戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第15章
サザーク−幸福な連帯


―すべての階級が欠けることなく参加しました。この立派な仕事を成し遂げるために、
各階級の人々が自分たちにできることをしました―
オクタヴィア(52歳) からシドニー・コクレルへの手紙(1890年7月)


 オクタヴィアが大切にしている公園に隣接してもう一つの敷地があり、それを「公園のそばにはふさわしくない、荒れ果てた古い皮革工場が占めていた。この土地にオクタヴィアは借家人が使うホールと数戸のコテージを建てようと決心した。エリア・フールが彼女の依頼する建築家である。深く信頼するにたる古い友人で、彼女が関わるすべての家屋に関して彼女をずっと助けてきた。しばしば報酬にこだわらずに仕事を引き受けつねに彼女の希望をかなえようとして、どこまでも骨を折った。今回彼は、庭園、コテージそしてホールを設計し、その敷地への配置を考えた。彼の見積りではホールの建築費は2500ポンドであった。オクタヴィアは1887年3月12日の「タイムズ」で助力を訴えた。一般の人々の思いやりを度々経験している彼女であったが、それにしてもこのときによせられた素早い反応には驚かされた。新聞で訴えた翌日に彼女は、2105ポンド(そのうちの2000ポンドはヘンリー・クーパー閣下の寄金だった)を受け取り、その月が終わる前に、2500ポンド全額が集まった。
 この建築資金を管理する書記が必要となり、オクタヴィアは旧友の息子シドニー・コクレル(後に、ケンブリッジのフィッツウィリアム博物館長となった、現在のシドニー卿)を頼った。彼は快くそれに応じた。彼には、この役目について、いわば親譲りの資格があった。父親とともにバレッツコートへ行き、「オクタヴィアも参加した劇に、ホランド(サイジングした厚手の綿)の小さな上っ張りを着て(5歳だった)登場した」からである。3月14日、彼は資金管理の書記を引き受け、以後ホールの一切に関して、およびホールで男性の大人や子どもといっしょにおこなう活動の一切に関して、オクタヴィアの右腕となって働いた。
 このホールはレッドクロスホールと呼ばれた。そしてその土地全体の再利用はオクタヴィアにこの上なく大きな満足を与えた。すべてとても順調に進み、ほんの数か月のうちに、彼はこう書き留めることができた。「ホールの壁が高さを伸ばしはじめた。住宅のうち3戸は屋根ができてきている」住宅は「美しい切妻」を持ち、その1戸には弓形の出窓があった。また、すべての住宅から庭園が見渡せた。工事費は可能な限り低く抑えられた。屋根付きの遊び場と階段兼テラスをつくる際、フールは残っていた倉庫の壁を巧妙に利用し、手摺と庭園の橋には現場で見つけた材料を使った。ホール内部の装飾に、ウォルター・クレーンが壁パネルをデザインした。どの壁パネルも何らかの英雄的事例を描き出していた。デューシー夫人が庭園設計の費用を全額負担し、工事はカール協会が行った。市当局も協力した。そしてサザークに住む周囲の人々がみなこの庭園のすべてに強い関心を持ち、これは自分たちの庭だという気持ちになったので、大切にした。花も芝生も損なわず、心を合わせてこの庭園の美しさを守った。
 地区当局は協力的だったが、オクタヴィアはホールが当局の管理下に入ることは好まなかった。彼女は資金を集めてホールの永久財源となる基金を設け、ホールを評議委員会(彼女も委員の一人だった)の管理下に置いた。ホールが、つねに彼女が良いと思う使われ方をすることを願ったのである。1888年6月、ホールと庭園の正式の初公開の日が来て、カンタベリー大主教が式を執り行い、オクタヴィアはその刻一刻に嬉しさを感じた。太陽は輝き、ホールと庭園は、田舎に住む友人たちから届けられた美しい花と緑の大枝で飾られていた。倉庫のツタがまだはっていない壁には、白の下地に赤い字で「荒野はバラの花のごとくに咲きかがやかん」と大きく書かれ、花飾りがそれを囲んでいた。カール協会の合唱隊が歌い、ヒル夫人は式の進行を、新築のコテージの一室から見ることができた。オクタヴィアの幸福の杯はあふれていた。
