戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第10章
ソーシャルワーカーの教育


―自由な国々では、人は上から指図されません。道具扱いされません―
『ワーカー仲間への手紙』(1874年) より―オクタヴィア 36歳


 オクタヴィアとしては自分の高まっていく声望を喜ぶというよりも不安に感じていた。主賓として招かれたあるディナーパーティーについて、妹エミリーへの手紙で、「このように人を騙そうとしても、私にはわかります」といっている。「誰かが私を非難して追い出してくれればいいのにと思います。自分自身に目を覚まさせるのはとても難しいことです。それをすれば極めて謙虚な人だと完全に勘違いされ、それだけ立派な人間だと決めつけられるのです(私が謙虚なものですか)」にもかかわらず、彼女は非常に幸福だった。「私たちの前に広がる明るい展望の半分もあなたに伝えることができません。長く生きること、多くのワーカー仲間が得られることをただ願っています」
 彼女の能力は当時その頂点にあった。自信を持って苦もなく仕事をこなし、生じてくる問題をひとつひとつ解決していった。難しいことをそうでなくしてしまう確かな手際であった。毎日の活動が楽しかった。母親キャロラインは「娘は蜜蜂のように忙しい」と書いている。「出たり入ったり、出たり入ったり。ほんとうに蜜蜂そっくりです。仕事をしながら幸せそうに何かを小さな声で呟いています。明らかに仕事を楽しんでいます。それも蜜蜂に似ています」オクタヴィアの共同住宅は着実に増加した。さらにそれ以上の増加を引き止めているのは、資金不足ではなくて、管理を受け持つ力のあるワーカーの不足だった。彼女の働きを見た人たちの多くが協力したいと強く願った。デューシー夫人(オクタヴィアはこの人に絵を教えるよう推薦されていた)は住宅供給に深い関心を持つようになり、「バレッツコート」として知られる、ウィグモアストリートの大層ひどいコートを買い取った。そして管理をオクタヴィアに教わった。ウォールマーストリートでのオクタヴィアの試みに協力したミス・スターリングは、そこで見たものに深く心を動かされ、その地区の家屋を、5戸を残してすべて買い取り、それらをオクタヴィアに委ねた。オクタヴィアが資金に不足することも決してなかった。1884年、王立住宅諮問委員会(Royal Commission on Housing)での証言で、オクタヴィアは「資金ができるのを待つために、事業を足踏みさせたことは、初めから一度もありませんでした」と語っている。「私が常時持っているノートには、出資希望者の長いリストがあります。その人たちがいう出資額をただ書き入れてあるだけです。住居管理のできるワーカーが確保されていて、コートがあることを聞いたなら、私はそのリストに目を走らせ、いっしょに仕事をするのにもっとも良いと思える人を選ぶだけなのです。1864年以来、家屋を購入する資金を一日でも待たなくてはならなかったことは一度もありません」
 この種の、投資として提供される資金とは別に、1870年以降、オクタヴィアはかなりの金額を自分が適当と考える目的に使うことができた。その理由の一部は彼女の慈善組織協会での活動にあった。慈善組織協会の方針の賛同者で、資金を贈りたいと思いながらも、きちんとそれを実行する時間も経験もないたくさんの人々が、オクタヴィアに寄付金配分の係となってもらう習慣を作ったのである。1871年以降、彼女は毎年報告書を作り、その中で会計報告を行い、種々の資産の増加と活動の進展を記述し、また将来についての不安、希望、危惧を幾度も語っている。この『ワーカー仲間への手紙(Letters to my Fellow Workers)』は私家版として印刷、配布されたが、興味深い記述に溢れ、彼女の力と影響の急速な伸びを物語っている。彼女が資金を配分する際の原則がそこに明瞭に示されている。「私に委託された資金は非常に明瞭な特徴を持つ二種類の寄付者たちから出ています。