戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ

第3章
苦難の日々


―いろいろな意味で私は家族の柱だとしばしば思われています。―
オクタヴィア(18歳) から友人メアリー・ハリスへの手紙(1856年4月25日)


 オクタヴィアがその幸せな日々を嬉々として伝えている間に、運命は鋭い一撃を用意しつつあった。モーリスから、玩具を作っている少女たちのバイブルクラスを受け持ちたいという話があり、オクタヴィアは彼を世界で最も偉大な師と信じていたし、ギルドの子どもたちが最良のものを得ることを熱望していたから、その提案を大喜びで受け入れた。当時モーリスは『神学評論(Theological Essays)』をめぐる論争の最中だったので教会の上層部は彼に難色を示し、臆病ゆえに正統派でいる人々は彼を恐れた。その中にミセス・チェンバレンという婦人がいた。オクタヴィアは「杓子定規な低教会派の女。彼女は「罪深い肉」などのことを話しながら、部屋へ入ります。子どもたちには、誰かが部屋に入ったら全員立ち上がって聖句を繰り返すようにというのです」と憤りをこめて述べている。玩具作りの子どもたちが所属する貧民学校に資金を出し、ギルドを実質上支えていたのはこの婦人だった。彼女はモーリスのような「危険な」男が子どもたちを教えるかも知れぬと聞いて衝撃を受け、もしそうなったら貧民学校とギルドの両方から資金援助の手を引くと脅した。ギルドの役員たちは、そのために収入が失われることに平気ではいられず、モーリスに手を引くように頼んだ。ニールはこれを黙認することにためらいはあったが、ギルドの運営委員会に自分が抵抗できるとは思わなかった。
 キャロライン・ヒルは憤慨した。オクタヴィアによれば「非常に重要な論拠に基いて」、精力をあげて委員会に反対した。勝てないとわかると、キャロラインはギルドでのポストから降りてしまった。難しい決断ではあった。彼女がギルドを去ることは家族がふたたび離れ離れになることであり、彼女も別の仕事を探すか、父親を頼らねばならぬことを意味したからだ。しかしキャロラインはためらわなかった。彼女にすればこれは明らかに善か悪かの問題であり、ニールは絶対的な原則を現状追認の犠牲にしていることは確かだと思えた。したがってニールとは別の行動を選ぶほかなかった。
 一方オクタヴィアはこの事態に直面して心は二つに割れた。モーリスに深く傾倒していたから、彼女は彼に加えられた侮辱に、その激しい性格のすべてをもって憤慨した。しかし彼女にはギルドの子どもたちがいた。彼女たちを捨ててしまうことは到底できそうになかった。子どもたちが彼女を愛し、また頼りにしているから、彼女は自分の愛情と能力を十分に発揮できるのだ。そして子どもたちには自分がどうしても必要だと思えた。これはどの年齢のどんな人にとっても喜ばしい感情である。これから17歳になろうとするオクタヴィアはまったくそれに逆らえなかった。さして長い間ためらったわけではない。彼女は子どもたちを選んだ。しかし母とモーリスに敵対した人々の側に身を置くのは難しいことであり、心穏やかでなかった。昔からキャロラインが娘たちに自分の考えを押しつけずにきたこと自体が、キャロラインの見方でものを見るように娘たちを導き、娘たちへの彼女の影響を強め、この母に反対することの不安をより大きくしていた。不安を静めるためにオクタヴィアは、自分は信条を大切にしているのであって、単に一番好きな仕事にしがみついているのではないと自分を納得させなくてはならなかった。
