戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第12章
オープンスペース


―問題は、公共の利益のために保存できる土地が、
このイングランドにまだあるかどうか、ということです―
オクタヴィア・ヒル(39歳)「我々の共有地の将来」より(1877年)


 このように忙しい歳月の中で、オクタヴィアが時間をかけて考えてきたもう一つのこと(実は、重要という点では、自分のどの活動にも劣らないと彼女には思われた)があり、それは都市生活者のためにオープンスペースを確保することであった。生まれてこの方、オクタヴィアは屋外で多くの時間を過ごしてきた。幼年期は「いつも生け垣に登って」過ごし、少女時代には玩具作りの少女たちを連れて野原や共有地を歩き、彼女たちの生来の好みに逆らっても、田舎の景色や珍しい体験を楽しむことを教えた。成人したころは、一週間激しく働くと、元気回復を求めて田園を30マイルも歩き、事実元気になった。しかもこれは、少しの運動でも疲れるに違いない重い服を女性が通 常着ていた時代のことであり、女性は激しい運動に適さないと思われていた時代のことである。しかしオクタヴィアは働けば働くほど、田園の風物に耳と目で接する必要性をより切実に感じた。あらゆる美が彼女を感動させたが、大地と空の美しさ、樹と花の美しさ、自然(人の手が加わっていてもいなくても)の美しさがもっとも深く彼女の心を動かした。
 自分の心身をこれほど爽快、活発にするものは、他の人にもきっと効果があると彼女は思った。窮屈な共同住宅に住み、広々とした田園の安らかさや開放感を稀にしか経験しない借家人たちは、それなしに過ごすことに慣れて、もうそれを求めなくなっているらしい。彼女はこのことを知ってはいたが、仕方がないとそのままにする気にはなれなかった。自然の美しさに触れず、狭くごみごみとしたところに暮らして満足しているのは良くないことであり、それを辛いと感じるほうが遥かに正しいと彼女は思った。住宅供給の仕事を始めたときから、借家人たちが田園の光景に馴染むように努めてきた。コートに小さな庭を作り、ツタや樹を遊び場の周囲に植えた。田舎の友人たちに、借家人に配るので花を送ってほしいと頼んだこともある。さらに、リージェンツパークでの散歩を計画した。ノッチンガムプレースの女生徒たちに、借家人の子どもたちを連れ出し、パークの池でボートに乗せて漕ぐことを頼んだ。ときには公園よりさらに遠い場所へも彼女は出かけた。子どものころ姉や妹と遊んだ野原、そして共有地を、借家人の一団を連れて幾度も歩いた。終日田舎で過ごすこともあった。10月から3月までは週に一晩借家人たちのためにパーティーーを開いたが、4月から9月までは、週に一度は借家人たちと一日かけて遠出をした。彼女がもっとも好んだのは、ロンドン近郊に住む友人たちの邸宅へみなを連れていくことだった。彼女の異母兄アーサー・ヒル(後のレッディング市長)がときどき彼らをもてなした。訪れた借家人全員を邸宅の主人が暖かく迎えるガーデンパーティーーは友情を、あるいは伸びやかな人間的交流の雰囲気をもたらした。それはオクタヴィアが借家人たちのためにつねに求めていたものである。ただの遠足ではなく、ほんとうのパーティーーだった。借家人たちは樹や花を楽しみながら庭をあちこち歩いたり、小さく寄り集まってそこに座り、なごやかに話し合うこともできた。歩くうちにみなとはぐれて一人になり、孤独のみが与える休息を楽しむ人もいた。素晴らしい一日であった。しかしそういう日も借家人一人当たりにすると一夏に一度であったから、たとえその人が部屋にいろいろな花を置き、遊び場の塀のツタを眺めることはできるにしても、これで充分とはいえなかった。借家人の多くが方々の公園やロンドン近郊の野原を歩く楽しみを彼女から習い、身につけてくれたことが、オクタヴィアには嬉しかった。
