戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第5章
ノッチンガムプレーススクール


―勉強のために勉強し、理解のために勉強することが唯一の正しいいき方です―
オクタヴィア(26歳) からミス・エミリー・デーヴィスへの手紙(1864年 2月)


 1861年は23歳のオクタヴィアにとって非常に悲しい終り方をした。メアリー・ハリスとの休暇の急な切り上げと、ソフィア・ジェックス-ブレークとの別 れからきた情緒的緊張がオクタヴィアの健康と気力に影響した。そこへもってきて、12月に祖父サウスウッド・スミス博士がまったく突然に亡くなった。キャロライン・ヒルはこの父の死にがっくりしてしまった。彼女と父の結びつきは大層緊密だった。夫が衰弱して家族を支えられなくなって以来、彼女は長い歳月をこの父と過ごし、信頼してその助言を求めることに慣れていた。実際、つねに彼を家長と意識していた。オクタヴィアは母の気持ちを想い、深く悲しんだ。オクタヴィアは自分以外の誰にも依存することを望まず、すでに長い年月経済的には独立していたが、祖父の死で、母に対する自分の責任を一層強く感じた。それまでにもまして、彼女は家族の中の唯一の「男」になったのである。
 悲しい出来事ではあったが、ただ死者を悼んで何もせずに過ごしてはいられなかった。いつものように、しなければならない仕事がたくさんあったのだ。家族の誰もがいまは人にものを教える仕事に関わっていた。というのもヒル夫人の教育に関する著書は知的な人々の間でかなり広く知られ、末妹のエミリーはクイーンズカレッジを卒業して充分に教える資格を備え、フロレンスは完全なイタリア語を話し、またイタリアで音楽を学び、そして姉のミランダは13才のときからずっと教える仕事を続けてきたというわけだから、ヒル家のものが生徒を見つけるのは難しいことではなかったのである。1862年の初めには、ミランダは商人と職人の子女のための学校の校長であり、エミリー(姉妹たちはミニーと呼んでいた)は午前中はある学校で教え、午後は二人の生徒に個人教授をした。一方、ヒル夫人は一人の「可愛い女の子」を教えていた。オクタヴィアの場合、教える仕事は彼女のさまざまな活動の中のひとつでしかなく、いまも彼女は精を出してラスキンのために絵を描き、婦人労働者学校の書記も続けていた。そこで絵も教えた。加えて生徒30人の絵画教室をポートマンホールに持ち、さらに10人をノッチンガムプレースで教え、その上、「二人の小さな男の子」に一日2時間教えていた。「もちろん、お金持ちになりつつあります」と、メアリー・ハリスへの手紙で、生徒の数を挙げながら語っている。そしてこれはさらに重要なことだが、体力も気力も回復し始めていた。
 ノッチンガムプレーススクールは、以後25年間オクタヴィアの生活の中で大きな役割を演ずる運命にあり、少女たちの教育に明らかな貢献をすることになるのだが、それが発足したのはほとんど偶然といってもいいらしい。当時、イギリス人は自分たちの娘に何らかの教育が必要だと思い始めていた。公共女子週日学校トラスト(Girl's Public Day School Trust)とその他の大きな女学校の創設で頂点に達する運動が、すでに状況を動かしつつあり、そのもっとも速い現れの一つが、ノッチンガムプレーススクールだった。そのころエミリーへの家庭教師の依頼が非常に多かった。ヒル家の知人たちの多くがエミリーを求めていた。そこで彼女はそれまで働いていた学校を退き、個人教授だけをすることにしたが、それでもすべての求めに応じることはできなかった。一方オクタヴィアは、二人の子どもを自宅に預かってクイーンズカレッジへ入る準備をさせるよう依頼された。このような事態を前にして、もっとも簡単な対応策は、ヒル家の者たちに教わろうとしている子どもたちを集めて一つの学校にすることだろうとわかってきた。精力的にオクタヴィアは計画を始めた。心にはソフィア・ジェックス-ブレークが去ったことで生じた穴がまだ残っていたから、家を子どもたちで一杯にするという着想はとても気に入った。