 「今日、ニールさんは私がギルドにとどまるように説得するためにみえました。私はそうしようとすでに決心はしていました。世の中の人間ひとりひとりの身体の中には……自己犠牲と献身の強い力が、……協力し親しみあわなくてはいけないという遺伝子のようなものがあると固く信じて」ことによると、友愛を生み出す遺伝子へのこの親近感は、オクタヴィアを少々不満足にさせたままだったかもしれない。なぜならオクタヴィアは自分はより困難な道を選んだのであり、虐げられる覚悟があるだけでなく、望んでさえいる、と考えることで自分を慰め続けるからである。「そしてつぎは骨の折れる仕事です。私は権限を使って仕事をしてきました。権限なしで仕事をすることを学ばなくてはなりません。それから懸命の努力です。そして正義にそむかない信念。またバイブルクラス、早朝礼拝、権威の定めた規定に従うあらゆるものを捨てる強さ。いまや私は高い席から踏み出して、働く子どもたちの一人のようにならなくてはなりません。名目上は子どもたちの監督者になるのでしょうが、支配者の類いの下につけば、事情は非常に違うだろうから」まったく平静というわけでもない心境で、オクタヴィアは決断した。状況の難しさは正確にはオクタヴィアが予想した通りではなかったかもしれないが、とにかく困難はたっぷりあった。というのは、キャロライン・ヒルがギルドを離れると、家計はふたたび非常に心もとなくなったのだ。そしてオクタヴィアは、主に自分が家計をなんとかしなければと思う年齢になっていた。
 引退してウェィブリッジ(ロンドン南西約30Kmの近郊都市)に住むサウスウッド・スミス博士は、以前同様、彼の娘にせよ孫にせよ自分の家に引き取るつもりでいた。しかし彼はいつも公共の利益を自分のそれに優先させていたから、裕福ではなかった。そしてオクタヴィアは彼からさらに多くの援助を受けることが、仕方がないにしてもとても嫌だった。「依存はどんな種類のものであれ、嫌いです。自分のために援助を頼める人を想像するのでさえ、私にはほとんどできません」しかし、さしあたりほかの選択肢はなかった。フロレンス(健康状態がとても心配されていた)は叔母の一人とすでに数か月前にイタリーヘ行っていた。キャロラインはエミリーを連れてウェィブリッジへ移った。ミランダとオクタヴィアはギルドに残った。しかしギルドでの仕事はこの娘たちが暮らすだけの収入にはならなかった。ミランダは勉強を教えて収入を補い、オクタヴィアも生徒となる少女を幾人か連れてきた。そしてフランス語の授業でミランダを助けた。しかし彼女は自分が一番大切に思っているのはギルドだとはっきり自覚していた。「ギルドが存続する限り、私はそこにいます。どんなに魅力ある仕事、どんなに好ましい地位が差し出されても、ギルドを離れる気にはならないでしょう」しかしギルドは長く続く運命にはなかった。1856年2月、オクタヴィアは「ギルドの基盤がぐらぐらしている」と語った。そして翌月、ギルドは閉じられた。
 ギルドのために働くことはもうなくなったのだから、オクタヴィアは子どもたちと別れて、報酬の良い仕事を探したであろうと思われるかもしれない。だがそれは彼女の考えになかった。彼女はこう書いている。「玩具のことはすっかり私の手に預けられています。私にとって助けとなることがあるとすれば、それはただ一つ、ニールさんがまず少し私に資本を出してくれることです。……もちろん私の収入はごく限られるでしょう……誰もそう思うだろうが、これは非常に大胆な計画です。私が、たいして取引先も時間も資金もなしに事業を始めるというのは、向こう見ずな、実際にはできそうもない愚かな計画と見えるかもしれない。しかし最初にそれを私は考えました。誰にも借金しないでやれます。急がなくてはなりません。受け取る以外のお金は使わないつもりです」それから15ヶ月間、オクタヴィアはこの事業の重荷をすべて背負った。実際に子どもたちに仕事を与え続け、借金をしなかった。それ以上のことも彼女はした。子どもたちを玩具作りに雇うだけでは満足せず、その子たちがもう子どもでなくなったときほんとうに自立できるようにしたのだった。「子どもたちの将来を大切に考えています。多くの子はもうこの仕事には相応しくない年齢の大きな娘です。ここでは平均週6シリング程度しかあげられないのです……母親のひとりひとりに会いにいくつもりです。母親たちが子どもをどんな仕事に向けたら良いか助言することに決めましたから。一人あるいはもう一人は幼児学校の先生になるよう訓練を受けるでしょう。また印刷の仕事の方へ行かせたい子どももいます。……また一人は裁縫、刺繍の方面を勉強すると良いでしょう」仮にこれがオクタヴィアの主要な仕事であったとしても、容易ならぬ骨折りであったろう。実際には、生計を立てるために働く時間の中からようやく絞りだした時間でこれをしなければならなかった。
