戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第11章
増大する責任


―バレッツコートは依然としてひどい状態にありますが、住民はとても魅力があります。
……私たちは彼らとともに、彼らのために、多くのことができます―
オクタヴィア(38歳) からマシュー・ダヴェンポート・ヒルへの手紙(1876年)


 シドニー・コクレルがこのころのオクタヴィアを描写した文章がある。彼は1871年にベンリッディングにある鉱泉治療施設で彼女に会った。「地味な服装の控え目で小柄なレディー。その顔は、まず見る者の注意を引くが、そこに表れている精神の力と性格の優しさが明らかになるにつれて、ますます魅力を発する。まったく偏見のない明晰な頭脳を持ち、強い精神力と活力を備えた婦人であり、しかもこの人以上に穏やかで女らしい女性は考えられない。よく打ち解け、思いやりがある。したがって、この治療施設で、もっとも魅力のある、楽しい相手である」彼女が生む印象と、彼が彼女を理解していく各段階を知るのは興味深い。最初表面的にふと見た姿はどちらかといえば印象が薄かった。ただその印象の薄さを顔の魅力が埋め合わせた。彼はそこから発せられる力とエネルギーをすぐに認めた。そしてつぎには、この人を友人とし、親しく交わることに心からの喜びを持つにいたっている。
 「地味な服装の控え目で小柄なレディー」という記述はオクタヴィアとは非常に異なる誰かを想像させる。というのも、実際には、彼女の背丈の低さは、普通ではない印象を与えるのがつねであったからだ。骨細くなく、その逆で、たっぷりとした身体つきだった。背の割に肩幅が広く、頭部は大きかった。幅広い額は精神の強さを印象づけ、それが彼女の落ちつきからくる威厳によって強調されていた。今日残っている肖像画では、小柄というよりはむしろ大柄な婦人を感じさせる。顔立ちは上品で、大きな目は共感や怒りに燃え輝いていた。感じやすく、表情に富む顔には、彼女の感情がはっきりと読み取れた。悲しみにも喜びにもすぐに深く揺り動かされる性質だった。友人に関わるすべてのことに実に熱く心を動かした。ときとして彼女の肉体に激しく作用したのは、この感じることの深さであった。オクタヴィアが控え目であったとすればそれは彼女がわざと舞台の中央を避け、後方に下がっていたということである。名を売ったり、知られたりすることがとにかく嫌いだった。それはコクレルが讃えた彼女の女性らしさの一部である。彼女は彼女の出会ったたいがいの男性よりも実際は有能だった。すでにその力量を証明しており、それを信じないわけではなかった。しかし、まったくのヴィクトリア時代の人らしく彼女は、画面の中央は男性のためのものであり、男は支配し、責任を持たなくてはいけない、どの家庭でも法を彼が定めなくてはいけない、そして女性は後ろで働き、彼の権威を受け入れるのが役目なのだと考え、疑うことがなかった。したがって、男女が同席する場では目立たぬように振る舞い、教え導くよりは観察し耳を傾けるのが、彼女にとっては自然なことだった。そして楽しいことでもあった。彼女にはほかの人々への飽くことのない関心が有り、まったく知らない人々にも興味を持った。「昨日列車の中にいた人たちは非常に面白かった。一人で旅をすると一層多くのことを聞くものです。隅に座っていると、人々はそんな人間はいないかのように話し続けます」あるいは多少は知り合いであるにせよ、その人の世界が彼女のそれとは遠く離れている人々に対しても、同じだった。「二人の人たちの間へ入ると、私は異界からきた別の生物のようです。しかし世界がこれほど違う人たちであってさえも、彼らを見て、その話を聴くことは私の幅を広げてくれます」
 聴くことが許されている限り彼女は聞き手だったが、彼女に出会った聡明な人々はすぐに、彼女は、みなが聴く価値が充分にあることをたくさん語れる人なのだと気づいた。会話に引き入れられるとオクタヴィアは関心のある話題である限り(関心は広範囲に及んでいた)、のびのびと、自分を意識せずに話した。しかし世間話に引き込まれるのはあまり好まなかった。月並みな交際を恐れた。「彼にはやや月並みなところがあり、その分私を不安にさせます」軽いつきあいの無駄話が上手になる時間も、そうなろうという気持ちもまったくなしに彼女は生きてきた。世間の慣習を見下す気取りとは遠く距離を置いていた(実際彼女は行いが正常、穏当な人間でありたいとつねに思っていた)けれども、とにかく型にはまらない人間であった。新しい独創的な見方で物事を見て、見たものに対して、自分自身の反応を立ち止まってよく考えることを忘れるほどに、強い興味を抱いた。
