつあり、活動の機構もでき上がりつつありますし……しかし明白な成果、目に見える勝利となると先のことです」
 ボランティアは得にくかったが、それに比べると資金の調達にはあまり苦労しなかった。オクタヴィアがその活動で資金不足のために挫折した例は一つもない。彼女が寄付に使う資金は、彼女が良いと思う使い方をすることを望んだ複数の人々の遺贈によって大きくなっていった。その人たちへの責任を彼女は深く感じていたが、決してためらい惜しむことなく資金を使った。目に見える成果が期待できぬ場合でさえもそうだった。訴訟ではときに負けることもあり、裁判費用を払わされる。「昨年お話しした遊歩道を保存する件は、うまく行きませんでした。しかしながらそれは、我々への熱心な支持が得られなかったからではなく、我々が最後まで闘うことができなかったからでもありません。この件を2回、四季裁判所(Quarter Sessions)へ持って行けるだけのお金を私たちは与えられていました。第1回目は、囲い込みをしようとする側の訴訟手続に手落ちがあったせいで、良い結果に恵まれませんでした。2度目のとき、この件は、道路拡張に価値を認める陪審にまわされました。……私たちを信じてお金を出してくれた人々が、ひどく落胆しないといいのですが。私自身はそのお金は決して無駄に消えたのではないと考えています。反対の闘いをしたという事実が、囲い込みを予防する役に立つと思うのです。私はまた最初の公判(このとき地主は裁判費用を支払い、法律的に正しい形式を整えて、もう一度初めから裁判を受けなくてはならなかった)では得点があったと信じます。このほかに、いつも結果が予測できるわけではないこと、そして、勝利がやってくるかどうか関係なく、それを求めて努力すべきだと確信したなら、勝利するつもりで前進しなくてはならないことを感じます……目にふれない基礎杭の上に橋が造られるように、勝利は敗北を土台にしています。私は、何らかの理想を目指す運動の初期段階での闘いに敗れた人々とともに、在りたいのです。土台である以上に私が役立つことはないでしょう」

(四季裁判所 ― Quarter Sessions, エドワード3世時代、1327年に遡るイングランドとウェールズの裁判制度。年に4回、刑事、民事の告発を受けて裁判をおこなったのでこの名がある。1971年に廃止され『クラウンコート』と呼ばれる新たな制度に変わった。)

 訴訟のほかにも仕事があった。オクタヴィアはケント県とサリー県の組織的調査をしており、両県にあるすべての遊歩道、共有地を示す地図の作成が進行中であった。どんな遊歩道があるか、そしてどれがいまはなくなっているかを知ろうとして、彼女は絶えず骨を折っていた。もっとも古くからの住民全部に昔の記憶をたずね、疲れを知らぬ熱心さで調査を続けた。「ガートルードの馬車の御者はチャートウェルについてよく教えてくれます。私は昨夜彼に会いました。彼はもう一つの道をもっとよく知っていましたが、この道にも覚えがあり、自分のいうことがどこまで正しいか自分で調べるつもりでいます。チャートウェルの数人の労働者と、トイズヒルで生まれいまはウインブルドンで庭師をしている義兄と話すと思います」ラークスフィールドに滞在した友人たちは、通行権(rights of way)を主張し、それを守るために、あまりふだん使われないコースの散歩に連れて行かれることがよくあった。生け垣を通り抜け、公園を横切り、領主館の表玄関の前を通った。常識的な人々の目には困りものと映ったかもしれないが、オクタヴィアにとって通行権 の確認というのは、幼いころからもっとも好んだタイプの散歩をする立派な理由になった。
 オクタヴィアはケント県とサリー県での闘争にもっとも深く関わったが、この国で同じ目的で苦闘する人ならば、地域は異なっても進んで応援した。「いま私たちは湖水地方の遊歩道を守ることに非常に大きな関心を寄せています。一部の地主は昔からの通行権を握りつぶして、人々が山へ入るのを妨げているのです。オクタヴィアの友人で、ケジックに教会を持つとても勇敢な牧師が湖水地方の通行権を保全しようとしていますが、非常に費用のかかる訴訟になりそうで心配しています。「別の守り手たち」は大きな町々の公衆に保証基金を使って援助するよう要請しています。ハムステッドで集会が計画されましたが、開いてみると大成功でした」

(湖水地方 ― Lake District, イングランド北西部カンブリア県にある景勝地。1951年には総面 積2,243平方Kmの国立公園に指定された。詩人ワーズワースの故郷としても知られ、文学ツアーも組まれている)