一つのグループは、彼らの資金が病気と貧困に苦しむ人々を直接援助するために使われることを切望しています。もう一つのグループは、何らかの大きな運動が難しい段階にあるとき、私がそれを助けて前進させることができるように、私の力を強化したいと思っています」(オクタヴィアは「手紙」の多くに注をつけた。この引用はある注の一部である。)前者の寄付金は共同住宅の住民がみなでおこなう活動(五月祭、田舎への遠足、その他の催し)や、住宅地の草木や花の植栽、クラブ室や教室の図書、暖房などに使ったり、困っている個人または家族へ贈られた。これには自立がもう無理な人々への手当てである場合と、受け取った人たちが遠からず自立するするためにのみそれを役立てるよう、使い方を厳しく限定する場合があった。それを職業訓練、徒弟修行、道具の購入、病後の回復期や休暇などのために使うことは許させたが、その人が誰であろうと、無期限に養うものでは決してなかった。もう一つのグループからの寄付金はオクタヴィアにとってさらに貴重であった。それを使って有望な事業を、それにとって重大な局面で充分な援助を与えて、挫折から救うことができたし、ぜひともしなければならぬことがあると気づけば、それのためにまだ誰もやっていない事業もこの資金によって発足させた。「一つの事業が開始されるときには、その計画が成果を生むとわかるまでは誰も当然ながら応じたがらない出費があるものです」
 1873年には、オクタヴィアの共同住宅はメリルボーンの外へも広がり始めた。いくつかの点で彼女はこれを残念に思った。この事業の中心を自分の家庭に置き、借家人とはすぐ手の届く距離にいて、彼らとの間に親密な家族的感情を維持する、それがオクタヴィアには極めて大切なことだったのだ。それは互いに近くに住んでこそ可能である。しかしこれに関して選択の余地はほとんどなかった。ランベスにある標準的なアパートが彼女に委ねられた。それまで採算が取れていない住宅だった。失敗を成功に変えるという課題を避けることはできなかった。つぎにはホワイトチャペルから声がかかった。フリマントル師の副牧師の一人がサミュエル・バーネットで、後にキャノン・バーネットとして広く、そして深く愛され、大学セツルメント、トインビーホールの設立者となった人であるが、彼は以前その教区でオクタヴィアとともに活動し、彼女のもっとも有能かつ熱心な助手だったヘンリエッタ・ローランドと婚約していた。1873年、ホワイトチャペル地区の聖ユダ教会の助任司祭となり、若い夫婦が、「活動するには、イーストエンドで最悪とはいわないがそれに近い」と当時いわれた地区で素晴らしい仕事を始めたとき、オクタヴィアの心が彼らの方に傾いていったのは当然だった。まったく最初から、彼女は自分に入ってきた資金はどれも聖ユダ教会と分け合った。そして今度は、その教区に「買い取った上で、良い住宅に直したいと私に強く思わせる一区画の家屋」を見つけて購入資金を出し、イーストエンドで借家人を持つことになった。ヘンリエッタ・バーネットは、もちろん住居管理の経験はあったのだが、助けを必要としており、オクタヴィアはすぐに手を打った。「私の新しいアシスタントをイーストへ行かせるつもりです。彼女は長い間私を助けてくれてきた、どのアシスタントと比べても、私にはより助けになりました。彼女がいなくなると私はとても困ることでしょう……喜んで彼女をイーストへ送り出します。あちらの方が遥かに彼女を必要としています。彼女がそこへ行くのは良いことです。そして我々は新しいワーカーを養成しなくてはなりません」
