戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第4章
新しい友人たち


―以前よりずっと楽に初対面の人たちとうまくやれます。―
オクタヴィア(22歳) から友人ソフィア・ジェックス- ブレークへの手紙
(1860年 8月)


 「私たちの大切な新居をあなたも気に入ると思います」とオクタヴィアはイタリアのミランダへ手紙を送った。「可愛らしく、きれいなのが私には嬉しく、ごたごたしていなくて、清潔なのが、何よりの喜びです。とても気に入っています」オクタヴィアにとって家具付きアパートからの引っ越しは重要な意味を持っていた。それはひどい困窮が終わったことをを示すものだったからである。「いまでもそれについて語ることに耐えられないほど、とてもとても貧しかったころ」とずっと後になっても語られた困窮の時期が、このときに終わったのだった。状況ははっきりと良くなっていく。ヒル夫人は生徒たちを相手に忙しく、クイーンズカレッジのエミリーはまもなく収入を得られるようになるところだった。ラスキンは以前より多くオクタヴィアに支払ってくれた。そして、『近代画家論』の装丁の一部にオクタヴィアの仕事を使った。父親は快方に向かっており、前より明るくなった。彼の負債はまだ払い終えていなかったが、着実に減ってきていたので、それがなくなる日もそんなに遠い先ではないと思われた。ずっと暮らし向きが良くなったと感じて、オクタヴィアはミランダにイタリアで音楽のレッスンを受けることを勧め、家への送金は考えなくて良いといって安心させた。
 しかしながら、一つの影がミルトン街での2年間を暗くした。オクタヴィアの健康が今度は大きな心配の種になった。彼女は自分を責めた。「私がいけないのです。物事をもっと冷静に受け止めるべきなのです。私が賢明な判断をしないために、たくさんのことに悪い影響が出てしまうなどと考えてはならないのです。事態がしばらく悪くなろうと、心臓が破れそうになったりしてはいけないのです」この診断にはもっともなことがある。確かに彼女の精神は彼女の肉体を容赦なく働かせた。また彼女はこれから先その死にいたるまで、喜びと悲しみを、成功と失望を、より平凡な人々がそれらを感じる立場となったときに比べてずっと激しく感じるはずである。それは「世の中をひっくり返す」能力が支払うべき代価なのだ。しかしこれが真実のすべてではない。貧困(「生まれて以来、飢えに堪えねばならなかったのはわずか一、二度でした」と彼女は書き、自分の運命を幸福なものとして玩具作りの少女たちのそれと比べているが)、長時間の仕事、人々の要請への絶え間なしの応答が、もっとも強健な体質でもほとんど耐え切れない緊張を、彼女にもたらしてきていた。1859年春、彼女はまた衰弱に向かった。やむをえず、休暇を取り、メアリー・ハリスとノルマンディで過ごした。
 外国を訪れたのはこれが初めてだった。仕事を離れたときから、彼女の気分は高まり明るくなった。6時間かかった「非常に荒れた英仏海峡横断」も平気だった。彼女のフランス語の知識が不完全であってもそれは妨げとならず、出会うあらゆる人々と伸び伸びと話した。もっとも、「汽車の中で私の向かい側の席に掛けた、ずんぐりと背の低い不快な外国人(ひどく慇懃で私を非常に驚かせた)に決して関わるまいと強く決意」したこともあった。しかしほとんどの場合、いっしょになった人々への彼女の途切れることのない関心はこのような決意を乗り越えてしまった。そして彼女は激しい好奇心をもって数々の土地と人を知ろうとした。急速に健康は回復した。「フランスに来て以来、ここ数年間に笑ったよりももっとたくさん笑ったように思います」そして元気いっぱいでオクタヴィアは仕事に復帰した。しかし多年の緊張の結果を簡単に消し去ることはできない。幾度も幾度も手紙の中で彼女は激しい疲労と痛みの発作に言及し、耐え難いと告げている。いまでは頻繁に休みを取らねばならなかった。「オーキーは休暇中の男の人にいくぶん似ています」と妹フロレンスが伝えている。「姉はぶらぶらと何もしないのが自分の務めと思っています。自分をどう扱ったらいいのか必ずしも分かっていません」オクタヴィアは、仕事の日も働く時間を制限し、ダリッジまでの長い道程を歩くことも差し控える(馬車賃を払うことになっても)必要を認めた。幾度目かの発作から回復すると、すぐに彼女は勇気ある活力を見せて、仕事に飛び込んだ。日ごとに仕事はよりおもしろくなっていった。