 徐々に各協会の努力が効果をみせ始め、世論はゆっくりとではあったが、問題を理解するようになり、一般大衆は自分たちの責任に敏感になった。1896年、教区議会、県自治体および県議会は公衆にこれらの権利の保護者となり、各組織の、この件に深い理解を持つメンバーは、共有地保全協会とそれに提携する委員会の中に貴重な仲間を見出だした。それはこの種の問題に関係する法律と訴訟手続に詳しい人たちであった。1897年、オクタヴィアは関係している各協会についてこう語ることができた。「彼らはその能力と影響力の点で明らかに成長しつつあると思われます。彼らの組織は以前よりもはるかに整い、より確かな足場を得たと私には見えます……世論は高まり、しかるべき処置をとるための法律的な組織をいまや持っています。私は希望でいっぱいです」
 この活動全体に関して、オクタヴィアの最も信頼できる協力者はロバート・ハンター卿であった。1881年に彼は郵政省の事務弁護士となり、そのために共有地保全協会での役職から身を引かざるを得なかったが、かといって協会の活動への関心は決して弱まらなかった。オクタヴィアへの友情は二人が活動をともにすることで強められていた。互いに共鳴するものがあった。というのも彼は彼女と同じように理想家で、壮大なヴィジョンを持ち、彼女のそれと同質のしっかりした分別、判断力の持ち主だったのだ。早くも1884年に彼は公衆に代わって土地と建物の委託を受ける団体を設立することが望ましいと確信し、それに関する論文をバーミンガムで発表した。オクタヴィアはその提案にまったく賛成ではあったが、翌年にはその重要性を痛感することになる。その年、デットフォードの地主であるイーヴリン氏がセイエスコートをその広い庭園とともに公衆に引き渡そうと望んだとき、建物と土地双方を保管できる公共団体が存在しないので、同氏はその計画を完全な形で実行できなかったのだ。オクタヴィアはロバート・ハンター卿の案が実現可能なことを確信し、提案された団体に適切な名称をいっしょに考えた。1885年2月の手紙で彼女はこういっている。「この新しい団体に簡潔で内容をよく表す名前をつけたいのですが、難しいです。“共有地と庭園のトラスト(Commons and Gardens Trust)”として、その後に小文字で“都市と農村の住民のために、オープンスペースを受け入れ、保有し、管理し、購入することを目的とする(for accepting, holding, preserving and purchasing open spaces for the people in town and country)”と添えるのはどうでしょうか。“トラスト”と呼ぼうとする私の考えが、はたして正当かどうか自分ではわかりません。でも“カンパニー”よりは良いだろうと思います。あなたならこの事業の営利的というより、公益的な性格を表す名称を、もっとうまく考えてくださると信じています。人々は利益の乏しい事業を好みませんが、少しのお金が巧みな運営によって、大きな効果をあげる場合には好んで寄付してくれます」この手紙を受け取ったロバート・ハンター卿はそこに“ナショナルトラスト?”と斜めに鉛筆で走り書きしている。まもなくもう一人の友人が招かれて相談に加わった。ケジックの「勇敢な牧師」、キャノン・ローンスレーである。彼は湖水地方の湖や山岳での通行権の確保に成功しており、オクタヴィアとロバート・ハンター卿にとって、もう一人の頼もしい仲間になった。彼は熱心に計画に参加し、まだ団体の組織が整わないうちから無給の名誉書記になった。  影響力を持つ人々が主催する会合がいくつも計画され、著名人が講演したが、聴衆の心を捕らえ、容易に消えぬ印象を残すのはオクタヴィアだった。彼女からは感化する力が流れでていた。この提案は正しいと熱く信じていることから生まれる説得力をもって彼女は語ったからである。オクタヴィアの自然への愛はありきたりの気持ちではなく、郊外での休日をただ楽しむ類いのものではなかった。それはオクタヴィアのいろいろな点でワーズワースのそれに似た人間性の本質に属するものだった。この世界を彼女は子どもの目で見つめ、毎年春が再生し、実と花と葉が戻ってくるのを嬉しい驚きをもって見た。彼女が山、岬、共有地について語るとき、聴衆は彼女の目を通してそれらを見た。もしかするとより昔の、より心安らかな日々の幸福な記憶を取り戻しているのかもしれなかった。彼らはそれらの土地をいつまでも保存することの大切さを納得した。彼女は論説も公にした。それらはすぐに受け入れられ、ナショナルトラストの精神は多くの人々の心に根づいた。
