戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第14 章
ふたたび住宅問題に取り組む


―借家人たちをひとまとめにして扱ってはなりません。
ひとりひとりに個別の対応が必要であることを忘れてはいけないのです―
『ワーカー仲間への手紙』(1883年) より- オクタヴィア 45歳


 オクタヴィアは、家事とカール協会の仕事が自分の体力の限度だと感じたが、胸の中では彼女のほんとうの仕事、すなわち借家人たちとの日々の接触と、それにともなう人間的交渉を取り戻したいと願っていた。彼女は自分の誕生日にはいつも借家人たちのパーティーーを催すことにしていたが、1881年、その誕生日を祝うためにパラダイスプレースの人たちを招いてはどうかとミランダがいったとき、オクタヴィアは「いいえ、いま私が担当する借家人はひとりもいないの。誕生日のパーティーには砂糖壺を招待しなければと思う。私の受け持ちはそれだけだから」と答えた。「そういいながら彼女は笑わずにはいられませんでした。しかし目には涙がありました」とミランダは書き残している。
 当時オクタヴィアがパラダイスプレースの人々を担当していなかったのは事実だが、以前そこの人たちは彼女の受け持ちであった。外国旅行から帰って、留守の間の住居管理の状況を確かめたとき、彼女は自分が住居管理の仕事についた最初の二つの場所(パラダイスプレースとフレッシュウォータープレース)がうまくいっていないとすぐに感じた。その二つのコートはそのころもまだラスキンの所有であった。しかし彼の健康が思わしくないので、いかなる決断も彼に求めることはできなかった。一方オクタヴィア自身も何かを決定する立場にはなかった。そこで家主不在による欠陥のもっともひどいものがこれらのコートに生まれつつあり、彼女はそれに気づいたのだった。唯一の改善策はラスキンがそれらの家屋を売却することだと思われた。オクタヴィアは帰国してまもないころ、それをラスキンに提案しようとしたが、彼に近づくのは易しいことではなかった。そして1880年から81年にかけての冬、彼はふたたび身体を悪くしていたから、事業のことで話し合うのは無理であった。そういう経過があったので、1881年5月ラスキンの代理人から彼が家屋の売却を望んでいると聞かされたとき、オクタヴィアは深く安堵した。誰がパラダイスプレースを買うべきか、彼女はよくわかっていた。それは彼女が始めて管理した住宅であり、彼女の自宅のごく近くにあって、借家人の多くは何年も前から彼女の友人かつ隣人であった。彼女は直ちにその住宅を買い取った。「それはいま、ほんとうに私のものになりました。家屋を所有することは、そこに住む人たちを相手の仕事が絶え間なくあることを意味します。それが私にはありがたいのです。その仕事は、家事にいろいろと忙しいときでもきちんと必ずやらなくてはならないのです」これは、もう決して借家人から切り離されることなく、エネルギーをすべてただ家事だけに費やさなくても良いと保証されたようなものだった。
 フレッシュウォータープレースはより難物だった。オクタヴィアにはそれを買い取るだけの余裕はなかったが、パラダイスプレースにおとらず気にかかった。自分がロンドンへ来て初めて樹を植えたあの遊び場がなくなるのを平気で見ていることもできなかった。善い家主を見つけなければならない。それができなければこのコートはだめになる。「居住者のことを第一に考え、さしあたって投資額の5パーセントだけを家主の収入として受け取り、残る利益は居住者のために使う(あるいは放棄する)つもりの人でないと、私の植えた樹も切り倒してあの遊び場に建物を造ろうという誘惑に負けてしまうに違いありません」この危険は、シェーン家がフレッシュウォータープレースを買い取ったので回避された。これ以上にオクタヴィアを喜ばせた出来事はなかったであろう。シェーンは知り合った当初から信頼できる友人だった。困難な時期もずっとオクタヴィアのそばにいて、ラスキン以外に誰も住居管理という事業を認めなかったときも、彼女の計画は信頼できるといっていた。そしてすべてのコートに関して事業上の強い支持と貴重な援助を与えてくれた。今回また友情の新しい証しに接して、オクタヴィアは深く心を動かされた。彼が出資したのは、居住者のためである以上に彼女への配慮なのだとわかっていた。
