戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第8章
幕 間


―本来なすべきこと以上のことをしようと決心した結果、
なにもできなくなってしまった女友だちがいます。
その痛ましいリストにもう一人を加えるつもりはありません―
オクタヴィア(29歳) から親友メアリー・ハリスへの手紙 (1867年)


 1867年の夏までにはオクタヴィアは彼女の共同住宅に大きな喜びを感じるようになっていたが、それも驚くに当たらない。すべてがまったく順調で、経営はうまくいっていた。それは彼女の知性と感情のすべての力を呼び招いた。家屋の維持、整備と事業の経済的側面の管理には彼女の実務的能力が発揮され、借家人の世話は彼女の母性本能と父性的才能に活躍の機会を与えた。自分に開かれているさまざまな可能性に限界があると自分では感じなかった。しかし友人たちの誰にも、そしてやがてはオクタヴィア自身にも、彼女の体力の限界のあることが見えてきた。共同住宅の仕事に加えて、彼女は未だに学校で教え、ラスキンのために絵を描き、それで生計を得ていた。そんなに忙しく働いて、いつまでも続くものではない。例の痛みとめまいがふたたび襲ってきた。まもなく、仕事をとにかく続けるには長期の転地休養という代償を支払う必要があると認めざるを得なくなった。
 受け入れなくてはならぬものは受け入れることだと悟ったオクタヴィアは、事業を見直し始めた。もちろん彼女はあまりにも多くのことを引き受けていたので、それをただ一人の人に委ねようとすると無理があった。だが幸いにもその無理を試みる必要はなく、事業は個人ではなく集団に託された。喜んで手伝うという人たちにはこと欠かなかったのだ。姉のミランダがオクタヴィアを聖ウルスラと呼んだのは、彼女に信奉者や門人を引き寄せる力があったからである。主な責任は当然ながらオクタヴィアの姉妹に掛かってきた。彼女たちは最初からオクタヴィアとともに働き、オクタヴィアのすることのすべてに深く関わっていた。彼女が管理する家屋が増えるに連れ、オクタヴィアは学校で働く時間を減らし、彼女が学校で受け持っていた仕事は全部ミランダが引き継いだ。それには生徒たちが共同住宅の人々といっしょに、その人たちのためにしていること(すなわち、ホールでの催し物、遊び場での遊戯、子どもたちの世話、日曜日に子どもたちに教え、半休日に子どもたちを散歩や遠足に連れていくこと)の指導を含んでいた。これがミランダに委ねられた。彼女にハリエット・ハリソンが協力した。非常に古くからの友人で、遊び場の暴れん坊連中をおとなしくさせるのが極めて上手だった。土地家屋の管理はエミリーに委ねられ、彼女は賃貸料を集めるグループ(エマ・コンズやノッチンガムプレーススクールの出身者数名もはいっていた)を指揮した。トマス・ヒューズの姉妹、ミセス・ナッソー・シニアが計算を引き受けた。もともと難儀な仕事であるが、借家人と同僚の一部が計算に疎かったのでいっそう面倒なことになった。こういう記録がある。あるとき彼女は借家人と徴収人の間のいい争いの仲裁に呼びつけられた。正しい賃貸料が6シリング11ペンスか、あるいは7シリングより1ペンス少ない額なのか、でもめていたのだった。

(訳注 聖ウルスラ ― St.Ursula, 西暦300年ころ、ライン川に臨む中世都市ケルンで、キリスト教徒処女1万1千人とともに殉教したイングランドの王女。ケルンの守護聖女)