 オクタヴィアのすべての仕事の中で、このナショナルトラストの仕事ほど彼女に幸福を与えたものもなかったが、一方これほど不安を与えなかったものもなかった。当初から同僚たちと気心が通じた。そしてトラストの仕事は、非協力的な当局から土地を勝ち取ることではなく、贈与されるものを受け取り、保有することであったから、そこには軋轢が生まれなかった。「この仕事は好きな人には楽しいものでしょう。共有地と遊歩道の確保に関する成果はどれもほとんど、あるいはまったく争うことなしに得られています。争うのではなく、優しく度量の大きい人々をたずねることで得られています」と1896年にオクタヴィアは書いている。当時彼女は新しい書記を求めていた。ナイジェル・ボンド氏がその書記になったが、彼はナショナルトラストを創始者三人の鮮やかな寸描を残している。「仮にナショナルトラスト委員会の前に立ちふさがるやっかいな障壁があるとします。ほとんど黙って静かにその場を離れ、問題の解決(どのように迂回してこの障壁の向こうに行くか)考えようとするのがロバート・ハンター卿のやり方です。そしてこの人が迂回する道を見つけられないことはめったにありませんでした。キャノン・ローンスレーは違いました。自分は実務家だとはいいませんでしたが、‘ノー’ということばの意味を知らない熱血漢でした。‘それは障害になりません。進みましょう’というのが彼の流儀だったでしょう。そして彼は向こう見ずに跳躍したでしょうが、10回のうち9回はうまく向こう側へ着地したのです。ミス・ヒルはその障壁のために進めないことを認めながら、回り道を見つけようとはしないのです。‘これはよけられない障害物です。梯子をつくりましょう。そしてそれを置く地面をまずしっかりと固めておいてから、梯子を昇り、障壁の向こう側へ降りましょう’というでしょう」このような三人組が指揮をとっているのだから、トラストの事業が進歩するのは不思議ではなかった。ミセス・ファニー・タルボットが最初の後援者となり、バーマスの傾斜地をトラストに贈与した。オクタヴィアはシドニー・コクレルに「私たちは初めて土地を持ちました。最初で最後かもしれない」といってにっこり笑った。
 しかし、それがトラストの取得する最後の土地になるとは、彼女は一瞬でも考えたことはなかった。翌年トラストはティンタジェルのバラス岬を買い取ることができた。荒涼たる風景の美しさ、そして文学に描かれた出来事とのつながりを持つので、オクタヴィアには非常に大切な岬だった。「それは、新しい、ほんとうの意味でイングランドの共有地となる最初の場所では必ずしもありません。また、その最後のものにならないよう私は願っていますが。最初のものではないといっても、これ以前の土地は理解ある、気前のいい人が寄贈してくれたものですから、多数の人がお金を出し合って購入した土地としては、ほんとうに初めてのものです。富める者も貧しい者も近くの人も遠い所の人も、アメリカ人もイギリス人もいますが、それぞれにその人なりのお金を出し合って、共有の遊び場、書斎、休憩の場、自然の聖なる事物を見るのに好適な場所として、イングランドの小さな土地を買ったのです。黒い岩の間で砕ける海によって三方を囲まれ、向かい側の、大西洋の波がうねりつつ流れ込む、マーリンの洞窟に似た大きな洞穴がいくつもできている岬です。海鳥がその空を飛び、ヒース、ハリエニシダ、アルメリアが大きく群生し、アーサー王の入り江の狭い空間を挟んでアイランドロックに面し、伝説と詩によって私たちすべてにとって大切なティンタジェル城の遺跡があります。イギリスの歴史とイギリスの伝説の雄大な思い出に包まれている岬です。したがってそれはナショナルトラストのメンバーや友人たちの協力の最初の成果としてふさわしいと思われます。イングランドのもっとも美しく、もっとも記憶すべき土地を美しい状態で、大衆のために永久に保存するためにつくられたトラストですから」

(ティンタジェル ― Tintagel, イングランド南西端のコーンウォールコーストに面した村。アーサー王の生地としての伝承がある。350年から850年ころまでケルトの僧院があった。)

