戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第6章
住宅供給の始まり


―ここから育つものがどこまで大きくなるか、私にはわかりません―
オクタヴィア(26歳) から尊敬する師ラスキンヘの手紙(1864年5月)


 1858年にオクタヴィアは自分の「人に関わる仕事」と「芸術に関わる仕事」を対比させ、後者へと「私の生活のますます多くの部分が呼び寄せられていくと思います」と語っている。1864年になっても彼女のこの考えは変わらなかった。良い教師であることがさしあたり職業上の努めであったが、彼女の念願は芸術家になることだった。「人に関わる仕事」は余った時間の活動と見做していた。彼女がそう考えたのも当然で、社会奉仕を一生の仕事とすることは彼女の考えには全然入ってなかった。彼女は、とくに人間が好きなわけではないにしても、非常に多くの人を愛した。ギルドの玩具作りの子どもたち(彼女たちとは接触を保ち続けていた)、婦人労働者学校の教え子たち、彼女にあれこれとつくしてくれた人々を愛した。彼女の強い思いやりの心が、多くのこうした人々との親しい結びつきへ彼女を導いた。そして、その人たちの生活に思いきり自分を投じ、その人たちの関心、試練、悲しみを自分も共有し、ひとりひとりを助けるために、その機会が生じたら全力をつくすことは、オクタヴィアには自然なことだった。貧困層の苦しみは、以前から知っていたが、社会改良の理論はまったく持ち合わせていなかった。聡明で、26才にしては多くの経験を積んでいたので、さまざまな悪に対する万能薬というものを信じなかった。彼女が信じたのは、個人が個人を理解し、無私の奉仕を通じて、助けることができるということだった。
 ノッチンガムプレースへの移転で、奉仕のために使える場所ができたとき、オクタヴィアがすぐに恵まれぬ友人たちのために週一度の集まりを始めたのも不思議ではない。助けが役に立つことが明らかなのは母親たちだった。毎週彼女たちはノッチンガムプレースのキッチンへやってきて、オクタヴィアと姉妹から、子どものための服を裁断して縫うことを初めて教えられた。ときには朗読があり、ときにはコ−ラスもあった。母親たちが気持ちのいいキッチン、ゆったりとした夕方の時間、家族に邪魔されない静かな談話を喜んだことは疑いない。ヒル姉妹も楽しんだことは確かだった。開校後は年長の生徒たちも参加を許されて手仕事を習い、歌を歌った。ある晩、一人の若い母親が疲れから気を失った。オクタヴィアは非常に心配して彼女をその家へ送って行き、彼女が家族と住む部屋を見た。湿気が多く不健康な半地下(ベースメント)の部屋であった。彼女はその種の住居を初めて知ったわけではなく、記憶の中のもっとも早いころに、祖父が劣悪な住居の状況を話すのをすでに聞いていた。自分でもギルドの子どもたちや婦人労働者学校の生徒の住まいを訪ねたことがあり、彼女たちの中のいかに多くが仕方なくその種の住まいに暮らしているか知っていた。一家族全員を収容できる広さで、住まいの基本条件をなんとか満たしているものを見つけるのが容易でないことはわかっていた。それにもかかわらず、彼女はこの若い母親と家族により良い住まいを見つけられないはずはないと思い、メリルボーン中を探した。しかし見つけられなかった。今日でもこれは同じだが、家や部屋を貸そうとしている人は子どものいる家族を嫌ったのである。どうにもならない気がした。それまで長い間オクタヴィアは、自分自身が家主となって模範的な間貸し住宅(子どものある家族も歓迎する)を経営することを漠然と考えていたが、今度の経験でこのアイディアを実現させたいと強く願うようになった。しかしいまそれができるとは思えなかった。