 よくオクタヴィアは似合わない服を着ていた。美しい容姿を生かすことにもっと喜びを持てばよいのにと残念がる友人は多かった。母親から受けた躾にも多少原因があった。身を飾ることへの興味には水を差す、というのが母親の方針の中にあったからだ。ミランダはこう書き残している。「それで私の場合、身なりへの気配りはすべて後から覚えました。オクタヴィアはそれをしませんでした。だからといって彼女はたとえ身なりのことを考える時間があったとしても、上手に装うことはできなかったろうとはいえないのです。彼女には判断力も審美眼もありました。美しいよく似合う装いをしたいという欲求さえあったのです。しかし生活はあまりに慌ただしく、より重要な問題が押し寄せてしまいました。それですから、もし彼女がなかなかの装いをしているとしたら、実は友人たちが、身なりのことは放っておいてほかのことに取り掛かろうとする彼女を押さえて、手を掛けてくれたのです。母は自分の犯した過ちを幾度も悔いていました。女性はこざっぱりと上手に装うことをほんとうは早くに教えられるべきなのです。そうすれば手際のよさが身につきますから、ほとんど機械的に、大切な時間を使うことなく、上手な装いができます」概していえば、オクタヴィアは自分の服装がおかしいことを気にしていなかった。気づいてもいなかったのではないだろうか。ただし思いがけなく不安になることがときにあった。ある日彼女はデューシー夫人宅の昼食に招かれていた。午前中ひどい雨の中をコートからコートへと歩き回って、レインコートからは滴が流れ落ち、オーバーシューズもひどい状態だった。突然昼食会が彼女を待っていること、帰宅して着替える時間がないこと、そして一番これが問題なのだが、デューシー夫人の家のドアで迎えるのは、怖い執事に違いないことに気づいてぞっとした。少しの間気を落としてしまった。執事は、裏口へ行けというか追い払おうとさえするだろうから、客だと説明しなければならなくなり、向こうもこちらも恥をかく、きっとそうなると予想された。ところが、こんなときこそ彼女の勇気と機知が力を発揮した。夫人宅の玄関の鐘を鳴らすと勢いよくドアが開いた。オクタヴィアは執事が彼女の様子に気づくまもないうちに中に入り、足を上げて「オーバーシューズを取って頂戴」と高飛車に出た。彼女が客であることが十分に了解され、その場を切り抜けることができた。
 シドニー・コクレルがオクタヴィアの新しい友人になり、さらにワーカーとして協力するようになっていた。1871年にベンリッディングで知り合ってから、その仲は急速に熟して、彼の家族全員にまでおよぶ厚い友情が育ったのだ。彼は1877年の早すぎた死に至るまで献身的にオクタヴィアとともに働いた。そして息子のシドニーは成長するとその仕事を引き継いだ。オクタヴィアはシドニーの娘オリーヴの名づけ親となり、家族の誰にも信頼される友人、そして助言者となった。そして彼女は自分を惹きつける多くのものを彼に見出だした。鋭敏な知性、ためらいのない同情心、そして判断の確かさ(彼女はそれに頼るようになっていた)である。男性が彼女のためにできることはたくさんあった。周囲の事情がオクタヴィアに「家族の中の男」であることを強いたが、それは決して彼女の性分に合うものではなかった。シドニーに自分の本について意見を聞き、アシスタントワーカーたちのかかえる難問題を相談するのは楽しかった。シドニーも彼女に、帳簿を整理して、貸借対照表をまとめる最も容易確実な方法を教えるのは楽しかった。帳簿類を点検し、事業の財政とさらにオクタヴィア個人の投資についても助言するために、シティーから帰る途中で立ち寄るのが彼の習慣になった。