 こうして仕事を引き渡すとオクタヴィアは家を出てカンバーランドのメアリー・ハリス宅に身を寄せた。そして、仕事をほんとうに離れるのは実に辛いものと知った。メアリー・ハリスが愛情深くつき添っても、オクタヴィアに仕事上の問題を忘れさせることはできなかった。こんなことは初めてであった。彼女はすべての借家人の様子をとても知りたがり、しきりに各人について詳細を姉妹にたずねた。妹フロレンスの誕生日に借家人たちのパーティーがあったが、オクタヴィアは、彼らに読み伝えてもらうために手紙を送った。「みなさんご存知と思いますが……私は仕事を愛してきました。いま、仕事を離れているのは、前よりも遥かに仕事ができるようになって、復帰したいという気持ちで一杯だからこそなのです。やがて私がふたたびあなたたちの仲間に戻れる幸福なときがきて、みなでいっしょにたくさんのことができるよう私は望んでいます。そう理解してください」  夏の間オクタヴィアはカンバーランドに滞在した。秋には南部へ戻ったけれども仕事に復帰することはできなかった。11月には、イギリスの冬の寒さと湿気を避けてイタリアへ行かされた。以前フロレンスを、そしてその後ミランダを預かってくれた叔母エミリー・サウスウッド・スミスはまだフィレンツェで暮らしており、姪のオクタヴィアをしきりに迎えたがっていたのだった。それはオクタヴィアの最初のイタリア行きだった。愛する家族や共同住宅の人々と別れるのは不本意だったにもかかわらず、乗り合い馬車でアルプスのモンスニー峠を越えていくと、元気が出た。途中で「哀れでぼうっとした、若いアイルランド人」を拾い上げた。これはいかにも、途方に暮れた人を放って置けないオクタヴィアらしいことである。仲間とはぐれ、荷物とパスポートをそのときに失い、他国の言語がまったく理解できない男だった。「彼は非常に背が高く、みすぼらしかったので私は気の毒に思い、なんでもしてあげずにはいられませんでした。しかし彼がたいへん臆病なのは確かでした」この気がかりからトリノで解放されると、彼女は、礼儀正しく気配りのあるイタリアの士官と連れになった。今度の出会いはより満足のいくものになった。彼女はエミリーにその経過を伝え、こう述べている。「表情の出やすい種類の顔をしているということは、かなり厄介なものですね。でも、私が思うに、かなり役に立つものでもあります」なぜならこの若い士官は彼女の表情を正確に読取り、自分は寒かったのに、親切にも座席の窓を開けておき、素晴らしい景色があるとすぐに教えてくれたからである。そして彼女がロンドンのことやロンドンが好きであることを話す気にさせてくれた。こうして馬車を降りるころまでに二人は永遠の真理を論じるようになっていた。
 イタリアに行ったことはとても良い結果を生んだ。オクタヴィアは日ごろ親しんだ環境から完全に離れたわけだが、それは非常に必要なことだった。幾度もひどいホームシックにはなった。「いまでさえ、私の家についてあえて書かないでいます。できるだけ家のことを考えないでいます。でも、家をかけがえないと思う気持ち、そこへ戻りたいという強い願いは片時も私を離れません」それにもかかわらずこのイタリア行きで、彼女は元気づけられ、生き返った気持ちになった。その年はガリバルディーが初めてローマへ進撃した年であった。友人がオクタヴィアに一部のガリバルディー支持者への紹介状を渡してあった。彼女はひたすらガリバルディーが好きであったから、その人たちに会うのは彼女にとってぞくぞくする経験だった。彼の理想主義、勇気、そして精神的な偉大さは、オクタヴィアが惹かれずにはいられない特質であり、彼女は誰にせよ彼の友人と知り合えたことを名誉と感じた。「イタリアのために何一つしなかった我々イギリス人には、この蓄積された強烈な感情という遺産の中へ入って行く権利はないのだと思うばかりです」


(訳注 ガリバルディー― Giuseppe Garibaldi(1807-82) イタリア独立運動の共和派義勇軍の旗頭。1859年には赤シャツ隊により大きな勝利を納めるが、ヴィットリオ・エマニュエル2世による王政統一を認めた。王政とは対立しながらも軍事指導者としてさまざまな戦闘を勝利に導いた。イタリア人にとっては伝説的とさえいえる英雄。ローマの併合は1870年である。)