 女性労働者学級(Working Women's Classes)で彼女は欠くことのできない人になっていった。そして、ラスキンの方での仕事が大変なので学級での勤務から離れたいと切り出したとき、それは受け入れられたのだが、その際の人々の狼狽、失望を知って彼女は驚き、また感謝した。「ミス・スターリングは私につぎのことを知るべきだといいました。学校側は私の後任者をどうしても得られない。不可能なのだ。学級が発展するか衰退するかは学級が私の後任にする人にかかっている。私の価値は、ポンド、シリング、ペンスで計れないし、私が職務としてあれをしているこれをしていると数えても、それで計れるわけではない」
 オクタヴィアがジョージ・マクドナルドと知り合ったのは1859年、労働者学校 においてだった。モーリスに招かれてかれはそこで詩を講義していた。当時マクドナルドはロンドンではあまり知られていなかった。北部から来たばかりで、この南イングランドの聴講者とはなかなか気持ちが触れ合うにいたらなかった。鈍重な、反応の悪い人々と彼には思えた。聴講者に共感が欠けているという意識のために、この講師の気力が落ちていった。そのときふと彼の目はオクタヴィアを見た。彼女の激しい集中と、彼が語るすべてのことへの明らかに熱い関心が、彼に、少なくとも聴講者の一人は講義の内容を理解し、ついてきていると確信させた。彼はオクタヴィアに向けて語った。自信を回復したことで講義は完全に成功した。講義が終わると彼は人々の中にオクタヴィアを探し、助けになってくれたことを感謝し、彼女と妹を彼とその家族の住む家に招いた。これがやがてオクタヴィアにとって極めて重要なものとなる親交の始まりだった。オクタヴィアはマクドナルド夫人と夫妻の子ども全員を非常に好きになった。

(訳注 ジョージ・マクドナルド ― George MacDonald, 1824-1905, スコットランドの詩人、小説家。1855年処女作『内と外』でしだいに世に知られる。)

 魅力ある人たちだった。知的で、溌剌と生き、精神の問題に興味を持っていた。オクタヴィアは彼らの家庭に、彼女の好みにあった雰囲気を、彼女の日々の心配の重圧からの解放を、彼女の知的な仕事への刺激を感じ取った。夫妻の活動に喜んで加わり、ジョージ・マクドナルドが書いた劇にときどき出演した。イングランドや国外で、彼らとともに休暇を過ごし、その幸せな家庭生活から恩恵を受け、また何らかの寄与もそこにした。後年マクドナルド夫人に死が訪れたとき、オクタヴィアは、夫人の娘たちの一人にこう書き送った。「私の思いはあの昔の日々に戻り続けています。あなた方がみな子どもでいらした日々、あなた方が私にとても優しくしてくださった日々、お父上の教えが私に新しい世界を開いてくださった日々、お母上の思いやり、絶えたことのない優しさと聡明さ、これらがすべて私に喜びであるとともに教えでもあった日々、悲しいときも嬉しいときもいつもあなた方の家庭が私を迎え入れてくださった日々」