 いくつかの家族の住まいを見つけようとして、あれこれ考えて熱くなっていた彼女が、仕事でラスキンにあったのはちょうどこの時期であった。そしてたまたまそのときラスキンは、父から相続したばかりのかなりな額の金をどうするかという問題を抱えていた。これ以上に都合の良い状況があるだろうか。ラスキンはすでにオクタヴィアの芸術的素質に若干の疑問を抱き始めていて、彼女は芸術に人生を捧げるべきだと信じさせたのは、果たして良かったのだろうかと悩んでいたのかも知れない。1863年、オクタヴィアは、エマ・バウムガルトナーに、ラスキンに会ったことを語った手紙で、ラスキンが褒めてくれたことばを伝えたのだが、こう書き加えてもいる。「それがどこであっても、私が人の助けになれることがわかったら、絵を書くことを捨てなさいと真剣にいわれました。‘それは私の仕事ではないと決していい張らないように。あなたは、人々の中での行動で力を発揮すると私は思います。その力を私が独占するのは良くない’と彼はいいました」
 ラスキンは、社会に関する、あるいは倫理上の問題について絶えずオクタヴィアの意見を求めていた。そして今度は父から譲られた金のことで彼女の助言を求めた。そのもっとも良い使い道を彼女はよく知っていたわけだが、そのときは口にしなかった。帰宅してその問題に思いを巡らした。ラスキンの同情心と寛大さを確信していたからこそ、もっとも大切に持ち続けてきた計画のためであってさえも、気楽に出資を頼むことはできなかった。二日後、彼女は手紙を書き、ラスキンにことのすべてを明らかにした。折り返し返事が届いた。

オクタヴィア様
結構です。この件であなたをお手伝いできれば嬉しく思います。でも、控え目な調子で始めて、それから少しずつに先へ進んでください。父の遺言執行人は古い友人たちです。私は突然多くのプランを矢継ぎ 早に出して、彼らを不安にしたくありません。いまから約3ヶ月たちましたら、こちらの状況を詳しくお知らせします。その間にあなたの案を明確なものにしてください。こうした方法でこのような目的のために、私を役立ててくだされば、あなたは私に、最大の喜びの一つを与えることになります。そう信じてください。
1864年 5月19日
親愛をこめてジョン・ラスキン

 オクタヴィアは嬉しかった。つつましく始めてゆっくりと進むことにまったく異存はなかった。ずっと先まで進むことは考えてさえいなかった。彼女が考えていたのは「小さな間貸し屋(そこで私はどの借家人とも知り合いになり、みなの生活がより健康により幸福になるよう何か手伝いができる)」であった。しかし彼女がこの案について書いているときでさえ、さまざまな可能性が自分の前に広がっていることがますます見えてきた。「この計画から生まれるものがどこまで大きくなるか、私にはわかりません。私たちが現在行っている歌唱と手仕事には、加わりたいと思う借家人なら誰でももちろん受けいれます。子どもたちを外へ連れて行き、少女たちを教えましょう。そして多くの素晴らしい友情が私たちの間に育つと期待しています。ノッチンガムプレースの使用人と子どもたちは仕事の訓練を受けています。そしていっしょに作業したいと強く望んでいます」
 第一歩は適当な家屋を見つけることだった。オクタヴィアはとても楽しそうに探し始めた。金銭のことで苦労しないですむのは、これが生まれて初めてといってよかった。そして庭のあるうってつけの大きな空き家は近くにいくらでもあったから、出かけていきその一つを買うのは簡単なことと予想された。しかし実際はまったく違うことがわかった。家を買おうとしている者と知って、非常にていねいに彼女を迎え入れた家主あるいは代理人が、家がどんな目的に使われるかを知ると冷淡になり、非難がましくなってきた。そういう好ましくない借家人を受けいれて、その地域に彼らが所有する土地や建物の価値を損ないたくないということなのだ。オクタヴィアは思いあまって、「貧しい人たちはどこに住めばいいのですか」と代理人の一人にたずねた。彼は冷ややかに「私にはわかりません。ただその人たちにはセントジョンズウッドエステートに近寄ってもらいたくないのです」と答えた。オクタヴィアは落胆した。しかし挫けなかった。