戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第17章
セツルメント


―あの人たちの若い生命をサザークの住宅、ホール
そして庭園と結びつけることができると思うと大きな喜びです―
オクタヴィア(51歳) から母への手紙(1889年4月)


 ヴィクトリア時代後期の社会史に見られる特徴の一つは、大都市内の貧困な地域にセツルメントが出現したことである。それらの最初のものはオクタヴィアの友人で同僚のサミュエル・バーネット(聖堂参事会員)により設立された。その目的(富める者と貧しい者を、互いへの理解と共感のうちに、結び合わせること)はオクタヴィアの心に強く訴えるものだった。そして彼女は当初からこの運動に関わった。
 メアリー・ハリスにオクタヴィアはこう書き送っている。「オックスフォードを卒業する若者たちが、ウエストエンドに住まずにホワイトチャペルへやってきて生活することになっています。彼らは夜の時間を労働者たちとの交流に使うつもりです」
 1884年の初めにオクタヴィアはキーブル学寮長(後のタルボット主教)の招きでオックスフォードへ行き、学生たちにイーストエンドでの事業について語った。900人以上もの学生が出席した非常に盛大な集会で、オクタヴィアは熱烈に迎えられたが、不安も心に残った。それまで彼女はこの集会がバーネット氏のセツルメントを強化する結果をもたらすだろうと、大いに期待していたのだが、この新しい動きはむしろ彼のセツルメントの競争相手になろうとしているという印象を受けたのだ。事実はある程度その通りだった。キャノン・バーネットはベイリオル学寮の人たちの大きな支持を受けていたが、彼らの多くは「無神論者か、少なくとも不可知論者」であると考えられていた。またバーネットが自分とともに活動する人たちの信仰についてはなにも条件をつけず、なにも問わないのは確かな事実だった。後にオックスフォードハウスとなるセツルメント(オクタヴィアは多少気のすすまぬままにこれを聞いた)は別の考えを具現していた。そこで働くのはキリスト教の信仰を誓った人々で、崇敬をともにする生活を信じると誓うことによって、仲間の役に立ち、これから行おうとしている仕事のための力を得ることがもっともよくできると考えていた。ことによるとオクタヴィアは彼らの考え方を充分に理解はできていなかったのかもしれない。彼女はなすべき大量の仕事があることがわかっており、またキャノン・バーネットが賢く、有徳であることを心の底から信じていた。そして宗教に原因するあらゆる排他性を嫌悪していた彼女は、すべての善意の人々が、すでに始まっている事業をさらに進めるために、一致協力できないということはたえられなかった。「オクタヴィアは協力の重要性を非常に強調し、信仰を持つ人々は持たぬ人々の間に入っていくときには、優しくなくてはならないと語りました。彼女は非常に力強く立派な演説をしたようです。そしてバーネットさんを擁護して、彼がこのセツルメントという事業に、宗教的な精神を望んでいることは確かだと聴衆に語ったようです。しかし、人々はいくらかは同感であるように見え、また大層敬意をもって耳を傾けているとはいえ、自分たちの道を行くつもりでいる、というのが彼女の得た印象です」事実その通りになった。オックスフォードハウスはベスナルグリーンに設立され、ホワイトチャペルにあるトインビーホールも活動を続けた。確かに二つのセツルメントが活動するだけの仕事はあった。
 セツルメントの問題は、サザークでは彼女にとってより密接なものだった。それが彼女自身の仕事と近い位置にあること、そしてサザークのそれは女性たちのためのセツルメントであったことが理由である。本来彼女はこのセツルメントには積極的な気持ちはなかった。家族生活のよさを強く信じていたので、女性たちが家族のつながりや家庭での仕事もなく集団で暮らすことは、はっきり不快というのでないにしても、不自然なものに見えたのだ。彼女はパートタイムのボランティアワーカー(自分の家庭と家族への責任も果たしている人)はそれを職業としているソーシャルワーカーがもたらし得ない何かを生み出すことができると信じていた。