 オクタヴィアがまだティンタジェルを買う資金を集めていたころ、彼女は一通の手紙にその喜びを表わしている。「今日の時点で、不足額はわずか23ポンドです。もうほとんどあの場所は我々のものであるような気になります。嬉しいことではありませんか。私はオールフリストンの方にいまや取り掛からなくてはなりません。こちらはずっと難しい仕事で、我々が手をつける以前の処置に手違いと遅れがあり、動きがとれにくくされています。それでもオールフリストンを、安全な状態にすることは必要です」オールフリストンは宗教改革以前の司祭たちの館で、後に労働者たちのコテージ群に変えられた。手入れ不足で、徹底的に荒廃するままにおかれたので、すぐにも取り壊される恐れがあった。ここでの苦労は資金上のそれではなかった。その建物は10ポンドで買えたからである。とはいえ、修復には困難がともない、費用もかかった。しかし修復は完成し、その家はナショナルトラストの保有する最初の建物となった。それに続いて間もなく、バッキンガムシャーのロングクレンドンにある美しい14世紀の裁判所庁舎とティンタジェルの古い家屋がトラストの保有になった。趣のある美しいものと歴史的に興味深いすべてのものをよく理解するオクタヴィアは、これらをトラストが得たことを喜んだが、誰にも開放される広々とした田園地帯を確保できたときの舞い上がるような満足感にはおよばなかった。
 そうではあるが、このような保有物件はつぎつぎに増え、そのたびにオクタヴィアは純粋な喜びに胸をときめかせた。その人生の最後まで彼女は敏感に激しく反応する心を持っていたのだった。雅量のある人々の、もの惜しみのない申し出に接するたびに彼女の内側では幸福感が燃え上がった。良い知らせがくると彼女はしばしば子どものように嬉しそうに拍子した。悲しみも骨の折れる仕事もそして心配も、この子どもを押しつぶすことはできなかった。その喜びに満ちたよく通る笑い声は「これまでに聞いたもっとも幸せそうなもっとも美しい」笑い声といわれた。
 ティンタジェルの後、特にオクタヴィアを喜ばせた土地取得が、二つの地域でおきた。その一つは彼女自身の住むケント県でのことで、トイズヒル頂上にある「傾斜面をならした小さな土地」がトラストに与えられた。「ある記念として公共に与えられたイングランドで最初の美しい場所」であった。ほんとうに小さな土地なのだが、ケントの起伏緩やかな平野が見渡せた。オクタヴィアは記念としてそのような贈り物をするという着想を嬉しく思い、この土地を最大限に活かすよう非常に骨を折った。「ベンチが置かれました。村人や他所から訪れた人々はそこへ掛けて、この台地から見晴らすケント県の壮大な広がりの光と影を見ることができます。トラストの許可を得て掘られた村の井戸に小さな瓦屋根がいま掛けられています。またヒース、エニシダ、その他の野生の花が移植されています。したがって、間もなく見えてくることになる記念物が役に立ち、押し付けがましくなく、かつ美しいことを喜んだと思われる人物を記念して、この小さな土地がすべての人に捧げられていることが」
 トイズヒルは始まりだった。この山に連なり、ノースダウンズとアッシュダウンフォレストの間にあるイードヒルがつぎの目標になった。購入のオプションはすぐに確保され一年たたぬうちに、支援を強く世間に求めたことはなかったのに、必要な資金が寄付により集まっていた。「この土地がほんとうに買い取られ、ナショナルトラストに渡され、永久にイギリスの人々一般のものになるのです。私自身の親身な友人たちが助けてくれました。新聞雑誌の関係者も心から応援してくれました。私たちは広く訴えました。カール協会は……大きな支持を与えてくれました……こうしてあの土地は救われたのです。そよ風の吹く丘、広々とした眺望、森の中の空き地、小さな泉。すべてが今後いつまでもあなた方、私、そしてひとりひとりの市民のものです」
 しかし、トラストによる土地取得の中でも、湖水地方における取得ほどにオクタヴィアを喜ばせたものはなかった。この地方はいうまでもなくキャノン・ローンスレーの地元であるが、その景観は類のない性格を持っているから、民衆のために保存することが特に望ましい土地であった。オクタヴィア個人も湖水地方には懐かしい記憶があった。仕事からくる緊張が堪え難くなったとき、彼女がメアリ・ハリスとともに安らぎを求めて幾度も訪れたのはこの土地だったからである。母や姉妹と幸福な数週間をそこで過ごしたこともあった。したがって、1900年にダーウェントウォーターに近いブランドルハウが売りに出されると、トラスト以外の手に落ちるのを防ぐために彼女が友人たちに結集を呼び掛けたのはもっともなことであった。彼女の訴えに応えて、寄付金は信じられない早さでどっと集まってきた。「我々が必要とした7,000ポンドという額はとても大きいと感じられました。寄付金は、ありがたいものではありますが、7,000ポンドを考えると、微々たる一部にしかならないと思われました。