「この仕事には興味があります。この家がどちらかといえばばらばらになっているいま、これは目標を与えてくれます」1862年の秋にはすでに、寄宿生5名、昼間通う女子生徒8名で学校はほんとうに始まっていた。さしあたり、ミランダは自分の学校を続け、午後だけノッチンガムプレースを手伝った。したがって学校の仕事のほとんどはオクタヴィアとエミリーの肩に掛かってきた。オクタヴィアには少女たちの教育について非常に明確な思想があった。それぞれの子をつねに家族との関連で考えるのが特徴だった。生徒たちは「清潔、整頓、几帳面、独立独行の習慣、そして家庭で役立つ人となるための実際的な能力と先のことを見通す思慮」を身につけるようしつけられることになっていた。「私は、生徒たちにこれらを楽しむことを教えられると思います」この他に生徒たちは社会における自分の位置と役割を、他人への奉仕を通じて学ぶことになっていた。最初からオクタヴィアは生徒に、社会の状態への関心を持ち、より貧しい隣人たちにじかに接して何かを学び、そして可能な場合にはその人たちを助けるよう励ました。「年長の生徒たちがなんとかして時間を作り、日曜あるいは何曜でもいいから小さな子どもたちを教えるようになると良い、そう強く願っています」
 それは、現代の考え方からすれば、さまざまに異を唱えられるだろうが、注目に値する学校であった。建物は辛うじて合格といった程度だった。初期にはほんとうの教室はそこになく、後になって裏の馬小屋が、新聞種になりながら、教室に改造されたのだが、確かに馬の匂いがあり、窓は高すぎて外が見えなかった。ときどきこの教室で二つの授業が同時に行われた。というのも他には小さな控えの間があるだけで、そこはせいぜい2人の少女の自習に使えるにすぎなかった。寄宿生は一部屋に3人で寝た。馬小屋の改造で教室が作られると、その二階が2つの寝室になり、その一つをミランダが使った。オクタヴィアと母は奥の客間でいっしょにやすんだ。スパルタ式といって良い生活であった。この家族は肉体的安楽をほとんど求めない人たちで、安楽椅子はなく、ベッドは堅く、お湯は乏しかった。起床時間に関してこの学校には規則もなかった。薄切りのバターつきパンが一晩中教室に置かれ、早く起きたものは勉強を始める前にそれを食べることになっていた。冬季にはその子たちが自分で暖炉に火をつけても良いことになっていた。
 身体の発育を目指す運動の機会も忘れられていなかった。「私たちの学校はリージェンツパークにとても近く、少女たちは毎日そこを歩くことができます。公園の、一般には解放されていない区画の鍵を私たちは持っていますので、少女たちはそこで誰にも邪魔されずに冬は徒競走、夏はクリケットをします。また夏にはダンスと体操の授業の代わりに週2回少女たちは公園の池でボートを漕ぎます。週一回の水泳も始めます。こうして学校は彼女たちに健康のための運動の機会を多く与えています」どれほどオクタヴィアが世間の考えに先行していたかはつぎの事実から推測できる。約10年後、同じ地域のある女学校の理事会は生徒の「健康に役立つ運動」のための設備を設けるよう要請されると、こう回答した。「当理事会はこの案の推進者たちに、女子生徒保護のプライバシーが不可欠なので、男子生徒の運動場使用と女子生徒の使用との間には、大きな距離があると申し上げたい」ノッチンガムプレースのカリキュラムは当時としては幅広いものだった。「我々が教える科目は英語数科目、ラテン語、フランス語、イタリア語、ドイツ語、音楽(独唱ではなく合唱)、絵画、ユークリッド幾何学および代数の初歩、そして生物学と科学と物理学の初歩です。後のほうの理科系の科目では我々が教えるのはごく基本的な原理だけですが、女子生徒にとって興味深くまた価値があると考えています」