そのため、彼女はサザークの女子大学セツルメント(the Women's University Settlement)に若干の不安を持った。1889年にその委員会に加わったのは、「家族の絆で結ばれているわけでなく、地域との自然なつながりもないワーカーたちの運営する、大きな、あるいは多数のセツルメントが有益な結果をもたらすと信じるからではありません。彼女たちのセツルメントは、一つの非常に大きな協力の実際的な結果であり、そして、ロンドン南部の貧しい地域に設けられた少数のセツルメントは、極めて役に立つかもしれないからです」
 オクタヴィアが委員会に加わった直後にミス・スーエルがそのセツルメントの代表者になった。互いへの尊敬の念に発した熱い友情が二人の間に育った。彼女たちは同じことを望み、同じ価値感を持っていた。オクタヴィアはセツルメントへ働きにやってくる若い人々に益々関心を抱くようになった。「誰もが非常に品が良く、高い教養を持ち(みないずれかの大学にいたような気がします)、大層若いです。とても優しく、謙虚で普通なら彼らの経験の範囲に入ってこないことを熱心に学ぼうとしています。この人たちの若い生命をサザークの住宅、ホールそして庭園と結びつけることができると思うと大きな喜びです」
 しだいにオクタヴィアはサザークのセツルメントを評価するようになった。1892年にこう述べている。「私はセツルメントを、サザークでの私の住居管理を助けてくれる大きな力と思うだけでなく、それ以上に、ワーカーの非常に有望なトレーニングセンターと見なしています。そのトレーニングには、困窮者たちの中で働く、より懸命な方法が普及するのを見たいと願う人々の、多大のエネルギーがささげられているに違いありません」彼女とミス・スーエルは共同で、ボランティアも専門家も含め、すべてのソーシャルワーカーに適合したトレーニングコースを計画した。そしてオクタヴィアはトレーニングを受ける学生の経済的援助を人々に訴えた。いつものようにすぐに多くの反応があり、2人の学生に奨学金が与えられた。全体的に見てオクタヴィアのセツルメントとの関係はまったく良好であった。「私のところの新しいボランティアの多くはセツルメントでトレーニングを受けています。そしてその人たちは多くの知識を身につけて戻ってきます。私たちの最優秀のワーカーの一部はその人たちなのです。セツルメント側でも私の事業は最良のトレーニングの場であり、また訓練を積んだワーカーの一部には活動の場になるだろうと見ているようです」
 1894年、そのセツルメントはもっと大きな収容力と良い設備を必要としていることが明らかになった。この問題をオクタヴィアは非常に真剣に検討し、セツルメント在住者は静かで風通しの良い部屋のある家を持つべきだと判断した。この地域でそうした条件がかなえられる場所は、ネルソンスクエアの外にはないようだった。個々の自由土地保有権を手に入れるには、いくつかの困難があった。オクタヴィアがそれらを解決して、セツルメントが入っていた家とそれに隣接する2つの家を買い取ったが、まだ解決すべきことがあった。古い家に手を入れるのはいつの場合でも費用が掛かり、やっかいなものだからである。しかしオクタヴィアにはこの種の仕事は楽しみだった。ある限りの創意を傾けた結果、でき上がりはほんとうに気に入った。翌年、さらに隣の土地の自由保有権が売り出されるとオクタヴィアはまた新たな問題に直面した。委員会はセツルメントの拡大を望まず、建物にこれ以上費用を掛けても良いとは考えなかった。また一方で、委員会にとっては具合の悪い隣人が来ないことが極めて大事なことだった。とりわけ、その家の裏庭あるいはヤードに建物ができれば、セツルメントは日照を奪われ、セツルメントのどの窓からも見える2本の大きなプラタナスが犠牲にされるかもしれなかった。したがって、ミス・ヨークがその家を買うと申し出てくれたとき、みなはとてもほっとした。セツルメントの日照とプラタナスが失われずにすみ、オクタヴィアは満足だった。
