戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第16章
貧困と自立


―貧しい人々が永続的により良い社会的位置に引き上げられるためには、
彼らがひとりひとり個人として、そして個人によって、対応される必要があります―
オクタヴィア・ヒル(34歳) 『ロンドンの貧困者の住居』(1872年)より


 オクタヴィアが教会委員会の不動産を預かることになった1884年以後、彼女の活動の場所は主に南ロンドンであったが、そこに限られていたわけではない。メリルボーンにある以前からのコートと住宅は彼女にほとんど心配を与えなかったが、1886年になって彼女は同じメリルボーンで非常に特殊な難しさを持った若干の住宅を扱うことになった。
 しばらく前から、犯罪に関する一つの改正案が下院に提出されていた。少女たちの人身売買を防ぐことを目指したもので、すべての宗教団体と救済組織の指導者が支持していた。当時、法定同意年齢は13歳だったから、子どもたちを不道徳な目的のために売ることは容易であり、金になる仕事であった。1885年、ゴードンの悲劇に揺り動かされ、早期解散を迫られていたグラッドストーン内閣は、前記改正案を廃案にしようとした。ときの『ペルメルガゼット』の主幹、W.T.ステッドは社会問題に深い関心を持つ人物で、廃案を阻止するために世論を喚起しなければと決心した。そこで、「現代のバビロンという貢物」というタイトルの一連の記事でキャンペーンを開始し、その中で、法が子どもをほとんど保護していないことを示すために、メリルボーンのジェームズ街に住む夫婦から女の子を買い取った経験を明らかにした。ステッドは目的を遂げた。世論の圧力が問題の法案を通過させたのである。しかし一方で、彼は起訴されてしまった。子どもを買ったことを記事にする際に親たちの同意を得る必要があったのだが、それを忘れたのだ。有罪を宣告され、禁固3か月の判決を受けた。この裁判は世間に知れ渡りジェームズ街は、それまでも羨むに足る評判を得た時期などなかったのだが、いまや悪名が高まり、世間体を考える家族はそこにすすんで住もうとはしなくなった。

(ゴードンの悲劇 ― the tragedy of Gordon, 1884年、Chales George Gordon将軍に率いられてスーダンに派遣されていた英国軍の撤退救出に手間取り、救出に失敗したため世論の攻撃にさらされていた。)
グラッドストン ― William Ewart Gladstone, 1809-98, リバプールの大貿易商の家系に生まれ、イートン校を経てオックスフォード大卒業の年に下院議員になる。保守党から自由党に転身し、1868年に首相、80年に再度首相、95年政界引退。85年当時はアイルランド問題による自由党分裂の危機も抱えていた)
『ペルメルガゼット』の主幹、W.T.ステッド ― William Thomas Stead, 1849-1912, 聖職者の子として型にはまらない父の教育で育った彼は、会計係などの仕事を経て、1870年ダーリントンの日刊紙『ノーザーンエコ』の販売店を始める。数年後に同紙の編集者として招かれ、ときのグラッドストーン政権を支える論調を張っていたが、1880年ロンドンの有名日刊紙『ペルメルガゼット Pall Mall Gazette』の編集長 J.モーレー の補佐となり、すぐにその後を継ぐと、さまざまなキャンペーン記事によって新しい時代のジャーナリズムの姿を示した。1912年タイタニック号の1500人の乗客と共に、北大西洋に没した。)