 いまやこれが緊急の課題となった。家屋を共同住宅に使うよう求められても、住居管理ができるワーカーが不足しているために断らなくてはならぬことがよくあった。貧困者に住宅を供給するに際して、成功のすべては建物ではなしに、熟練した管理にかかっているというのがオクタヴィアの考えの核であった。そこでますますアシスタントの教育に打ちこむことになった。それにともなって、借家人に会う機会は減ってしまった。彼女はメアリ・ハリスへの手紙でこう語っている。「あなた方は、貧しい人たちがいまはすっかり私の頭から消えてしまったとお考えではないでしょうか。だが、違うのです。あの人たちのひとりひとりについていま書くことはできません。ほとんど会っていないので、このことをあえて考える勇気を失うことさえあります。エドワーズプレースその他で、あの人たちと顔を合わせる機会がいまはほとんどないという事実が、鋭い痛みとなっているのです。しかし人生の長さも広がりも限られていることは分かっています。貧しいコートの人々と直接顔をあわせてする仕事は、少なくとも当分の間、ほかのワーカーたちに代わってもらうことにしました。大勢の困窮者のために働こうとして、それを選んだのです。この決心は正しかったし、今日でも正しいと思っています。でも、こうしている必要がなくなり、以前私が受け持っていた、小人数の親しく知っている人々のそばへ戻れるときを心待ちにしています」
 彼女とともに働くソーシャルワーカーの養成はオクタヴィアにとって新しい仕事ではなかった。つねに彼女は多くの人の心の中に、ソーシャルワークを始めようという欲求をかきたててきたし、手伝うという人があれば喜んで受けいれてきた。そして当然彼女はその人たちを彼女が与えた仕事ができるように導いたのである。彼女のそばで働きながらその人たちは仕事を習得した。この事業の初期にオクタヴィアは、彼女の学校の年長の少女たちはきっと手伝いたがるに違いないと思ったものだが、実際彼女たちはそうであった。また少女たちのほかにも、手伝いたいという人々をオクタヴィアは受けいれていた。ウォルマー街での試みを始めたころになって初めて彼女はアシスタントを募る努力をする必要を感じた。もちろんこの場合のアシスタントはパートタイムのボランティアであった。ごくわずかな時間しか手伝えない人も中にはいた。しかしオクタヴィアは、どのアシスタントも貧困者たちに対して責任があり、その責任を果たす際には、与えるのと同じだけ得るものがあると信じていた。彼女は協力者が進んで提供する以上のものを強く求めることは決してなかった。「金銭の寄付よりもさらにいっそう時間の寄付が(それは非常に有り難いものですから)寄付する人にとっても喜びであるに違いないと思います。反対に、もしその人が都合の悪いときに無理に協力を求められたときは、喜びはあまりないでしょう」
 ところで、これらパートタイムのワーカーに加えて、フルタイムで働き、コートに対して全面的に責任を持つことができる人を少人数養成する必要が生じた。根本的にはすべてのワーカーの教育は同一であった。誰もが学ばなくてはならなかったのは、住民とのつきあい、どのような状況のもとで人々が生きているかを把握し、その状況を改善する方法を知ることだった。また人々を援助している各種の機関に精通し、「救援委員会(Relief Committees)」「学務委員会(School Board)」「救貧委員会(Guardians)」などの代行者を勤めなければならなかった。共同住宅の借家人たちを担当するものには、賃貸料を徴収し、清掃を監督し、帳簿をつけ、修繕の必要を提示する仕事があった。また責任ある家屋管理しようとする者には、衛生学や貸借に関する法律知識も必要だった。パートタイムのワーカーはフルタイムのワーカーに比べて、学んでおくべきことは明らかに少ないのだが、両者の仕事に対する姿勢に違いが決してあってはならないとオクタヴィアは考えていた。わずかな時間だけ働くパートタイマーにさえ、職業的ワーカーとして訓練されている人たちに劣らず几帳面で緻密であることを望んだ。