 まもなくレッドクロスホールを使ったさまざまな活動が盛んになった。オクタヴィアは、昔ノッチンガムプレースの馬小屋の上の、水漆喰を塗った部屋で、初めての借家人たちのためにしたことを、ここでより大規模に行ったのだと気づくと興味深い。借家人たちが文化的な共同体を形成するためには、集合的生活の中心となるもの、いわば核が必要だという彼女の信念は、年月を経て変わらぬどころか一層強くなっていた。以前、借家人たちがもっと少なくて、全員メリルボーンに住んでいたころは、オクタヴィア自身の家がその核の働きをしていた。住居管理の地域を彼女は遠くまで広げたが、それには多少のためらいが伴った。というのも、離れた場所の借家人との間に、気のおけない隣人同士のような関係を、どのようにしたら保持できるのかわからなかったからである。レッドクロスホールはこの問題を解決した。彼女の理想がこのホールで、それまでは不可能だった規模で、実現するのをオクタヴィアは見た。そこで働くことは、それまでの歳月の激しい苦労に対する最大の報酬と彼女には思えたかもしれない。ホールと庭園を中心にした人々の活動は際限なく多様だった。講習会、講演会、演芸の催し、あらゆる種類の集会、少年たちのクラブ、少女たちのクラブ、移動式の運動器具を持ち込み、指導員のついた体操。これらの活動は参加者たちが計画した。そしてオクタヴィアはこの場合も手伝いに来てくれる友人を集めた。シドニー・コクレルは成人男子のクラブの幹事を務めた。オクタヴィアは以前彼の父親と検討した数々の問題を、そのまま今度は彼の息子と検討していることに気づいて、たびたび不思議な気持ちになったに違いない。ノッチンガムのクラブ室の場合と同じく、ここでもクラブ室使用料の問題があった。オクタヴィアは今度も、クラブ室に関係している人たちは、金銭的に自分たちがどういう立場にあるか、真実を認識すべきだと主張した。
 「クラブの人たちはクラブ室の使用料を支払ったと、思いたいのだと推測できます。また、要求された使用料は高いと思われているのかもしれない、ということも私は考えます。……クラブが許された範囲であればいく晩もホールを使用できるという提案は、彼らが使用料(もちろんきちんといただきました)を払っても、充分に帳尻が合うものだと納得してくれることを期待しました。 彼らにとって、部屋のわりには高いとつねに私には思えた額なのですが。しかし彼ら自身のことを、一番よく判断できるのは、彼らです。そしてもし、彼らが引き合わないと思うなら、彼らが同意する案を私たちが考えられないかどうか検討しなくてはなりません」そして後にこう語っている。「クラブは部屋の使用料を遅滞なく支払うか、部屋の使用を断念するかだと思います。現在の中途半端な負担の仕方は大変不満足なものです」
 ホールで行われる活動の好ましい特徴は、援助者たちの多くがサザークの居住者であることだった。すぐ近くにいるのでさまざまな点でこの上なく助けになった。またホールは借家人たちだけに役立ったのではなく、実際には近隣の人々の親睦の中心になった。1893年以降、年一回の草花展示会が行われ、それはこの地域にとって一種の園遊会になった。二つの楽団が演奏し、ダンスがあり、茶菓がでて、近くに住む人々はみな自分の育てた草花を展示するよう招かれた。大変な成功だった。また日曜日にもホールは人々の集まる所になった。「日曜の午後にはホールを希望する大人たちに無料で開放しました。友人たちの好意で、日曜ごとに我々は、実に美しい音楽をみなに聴いてもらうことができました……私たちはつねに花の提供を受けました。そしてホールは照明されてとてもきれいでした。3つの暖炉で、気持ちの好い大きな火が燃えて、それはとても魅力的でした。特にサザークのぬかるみと霧、そして暗くすすけた風景の中からホールに入ってきたときには」
