戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第7章
借家人たち


―ひととその住居を切り離して扱うことはできない―
オクタヴィア・ヒル『ロンドンの貧困者の住居』
(マクミランズマガジン1871年10月号所収)より


 1866年11月のフォートナイトリーレヴュー誌でオクタヴィア・ヒルはつぎのように述べている。「二つの仕事があり、両者は相互に深く依存している。両者がそのように結合していなければ、それらは豊かな実を結ぶことができない。仕事の一つは家主が果たすべき義務を完全に果たし、そして借家人たちに彼らの義務の遂行を一律に求めることである。……もう一つの仕事は深く相手を知ることから育つ個人的な友好を持つことである」後者の仕事が、彼女が住居管理を試み始めたときから、オクタヴィアを惹きつけていた。土地家屋の管理に比べて骨の折れることは同じでも、技術的な要素は少ないので、エネルギーと善意以外ほとんど何も仲間に提供できるものがない者でも十分に対応できる仕事だった。オクタヴィアは、すべての階級の人々の間に親しい交流のあることが重要だと深く信じ、彼女の助力を頼む人たちは、そのような親しい関係から得るものと等量のものを一方で与えていると確信していた。彼女は熱心に自分の生徒たちに語りかけて、彼女たちの協力を得ようとした。家屋を入手する以前でも、そのためにいくつかの計画を考えた。毎日曜日の朝に学校は新聞を出しており、オクタヴィアと家族のうちの誰かがそこに何かを書いていた。つぎに引用するオクタヴィアの文章が載ったのは1864年秋のある日曜日の新聞である。「新しい仕事について、少しあなた方にお話したいのです。私と同じようにあなたたちも、これは自分のするべきことだと思ってくれるよう願っています。もちろんあなたたちが知ってるように、私はまもなく私たちのものになる家屋のことをいま考えています。……私が話したいのは小さな実際的な事柄についてです。……その家屋であなたたちは、もし希望するなら、それぞれ特別な仕事を持つことができます。そしてその家屋を居住者たちにとって一層素晴らしい場所にすることができます。みなさんの居住者たちへの友情と思いやりと気遣いを通じて。……するべき仕事が現実にいくつかあります。それをするには……まかされたことを(もう余計な助言や監督なしに)やっていくことのできる几帳面さと信頼性が必要になるでしょう。一例を挙げれば…あなたたちの誰かが管理を引き受ける能力を持ったら、私たちは協同組合の店を居住者たちのために今度の家に開いてもらいます。管理といったのは、出納を管理することです。その他のことは私がなんとかやりますが、それは私にはできません。いつでもあなたたちの誰でも、自分はほんとうに私に信頼してもらって大丈夫だと思ったなら、出てきてそういってください。……ほかにもこの種の、人々に役立つことが、あなたたちの前にたくさん現れるでしょう」 少女たちはオクタヴィアの期待を満たし、借家人たちと自然な関係を結ぶ種々さまざまな方法をすぐに見出した。借家人に近づく場合、その子どもたちを間にいれるのは明らかに良い方法だった。生徒たちは母親が忙しいときに、その手から子どもたちを預かった。母親はこの手助けを歓迎した。生徒は子どもと遊び、ときには教え、子どものものをしばしば繕ったり、作ったりした。ここにはまったく自然な交わりがあった。生徒側に恩に着せる気持ちも態度もなく、借家人側に卑屈な気持ちも態度もなかった。生徒たちは、地域の自分たち以上に貧しい人々の暮らしぶりに、そして解決を求めて声をあげている社会問題のいくつかに、注意を向けるようになった。