 ワーカー育成の仕事にオクタヴィアはいまや本気で取り組んだ。彼女の目標はアシスタントたちを自分から独立させることにあって、それは真の責任を彼女たちに持たせることによってのみ達成されるはずであった。オクタヴィアは共同住宅を細分して、各ワーカーにその人が管理できると考えられる戸数だけを割り当てた。割り当て分に関してそのワーカーは自分で種々の判断、決定を行い、その決定を守り通し、失敗があれば逃げずに正面からそれに立ち向かわなくてはならなかった。オクタヴィアは、厳しく揺るぎない規則を設けようとはしなかった。制度になる可能性のあるものはどれも避けた。それは心を縛るからだ。借家人たちが「個人としてではなく十把一絡げに、血の通った管理によらずに機械的な手段で」扱われることを彼女は恐れた。各ワーカーは、担当するコートや地区では、最高責任者でなくてはならなかった。彼女はこう強く促した。「自分から率先してことに当たりなさい。細かなことでも自分で処理してください。問題があれば自分でよく考えなさい。それができるのはあなたたちだけなのです。あなたたちが我々から十分自立したなら、そのとき初めてあなたたちなり、私たちなりがこの事業を拡張できるのです」
 共同住宅を小さく分けて担当させるやり方は、当初、成功とまではいえなかった。当時上流階級の子女の教育はまだ始まったばかりで、何かに責任を持つ能力や持とうとする意識を育てようとはしていなかった。このことは考慮にいれる必要がある。オクタヴィアは教え子たちに助言する用意はあったが干渉を自制し、前面には出なかった。彼女たちは、失敗することがあっても、それによって学ぶに違いないと信じていた。とはいえ、彼女たちの仕事の対象は人々の暮らしなのだから、オクタヴィアが何もせずにいて彼女たちが学ぶのに任せておくのは易しいことではなかった。「借家人を助けるために、お金を与えることについて、私は彼女に正しいと思う通りになさいといいました。同時に、自分の考えを彼女にしっかりと伝え、結果を注意深く見守るよう強く求めました」進歩は遅かった。1874年の「手紙」でオクタヴィアは「我々のほとんどのコートにいえることことですが……力強い管理と意思が働いているのを……私はまだ見ていません」と嘆いている。しかし彼女は辛抱した。独り立ちに努めることの大切さを、つぎつぎと出す「手紙」の中で力説した。「自由な国々では、人は上から指図されません。道具扱いされません。それぞれ自分の任務に照らして、何をすればもっとも良いかを自分で決めなくてはなりません。これはそういう国に今日生きる場合の原則です」
 オクタヴィアは心配しつつ、厳しく、注意深く見守った。必ず根本方針は伝えたが、詳細に規則を定めることは決してしなかった。偉大な人物特有の謙虚さを持ち、教え子に向けるのと同じ注意深い眼で、自分自身をも見ていた。「メアリー、私が専制的、狭量、横暴、あるいは自己中心的になり、そのためにすべてを台無しにするのではないかとしばしば身が震えます。現在私の持っている力は、すなわちとても厳しい責任でもあります。そして、私のどこが間違っているか、いってくれる人はほとんどいません」専制的になる危険から彼女を救ったのは、各ワーカーの個性に対する彼女の深い敬意だった。各人が現在の事業に対して独自の貢献ができると彼女は信じていて、「どのワーカーもほかのワーカーにとって変わることは決してできないのです」といっている。そして「自分のために働いてくれる人たちに責任を預け、自由に活動させ、彼女たちが自らの理想を持ってそれを実現しようと努力する機会を与えていなければ、彼女たちの感情と知性そして積極的な意思が生み出してくれるものを受け取ることはできない」と十分に承知していた。
 しかし、ワーカーは借家人との個人的関係については独自かつ自由であって良いとするオクタヴィアであったが、仕事の内容に関して彼女が多少でも寛容であったと想像してはならない。帳簿は極めて正確に、インクを使ってつけることが求められ、毎週ノッチンガムプレースで、彼女も同席して、誤りはないか確かめた。万年筆が使われる以前のことである。当時流行の丈の長いスカートのために片手を塞がれているのに、領収書綴りだけではなく小さなインク壺も持って集金に回るのは、生来計算が不得意な人たちにとっては二重の悩みだった。計算のチェックを受ける朝を恐れる者は多かった。