 マクドナルドとのそれと同じ頃に始まった、別の友好もあった。1859年8月オクタヴィアは新しい友人エマ・バウムガルトナーのことを語っている。彼女が住んでいたのはゴッドマンチェスターで、クロムウェルが生まれたところである。これはいかにもオクタヴィアらしく、ほとんど時をかけずに成立した友好の一つだった。「私はそこへ行きました。それまでに彼女を二度、お母上を一度見ただけで、まったく知らない人でした」この訪問は大成功であった。会ってみるとエマとオクタヴィアには共有するものが多かった。オクタヴィアはエマが「労働および宗教に関するすべての問題について、正しい意見」を持っていることを知って嬉しかった。そしてエマの行っているいくつかの活動に加わった。男性の図書閲覧室、少年および成人男子のための夜間学校、そして日曜学校をエマは運営していた。もう少しくつろいだ時間もあり、エマはオクタヴィアにボートの漕ぎ方を教えた。「我々は絵を描き、ラスキンとモーリスさんのことを話しました。また、エマの兄弟、私の姉妹、建築、その他あらゆることを話し合いました」それは幸福な死に至るまで続く親交の始まりだった。
 1860年2月、オクタヴィアは初めて、ソフィア・ジェックス- ブレークを知った。「私はソフィア・ジェックス- ブレークに簿記を少し教えています。彼女は聡明、活発、勇敢、かつ鷹揚な若い女性で、ひとりで、ほんとうの独身者の暮らし方をしています」誰かに突然深い好意を持つという経験はオクタヴィアには珍しいことではなかった。そして、彼女がソフィア・ジェックス- ブレークに魅了されたのにも不思議はなかった。頭の良い若い女性で活力と活気に溢れ、オクタヴィアを惹きつけずに置かぬ性質をすべて備えていた。多くの点で二人の娘は非常に似ていた。20才ですでに二人とも偉大さの見誤りようもない印を帯びていた。二人は英雄の鋳型で造られ、不屈の勇気を持ち、その騎士道精神ともいうべきものが目覚めさせられた場合には、いかなる犠牲もいとわなかった。二人とも先駆者の印である燃え立つような情熱的気質を持っていた。もっともオクタヴィアは境遇に抑えられ、激しい欲求を当時の仕事に従属させてはいたが。二人とも確固とした見解を持ち、自分が誤っていると考えることは不得意であった。そしてどちらも愛情深い性質だった。この二人の間では、どんな関係が生まれても、嵐のようなものであったに違いない。だが、ソフィアの怒りの爆発が彼女の興奮を和らげ、急速に機嫌を直した彼女を残して通り過ぎる間、オクタヴィアの方は自分の得難い平静が脅かされるのを感じ、ソフィアが承知している以上に苦しんでいた。もしかするとこのように強烈な二つの個性の間では、ゆったりとくつろいだ親密さは有り得なかったのかもしれない。しかし、ほんとうの難しさは両者の個性の強さよりも、共通の社会的背景が欠けていることから生じていた。

(ソフィア・ジェックス-ブレーク ― Sophia Luisa Jex-Brake, 1840-1912, クイーンズカレッジで学び、オクタヴィアとの不和の後はボストンとニューヨークに3年留学、1868年に帰国後はエジンバラ大学医学部に属した後、1877年にはベルン大学の医学博士号を得た。1874年にはロンドンに女子医学校を設立、86年にはエジンバラにも女子医学校を設けている。)

 過去にオクタヴィアが貧困の過酷な問題で苦労していたころ、ソフィアはことのほか愛情深い両親の、わが子を若い淑女に変えようとする試みに抵抗していた。親たちはソフィアをビクトリア時代初期のその階級の女性にふさわしいとされる種々の制約を満足して受け入れる娘にしようとした。彼女の方は、そのような型にはめられるわけにはいかなかった。活力があり過ぎ、家庭にいて社交の務めを果たし、「貧困者」を慈善訪問する娘の役割は受け入れられなかった。深くソフィアを愛していた両親は、彼女が思うままを押し通すのを許した。そしていま彼女はクイーンズカレッジで数学のチューターになっていた。ソフィアは貧困とはどういうものか、よくわからなかった。かつてオクタヴィアが送ったような生活の経験がないだけでなく、それを想像することもできなかったのだ。自分の所属する社会的階級について非常に明確な信念を持つ人々にソフィアは馴染んでいた。クイーンズカッレッジでの勤務に対する給与が示されたとき、父親はぞっとして彼女が「社会的により下の階級にふさわしい給与を受けとること」に反対した。確かにソフィアは、オクタヴィアがひどく嫌ったあの人たちの一人「レディー」になりそうな危ない位置にあった。そしていくら懸命になってもオクタヴィアとまったく同じ角度から物事を見ることはできなかった。憤慨して父親の意見を不当と呼んだにも拘らず、ソフィアが無意識のうちに何かを当然のことと考えるとき、その考えは父親の見解の影響を受けていた。