 ほかにも話し合うべきことがあった。バレッツコートは初めから非常に手のかかる共同住宅だった。ウィッグモア街のほぼ中央、現在家具店がある場所に建っていたが、彼女が管理することになったころは、大層ひどい状態にあった。不潔で、荒廃し、入居者は非常に貧しく、荒々しいタイプの人たちだった。後に改築されてセントクリストファーズ・ビルディングズとなるのだが、この当時、とうてい改築を見込めず、そして借家人たちは扱いにくかった。ただしこういう状況はオクタヴィアがとくに新しく経験するものではなかったから、彼女はすぐに仕事を開始した。女性のための協会(Women and Girls' Institute)を開設し、いつも彼女のおこなう改善を導入した。しかし今度の場合はコクレルとの友情が新しい可能性を開いた。これまで彼女の周囲には男性のためのクラブと取り組めるワーカーがいなかったが、今度はそのクラブが実現できそうになったのだ。早速二人は計画を立てた。コクレルが法定弁護士のエドワード・ボンドという友人に手伝いにくることを頼み、オクタヴィアがコートの一室を提供して、そのクラブは始められた。最初から順調であった。男たちは、クラブの自主管理を勧められて、自分たちで規則を作り、入会金を定め、どんな活動をするかを決めた。ときどきオクタヴィアは少し心配になった。「男性のみなさん、私はあなたたちが帰った後のクラブ室の整頓が悪いことでかなり不安になっています。あなた方は、悪いことはおきないようにする見通しはあるに違いないと私は思っています。この前の月曜日には女性も入って12時半まで踊ったと聞いています。これが事実だとはいい切れないし、何か害があったとは聞いていません。しかしこれは、前もっての連絡と、しかるべき監督なしにしてはいけないと誰もが思う事柄でしょう。この件についてはよく考えてくださいませんか」しかしこの種の不安が彼女に重くのしかかることはなかった。彼女はコクレルを信頼しきっており、彼とクラブの男たちの間に良好な関係が育っていくのを見て嬉しく思っていた。「あなたはあのクラブでご自分の影響がどれ程大きいかほとんどご存じないと、ときどき私は思います」と彼女は彼に感謝をこめて書き送った。
 クラブの人気がさらに高まると、オクタヴィアの借家人のほかに近くに住む男たちも入会を許されたが、入会金が上り、オクタヴィアは少し残念だった。「入会金が上るのを少々残念に思わずにはいられません。それはしだいにクラブの性格を変えるでしょう。しかし、もしかすると、良いものはどれも、それを初めから構成している人々とともに向上していき、取り残された人々の欲求に応じる新しい組織が生まれ、それがまた向上する経過がおきて、ついには全体が持ち上げられるのかも知れません。これについてはあなた方が私よりもよく知っておいでと思います。私は恐れることなくこの件をあなた方に委ねます」しかしオクタヴィアはクラブのあらゆることを、快く男たちの自由裁量に任せていたが、クラブ室に関する自分の権利はしっかりと守っていた。彼女はクラブ室の賃貸料を請求しなかったが、自分はバレッツコートの管理人であり、所有者でないから所有者に賃貸料を払う必要があると考え、寄付のための基金からそれを出していた。学務委員会は余分に生徒を受け入れようとして、クラブ室を1日に数時間貸借することを考えた。そしてオクタヴィア、は委員会の申し出がクラブによって検討される予定だと知らされ、「そのうちにご意見を聞くためにあなたに委員会の提案が届けられるでしょう」と告げられた。彼女にとってこれはまったく意外なことだったので、彼女はコクレルに手紙を出した。「きっとあなたはクラブが検討するというのは正しい手続きではなく、学務委員会の提案がクラブに届いたら、そのままただちにオクタヴィアに渡さなくてはいけないとすぐに判断してくださると思います。決定権は完全に私にあることを、クラブ員たちには最初から分かっていてもらいたいものです。ことによるとみなさんは学務委員会から受け取る賃貸料でクラブの資金が増えると考えたのではと、ふと思います。ご存じの通り、そうはなり得ません」オクタヴィアにとってこれは、賃貸料が入れば事業に使える資金が増えるというだけのことではなかった。そういうことは問題の重要な部分でさえなかった。それよりもはるかに大切なのは、クラブ員たちがクラブ室は自分たちのものではないと認識することだった。元来賃貸料なしの部屋は有り得ないのだからクラブ室も、確かにクラブに対して支払い請求は来ていないけれども、実は賃貸料が支払われている部屋なのだと認識することだった。