 オクタヴィアは仕事上での借家人との関係を「完全な厳格さを保持」した関係といっていた。そして彼らとの個人的関係の理想を「全面的な相互尊敬」と表現した。社会が今日よりもはっきりと階級に分かれていて、レディー・バウンティフルとグレートフル・プァ(訳註―G・フォーカー 1678-1707 作の喜劇「伊達男の策略」に登場する"bountiful"「気前の良い」婦人慈善家と"grateful poor「感謝する貧者」の意)がまだ劇中人物として評価されていた時代であったことを考えると、オクタヴィアの姿勢は意味が大きい。「借家人には、私の個人的な知り合いに対するときと同じ丁重さで接しなければなりません。邪魔をしてはいけないし、入れといわれないのに部屋に入るのもいけません。お金や生活必需品をあげるのもいけません。しかし、そうすることが必要な状況が生じたら、私は自分にできる援助を借家人たちに提供します。他の友人にあげたとしても非礼にはならぬもの、例えば、彼らが悲しんでいるときには同情と助言を差し出します。困難に遭遇しているときには手助けと忠告を差し出します。彼らの役に立ちそうな人を紹介し、働けないときには読む本を貸し、ときには花束を用意して持って行くこともあります」
 このような関係を押しつけようとすれば無理がある。それは徐々に形作られるものであった。オクタヴィアが手初めにできることは借家人と気軽に接触するための機会を設けることだった。その第一歩として彼女は、最初に3戸の家屋を購入するとすぐに、彼女自身の住居の裏にあった馬屋を借家人たちが使える大きな部屋に変えた。オクタヴィアとエマ・コンズは漆喰を自分たちで塗り、そして、その大部屋の上に二つ部屋を用意し、二人が関心を寄せていた盲目の男とその妻の住居とした。その後、ふたたび土地と家屋を購入したとき彼女は、そのコートの店の一つを本式のクラブ室に改装し、前に馬屋を改造した部屋はノッチンガムプレーススクールの教室にした。ノッチンガムプレースのキッチンの縫い物教室はただちに新しい部屋へ移り、借家人たちに開放された。初め人々は入ることをためらっていたが、そうかといって強く勧誘された人もいなかった。やがて誰かがどんなものか見るために立ち寄り、おもしろいとわかって、そこに居るようになり、その人数はしだいに多くなった。オクタヴィアは非常に注意深くことを運び、人々の抱く欲求には熱心に応え、ほんとうに求められてはいないものは押しつけぬよう気を使った。やがて歌うことは受け入れられそうに見えてきた。そのつぎに若い借家人たちの一部が絵をやってみようと考えるようになった。絵画教室の後もつぎつぎと新しい教室が開かれた。そしてオクタヴィアは、教えていようといまいと、つねにそこにいた。そのうちに親たちがその部屋を使わぬときに、子どもたちのための教室をそこで開けるようになった。オクタヴィアの計画の中でのこの部屋の重要性は、いくら評価しても足りない。しかしそれが重要であるのは、そこで教室が開かれたからというよりも、そこが借家人たちのセンターになったという事実による。人々はそこで互いに打ち解け、雑談し、赤ん坊を比べた。オクタヴィアは人々の中に黙って座り、みなが語り合い、誰彼と静かに問題を議論するのを目立たぬようにして観察した。そしてほかには知る方法のない、借家人たちの考え方を親しく理解するようになった。さらに重要なのは、この部屋でいっしょに過ごす借家人たちが共通の関心を持ったことである。自分たちが実は共同体の構成員で、共同体の中でそれぞれに役割を果たしているのであり、決して、大都市の中の、取るに足りぬ無意味な存在ではないことに彼らは気づいた。彼らが「私たちの一人が」という表現を使うのを聞いたとき、オクタヴィアは嬉しかった。なぜならそれはほんとうの共同体意識(真に文化的な生活の不可欠な要素)が芽生えつつあることを示していたからだ。連帯した生活を育てることの大切さを知っていた、という点でオクタヴィアは彼女の世代に先んじていた。それも非常に先んじていた。我々は今日ようやく彼女に追いつき始めたところである。というのも、アパートの建設あるいは土地開発に際してコミュニティセンターを設けるのは、今日の住宅問題の権威者の中でも進んだ考えの人たちに限られるからである。依然として、住民のいかなる種類の相互交流も予定していない労働者住宅があまりにも多い。これは住民と社会全体にとって大きな不利益である。
