戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第9章
慈善組織協会


―富める者と貧しい者がお互に与えるはずの影響が、
どちらにもまったく理解されていないように思います。
与えるのはいつも富める者で、貧しい者は受け取るばかりだと、
私たちの誰もが思いこみ過ぎてきたと思います―
オクタヴィア(16歳) の手紙(1855年)


 イタリアからの帰国に続く数年はオクタヴィアの生涯の中で、もっとも幸福な、もっとも実り多い年月であったかもしれない。望んだ以上に、あるいは予想した以上に、事業はうまくいった。「誰がいったい私のすることを耳にするでしょう」と彼女は疑わしげにラスキンにたずねたことがあったが、その答えは明らかになりつつあった。非常に重くのしかかっていた細々した作業の苦労からある程度解放され、元気を回復すると、オクタヴィアは、彼女の仕事に関連する社会問題を考える時間を得た。それらは借家人たちにも影響している問題であった。
 その一つはすでに差し迫ったものであった。不景気な冬が続き、ついに1867年から68年にかけての冬に異例な困窮が広がったのである。大規模なマンションハウス基金( Mansion House Funds)が集められ、救援物資が盛んに配られたが、労働者階級を少しでも知っている人々は、それが貧困を減らすよりも増大させると感じていた。ロンドンのソーシャルワーカーは、みな知っている人々が急速に窮乏に落ち込んでいくことに心を痛めた。そして1868年「貧困化と犯罪の防止のためのロンドン協会(the London Association for the Prevention of Pauperization and Crime)」のちに「慈善組織協会(the Charity Organization Society, C.O.S.)」(Chronology-in English)」となる団体が設立された。オクタヴィアは当然この協会に関わった。ラスキンは設立者の一人で費用の三分の二を出した。ウィリアム・シェーンも会員となり、協会の弁護士として無給で働いた。オクタヴィアは隣人たちの苦しみにも、さまざまな悪にも無関心でいられなかった。はびこる悪を見ながら、それらをなくすことができると信じていた。

(訳注 マンションハウス ― Mansion House, シティー市長 Lord Mayor の公邸。ここでいう基金はシティーが主体となって募った貧民救済基金である。)

