戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

目次へ


第1章
ヴィクトリア時代の子供たち


―私はとても幸せです。どんなに幸せか、あなたにも分からないでしょう―
オクタヴィア(11歳) から母キャロラインへの手紙(1849年6月)



 ヴィクトリア時代は、長い間軽蔑と笑いものの対象とされてきたが、ようやくその時代評価が見直されつつある。ヴィクトリア時代をひとりよがりの自己満足の時代だとする考えは、皮相的で粗雑な見かたでしかない、そう断言する歴史家たちが現れている。それどころか、ヴィクトリア時代の最も顕著な特徴は、知性ある人々がその時代のさまざまな悪弊に関心を集中したことであり、その結果、今日の我々の生活を支配している社会的体制の基礎が据えられたと評価する。
 しかしながら、ヴィクトリア時代の家族という仕組みには、少しも良いところがなかったという通念はいまも消えずにある。バレットの一家が標準と受けとられ、そこから品位も自由も愛情もない家庭像が引き出される。偽善的で非道な親たちが子どもたちを抑えつけ、いじめ、子どもたちは腹をたてつつも屈従するのだ。しかしヴィクトリア女王が即位した年にエリザベス・バレットはもう31歳だったのだから、彼女の不幸な境遇を根拠にヴィクトリア時代の家庭を告発するのは筋が通らないかも知れない。事実、ヴィクトリア時代の家庭を弁護する数多くの証拠がある。心理学的判断を好み、幼少期の抑圧と不幸な体験が決定的な影響を残すと信じている現代人も、虚心に考えて、そのように惨澹たる家庭がなぜあのように多くの卓越した人々を輩出したのか考えてみるべきだと思う。
 ヴィクトリア時代の家庭生活について現在広く行われている見方もまた表面的かも知れない。数々の伝記、回想録から判断すると、多くのヴィクトリア人が明らかに楽しい子ども時代を経験し、平穏な整然とした日々からとても貴重なものを得たと信じているのは確かである。その日々は厳しく時間の定められた食事、勉強、礼拝、就寝という、いわば鉄の枠にはめられていたのだが、大人たちに邪魔されない時間を充分に残しており、子どもたちは他愛のない冒険やまねごと遊びを楽しみ、兄弟姉妹でふざけ立回りをすることができた。現代の子ども(多くの場合一人っ子で、熟練した育児係の細心の保護を受け、つねに「父の眼の光を注がれて」生きている)の方があらゆる点で恵まれているとはいいきれない。
 いずれにせよヴィクトリア時代の家族は、良かれ悪しかれ、非常にしっかりと結ばれた単位集団であり、その成員は共通の伝承と相互責任を受けいれた。この二つを彼らは成長とともに捨てるかも知れないが、共有した幼い日々の影響と共同生活の経験から完全に逃れることはできなかった。どちらからも逃れたいとはまったく思わない人々もいて、彼らの家族への感謝と責任感は年々強まった。オクタヴィア・ヒルはそういう人々の一人である。したがって彼女の生涯を記述しようとするなら、まず彼女を生んだ家に触れておく必要がある。

 父方母方のどちらの家系も社会奉仕の点で目立っている。ヒル家は長い間ピーターバラの近くにあるウィズビーチで農業と商業を営んだ。オクタヴィアの祖父は銀行家で、富裕な有力者だった。父ジェームズ・ヒルは裕福な中で育ったわけだが贅沢を好まず、几帳面、実務的な人だった。一家が一週間に使う金額をあらかじめ定めておき、つぎにその中から書物を購入する金を浮かせるために簡素に生活した。

(訳注 ピーターバラ ― Peterborough, ロンドンから北へ約120Km、ケンブリッジシャー北部の商工都市)