良い家の所有者はオクタヴィアが間貸ししようとする人たちを拒否するとわかったのだから、良いとはいえない家屋を探さなくてはならない。当時メリルボーンは数多くの裏路地があり、彼女は間貸しの家をそこに持つほかなかった。友人の弁護士ウィリアム・シェーンがこの計画に献身的に打ち込み、家を探すのを助け、この件の法律的な問題をすべて受け持った。遅れが重なり、ほとんど際限がないように彼女は感じたのだが、遂に1865年の春、ラスキンはノッチンガムプレースにごく近い路地の家屋3戸の所有者となった。オクタヴィアが夢に見た家とは違っていた。庭がなかったからだ。だがこれで出発は果たせた。「嬉しくてほとんど足が地に着きません」3戸の家のそれぞれに家主が夏の半ばまで在留したので、すぐに仕事を始めたいと思ったが、それはできなかった。新しい仕事が始まったら休暇なしで働けるように、春のうちに休暇をとった。少しでも余った時間があるとひたすらに計画を練った。

(訳注 ノッチンガムプレース ― Nottingham Place, リージェンツパークの南を走るメリルボーン大通 りの南にある。フィッツロイスクエアからは、西へ約1Km。現在パラダイスプレースは残っていない。)

 ラスキンはこの計画を採算がとれるようにすることを強く勧め、彼の投資額の5パーセントの配当を受け取りたいといった。利益に関心が有るというより、もしこの事業から利益があげられればオクタヴィアを見習う人が現れ、その結果、労働者の住宅の水準が全体的に上がるだろうと思うからだった。オクタヴィアはこの推論をもっともだとは思わなかった。「一体誰が私のしていることを聞きつけるでしょう」と信じ難い様子で彼女は聞いた。しかしラスキンのそれとは別の理由から、オクタヴィアはこれら3戸の住宅から利益を出そうと心に決めていた。彼女の考えははっきりしていた。「労働者は家賃が支払えて当然です」彼女自身、他人に依存することを嫌い、それを人間らしい当然の感情と思っていたので、自分の借家人たちもまた同じ感情を持つと彼女は確信していた。彼らに援助に頼って生きることを強いるのは侮辱になると思った。借家人を人間として敬うゆえに、貸し手の採算がとれる賃貸料を借家人が支払える状況をつくろうと彼女は決意した。それが容易でないことは知っていたが、忍耐と固い決意をもってすれば実現できると考えた。「私のプランで採算が取れるはずです。しかしこのことについては私はあまりいいません。住居の管理と家賃の滞納防止にことは大きくかかっています。共同購買のためにお茶を大量仕入れしたことをお話したでしょうか。割安のお茶になり、彼女たちはかなりのお金を浮かすことができます。それにとても良いお茶が飲めます。けれども私はこれに期待をかけているわけではなく、その他の外的な工夫や取決めに期待しているのでもありません。借家人たちを知るための工夫と、彼らに働くことと人を信頼することを教えるための工夫に、期待をかけています。私にとってそれは全面的に教育の問題です。私の期待はそこにあります」
 オクタヴィアが最初に持った3戸の住宅はパラダイスプレースにあった。1年後ラスキンは「荒廃した小さな土地に面して一列に並んだ家屋(その敷地には荒れ果てた牛舎があり、糞の山、古い木材、あらゆる種類のごみが地面を覆っていました)」をオクタヴィアのために購入した。最初の3戸からあまり離れてはいなかった。比べると家の程度は劣ったのだが、オクタヴィアのみるところでは、遊び場のスペースが取れるというこの上ない取り柄があった。1866年の末には「これまでに扱った中で最低の4戸」を手に入れた。