 1869年(オクタヴィア 31歳)、新しい慈善組織協会の会合で彼女は『施しを伴わない貧民救済の重要性』と題する論文を発表した。そこに語られている原則はオクタヴィアの仕事のすべてに通ずるものだった。彼女はすべての人は永遠に存在の意味を持ち、人間の精神は物質的な豊かさよりも重要であると信じていた。今日広く支持されているように、人間は肉体的欲求が満たされてはじめて精神的欲求に注意を向けるという見解をオクタヴィアが知ったなら、神を冒涜する偽りと感じるに違いない。精神が最重要なのだから、当然誰も、自分をより善良、より意思強固、より自立的な人間にするのに役立たない施しは受けとるべきではないということになる。この態度を気難しいとか独善的だとか非難する人はいくらでもいるが、それは違う。オクタヴィアは、富む者は貧しい者を批判すべきであり、援助を「資格のない」人々に与えてはならぬといっているのではない。それどころか、彼女はもっと困難なことを富む人々に求めている。つまり、富む者が「隣人たちとの幸福で自然な交流、相互理解、相互扶助を促進」し、貧しい人々を別の階級と考えず、「自分たちと同じく、なによりもまず夫、妻、息子、娘であり、家族をつくっている人々」として見ることを求めている。このように相手を正しく理解した上で、富む者が貧しいものを自分たちへの依存からできるだけ早く自立させるために金銭を使うことを彼女は求めている。オクタヴィアは一方がつねに与え、他方がつねに受け取るのでは、両者の健全な関係は成立しないと考えた。彼女が求めたことは、金銭を出すよりも遥かに骨の折れることだった。しかしオクタヴィアはそれが可能であることをすでに証明しており、そして世間一般が困窮しているこの時期に、彼女の借家人たちが比較的良い暮らしを保っていることが、彼女の主張を分のあるものにしていた。
 メリルボーンの聖マリア教会の教区司祭はW・フリマントル師(後にリポンの主席司祭となった)だった。彼は教区の人々が急速に元気を失い退廃していくのを深く懸念して、1869年5月に、慈善組織協会の初めての地区委員会を設けた。そしてオクタヴィアに、彼の教区中もっとも貧しい地域であるウォールマー街を引き受け、彼女が述べた原則をそこで実施するよう要請した。オクタヴィアは喜んでその仕事に着手した。重い仕事とは思いながら、それまで借家人たちとの交渉の中で克服してきたものよりも大きな困難が、そこにあろうとは予想していなかった。しかしながらこの教区は施しを受け続けたために完全に退廃していた。それに隣接する地域(そこを訪れ、救済することは彼女の責任の外にあったが)では、古い援助方式、いい替えれば方式の欠如がいまも続いており、だらしない人々が不正な根拠で施された金でうまくやっていくことがいまだに可能だった。自分の担当地域で、オクタヴィアは、石炭支給のチケットと無料食事の供給、そしてあらゆる形の金銭的援助を廃止した。どの貧窮の事例も入念に調査し、援助を与える前にその家族の資産を調べることを強く求めた。援助の代わりに仕事を提供し、その人が仕事をしていない場合は援助もしなかった。これらはひどい反感を招き、気がつくと彼女が助けようとする人たちは、友好的な感情ではなく執拗な敵意を、正面から彼女に向けた。生まれて初めてのことだった。それは彼女の勇気と決意を試す厳しい試練だったが、彼女は動揺しなかった。自分は正しい、ここで折れるのは信頼を裏切ることだと知っていた。最初の年が終わるとき、ほとんど前進がなかったと彼女は感じた。「失望のあふれるばかりの悲しみがまだ重くのしかかっている時期」に行われた活動報告で、彼女は自分が遭遇した悪意と誤解について悲しそうに語っている。それにも拘らず、友人たちの支援を受け、彼女は耐えた。「私が行おうとしていることは、要するに、成人の若干の教育、いい替えれば施しを受けて堕落してしまった人たちの矯正だと自分では思っています」2年目の終わりには状況は著しく改善されていた。彼女はこう報告している。「昨年は、地域の人々一般に誤解と激しい反感のあることを報告しなければなりませんでした。それらでまだ消えずに残っているものがあれば、過少評価するつもりはありません。……しかしそれらの反対側に立つ強い力が今年は確かにありました。前回の報告をまとめていたころの、私に向けられた悪感情を振り返ると、私にはこの変化が非常に鮮明に見えます。……昨年はとても良い交流がありました。我々は互いをよりよく知るようになりました。ときには、とげとげしい空気はまったく消え去ったように思えることがありました」