 1875年、オクタヴィアは、スイスコテージフィールズが開発される予定で、建設計画が作られつつあると聞いて呆然とした。彼女はその土地を守るために急遽立ち上がった。ロンドンに近いオープンスペースで、それを失うと聞いて彼女が行動にかきたてられる場所は、ここ以上になかった。それは彼女の野原だったのだ。子ども時代に頻繁に訪れ、樹や花への親しみを初めて知った場所であった。そのうえそこはメリルボーンにもっとも近く、したがって借家人たちがもっとも容易に行けるオープンスペースだった。彼らとその他の何百人もの人たちが自由に出入りし、とても気にいっている場所だということをオクタヴィアは知っていた。この野原を開発から救い、公共のレクリエーショングランドとして確保するために、急いで彼女は協力してくれる有力者を集めた。共有地保全協会(the Commons Preservation Society) が、かねてからオープンスペース確保のために真剣に努力していたので、彼女は助けを求めた。この協会はショー・ルフィーヴァー氏(後のエヴァズリー卿)を会長に、1865年に生まれた。1866年の首都圏共有地法(the Metropolitan Commons Act)の議会通過に大きな力を振るい、この協会の弁護士ロバート・ハンターの指揮する一連の訴訟によって、ウィンブルドンおよびウォンズワースの共有地、ハムステッドにあるヒースの茂る原野、プラムステッドにある共有地、エッピングの森を公衆のために確保した。このロバート・ハンターが喜んで彼の経験のすべてをオクタヴィアのために提供した。そして二人は協力する友人となった。彼女は協会の役員となり生涯この協会の熱烈な支持者であった。教会内にも協力者を見つけることができた。大聖堂主任司祭スタンリー師はただちにオクタヴィアを支持し、メリルボーンのセントジェームズ教会区の司祭ホーイス氏は当時かなりの影響力を持つ人であったが、この運動に熱意を持って飛び込んだ。開発請負人は工事の一時停止に同意したので、このフィールズを買い取るために資金を集める委員会が作られた。

(訳注 スイスコテージフィールズ ― the Swiss Cottage Fields, フィンチリーとロンドンの中間、ハムステッドヒースの南側の一帯は、当時自然景勝地だったが、1840年フィンチリー大通 りに開業した‘スイスコテージ’という山小屋風の有名なパブからこう呼ばれていた。このパブは現在も営業している。)

 必要な額は10,000ギニーで、これを短期間に集めるのは極度に難しいとオクタヴィアは予想した。それまで彼女は醵金を求めたことがなく、それを嫌っていた。従来の彼女の諸計画に要した資金は、とくに求めずに集まった金であった。したがって彼女が寄附の要請を始めるとなれば、ほんとうに深い嫌悪を克服する必要があった。しかしほかに方法はなく、しかもフィールズは救わなくてはならなかった。「共同住宅の人たちを連れていったときに、あの野原で幾百人の人を見ました。その人たちに空気と日光と美を確保するために、私はほかのロンドン市民を、この運動に向けて励ますだけの覚悟ができたような気がします」このフィールズのためにオクタヴィアは生来の気力を集中し活動した。「ここのところ、一つのことを考え続けています。スイスコテージフィールズです。好きなだけ私を笑ってください」

(訳注 ギニー ― Guineas, 1ポンドは20シリングだが、1ギニーは21シリング。絵画、競走馬、不動産などの取り引きの際に使われた通 過単位。ギニア産の金で作られた金貨から、こうよばれる。10,000ギニーは10,500ポンドになる。植民地主義的ななごりだろうか。1971年の改革で十進法通 貨になった)