 さしあたりオクタヴィアは、自分で面倒を見る借家人を持てたと考えるだけで満足しなくてはならなかった。実際にふたたびコートに出入りできる日はまだ先の楽しみだった。それまでの間、現場で住居管理の作業に自ら携わることはなくても、ほかに彼女のできることはたくさんあった。彼女は、アシスタントたち、とりわけミス・ヨークを通じて、管理の細部に関わり続けた。ミス・ヨークは当時デューシー夫人に代わって、夫人の共同住宅を管理していた。その住宅は以前はバレッツコートの一部だったが、建て直されて、セントクリストファーズビルディングズと呼ばれるようになっていた。この名前を選んだのはオクタヴィアで、いかにも彼女らしい命名だった。「ほかならぬ悪魔がこの良い家を見て恐れる、ということに私たちは気づかなくてはなりません。バレッツコートに立ってみて私はそう思います」ミス・ヨークは新しい建物の管理を引き受けただけでなく、古いままに残っていた建物の建て直しも始めたので、オクタヴィアは非常に嬉しかった。新しいホールの建設もそれには含まれていた。オクタヴィアがかつて設けたクラブ室が彼女の最初の借家人たちに果たした役割を、セントクリストファーズの人々に対して持つホールだった。そこでは毎週数回「ソーシャルズ(懇親会)」と呼ばれる夜の集まりが開かれ、いろいろと楽しい催し物があった。ミス・ヨークはほぼいつも出席し、オクタヴィアもしばしば彼女に同行した。そこにはダンスと音楽があり、友人たちがいた。サム・ハマー氏と彼の妹たちは借家人に演奏と歌を教え、ギルバート&サリバンの喜歌劇を上演した。舞台の背景はアーサー・ラッカム卿が描いた。
 さらにオクタヴィアは自分がさまざまな形で間接的にせよ借家人たちの役に立てることを知った。「いま私は、貧しい人々の中に入っての責任の重い仕事はしていませんし、またできないのですが、あの人たちとはいまも変わらず親密な交流があり、コートでの長年の活動のおかげでみんなを詳しく知っていますから、いろいろと細かなことで助けになれるのは事実です。またそれは少しも苦になりません。ときどき、難しい問題があって、私の経験が役立つ場合に呼ばれるのです」
 ごく徐々に徐々にではあったが、オクタヴィアは、そのような助言者的な立場から、ふたたび旺盛に自ら活動する立場へ戻っていった。しかしその仕事の性質に幾分変化があった。彼女の活動の価値が広く人々に知られ、その信望は揺るがぬものとなり、彼女がますます住宅供給その他の社会問題の権威と認められてくると、国の諸委員会や各種公共団体そして高官たちとの接触が増え、とても貧しい人たちや評判の思わしくない人々との直接の触れ合いが減少した。委員会メンバーとして働くことが多くなり、個人的活動が減った。組織の方針、規則にしたがって活動をおこなう場合が増え、彼女個人がその場その場で考えて処置を取ることは少なくなった。そしてオクタヴィア自身にも変化があった。経験は彼女の活動の土台となっている信念の正しさを裏づけるばかりだったから、彼女の考え方が変わることはなく信念の動揺もなかったけれども、彼女を際立たせていた快活さ、毎日新しい冒険をする勇敢さ、そして退屈な仕事でさえも楽しいことにしてしまう陽気さは失われたのだった。これは新分野の開拓者が権威者として広く認められるにいたる一方で、若いときを過ぎて中年になったというだけのことなのだろうか。オクタヴィアは40代になっていたから、そのように変わったことも不思議ではない。しかし健康を害する前の彼女は、その若々しさを終生保ち続けそうに見えたものだった。実際にはそうならず、確かに彼女は幸福な気持ちを取り戻し、仕事、友人との交わり、そして若いころからの楽しみにふたたび喜びを感じ得るようになったが、つねに少々自分の内に閉じこもり、周囲と打ち解けない気味があった。自分を開け広げて見せる相手はごく親しい友人、姉妹、姪たちに限られていて、ほかの人々にすればオクタヴィアは多少身構えさせる人物であり、近づきにくいといっても良かった。たいそう称賛され、敬われるが、たやすくは親しまれない人であった。偉大さが目立ち、素朴さと優しさはその背後に隠されてしまった。かたくなに自己を閉じ込める膜が彼女を包んでいたから、気持ちを通わせることが難しかった。彼女がイギリスを離れていた間に、住宅問題の状況全体にかなりの変化があった。彼女が闘った悪、すなわち借家人を詰め込んだ不衛生な住宅と欲深で怠慢な家主のことを、より広く一般の人々が知るようになり、彼らの良心は衝撃を受けた。そして住宅の建て直しが盛んに行われた。