 ウォールマー街での実験の成功に励まされて、フリマントル師は同じ原則を教区全体に適用することにした。オクタヴィアはそれまでのウォールマー街の担当を続けながら、教区の残る地域のために訪問員を集め始めた。誰を採用するかは非常に重要なことであった。訪問員の仕事は担当する家族と知り合い、ほんとうに親しくなり、その家族の苦難と不安を理解し、彼らに良いことがあれば喜び、要するに、助言を求められ共感を期待される真の友人になることだった。オクタヴィアが求めていたのはパートタイムで働くボランティアのワーカーである。正常な家族生活を営み、自分の家庭で問題と責任を抱え、その所属する社会で勤めと喜びを持っている女性なら、他の人々のそれらも容易に把握、理解できるだろうとオクタヴィアは考えていた。自分が仕事の上でどれほど家族に助けられたかよく分かっていたから、家族の重要さを心の底から信じ、ソーシャルワークのための訓練として家族生活の日々の幸福と焦燥の経験ほど価値のあるものはないと考えていた。
 オクタヴィアはメリルボーンの地区委員会のために熱心に働いた。名目上彼女は多数の地域訪問員の一人にすぎなかったが、現実にはその賢明さと経験がメリルボーンで彼女に独特の位置を与えていた。人々が難しい問題があると彼女を頼りにし、その判断(ときには厳しいと思えることもあったが)を受け入れるのは自然なことだった。彼女は慈善組織協会の審査員になったが、この地位においては、貧窮者に関する、慈善をおこなう組織に関する、そして貧民層に影響を持つ法律に関する彼女の知識と、仲間のワーカーたちと協調する能力とが彼女をかけがえのない人にした。後に、救貧委員たちは、公私を問わずこの教区で施されるすべての援助活動の調整をはかる、いわば連絡将校として彼女を頼った。
 オクタヴィアがメリルボーンでの彼女の方式の成功を喜んだ第一の理由は、それがこの地区の状況が改善されたからだった。それは間違いない。しかし自分の方式の正しさが立証されるのを見た彼女が、必ずほかの地区もこの方式を採用し、ついにはどの地域でも健全な施策による援助が、従来の無計画で退廃を生む施しに取って変わるだろうと思ったことも、もう一つの理由だった。しかしながらその方向への歩みは非常に遅かった。慈善組織協会は厳しい抵抗を受けた。一つには保守性という余計な荷物のせいで協会の動きが鈍く、また一つには慈善に関係する組織への疑念が相手にあることが原因だった。それでもこの協会は、慈善を理性的に選択して自分の方針としているというよりも、慈善に感情的な満足を見出だしている人々の間で少しは知られていたのである。協会を憎む人は多かった。恩恵を施して下層階級の感謝を受けることに優越感を抱く人々、他人の苦しみを考えると気持ちが落ちつかないが、小切手によって安らかな心を買うことのできる人々、そして隣人に対して義務が自分にはあると思い、その義務を現金の支払いによって果たそうと思う人々だった。彼らは、与える側に金銭だけでなく、多少の明晰な思考を求める協会の迷惑な活動に、腹を立てたのである。
 このような抵抗は予想されたところだが、オクタヴィアは、聖職者たちと教区でワーカーとして働く協会関係者たちの支援があるものと信じていた。確かに主教たちは慈善組織協会を歓迎した。オクタヴィアはランベス宮殿やフラム宮殿で、またグロスター主教が催した会合で、そしてロンドン中の教区とブリストルその他の地方都市で、協会を代表して話すように求められた。彼女は説得力に富む講演者で、聴衆の理解をたやすく得ることができた。そしてほとんど反論されなかった。慈善組織協会の委員会は救貧法(Chronology)が適用されるロンドン全教区に、そして一部の地方都市につくられた。しかし実際には大した成果 はあげなかった。聖職者たちもなかなか協力してくれなかった。あるいは自分たちの流儀に凝り固まっていたのかもしれない。そして彼らの教区の人々が外部の組織によって調査されるのを嫌がった。オクタヴィアはこうしたことを貧困者たちのために、そしてより一層教会のためにとても残念に思った。なぜなら世俗の施しとキリスト教の教えが一つに混ざってしまうことを恐れたからである。「キリスト教の教えは……近年世俗的な施しと結びつけられることによって、ひどい損失を被ってきました。それは得たものをはるかに上回っています。施しは、それ自体に備わった価値にしたがって、行われるなり差し控えられるなりすれば良いのです。もし施しが、それは物質的なものですが、受けとる人を物質的に豊かにする性質を備え、宗教とは無関係に役に立つのであれば、行われて良いでしょう。そうでなければ、差し控えられるべきです。どうか、神の絶対の真理に、それ自体の価値以外のものを組み合わせないで下さい……ことばで、行動で、辛抱強く耐えることで、それを伝えてください。神の真理を人々に受け入れさせるために、賄賂を、あるいは賄賂に似たものでさえも、用いてはなりません」