 オクタヴィアは借家人をより親しく知るにつれて、一層自分が彼らのために役立ち得ると感じてきた。彼らがたびたび賃貸料を払えなくなるのは、仕事のないときがあるためだと知って、彼女は二つの方法で助けようとした。まず、仕事が減る時期には彼らを彼女が雇うことに努めた。彼女の管理する土地、家屋にはつねに一定量の、しなくてはならないが急は要さない仕事があり、それは借家人の誰にも十分できる内容だった。それを取っておき、仕事のない人たちに分けた。つぎに、借家人たちが働ける時期に金を蓄えるのを助けた。その方法は彼女が問題の本質をよく理解していたことを示している。ごく小額の金銭しか蓄える余裕のない人たちは、少しでも面倒だとそれをしないものである。面倒がられないように、彼女はいわば貯金箱を彼らの住居へ持ってきた。毎週土曜日の午後6時以降、クラブ室で彼女は「ゆらめくガス灯の炎の下、モミ材のテーブルにペンとインク、そしてお金を入れる手提げ袋を置いて」座り、借家人が彼女に預ける小額の金を受け取った。土曜日の夜、話し合いたい難しい問題があったり、助言や手助けが欲しい借家人にとって、必ずオクタヴィアに会える時間になった。やってくる借家人は数を増し、彼らは自分の貯蓄額がどれくらい大きくなったかを知って喜び、彼女の不変の友情に感謝しつつ頼ることも学んだ。
 オクタヴィアのしていることは異色であったから人々の注意を引いた。当然ラスキンは興味を抱き、それについて語った。また社会問題に関心を寄せている人たちは彼女の仕事の噂を聞き、自分の目でそれを見たいと思った。人々からこれらの共同住宅を訪れても良いかとの問い合わせがき始めた。オクタヴィアはこれに困惑して、訪問を申し込んだ一人に「なにも見てもらうものはありません。ただすることが沢山あるだけです」と語っている。人々をコートのあちこちへ案内するのを一切断ることもオクタヴィアにはできなかったが、それをほんとうに嫌っていた。借家人の立場を考えて彼女は傷つきやすくなっており、彼らが住居に招いてもいない訪問者の好奇心の前に晒者になることに耐えられなかった。訪ねてくる人が、借家人たちを調査の対象として扱うのか、あるいは親切な住まい手(訪問者を自分の友人、オクタヴィアの友人とみなし、嫌がらずに住まいを見せてくれる住まい手)と考えるのかを前もって知ることはできなかった。ヘッセンのアリス公女は後の例だった。オクタヴィアの姪の一人が、公女の来訪を書き留めている。「彼女はどこでも叔母オクタヴィアの後ろを歩きました。身分を決して知られたくなかったからです。叔母は公女が「居住人から見てまったく気持ちの良い」方だといいました。叔母は「なにをいうべきかこれ程的確に心得ていると思える人を案内したことはなかった」のです。ある家で公女はそこの長女の名がヴィクトリアだと知り、その母親に‘うちにもヴィクトリアという小さい子がいます’と告げました。そして二人のヴィクトリアはほぼ同じ年齢であることがわかったのです。こちらのヴィッキィが、学校へ行く前に暖炉の火格子に黒磨きを掛けたと聞いた公女は、‘うちのヴィッキィにはそれをさせてもできなかったでしょうね。そう思います’と悲しそうにいわれました」(この人は、ご承知のように後のロシア皇后である。)
 1866年春になされた第二回目の土地、家屋購入は、オクタヴィアが心に抱き続けてきた夢の実現を可能にした。借家人たちのための庭はつねに彼女の計画にあった。最初庭のない住宅で仕事を始めることに甘んじたのは、ただ庭のある家が見つけられなかったからに過ぎない。家族の唯一つの居間に洗濯物が干されている光景を彼女は見たくなかった。見苦しく、邪魔である。オープンスペースを用意する必要を感じた。それがあれば子どもたちは安全に遊び、親たちも手の空いたときに座って休むことができる。実際には彼女が今回購入した家にも庭はなかったのだが、がらくたの山と荒れ果てた建物のある土地がついていて、それを庭として役立てることが可能だった。ラスキンはそこに植える木と、塀にはわせるツタの提供を約束した。オクタヴィアのプランは小さな植え込みをいくつか設け、残る土地には砂利を敷き、そして全体を塀で囲むことだった。