「コートの数は多く、それらの買い取りのためのお金は極めて大きな額になります……私が外国に出ていた間、誰もがコートを買っていました」労働者階級の家族が住む所にこと欠く状況ではなかった。それはそれで良いことであったが、住宅問題の恒久的な解決がほんとうに約束されたわけではない。住宅問題を建物の問題と捉えるのは、オクタヴィアが主張し続けたように、住宅問題の実態をすっかり見逃すことになるからである。「最近世の中には家屋と家主のひどさを指摘する声がありますが、そこでいわれている事態が仮に明日すべて改善されても、なお問題が残っていることに世の人は気づくでしょう。それは暮らし方を教育しなければより良い住宅へ移せない多数の人々のことです」確かに住宅供給の増大はいくつかの点でオクタヴィアの事業をより難しくした。「貸室の供給が豊富なのは、いろいろな意味で喜ぶべきことですが、良くない面もあります。節度のない、無法な借家人たちを十倍もわがままにしてしまいます。正当で賢明なルールの実施による秩序の確保がほぼ不可能になります」以前はコートの出資者に出資金額の5パーセントを配当することにしても不安はなかった。なぜなら、コートはつねに満室の状態にあったし、入居者を教育してきちんと行儀よく住んでもらうことができたからである。しかし、いまは引っ越そうと思えば別の住居を簡単に見つけられるわけだから、きちんと部屋代を払い規則を守るのを煩わしいと感じた借家人は新しい家屋へ移ってしまう。そしてそこを急速に新しいスラムにしてしまう。したがってオクタヴィアは、事業というものをよく知らない人や投資に対する十分な見返りを期待する人には、賃貸を目的にした家屋の購入を、自信を持って勧めることがもうできなかった。
 二つのタイプの借家人を区別して考える必要があるとオクタヴィアは思った。まずまず順調にやっている職人は、かなり増えてきた建築融資組合(Building Societies)の住宅に入れてもらえたし、またそうすべきだった。この組合は住宅を造り、定職を持ちまずまずの生活水準に到達している人々にそれを安く貸していた。現在はすべての労働者階級のアパートが、最高級のアパートのように便利な設備と最新式の器具類を備えて当然とする考えがもてはやされているが、オクタヴィアは現実家だった。貧困のふちに暮らし、営利的な住宅協会(Housing Societies)に見放されている苦しい借家人の存在を彼女は知っていた。彼らを引き受けられるのは、十分に訓練された管理人だけができる。借家人たちの教育を自分たちでおこなうにせよ、代理人に頼むにせよ、背負い込む覚悟のある家主に限られると彼女は考えていた。この借家人たちは新しい建物や新式の装備を必要とはしていなかった。王立住宅諮問委員会(the Royal Commission on Housing)でオクタヴィアはこう語っている。「私ならすべてをできるだけ頑丈に、そして何よりも、できる限り簡素、単純にします。この人たちはいかなる器具にせよ、使うことに全然慣れていませんから、その種のものは難儀の種になるだけです。まだ暫くこの人たちに凝った器具は不用だと信じます。したがって、住み方を身につけてもらう場としては、古い家屋の方が新しい建物よりもずっと良いと考えています」このタイプの借家人たちに対応するために、ますます多数の管理人をなるべく速やかに養成する必要があった。オクタヴィアはソーシャルワークに関心のある人々に住居管理の分野を選ぶように訴えた。「早く管理人を育ててください。大勢必要なのです」と1881年の『ワーカー仲間への手紙』で語っている。自分でもひとりのボランティアの訓練を引き受けた。ワーカーたちの中には、完全に独り立ちを遂げて、ほかの人のトレーニングも引き受けられるものが非常に増えていたから、オクタヴィアは、人材さえ確保できればかなり短期間で多数の管理人を養成できると確信していた。