 19世紀初期は銀行家にとって楽ではない時代だった。1825年の恐慌でヒル家が経営する銀行も、多くの家族経営の銀行と同じように廃業した。この不幸によってジェームズ・ヒルが非常に意気消沈したということはなく、それを埋め合わせるよう働き始め、麦と羊毛の取引を開業した。大層有能な商人で、大層勤勉だった。ほんとうに、超人的といえそうなエネルギーを持っていた。新規に事業を起こすだけでは満足せず、あらゆる種類の公共的な仕事に打ちこんだ。博大かつリベラルな見識を持つ高潔な人物で、他人の利益を自分のそれに優先させた。伝えられているところでは、「一雨一雨が私に1000ポンドの利益をもたらす」といったあと少し考えこみ、「みんなの食料が値上がりしてこちらの利益がふえるというのはひどいことだな」と続けたという。この反省が心からのものであることは、彼がコブテンおよびブライトとともに穀物法の廃止を目指して全力をつくしたという事実が証明する。町政の腐敗と闘うことでジェームズはウィズビーチでかなり人々から嫌われたが、彼のすることを見て反対はおさまって行った。そして彼の努力は見事に実った。自治体改革法案(Municipal Reform Bill)が成立した時も、ウィズビーチではすでに改革がなされているので改めて新法に合わせる必要が実質上ないという事実によって注目され、尊敬を得た。
 ジェームズ・ヒルはさまざまなことを手掛けた。教育に関心があり、教育とは単に子どもたちに単語の読み書きや足し算を骨折って教えるだけのことではなく、それ以上のものだという見解を持っていた。幼い子どもには年長の子どもとはまったく別の教育方法が要ると気づき、その実践のためにイングランドで最初の幼児学校の一つを設立した。社会改良を唱道するメディアとして一部1ペニーの新聞を始めた。あるときは劇場を買い取り、優れた劇団を招いた。数ある俳優の中から、マクリーディの出演を得てひいきにした。やがて彼の娘もそうなるのだが、ジェームズは困っている人を助けて倦むことがなかった。記録によると、羊を盗んで死刑宣告を受けた最後の人物はジェームズにより救われている。減刑を得るため彼は50マイルを馬で出かけた。
 1832年、ジェームズ・ヒルの二人目の妻が亡くなった。息子1人、娘4人とともに残されて、彼は誰かその子たちの教育と世話を頼める人を見つけなければならなかった。以前からキャロライン・サウスウッド・スミスの教育についての論考を非常に興味深く感じていたので彼女を探し、娘たちの家庭教師となってくれるよう頼んだ。その後非常に幸せな関係が続いた。1835年、キャロラインがジェームズの妻となったとき彼女の生徒たちは彼女の娘となったことをただただ幸福と感じた。それから5年間ジェイムズは幸福に活動を続けた。キャロライン・ヒルは夫のあらゆる関心事に自分でも関心を持った。3人の娘を産んだ。1834年にミランダ、1837年にガートルード、1838年(12月3日)にオクタヴィアを。
 オクタヴィアが生まれて間もなくふたたび地平線に雲が厚くなり始めた。2年間ジェームズは家庭での倹約に努め、早朝も深夜も働いて事業の回復に懸命に努力したが、むなしく終わった。1840年に彼は破産した。無一文から財を成したのであったがふたたび資産のない身になり、借金の返済すらできなかった。隣人たちが寄せてくれる同情に慰められることはあったかもしれない(教会委員会はヒル夫人に「これまでの歳月のご家庭での倹約に敬服いたします」というメッセージを送った)。しかし幸福な家庭の崩壊を回避することはできなかった。前の二回の結婚で生まれた子どもたちはそれぞれの母方の祖父に引き取られた。サウスウッド・スミス博士がキャロラインの2人目の娘ガートルードを養女にし、残った家族はエッピング(ロンドン北東部郊外)の小さな家におちついた。ここでキャロラインは4人目の娘のエミリーを産んだ。