 コクレルがオクタヴィアの大きな苦労を取り除いたもう一つの例は、借家人たちに娯楽を与えることに関わっていた。借家人の数が増えるにつれてそれはより骨の折れる仕事になっていた。「10月から3月まで、毎週一回、娯楽の夕べを催していますが、それでもようやく借家人一人当たり一晩の楽しみを提供するに過ぎません。そこで私は少なくとも一度は借家人と顔を合わせることができるわけですが、若い人たちに健康な楽しみを十分に与えることになっていません」ここでいわれている程度の催しでさえ、オクタヴィアには大きな負担だった。なぜなら彼女は、誰もかれもみないっしょにして、今日のいい方にすれば「ティーファイト」(tea partyの俗語)に相当するパーティーで済ませてしまうことはしなかったからである。それでは満足できなかったのだ。彼女のパーティーは人数が少なく、ほんとうに個人的な交流があるもの、いい換えれば友人に会う機会でなくてはならなかった。ティーパーティーーへのオクタヴィアの最良の貢献は彼女自身が楽しむことだったが、パーティーーを準備する仕事を彼女に代わってくれる人がいると、ずっとよく楽しむことができた。何か余興を提供するのが習慣になっていた彼女には才能のある友人が多く、みな喜んでやってきて演じたり歌ったりした。しかしこの余興への最高の協力者はマクドナルド一家であったろう。才能豊かな家族でアマチュア演劇公演でよく知られた人たちだった。どれも楽しいパーティーであった。オクタヴィアは借家人たちが喜ぶのを見ながら、労働者階級に提供される娯楽が世の中に乏しいことが気になった。「どうしたら娯楽を自立させ、しかも純粋、良質に保てるかが問題です」この問題の解決は彼女の仕事ではなかったが、それでも彼女は小さな実験を行った。「私は一連の有料公演をバレッツコートでおこなうことにしました。毎週土曜が公演日です。昨晩のマクドナルド一家による素敵な劇でシーズンが始まりました。会場は人が溢れるほどでした。次回はミセス・ベーリスとその友人たちのオペレッタです」現代の娯楽産業はオクタヴィアの欲した「純粋・良質」に背を向けて、娯楽の見事な経済的自立だけを達成した。しかし「自立」と「純粋・良質」の両方をオールドヴィックにおいてほぼ実現したのが、ミセス・ベーリスの娘である。
 このようにたくさんのことを考えまた行いながら、なおその上にオクタヴィアが執筆の時間を見つけていたのは驚くべきことである。子どものころからよく手紙を書いた。日々自分がしていることや考えていることを何もかもひたむきに語る手紙を、多くの友人にさかんに送っていた。もっとも忙しいときでさえ、この習慣を失わなかった。彼女は易々と明らかに楽しんで書いており、それは読む者に伝わった。同じように読みやすい文体が、彼女の公刊された最初の記事の特徴にもなっている。ギルドで玩具を作る少女たちの生活を伝えたもので、1856年の『ハウスホールドワーズ』に掲載された。10年後、住宅供給に関する彼女の最初の評論が『フォートナイトリーレヴュー』に載り、大きな関心を呼んだ。一般の人たちもロンドン社会の諸悪にすでに気づき、心をいためていた。事実を直接知っている筆者、迫真の共感を持った筆致、そして建設的な改善策はすぐに高い評価を受けた。そしてより堅い雑誌が喜んで彼女の評論を受けいれた。オクタヴィアは書くことが嬉しかった。昔の予言者たちのように彼女は伝えるべきメッセージがあり、雑誌に書く評論はほかの方法では彼女が近づけない公衆に届くのである。その上、執筆作業には疲労を感じなかった。自分の書こうとしている事柄に精通し、住宅問題についてでも、貧困者救援についてでも自分のいいたいことが正確に分かっていたから、説得力を持って素早く書くことができた。雑誌に載せた評論のうちの5篇が、1875年に米国で一冊の本にまとめられ、『ロンドンの貧困者の住居(Homes of the London Poor)』という書名で刊行された。そして後にヘッセンのアリス公女によりドイツ語に翻訳された。公女は以前からオクタヴィアの仕事に関心を持ち、早くも1866年にコートの一つを訪れている。このようにして住宅問題の各要素が広く知られることになり、思慮ある市民たちは市当局に、より高い水準の公共サービスを要求し始めた。