 彼女は早速その土地のがらくたや古い建物を取り除き、整地する作業を始めた。そして、遊びくつろぐ場所を造ることがいかに難しく、またいかに大切であるか、その双方を一度に悟った。「目が覚めている間中、私の頭の中はフレッシュウォータープレースの遊び場のことで一杯です。時間があけば必ずそこで過ごしています。実際にやってみると、無謀に近い企てであることがわかります。ほんとうにに完成できるのか、いまでも非常に疑問です。ただし、もし私の力で造り上げられるものならば、そうしなくてはなりません。そう思うのも、工事を遅らせている障害そのものが、これが必要であることを示しているからです」障害は近所の人々の反感だった。人々はこの打ち捨てられた空き地で喧嘩し、ぶらつき、そこにごみを投げ捨てるのに慣れていたから、その場所が片付けられることに驚き怒った。「そして子どもたち、いつも汚れているせいで炎症を起こした目。何も履いていない足。荒々しい叫び声。乱れた髪。どこも犬が噛み裂いたような服。哀れな、元気がまるでない女の子がいます。人々はマーゲイツと呼び、知恵遅れだとといいます。孤児なのです。孤児は5人います。この子は、靴も靴下もなしで一日中ごみの山の上をふらふらと歩いています。虚ろな表情で、みなにがみがみ叱られながら。長く伸びた髪が狂喜じみた目の上に落ち掛かります」とオクタヴィアは書いている。
 地面を片付け周囲に塀を作る作業を、このような不幸な人々がみなで妨害した。煉瓦を盗み、片づけたごみを投げ戻し、工事人たちの邪魔をした。オクタヴィアは警察に助けを求めたが、ほとんど効果はなかった。ときどき警官が一人やってきて、そのときだけ相手は追い散らされた。しかしそれもほんのいっときのことで、ふたたび相手は攻め寄せてきた。遊び場公開の式典までもう一週間とないころ、さまざまな困難に打ち勝ち、長い間かかってようやくでき上がってきた塀が夜中に引き倒された。彼女はこう書き留めている。「崩れ落ちた煉瓦の山になっていました。苦いやりきれなさが私の心を満たしました。こうなってしまうまで、どれほど私が頑張りそして希望を持っていたか口ではいえません。しかし遊び場は必要なので、できるだろうという期待はともかく、作らなければという決意が生まれました。そして壊された塀を修復するために私は元気よく働き始めました」オクタヴィアの不屈の勇気がこの工事を完成させた。彼女は遅い夜も早い朝も現場にいた。工事人たちは彼女の疲れを知らぬ活力に刺激されて、猛烈な勢いで塀と取り組んだ。夜間は警備人が見張りをした。予定した通りの日に開場式が行われた。借家人とその子どもや知り合いに70枚のチケットが配布された。近所の反感を持つ人たちが塀ごしにときどき石や煉瓦のかけらを投げたが、メイポール、旗、歌、「少年の家」からきた音楽隊の演奏、そしてとても楽しいティーパーティーがそこにあった。
 遊び場はできた。しかしつぎには使い方を子どもたちに教えなくてはならない。その難しさと重要さをオクタヴィアが軽く見るはずはなかった。教育の権威者たちが教育における遊びの重要性に気づくよりずっと前に、そしてプレーセンターが提唱され、子どもに余暇の使い方を訓練することが大切だと認識され始める前から、オクタヴィアは子どもたちが何もせずにぼんやりとうろつき、けんか、賭けごと、あるいはまったくくだらない遊びをする光景を悲しく思っていた。子どもたちがもっと良いものを、すなわち多少でも技術を要する遊びを教えられるべきだと彼女は信じていた。子どもの頭脳と視覚がともに働き、複数の子どもたちが協調する能力を持たなくてはできない遊びである。ノッチンガムプレースの女生徒たちは進んで手伝い、いくつかの小人数グループの子どもたちを相手に大きな成果を上げていた。その子どもたちはすでにしばらく共同住宅に住み、「ミス・オクトーバーとお姉さんたち」を知り、信頼するようになっていったのだった。しかし今度の住宅の借家人の子どもたちは野放しで、いかなる規律にもまだ少しも慣れていなかったから、そういう子どもが群れている遊び場となると、若い人たちの手に負えるものではなかった。それで子どもたちの指導はほとんどオクタヴィア自身がしなくてはならなかった。彼女の姉妹が手の空いているときは手伝い、またほかのボランティアも彼女は見つけた。しかし子どもたちを活気づけ、責任を負うのは彼女であった。難しく、疲れる仕事だった。「遊び場に4時間いました。いつものことですが、4年いたように感じます。あの子たちがどんなにひどく汚れているか、どんなにうんざりさせてくれるか、想像できる人はいないでしょう」しかし彼女は耐えた。