 ジェームズ・ヒルと妻は残る3人の子どもをなんとか手離さずに数年間暮らした。不安な年月であった。一家はエッピング、ハムステッド(ロンドン北西部郊外)、グロスター(ロンドンから西北西約120Km)、リーズ(ロンドンから北北西約280Km)と移り住み、1843年リーズでもう一人の娘フロレンスが生まれた。どの土地でもヒル氏は失った繁栄を取り戻そうと努め、妻は並々ならぬ勇気をもって夫の努力を助け、そして逆境が子どもたちに影響することを防いだ。住所を詳しく知らずにハムステッドの家を訪ねた友人は、3人の少女がバラの茂みの周囲で踊っているのを見てそこがヒルの家だとわかったという。
 つねにオクタヴィアは注目すべき子どもだった。父親の活力を受け継いだところがあり、「とても広くていつまでも走っていられる」野原があるといいと思う子だった。たいへん陽気、活発で、母親は「この娘はほとんど歩こうとしない。小さなカンガルーのようにはねて進む」と書き残している。明らかに聡明な子どもだった。5才になる前から毎日長時間黙って本を読んでいた(いまでは珍しいことだが、100年前には今日考えるほど異例ではなかった)だけでなく、達者な手紙も書いた。「私たちは色々な絹がいっぱい入った箱を持っています。私はミランダにきれいなのを一枚あげました。ベルベットで、黒、紫、黄、白、緑の色がついています。ミランダは私に濃い赤のきれいなプラッシュ(毛足の長いベルベット)を一枚くれました」オクタヴィアはまたことばをよく理解しており、表現にもこのような幼い子どもにはまれな力があった。彼女が好まぬものは「石炭のように汚い」し、彼女は「燃えているように身体が熱い」ことがあった。靴の紐が結びにくいと、「世界がばらばらになるまでやっても」結べないだろうといった。さらに驚くのは5才以前のものと記録されているいい回しである。父親が「気をつけないと落ちるよ(You will have a downfall.)と注意すると、「平気。落ちても下に羽毛(down)があるから」と応じた。こんなに俊敏な機知と高い言語能力がこの年ごろの子どもにあるのは不思議だから、もしこれが1843年の母親の手紙に残されていなければ人々は後年創作された逸話だと断定するだろう。
 オクタヴィアが5才になったころには、ヒル氏は健康悪化と気力減退のためにもう家族を支えられそうになかった。間もなく気力も体力も完全に衰え、後にやや回復を見せたとはいえ、仕事を離れてひっそりと生きた。少しでも子どもを養えるようにはもうならなかった。そしてヒル夫人は8才を頭に5人の幼い娘をかかえ、扶養手段がまったくない状況に置かれた。彼女たちにとって幸せなことに、夫人の父親サウスウッド・スミス博士(すでに子どもの一人を養子として引き取っていた)が進んでこの一家全員を引き受けた。こうして彼はヒル家の人々の生涯に重要な意味を持つ人になった。
 スミス博士は当時の社会で実は少なからず重要な人物だった。約20年間さまざまな社会問題にひたすら献身的に関わってきていた。工場の労働環境改善を求める運動にも加わり、特に鉱山で児童が働くことを気づかっていた。しかし主たる成果 を収めたのは公衆衛生改善の問題である。イーストエンドで多くの患者を集める熱病専門病院の所属医師として、早くから彼はロンドンの貧困地域を伝染性熱病が繰り返し襲うのは、貧しい人々が置かれた不衛生な環境のせいだと確信した。