 エドワード・ボンド(この運動に置けるオクタヴィアの最大の支持者)とガードナー准将(ヴィクトリア女王の侍従。メリルボーンの救貧委員でもあった。慈善組織協会でオクタヴィアといっしょに働いた。)に助けられて、オクタヴィアは有力者の支援を得ることができた。ガードナー准将は「ウエストミンスター公爵、バーデット・クーツ男爵夫人、リッチ・フィールド卿、地区および県選出の下院議員、そして多数の貴族」に働きかけたのだ。一方、シドニー・コクレルはシティーの有力筋に的を絞った。オクタヴィアは「タイムズ」に投書し、マクミラン社は彼女の論説を8月に公刊した。最初の3週間で9,500ポンドが集まった。しかし、どの募金活動にもあることだが、最後の1,000ポンドが容易でなかった。一般に8月はお金を集める者にとって難しい月である。オクタヴィアは「動きの遅い富裕な人々が落ちつき払ってゆっくりと心を決めるのを待ちながら、少々苛立ちました」もどかしく感じただけでなく、当惑もした。「多分私がお金を非常に大事なものとは思っていないということなのでしょう。私は理解できないのです。現在のそして将来の何百人という人たちへの恩恵(祖国の第一の都市への大きな贈物)となるに違いない土地のためなら、お金を寄附しようという気になる、少なくとも可能性が、誰にも(ロンドンあるいはイングランドに住むどの人にも)あります。それを土地所有者に信じてもらうために、なぜいつも苦労しなくてはならないのか分かりません。あなたは分かりますか」
 8月、友人たちは彼女に休養を強く勧め、彼女は渋々それに応じてグロスター県のデューシー夫人の邸宅へ移った。しかし休息はできなかった。「昨夜ここに着きました。しかしフィールズの件を残してきたのが気になり、泣けるものなら泣きたいです。私たちはうまくやってきました。……しかし休むことになり、フィールズのことも一時中断しなければなりません。この休暇の後で我々がもう一度努力する時間を、フィールズの地主たちが与えてくれるかが問題です」一週間後彼女はこう書いた。「募金はゆっくりですが、一日一日とても着実に増えています。一年のこの時期にしてはとても順調です。しかし地主たちが待ってくれないのではと私たちはとても心配なのです。なぜ彼らはこのように貴重な土地を所有していることを、少しは重く受け止めないのか、そして一般市民のことを全然考慮せずにその土地を使うことに、多少のためらいがないのか、不思議です」彼女の意に反して、地主たちはフィールズの所有者の立場を「重く受け止め」など全然しなかった。彼らの唯一の感情は、新聞、雑誌で寄付金申し込みが着々と増加するのを見て味わった狼狽だった。信じ難かったのである。「決意の固いミス・ヒル」が必要額を実際に確保し、地主たちは開発による大きな利益を逃すことになりそうだった。静観してはいられず、彼らは売っても良いという発言を、突然8月の中旬に撤回した。オクタヴィアの委員会は、一週間以内の支払いを保証すると申し入れたが、無駄だった。彼らは絶対に売らないことにしたのである。そのうちに、彼女が保存のために奮闘したこのフィールズに、フィッツジョンズ通りができた。土地買収の成功が近いと思われたときであっただけに、オクタヴィアの落胆は極めて大きかった。希望を持って懸命に努力してきたので、反動は非常に激しかった。突然深い疲労を覚え、休暇の最後をアイルランドで過ごすことにして、意気消沈の状態で出掛けた。「このところフィールズの失敗で少々気落ちしています。直ちにまた働き始めるのは難しいでしょう」

(訳注 フィッツジョン通り ― Fitz-John's Avenue, フィンチリー大通りの西側、ハムステッドヒースから南下して同大通 りに合流する。この通りの完成で、この地域は新興高級住宅地に発展した。)