募金の期間はすぐに過ぎてしまいますし、その年はお金を集めるのがとても難しい年だといわれていたからです。だが一方で私はかなりの期待も持っていました。できそうにないと思えたことが期日にも遅れずにできてしまっている場合が、これまでの人生にはたくさんあったからです。……イギリスの社会は非常に理解を持って好反応を示してくれるといつも思えたからです。……くる日もくる日もキャノン・ローンスレーと私は手紙を受け取り続けました。嬉しい手紙のつぎにもっと嬉しい手紙がある、それが続きました。元気漲る年ごろの若者も、多くの思い出を持つ老人も送ってくれました。なすべきことを重く自覚しているお金持ちと、わずかでも精一杯の寄付をしたいと願う貧しい人々の手紙があります。近隣のよしみで北イングランドから、そして湖水地方での休日への謝意を込めて南イングランドからも送られてきました。アメリカからは友人たちが、そして民族的な親近感、同じ文学をともに先人から受け継いでいるという意識を持つ人たちが寄金しました。イギリスの海外植民地から、イングランドの美しさと愛らしさを思っての寄金がありました。そしてついにこのような数多くの寄付によって、あの7,000ポンドという巨額が集まりました」
 トラストの事業にオクタヴィアが持つ喜びの一部は、多数の小さな寄付が行われる機会をそれがもたらすことだったに違いない。イングランドの美しい土地のいくらかを公衆のために永久に確保する手伝いができることは、非常に大きな名誉だとオクタヴィアは感じていたから、可能な限り多くの人がその名誉を分かち合うことを切望していた。そして寄付をする人たちの多くに、実はほとんど金銭的余裕がないという事実は、極めて深い感動を彼女に与えた。2シリング6ペンスを送金してきたある工場労働者の手紙には「私はこれまでずっとあの地方の湖を見たいと願ってきました。いまとなると私が見ることはなさそうですが、それらをみなのために保存する手伝いをしたいと思います」とあった。このような手紙は、トラストの仕事のたくさんの苦労に対する充分な報酬だった。与えることは真実喜びでなくてはいけない、それが正しい、自然なことだとオクタヴィアは思っていた。執拗に求めて相手に気の進まぬ寄付をさせることを恐れ、彼女は募金活動が決して行き過ぎないようにした。「私がもっともいけないと思うのは、無闇に頼んだり、うるさく求めたりして、寄付をする喜びを台なしにしてしまうことです」
 ブランドルハウは1902年10月、正式に公衆に捧げられた。オクタヴィアにとって、達成の喜びにあふれた最高に幸福な一日だった。彼女は母親にこう書き送っている。「たったいま初公開の式典から戻ったところです。様子をお伝えしたいと思います。式はとてもうまく行きました。大変簡素、実質的で、慣例にとらわれないものでした。あたりはとてもきれいに見えました。あれ以上美しい陽光を見たことがありません。晴れ渡ったとはいえないが、大変うららかな天気で、雨はありませんでした。風は強く、準備中の天幕をずたずたにひき裂いてしまいました。しかし、実はその方がよかったのだと思います。なぜなら簡素な小演壇が覆いなしで広い空の下に引き出され、下を見れば大きな湖が横たわり、正面はすべて赤紫色の山々で、ふり仰ぐとキャットベルのシダに覆われた金色のスロープがありました。とても変わった、素朴な式でした。感じの好い北国の人々がすぐ近くにいて、すべてを聞きそして見ていました。王女は極めて親しみのある優しい方でした。そしてナショナルトラストの活動への深い、理解に富んだ関心を実際に示してくださいました。我々が誰を総裁に予定しているかを私におたずねになったあと、「私にお話があればと願っていました。この事業にほんとうにもっと協力したい。副総裁にはカーライル卿が良いと思います」とつけ加えられました。さらにいくつかの美しい、古い邸宅についてお話になり、我々のトラストが保存に乗り出すことを希望なさっていました。彼女はほんとうに関心と知識をお持ちだと私は思います。……この土地のあらゆるものの美しさにほとんど圧倒される気がします。偉大な造物主は造る場合も与える場合も気前がいいのです。そして、美しい場所のいくつかを永久に公衆のものとする仕事に多少とも関わる力を与えられたことへの感謝の歌が、私の心のなかで鳴り続けている気がします」
 この「感謝の歌」は、オクタヴィアがナショナルトラストの事業について書いたもの、そして語ったもののすべてに聞き取れる。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com