 どのようにして生計を立てるかで、長い間オクタヴィアは悩んでいた。奇妙なつむじ曲がりとも思える一途さで、彼女は芸術家になることを熱望していた。この分野での創造的才能が自分には乏しいことに少しも気づかなかった。一方、彼女の敏感さ、鋭い想像力、直観的な共感能力は、人間を相手にする場合、彼女の力となった。その力をやがて彼女は自分の世代および後続の世代のために見事に活かすことになる。この力を彼女は過少に考えていた。「芸術の仕事と人に関わる仕事とは、手を取り合って進むべきだと思っています。主となる芸術の仕事に私の生活のますます多くが今後向けられると思いますが、その妨げよりも助けになりそうな、人に関わる仕事を見つけたことをありがたいと思います」このようにオクタヴィアは自分の天職が何なのか少しも分かっていなかった。
 心にその熱い夢を抱いて彼女はラスキンに手紙を書き、自分が芸術で生計を立てることが可能と思うかと尋ねた。ラスキンはすでにオクタヴィアに下絵を考えて強化ガラスのテーブルを作るよう依頼していた。その下絵を記述したものを読むと、今日の我々の感覚では風変わりと感じられる。「テーブルの中央部分を囲んで秋の明るい色に染まったキイチゴの葉を散らし、中央部は背景を表し、一部分で暗く、徐々により明るくなり、最後に柔らかな青に変わることで、嵐の雪が通り過ぎて青空が残ったことを暗示する。テーブルの縁を巡って、散らした葉の間に詩篇の一節”暗きと死の蔭より彼らをみちびき出してその械(かせ)をこぼちたまえり”が置かれていた」ラスキンはこれを非常に喜び、直ちに、彩飾の仕事に彼女を雇いたい、そして美術家となるよう教えたいといった。
 ラスキンの採った画家のトレーニング方法は、現代のどんな考え方の人にも受け入れられないだろう。それはただ模写をおこなうというものだった。オクタヴィアはこう記している。「私の勉強についていうと、芸術家になるための正しいトレーニングと信じて、ラスキンは一つの模写を私にさせています。そしてさしあたって私がその先を求めようとしないことを喜んでいるのではないでしょうか。その第一の理由は、人はある仕事をするということに満足を感じていなければ、それができるようにならないからです。第二に、私がそうであれば私が、自分の野心的な望みが大事なだけでなく、芸術を愛していると彼は確信するでしょうから。それに加えて、彼は絵がうまく、模写されることをほんとうに強く望んでいるのです」ためらいのない従順さで、オクタヴィアは模写の作業にかかった。最初はデューラー、つぎにターナーのそれぞれエッチングを鉛筆で、次いでヴェロネーゼとルーベンスを水彩で写した。一日に4、5時間、ときどきはサウスケンジントン(ここでオクタヴィアはすぐにほかの学生みなの信頼される友人になった)で、また時にはモールバラハウス(ラスキンがよくやってきて彼女を教えた)で作業した。ダリッジでは頻繁に作業した。馬車賃を節約するために道程の大部分を歩いて行った。ラスキンは厳格な批評家で、絶対的な正確さを要求し、それを達成するためにオクタヴィアは超人的な努力をした。そして酷評をもらい落胆した。「何かの奇跡がおきて、私の写したものが人間の仕事にある限界まで正確になると良いと思いました……私は自分がどこまで進んだかわかっていますから、着実な勉強によってやがて闘いに勝てると信じています」