 しかしこの気持ちは一時的なものだった。敗北の瞬間でさえ、彼女は支持者が示した優しく広い心を無駄にする必要はなく、またそうしてはならないと思った。土地買取りの資金を寄附した人々のほとんどは、自分の寄附金をそのまま委員会に委ねた。オクタヴィアは休暇から戻ると、その金の最善の使い方を考えることになった。委員会の一致した意見で、決定はオクタヴィアに託されていて、この土地あるいはあの土地はどうかという意見がたくさん彼女に寄せられた。オクタヴィアはせきたてられることを拒んだ。スイスコテージフィールズを保全しようという闘争は彼女が受けて立ったものであり、彼女は自分および自分の借家人たちにとって、その土地は大切だという私的な理由で闘ったのだが、それはもう終わった。その結果彼女は特定の土地でなく、オープンスペース一般に通じる原理に基いてオープンスペースの問題全体を考えるようになった。「私はどこか一つの場所にこだわるつもりはありません。その前に、どこがオープンスペースをもっとも必要としているのかを知るために、広い地域の地図を注意深く作成するつもりです。私の予想としては、スイスコテージフィールズがなくなったいまでは、ロンドン中心部に複数の小さなオープンスペースが欲しいという結論になりそうです。しかしそうならないかもしれません。……オープンスペースを確保するために、私は少しずつ、冷静に、私的な動機を離れて働くことができます」
 市中心部の小さなオープンスペース、すなわち「貧しい人々のための屋外の居間」が彼女の当面の目標となった。貧しい人々が利用できるスペースがないことが、いつも彼女を打ちのめしてきた。コートの中を見ると、「子どもたちが、硬いほてった石の上で座ったり這ったりしているので、どの街角もそれ自体生き物のようにも見えます。コートの中を進もうとすれば、子どもたちを踏んでいきそうな気がします。誰もが、ほかの人の邪魔になっているように見えます」ロンドン市民に「心を癒すスペースという恵み」が、闘わなければ取り戻せないというのはおかしいと彼女は繰り返し思った。「ほとんどの人にとって、それは生得の権利です。足元の大地同様、直接神から受けとったものであり、日光と空気はそれと一組になった贈物です」この生得権を奪われた人々のために彼女はいま四つのものを要求した。「座る場所、遊ぶ場所、散策する場所、終日を過ごす場所」。彼女が失ったスイスコテージフィールズは散策する場所だった。終日を過ごす場所を獲得するための活動を彼女が始めるのは数年後のことである。いま彼女が求めているのは、座る場所と遊ぶ場所だった。
 「屋外の居間」について大切なことは、窮屈な住宅のごく近くにあることだった。大きなスペースである必要はないが、開放感のある場所で、かたよらずに各所にあって、数も多くなければいけない。当時ロンドンはすでに建物が建てこんでいたが、そのようなスペースがほんとうにないわけではなかった。使わなくなった埋葬用の土地、教会敷地内の小さな空き地、そこここの小さな顧みられない土地(柵で囲ってあり、市民は入れない)はあった。オクタヴィアが最初に標的としたのは、埋葬用地である。死者の安息を生者に少々分けてもらおうという考え方に不敬を感じる人々から、ある程度の反対があったが、押し切った。土地を管理している人に、そこを庭にしつらえ、ベンチを置き、そのような場所を必要としている人たちに開放してもらうことに努めた。つぎに彼女は住宅に方形に囲まれた方々の小さな土地(そこを利用するのはすでに充分なスペースを享有する人たちであり、一般の人々は入れない)を羨望のまなざしで見た。少なくとも8月と9月だけでもそれらを開放するように彼女は要請した。バケーションの時期には周囲の住宅は空になり、恵まれた住人たちは田舎で楽しんでいるのだ。オクタヴィアが1875年に行ったこの要請が、夏がくる度に繰り返され、いまにいたるも(1940年)この要請に対してはわずかな応諾しかない事実は深く考えさせられる。
 オクタヴィアは各自治体、シティーの大企業、首都圏建設評議会(the Metropolitan Board of Works)に、オープンスペースを買い取って開放すること、そして、新しい建築計画を作る際は、敷地の一部の公開を織り込むことを求めた。また遊び場を確保するために、夕刻と土曜日の学校の運動場を開放するよう、学校の理事会を説得しようとした。こちらの方がより同意を得にくいと彼女は予測していた。自分の経験から、運動場を活用するには人員が配置される必要があること、つまり誰かが子どもたちを監督し、遊び方を教え、子どもたちに確かな責任を持つ必要があることを知っていたからである。