 エミリーは資格を持った教師だったが、オクタヴィアの教師としての素養には今日の視学官なら不信の眼を向けたであろう。「私は生理学の学習をを昨日始めたばかりです。しかし大層進みました。毎週の授業の準備という形で、これを着実に続けていくつもりです。そうすれば私自身がたくさん学ぶことになるでしょう」とオクタヴィアは手紙で語っている。ラテン語も困難を彼女に突き付けた。「それを教えるのが私の分担になったので、私はひどい無知を後悔しました。ラテン語の猛勉強をしたいと思います。ミニーと私は、S夫人あるいは誰でもいいから親切な、ちゃんとした人が私たちといっしょにラテン語を読んでくれないか頼んでみようと考えています。現在はひとりで取り組んでいます」しかし、たとえオクタヴィアが知識の点では資格を欠いていても、彼女には勉強への熱意があり、それは教師には、より大切な価値のあることだった。それに触れた生徒もまた熱意を持つからである。そしてオクタヴィアはいつまでも資格を欠いたままで良いとも思わなかった。たいていの女性なら、気力を挫かれてしまうほどすでに仕事が詰まっている生活の中で、自分で勉強する時間を作り出した。そして、1864年3月に意気揚々とこう手紙に書くことができた。「免許状をクイーンズカレッジから受け取りました。署名者の中になんとスタンリーがいるのですよ」
 自分の生徒のしっかりとした教育を真剣に考えているうちにオクタヴィアは、大学による学力検定試験に女性を参加させる運動に加わるようになった。これはいかにも彼女らしいことだった。彼女の関心を普遍的な問題に向けさせるのは、いつも個人が抱えている、解決を必要とする問題だった。自分の教育が何らかの客観的な基準による評価を受けることを欲したのは、彼女の性格にある実直さの一端が現れたのだった。何かその種のものが制度化されないと女性教育は向上しないだろうと彼女は感じていた。「生徒たちを試験する公認の制度がありません。それは非常に必要であり、広く一般にもそう感じられていると確信します。……生徒の進歩を見届けることは難しいと私は思っています。非常に強くそう思いますので、生徒たちの親が子どもの進歩を少しはわかるような方法を自分が用意できるまでは、生徒たちを引き受けようと思いませんでした。私は少女のひとりひとりにノートブックを渡しました。その中に半年間の試験問題へのその子の答えが書き込まれるのです。こうして親は子どもの進歩を知ります。だがもちろんこの方法はぎこちないものです。試験問題はその生徒の教師たちによって出されます。どこで生徒が誤りやすいか分かっている者たちです。教師は科目といっても事実上は、自分が教えたことについて試験をするのです」
 ケンブリッジによる地方試験が女性にも受け入れるようになると、ノッチンガムプレースの子どもたちはすぐに全員参加させられた。彼女たちの好成績はオクタヴィアに大きな喜びをもたらしたが、彼女は試験の意味を過大には決して考えなかった。「試験が私たちの生徒におよぼした効果をとても嬉しく思います。彼女たちはとても励まされていると私は感じました。試験は彼女たちに大きな興味を持たせました。他校の生徒との交流は、イングランド中の学習者の大きな集団とともに自分は勉強しているという感覚を持たせました。これは大変良いことです。そしてこの地方試験は私たちの生徒の学力水準(いいにくいことですが高くないと思っています)を幾分でも引き上げる傾向にあります。あらゆる試験同様、この地方試験も注意深く、正しく使われる必要があります。人々はこの試験を越えた向こうを見なければなりません。さもないと試験を正しく見ることができません。試験に出てくるものよりもっと大切な学ぶべきものがいろいろあります。そして試験のために勉強することは危険です。勉強のために勉強し、理解のために勉強することが唯一の正しい行き方です。しかし最終的にみなの知識を判定してくれる基準の価値は計り知れないほど大きいです」