ごく小さな誤りでさえ、指摘されずに済んだり、容認されたりすることは全然考えられなかった。下水施設について、給排水工事について、貸借に関する法律について、ワーカーが獲得すべき専門知識が曖昧のままであってはならなかった。住居の汚れや異常にすぐ気づく確かな目も養わなければならなかった。骨の折れる仕事であった。オクタヴィアを知る人なら誰も、彼女の価値の尺度によれば正しい心がもっとも大切とされるはずだと知っていたが、彼女はその正しい心が、より世俗的、実際的な能力の欠落を埋め合わせできるとは決して認めなかった。「もし技術的なこと、つまり住宅の衛生面と金銭面を適確に処理できなければ、正しい心を持っていてもなにもなりません。善かれと思ってする失敗に気をつけなさい。排水設備の管理、階段の掃除、壁天井の塗装、記帳、みなできる限り完全にしてください」彼女特有の目の輝きを見せてオクタヴィアは、ある借家人が「ここの排水はあんたの勲章だね」といって迎えてくれたことをときどき話した。
 徐々にオクタヴィアは教育の成果に気づくようになった。エマ・コンスが、オクタヴィアが願う「完全な責任」を持つことになった最初の人であった。この二人の女性の間の友情はつねにやや荒れ気味だった。どちらも相手を、若い時代に経験を分け合った者だけが持ち得る容赦のない目で正確に見ていた。それぞれ相手の愛情を少しも疑わなかったが、二人が相接していっしょに働こうとすると難しさがあった。エマは原石のままのダイアモンドともいうべき人で、率直であるとともにしばしば不手際で気が利かなかった。オクタヴィアのラスキンへの傾倒には興味がなく、オクタヴィアの芸術方面の努力、そしてコートとその周辺を美しくしようとする試みに理解を持たなかった。オクタヴィアは、住居管理業の自分には重要と思える側面にエマが冷淡なのをつねに意識していた。「美しいものを見るのは、私にはとても嬉しいことです。またそれは関わりを持つすべての人に良い影響を与えると信じています。……ミス・コンスはこういう努力を無駄な骨折りと思うに違いありません。なぜ彼女がそうなのか、いつも私は不思議に思います。彼女は、私を甘やかす気があれば、その種の努力をいつでもしてくれるでしょうが、私がつねにそれを考えているのはひどく気違いじみていると思っています」
 この批評は適切である。エマには他人の気持ちへの敏感さが欠けていた。一方それはオクタヴィアのもっとも重要な才能の一つだった。しかしエマは活気に溢れていて、住居管理の事業に対して彼女独特の貢献ができそうだった。それがわかっていたオクタヴィアは、ドルリーレーンのいくつかのコートをエマの管理に委ねた。彼女は「自分でボランティアのワーカーを集め、自分で各種の教室、クラブ、貯金箱を用意し、自分で帳簿をつけ、事業全体と各ワーカーの実務を監督し、家屋の所有者たちに直接自分で」会った。彼女は素晴らしい成功を収めた。熱心な絶対禁酒主義者だったので、彼女のコートに禁酒組織を作った。オクタヴィアは心からエマの成功を見事だと思った。「エマは私とは違う手法の管理をするだろうと私は予想していましたが、それは悪いことではなく、むしろ良いことだと思いました。……ミス・コンスは理想を持っていたのです。彼女は進んでその理想を、優先させるために、自らを犠牲にしたでしょう。そして彼女自身の人間を、能力を、活動を小さくしてしまったでしょう。そんなことがあっては困ります。……私たちは互いに相手から学ぶべきなのだと私は承知していました」