(訳注 首都圏建設評議会 ― the Metropolitan Board of Works, 1855年、英国政府は首都圏の交通 混雑と衛生施設の改善のためにこの開発事業体を設置した。廃水本管の設置、テムズ川の氾濫防止のための遊歩道のある築堤、エンバンクメントの建設などに取りかかった。)

 彼女の努力は一時はごくわずしか報われなかった。1876年の報告にはこう書かれている。「ロンドンの各所に民衆のための小さな屋外の居間を確保しようと、私たちは今年熱心に努力してきましたが、いままでのところ成功のかけらもありません。対象がなんであれ、これほど心を傾け、時間と考えを費やしながら、これほど結果が現れてこなかったことは過去に一度もありませんでした。私たちは、イーストエンドに並木があって緑と花のスペースがあるブールバード、いわばテムズ河堤通り(embankment)のイーストエンド版を目指して努めました。そこで人々は夏の夕方散策し、空の下に座ってくつろぐ楽しみを得たでしょう。私たちは失敗しました。ドルリーレーンの教会にある空き地に植物を植え、開放してもらおうと交渉していますが、いままでのところほとんど進展がありません。その他のスペースについても管財人自身に動いてもらおうと努力しましたが、彼らからほとんど何もいってきません。イーストエンドのある道に沿って木を植える許可を、地主である貴族から得ようとしましたが、彼はこの件への対応を遅らせています。学校の理事会に運動場を開放してもらおうと試みました。いまのところ駄目です。クエーカー教徒たちに、彼らの使わなくなった埋葬地を貧しい人々の役に立てるため提供してもらおうと努力しました。ほんとうに努力したものです。しかし彼らは、彼らさえもが、2箇所ある内のずっと良いほうの土地に建物を建てることをもう決めてしまいました。もし提供されていたら、いつまでも人々に喜びと休息を与えたに違いない土地ですが、いまは失われました。もう戻ることはないと思います」物悲しい回顧である。オクタヴィアはとりわけクエーカー教徒たちがしたことをいたく悲しんだ。メアリー・ハリスへの友情から、彼女はフレンド会の人々の賢明と寛容に最大の信頼を置くようになっていたのである。フレンド会へオクタヴィアはつぎのように書き送った。「フレンド会の、私が承知している高潔、寛容な性格からして、あなた方はこの問題を庶民の視点から観察し、あなた方が占有するあの土地(あなた方がその地代を払わされたことは一度もありません。あなた方の祖先が、その愛する死者たちに捧げるため高値で購入された土地です)はある意味で委託されたものであり、それを生者を幸福にするという、大きな目的のために使うのは当を得ているとお考えだろうと、想像する瞬間が私にはあります。あの地域とそこに住む貧しい人々に接した経験から、ためらいなく申しますが、住民全体に対して一つの庭が与えられることの方が、少数の人のためにいくつかの住居が用意される
ことよりも彼らを助ける結果になるのです。……最後にお尋ねします。死者たちの中で、今後もいまの墓所に残すという礼遇にふさわしいとあなた方が考えている人々に、現在与えられている小さな土地に関わることです。あなた方は彼らを、その土地を占有させるという形で閉じ込めておくつもりなのですか。もしそうなら、牡蠣の殻、古い鍋や壺、肉屋のごみ屑が彼らの上にもたまっていくでしょうから、お尋ねするのです。多分あなた方は死者たちの半数をすでに移したことで慣れを得て、ジョージ・フォックス(フレンド会の創始者)を移したり、その埋葬地に建物を建てることに、前ほどためらいがないのではありませんか。あなた方が現在大きさを半分にしようとしている二つの家屋の間の小さな空間を、あなた方は埋めてしまうでしょう。挟み込まれた建物は、そこがフレンド会の埋葬地であった痕跡を拭ってしまいます。使われない土地は必ず荒れるものです。あなた方が持ち続ける土地には、樹を植え、花の種を蒔き、ベンチを置き、近所の人々を、休息し新鮮な空気を呼吸できるよう招き入れてください。その庭で少し手入れの仕事をしてもらって良いのです。手入れされている庭は、そうであることが見てわかるでしょう。神聖な場所のように手入れをされていることが見てわかるでしょう」