 我々にはごく自明に思えるこの考えが反論の嵐を呼び起こした。劣悪な住宅を貸して利益を得ている人々と、何かさせられるのを恐れる市当局者が、みな伝染性熱病は天災であり、またどのみち貧困者はむさ苦しく不衛生な暮らしを好むのだから自由の名においてそれは許されるべきだ、と声高に主張したのだ。サウスウッド・スミス博士は当時の体制から利益を得ている連中や無関心ゆえに動かぬ人々に負けてしまう人間ではなかった。この書は博士の彼らとの闘いを語る場所ではないので、つぎのことだけをいっておきたい。不衛生な状態を防止するのは社会全体の義務と認められ、遂に国家の公衆衛生への責任が受け入れられたのは、ほとんど彼の努力に帰せられる。そこで1848年に最初の公衆衛生法が可決され、中央衛生局(General Board Health)が創立された。この中央衛生局という卵から現在の保健省(the Ministry of Health)が生まれ、広範な権力と責任を持つまでになっている。
 博士のこの努力の詳細は、この書の主題とは直接の関係がないにしても、オクタヴィアの祖父にして後見人である博士の人柄は、極めて重大な関わりがある。彼の業績は公衆につくす心、根気強さ、疲れを知らぬ活力を証明しているが、彼の孫たちにとってさらに重要なのは「彼の生きる日常にある美しさ」だった。珍しいくらい優しい気質で、党派的な対立によって怒ることを自分に許さず、計画の実現がなかなか進まなくても、うんざりもがっかりもしなかった。子どもたちはこの人に平静な気質、沈着な心を見ていた。それは大きな安心感を与えるものだった。そしてガートルードは、幼い子どもだったころ彼が懸命に仕事をするのを見ながら、彼が没頭しているこの仕事は極めて重要で、とにかく人々を助ける性質の仕事だと漠然とだが理解していた、といっている。仕事を一時わきに置いたときの彼は、仕事に向かうのと同じ熱意と興味をもって子どもたちの相手になった。大人が子どもをおもちゃのように扱い、話の内容を下げて語りかけ、保護者的な態度をとることはよくあるけれども、スミス博士はそうした誤りを犯さなかった。子どもたちもそれぞれ人間であり、その興味や疑問は彼にとって公衆衛生の改革がそうであるように、子どもにとって真剣かつ重大なものであると彼は知っていた。
 しかし、祖父スミス博士は子どもたちにとって確かに重要な人であったが、彼女たちの生活に最も強い影響をおよぼしたのは、間違いなく母親キャロラインだった。教育に関する彼女の文章が、ジェームズ・ヒルに彼女の存在をはじめて教えたといわれる。それらの論考からは優れた知性と強い倫理性そしてはるかに時代に先んじた教育理論を持つ女性が見えてくる。
   彼女は夫と同じユニテリアンで、信仰の深い婦人だった。自らの信仰について語ることは滅多になかったが、彼女に接した人はみなその信仰の力を感じた。彼女にとって生きることはそれまで易しいことではなかった。実は以後も易しくなることはないのである。彼女を支えたのは鉄の意志と、務めと感じたことはしないではいられない一種の厳しさだった。そこでいま、父親が一家に用意してくれたフィンチリーの小さな家で、子どもたちのための家庭を築こうと彼女は働き始めた。極めて有能な婦人だが、本来の関心は実際的な家事よりも知的なことに向かっていた。しかしいま何をしなければならぬ かは明白だった。使用人を置く余裕はなかった。すべてを一人で処理し、娘たちを教育し、やがて自立できるようにしてやらなくてはならなかった。