 オクタヴィアのこの訴えには大きな反応があった。1883年末には住居管理の訓練を受けているワーカーの数は、彼女がそれ以前の長い年月の間に養成した人数を上回っていた。そして、さらに2、3棟のアパートあるいはコートを引き受けるのに十分な人数が訓練を終わっていた。オクタヴィアはそれらのアパートあるいはコートが、ごく貧しく扱いにくい種類の借家人でいっぱいの古い家屋であると良いと思った。歳月も彼女の本質を変えなかったのだ。彼女が第一に援助したいと思う対象は挫折した人々だった。「新しい建物(たとえそれを安く貸すにしても)より、古い家屋を引き受ける方が、下層階級の人々に接触し、援助することができます。……新しい借家人に貸す場合、しっかりした身元保証人を求める必要があります。大酒飲みと不潔でだらしない女性は受け入れられません。貧しい人たちは引き受けましょう。しかし、人柄の疑わしい場合はいけません。まじめに生活し、勤勉、清潔な人々を優先させるのが公平で正当なことです。しかし気掛かりな借家人でいっぱいのコートを買い取って引き継いだ場合は、その人たちを善い借家人に変えるよう努めることが家主の仕事となります。一部の人たちは必ず家主による指導、教育を受け入れて救われ、ふたたび元に戻ってしまうことはありません…あの階級の人々の面倒を誰かがみるとすれば、私たちでなくてはなりません。このことを忘れず、家屋の改築という心そそる案に誘惑されないよう、私は仲間の人たちに頼みたいのです。そしてつぎのことも心に留めてほしいのです。借家人たちはひとりひとり個別の対応を受けるべきです。教育は一対一で向かい合ってこそできるのです。また、それを成し遂げるには年月がかかり、大勢のワーカーを必要とします」
 1884年になるとオクタヴィアはふたたび住宅供給の事業に没頭していたのだが、それには自分の家庭生活を多少変えなくてはならなかった。以前彼女は「砂糖を計り分け、洗濯代の帳面の誤りを直す」役目を自分から引き受けたし「屋根の雪をシャベルで落とす」のも好きだった。「家の水道が本管から凍ってしまうと、みんなで表の通りから水を運び入れて水槽をいっぱいにする」のだが、そのときの監督役もオクタヴィアが務めた。そして「少女たちの裁縫を助け」、ある程度学校の授業も担当することに喜びを見出だしていた。しかしミランダが指摘した通り、家でのこの種の仕事のために「彼女が王立委員会に助言する機会が妨げられるのは明らかに不合理」であった。ミランダの考えた解決案「自分が家と学校の仕事全部を取り仕切る」は、明らかにオクタヴィアが受け入れられるものではなかった。また身体の弱いフロレンスは、仕事にあまり拘束されずに静かにひとりで過ごすときに恵まれればと願っていたが、それは学校で働く日常では実現しがたいことだった。そしてミセス・ヒルは若い人たちと絶えずいっしょにいるとどうしても疲れてしまう年齢になっていた。こうした状況の打開策は学校を閉じることかもしれない。真剣な考慮を重ねた後、姉妹は1884年の夏学期の終わりにそれを決めた。「オクタヴィアは家の一部を貸し、質素に暮らすなら、私たちの少ない貯えでなんとかやっていく見込みはあると考えています。もちろん金銭的にはいまより苦しくなりますが、時間の点ではゆとりができます」ミランダは学校が大好きで、女生徒がいなくなれば自分は淋しさを味わうとわかっていたが、その彼女でさえ、心配ごとや責任から開放されたら大いにほっとするだろうとは思っていた。一方オクタヴィアにすれば、この決定は有り難いとしかいいようがなかった。それは彼女により大きな自由、仕事のためのより多くの時間、そしてより静かな休息をもたらすだけでなく、これが一番重要なことなのだが、ミランダを学校の仕事から開放するので、彼女はオクタヴィアへの協力に専念できることになった。それまでも二人は心を合わせていっしょに働いてきたから、ミランダはオクタヴィアの考え方、望み、意図をまるで自分のものであるかのように理解していた。オクタヴィアはミランダを信頼しきって、多くのことを彼女に委ねたが、その際、詳しい説明はなにも要らなかった。ミランダはオクタヴィアよりも屈託のない人柄で、彼女に出会う人の誰もを惹きつける優しさを備えていた。オクタヴィアがこう記している。「すべての人に対するミランダの優しさをいい表すことばがありません。なにがおきても彼女はそれを楽しんでしまうのですが、そのこともことばでは表現できません。素晴らしい補佐役で、みなを優しくまとめ、一致協力させます。何事についても不満を決していいません。そして全身全霊を傾けてことに当たります」ミランダは妹オクタヴィアの進路の道ならしができれば嬉しいと思っていたから、オクタヴィアを家庭での一切の負担から開放し完全に休息させることを自分の最重要の仕事とした。「ミランダが家事に戻ってくれたので、家庭らしくなっています」とオクタヴィアは母親に書き送っている。「彼女がその周囲に生み出す、優しく穏やかでまた折り目正しい雰囲気を素敵だと思います」