 今日の我々には、オクタヴィアがいまや管理責任を持つにいたったこれらの家と土地の性格を想像することは難しい。不幸なことにいまなお「スラム」(醜悪なことばなのでオクタヴィアは自分の借家人たちの住居をさしてこの語を使うことに耐えられず、いつも「コート」といういい方をした)は存在する。しかし彼女が扱わなければならなかったような借家人と住居はもう現代では見られないといっていいだろう。ひどい状況が生まれた一つの原因は家主のタイプにあった。通常、家主は収入をもたらす資産がさほどないような者たちで、投資として家を買い、できるだけ多くの利益をそこから吸い上げようとしていた。仮に家と土地を良好な状態に保とうと望んだとしても、彼らにはその費用がまかなえなかったのだろう。しかしもともと彼らはそれを必要とは認めていなかった。検査官が見てぞっとした排水溝を、家主は「居住者の水準の割りにはとても良い状態にある」と判断して修理しなかった。また借家人への対応が一定していなかった。ある場合は苛酷、またあるときは愚かしいくらい寛容だった。賃貸料の滞りは大きくほとんどの借家人は6週から8週も遅れていた。もっと滞らせる者もいた。ある家主、実は葬儀屋であった彼はオクタヴィアに率直にこういった。「いや、お嬢さん。もちろん、家賃の滞納は多いですよ。私が気をつけているのは家賃ではなくて、私の貸家から死ぬ人が出ることなのです」
 オクタヴィアは最初の3戸の家屋が、購入時にどのような状態にあったかを記録している。「壁のプラスターは剥げかけていました。ある階段には雨漏りを受けるバケツがありました。どの階段も真っ暗で、手摺もありませんでした。借家人がタキギに使ってしまったのです。暖炉の火格子には大きな穴が開いていて、部屋の中の方へ落ちかけていました。洗濯場には、家主のものである材木が詰まっていて、鍵が掛けられていました。そのため借家人は自分たちの小さな部屋で料理し、眠るだけではなく、洗濯もそこでしなければならなかったのです。ごみ箱はこれらの家の前にあり、近所の人たち誰もが近かづけました。幾度も男の子たちがたくさんの見苦しいものを引っ張り出してコート中にばらまきました。排水の状態もほかのことと似たりよったりでした。裏のヤードの舗装はすっかり駄目になっており、大きな汚れた水溜まりがいくつもできて、湿気が外装をはい上がってきました。大きな汚い天水桶が一つあって、引かれてくる水を受け、3戸が共同でそれを使いました。この桶が漏れるので、ちょうど水が桶に入ってくるときに瓶を一杯にしなかった人、そして水を入れる瓶を持っていない人は、水を使えなかったのです」これがオクタヴィアを幸福感で満たし、「ほとんど足が地につかなく」させた家であった。
 予想できたことだが、借家人たちも建物と同じように前途を不安にさせた。彼らは今日では誰も知らないような貧困の中で生きていた。多くは定職がなく、ときどき仕事を得るに過ぎず、その賃金も低かった。彼らは大家族で暮らしており、義務教育はなかったから、子どもたちは一日の大部分を喧嘩したり、汚れた顔とぼんやりと虚ろな表情で、貧民街のあちこちに座って過ごした。少額で、不規則な賃金収入、不愉快な家庭に苦しめられ、外へ出てもまっとうな娯楽はなく、当然の結果として、泥酔と喧嘩は非常に多かった。このコートの評判はそれ以下はあり得ないくらいひどいものだった。しかしこの状況にあって、さらに目立ったのは、コートの居住者たちがどの程度にせよ品位を持ってきちんと生きるということと一切無縁だという事実だった。
 去っていく家主が家賃を集める最後の日に、オクタヴィアは新しい家主として居住人たちに紹介してもらうために、彼といっしょに3戸の家へ足を運んだ。奇妙な一組に見えたに違いない。家主の男(不人情な男ではないが、相手によってあしらいを変えることは不人情というものだという意味では、不人情である、とオクタヴィアはいっている)は、借家人たちがオクタヴィアを仲介業者だと考えるだろうと思っていた。彼はただ事務的に家賃を集めていた。借家人たちの性状と暮らしぶりにすっかり慣れていたのでほとんどそれらに気をとめなかった。しかしオクタヴィアはなにもかにもが気になった。南京虫の類、黒く汚れ惨めに裂けて垂れ下がった壁紙、居住人たちのむっつりした表情に見られる敵意、この場所全体にひろがる荒廃。こういう場合、経験を積んだソーシャルワーカーならば前途に不安を感じても許されるだろう。このような厳しい仕事に取り組んだ場合の将来を見通してひるんでも、無理からぬことなのだ。オクタヴィアの反応はどうだったろう。「経験がない人にはよく理解できないと思いますが、たとえ完全にではなくても、きちんとした状態に改善できるだろうと考えながら、ひどい住宅を手に入れるのは怖いほど嬉しいものです」そこで、喜びいっぱいの気持ちで、オクタヴィアは大きな冒険を開始した。