 この街のクライストチャーチビルと呼ばれるアパートを管理するようオクタヴィアが頼まれたのはそのころであった。彼女はすぐに承諾した。というのも明らかに誰かがしなければならぬ仕事であったし、その仕事が持つべき性質は、彼女が実現できるものだったからである。オクタヴィアが引き受けたアパートの状況が良くなるためには、明らかにジェームズ街全体の水準を引き上げることが必要だった。その第一歩としてオクタヴィアは、クライストチャーチビルから、だらしない生活をしている借家人たちはみな立ち退かせ、きちんとしていると認められる相手が見つかるまで、部屋を空けたままにした。ジェームズ街のどこも建物はひどい状態にあり、建て直す時期になっていた。そこでオクタヴィアは可能な限り多くの敷地を手に入れ、一戸建てコテージがとても好まれることは知っていたので、友人たちに頼んで一戸建ての貸家をそこに数戸建ててもらった。一戸建てコテージの好ましさとオクタヴィアの管理が優れているという評判が、少しずつ品の良い立派な人々のためらいを拭い取り、彼らがこの街に借家人として住むようになった。世間が特にジェームズ街を意識することがなくなると、オクタヴィアはロンドン県庁を説得して、街の名を変えてしまった。そして街の過去の歴史は忘れられた。
 ジェームズ街とデットフォードとサザークに多くの時間と精力を取られていたが、一方でオクタヴィアは貧民救済の問題が気掛かりでならなかった。それは慈善組織協会の初期からオクタヴィアの関心事であった。1885年に彼女はこう記している。「極めて難しい時代です。貧困者たちの気質は理解が困難です。以前の従順な忍耐心はなくなりつつあります。義務の意識がそれの代わりをすることもないのです。話題は種々の権利であって、公正、正義ではありません。貧困者が自分たちで思い描く理想は高くなく、富めるものたちは貧者たちのこの理想を支持しています。また一方で、貧しい人々の援助を申し出る例が益々増えて
いますが、不愉快な真実を貧困者に語ることについて、彼らはまったく臆病です。また貧困者をあまりにも知らなぎるので、彼らに友人として接し、彼らに対して自然かつ率直であることがいつまでもできません。私たちは、多額の援助資金を持っています。そして毅然とした友情には乏しいのです。上も下も勤勉でなく、楽しいことに憧れています。それがみんなの生き方を堕落させます。このような精神状態は働くことを難しくします。富む者と貧しい者双方の将来を考えて、私はときどき不安でいっぱいになります」
 賃金は依然として低く、失業という社会不安はしだいに大きくなっていった。富裕層は自分の周りにある貧困をさらに意識するようになり、スラミング (訳注スラム街を訪れること) が流行になりつつあった。富裕層が「貧しい人々の援助を申し出る例が益々増えている」のは事実だったが、援助が理性的な奉仕の形を取ることはなかった。とにかく乞われればそれに応じて安易に出す金が援助の姿だった。再度、巨額のマンションハウス基金(Mansion House Fund)が集められ、1886年1月に20,000ポンドに達した。各教区議会(Parish Council)がそれを管理運営したが、合理的な配分を企てる教区議会はほとんど見られなかった。「聞くところでは、委員会に参加している労働者が非常に有効であるのは、何らかの秩序を求めているわずか4つの教区においてだけです。一般にはひどい混乱がひろがっており、札付きの乱暴者が大勢で人を怖がらせてスープの券を出させています。資金は乏しくなりましたが、そのただひとつの弁解は貧困が以前より、上の層までおよんできたのだということです。職を持っている人々は、知られていない救済を受けています。教区委員とパブの主人が紙にイニシャルで署名し、それは小切手同様に扱われます。受け取ったら支払わなくてはならないのです。5ポンドの収入があるはずの人は3シリング分の券が得られます。そして券は売られて酒になります。救済の申請があった事例について判断を下すために5つの委員会が一室に集まりますが、判断材料としては、申請者の口述を事務員が筆記した文書があるだけです。デットフォードのロンドン宣教会(the City Missionary)は、この金は海に投げ捨てられていた方がよかったのだといっています。……この基金が尽きてしまうことをみなが願っています」