子どもたちの心を捕らえ、彼女のいうようにしてみる気にさせ、やってみると面白いと気づかせたのはオクタヴィアの旺盛な元気の力であったのかもしれない。いつも彼女は子どもたちが新しく夢中になるものを考えていた。ある日彼女は手回しオルガンの男を雇い、遊び場で演奏させた。「子どもたちには喜びが溢れていました。遊び場が小さな踊り手で一杯になりました。どの子も組むことは知らなくて一人で踊っています。ステップというよりはジグでした。あなたが青白い汚れた顔がにっこりと輝くのを見たら、小さなむき出しの脚がとても楽しそうに動くのを見たら、幸福な気持ちになっただろうと思います」またある日、彼女は子どもたちに鮮やかな色の布切れを与えて、小さな旗を作らせた。そして自分はやはり色のついた別の小裂れからみんなの名前のイニシャルを切り抜き出し、それぞれの旗に縫い付けてごらんと子どもたちにいった。「子どもたちの喜びは大変なものでした。時間がどんどん経ちました。子どもたちは少しも飽きないようでした」幼児たちのためには幼児向きの遊びを工夫した。年長の子どもたちにはわずかに技術の要る遊びを用意した。彼らはルールを重んじながら遊ぼうとし始め、ごまかしを嫌い始めた。やがてオクタヴィアは、いったんある遊びに興味を持たせると、子どもたちはつき添って指導しなくても自分たちだけで遊び続けることに気づいた。それでも骨の折れる仕事であった。オクタヴィアがつねに遊び場にいることは無理なのだが、自分がいないとふざけ騒ぎといじめが多くなることはわかっていた。彼女はミセス・シメオンという人を監督者に雇い、遊び場が使われている間はそこにいてもらった。これで難問題の一部は解決された。子どもたちはミセス・シメオンが好きになり、当然彼女にはオクタヴィアほど子どもたちを鼓舞する力はなかったけれども、素直な子どもたちは彼女のいうことを聞いたからである。
 しだいに遊び場の運営は順調になっていった。さらに多くの友人が手助けにきてくれた。その一人は視学官の娘で、子どもたちの扱いに多少経験があった。彼女は困ったときに頼りになることがわかった。遊び場を開いて約3ヶ後オクタヴィアはこう記している。「今日の午後は大成功だった。大勢の元気な男の子がきて、申し分なく遊んだ」「元気な男の子たち」はそれまでちょっとした問題であった。女の子の遊びと小さな子どもたちのために用意された遊戯をかなり馬鹿にしていた。ところがオクタヴィアの友人の中に、この少年たちに管楽器とドラムの演奏を教えようと企てた人がいた。彼らはこの真に男らしい楽しみが嬉しくて夢中になり、ほかの子どもたちの邪魔をしなくなった。ここまでくると、借家人の子どものほかに近所の子どもたちにも遊び場を使わせることが可能になった。地域の人たちの反感はある程度おさまり、少なくとも何らかの行動に出るようなものではなくなっていった。子どものボールが遊び場の塀を越えて隣接する家のヤードに入った場合、少なくとも隣人は好意的であって、返してくれた。もっとも、ひどく怒るので、どの子も近づけない人たちもいたのではあるが。地域の人々は彼らの子どもにこの遊び場を使わせるよう勧められた。新しい子どもたちがすぐにどっとやってきた。衣服は汚れ、けんか好き、暴力的で、遊びを全然知らない子たちであった。しかしそれはさして厄介な問題ではなかった。借家人の子どもたちは自分が新しく来た子たちを迎える、いわばホスト、ホステス役に当たるのだと気づき、大きな誇りを持って、自分も覚えたばかりの遊び方を新しい子どもたちに教えた。こうして遊び場は賑わった。オクタヴィアはあいた時間ができると立ち寄ったが、一時間を一年のように感じることはもうなかった。親たちは、小さな家の中で一日中子どもがそばにいるという状況から解放されるので、無条件に喜んでいた。その上、子どもたちは元気になった。幾時間も楽しく動き回るので夜は以前よりよく眠った。ほかの子どもたちと遊ぶこと、互いに譲り合うことを学んだ。要するに、遊び場で明るく伸び伸びとすることを覚えて、以前より遥かに扱いやすい子どもになった。親たちはこれに気づき、オクタヴィアが子どもたちに良いことをしてくれたと感謝せずにはいられなかった。