 借家人の問題はさておき、まず建物をかなり良い状態にまで修繕する必要のあることは明らかだった。きちんとした衛生的な設備と十分な水がなににも優先して必要だった。3戸とも造りはしっかりしていて、あまり日数をかけずに整備できそうだった。この地域をよく知っている人々はみなオクタヴィアに、手摺をまた新しくつけたり、窓ガラスを入れ直したり(ある家では192枚のガラスのうち、元のままだったのはわずか8枚だった)、清潔を目指したりすることは無意味だと教え、借家人たちはすぐに窓を割り、手摺を燃やし、彼女がきれいにしたところをすべてまた汚すだろうといった。こうした予言に怯まず彼女は修繕を始めた。予言の一部はその通りになり、直しても直しても物は壊された。だがオクタヴィアはつきることのない忍耐力を持っていて、やがて借家人たちはよく手入れされた家を大切にする姿勢を身につけるだろうと信じていた。
 家屋を清潔にすることも急を要した。借家人の生活習慣に変革がなければ清潔になった状態がそのまま続くものではないのだが、オクタヴィアはできることを直ちに始めた。家主である彼女は廊下、階段、洗濯場、ヤードの管理責任者なので、少なくともこれらの共用部分は、自分の仕事としてきれいな状態に保つことができた。漆喰を塗り、定期的に徹底的に磨いた。きれいな廊下とまだ汚れたままの貸し室との境界の黒ずんだ線が、やがて借家人の注意をひき、これで良いのだろうかという気持ちがその心に生まれることを期待していた。階段の新しくした窓の明かりで黒ずんだ線をいっそう目立たせた。少なくとも清潔さの一つの標準がこうして示された。また充分な水とまずまずの洗濯場も、それを望む人たちには使用可能になった。
 しかし問題の核心は建物よりも居住者にあった。オクタヴィアは人々への接し方を唯一つしか知らなかった。ひとりずつと知り合いになり、その人々を、ひとりの人間がひとりの友人を助けるように、ひとりとひとりの関係で助けようとするものだった。賃貸料の徴収は彼女に借家人と定期的に会う機会を与えたが、気の弱い人なら、家賃を取りに毎週訪れることで友人になれる見通しはあまりないと感じたであろう。毎週きちんと彼女は訪ねていき、そして、冷たい対応を受けた。彼女を避けて借家人は出掛けてしまう。そこで彼女は幾度も訪ねて行き、同じドアの前に立たなくてはならなかった。あるコートでは主な借家人は日中は出かける行商人たちであったから、夜訪ねなくてはならなかった。「玄関のドアは昼夜開いていました。キッチンの階段を足で探りながら降りていきました。階段は壊れていて、固まった泥で丸くなっています。霧のかかった重い大気が押さえつけている下からひどい匂いが立ち上がってきます。手探りで進むと、漆喰がぱらぱらと弱々しい音を立てて落ちました」ときには開け放ったドアの向こうに借家人が酔って床に転がっているのに気がつくこともあった。もう少しましな借家人はドアの隙間から賃貸料の通帳と金を突き出すのだが、オクタヴィアに入ってこられないよう、足でドアをしっかりと押さえていた。ヤードには男たちが大勢いてしばしば喧嘩や喧しい口論をしていた。毎週毎週オクタヴィアは昼夜時刻を選ばずにそこへ入っていった。一人で行ったが全然恐れてはいなかった。汚物があちこちにある中を踏み場所を拾いながら、荒々しい人たちの間を通り、あらゆることを目にとめながらことばは発しなかった。彼女は必要な修繕を手配し続け、特に賃貸料は毎週受け取りたいのだと強調し続けた。支払いの遅れが重なることを認めなかった。最初借家人たちはそれがよく理解できなかった。彼らは脅しにも追従にも動じない家主に慣れていなかった。