 オクタヴィアとソフィアの関係はとても幸せに始まった。復活祭の休暇にオクタヴィアはジェックス- ブレークの家族の家に滞在した。その後でソフィアはジェックス- ブレーク一家のある「口喧嘩」について、「愛情のこもった壮重な手紙」とソフィアが呼ぶものをオクタヴィアから受けとった。そして自分がどう対応したかを記録している。「返信で‘こん畜生’といってやった。そして自分が子守でも教区牧師でもないことを忘れないでときつくいった。でもほんとうにに子どもだったこと」6月になって、オクタヴィアとソフィアそしてその妹キャロラインは連れ立ってウェールズへ行った。心を奪われた時間であった。オクタヴィアはそれまで山を見たことがなく、うっとりした。みなはベタシコイドへ行った。そこにはジェックス- ブレーク家の邸宅があり、村のすべての子どもを招いてもてなした。彼女たちは語り、笑い、そしてすこぶる元気になってロンドンへ戻った。オクタヴィアは「5才若く、陽光のように輝いて見えた」ロンドンに戻ってからソフィアとオクタヴィアはますます頻繁に会った。ソフィアの活気と魅力はつねにオクタヴィアの元気を回復させた。彼女にはこの友好がほんとうに有り難かった。「あなたの素晴らしい元気がとても私を助けてくれます。……私が以前よりずっと楽に初対面の人たちとうまくやれるのをご存知ですか。まったくあなたのお陰です」日ごとにふたりは互いを頼りにするようになった。ソフィアが短い間だったがイングランドを離れたとき、オクタヴィアはひどく淋しかった。「ロンドンが奇妙にわびしく感じられます。昨夜歩いて帰宅するとき、街灯がまた以前のように無慈悲に見えました。どこまでも続いていました。あなたに会いに行けないのだとしみじみ思いました」
 9月になるとふたりはいっしょに暮らすことを相談し始めた。ミルトン街への引っ越し以来ずっと、オクタヴィアはミランダとフロレンスのイタリアからの帰国を切望していた。姉妹たちを深く愛していた上に、オクタヴィアには家族生活が大切だという、しっかりと根を降ろした信念があったのだ。家族生活の難しさを、また家族生活につきものの軋轢を最も鋭く意識したときでさえ、人間の正しい暮らし方は家族がいっしょに暮らすことだと思っていた。ミルトン街の3部屋の住居に家族全員が住むのは明らかに無理だったが、一家の財力ではより大きな家には手が届かないこともはっきりしていた。ソフィアにすれば、自分がいまよりも大きな家に移って、大切な友人オクタヴィアおよびその家族といっしょに住めば良いことはなによりも明白と思われ、それは嬉しいことだった。ソフィアはどこまでも鷹揚で、してあげているという意識はかけらもなしに、それをする人であり、受け取る側がためらえばその理由をつかめなかった。「ソフィアは極めて悲しそうに、お金は努力して手に入れなければならぬという現代の考え方を誤りだといいます。大切な友人同士ならばそれは与えられて良いと考えています。友人同士はこの上なく貴重なものを相手に与えてきているのだから、少々のお金で変わってしまうのか、と彼女はいいます」オクタヴィアはこの友人を非常に深く愛していたので、その考えを受け入れた。いっしょに適当な家を探した。
 「ママが必ずそうして」といっているので、公園(リージェンツパーク)の近くを選ぶ必要があった。ハーリー街に気持ちが傾いたが、高すぎることが分かって、最後に、ノッチンガムプレース14番地(ミルトン街から西へ約5Km、リージェンツパークのすぐ南を走るメリルボーン大通りの南)に決めた。