 学校を閉鎖することで、オクタヴィアにはもうひとつ良いことがあった。生徒たちがいなくなると、その建物はヒルの家族だけで住むには大きすぎるので、彼女たちはミス・ヨークとその他にひとり、オクタヴィアの仲間を呼び寄せた。身近かに仲間のワーカーがいるのは好都合であったが、オクタヴィアにとってほんとうにありがたかったのは、家に迎え入れたミス・ヨークとの親密な交わりだった。ミス・ヨークは田舎に家を持とうと考えて(それはオクタヴィアの住居にもなる予定だった)クロックハムヒルに土地を買った。姉のガートルード・ルイスとその家族がすでに住んでいる野生鳥獣飼育特許地に近い場所だった。「昨日ミス・ヨークとオクタヴィアは、杭で区画された土地を見に行きました。その野原の持ち主は、石が多くて何も栽培できない土地だから、手放しても少しも惜しいとは思わないといっています。オクタヴィアとミス・ヨークはたとえ荘園領主が何かいってきても、自分たちは自由保有権によってその土地を使い続けられる、と考えています」
 この家(ラークスフィールドと呼ばれた)の間取りを考え、庭を造るのに多くの時間がかかったが、楽しい時間だった。オクタヴィアは以前から庭造りが好きで、この石だらけの土地にしても、ひとによっては手をつける気になれなかったであろうが、彼女の気質はそれをやりがいのある課題と受け取った。アザミ(「可愛いアザミ」と彼女はいっていた)との格闘も、石を取り除けることも、土を寄せて芝畑を造ることもオクタヴィアは積極的に楽しみ、あれこれ手を掛けて育て上げた花のひとつひとつを誇らしく思った。ラークスフィールドは彼女にとって安息所となり、そこから彼女は安らぎと仕事を続けていく力を得た。
 1884年3月、オクタヴィアはデットフォードにある家屋、計48戸の管理を依頼され、続いて5月には教会委員会(the Ecclesiastical Commissioners 訳注 英国国教会の財務を管理運営する組織)がサザークにあるコートのうちのいくつかを彼女に委ねたいといってきた。11月になると委員会はさらに多くの国教会所有の建物を彼女に委ねた。そして1885年1月、彼女はデットフォードでさらに85戸の管理を引き受けた。デットフォードの住宅はそれまで構わずに放っておかれたのだ。居住者たちもいい加減な管理しかされていなかった。初めてそこを訪れたとき、オクタヴィアはひとりの女が自分の家の階段の下で横たわっているのを見た。夫に打ち据えられたのだった。ひどい怪我で動けず、近所の人々も夫の報復を恐れて医者を呼ばなかったので、土曜の夜から月曜の朝までそこに横たわっていたのだ。居住者たちは喧嘩っ早く、器物を壊した。多くの家は空いており、新しく居住者を確保することは難しかった。家が補修されず、惨澹たる状態にある上に、この街の不評判が災いして世間体を考える人たちはここに住みたがらなかった。

(訳注 サザーク ― Southwark, テムズ川南岸の一帯を指す。古くからロンドン(シティー)の南側の防塁の役割を果 たすとともに、商業、娯楽の拠点でもあり、したがって過密な居住、貧困と犯罪の地域でもあった。シェークスピアで知られるグローブ座もテムズ川畔にある。現在のサザークは再開発されて歴史的な遺産と新時代の文化的施設などのある魅力的な街となっている。)

 オクタヴィアは昔に変わらぬ熱意をもって、この街と取り組んだ。ミス・ヨークが協力してくれたが、エレン・チェイスという、住居管理を学ぶためにボストンからきたアメリカ人もオクタヴィアを手伝った。この人はオクタヴィアの心にかなったワーカーだった。もっとも困り者の居住者たちにも良さを見出だすことができる人であったが、彼らに対して感傷はまったく持たなかった。彼女は冒険に挑む気持ちでデットフォードのクィーン街と取り組んだ。そして最悪のときにあってさえも滑稽なことをたくさん見いだした。実際非常にひどいときが幾度もあった。オクタヴィアが家屋を完全に修繕すると、泥棒がそれを壊して入り、新しい水道設備のパイプ類を、いまだ誰も使わぬうちに、持ち去った。オクタヴィアをからかって、ドアにチョークで彼女を漫画風に描いて去った泥棒もいた。教会区委員会はオクタヴィアたちに同情を示さなかったが、それは悪意があってというより、ただ何もわかっていなかったのである。彼らは、これらの住宅は周囲の住民にとって危険なほど不潔な状態にあるという通知を出した。オクタヴィアがそれらの家を完全に整備してからまだ2か月も経っていない上に、その間に入居した者はいないことがわかっていたので、彼女は当然ながら抗議した。そして教会区委員会は謝罪した。彼らは理不尽なことをするつもりはなかったのだが、当時、首都整備事業局が衛生問題に大層注意を促していたので、「何かをする」必要があると思ったのだった。ことによるとミス・ヒルは「水漆喰をたくさん使って体裁を整え、ヤードの門口近くに少し砂利を敷く」気になるかもしれないと考えたのだった。