(訳注 ランベス宮殿― Lambeth Palace, 13世紀、バッキンガム宮殿にほど近いテムズ川のほとりに、カンタベリー大主教のために造られた公邸。
フラム宮殿― Fulham Palace, ロンドンの西部フラム地区にあるチューダー様式の邸宅。704年から1973年までロンドン主教の夏場の公邸。現在は博物館として公開されている。)


 オクタヴィアは、互いに離反していく慈善組織協会と各教区を見て落胆していた。聖職者たちは、協会には組織だけで慈善がないとただ不満をいうばかりであり、一方協会は、教会側が感情的で活動の妨げになっているといい返した。双方が相手の提供できるものを見ようともせず、その結果、本来両者の協力に依存していた計画の全体が駄目になってしまった。
 「慈善組織協会が慈善団体に加わることがあってはならない。これはとても大事なことです。なぜなら、団体が増えることは害悪だからです。さらに慈善組織協会は個々の貧困の事例を調査し、援助が適切であるように調整しなければなりませんが、もし慈善団体になればそれが決してできなくなります。しかし慈善組織協会は必要なところには潤沢、賢明な援助を確保し、一方、有害な援助は停止しなければなりません。この二つの目的を達成するために協会は個人の寄付者と援助の執行機関の信頼を得る必要があります。それに加えて、もし協会のおこなう調査が信頼に値し、十分に意味を持ち、相手を傷つけないことを願うなら、教育があり、貧者への深い同情を持つ人たちに調査を監視してもらう必要があります。相手を尊重しなければ、どうしたらその人を助けられるか知ることはできないし、何が彼を苦しめているのか話してもらうことさえできません。以上の理由で、ボランティアが慈善組織協会に結集し、慈善組織協会が、調査をするに当たって、暖かみのない、そして暖かみがないゆえに無力な調査機関となることを防ぐ必要があります。ボランティアたちは地域の聖職者たちの支持を獲得し、同時に、聖職者たちがその慈善活動を改革するのを助けなくてはなりません」
 オクタヴィアが抵抗にであっても、それは彼女の協会支持をただ強固にするだけだった。彼女自身の活動を通じて、オクタヴィアは協会の方針が正しいことをすでに証明していた。そして死を迎えるまで協会の忠実なメンバーであり、再三協会のために闘った。1875年には慈善組織協会の中央評議会に加わっている。大体において彼女は中央への権力集中をよく思わず、地域ごとの小さな組織を好んでいた。その方がお役所風の形式主義に陥りにくく、地域の人々の関心と支持を得ることができたからである。しかしながら、聡明でもあったので、ただ一貫性を、ほかに理由もなくやみくもに大切にすることは避け、彼女は慈善組織協会の基金の中央集中管理を支持した。豊かな地区が、その地区内の少数の貧しい人たちだけを助ければいいというのでは公正を欠くし、貧しい地区はその地区での必要を満たす資金を作り出すことができないと考えたからだった。富裕な人たちは貧しい人たちをあまり近くに住まわせないようにしたのだから、追われた人々が住んでいる地区について責任を負うべきなのだ。それを彼女は富む者たちに気づかせた。
 オクタヴィアは慈善組織協会の中央評議会で充実感を味わった。評議会は緊急の難問題を討議するために、またあらゆる種類の社会問題について意見交換をおこなうために開かれ、彼女はそれらの会議に大きな刺激を受けた。そのうえ新しい友人ができた。そして彼女はその時代の主要な慈善活動家およびソーシャルワーカーの一人に数えられ始めた。人々は彼女の能力と聡明さを認め、彼女の協力を歓迎した。例えば、経験に富み、かつてオクタヴィアの祖父の知人でもあったシャフツベリー卿、学務委員会のジョシュア・フィッチ(この人とオクタヴィアは共通するものが大いにあった。彼の妻と姪は引き寄せられてオクタヴィアの活動に加わった)、救貧法会議議長のスタンズフィ−ルド卿(救貧院の視察員に始めて女性を任命する際にオクタヴィアの助言を求め、ナッソーシニア夫人を選んだ)、地方行政会議のラングレー(この人との「大成功だった出会い」をオクタヴィアは書き残している。そのとき彼女は救貧委員会(Gardians)から「私の望んだすべてを、そして望んだすべてを上回るもの」を受けとった)などの人々である。1875年の「職人住宅法案(the Artisans' Dwellings Bill)」は大半がオクタヴィアの手になったといって良い。なぜならこの法案は、オクタヴィアの関与した、ロンドンの労働者住宅の問題全般にわたる慈善組織協会の調査報告に基いており、彼女は立案の各段階で助言を求められ、彼女の修正意見が受け入れられたからである。オクタヴィアが、自分はいまや公的な人間になっていると初めて知ったのは、この法案の第二読会のときであった。彼女は議長側の傍聴席にいた。「上体を後ろにそらして、考えごとをしていました。そのとき突然自分の名前を耳にしました。シャットワース氏がマクミランズマガジンに私が書いた記事について話していたのです。……そして彼は、住宅地に日光と風が十分に入ってくるのを知ったときの私の大きな喜びを述べた箇所を、大きな声で読み上げました。……聞いていると、住宅地の改善を強く願った当時の気持ちと、驚くほど早かったその実現が鮮明に思い出されました。大きな喜びが勢いよく私の身体を流れました」

(訳注 第二読会 ― the Second Reading of the Bill 英国議会で議案を委員会に回す前にその議案の大筋に検討を加える議会)

 ヒル夫人は自分の父親が生涯をかけた仕事に、いまは自分の娘がたずさわり、立派にやっているのを見ていた。娘の成功をじっと見守る中で、娘の受けている尊敬に気づくと嬉しい気持ちがした。夫人にとってそれは極めて正統かつ妥当なものに思われた。「オクタヴィアは慈善組織協会の衛生委員会にとても興味を持っています。発足時から働いてきたすべての人と、さらにほかの多くの人がそこにいます。オクタヴィアがその人たちの中にいて、いつもときを得た助言ができるというのは素晴らしいことではないでしょうか。私の父の衣鉢をあの子が継いだのです」

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com