 この訴えさえも実を結ばなかったとき、彼女はこう気づかざるを得なかった。「ひと様の成すべきことをこちらで考えようとするのは間違いです。なにをすべきかは当人だけが決められるのです」オープンスペースを求める努力は彼女をひどく疲れさせた。一つには彼女があまりにも熱心に成功を願ったからであり、また一つには彼女が取らざるを得なかった方法が、彼女の人間性に合わなかったからであった。それまでの彼女は、すでに個人的に知り合った人々を相手に、自分の要求の妥当性を説いて納得してもらうことによって、目的を遂げてきた。しかしいまは、まったく知らない人々の集団が持つ保守性との闘いだった。「私の活動の友好的性格は薄まり、より闘争的になりました。相手と対立することが、どうしても多くなっています。知り合いとはいえず、そうなる気もない人々と接触することになります」オクタヴィアの心はこの対立に苦しんだ。彼女はいつもほかの人々と対立するのではなく、協力して働いてきたのだ。自分があまりにも闘争的になり、自分とは見解のことなる人々への理解を失うのではないかと心配するようになった。「対立が多くなればなるほど、忍耐だけでなく、優しさもまた必要であることにつくづく思わずにはいられません。水の上にパンを投げた(訳注 報われることをあてにしないで良いことをするの意)なら、投げたものは間違いなくパンであったことを確かめなくてはいけないのです。仲間に投げたのは硬い石ではなく、彼の食べるパンであること(彼は気づかないのですが)を確かめなくてはなりません」
 オクタヴィアは、家の外でどれほど多くの対立を経験しようとも、我が家では助力と共感を得られるとつねに信じていた。姉ミランダと学校全体がオクタヴィアのすべての企画について彼女を背後から支えた。ミランダは生徒たちがオクタヴィアのしていることに関心を持つよう心を配っていた。そういうわけで、1875年12月、小さなオープンスペースを求める苦闘が、実を結びそうにはなかったにせよ、もっとも激しかった時期に、ミランダは「美を愛する人々」へ語りかける一文を生徒たちの前で読んだ。その中で彼女はバーネット氏の「イーストエンドのあらゆる人々を苦しめている大きな重しは、イーストエンドの貧しさではなく、その醜さだ」ということばを引用し、「美の普及を目指す協会(The Society for Diffusion of Beauty)」と呼ぶべき組織を発足させようと呼び掛けた。それは慎ましやかで、家庭的なものになるはずであった。「私は、貧しい地区を美しくするために、これまでに成されたことと、これから成すべきことをできるだけ調べて、毎月行われた工事と、必要な工事についての簡単な報告を協会のメンバーに送るつもりです」彼女は報告の購読を求めてはいなかった。協会の加入者がこの問題への関心を明らかにしてくれることだけを求めていた。
 オクタヴィアはミランダの文章と計画を喜び、その文章を印刷させて、個人的に配布した。それが熱烈な反応で迎えられたので、彼女はミランダを説得して国民健康協会(the National Health Society)の集まりで発表させた。「会場はほんとうに満員でした。ミランダの意見は聴衆の心に豊かな実を結ぶと予想されました。そういう聴衆でした」この会合からカール協会(the Kyrle Society)が発足した。カールという名は、ポープが描いた「ロスの人」ジョン・カール(Alexander Popeの“Moral Essays"にでてくる)に因んでいる。