(訳注 フィンチリー ― Finchley, (ロンドン北部バーネット地区の田舎町、ハムステッドの北東約5Km。マーガレット・サッチャー元首相が、1959年に初議席をえたのが、ここフィンチリーである。)

 不確実な未来を前にしてキャロラインは静かに落ち着いていた。以前『教育についての覚書』で彼女は「生命は幸福のうちに誕生する。これは私たちに幸福が続くよう努力しなければならぬと教えている」と書いた。当時のキャロラインには幸福がもっと手に入れ易く思えたに違いない。しかしいま彼女はほんとうに幸福だった。娘たちに贅沢なものはもちろん、大抵の人が必需品と見なす品々も多くは与えられなかったけれども、子どもにとってこれだけは大切な二つのもの(安心感と簡素なもののなかに幸福を見つける能力)を与えることができた。物質的な不安で娘たちの気持ちを暗くさせまいと決心し、食料、衣類、金銭の問題を彼女たちの前では口にしなかった。収入内でやりくりするための工夫や努力も一切気づかれぬようにした。ある日オクタヴィアは道端の硬い小石の山を踏んで歩くと靴がすり減るときかされたとき、誇り高く「わたしがそんなことを気にするけちん坊と思う」と応じた。子どもらしく胸を張ったものだが、靴の修理代を払う母親は当惑したと思う。しかし金銭に関してまったく鷹揚な成人になれるのは、子ども時代を金銭に気を使わず過ごした人たちだけかもしれない。
 子どもたちはいくらでも楽しみを見つけることができた。キャロラインが『教育についての覚書』で「子どもは害を加えることも受けることも起こり得ない環境に置かれるべきだ。その上で好きにさせるのが良い」と書いたとき彼女はことの核心に触れていたのだ。その「環境」はすぐ近くにあった。当時のフィンチリーは野原と牧草地に囲まれた気持ちのいい村で、娘たちはそこで安全に、干渉されずに、好きなようにできた。どんな天気でも彼女たちは屋外へ出た。フィンチリーでは「いつも生け垣の上にいる嬢ちゃんたち」として知られていた。いつも何か見たり、したりすることがあった。野原は花であふれ、生け垣には何やかやと宝物があった。
 遊び道具はどれも自分たちで考え、自分たちで作った。ゲームも考案した。芝居ごっこもした。詩を作り、朗読した。オクタヴィアがリーダーで、劇の脚本を書くのもゲームのやり方を決めるのも多くの場合彼女だった。ほかの娘たちは信頼しきってオクタヴィアに従った。ある時、彼女は腰に巻いた細縄に姉妹みんなをつないで草地を勢いよく駆け下り、下り切ったところで自分は小川を飛び越えた。向こう岸に着地するとき、うしろで細縄につながっている子どもたちはどうしても川に落ちることは忘れていた。しかし、彼女が姉妹たちを危険に引き込むことはあっても、ほんとうに危機がきた場合救ってくれるのもまた彼女だった。オクタヴィアがまだ6才になる前に姉妹で散歩しているとき、ガートルードが吹き寄せられたブナの落ち葉にふと跳び乗った。ところが落ち葉は深い池の上に積もって浮いていたのである。ミランダが助けを求めて人を呼んでいる間にオクタヴィアは一つの石に立って、木の枝をゲートルードに差し出して池から引き上げた。また、エミリーとオクタヴィアが天水桶でクルミの殻の舟を浮かべて遊んでいると、エミリーが頭から桶に落ちた。オクタヴィアは勢いをつけるために急いで後ろにさがると、縁に飛びついて桶を倒し、ずぶ濡れのエミリーを助け出した。姉妹たちはオクタヴィアをあらゆる知恵の源泉と思っていた。「オーキー、あの犬は幸せ」とフロレンスは聞いた。オクタヴィアは何でも知っていると信じていたのだった。世界は興味深いものであふれていた。いくらでもすることがあった。村の大工はオクタヴィアに仕事を教えてみて、「とても手際がいい」子だと思った。庭師たちは彼女に手伝わせてくれた。誰もが親切であった。「あの子たちは村のすべての男の子、女の子、猫、犬、ロバを見知っている。その大多数については名前も知っています。名を知らぬ場合でも、自分たちで名をつけています」
 正式な教育についていえば姉妹はまったく、あるいはごくわずかしか、受けなかった。読書を勧められ、みなが、特にオクタヴィアが、むさぼるように読んだ。ヒル夫人はこの読書を見守り、この世にある罪、悪、悲惨を娘たちに知らせるようなものは読ませなかった。こうすることで子どもたちの心にこの世は根本的に善の世界であるという信念が確立し、彼女たちが悪に出会ったなら、それを神の意思に反するものとして憎み、自分たちもこの世界もそれに支配させてはならないと考えるだろう、そしてその悪に打ち勝つよう強くなるだろう、そうヒル夫人は信じていた。確かにこの方針には充分取り柄があり、この世界は善だという幸福な信念は子どもには非常に有益な出発点である。とはいえ、子どもが初めて人間性の醜い側面に触れた時に受ける衝撃の厳しさを、もしかするとヒル夫人は軽く見過ぎたかもしれない。
 夫人はイギリスの第一級の作品を子どもたちと読み、子どもたちが文章を綴ろうと試みると、必ず励ました。それとは別に、自分で勉強するのを妨げなかった。子どもたちは熱心だった。彼女たちが生涯持ち続けることになる学習への熱意がすでにそこにあった。あるとき姉妹は人形(紙を切り抜いて、色を塗り、名前をつけた)を生徒にして学校を設立した。それには本物のきつい仕事がたくさんあった。フランス語、歴史、地理を勉強し、人形たちが使う教科書も作っていた。そこで夫人は子どもたちが疲れ過ぎないよう、このゲームに口を出さざるを得なかった。しかし子どもたちは楽しいのでなかなか疲れない。姉妹の明るい笑い声が家に響いた。オクタヴィアの笑い声は、それを聞いた人々の心にいつまでも楽しい記憶として残った。「ミランダは……陽気で、元気いっぱい。オーキーのと同質のよく響く笑い声を立てる。同じように生気ある声。もっとも、程度の差というものはあるけれども……オーキーのそれは私の聞いた最も楽しそうな、最もきれいな笑い声です」
 外へ遠く出掛けて知る楽しみもあった。特にヒルサイド(ハイゲートにある祖父の家)へ行ったときがそうだった。ここで子どもたちは、姉妹の一人で祖父に引き取られていたガートルードといっしょに過ごすことができた。いま彼女はオクタヴィアの最も親密な友、仲間であった。二人の少女は時折、公衆衛生改善に関する報告書や論説を手写して祖父を助けた。