 思いがけない障害が初めて現れたのはこの時点においてだった。ソフィアの両親がこの計画全体へのまったくの不賛成を明らかにした。ジェックス-ブレーク夫人の一つの際立った特質は娘を鋭く理解していることであったが、彼女は将来のさまざまな困難を予測したに違いない。というのも、ソフィアは年上の人たちに従いつつ生活するのを易しいと思ったことのない娘であり、一方ヒル夫人は決して無視できるような存在ではなかったからである。ジェックス- ブレーク氏の反対は個人を問題とするより、社会的な立場からのそれだった。ソフィアがヒル家の娘といっしょに暮らそうとしていると初めて聞いたとき、彼は何の反対もしなかった。彼はオクタヴィアに好感を持っていた。そして、ソフィアは家庭で穏やかに、普通に暮らすことはできないのだから、彼女の考えた暮らし方に反対する理由がないと思った。しかし娘がオクタヴィアと或る家の共同借家人となり、客間のある階を人に貸す予定だと知って、彼は歯に衣を着せぬことばで嫌悪を表した。「おまえの大切な母親と私に正面から背いて家を借り、部屋を貸すなど、とんでもない考えだ。そんなことをすれば恥さらしだ。私たちは絶対に同意できない。いいかい、私たちはお前が可愛い。お前がそんなに真っ向から私たちに反抗し、ミス・ヒルもこのことで私たちがどう思っているのか知りながらいっしょになってそれをする、などとは思いたくない。部屋を借りて住むのだと数日前まで思いこんでいた。お前がお店をやるとは思わないが、それと同じくらい、下宿屋をやるとも思わなかった」ソフィアの返事は残されていない。しかしヒル家の人々と住むという決意は弱まるどころか強くなった。計画を手直ししてソフィアが共同借家人ではなく、部屋のいくつかの借り主になるのはさして難しくなかった。二人の女性の友情は非常に深く打ち解けたものだったから、いかなる第三者の意見もこれに影を投じることはできなかった。にもかかわらず、ジェックス- ブレーク氏の、当然自分たちの方が社会的に上であるという意識が、オクタヴィア以外のヒル家の人たちとソフィアとの関係に一つの難しさを加えたのだった。
 オクタヴィアは交渉を続けていた。モーリスとラスキンが家主に会い、オクタヴィアの「活動力と立派な性格」を証言し助けてくれた。ソフィアのクイーンズカレッジでの友人ミス・ウッドハウスが正式の保証人になった。12月の半ばまでに一切の手続きが完了し、家族は入居した。エミリーからミランダへの手紙にはこうある。「オーキーは大変忙しいです。本領を発揮しています。品々を買い揃え、作りつけ備品のリストを読み、見取り図を調べ、大工仕事もしています。私たちがどの部屋に入るのかまだ決まっていません。他の借家人たちのことがありますから。……リージェンツパークの近くなので空気はとてもいいし、クイーンズカレッジから徒歩で約10分です。奥の部屋は素晴らしく静かですが、メリルボーン教会付属学校 (Marylebone Church Schools) に面しているからなのです」願っていた通りの家であることが分かった。オクタヴィアは「その幅広い石の階段と大きく明るく静かな部屋」を喜んだ。いまの唯一つの望みはミランダとフロレンスが帰国し、この家でともに暮らすことだった。「アンディ(ミランダ)、私にはあなたがまたいっしょに暮らすべきです。人生は短く貴重なのだから、その中の多くの時間を私たちが別々に過ごすのは良くありません。ここでの仕事は、私たち全員の力を必要としています」とオクタヴィアは書き送った。これは抵抗し得ない懇請であった。1862年の初めに家族全員がふたたびいっしょになった。