ある借家人(女性)は、一度ならず、オクタヴィアを自分の部屋に入れた上で鍵を掛け、ある問題でオクタヴィアが譲るまで出そうとしなかった。こういう場合オクタヴィアの出方はいつも同じで、まったく動じることなく、沈黙を守った。これは相手を非常に狼狽させた。彼女の声は段々と小さくなり、暴言も侮辱も投げ返さない者とやり合うことは不可能なので、ついには彼女もまた黙ってしまうのだった。そこでオクタヴィアは非常に穏やかにそして冷静に最初の主張をもう一度繰り返した。そのオクタヴィアにさらに悪口を浴びせても先程の場面が繰り返されるだけなのだから、彼女はこの家主を解放するよりほかなかった。賃貸料が支払われないとしかるべき警告を発した後、オクタヴィアはその滞納者を立ち退かせる手続きを取り始める。最初のうち借家人はこれをこけおどしと思っていた。しかし賃貸料を払わぬ限り、その手続きが停止されないことがわかると、多くの場合滞納はなくなった。もちろん若干の借家人をオクタヴィアは失った。そのひとつひとつの事例が彼女自身には実に悲しいことであった。しかし自分と居住人との関係は、相互に義務を果たす関係だという原則が確立されない限り、自分は何もできないとオクタヴィアは強く確信していた。彼女は家主としての義務をあくまでも誠実に果たし、借家人たちには同等の几帳面さで、彼らの義務を果たすことを求めていた。このルールを遵守せよと厳しく主張することはオクタヴィアにとっって易しくはなかった。金銭にはほとんど欲がなく、人間を深く愛する彼女であったから、何らかの理由で賃貸料を用意できなかった人たちには寛容を示すほうが、遥かに生来の気質にあって、ずっと楽な対応であったろう。「困っているのを見て、しかも救わずにいるとき、充分な忍耐と自制を持つのは易しくありません。その人の助けになるほうが遥かに楽です」しかし彼女は厳しい姿勢を維持した。それをゆるめると結局「滞納者が不払いを重ねること」になり、「悪い手本ができて、すぐにそれに倣う人たちが出てくる」と思うからだった。
 徐々に借家人たちの反感は和らいだ。決まった日に、天気などには関わりなく必ず現れて、汚れたヤードをきっぱりとした様子で、元気よく横切っていく、小柄だが丈夫そうな人物に彼らは慣れたのだ。しぶしぶながらといって良いが、彼らはオクタヴィアの肝力を認めざるを得なかった。警官でも二人組んで行くことになっている場所へ彼女は夜一人で出掛けて行った。彼女の抱える借家人の多くはもっとも粗暴、無法な部類の人たちだったが、彼女が集めた賃貸料を手提げ袋に入れて彼らがたむろする中を通っても、からまれも、ひったくられもしなかった。これは暗示に富む事実である。やがて彼らは彼女のルールの公平さとどんな小さなことでも彼女が決して裏切らないという事実を評価し始めた。入ってくれといわない限り決して借家人の部屋に立ち入らないとわかってから、入れまいとドアを押さえる足はなくなった。
 この段階に到達すると、借家人の幸福を求める彼女の計画に、彼らの協力を得る試みが可能になった。彼らは本来道理をわきまえた人たちだと信じて、オクタヴィアは自分の考えを打ち明けた。現在各家屋の修繕に費やしてる金額を示し、必要な修繕をした結果、予定した金額に余剰がでた場合には、それを居住人たちが欲する改善に使うと約束した。食品を入れる網戸棚、調理器具や食器の棚、洗濯場の腰掛け(洗濯は居住人たちに委ねる)などに使うと話した。家屋修繕の費用を低く押さえることがたちまちみなの関心事となった。理不尽な破壊はすぐになくなり、不注意による破損も減った。そして男性の多くは修繕費を節約するためには小さな修繕は自分でしようとするようになった。借家人たちとの協力のもう一つの形は年長の少女たちから選んで清掃のグループを組織したことだった。少女たちは各廊下を週に2回、週当たり6ペンスの賃金で磨いた。生まれて初めて賃金を得るということは誰の場合でも、励みになるものであり、また定まった収入があるのは子どもたちにとって大きな喜びだった。そして少女たちはお金もさることながら、仕事自体にも興味を持つようになり、磨いた廊下の白さを喜んだ。オクタヴィアはこう記している。「初めて廊下を磨いたある少女は大得意で、私が見届けに行く前に男の子たち(整然として奇麗なものを駄目にする天敵とこの子は思っています)が汚さぬよう、2時間も見張りに立っていました」