 依然として状況の難しさは変わらなかった。オクタヴィアはこの街の人々の考えを自分の方に引き寄せることができなかった。エレン・チェイスはある居住人についてこう報告している。「この人は庭をすっかり壊し、柵をみな折ってしまい、窓もあちこち破り、それでいて全然姿を見せません。私たちは途方に暮れました。最初私はドアの下に通知書を差し入れようとしましたが、雨押えと沓摺りがぴったりとし過ぎていました(それが雨押え板を張ることに反対する理由の一つです)。そこで私たちは合法的な方法を思案した結果、通知を裏口のドアにピンで留めたのです。しかしPさんは、もしも私が敷地内に無断で入ったという理由で召喚されるとまずいと考えました。そして、通知の郵送もあまり穏やかではないと私たちは思いましたので、立ち往生してしまいました。ミセス・リンチが彼女の戸口から終始笑いながら見ていました」
 幾年もの間オクタヴィアはまったく前進していないように見えた。ときとして彼女は、管理を任せてく れた家主たちが、彼女は失敗したと考えて仕事を取り上げてしまうのではないかと恐れた。「それがオクタヴィアの強い信念にあったただひとつの不安でした」とミランダはいっている。「オクタヴィアはこの苦境にもまったく落ちついた様子をしていました。一方ミス・ヨークはオクタヴィアといっしょに、週に丸3日デットフォードで忠実に、骨惜しみなく働き、悪口と妨害の中で、苦労を続けてきた人ですが、彼女さえ、もしクィーンズ街での仕事が自然消滅すれば嬉しいともらしていました。オクタヴィアがどれほどこの仕事の継続を切望し、挫折を恐れているか知るまでは、私もミス・ヨークと同じことを感じ、また口にしていました」オクタヴィアは勇気を持って働き続けた。苦労の一因はデットフォードとノッチンガムプレースの距離にあった。地下鉄とバスが使える今日でもさほど近いとはいえないが、その種の交通手段がない当時そこに通うのはつらいことだった。彼女が自分の住まいから離れた場所での仕事を引き受けたのはこれが初めてだった。往復にかかる時間を惜しまず、彼女は毎週3、4日そこに通っていたが、借家人たちをもっと絶え間なく監督する必要を感じた。このように離れて住んでいてはそれができない。彼女はさまざまな試みをした。監督に適した人をクィーンズ街に住まわせて、かつてほかのコートの居住人の救済に役立ったすべてのことを試みたが、デットフォードの人たちは何時までも変わらないので気を挫かれた。毎年オクタヴィアは『ワーカー仲間への手紙』にこの件を書き残している。「デットフォードはまだ大層遅れています」「デットフォードはいまも悲しみの種です」「哀れなデットフォード」オクタヴィアは悲しみとともに当惑もあった。なぜなら彼女は、ワーカーたちは立派に実力を備え、あのようにしっかりと、誠実に働いているのだから、結果が見えてこないにしても、手応えがあって良いはずだと考えたからである。
 1890年、彼女は悲しみつつこう書いている。「恥ずかしい街です。これ以上何をしたら良いのか私には分かりません。すべてを借家人たちの罪にしたくはありません。私はあの人たちが好きです。あの人たちの向上を我々は助けられませんでした。デットフォードで働くワーカーたちは優秀です。これ以上のワーカーは有り得ません。しかしこれほど働く場所が遠いということはもちろん不利です。理由が何であれ、人間の眼に映る限りでは、この街は現在のところ失敗したケースだというほかありません。(私は自分にその責任があると躊躇なく思います。ただ、どのようにいけなかったかを知り、それを改める仕事を始められるといいのですが)」自分の失敗を認め、淡々と率直にそれを記録し、自分自身に原因があったのだと考えることができるのは、真に偉大な人たちに限られる。