 しかしながら、その年の5月にオクタヴィアはふたたび衰弱の兆しを見せた。今度も激しい疲労と痛みの発作に苦しめられ、はっきりいうと惨めなほどに不快であったから、早死の可能性を真面目に考えた。「私は何か壊れたものに似ています。痩せて、青白く、背中と両手が痛みます。……何かを感じたり、したりするたびにうんざりします。それから、抜け殻になったように感じます。ほんの少し押されただけで危険な縁から落ちてしまうような、奇妙な感じです。しかし、そのことを話しても何の役にもたちません。誰にもわからないことですが少なくとも幾年かは生きられるでしょう。どうすれば良いかははっきりしています。できれば休息し、とにかく自分を追いたてないことです」ちょうどこのときを選んだように、休息を得る機会が、メアリー・ハリスを通じてもたらされた。メアリー・ハリスはオクタヴィアの最も親密かつ大切な友人の一人だった。オクタヴィアよりかなり年上で、フレンド会に所属していた。二人が初めて会った当時メアリーはニューゲートの囚人訪問を続けてきていた。オクタヴィアは当時まだ子どもだったがこの人に激しく傾倒し、心に秘めた願い、喜び、そして悲しみをさかんに語りかけた。青春期を過ぎると厚く激しい気持ちは、深く落ち着いた永続する愛情になった。オクタヴィアにとり最も貴重な親交であり、それは1893年のメアリーの死まで続いた。フレンド会の多くの人々がそうであるように、メアリー・ハリスは心の深い平静を獲得しており、そのことが彼女の家に静穏な雰囲気を生み出していた。メアリーほどオクタヴィアを助けることのできた人はなく、オクタヴィアは幾度も幾度もメアリーの落ちついた分別に接して元気を回復したものだった。すでに1861年には、メアリーは兄(妻に死なれ、5人の女の子をかかえていた)の家で家事を取り仕切るようになっていた。そして彼女自身ずっと体が悪かったので、オクタヴィアに助けにきてくれるように頼んだ。それがちょうど、オクタヴィアが先のような状態になった時期であった。オクタヴィアは即座に応じた。自分の新しい家とそれに付属する新しい務めを離れることに若干の不安はあったが、メアリーからの要請、それもオクタヴィア自身の願いをぴったり満たす要請は、断るべきものでなかった。当時メアリーたちはダーウェントウォーター近くのカンバーランドに住んでいた。田園の美しさ、心乱すことのない長い毎日、責任からの解放、子どもたちの楽しい相手、とりわけ、メアリーとの申し分のない交わりは、オクタヴィアが極度に必要としていた休息をもたらした。初め彼女はいつもとおりの活動的な暮らしを試みたがそれが不可能と知ると、何も積極的にはしない境遇を喜んで受け入れた。「散歩はまた止めにしました。最初の2週間を過ぎると私はどんどん疲れてきました。それでも辛抱して続けていると熱が出たのです。それから二度と散歩はしていません。しかしここの台地へは相変わらずよくいきます」幸福な数週間が過ぎていくうちに彼女はゆっくりと体力を取り戻した。7月にはメアリーとその子どもたちといっしょに海辺へ行き、「大層ゆったりと、陽を浴びて」座っていた。

(訳注 フレンド会 ― the Society of Friends, 17世紀のピューリタン革命期、1643年ジョージ・フォックスが神からの直接黙示、絶対平和、無私の社会奉仕などのスピリチュアリズムをとなえ、1652年宣教を開始し新たなプロテスタント派をなす。米国でもウイリアム・ベンにより広まった。クエーカー教徒とも呼ばれる。)

 その間ノッチンガムプレースの家は、あまり良い状況になかった。オクタヴィアの留守の間、ソフィア・ジェックス- ブレークは世帯の責任は自分にあると思ったのだが、ヒル夫人は自分が当然オクタヴィアの家の家長だと考えた。二人ともそれぞれに確固たる考えの持ち主で、一世代離れ、その上、異なる世界からやって来たわけだから、二人の考えが衝突するのは避け難かった。ソフィアはこれがみなのために良いのだといつもはっきり決めてかかっていて、ほかの人たちの感情にあまり敏感とはいえなかった。精力的に我が道を行き、自分が周囲に引き起こしている苛立ちや反感を充分には意識しなかった。ソフィアと仲よくなっていたミランダは、状況を双方の側から見ていたが、母とソフィアを和解させることはできなかった。ミランダはオクタヴィアに手紙を送り、そしてエミリーが送り、ヒル夫人が送り、ソフィアが送った。これらの手紙すべてを受け取ったオクタヴィアはがっくりと気落ちしてしまった。まだ健康からは遠く、身体も心も平穏をひたすらに求めていた。メアリーとともにいま送っている簡潔で不安のない生活と、みなが自分をそこへ呼び戻そうとしているらしい、複雑で、争いのある暮らしとの対比が耐え難く感じられた。