 非常に努力を要することだったが、オクタヴィアはラスキンに会う機会をますます多くしていった。そしてこれはどのような疲労も埋め合わせてくれた。考えられるあらゆる問題について彼は堂々と雄弁に語り続けた。彼女は魅了されて耳を傾け、彼の発言について長く念入りな報告を姉妹、友人に書き送った。彼女自身の文体が影響を受けたのも不思議ではない。現実の楽しい経験を記述する、力強くきびきびした彼女の文章が、師ラスキンの文体にならった美文にとって代わられることがよくあった。彼女が抱くに違いないとラスキンが考えそうな感情が、間違いなく無意識のうちに彼女の胸の内に生じ、それを表現する文章だった。「ブリオニアの蔓の細い輪はまだ金色の条になってはいません。しかし夏の緑から少し変わり、自分たちの身上話を語れるようになっています。生け垣の土の下深くに育ち、支えを求めつつ、棘の枝や葉の落ちた枝にさえ伝い登ったいきさつを。伸びて、もつれ、絡まり、隙間を減らしたことを。蔓の輪の一つだけがしきりに明るさと日光を求め、バラあるいはクロイチゴの小枝をかけ上がります。それから、ますます太陽に似ることが満足であるかのようにイバラの茂る柱の上に乗り、金色の腕を下の友だちに差し伸べる。葉の一枚一枚が蔓全体と同じ話を物語ります。暗闇で始まり光の中で終わる話。生命で始まり栄光の死で終わる話。緑色で始まり金色で終わる話。生命の大きな力に始まり、魂の力に終わる話」
 オクタヴィアがラスキンの仕事と、細心の模写に費やした時間と精力を惜しまずにはいられない。それは、まったく無駄に彼女をすり減らした。しかしラスキンへの傾倒が大きな幸福を、彼女がそれをとても必要としていたときに、与えてくれたことは記憶されて良い。また、のちにあの王国への門を彼女のために開けてくれたのは結局ラスキンであったことも。
 ラスキンがオクタヴィアに、彼女が非常に大切と見做す仕事を与えていた間に、モーリスは彼女が見事にやり遂げられる仕事を与えていた。モーリスのたくさんの計画の中の一つは学働者学校(Working Men's College)であったが、これとの関連で彼は1856年の初めに女性労働者のための数クラスを発足させ、当初からオクタヴィアは算術の授業を行っていた。ギルドが閉じられたとき、モーリスは彼女を年俸25ポンドでこれらのクラスの書記を務めるよう招いた。一日当たり約2時間の勤務で、興味深く、責任もある仕事だった。「約40人の生徒がいます。ときどきは私も授業をしますが、本来の仕事は図書を管理し、先生と生徒の間で連絡を伝え……要するに私はすべての準備、手配の責任者です。この仕事は生徒にたびたび会う時間と自由を私に与えます。彼女たちを私はとても好きになっています」またこの仕事は教師たちとの接触ももたらしたが、初めのうちは生徒たちほどにはとうてい好きになれなかった。オクタヴィアはソーシャルワークで報酬を受けたことはそれまで一度もなかった。そしていまそれを受け取らざるを得ないことが辛く、無報酬で働く人たちに引け目があった。「とうとう‘レディー’たちの間に投げ込まれるのだから、彼女たちにある良いところを見つけられるだろうと思います」オクタヴィアが若く経験がないという理由で恩着せがましく彼女を庇おうとする気持ちがレディーたちにあるのでは、と彼女は疑った。一方で、労働者階級の諸問題については彼女たちの誰にも太刀打ちできる経験があると思っていた。レディーたちの誰かが教えに来なかった場合、オクタヴィアが代わってそれをすると思われていることに彼女は憤慨し、レディーたちは自分がしている奉仕の重要さを誇張する傾向があると感じた。我慢できずに彼女は、レディーたちに触れてわかったことをこう書いている。「彼女たちはほんの少しでも軽視されていると思うと感情を害します。そして彼女たちが考えることに無関心でいる権利が私にないと思っています……‘レディー’という単語の中になにがあるのか私は知りません。それは私の軽蔑し、憎むすべてのものとつながっています。第一に、そして例外なく、それは忍耐の欠如、小さい障害での挫折、‘もしできるようなら’の連続を意味します」