 しかしながら、ノッチンガムプレーススクールを独特のものにしたのは子どもと教師がともにする家庭生活であったろう。「私たちは12才から18才までの女子を寄宿生として小人数受け入れました。人数を多くしなかった理由は、人の数と組み合わせを、学校というよりは家庭らしくしたかったからです」実際、その学校生活は大変幸福な家族の生活だった。リージェンツパークの散歩、公園の特別に立ち入りを許された囲い地内でのゲーム、池でのボート漕ぎをいっしょに楽しみ、そして子どもたちにヒル姉妹と伸び伸びと話す機会を与えた。オクタヴィアが一番好奇心を刺激する教師だったかもしれないが、ミランダが最も深く愛された。二人とも良い教師であり生徒たちの楽しい仲間だった。毎日6時までに授業はすべて終わり、それからみな揃って食堂で夕食をとった。一方がアプス状(半円形みら張り出し)になっている部屋でレオナルドの「最後の晩餐」の複製が掛けてあり、そこにオクタヴィア自身が絵の具で書いた銘語「これらは生ける人々、我らは壁の上の過ぎ行く影」が添えられていた。頻繁に食事には客が招かれた。ときにはラスキン、ジョージ・マクドナルド、F・D・モーリスのような高名な人々、またあるときはさして有名ではない人たちであったが、どの人も興味深かった。というのも、ヒル姉妹はそれまで「交際」を育む時間あるいは意向を持たなかったからである。つねに彼女たちの友人は仕事の過程で出会った人々、つまり公共的活動、社会改良、そしてあらゆる当時解決を迫られていた問題に関わっている男女だった。客たちの話は興味深く、生徒の教育の貴重な助けになったであろう。生徒たちは、子どものころのミランダとオクタヴィアが、祖父とその友人たちが話し合う席でそうしたように、じっと耳を傾け、ときどきは話に加わったかもしれない。
 来客のない日は、みなは夕食の後片付けがすむとふたたび食堂に集まることが多かった。客間は日曜日にそこで讃美歌を歌う以外には使われなかった。そして就寝までは「社交」の時間だった。ときどきみなで合唱し、ときどき生徒たちは、オクタヴィアが大きな声で朗読するのを聞きつつ、針仕事をした。彼女は素晴らしい読み手で、耳に快い深い声とリズム感、そして選んだ本を明らかに彼女自身が楽しんでいる様子が、聞く者にいつまでも残る印象を刻みつけた。夕食が6時なので夜の時間が長くなり、たくさんの本がこのようにして読まれた。楽しい語らい、合唱、針仕事、朗読、典型的なヴィクトリア時代の家族の夕べだった。しかし、現在ある程度の年齢で、このような夜を記憶している人々は、これらの楽しみをさまざまな新しい娯楽と取り替えた現世代を、ほんとうに祝福されるべき世代とは認めにくいのではないだろうか。 日曜の晩にはそれまでの一週間の繕い物が詳しく調べられ、そしてどの子も一週間の小遣いの計算書を出した。それは絶対に正確でなくてはならなかった。オクタヴィアはまたすべての引き出しの整頓を調べ、整頓されていない引き出しには注意を促す短いメモが残された。まったく楽しい学校であった。「どんなに賑やかで楽しい家か容易に想像していただけると思います。若い子たちが笑い、小猫のように戯れています」
 1863年7月、この幸福がミランダの非常に重い病気によって中断された。数日間は絶望かと思われ、不安は家の者たちに重くのしかかった。悲しみと長時間の看病に疲れたオクタヴィアであったが、周囲の人々が示してくれた同情と優しさに心を打たれた。彼女は、モーリスが毎日来てくれたこと、ラスキンが絶えず心配して問い合わせてくれたことを書いている。そして「家の周りをそっと歩き、ひそひそ声で話していた小さな子どもたち、誰にも頼らずしっかりと自習し、この上なく優しく私たちの世話をしてくれた生徒たち、毎日人をよこして病状を尋ねてくれた貧しい老婦人、私たち姉妹に手を空けさせるために何もかもしてくれた先生たち、馬車を走らせて花やブドウを持ってきてくれた友人たち、岩のように強く耐えてくれた召使たち」について書いている。ミランダは回復した。そして気がついてみると、不安のときを乗り切ったことで学校の者全員が以前よりも固く、ほんとうの一つの家族のように結束していた。
 そうこうするうちに、学校の評判は着実に高まっていき、子どもを入れたいという友人は数を増した。姉妹の誰かを家庭教師に招きたいといまだに望む人たちもいた。その一人がトマス・ヒューズ(『トム・ブラウンの学校生活』の著者)で、姉妹の誰かに来てほしいと何年も前から希望しているとオクタヴィアに語った。オクタヴィアはこう書いた。「子どもたちが勉強を嫌うのでヒューズさんが悲しんでおいでです。その悲しみに私は胸を刺されました。ヒューズ家では家庭教師が見つかるまで、一ヶ月間子どもたちを田舎へ連れていく者を求めていることを知り、それなら私にできるだろうと思いました。もしかすると子どもたちを困難から救い出して、勉強を以後もっと好きにさせてあげられるかもしれない、と考えました」