彼は、収入は乏しかったが、生まれた町の通りの美化に努め、町をより好ましく快適にした人であった。協会へは寄付金が押し寄せた、オクタヴィアが経理係となり、ミランダは主席幹事を続けた。協会の目的はミランダが初めに考えた通り「美の普及」で、それはオクタヴィアも大事なこととつねに思っていた活動だった。協会は、貧しい家庭に配る花を集める仕事、各所の小庭園に植物を植える仕事、貧しい教区に娯楽を提供する仕事を引き受けた。また、協会が合唱隊を組織し、貧しい教区の礼拝に歌を提供した。歌唱クラスを教えるボランティアも協会は用意した。協会のもう一つの仕事は学校の教室、市民のためのクラブ室、あるいは教会などのあらゆる種類の壁面を飾ることであった。また、教会のメンバーは鏡板を張り、聖書を飾彩し、「腕木に彫刻した」これらの装飾の多くは現代人には不快に感じられるといって良いだろう。しかしオクタヴィアはそれに非常に深い関心を寄せ、ごく真面目にそれを受けとめていた。また彼女は人々を美しいことばになじませるのは良いことだと信じ、人々の目にかならず入る場所に格言を掲げることに真実意義があると思っていた。この種のことばを使った装飾で、彼女がこの上なく気に入った一例があって、それはフレッシュウォータープレースのコートの各家屋の正面に施したものだった。オクタヴィアが選んだことばは「どの家もそれを作るのは人。しかし万物を作り給うのは神」で、彼女は「このことばをきれいな色を使って掲げましょう。色の鮮やかさだけでもすでに見る人を楽しくさせるように。そしてタイルを使いましょう。タイルなら、雨がつねに汚れを洗い、美しさを保ってくれます」」と要望した。残念ながらロンドンのすす混じりの雨はタイルの汚れを流すことができなかった。オクタヴィアはド・モーガン(William De Morgan 1839-1917イギリスのステンドグラスおよび陶器の製作者)のタイルを使うことに決め、親しい友人たちに各文字のタイルの寄贈者になるよう頼んだ。喜々として、念入りに構図から仕上げまでを考え、どの文字あるいは単語をどの寄贈者に割り振るかをとても熱心に話し合った。でき上がりに彼女は満足した。そしてラスキンも気に入ると確信した。彼は「人々にその建物を好ましく思わせる、半永久的な装飾、つまり建物の外側を飾り、公衆に喜びをもたらす装飾を重んじよと教えた」からである。オクタヴィアのラスキンへの関わり方には、どこか一生懸命な子どもを思わせるところがあり、彼女は終生彼の弟子であった。壁面の空所を飾っているのを見たいと彼女が思うことばは、ほかにもあった。キングズリーの「行いは高潔であれ」ということばをウォータールー駅近くの壁に掲げようと彼女は提案した。これは現代人なら良い印象を受けるはずのない種類の装飾である。しかしオクタヴィアの時代のロンドンの街は今日想像し難いほどに、暗くもの寂しかったことを忘れてはならない。現代の広告を非難していうべきことはたくさんあるが、ポスターとネオンサインが街に華やかさと色彩をもたらしていることは誰も否定できない。もしポスターとネオンがなくなったら、我々は、説教がましい引用句の広告でも、それが十分に美しい色彩で制作されていれば歓迎するかもしれない。
 カール協会には特にオープンスペースを扱う小委員会ができて、一年とたたぬうちにかなりの実績を上げた。「ドゥルリーレーンの教会の土地は、樹が植えられ、一般に開放されました。セントジョンズウォータールーロードもそうなりました。……セントジャイルズ教会の広大な土地はセブンダイアルズまで続いています。丈高く伸びた草と風に揺れる葉の茂った樹々が自然のままに放置されていますが、そのまま何も手を加えなくても、人々は見るだけでも緑を充分味わうことができるでしょう。現在それを隠している大きな塀がもっと低くなり、打ち捨てられたように見える荒れた墓と苔むした敷石が掃除され、草地の中にきれいな花壇が設けられると良いのですが。もしもあの大きな門が開かれれば、あの土地は周囲の住民にとって大きな財産になるでしょう。これは実現されるだろうと私は信じています。というのも、あらゆる方面でこの問題は関心を呼び起こしているらしいのです。樹を植えた上で開放される見込みといわれる教会墓地がつぎつぎとでてきています。学校の理事会は運動場を子どもたちにウィークデーの放課後と土曜日は開放する計画を立てました」