 1874年に、皮肉なことにオクタヴィアは自分の書いた評論で禍を招いてしまう。バレッツコートの管理を始めたころに彼女はコートのありのままを記事にしたことがあった。そして74年になって、メリルボーン市民の一人がそのようにひどい状況が身近に存在することに怒って、地域の保健所長にオクタヴィアの記事を示し、そのような悪しき事態を放置してきたのは職務怠慢だとあからさまに所長を非難した。保健所長の反応は、あるいは当然の反応なのかもしれないが、不穏当なことは確かだった。彼はバレッツコートの全家屋を取り壊すよう直ちに命令したのだ。オクタヴィアがコートを管理し始めてから月日が経っており、その間彼女はそれを住むに適した状態にしようと熱心に努めてきたので、問題となる状況はもうほとんどなくなっていた。保健所長は命令を出す前にこの事実を考慮すべきだったのである。これほど乱暴な、これほど明らかに不当な命令が実行されるわけもなく、それは撤回された。しかし教会区委員たちは保健所長を支持した。彼らはオクタヴィアの住居管理に痛烈な攻撃を開始し、幾棟かの取り壊しと、幾棟かの抜本的改修を求める報告書を出した。オクタヴィアはこの攻撃に深く悩んだ。当の家屋が完全な状態でないことは承知しているし、求められている改修の一部について、借家人がいまだ同意していないことも知っていた。しかしそれらの家屋が良くなってきていること、借家人たちに正しい心構えを生むことに成功し始めていることも分かっていた。攻撃されることでコートの平穏が乱されることが恐ろしかった。
 地域に呼び覚まされた悪感情は激しかった。オクタヴィアは、助けてくれる人たちと力を合わせて、世間に知られも褒められもせず、静かに仕事をすることだけを願っていたのに、気がつくと激しい論争の中心にいた。この論争は彼女と彼女が援助しようとしている人たちとの関係を悪化させかねなかった。社会改良の促進を任務とする人たちから向けられた敵意にオクタヴィアは傷つき、困惑した。
 「オクタヴィアはバレッツコートの借家人の集会を呼び掛けました。どうしたら彼らはもっと整理整頓ができるようになるか、表玄関のドアの開けっ放しをやめられるか等々について話し合うためです。みなを集めることについて彼女はとてもすまなく思っています。しかし教会区委員たちからの今回の批判がおきる前にこの集会を決めていたのです。彼女は借家人たちが今度のことで非常に腹を立てるのではないかと恐れています。私は彼女が落胆して戻るのではと恐れています。この集会に彼女は極めて大きな不安を持った。自然彼女はコクレルに支援を求めた。「当日私を助けてくださるよう、あなたの再考を心からお願いします。私は自分の望んでいることがよく分かっています。それをボンドさんよりもあなたの方が上手にできるということ、だからあなたに出席して頂く方が具合が良いだろうということもよく分かっているのです。もしあなたがお困りになるなら、私たちは集会であなたを議長とは呼びません。……出席してくださって、して頂かなくてはならぬことが生じたときに、それをしてほしいのです。私たちの望んでいることを誰かができるとしたら、それはあなただと私が信ずる理由は、あなたにいうまでもないことです。ただ私は実際確信しているのです。引き受けてくださいますか」コクレルはもちろん彼女の要望に応じた。集まった借家人たちに事態を説明し、彼らがオクタヴィアの意見に共感するよう導いたのだった。同じ週に保健所長の非難とそれへのオクタヴィアの回答を検討する、教会区委員の会議があり、一つの妥協案が決まった。委員会は保健所長(医師)の報告を受け入れたが、どのような対策をとるかについてはオクタヴィアの意見を求めることを彼に指示したのである。この決定は舞台裏で動いたオクタヴィアの友人たちの努力の結果だった。「教会区委員会の前夜にミスター・ハートは保健所長のW博士に会って、彼の立場がまったく危いことを教え……もし彼が執拗に同じ主張を続けるなら苦境に陥るだけだろうといっておいたのです。そこでW博士は後退しなければと考え、委員会の後にオクタヴィアとハート氏に会って、コートの改善策を協議することに同意しました」
 さしあたり平和が宣言されたわけだが、保健所長は自分の無能が明らかにされたことを簡単に許そうとはしなかった。彼の地位がオクタヴィアの活動を妨害する力を彼に与え、彼の自尊心がそれを喜びと彼に感じさせた。彼女は絶えず嫌がらせを受けなくてはならなかった。彼は些細なことについていくつも命令を出し、バレッツコートに関する報告書をまた提出する予定だと土地の新聞で語り、この家屋やあの家屋を立ち入り禁止にすると脅した。これらの卑劣な嫌がらせはオクタヴィアの気持ちを乱した。彼女は憤慨し、そんな嫌がらせに彼女を悩ませる力があることに一層憤慨した。「それは私に大きな悩みを与えます。思うに私は、嫌がらせに過大に苦しんでしまうのです。もし私が、どうすることが正しいかはっきりと見極め、それを実行し、結果は気にしないと決心できれば、いまよりずっと良いと思いますが、私は問題を繰り返し考えて塞ぎ込んでしまいます」教会区委員たちはオクタヴィアの行動に疑念を抱き続け、何か新しいことを彼女が始めようものならすぐに反対しようとしていた。