 他にも喜びを与えてくれるものが揃っていて、オクタヴィアの気にいらずには置かなかった。彼女は美術館を非常に喜び、模写もした。周囲の田園を歩き、チェルトーザ、フィエゾーレその他の丘の上の小さな町へ行き、眺望に深く魅せられた。山並みに沈む夕日、鐘塔のあるフィレンツェ、空を背景に黒々とした糸杉、灰色の捩れたオリーヴの樹など、要するにあの魔力的景観にある、目を楽しませるものをすべて見た。チェルビーニ合唱団に加わり、バッハとモーツァルトを歌った。さまざまな軽い気晴らしもした。芝居、山車行列、仮想舞踏会(彼女はみなが一番似合うといった東洋風のドレスを友人から借りた)などである。3月に彼女はこう書き送った。「私のことをいうと、元気です。どう元気かはなんとも説明できないのですが。……今週はほんとうに気晴らしをしました。それが私には極めて良かったのです」いよいよロンドンに戻るときがきたことがはっきりした。
 4月の初めにはオクタヴィアはすでにロンドンに戻っていて、家庭も仕事も予想通りうまくいっていた。「私がそこで働くことが大好きなこの小さな世界、そこに激しい興味と喜びを感じる状態にいつの間にかなりました」しかし肉体的な活力の回復はまだ不十分で、思っていたほどの体力がないことにまもなく気づいた。この状況を彼女は理性的に受けいれた。「ことをやり掛けのままにしておくほどくやしく、癪に触ることはありません」と彼女はいったが、医者の助言にしたがって、まずメアリー・ハリスを訪ね、その庭園でゆったりとした時間を過ごした。「たいてい草取りをしています。とてもおもしろいと思います。おかげで私はずっと戸外にいます。立っているのでも歩いているのでもないけれども、することはあるわけです。静かで素敵です。土の匂い、そして運動と思考の単調さは、心を落ち着かせるので私は好きです」つぎに彼女はベンリッディングの湯治場へ行き、そこで治療は終わった。11月には「健康に溢れ、非常に明るい気分で」ロンドンへ戻った。
 ノッチンガムプレースから彼女はこう書き送った。「私たちはまたみないっしょになりました。たいへん幸せです。私たちは非常に大勢の生徒を抱えています。受け入れられるだけ受け入れたのです。しかし生徒たちは主に私の姉妹が受け持っています。私はその少女たちに少し教えるだけです。絵も少し教えます。そして大切な共同住宅の管理をしています。それらは素晴らしい状態になってきているので大きな喜びがあります。骨の折れることはほんのわずかしかありません」
 オクタヴィアが仕事を離れていたのは18ヶ月間だったが、彼女は仕事に対する自分の姿勢が変化したことに気づき驚いた。「私は以前ほど細かいことを突き詰めて考えなくなりました」それは望ましいことであり、活動の中断がちょうど良いときにきたのは確かであった。彼女の管理方法が良い結果を生むことがすでに立証されたので、労働者住宅一般の水準を上げるために彼女の事業が拡張されるべきときがきていた。彼女が小人数の借家人に掛かりきっていれば、その人たちを非常に助けることになるとしても、事業の拡張はできない。長く仕事を離れていたことは、彼女が自分の仕事を外側から客観的に眺めるとともに、ほかの人たちがどのくらい自分に代わって仕事ができるかを知る良い機会になった。彼女は心の広い人間であったから、ほかの人々も立派にできるという事実を認めて受け入れた。また、頭の良い人であったから、すべてを自分の手中におさめておくことに固執しなかった。以後彼女は仕事の委譲をつねに考えた。責任を少しずつほかの人たちに渡していくことを覚えた。そしてどこに新しいチャンスが開けているか、どこで前進の一歩を踏み出せば良いかを見てとるためにつねに注意を働かせた。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com