 この空き地、あの空き地とひとつひとつ確保するために奮闘する一方で、オクタヴィアは、すべての共有地とオープンスペースの自由使用という、より一般的な問題を忘れたことはなかった。「この国が直面している問題(その重大さをいくつかの重要な決定が行われる前に、私たちが知っておくのは良いことです)は、どんな私権とも衝突せずに、公共の利益のために保存できる土地が、このイングランドにまだあるかどうかということです。……私たちは一国の民として、花壇をいったい持てるのでしょうか。私たちにその余裕があるのでしょうか。あるいはビートとキャベツの畑だけなのでしょうか。いい替えればこの国の端から端までのすべての土地は、一般民衆にとっては、小麦を作るか、建物を建てる以外には使えない土地なのですか」オクタヴィアはこの問題はよく理性を働かせて取扱い、答えを出さなければならない、そして共有地や遊歩道が、何かのはずみで、あるいは受託者として行動すべき人たちの怠惰のせいでくすねとられ、貧しい人々が使えなくなることがあってはならないと力説した。一方、彼女は、議会が国の土地について、一般の個人地主が自分の土地を農作地と観賞用の庭園に振り分けるときと同じ気遣いを示すべきだとも強調した。これは特徴的なことだが、オクタヴィアは地主と民衆双方の権利を保護することを強く望んだ。そして保護されるべきは、金銭的に評価される所有権だけではないと主張した……「立ち入り自由で耕作されてなく、誰のものにもなっていないイングランドの土地は、イギリス国民が、国として所有する土地だと考えてはいけません。このことはいっておく必要があります。確かにその土地の多くは世代から世代へ問題なく引き継がれてきましたが、それだからといって、人々はそのようにする権利を獲得済みであるとは限らないのです。こういう状況は、そのような権利には金銭的価値がないから生じているのかも知れません。なぜなら、通行する権利、日照を受ける権利、土地を占有する権利、さらにはこれらの広い土地で放牧し、ハリエニシダを刈り、そして遊ぶ権利でさえ、そういうことが長期間行われてきた場合は、法律による認定の対象であるからです。仮に、自由に歩き回る権利、大地と空の美しさを楽しむ権利がもっと明瞭に所有の一形態と感じられていたなら、これらの権利もまた法的に認められていたでしょう」
 オクタヴィアはこれら物的でない諸価値を過少評価することの危険を説き続けたが、それのみがほんとうに大事なことだと主張する愚は犯さなかった。サールミア湖をマンチェスター市のための貯水湖とする計画には、湖と谷の美しさの価値が考慮されていないと感じたので反対したが、その際彼女は、マンチェスター市にとって何が必要かを判断するときに、美しさの価値にもほかの価値と同じ重さを少なくとも認めようとする判定機関に、計画を提示することを求めたのだった。彼女の思い通りにはならず、サールミア湖は技師たちに委ねられ、マンチェスターは水を確保した。そうならないことを望んだ彼女は間違っていたのかもしれない。しかし、今日のむやみな土地開発、かつて実に美しかった場所に恐ろしいほど激しく増えていくバンガロー、ロンドンとその郊外の凄まじい、無方策な膨脹を見れば、彼女がイングランドの田園に関して何らかの計画を作ろうとしたのは正しかったとわかる。そうでないといえる人はまずいないだろう。  この点でも、ほかの多くの点に関してと同じく、オクタヴィアは彼女の世代のみならず我々の世代にさえ先んじていた。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com