 ところで、建物の改築の前にオクタヴィアは自分自身の住居について、重大な決断をする必要に直面していた。これは非常に長い年月幸福に暮らしたノッチンガムプレースを離れることに劣らぬ重大な問題だった。その決断は彼女にとって容易ではなかった。その家に彼女は30年間住み続け、簡単に住まいを変えるいまの世代にはほとんど理解不能な信条でそれを愛していた。その家を離れるのは切ないことだった。「長い間なじんだ家を私たちは3月に離れる予定です。さまざまな思い出がぎっしりと詰まった家なので、いたる所でそれらが息づいているように思えます。ドアの掛け金あるいは呼び鈴の音、反響音あるいは足音のひとつひとつに過ぎた年月を思い出させるものが必ずあります。ようやく3フィートになろうとしている小さな樹(ずっと以前に私が植えた樹の実から育ち、長年にわたって春が来る度に鮮やかな緑で楽しませてくれた)はロンドンの陰鬱を避けてクロッカムに移されます」
 その家は、オクタヴィアが深く愛したとはいえ、彼女と家族にとっては必要以上に大きなものになってしまっていた。フロレンスの健康状態はかなり悪くなっていたので、ロンドンの騒音と姉たちがたえず仕事をしていることが、非常に大きな圧迫になってきた。ミセス・ヒルもまた、より静穏な生活を必要としていた。そこで姉妹は、フロレンスと母親は郊外へ移るのが良いと判断し、二人はまず、ピナーへ、そして後にタンブリッジウェルズへ移り住んだ。
 ノッチンガムプレースを離れる決心をしたオクタヴィアは、新しい住居を探して回った。ミス・スーエルが彼女にセツルメントに住み、そのワーカーたちの柱になるように勧めたのは、まだ彼女が行く先を決めていないときだった。このころになると彼女自身の仕事のほとんどはサザークにあって、彼女はちょうどとりかかったワーカーのトレーニング計画に大変関心を深めていた。セツルメントに住んではという提案には心を惹くものが充分あった。彼女はミランダにこう書き送っている。「長くなじんだメリルボーンやサザークが最も仕事の中心にふさわしい場所だったと思うようになるか、また、セツルメントという組織と同居してどの程度自分の家庭の感じがもてるものかわからないのです」
 オクタヴィアはミス・スーエルの提案を充分に考えてみた。住み慣れた家から移ろうと決意し、しかしまだ落ち着く先が決まらぬちょうどそのときに、その提案があったという事実、それがオクタヴィアに、これは新しい生活へ向えとの天の声ではないだろうかと思わせた。気持ちが完全に決まったのは9か月後であった。彼女はいつものとおり率直な手紙の中で決心を伝えている。「セツルメントへ移ることは終生の方針に背を向けることだと思わざるを得ません。姉とここにいる二人の友人はすべての仕事をこの近辺でしています。仕事がこの家の周りに集まったのです。同じように将来は新しい家の周囲に集まるでしょう。私自身は50年以上ずっとメリルボーンに根を下ろしています。そして貧しい人々を対象とした私個人の主たる仕事は、この6、7年間、ロンドン南部で行っていますが、それはつねに、現場ではなく離れたところで計画を立てるという仕方で、したがってほかのワーカーたちとよく連絡を取って計画されてきました。そこで、もし私が引っ越すと、私は姉と二人の友人の仕事の性格全体を根こそぎ変えてしまうでしょう。そして私自身の仕事も別のものになります。おそらく、いくつかの点で、私の仕事に非常に大きな改善が見られるでしょうが、それはその仕事にとってさえ、ただただ良いことであるとはいえません。なぜなら(私は自問するのですが)これは新しい仕事ではないだろうか。この仕事はより若い世代の抱負によく合致する形で発展するのが正しいのではないか。もし若い人たちにこの仕事の組み立てを大幅に任せるなら、さらにこれを大事にするのではなかろうか。これまでに得た重要な知識を彼らに伝えるよう心掛け、ただし自分が中心になるよりも手ほどき、案内の役を務め、この仕事を彼らがその望む通りのものにするのを助けるのが、ほんとうは私の仕事ではないのか。そこに住んでいないという不利な条件そのものが、私の強すぎる影響を弱め、その地域に育ってくる活動を発展させる結果になるのではないか、また同時に私が手伝って始まったこの地域での事業を大切にするのが私の務めではなかろうか。私は元気いっぱいで、またこれからも生きて働きそうです。サザークで、幾年も、元気に働きそうです。しかしこの年齢では私たちはみな、親しんだ場所から余りに移動すると、失うものがあるのではないでしょうか」