 デットフォードが良くなり始めたのは、クィーンズ街に近いブラックヒースに住む昔の生徒をオクタヴィアが見つけたときからだった。この人は住居管理を学ぼうと望んでおり、またそれだけの能力があった。1892年の「手紙」には微かな希望が見えている。「哀れなデットフォード。ここはいまも変わっていません。少なくとも私はそう思います。しかしながら私は明るい見通しに満たされてもいます……私は新しく一人の仲間を得ました。彼女は、もし私の見込み違いでなければ、今年中にデットフォードで立派な仕事をするでしょう。でもいますぐにではありません。時間のかかる、骨の折れる仕事なのです」それ以後デットフォードは着実に良くなっていったので、1900年、別の新しい大きな仕事がオクタヴィアを必要としたとき彼女は、少しの不安もなくデットフォードから完全に身を引くことができた。
 サザークでの住居管理はまたまったく異なる経過をたどった。当初から順調で、この地域の人々は友好的、協力的だった。そして、オクタヴィアが教会委員会という立派な団体を代表していることが、彼女にこの地域でのかなりの信用を与えていた。もちろんいくつかの困難はあった。それまで彼女はいずれかの団体のために働いた経験がなく、それが個人のために働くことと同じように好きになれるとは確信できなかった。彼女は委員会を相手とするよりも、個人を相手とする場合の方が力を出せるとつねに感じていた。実際はというと、教会委員会は、陶工の手の中の土のようにオクタヴィアの思うままになった。このころまでにオクタヴィアは、住宅と居住人に関して何をすべきか、非常にはっきりした考えを持つようになっており、強い確信を持った態度でその主張を述べたから、それに逆らうことは難しかった。しかしながら彼女が自分の大層強い立場に気づいていたとはいい切れない。デットフォードに対する彼女の姿勢を特徴づけている謙その声望は、彼女を住宅問題全般における確固たる権威と位置づけていた。ロンドン主教がフラムパレスで人々に語った中で、つぎのようにオクタヴィアに言及したとき、彼女は嬉しく思うと同時に心底驚いた。「彼女と半時間ほど話し合って、我々は完全に論破されました。生まれて以来これほどひどく負けたことはなかったのです。そこで私は彼女に深い敬意を抱きました。彼女は我々を十分に納得させたので、我々はあの地区について彼女の求める通りにしただけでなく、ほかの地区でも同様の計画を実行し始めました」
 サザークで働くボランティアを見つけるのに困難はなかった。まもなくオクタヴィアはこの地域に多数の有能なワーカーを得た。この人たちは事業が拡大すればほかのワーカーを育成する用意ができていた。そして事実、事業は急速に大きくなった。1885年1月オクタヴィアはミス・ヨークに「今回引き受けた分で最後にします。今後はもう仕事を大きくしないようにしましょう」といった。それにもかかわらず拡大が続いたのは、不動産を持つ事業家や会社が、その所有する家屋を益々オクタヴィアの管理に委ねようとしたからである。優れた住居管理は家主のみならず、借家人にとって大切だと考えるオクタヴィアは、能力のあるワーカーを派遣できるうちは、それらの依頼を断れなかった。
 サザークでの仕事は、ほかの地域の場合と同じように行われたが、教会委員会が管理している地域が広いので、それまでのオクタヴィアにできなかった、規模のより大きい計画を考える機会が生まれた。ロンドン主教が話していた、オクタヴィアが教会委員たちを「完全に論破」した会合での争点は、借家人たちのためのオープンスペースの供給にあった。地域改造計画が実施される中で、多くの小さな建物が一掃され、ビルにとって変えられた。そのとき「小さなヤードのついたコテージや裏町の路地(大通りは別です)を非常にたくさん撤去しましたから、彼ら(教会委員会)が子どもから遊び場を、女性から屋外で憩う場所を奪ったのです」オクタヴィアは、教会委員会として住民のこの損失に対して償いをすべきだと納得させた。問題の土地に公園を確保しただけでなく、どこであれ建物を改築する場合、レクリエーションのためのスペースは、居住のためのそれに劣らず重要であるとする原則を確立させた。
 彼女は公園を手に入れた。以前彼女が初めて造った遊び場がそうだったように、引き継いだときには荒れ果てた土地だった。しかしオクタヴィアは当初から見込みのある場所と考え、遊び場にする以上のことを計画した。その第一歩として、荒れ果てている土地をきれいにする作業があった。混乱を整え、秩序をつくり出す際に見せる彼女特有の熱心さで、オクタヴィアはそれに取り掛かった。心をみたす、眼には見えない成果こそが、重要だと彼女は誰よりもよく知っていたが、それにしても、見たり触れたりできる、形に表れた成果(その大きさは計ることができる)は、とても嬉しいものだった。