 しかしながら、ソーシャルワーカーとのこの接触はオクタヴィアには大きな価値があった。やがてその人生のほんとうの仕事において彼女はますますワーカーたちとともに行動しなければならなくなるのだから、いっしょに働くことを身につけるのは大切な学習だったのだ。相手が「レディー」たちの場合でも、彼女たちをいつまでもひとまとめにして見ているオクタヴィアではなかった。まもなくひとりひとりを知り、ある人たちとは友人になり、全部の人と気持ちよく働き始めた。一つの重要な交遊関係がこの時期に始まっている。相手はミス・スターリングといい、カーライルが伝記を書いたジョン・スターリングの娘だった。この学校の主事を勤め、オクタヴィアよりずっと年長だった。激しく仕事に打ち込んでいる熱心で生気あふれる少女たちに対して、優しい愛情と共感を抱いていた。

(訳注 カーライル ― Thomas Carlyle(1795-1811) 英国の思想家。産業革命後の変革が進む世情の中で予言者的な発言で注目された。主要な著作『衣服哲学』『フランス革命史』など。)

 しかしクラスの書記の収入とラスキンが支払ってくれる金ではオクタヴィアの必要とする額に足りなかった。ギルドがなくなったときから、ヒル一家はフランシス街(フィッツロイスクエアから南へ約5Km、ウェストミンスター地区ヴィクトリア大通りの南)の家具付きの貸家でふたたびいっしょに暮らすようになっていた。ミランダは午前と午後に生徒をとって教え、ヒル夫人は論説を書き、その一部を出版する人も彼女はみつけた。エミリーは、オクタヴィアがほかの仕事をしている間、玩具作りの子どもたちの監督を務めた。しかし一家の責任はますますオクタヴィアの肩に掛かってきた。ほかの仕事をどれもかかえたままで、オクタヴィアはかなりの数の生徒を集め、ミランダが教えている学校で絵のクラスを持った。またラスキンの推薦で絵の個人教授をした。もっとほかのことも教えた。来てくれるどの生徒も断る気持ちになれなかったのだ。というのもこのころにはオクタヴィアは父親について実状を知るようになっていたからだった。まだ返済されていない負債のあることがわかった。それらについてもちろんオクタヴィアには法的責任はない(父親は債務免除を受けた破産者であった)が、自分の家族のために誰かが損害を受けると思うと彼女は耐えられなかった。背負う荷の重さは充分承知の上で、彼女は父の負債を自分のものとして引き受けた。1856年(18歳)、彼女は自分が負債の山に埋もれていることを知った。以後それらの負債は彼女が自分の経済状態を調べる際には、債務に入れられた。少しずつ、それなら可能だったので、彼女は債務を減らしていき、ついには全額支払い終えるのだが、長い年月がかかった。さらにまだ不幸の源があり、それは父が悲しむべき鬱状態に陥ったことだった。ときどき父に会いに行くのは自分の務めだと思い、そうしたのだが、行く度に彼女の心配は重くなった。「父のところへ行って来ました。それがどんな寂しさと絶望を意味するか、誰も知りません」

(訳注 家具付きの貸家 ― furnished room, 住居の賃貸では、家具付きが一般 的な形態で、短期の賃貸にも対応できるが、住まい手の嗜好は制限される。本章末尾の家具付きでない貸家 unfurnished room は借り手の入居負担が増えるが、住まい手自身の手で住居環境を整えることができる。)

 彼女は1日11時間報酬を受ける仕事をして残りの時間に玩具を買ってくれそうな人たちと会い、子どもたちに合う就職口を見つけ、病気あるいは何か困ったことのある子どもからの呼び出しに応じた。帰宅したときには疲れきっていた。家の者がそんなに働かないでと頼むと、気難しい様子でいらいらしていた。いっしょにくつろごうといわれると苛立つのに、ほかの者たちだけがくつろぐと少し傷ついた。こうしたことを不可解とはいえないだろう。「みなが私は同情の要らぬ人間だという。もう少しでいいから、そういう人間に近づけたらと思います……非常に孤独です。みなが本を読んだり、語り合ったりするときに、私が加わりたいと思っていないかのように、‘オーキーは入らないわ’とみながいいます。しかしそのとき私はほかの仕事をしているのです。……いろいろな意味で私は家族の柱だとしばしば思われています」