 マンションハウス基金が招いたスキャンダルがほとんど終わっていないときに、もうひとつの感傷的な慈善の波が、救世軍ブース大将の『暗黒のロンドンにて(In Darkest London)』の公刊によって高まった。この著書は、不潔、貧困、悲惨のぞっとする描写を通して、痛ましい印象を人々に与え、その結果この著書に始まった救済基金にもう一度資金が流れ込んだのである。

(救世軍ブース大将 ― General William Booth, 1829-1912, メソジスト派の牧師ブースは、1865年、当時の世情に応えんと熱狂的な伝導運動『クリスチャンミッション』を始め、1878年にはその運動を『救世軍Salvation Army』という軍事組織まがいの団体に組織した。)

 オクタヴィアが熱心に応援する慈善組織協会は、資金のこのみさかいのない配分に抗議したが無駄であった。幹事のC.S.ロッホとオクタヴィアは、会合を開き、演説し、文章でも訴え、ともに努力したが、成果はほとんど得られず、この協会の不人気が増しただけだった。ただし不人気がオクタヴィアにおよぶことはなく、それが彼女を非常に困惑させた。ミランダはつぎのように伝えている。「協会の受けている非難をできることなら自分もともに受けたい、と彼女はいいました。しかしほかにも仕事をしていますので、たまたま非難を受けずにいるようでした。機会をとらえて彼女は、慈善組織協会の不評判をどれほど自分もともにしたいか、また慈善組織協会で働く人々をどれほど尊敬しているかを公に語りました」
 救世軍の救済基金へのオクタヴィアの批判には二つの理由があり、どちらも彼女らしいものだった。その一つは、この救済基金が一切は金で解決できると思わせ、富めるものに「私たちが金を出した。考え、そして面倒を見るのは救世軍の仕事です」といわせてしまうということだった。富者の貧者に対する義務が金銭で果たされ得るとする考えを彼女はつねにひどく嫌った。もうひとつの理由は、その救済基金がブース大将一人によって管理運営されていたことで、彼女は、「一人ではきちんとした監視、管理が困難なほど巨大な機構を、彼の独裁的な運営に委ねる」ことはまったく危機だと考えていた。金というものは、与える者が受け取る者の必要をよく考え、理解して初めて、堕落を伴うことなく与えそして受け取ることができる、という確信が彼女のすべての活動の根底にあった。
 しかしながら、この大きな救済基金のほかにも彼女を不安でいっぱいにするものがあった。立法府はあらゆる形の救貧施設外援助を拡大し、誰でも被援助者の状態を深く検討することなく、援助を要求することを容易にする傾向にあり、これは一層危険なことと彼女には思えた。「施しをなくして、代わりに地方税を配分し、受け取ることを権利とする」ことを目指す立法府の取り組みは、各人の自立を損なうのみならず。損なっているという事実を当人に見せないから、二重に危険であると彼女は思った。当時の考え方は今日の自立の概念とは異なっており、もしも金銭が与えられる前に国家による審問がつきつけられれば、困窮者が脅かされると見なすのが普通であった。このことがオクタヴィアの考え方を理解しにくくしている。彼女は労働者を生活保護受給者にすることを恐れ、それは一つの強迫観念になっていたといわれてきた。これはある意味で労働者を侮蔑するものではないかといわれている。ほんとうのところは、自分を動かしている感情が、そのまま労働者のものであるとオクタヴィアは思っていたのだった。彼女にとってと同じく労働者にとっても、自立とは自分自身と家族を扶養することだと彼女が考えたのは、労働者に敬意を抱いているからだった。金銭およびそれによって手に入れるすべてのものの価値を、オクタヴィアは、今日の我々の通念よりもずっと低く考えていた。実をいうと貧困もそれ自体は大して重大な不幸ではないと思っていた。そして忘れてはならないのは、これがつねに持てる者であった人の、いい加減な感想ではなく、真の貧困の苦しさを十分に味わった人がよく考えて下した結論だったことである。彼女の過去には食べるものを手にするのもやっとで、今日の我々なら欠くことはできないと思うものを我慢した時期があった。それでも彼女は、幸福であるためには裕福であることよりも自立していることがはるかに大切だと信じていた。