小さな見捨てられた土地を公園に変える経過を伝える彼女のことばには、遠い昔、玩具作りの少女たちの食事を改善したときの精神が、あるいはもっと新しい例を挙げれば、初めてのコートに清潔と秩序を生み出したときの、さらにはラークスフィールドとなる野原のアザミを抜き取っていたときの精神が、変わらずに息づいていた。「その土地の半分には、以前製紙工場が建っていましたが、焼け落ちてしまったのです。焼け残った紙がそこここに4、5フィートの高さに雑然と積み重なっていました。炎で黒くなり、雨水で膨れてひどく不快な匂いを発していました。5年前からそこにあったのです。そしてたくさんのゴミの山がこの土地に投げ込まれていました……私たちの最初の作業は、焚き火をして焼け残りの大量の紙を少しずつ燃やすことでした。昼夜燃やし続けたのですが、全部が片づくのに約6週間かかりました。灰は公園の土を良くしますし、紙の山をはこび出す費用が浮きました。つぎの仕事は倉庫を取り壊して、公園の陽当たりを少々良くすること、加えて、レッドクロス街の各棟に住む大勢の借家人に良い空気と空の眺めを提供することでした」
 オクタヴィアは公園の全体図を愛情を込めて詳細に記述している。「子どもたちのための平屋根つきの遊び場。そこへ入る幅広い階段は大人たちにとってはテラスの役目をする。舗装したアーケードがあり、そこにねずみ色の花崗岩を使って、噴水式の水飲み場が設けられる。砂利を敷いた子どもたち用の遊び場は、曲がりくねった道や小さな池のあるほんとうの庭園になんの仕切りもなく続いている。池には橋(多分丸太作りの)が架かり、芝生と花壇そしてたくさんの球根植物がある」
 家屋改築の計画に関してもう一つの問題が持ち上がった。ロンドンの地価は非常に高いので、サザークに多いコテージをアパートに立て替えるのは明らかに得策なのだが、オクタヴィアはそれがひどく残念であった。なぜなら、それらのコテージは堂々とした新しいビルには見劣りするけれど、実は労働者階級にとって、はるかに良い住宅だと確信していたからである。「古いコテージはみすぼらしく、居住人の生活を知らない人々はその家主になることを嫌います。冷たく見下されている住宅です。しかし、適切な管理がなされ、基本的に必要なものさえ確保されるなら、その家は住む人にとって計り知れない恩恵なのです。健康に害のない状態で、こうした家が保存され得る場合は、心配り充分に、大切にされるべきです。身体の弱い人たちのための椅子や、子どものブランコが置ける独立したヤード、ツタや球根植物の育つ場所、簡単な手仕事をするような男手のためのスペースがあり、各家族が、よその家族との同居を免れているということが、あの住宅を現在我々が建てるいかなる住宅(どれほど真新しく、きれいであろうと)よりもはるかに良い住まいにしているのです。したがって、きちんとした立派な労働者は思慮に欠けていないことがわかります。なぜなら、新しい独立家屋を手に入れられるなら別ですが、そうでない限り、彼らは現在のあのコテージを、我々が用意するどんな住まいよりもあの人たちは好むのです」
 これらのコテージはつねに求められていた。オクタヴィアは教会委員会がそれらを可能な限り多数保存するように、そして、委員会が新規に地域開発を行って、集合住宅を建てる場合でも、若干の土地をコテージに割くように懸命に説得し、これは受け入れられた。彼女の造った新しい公園の近くに最初の3戸が建てられ、さらに6戸が加わった。その後も求める人々があり、さらに24戸が近くの土地に建てられた。どれも部屋は4つ、小さなヤードあるいは植物のある庭がついていた。そしてどの家も空くことが一日もなかった。オクタヴィアの友人の中に、ほかの地域でコテージを建てる人が現れはじめた。ランベスに建てている友人は教会委員会からオクタヴィアの手になる平面図を借りた。教会委員に会った後でこの人は、オクタヴィアに「あなたは教会委員会に、コテージへの熱い関心を植えつけましたね」と語り、オクタヴィアを喜ばせた。今日ロンドンで土地不足が進むとともに、一戸建てのコテージが減り、大きなアパートがより大きくなるという事実は、この首都の再計画および首都自体の縮小を求める数多い論拠の一つである。こうしてサザークでの事業は非常に満足すべき形で根づいた。誰もが好意的で、関心が深く、手伝ってくれる人に不足することがなかった。したがってサザークで達成できることに限界はなかった。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com