 つぎにオクタヴィアは居住者の数が多すぎるという問題に取り組もうとした。ラスキンが最初に購入した3戸には各6室があり一室に一家族が住んでいた。どれも大家族であった。当時下宿用の部屋は見つけにくかったので、親切心あるいは収入欲しさから、またはこの二つを合わせた理由で、多くの家庭が下宿人を入れていた。ノッチンガムプレーススクールの昔の生徒の一人は、18人で住んでいる部屋を見せられたことを記憶している。これは明らかに耐え難い状況である。ただちにオクタヴィアは部屋の又貸しを一切容認しないというルールを作った。ある部屋が空くと彼女は借家人の誰かにもう一部屋借りることを勧めた。しかし多くの家族は一部屋でなんとかやっていくことに慣れてしまっており、もう一部屋のために余分な賃貸料を払うことを惜しんだ。彼女は二部屋借りても賃貸料はさほど変わらないように配慮したが、それでも彼らはその差額のもっと良い使い道があると考えて、借りようとはしなかった。オクタヴィアも固執しなかった。新しい借家人が、彼女には多すぎると思える人数で住もうとすれば、断ることは可能であり、また実際そうしたのだが、すでにそういう住み方をしている人たちに圧力を加えるのは正しくないと思った。「人には自分がしたいと思う生活を選択する権利があります」と彼女はいい、その権利を侵害すまいと決めていた。しかし居住人がオクタヴィアをよりよく知り、ますます彼女の判断に敬意を抱くようになると、彼女の明らかな不賛成に逆らって頑張り続けることが彼らには難しくなった。一室に夫および7人の子どもとともに住む婦人は、オクタヴィアがもう一部屋借りることを勧めると、その金のほかの使い道を長々と語った。そのときのことをオクタヴィアはこう述べている。「私は黙っていました。半ば訴え、半ば折れている声が「お嬢さん、私が正しいと思いません」と問い掛けました。私は’思いません。ほんとうに……しかしもちろんあなたは自分で一番良いと思う通りにすればいいのですよ’と答えました」しばらくその家族は一部屋で暮らし続けたが、少し後になってまた空き部屋ができたときに、この婦人の方からそれを借りたいといってきた。
 確固とした信念と忍耐の組み合わせには誰も勝てないことがよくわかった。驚くほど短期間で各家屋は整然とした状態になり、そしてオクタヴィアは、家主と借家人は相互に義務を有するという原則の確認を土台とした関係を、借家人との間に作り上げた。たとえ実際には借家人側がつねに完全にこの原則を守るわけではないにせよ、少なくともオクタヴィアは原則が含む多くの細かい、しばしば退屈でもある仕事を喜んで受け入れた。「9戸の家を一巡りして、ちょうどいま帰ったところです。どういう訳か、いろいろな修繕やそれに類したことで、細かな気苦労がいくつもある日でした。帰って家へ入りながら私はこう考えていました。この細々とした、絶え間のない気苦労を免れることができるなら、どんなに途方もない金額を支払っても、もしそれでもこの仕事が成りたてばのことですが、小さな費用といえるでしょう。だがそれではこの仕事が続きません。一つの事業がほんとうに良くなるのは、計画全体と同じく細かい点も優れた原則に基づいて管理されている場合に限られます。そして、私が思うに、この共同住宅という、借家人たちを効果的に教育する学校もこの例にもれませんから、私はなおこれからもそれを管理しなくてはなりません。この学校が最終的に人を狭量にも、欲深にも、無情にもしないことを望んでいます」

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com