 他のワーカーたちもしだいにに実力を備えてきて、事業をさらに広げることが可能になった。初めてロンドンの外へ住居管理が広まった土地はリーズ(だった。1874年12月、オクタヴィアはリーズに招かれ、事業家を主とする聴衆に彼女の方法を説明した。出席者の一人はこう述べている。「私はよく覚えていますが、話を聴いたある人たちは、彼女の最初の説明が明快であったばかりか、質問に伸び伸びとした自然さで答える、その回答の明快なことにも驚いたのです。質問は、家屋、衛生管理、修繕、賃貸料滞納の取扱いなどに関連するあらゆる種類の問題についてなされました」すぐに3,000ポンドに達する金が集まり、ミス・マーチンという女性がロンドンへ来て、ノッチンガムプレースで生活しながら土地家屋の管理を学んだ。リーズはオクタヴィアの方式を採用した最初の地方都市となった。1879年にリヴァプールがそれに続き、その次はマンチェスターだった。この動きはオクタヴィアがワーカーを見つけられることが条件であったが、急速に広まり、つぎの10年に、ベルリン、ミュンヘン、スウェーデン、オランダ、ロシア、アメリカにも広まった。
 事業が広がった結果、賃貸料収入の総額は増加したが、それがオクタヴィアを金銭的に楽にすることはなかった。なぜなら、彼女はつねに賃貸料収入の中から集金人が受け取るべき分を別にしておいたけれども、それを自分のものとはしなかったからである。彼女個人の収入は、依然として、学校での仕事、時折の個人教授、新聞や雑誌への寄稿によるものだった。その額は小さかったが、彼女は不足を感じなかった。借金をこの上なく恐れていたので、自分のためにも、またもっとも大切に思う事業計画のためにさえ、現にいま手元にある資金だけを使い、1ペニーといえども借りて使うことはなかった。しかし彼女は非常にわずかな資金で満足できたし、わずかな金銭を非常に上手に使う能力を得意にさえしていた。
 「私自身の貧しいことが、とにかく私の役に立っています。私をより気取りがなく、より精力的にしているのです。人間を増長させかねない力を持つ立場にあっても、質素、謙虚、忍耐を忘れぬようにさせます。また、周囲の人々はたとえ私のしていることを少しも知らなくても、骨の折れることだと思っているので、私としては、私生活でかなりの困難、苦労を経験することは気にいってもいるのです。……とはいえ、自然で、正当と思える成り行きで、私が骨折りや我慢から解放されることが仮にあれば、私はそれを救いと感じて神を讃えるでしょう」
 1874年にその「救い」が彼女を訪れた。非常に「自然かつ正当」と思える成り行きだったから、彼女はそれを拒めなかった。以前から彼女には多くの富裕な資産家の友人ができており、彼らは財政的にオクタヴィアを助けたいと切望したが、彼女は自分自身に贈られる金銭はつねに断ってきた。この友人たちが今度は、彼女の旧友であるウィリアム・シェーンの後押しを得て力を合わせ、彼女に十分な配当収入をもたらすに足る額を投資した。オクタヴィアは手続きがすべて完了するまでこのことをまったく知らなかった。友人たちの心遣いに彼女は深く感動した。これほどの思いやりと愛情に発した贈物を断ることはできなかった。しかし、これが前例となって同様のことがふたたびあるようではいけないという気持ちは固かった。シェーン氏に彼女はこう書き送っている。「この援助をくださったすべての方々のこの上ない優しさと行き届いたご配慮は承知の上で、私はあなたに、これ以上は私のためであれば、1ファージングも受け取らないようお願いしなくてはなりません。優しいご配慮は十分に頂戴しました。ぜひともこれで終りにして頂かなくてはなりません。休暇やあらゆる欲しいもののために支出してもなおお金が余ります。これはほんとうのことです。私が困窮したり、ふたたびお金のために働くことは有り得ません。これほど裕福に感じたことはなく、これまでできるとは夢にも思わなかったことがいまはできます。繰り返しますが、これ以上のご好意は辞退します。私は充分に裕福です」
 生まれて初めて彼女は金銭という荷を負う必要から解放された。この荷を彼女は少女のころは勇敢に、成長するにつれて辛抱強く、中年になってからはしっかりと覚悟して背負ってきた。しかし近ごろその重さが意識されるようになっていた。友人たちのお陰でその重荷が一挙になくなったのである。「私は充分に裕福です」と書いたとき、彼女にはとても深い安堵と感謝があった。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com