(訳注 ハイゲート ― Highgate, ロンドン北部、フィンチリーからは約5Km。17世紀ころから、しだいに裕福な商人たちが別邸を建てるようになった。今日では古さをとどめた良好な高級住宅地として発展している。ハイゲート墓地には、ジョージ・エリオットやカール・マルクスなどが埋葬されている。)

 それを通じてオクタヴィアはその解決に生涯を捧げることとなる問題のいくつかを幼くして理解した。子どもではあったが、オクタヴィアは自分が見ている文書の内容を把握していた。約20年後、彼女はこの時に知った、共同住宅に関する枢密院令を思い出し、建築融資組合(Building Societies)は見逃しているが、それにはまだ法的効力があることに気づいて活用した。その結果彼女の関わる借家人たちは大きく有利な立場を得た。これはオクタヴィアの記憶力の強さと共に、その子ども時代の精神が早熟であったことを鮮明に示している。
 ヒルサイドでは沢山楽しいことがあった。当時のハイゲート(フィンチリーの南東約4Km)は実に田舎だった。家は素晴らしい場所に位置しており、カーンの森が見渡せた。家と森の間にはマンスフィールド卿の囲い地があるだけだった。農場があり、子どもたちを幸せにするあらゆるものが揃っていた。小馬、見事なは家の外で食事した。朝食は庭の東屋で、ディナーは庭園で、デザートはいちばん眺めのいい野原で。ヒルサイドにはいつも客が来ていた。サウスウッド・スミス博士は非常に来訪者を大切にした。彼の仕事が続き、世評が高まるにつれて、ますます多くの人々が彼の助言を求め、友人になった。こうしてヒルサイドは当時の社会問題に関心を寄せるすべての人々の集合所となった。そして、そのような問題に関わっているのは、最高度に知的な人々だったから、いつもスミス博士のテーブルを打ち解けて囲み、内容のある話をした。その仲間にヒル家の子どもたちは自由に加わった。無邪気だったので、はにかみもぎこちなさもなく、語られることをどれも熱心に聞いていた。時には話に加わった。ブラウニングはこの家で彼女たちに会ったが、それからずっと後になってオクタヴィアに当時もう一人の客が彼にこういったことがあると語った。「この子たちには驚きますね。子ども扱いなしに何を話しても大丈夫なのです」
 オクタヴィアは、大人たちの議論が非常に面白くて惹きつけられた。たいていの子どもが子どもらしい喜びや悲しみに耽っている年齢で、オクタヴィアは、悪くなっていくらしい世界のあることを知り、同情に満たされた。彼女の活発な想像力と敏感な同情心はすぐに揺り動かされる。アイルランドの馬鈴薯飢饉は彼女の心を激しく苦しめた。また或る夜、彼女と同室に寝ていた人が目を覚ますと、彼女がベッドに起きてじっと動かずにいるのを見た。「どうしたのオーキー」と聞くと、「ポーランドのために祈っている」と熱をこめた応えがあった。やがて生涯を通じて彼女は他者の悲しみを並外れて激しく自分のものと感じることになる。
 サウスウッド・スミス博士の友人の中に、ウィリアム・ホイットとその妻メアリーがいた。共同でもひとりひとりでも夫妻は多作の著述家で、若いころは世の評価もいくらか得ていた。メアリー・ホイットは、特にハンス・アンデルセンを翻訳し、ウィリアムは少年たちのための歴史書と易しい科学書を書いた。夫妻はとてもよく旅をする人たちだったが、1845年から1850年まではハイゲートに住んだ。そしてヒル家の子どもたちはその家のパーティーに招かれた。1846年のことである。以後二つの家族の間に親交が始まり、ホイット家の特に末の二人の子がオクタヴィアの遊び友だちになった。オクタヴィアより少し年上のチャールトンと、少し年下のマーガレットだった。3人の子どもたちは児童期の楽しい空想をともにした。