 この手紙はオクタヴィアの偉大さが持つ独特の性質を明らかにしている。彼女がはじめたワーカーのトレーニング計画は、彼女にはもっとも重要であると思われた。それのために彼女は精一杯考え、行動してきたのである。その一方で、彼女は自分のとは別の方針によってそれが立派に発展することがあるかもしれないと考えることができた。この仕事を若い人たちが彼ら自身の願望にしたがって形作られるよう、実質的な責任を彼らの手に委ねても良いと考えていた。切望さえしていた。指揮を取る機会と能力を持ちながら、心底喜んで後ろに退き、その位置から助言する用意はあっても、干渉はすまいと固く決心する、そういう人は数少ない。
 決心がついて、メリルボーンに家を探した。ミランダによれば「私たちはとても好ましい家をメリルボーンロードに見つけました。いまの家よりも小さく、部屋もそれぞれ小さいです。しかし落ちつきがあり、すっきりときれいで、心地好い(主な部屋は南に向いています)建物です。また安いのです。前に庭が(そして後ろにヤードが)あって、これはみなとても喜んでいます。少々の日光と、少々の空間そして静けさが私たちの主に求めているものですから。オクタヴィアと私、そしてミス・ヨークおよび現在同居している友人、ミス・ピアソンとミス・シムがいっしょに住める広さがあります。彼女たちと別れるとしたらとてもつらいことですから、全員が同居できる大きさの家が得られるのは非常にありがたいことです」
 彼女たち5人は1891年3月にこの家へ移った。いつものようにオクタヴィアは彼女の家財とともに移り住むことをなによりも喜んだ。母親にこう書き送っている。「引っ越してきて以来、私の部屋は私たち終局の住人仲間のたのしみの場所になってきました。それはとてもきれいになりました。私は驚いています。前の住人が残していっ家具などが自然に集まった部屋でしたから。ところで、この部屋には弓形の美しい張り出しがあるのですよ。奥の客間と同じに。そして、私の唯一の贅沢は素敵な真鍮のカーテンロッドです。ミニーからもらったカーテン(深い赤です)に動きやすい大きなリングをつけてみんなで掛けました。西から陽がさすととても鮮やかな色です。夜になってそれを引くと暖かな心地好さがあります。張り出しているところに書き物机をおきました。私のきれいな黒みがかった書棚、そしてノッチンガムプレースの客間から持ってきた古いカーペットもあります。良い品にふさわしく、なかなか見栄えがします。私の写真類は壁にきれいに集めてあります。全体として見て、大層素敵な部屋です」
 「ミランダが私に濃い赤の、きれいなプラッシュを一枚くれました」とオクタヴィアは4歳のときに書いていた。そしていま、同じ色のカーテンを引き、幾年も前にメアリー・ハリスから贈られた落ち着いた色の書棚を見つめ、ノッチンガムプレースから運んだカーペットを眺めながら、この家を選んだのは正しかったと感じた。
 ミランダが家の世話を引き受けた。「小さな領地です……私なりの仕方で切り盛りします」そして彼女がつねに生み出す安らぎと優しさの空気をこの家に送り込んだ。この家はオクタヴィアの活動のセンターとなり、多くの友人たちの集会場所となった。オクタヴィアのこれまでのどの住居もそうであったが、この家も楽しい、元気を与える場所だった。ソーシャルワークに携わるすべての人々、そしてその他の人々もやってきて、助を求め、元気を取り戻すことができた。メアリ・ハリスも滞在した。ミランダは母への手紙で「彼女(メアリ・ハリス)はオクタヴィアに会ってとても喜びました。オクタヴィアはとても元気をつけてくれる人だと思う、と彼女はいいました」と伝えている。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com