 「ウォールマー公爵」という名のパブがバレッツコートのすぐ近くにあり、彼女の判断では、コートに非常な悪影響を与えていた。その店の営業許可を更新する時期がきたときに、オクタヴィアは一部の友人に、その店を買取り、何か非営利的な経営をおこなう試みを考えてもらった。それが難しいと判って、彼女は、選ぶ道は営業許可の更新に反対すること以外にないと判断した。そこで反対に努めると、著しい敵意を呼び起こした。それは個人の自由への干渉であり、労働者を向上させようという余計な老婆心から、労働者の一杯のビールを奪うものだと受け取られたのだ。オクタヴィアはその人たちに理を説いて納得を得ようとした。コートの借家人の多くは、このころになると、彼女を信頼し彼女の判断を受け入れるようになっていた。また、たとえその店がなくなっても、たやすく行ける距離にほかのパブがいくつかあるので安心もしていた。オクタヴィアは「ウォルマー公爵」が営業許可を得ていることに異議があるのではなく、このパブがまったく恥ずべき営業ぶりで、明らかに害をなしていることが許せなかった。彼女は禁酒を唱える者としてではなく、我が家の近くから悪弊を取り除きたいと願う普通の市民として、この問題に取り組んだ。もしもよりまともな営業がこの店で実現できていたら、彼女はパブの改革の問題全体を考える方向にいったかもしれない。それができなかったので、営業許可の更新を防ぐことに彼女は努力を集中したのだった。苦闘の後、目的は達成された。「パブの審理は終わり、私たちは見事に、決定的に勝ちました。いまはそのことを深く感謝しています。しかし、あの人たちの考え方はとてもひどいもので、私たちの活動の将来が心配になります。50人の教会区委員と150人の地方税納税者が営業許可の更新に賛成の署名をしました。数名の教会区委員は出頭して店のための証言しました。J.H.卿は激怒していくつかのことで私を困らせようとしましたが、それらは私にはなんでもありませんでした。しかしこうしたことは私たちの将来の苦難を予告するばかりです。それでも、がっかりしたということはできません。和解と気遣いによって平和が得られる見込みがあった間は、私は不安で一杯でした。しかしいま、私たちは回り道せずに前へ進み続けなくてはなりません」
 オクタヴィアが「職人住宅法案」に関係したのは、ある選出された人たちの団体の愚かしい妨害と戦っている最中であった。この法案は労働者階級の住宅に対して保健所長と地方議会が持つ権力と権威を強めるものだった。オクタヴィアは官僚重視を大層嫌ったが、労働者階級の住宅の家主の力はどうしても大きいので、それは公権力によって規制されて当然だと思っていた。愚かしく無知な教会区委員会に以前からいまにいたるまで苦しめられているという事実も、この判断を変えさせなかった。彼女が不幸な経験から引き出した結論は、役人に権力はいらないというのではなく、彼らは権力の聡明な使い方を学ぶべきだというものだった。要するに教会区委員、救貧委員、そしてその他の地方自治体職員の質が極めて重要な問題なのだった。教養ある人物が地域にできる貢献がここにあるのだが、そういう人はこれを見下してしまう例が非常に多く、その結果、全国的でない限られた地域だけに関わる仕事は、教養と見識に問題があるために自分の職務を充分に果たせないような人に委ねられてしまう。しかしオクタヴィアはこういう仕事は国会議員のそれに比べて実質的に、そして民衆に直接関わるという点で、より重要でさえあると考えた。「良き市民であるであること」についての講演で彼女はこう問いかけている。「もし地方行政上のさまざまなことが教養ある人たちの影響下に行われるなら、その地域は非常に大きな利益を得るのではないでしょうか。教会区委員としてのあなた方は、その気にさえなれば、先見性のある事業を支持し腐敗を抑制する側になることができるのです」今日でさえ、地方選挙がその重要性に見合う関心を呼び起こし、多数の有能で、知的な市民が地方行政の問題に関わっているとはいえない。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com