(訳注 トマス・ヒューズ ― Thomas Hughed, 1822-96, オックスフォードシャー生まれの作家。弁護士、判事、リベラル派下院議員などを経験。『トム・ブラウンの学校生活』はラグビー校での自分自身の経験から。)

 こうしてオクタヴィアは1863年のクリスマスにちょっとしたバスマンズ・ホリデーを過ごした。ヒューズ家の子どもたちを教えたのである。困っている人々の要請を断ることができない人間であったし、その勉強嫌いな子どもたちの一人は非常に助けを必要としていると思えたからだった。数年後同じ気持ちから、彼女は、マクドナルド家のラテン語嫌いの男の子を教えて、長い夏休みをビュートで過ごした。そしてマクドナルドが書き残している通り「彼に恋をさせた。アイネアースとディドにではないにせよ、少なくともラテン文法に。そして付随的にとはいえ彼女その人に」

(訳注 バスマンズ・ホリデー ― busman's holiday, バスの運転手がドライブして休暇を送るような、日常と変わらない休暇の過ごし方。教師稼業のオクタヴィアがクリスマス休暇に家庭教師をしたことを揶揄。

アエネアスとディド ― Aeneas and Dido, ローマの詩人ウェルギリウスの叙事詩。アエネアスはローマ建国の英雄、ディドはカルタゴ建国の女王で彼に失恋し自殺したとされている。)

 1866年にはノッチンガムプレースの生徒をふやしても良いものか考えなければならなくなった。この時期までにオクタヴィアはやがて生涯の重要な仕事となるものを始めていた。それがどれくらい大きな仕事になるか当時はまだ予測できなかったが、すでに彼女はそれのために多くの時間と思考を費やすようになっていた。大きな学校を持つことはヒル姉妹の意図にはなかった。しかし友人の頼みを断るのは難しく、在校生の妹を親が入れたいと望めば断り切れなかった。議論の結果、ミランダが彼女の学校を手離してノッチンガムプレーススクールの校長となり、オクタヴィアがソーシャルワークにより多くの時間を使えるようにすること、そして寄宿生の数を14人に増やすことが決まった。
 オクタヴィアは学校の責任をミランダに譲り、嬉しかった。子どもにはとても興味があったが、子どもたちの喜びの中に完全に入っていくことをだんだん難しく感じてきていた。「ご承知の通り、私が子どもたちと接する場合、相手の気分を冷ましてしまう、一種冷たいところが出ます。それがあの子たちの喜びをいつも鋭く傷つけてしまいます。私の中に子どもの気持ちがもう失われて残っていないのでしょう」生来有能なオクタヴィアは、あまり聡明でない者たちがのろのろと不器用に、手探りするように骨を折っているのを見ると、苛立ちを抑えきれなかった。また、うわついたものでない落度や障害には、優しさと理解を持って対応できたのだが、彼女が「女学生的要素」と呼ぶもの、つまり成長のその段階につきものの、普通の馬鹿げた言動、振る舞いに苛立ってしまうのだった。というのも、努力の日々であった彼女自身の青春には、軽い気持ちで馬鹿なこともしてみる時間がなかったからであり、普通の女生徒はたいていそうなのだということが彼女には理解できなかったからである。
 一方ミランダはあらゆるタイプの子どもに対して理解があった。オクタヴィアほど自分を追い詰めることがなく、もっと穏やかな気質だった。少女時代オクタヴィアよりも気楽にロンドンに飛び込んだように、いま彼女は若い人たちの馬鹿げた振る舞いをより気軽に受け止めていた。距離を置き、面白がって観察した。その上で事態が良くなるのを待った。オクタヴィアには決してできない対応の仕方だった。友人の一人が数年後にこう書いている。「船が避難港へ入るように、私たちはミランダという港へ帰りました。非常に優しい、ゆったりとした表情をしていて、他の人々の面白い言動をたくさん知っていました。