 6月、オクタヴィアはソフィアにこう書き送った。「適当と思える時期に帰るための用意を整えてあります。自分の務めを果たす体力をきっと恵まれると信じますが、ふたたび私を争いの場に引き込むようなものは何であれ望みません。生まれて以来ずっと、ほんの小さな口論や、仲違いにさえ感じるこの恐怖と苦しみは、‘私はそれに耐えられない’と自らにいい続ける苦悩になりました」
 8月と9月を通じてノッチンガムプレースからの手紙は続いた。それらはヒル夫人とソフィアの問題に判断を下すこと、帰宅すること、そして「事態を立て直す」ことを求めていた。遂に11月に彼女は家へ呼び帰され、一つの決断をさせられた。彼女には辛い決断であった。そしてソフィア・ジェックス- ブレークにとってはその倍も辛いことであった。オクタヴィアは自分が平穏な環境の中でなければ働けず、生きてさえもいけないことにはっきりと気づいていた。いまの家の中の状況では平穏は有り得ないこと、そして彼女の家族かソフィアが犠牲にならねばならぬことは明瞭すぎることだった。家族生活は尊いものだというのはオクタヴィアのもっとも深い確信の一つで、彼女は子どものころから家族のために生きてきた。また母と姉妹たちがどれほど彼女を頼りにしているかも承知していた。したがって家族をここで捨てることはできなかった。オクタヴィアはソフィアに出ていってもらうしかないと考えた。しかし彼女はこの問題をソフィアと話し合おうとはしなかった。ソフィアの考えを確かめようとはしなかった。多分自分にそれをさせる勇気がなかったのであろう。決心が崩れてしまうのではないかと恐れたのだ。ソフィアが離れていって1ヶ月後、オクタヴィアは手紙を出した。「ソフィア、いまはずいぶん前のことに思えるあの最後の数日間、あなたとお母上は何とご立派に振る舞われたことでしょう。先のことについて深く配慮してくださいました。あなた方が去って私たちに気を配ってくださることがもはやなくなったとき、私たちにとってちょっとした面倒になるかもしれないごく小さなこと、それらさえ忘れずにいてくださいました。それほど愛情深いご配慮でした」
 ふたりに大きな幸福を約束していた親交の、悲しい結末だった。オクタヴィアはソフィアにもう一度会った。そしてその後の数年間はときどき優しい手紙を書き、変わらぬ好意を持っていることを示した。しかし関係を復活させようとする試みは一切しなかった。もっともソフィアの方はこの決意が変わらぬものだとは幾年もの間信じられなかった。ことによるとそれぞれが行おうとしていた仕事のためには、それぞれが自分の道を一人でたどることが避け難かったのかもしれないし、必要だったのかもしれない。それにもかかわらず失ったものは大きく、とりわけオクタヴィアにとってそうであったろう。彼女はソフィア・ジェックス- ブレークに知的、精神的に自分と同等の友人を見出していた。思いきり、率直に批判してくれる友人であり、オクタヴィアを笑いものにし、またオクタヴィアとともに笑うことのできる友人であった。新しい仕事を創造し、誰も試みた者のいない道を進んだオクタヴィアは多くの信奉者を得たが、自分と対等に接する人物にはほとんど恵まれなかった。賞賛する人は多く、批判する人は少なかった。ソフィアの快活な友情と愛情深い嘲笑を失って、オクタヴィアの人生はその分貧しくなった。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com