 「家族の柱」という立場を、オクタヴィアは義務ではなく権利として受け入れた。それをほかの者に引き渡すことは、たとえそれが可能であっても、喜ばなかったであろう。しかし、忘れてはならぬことだが、彼女は自分を先ず第一に芸術家だと考えていた。そして家計をますます自分で管理しなくてはならなくなり、ますます家族の中の実業家と見做されるようになると、彼女がほんとうの才能を犠牲にしていることが忘れられていると多少の怒りとともに感じた。ラスキンへの手紙でこういっている。「私は家族の中で、想像力、詩情、思いやりや愛情を欠いた人間とほんとうに思われています。計算したり、重いものを持ったり、雨の中を遠くまで歩き、観念的でなく実際的な問題なら難しくても解決する、そういうことだけが得意な人間と思われています。あなたはたまたま私の残る一面を知ってくださっていますが、仕事のためにそれはすっかり抑えられています。あなたは、計算と決まった手順の繰り返しで変化のない私の生活がどういうものかご存知ありません。私のもっともよく発達を遂げた器官は用心の器官だといわれています」
 家計の心配といつまでも続くオーバーワークに加えて、彼女の内部の分裂、芸術的才能を無駄にしているという意識、そしてひたすら愛している家族と気持ちが合っていないという感触が緊張を作り出し、ほとんど耐え難いものになった。疲れれば疲れるほど、自分に止まれと命じることは不可能に思えた。止まることができぬほど疲れてしまっていた。自分には休息する権利がないのだという考えさえ生まれてきた。「仕事をやめることは特定の人だけの権利です。続けることは義務です。私はどの時間にせよ本来私のものだという勇気がない。休息あるいは余暇を楽しむ時間は努力してかせぎ出したようにときどき感じていました。そして、すべての時間は神々のものであり、神のために使うべきものと確信したのです」
 事態がここまでくると、なにか手が打たれなくてはいけないことは明らかだった。彼女と話し合い、最後にこう説得したのはモーリスだった。「休息は勤労と同じく神の命令の一部であり、我々にはその命令にそむく(あたかもその上に位置するかのように)権利はない……休息は勤労と同じくらい義務であり、それなしに済ませるのは非常なわがままです」(オクタヴィアはモーリスのことを「私がおこなうすべてのことについて、それをする力を、私はこの人を通じて得ている。この人の影響が私の全生活をまとめ上げている」といっていた。)説得があったのは1857年の春で、オクタヴィアはモーリスの判断を受け入れたが、それが遅すぎて、彼女が倒れるのを救えなかった。4月に一種の熱病に罹ったが、心身ともに過労だったから、病気も重くなり、長引いた。母親が懸命に看病し、深い愛情から生まれた知恵で分かり切った説教を自制した。オクタヴィアは母の看護と沈黙の両方に感謝した。オクタヴィアは長い休暇を取らねばならなかっ たが、あるいは、この仕事の中断が彼女の青春期の終りと見做され得るかもしれない。彼女は熟考する時間を持った。そして自分の諸問題をより冷静により軽重を正しく判断しつつ検分した。
 ロンドンに帰ってきたオクタヴィアは、家族、仕事、さまざまな責任との折り合いをすでに決めていた。芸術的創造を職業にできればとまだ望んではいたが、自分の身体の耐久力をより慎重に計れるようになっていた。もう休みを取ることを恥じず、仕事のない日には郊外へひとりで長い散歩に出かけた。そして「身体の心棒」が警告を発したときはすぐそれを受け入れた。「このところ私は病気です。そして人々は、 もし私が完全に元気を回復しなければどういうことが起こるか、気が滅入るようなことを私にいいます。その上、私はその人たちを信じています。なすべきこと以上のことをしようと決心したために何もできなくなってしまった婦人や少女たちがいました。その悲しいリストにもう一人を加えるつもりはありません」