それらを話すときの上向いた顔、こっけいなことがあると輝いた目を思い出しませんか」生まれながらの教師で、子どもも教え、学科も教えた。前者を愛し後者を楽しんだ。子どもに自分には能力があると信じさせる才能があり、今日できなかった子も明日はきっとできるという信念があった。大層穏やかな人で、悪いことをしたものは、彼女の驚きをたたえた凝視に出会った。彼女の眼は大きく大きくなっていき、遂に相手は後ろめたさでいっぱいになるのだった。どこまでも快活な人柄で、生徒たちの遊びや計画に造作もなく熱中して加わることができた。いまも存命の人たちがこの学校についてきかれると、異口同音に「何といってもミス・ミランダでした」と答えるのは少しも不思議ではない。
 1866年にはノッチンガムプレースの生徒をふやしても良いものか考えなければならなくなった。この時期までにオクタヴィアはやがて生涯の重要な仕事となるものを始めていた。それがどれくらい大きな仕事になるか当時はまだ予測できなかったが、すでに彼女はそれのために多くの時間と思考を費やすようになっていた。大きな学校を持つことはヒル姉妹の意図にはなかった。しかし友人の頼みを断るのは難しく、在校生の妹を親が入れたいと望めば断り切れなかった。議論の結果、ミランダが彼女の学校を手離してノッチンガムプレーススクールの校長となり、オクタヴィアがソーシャルワークにより多くの時間を使えるようにすること、そして寄宿生の数を14人に増やすことが決まった。
 オクタヴィアは学校の責任をミランダに譲り、嬉しかった。子どもにはとても興味があったが、子どもたちの喜びの中に完全に入っていくことをだんだん難しく感じてきていた。「ご承知の通り、私が子どもたちと接する場合、相手の気分を冷ましてしまう、一種冷たいところが出ます。それがあの子たちの喜びをいつも鋭く傷つけてしまいます。私の中に子どもの気持ちがもう失われて残っていないのでしょう」生来有能なオクタヴィアは、あまり聡明でない者たちがのろのろと不器用に、手探りするように骨を折っているのを見ると、苛立ちを抑えきれなかった。また、うわついたものでない落度や障害には、優しさと理解を持って対応できたのだが、彼女が「女学生的要素」と呼ぶもの、つまり成長のその段階につきものの、普通の馬鹿げた言動、振る舞いに苛立ってしまうのだった。というのも、努力の日々であった彼女自身の青春には、軽い気持ちで馬鹿なこともしてみる時間がなかったからであり、普通の女生徒はたいていそうなのだということが彼女には理解できなかったからである。
 一方ミランダはあらゆるタイプの子どもに対して理解があった。オクタヴィアほど自分を追い詰めることがなく、もっと穏やかな気質だった。少女時代オクタヴィアよりも気楽にロンドンに飛び込んだように、いま彼女は若い人たちの馬鹿げた振る舞いをより気軽に受け止めていた。距離を置き、面白がって観察した。その上で事態が良くなるのを待った。オクタヴィアには決してできない対応の仕方だった。友人の一人が数年後にこう書いている。「船が避難港へ入るように、私たちはミランダという港へ帰りました。非常に優しい、ゆったりとした表情をしていて、他の人々の面白い言動をたくさん知っていました。それらを話すときの上向いた顔、こっけいなことがあると輝いた目を思い出しませんか」生まれながらの教師で、子どもも教え、学科も教えた。前者を愛し後者を楽しんだ。子どもに自分には能力があると信じさせる才能があり、今日できなかった子も明日はきっとできるという信念があった。大層穏やかな人で、悪いことをしたものは、彼女の驚きをたたえた凝視に出会った。彼女の眼は大きく大きくなっていき、遂に相手は後ろめたさでいっぱいになるのだった。どこまでも快活な人柄で、生徒たちの遊びや計画に造作もなく熱中して加わることができた。いまも存命の人たちがこの学校についてきかれると、異口同音に「何といってもミス・ミランダでした」と答えるのは少しも不思議ではない。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com