 妖精を探すオクタヴィアが見られたのは、ホイット家の子どもといっしょのときだった。妖精をもう見たかと聞かれて、「まだ。でも、きっと見る」と確信を持って答えていた。3人は地下室に鬼がいることを突き止め、鬼たちの心を静める儀式を夜に行った。3人はいっしょに遊び幸福な日々を過ごした。この友情を双方の親が喜び、後押ししたので、子どもたちは親しさを増す機会に恵まれた。ホイット夫人はミランダとオクタヴィアを招いて自宅の子ども部屋に泊まらせ、つぎにはマーガレットがヒル家に泊まった。ホイット夫人はヒル夫人に、とりわけ彼女の子どもの育て方に、深く心を打たれた。或るとき、ヒル家を訪ねた後で、ホイット夫人は「ミセス・ヒルの優しい世話を受け、あの愛らしい子どもたちと仲良しになったお陰で、マギーはずい分良い子になった。私たち夫婦はそれに気づいた」と記している。オクタヴィアに対してホイット夫人は格別の愛情を持った。ヒル夫人にこう書き送っている。「オーキーは実にきちんとやっています。私たちはみな彼女が非常に好きになってしまい、どうしたらお返しする気になれるか分かりません」
 この愛情に対してオクタヴィアは心からの献身を以て報いた。ホイット家はヒル家よりもゆとりある暮らしをしていた。裕福であった。ホイット夫人はヒル夫人ほど忙しくなく、恐らくヒル夫人より愛情をはっきりと表に出すタイプだった。オクタヴィアは穏やかな、いかにも家庭らしく心和む空気が嬉しかった。後年彼女はホイット家の屋根の下で過ごした日々を繰り返し思い出している。「私はあの優しい雰囲気を忘れないでしょう。……夫人の家で過ごす長い冬の夜、私は夫人の足元の小さなスツールに掛け、夫人は私の髪をとかしてくれました。いまもその柔らかく、そっと触れる感じが残っています。……夫人が針仕事、ホイット氏が読書をしているとき、暖炉の光が夫人の顔に揺らめいていました。いまも眼に見えるようです」夏の幸福な日々もあった。ホイット氏は散歩にオクタヴィアを連れ出し、珍しい花や草のある場所を教え、その土地の色々なことを話してくれた。オクタヴィアは連れて行かれることを喜び、熱心に見聞きして、辺りの美しさを余すところなく味わった。色々楽しい遊びをした。「水浴びは面白いです。みんな水からなかなか出ません。浮こうとしたり、水をはねかけたり、水の中で踊ったり、ぐんぐん歩いたりします。そしてまた踊ります。とても私は楽しいです。どんなに楽しいかほかの人には分ってもらえません。この家の人たちはみんなとても優しく、私に親切です。ここはとてもきれいです」
 しかし、牢獄の影がすでにヒル家の子どもたちを囲みつつあった。1848年にはミランダが、13歳にはなっていたが、ある私塾の見習い教師としてすでに報酬を受け始めていた。もはや「小さなカンガルー」もフィンチリーの野原や牧草地を思うまま跳びはねることはできなかった。目の前に厳しい現実があった。しかしこれ以前に与えられていた自由な時間から彼女は多くを学んでいた。彼女が向かう厳しい闘いにおいて彼女を有利にしてくれるものは何だろう。あり余る健康なエネルギー、この世界に対する熱い好奇心、洞察 に富む鋭い共感能力、あらゆる美に対する鋭い感受性、そしてすべてに先立って、良心に発する深い義務感があった。それはミランダによればキャロライン・ヒルの子ども全員が母親から学んだ心構えだった。「正しいことなら、なされるべきだという心構え。これについては何の疑問もありませんでした」オクタヴィアは、幸福に育った子どもはみなそうであるように、未来について何ら不安を持たなかった。まったく勇敢に未来に立ち向かった。新しい経験を味わうことを切望し、何がやって来ようと対処する覚悟があった。

目次へ

戻る「オクタヴィア・ヒル」トップページ

戻るSite Map



生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com