 演劇も行われた。本物の舞台が設けられているので、本格的な劇の上演が、可能だった。昔と変わらず、マクドナルド一家が幾度も来演し、そのほか新旧の友人たちがやってきて各人の才能を発揮した。オクタヴィアはいつもそうであったように、それらの劇を楽しんだ。しかし借家人たち自らが出演しない限り彼女がほんとうに満足することはなかった。「学習、体育、共同作業」の価値を彼女は知っていた。サザークの子どもたちが、ミランダの書いた楽しい劇を演じる気持ちになるまでには、かなり年数がかかった。しかしいったんそれが行われると、子どもたちが演じる劇は毎年の行事となった。演劇と並んでコンサートもあった。そして、数多くのコンサートを企画したミセス・ジュリアン・マーシャルは借家人の子どもたちのためにヴァイオリン教室も始めた。オクタヴィアには、若いころ婦人労働者大学で、合唱団の指揮者が、彼女の歌唱を、団員になれるほどではないと考えているのを知って、残念な思いをした経験があった。いま借家人の子どもたちが音楽をする機会を与えられたことを嬉しく思った。それを聴く人たちがそこから得るものの多い少ないに関係なく、演奏する側は心の底から満足しているのだと知っていたからだった。
 レッドクロスホールにはまもなく図書室もできた。それはメンズクラブが思いついたもので、シドニー・コクレルがオクタヴィアに提案したのだった。彼女はこう答えた。「お話では、あの人たちが自分たちの貸出用の本を多少揃えたということなのか、あるいは、将来の図書室の土台を作りたいのか、そしてスペースと司書が欲しいのかわかりません。もし彼らに本を受け入れる用意があるなら、彼らが本を求めていることを二、三の方面に知らせてはどうでしょう」図書貸出と読書室を組み合わせたものを設けることに決まり、オクタヴィアは図書が必要なことを、出版業者のカッセルに知らせたところ、それに応えてたくさんの本が贈られた。さらに、ウィリアムズ博士の蔵書の保管人とオクタヴィアの友人たちからの寄贈が加わった。「ホールは毎日2時間、読書室として開放されています。夏には庭に面したドアがどれも大きく開けられ、夜間の大人たちや朝から放課後までの子どもたちにとって大層快適な場所になっています」最初の数週間で本の借り賃として合計8シリングがクラブの人々によって、支払われた。一冊の借り賃は半ペンスだったから、かなり多くの本が読まれたことになり、オクタヴィアは満足だった。
 1888年、オクタヴィアは一つの大胆な新企画に関わった。若者たちを相手に仕事を試みたことのある人ならば、男の子は14歳から18歳に至る間に、難しい、嵐の時期を経験するものだ(とりわけ、元気あふれる若者のエネルギーの持って行き所がほとんどなく、また怠け者には誘惑がいくらでもある都市においてそうらしい)と知っている。彼らは規律に腹を立て、彼らを向上させようとするあらゆる試みに対して疑念を抱き、男らしくないと思われることを極度に恐れている。オクタヴィアはこうした事情を知って、以前から体操をさせる努力を続けてきた。また知り合いの若者たちに、年長の方の少年たちとフットボールをしたり、屋外でのレクリェーションを楽しむように、彼らを励ますことを頼んだ。W・インガム・ブルックはサザークの慈善組織協会の書記で、オクタヴィアの最も忠実な支持者の一人であったが、彼はホワイトチャペルのトインビーホールにおける少年軍事教練隊(Cadet Corps)の活動を見たことがあり、同種の団体をサザークにもつくるべきだとオクタヴィアに提案した。