(地方税 ― rates, 16世紀、ローマ教皇と決別したヘンリー8世は、修道院を解散させたが、これによって貧者への施しによる救済という修道院の機能を停止させてしまった。そのため1601年、住宅の所有者に課する地方税を法制化し、徴集した税で貧者を救済する施策をとった。つまりここでいう『地方税』は住居を自己所有する者に課する『困窮者救済目的税』というべきか。その後さまざまな変遷を経て、1991年に地方税は住居の所有のいかんに関わらず、すべての成人に課する『コミュニティー税 Community Charge』に変わったが、悪評高く、93年には保有資産によって変動する『カウンシル税 Council Tax』となった。)

 非常に多くの場合、賃金が低すぎるので、父親は必要最低限のものも子どもたちに与えられないことは、もちろん明らかだった。だから彼女は賃上げの必要をつねに力説した。そして、教育と訓練の施設を整えるよう主張し続けた。それが男たちの賃金をより高くし、彼らの子どもも報酬の良い仕事につかせる道を開くからだった。救貧法による救援金で賃金を補助することの弊害はすでに認識されており、1834年の法令は賃金の直接補助制度を廃止した。しかしオクタヴィアの見るところ、不当に安い賃貸料の住宅、無料の食事、その他種々の施設外援助が与えられるから、同じことであった。以前の悪弊がどれもこれも復活しつつあると彼女には思えた。もし人が補助金なしでなんとか暮らしを立てなくてはならなければ、彼の雇主はそれができるだけの賃金を払わなくてはいけないだろうと彼女は考えていた。「これらの人々の収入が週に20シリング、あるいは1ギニー(21シリング)あるいは18シリングでなくてはならぬ理由はありません。彼らの払う家賃がある額とすれば、彼らの賃金はそれに見合う数字であるべきで、そうなるでしょう」労働者が必要とするのに、自分では手に入れることのできないものを供給するのは当然国の仕事だとする考えが、低賃金を存続させた。そして労働者の技術向上への意欲や、持っているものを大切に使おうとする気持ちを挫きがちであった。国による補助を不要にするだけの賃金を、雇用者は支払えるというオクタヴィアの確信は、輸出の減少と大規模な失業に慣れてしまった今日の我々には思いがけないものであるが、オクタヴィアの生きたころのイギリスは、まだ貿易の最盛期にあり、二度と得られるとは思えぬ富と繁栄を享受していたことを忘れてはならない。「もしあなたが所得の平等化を望むなら、無理のない労働時間を定め、全労働者に負っているあなたの義務を広く解して、惜しみなく正しい賃金を出すことによって、そしてよく考えられた大きな寄付をおこなうことによって、実現するよう勧めます。あなた自身だけでなく、貧しい隣人たちからも徴収される税金を使うのでなく、もしもあなたが慈善から保護者めいた気配を取り除こうと思うなら、誰かの助けになることは、たとえ犠牲がどれほど大きくとも、自分にそれが可能である限りは、当然自分が必ずすべきことなのだと、あなたが心の底から信じる必要があります」
 ひとりひとりの個人を通して貧困と取り組み、ひとつひとつの事例を個人に即して扱うことは時間のかかる仕事だった。しかしオクタヴィアにはそれが唯一のやり方だった。人間ひとりひとりを神の子(貧しくとも豊かなときに劣らず、徳を高めることができる)と彼女が考えていたからである。その高めることがすべてなのだから、手間取ることはほとんど問題ではなかった。物質的な状況を最重要とし、精神の状況は非常に掴みにくいから無視した方が良いと思う人たちにとっては、豊かさへの近道が必要である。