 その年の秋、悲しいことだが、オクタヴィアは玩具製造を諦めねばならぬ事態に直面した。彼女は簡潔に述べている。「私は彼らに支払わせることができませんでした。彼らが支払わないのなら私は続けるべきではありません」この決定をするには多額の費用がオクタヴィアにかかった。しかし一度決定してしまうと彼女はそれを守った。キャロラインがこう書いている。「すべての清算がすんだその日の午前中に、オーキーはミス・ハリスからこの上なく優しい手紙をもらいました。もう1年玩具製造を続けるにはどれほどの金額を要するか聞いてくれたのです。しかしオーキーは、非常に適切であったと私は思いますが、きっぱりと製造を諦めました」
 玩具製造をやめたことはオクタヴィアを一つの大きな責任から解放したが、彼女はやはりよく働いた。玩具を作っていた少女たちとはいまも関わっていた。非常に親密な関係になっていたから、彼女たちのことは何であれ無関心になれなかったのだ。朝5時半に起床するのはごく普通のことで、明りをつけたり、そのほか家の中のできることは何でもした。それからいつもの一日の仕事へ出かけた。小さなことだが、父親を慰める方法も見つけた。「私が本を貸して読ませるのを父が受け入れてくれるようになり、読書は父に大きな楽しみを与えています」どんな小さなことにせよ何かができるという事実が、彼女の心の荷を軽くした。
 やがて今度はミランダの健康が思わしくなくなり、サウスウッド・スミス博士に相談した結果、ミランダはイタリーにいるフロレンスと叔母のところへ行き、そこで生徒を見つけることに決まった。キャロラインがミランダの生徒を引き継いだ。これはキャロラインにほんとうに楽しくできる仕事を与えただけでなく、一家の暮らしを楽にした。エミリーも忙しくかつ幸福に過ごしていた。なぜなら、モーリスを記念して創設された奨学金をクイーンズカレッジで受けられるようモーリスによって推薦されていたからである。
 自分自身の生活環境をよく考えてみる時間ができると、家具付きの部屋を借りているよりも自分たちで家具調度を入れた家に住むほうが、みなはるかに楽しくかつ快適になるとオクタヴィアは思った。祖父に頼んで必要な金額を借りると、ミルトン街(フランシス街の北東約5Km、セントルーク地区シティー大通りの西)に家具付きでない貸家を見つけておいたので、エミリーの手助けを得て、ほんとうの家庭らしい住まいを作る作業に取り掛かった。この上なく素晴らしい喜びをもたらす作業だった。少しの費用で大きな効果を上げるために創意工夫を凝らした。自分の一日の仕事が終わるとオクタヴィアはエミリーと店から店を巡り、注意深く、家計を考えながら、品を選んだ。カーペットの敷き方を考え、裁断し、エミリーと床に座ってそれを縫った。ふたたび家は笑い声で満たされ、彼女は詩を朗唱し、作業を続けながら楽しくいろいろと話した。ついにその住まいはできた。当然ながら、ヴィクトリア時代風だった。「深紅色のテーブルカバーとチェアカバー、グリーンのカーペット、バラのある白い壁の組み合わせはとてもきれいです。……簡素、清潔で、色調も美しく、とても好ましい感じを人々に与えることは確かです」姉妹は、彼女たちの手並みに母親がどんな判定を下すか心配しながら待った。母親は非の打ち所がないといった。訪れた人たちもみな感嘆した。生まれて初めてオクタヴィアは家庭で使う品々を買い、それらを身の回りに自分で決めて配置したのだった。限りない満足があった。ふたたび彼女は人生に熱意を持って立ち向かった。そして、若いころに知った、じっとしていられないような歓喜を味わうことはもうなかったにせよ、なお、「私は非常に幸福です。日々一層幸福になっていきます」と書くことができた。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com