彼女はこの考えを真剣に取り上げ、その団体を組織することに積極的なダービー在郷軍大尉のアルバート・サモンドを見出し、そこで直ちに陸軍省に話を持ち掛けた。その結果、発足の会合にはウルズリー卿自らが司会の役を務めた。1889年、教練隊は160人の入隊者を得て本式に活動を始めた。オクタヴィアは極めて深い関心を持ち、幹部会では議長を務めた。H.W.ネヴィンソンは『改革とそのチャンス』のなかで、このような場面でのオクタヴィアの様子を興味深く描写している。「私は心の中で彼女を、臣下の海賊と探検家たちの中にいるエリザベス女王と比べたものだ。なぜなら、この小柄ながらがっしりした体格の人物(頑丈な頭部、束ねていない灰色の厚い髪、大きくて優しいがじっと見つめる茶色の眼、腹を立てているときには堅牢な鋼の虎鋏のように、しっかりと閉じられている口)には、あの偉大な女王の断固たる決断力、統率力、率直に表わす愛情あるいは嫌悪、半ペニーの出入りもおろそかにしない几帳面さ、これらのすべてが認められた」
 教練隊は初めから成功だった。最初の年のうちに、もうそれ以上制服と装備を用意する資金がなくなり、入隊者募集を中断しなければならなかったほどである。幸いオクタヴィアの友人たちが急遽寄付をして、入隊希望者を喜ばせた。この少年たちが所属する教練隊の制服は濃い緑色であったが、オクタヴィアは陸軍省に手紙を書き、少年たちに深紅色の服を着せたいと許可を求めた。彼女自身鮮やかな色が好きであり、また、サザークの街には元気づけるものが必要だというのがその理由だった。少年たちも地域の人々一般もこの選択には大賛成だった。経済的理由で初めはこの教練隊には楽隊がなかったが、まもなくオクタヴィアの気前の良い友人たちがそれをつくってくれた上、2週間のキャンプに派遣する費用も出してくれた。1890年、楽隊はロンドン市長就任披露行列で行進し、オクタヴィアはそれを大層嬉しく思った。ロンドン市の、あるいはその他の公共の行事に加わることは、少年たちに、自分は国や地域とつながっているのだと悟らせる助けになると彼女は信じていた。この軍事教練隊は、ロンドン練隊の第一工兵隊、そして陸軍の上級歩兵士官候補生部隊になった。
 教練隊への資金供給はやや難しい問題をもたらした。これはどうしても幾分費用の大きい代物だった。初期の段階でオクタヴィアは隊のための多額の寄付を受け入れたが、彼女は教練隊をいつまでも寄付金で維持するのが良いとは思わなかった。パブリックスクールの多くはすでにロンドンの貧しい教区でセツルメントを支援していた。そしてオクタヴィアが思うに、軍事教練隊はまさに男子生徒の気持ちに訴えるように考慮されており、軍事教練隊と大きな学校とを結びつけることは両者にとって多大な益となるはずだった。彼女は当時イートン校の寮監であったエドワード・ストーンに意見を求めた。オクタヴィアのストーン家との交際は、まだノッチンガムプレースの生徒だったメアリー・ストーンが重い病気にあったときにさかのぼる。メアリーの母は病人が危機にあった時期、ノッチンガムプレースに来ていた。メアリーの命をいっしょに気遣ったことから、彼女の両親とヒル姉妹の間に親交が生まれた。オクタヴィアはイートンにあったストーン家にしばしば滞在し、ストーン夫妻の一番年下の息子クリストファーの名づけ親にもなった。ストーン氏は社会問題に敏感な人で、すぐに軍事教練隊の件をイートンの生徒たちに提示した。少年たちは非常な興味を示し、これが将校養成団と少年軍事教練隊との正式な結びつきの始まりになった。
 サザークはオクタヴィアの関係する地区の中で最初に少年軍事教練隊を持った。この街で教練隊の大きな効用がよくわかったので、彼女は自分が住居管理をしているほかの場所(とりわけ、難しいところがあると感じられる地域)でもこれを組織しようと努めた。1911年、悪評高い地域ノッティングデイルで大層やっかいな仕事に取り組んでいたとき、彼女はその地域の教練隊に大きな精力を傾け、それを指して「私の愛児」と愛情をこめていっていた。