 遊び場はパーティーにも好適な場所だった。ラスキンが大切にしていた五月祭のお祝いはそこで行われた。女王役の子(くじで選ばれた)が冠を受けた後、子どもたちはケーキとビスケットとオレンジをもらった。しかし、一、二の男の子を別にすれば、子どもたちはケーキよりも花を好んだ。ほかのパーティーもあった。オクタヴィアはディケンズの小説『辛い世の中(Hard Times)』のスリアリー氏のことば" People mutht be amoothed, Thquire" をいつも引用した。そしてオクタヴィアはこの種の楽しみを、夏は遊び場で、冬はクラブ室で繰り広げることが好きだった。ときには借家人の子どもたちが、手伝ってもらいながら、易しくて短い劇を演じた。ミランダが子どもたちのために美しく可愛い劇を書き、ノッチンガムプレーススクールの生徒たちが一生懸命にそれらの劇を子どもたちに教え、リハーサルをし、衣装を縫ったのだった。そしてでき栄えは、本職の批評家ならどういうかわからないが、少なくとも親たちは、人間にはこれ以上できないくらい見事だと思った。ノッチンガムプレーススクールが催し物を出すこともあり、ときどきオクタヴィアの友人たちがやってきた。その中で第一に挙げるべき人はエマ・コンズで、いつも喜んで手を貸してくれた。彼女が、あまりお金を出せない人たちのための良質の娯楽が世の中にないと初めて気づいたのはここだったのかもしれない。その欠落は、後年彼女と姪のリリアン・ベイリス(Lilian Baylis, 英国の劇場支配人 、1874-1937)によってオールドヴィックにおいては立派に埋められた。

(訳注 五月祭 ― May Day celebrations, 中世以来5月1日を祝う民俗的行事。女王役メイクイーンを仕立て、メイポールの周りを踊り歩くほか、遊技や競技を楽しむ。
ディケンズ ― Charles Dickens, 1812-70, 19世紀英国の風俗をユーモアとペーソスをこめて描いた人気作家。
"People mutht be amoothed, Thquire" ― "People must be amused, Squire"「みな楽しまなくてはいけません、旦那さん」といっているのだが、スリアリーが蓄脳症のため正しく発音されないことを指す。
オールドヴィック ― ロンドンの Old Vic 、Royal Victoria Hall 主にシェークスピア劇を上演。)


 最初の家屋購入から18ヶ月後、オクタヴィアはこの間に成し得たことを感謝の念をもって振り返ることができた。彼女の事業は財政的にも健全であることがわかった。ラスキンが出してくれた資金(838ポンド)の5%を配当として彼に支払い、さらに48ポンドを返済した。オクタヴィアは賃貸料を集めてもその手数料を決して取らなかったが、それに相当する通常の部率の金銭を別にしておいた。いつか必要になるかもしれぬと思ったことも理由の一部ではあるが、彼女の共同住宅が経済的に真に自立していることを示したいというのがおもな理由だった。彼女の管理下で借家人たちは元気に生活していた。実質的には賃貸料の滞納はなかった。1867-68年の冬、労働者階級の窮乏は激しく救済活動が広く行われたが、オクタヴィアの家の借家人は誰も援助を必要としなかった。
 家族の人数が多く、賃金は低く、健康保険も失業保険もない時代に、このように目覚ましい成果がどのようにして得られたのか、問うのが当然であろう。オクタヴィアの個性によってであるという以外に、この成功を旨く説明することはできない。しかしそれに貢献したある種の要素を識別することはできる。第一に、彼女の徹底的な規則正しさとあらゆる細部への非常に注意深い気配りである。これが借家人に安心感(それをほとんど知らずにきた人たちには非常に貴重である)を与えた。彼らはオクタヴィアは絶対に信頼できると気づいた。彼女は借家人のどんな小さな不満もどんな些細な問題も無視せず、ひとつひとつを注意を傾けて処理した。約束したことは忘れずに必ずした。約束の実行が遅れたことはない。洗濯場や階段を共用し、広くない家屋にほかの家族といっしょに住む苦しさを彼女はよく知っていたから、何か方法があるならばそれを軽減しようという気持ちが常にあった。この限りない配慮と管理の公平さはほかの家主にはないということが、借家人たちにはよくわかっていた。