このイングランドの緑豊かな心地好い土地に、良好な公衆衛生、無料の社会福祉、そして補助金助成を受けた住宅を基礎に、余計な精神的努力は抜きにして、すぐにもエルサレムをつくらなければ承知できなかった「一部の人々は、書斎に座って、まったく別の世界を想像します。あるいは、もしすべてがひっくり返り、快適な状態が与えられるようになったからといって、利己心がなくなるものかどうかと思い巡らします。世界が変えられたとして、それがどんなものになるのか私たちにはわかりません。しかし私たちは神がこの世界を私たちに与えたことは知っています。神が誰を私たちの近くに遣わしたか、神が私たちをどこで呼んだか、神がどんな力を私たちに与えたかは確かに知っています」
 この意見はオクタヴィアの特質をよく示している。彼女は思索家ではなかった。彼女の仕事はその「近くに遣わされ」た人々に奉仕することにあり、その仕事のすべての細部は、その人々の、誰かれにそれが必要だということから自然に生じてきたものだった。エルサレムをつくる方法を唯ひとつしか彼女は知らなかったが、その第一歩は真実を知った上でひるまずに、それに立ち向かうことにあった。彼女を不吉な予感で満たしたのは、不快なものはすべて無視したいという、彼女には非常に普遍的と思われる欲求だった。援助金で賃金を習慣的に補うことはとても危険であったし、その事実を隠すのは危険である以上に非常に悪いことだった。それだからオクタヴィアは「無料給食」「無料医療」「無料図書館」に見るような「無料」ということばの使用に反対した。現実にこれらは無料ではなく、無料は有り得ないことだった。食糧、医師、図書には金がかかる。それは地方税と国税という税金、あるいは寄付金で賄われていた。「無料」という語の使用は受益者を、国は際限なくものを出すことができる打ち出の小槌を持ち、誰にも負担を掛けずにあらゆるものを供給する、最も強力な組織だと思うように仕向けた。そしてこう思ってしまうと人々は、自分の力で手に入れることができ、またそうすべきものでも、援助として受け取ることをおかしいとも考えなくなった。つましく暮らし、身を粉にして働く隣人たちに自分の生活が負ぶさっているという事実は無視した。この事態は避けられたはずの、あるいは避けるべきものであったか否かは、人それぞれに意見があるだろう。しかし彼女が予見した害悪の一部が現実に存在することは否定しがたい。すなわち、すべての人に振り向けられる金があるという漠然とした考えから、地方税にかなりの浪費が見られ、地方税納付額がもっとも小さい人々の間に、援助の最大限の拡大を公約する候補者に投票する傾向がある。オクタヴィアは地方財政についての選挙民の無知と闘うことが重要だと痛感した。「私はこれらの巨額の公債が心配です。それが将来なにを意味するのかほとんど理解していない幾千という人々が、軽々しく投票してそれを支持するのです。この支出に賛成の投票をする人々が、それは重大なことであり、そして節倹が彼らを益すると気づくことは最高の正義であると同時に、最大の祝福であろうと私は思います」
 どうしたらこの重要な教訓を自分の借家人たちに悟らせることができるのか、オクタヴィアは深く検討した。このように複雑、専門的な問題の場合、いくらことばで説明してもおよそ役に立たないことを彼女はよく知っていた。実際の例を示されてはじめて借家人たちは理解できるのだ。オクタヴィアの管理するコテージは、ほかに同じタイプの住宅はなかったので、つねに空きがなく、入居希望者が絶えなかった。したがって共同住宅の借家人たちが相手なら不可能な試みも、コテージの人々を対象に企てることは可能だった。1894年に彼女はこう述べた。「私は新しいコテージのすべてに、借家人が自分の地方税を払うよう定めた案を導入しようとしています。彼らが税を払えるようにするために、家賃はずっと低く抑えました。ロンドンの全域で地方税はずっと上がり続けており、単に今年厄介者であるだけでなく、今後60年あるいは80年にわたって自治体の負債という重荷になりそうです。それは将来をひどく損なうでしょう。