 軍事教練隊に関しては、それが軍国主義的な考え方を助長し、戦争を支持させることになりかねないという理由で、不賛成の人々も少なくなかった。オクタヴィアは決して好戦主義者ではなく、すべての戦争に強く反対するフレンド会に対してとても深い愛情を持っていたから、教練隊へのこの批判を無視できなかった。注意深く考えた上で彼女はこう書いている。「志願制の軍事教練隊について、私には少しも疑念はありません。……自衛の戦争は正当であると考えます。もし悲しむべき必要によってそれが求められるならば。訓練、団結心、野営、そして将来自分たちの上官となるであろう立派な大人たちとの男らしい交わりは、サザークの若者にとって最良の教育だと、はっきり私はわかります。彼らの現在の教育の欠落部分のひとつを、それが補ってくれることがわかります。バーネット氏もブルック氏もこの活動が、ほかのものが動かし得ない若者の心に影響を及ぼし、彼らを矯正すると信じている人たちで、好戦的志向を強めようと願っているのではない、そう私は思います。あの若者たちを私よりもよく知っている両氏が力説していること、すなわち彼らは戦争には全然惹かれていないということが、実際私にはわかります。彼らは臆病で、忍耐が足りません。団結心が足りません。お金の崇拝者です。私は、この志願制の活動が彼らに教えるすべてのものが有益だろうと信じています」  確かにオクタヴィアは軍事教練隊を、単に教育の手段と考えていた。その価値は入隊している若者たちがそれぞれに教練隊でできることにあり、彼らが集団として陸軍の中でできることにあるのではないと思っていた。教練隊の軍事的活用に関わるかもしれぬ問題については、オクタヴィアは一切意見を述べることを拒んだ。ショーンクリフでの野営をおこなうべきか否かが問題となった際に、彼女はこう述べている。「それは私には決着をつける資格がまったくない問題です。……私の唯一の務めはあなた方につぎのことを思い出してもらうことです……我々の目的は志願兵にもなり得る健全、有能、健康な若者を育てることにありますが、我々は自分自身の生命と信念、そしてほかの人から寄せられた信頼にかけて、訓練の軍事的な成果と訓練が若者におよぼす、優れた、自然な、健全な影響とを決して比較考量はしないと誓っているのです」
 こうした経過があって、レッドクロスホールはその後もずっと軍事教練隊とその他の活動の中心であった。現在もそれはサザークにある。今日の人々がその庭園を、オクタヴィアが熱意を傾けたということから予想されるほどには広くないと感じ、ホールもさほど盛大に活用されてはいないと思うとすれば、それは、若者たちが互いに友だちになり、健全なリクリエーションを楽しむためのオープンスペースと機会が、オクタヴィアのおかげでロンドン中で増えたからかもしれない。しかしながら、あのホールと庭園に満ちていた活気がオクタヴィア自身の熱い活力に、一部は由来していたことは間違いない。幾度かオクタヴィアはロンドンを離れてはまた戻ってきたが、そんなあるときにミランダはこう記している。「彼女が戻って以来、ふたたび一切が激しく動いています。居なかった彼女がふたたび現場に姿を現すと、テニスンが描いた眠れる美女が目覚めたときと同じ事態が生じています。
“そしてすべての抑えられていた生命の流れは大滝の如く音を立てて落下する”
彼女が戻るまでは、なにもかもが眠っているように見えます。彼女が現れると、生命と躍動が満ちあふれるのです」

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
ssmat2@nifty.com