そして程度の悪い住居ですら見つけにくいことも確かに彼らは知っていた。それで彼らはいまの住まいを借り続けたいと強く思った。週ごとに賃貸料を払うというオクタヴィアの提示したルールに不服はなかったので、彼らはオクタヴィアが受取りに訪れるときには用意ができているように努め、彼女が来ると渡した。これは誰にも経験のあることだが、最重要と心から思うことに要る金なら、大体においてなんとか工面できるものなのだ。彼女のルールを借家人に守らせる上で、オクタヴィアは今日のほとんどのソーシャルワーカーにはない有利さを持っていた。つまり、この住宅事業全体が完全に彼女一人の管理下にあり、彼女の上の人、すなわち借家人たちが彼女の頭越しにものを訴えることのできる人は、この段階ではいなかった。また彼女が説明をして納得させる必要のある人物も存在しなかった。彼女は自分が正しいと思うことをそのまま実行できる立場にあった。そして、自分の方法は正しいと確信しきっているという計り知れない強みが彼女にはあった。これで良いのだろうかという不安はなかったのだ。今日では貧困の問題全体がより複雑になっている。自分たちが、どう考えてもそれに値しない特権を恵まれているという意識があるために、我々は特権を手にしたことのない人たちに対して申し訳なく感じている。ほとんど恥じ入っているために、より平等な状況をつくろうと強く願い、大まかに惜しみなく援助を与えがちになる。そうした我々の行為が相手の人格に与える影響の問題があるが、それを我々は、いま考えるべきことではないとして退けてしまう。あまりにも多くのものを拒まれている人たちにいかなる自制も求めたくないのだ。現代の我々のこの姿勢がオクタヴィアのそれよりも健全であるか否かは、考え方の問題として簡単には決められない。しかしそれが賃貸料の徴収をより難しくすることは疑いようがない。オクタヴィアには申し訳ないという気持ちはなく、自分がさまざまな点で恵まれていることは充分意識していたが、富はその中でもっとも取るに足らぬものと思っていた。そして、物質的なものをどんどん与えるならば、自分と借家人の間の距離は狭まるよりも広がると彼女には思えた。彼女はまったく素朴に借家人を基本的に自分と同質の人間と考えた。ただ境遇が彼らの精神的自立を難しくしているだけであって、彼らは間違いなく自立を欲していると彼女は信じていた。彼女の役目は彼らを助けて自立を取り戻させる、あるいは強めることだった。だから彼女は誠実に彼らの権利を大切にした。「権利についてのあなたたちと私の信念(それがどんなに強くても)を対立させるつもりはないのです」一方、同じく彼女の権利を借家人が尊重することも彼女は求めた。借家人はこのように互いの平等が認められていることを評価した。確かにどのイギリス人もそうであるように、ときには不平不満を彼らは口にした。確かに、一部の借家人は「努力を要する自由よりも気楽な屈従」の方を好んで彼女の共同住宅を出て行き、むさくるしい暮らしの中へ沈んでいった(その人たちの多くを、デューシー夫人が1869年末に買い入れたコートで、オクタヴィアはふたたび見ている)。しかし大多数の借家人は彼女の方針を受け入れ、良い結果を得た。オクタヴィアは好景気のときには貯金箱を持参して借家人たちの貯蓄を手伝い、不景気になればしばしば仕事を提供した。借家人の子どもたちがより良い教育、訓練を受け、より良い見習い修行につけるように進んで助け、子どもが働けるようになればその子にふさわしい働き口を必ず見つけてきた。
 彼女の借家人たちが、当時はまだかなり少数であったことを忘れてはならない。オクタヴィアが居住者をを直接個人的に知り、その人の役に立ち、その人が受け入れられる援助方法を考えることが可能であった。当時のロンドンの状況が彼女を彼らの家主とし、彼女の個性が彼女を友人にした。これが彼女の成功の原因である。理論や方法ではなく、それぞれの借家人との間の真の友情の成立が成功をもたらした。借家人たちの心の最良の部分に彼女が自信をもって訴え掛けたこと、正義の絶対的な力に彼女が信頼を置いたことが良かったのである。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com