支出は将来を考えることをほとんど知らず、目先の結果を強く求める多数の投票者によって決定されています。したがって私は、健全かつ先見の明のある財政に豊かな暮らしを託している幾千もの貧困者を気の毒に思い、先に述べたの地方税の定めがロンドンにとって、非常に重要な意味を持つと考えます。……それは、現在のように実施がまだ小規模であってさえ、成果が少しずつ見えだしているのです。私たちの借家人は地方税に関して彼らが(彼らのみが)変革できる事実の多くに鋭く気づいていますから。週払いの家賃で入居している借家人に地方税を払わせる仕組みは非常に困難なことです。世間一般で行われていることではないので、いまの機構も制度も私たちの助けになりません。しかしこれはとても大事なことだから、大きな努力を注ぐ価値は充分にあると思っています。……私たちが先駆を努めれば後続の人たちが生まれるでしょう。そして当局も(そのうちに)協力してくれるでしょう」  人々はなかなか後に続こうとはしなかった。オクタヴィアは長い年月困難と戦った。1896年、彼女とC.S.ロッホは労働者住宅の改善を目指す各協会の代表者たちと会い、オクタヴィアのシステムを共同住宅一般の居住者に適用する道を見出だそうとした。全員がこの問題の重要性を認めたが、彼らは、代表を出している大きないくつかの協会にとって受け入れ可能なプランを案出することができなかった。1901年にサザーク自治区の議会は地方税と家賃の一括徴収に対する手当てを激減させることを決めたので、家主たちはそろって地方税の徴収をやめてしまった。そこで一挙に借家人たちは自分の地方税の責任を負うことになった。当然ながらひどい混乱が生じ、一日当たり3000通の召喚状が出されたが、なんとその多くが実際にはすでに地方税を払った人々に送られていた。
 オクタヴィアの気持ちは複雑だった。「私たちは突然生まれて広がったこの動きの指導者ではありません。私自身は、より貧しい借家人たちのために、少なくともしばらくは一定の経過措置(家賃と地方税その他の税をいっしょに週ごとに徴集する)があった方が良かったと思います。しかしずっと教育的なこのプランがただちに実施され得るなら(確かに人々は驚くほど短期間に新しいことを身につけます)、その方が断然良いのです。そしてロンドンを多大の浪費から救うでしょう」オクタヴィアはすぐにこの立場を彼女の住宅の借家人たちに明らかにする手段を取った。そしてこの件ではほとんど困難を経験しなかった。
 一方、当局のプランは世間では非常に不評で、その後もそれは変わらなかった。しかも準備なしに実施されたから、うまく行くはずがなかった。地方税の支払期限まで軽減された家賃で住み、支払日が来ると姿をくらます借家人がいた。これはオクタヴィアにいわせれば「借家人、家主、そして市当局にとってよくないこと」であった。地方税がいつも前もって請求されるということは、すなわち納税者は自分の収入を予測しなくてはならぬことを意味する。これは低収入の賃金労働者にはまことに難しいことだった。
 これらのことを考慮してオクタヴィアはほんとうは住民が直接自分で税を支払う方がより教育的で好ましいと思っていたが、大多数の借家人のために別の案をたてた。「現時点の地方税額分だけ家賃を減額し、そして毎週、家賃に半年毎に計算されて額の変わる税金を加えたものを徴収することを私は提案します。借家人たちは支払う地方税の額がどれほど大きいか、またそれがいかに上がり続けているものかにも気づくでしょう」地方税支払いの振替えの問題は技術的なことで、専門外のものには多少退屈であるが、オクタヴィアの態度は興味深い。この件で彼女が費やした莫大な時間と精力は、納税者が自分の責任を認識することを、彼女がどれほど重要だと感じていたかを示している。オクタヴィアはひとつひとつの細かいことを誠実に公正に取り扱うことによって、彼女の借家人たちを世に役立つ市民に教育しようと願った。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com