松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

2012年のLA&SF秋休み日記

(2012.10.20.〜28.)

10月19日(金)
 私は、この日は7時50分のロマンスカーで新宿に、そこから迎えの車で会場の渋谷区大和田ホールへ。セレモニーを終え「シェ・マツオ」での会食。14時に終了。大きな花束を二ついただく。

 一方、妻は、東京久が原の「アニエル」に愛犬Jean を預けるため朝9時半に車で出発。11時に「アニエル」到着。Jeanは新たな友達ができて大はしゃぎ。バイバイもしなかったとか。

 15時に渋谷で合流して、海老名のN先生宅へ見舞いに行く。不在だったが、隣家のご長男から、先ほど入院したと聞いている間に、ご夫人とお嫁さんがご帰宅。立ち話で入院の様子をうかがう。この日は病院には訪問せず、見舞いの花などを差し上げて帰路につく。

 そのまま、小田原のCIBO に立ち寄り夕食を済ませる。オーナー夫人がご懐妊、6月出産と聞き、いただいた花束をお祝いに贈呈。。帰宅後、慌ただしく旅行荷物の支度にかかり、そこそこで終わらせる。

10月20日(土)
 早朝から、支度再開。車を呼んで11時22分のロマンスカーで新宿へ。成田行きバス13時に乗車。14時30分ころ成田着。搭乗手続き、軽食休憩などで時間をつぶし、16時30分にボーディング。UA9686(NH006) 17時10分発でLAX へ。  10時50分(21日2時50分)LAX 到着。レンタカー(Dollars)の手続きで1時間ほどもかかる。12時半ころ、レンタルした「KIA」のコンパクとカーでいよいよ出発。妻にとっては始めてのLAドライブ。これが大仕事、迷いに迷って、Jack宅到着は14時ころ。JackとバトラーのLeoは大心配で待ちくたびれていた。Parlの死後新たに飼ったWhisparlにも逢う。黒毛で27Kgのスタンダードプードル雌。キッチンでしばし歓談。

 Leoがしっかりアップしてくれていた"my room"にはいり、アンパックなど程々にしてベッドイン、仮眠。19時ころ近くのラーチモント通りまで真起子の運転、Jackと3人でいつものギリシャレストラン「Le Petitte Greek」で夕食。Jack がチェックしてくれた。帰宅21時ころ、キッチンで団らん22時ころ部屋に引き上げ、やっとアンパック済ませる。就寝24時30分ころ。

10月21日(日)
 日曜日の散歩はJackはスキップとのことで、Leoといっしょに一回りした。毎度のことだが街区の美しさには感心する。これが人間の住むところだ。どのロットも前庭の芝、花々の瑞々しい美しさに感心する。






 前庭だけでなく、街路樹の根本までさまざまに工夫して植え込みをしている。これらはすべて、居住者の自主的な管理でなされている。中にはここまでやっても良いのかと思わせるようなものもあった。





 10時ころ恒例のCharlottoサンデーブランチに。途中ベーグル屋に寄ってCharlotto宅へ(Leo運転、Whisparl同乗)。DianとSteven夫妻も同席。Charlottoは思っていたより元気だった。室内での食事後、好天に恵まれていたのでプールサイドで長時間の歓談、隣家の元気なご夫人が乳児を抱えて来訪。ハロウイン姿の二人の女の子も参入。いやはや立ち話の長いことに感心。
 13時ころ退出し、AT&Tの店でシムカード(10ドルカード2枚)を買う。帰宅後設定などして、携帯電話の番号を仕事先の秘書課にFAXした。雑用など済ませて、この日記に初めて取りかかり、今日はおとなしく休息とする。
 夕食は、Leoに送ってもらって、ラーチモント通りの韓国寿司バーにする。久保田1本飲む。
 帰宅後遅くに「アニエル」に電話して、Jeanの様子を聞いた。血尿が出たので医者に見てもらったら、1cm大の結石があるようだとのこと。彼の持病だが、特に痛がっている様子はなく元気にはしているとのこと。帰宅後に検査しなければならない。

10月22日(月)
 7時起床。7時30分ころ、Jack,Leoといっしょに、Whisparlの散歩に出る。やや長めの散歩。Jackは結構な元気ぶり。30分ほどHancock Parkのストリートを歩く。花々がとてもきれい。ハロウインの飾り付けもけっこう多い。




 大統領エレクションのサインボードは少ないが二つほど見かけた。ともにオバマだった。このエリアはかなり高所得者なのだが、ロムニーのサインは見かけなかった。Jackもはっきりオバマと言った。副大統領候補のポール・ライアンは絶対に駄目だという。
 帰宅後、Leoが調べてくれた"RAFAEL"ネット環境に接続しようとしたがパスワードが違うようでアクセスに失敗。

 妻は彼女の運転でショッピングへ。午後1時ころ3rd Streetのカフェで待ち合わせていっしょにランチ。最近人気のカフェ(デリ)Joan’sとかでものすごい混みよう。なかなかの店でした。彼女は再度ショッピングへ。こちらは、Jack宅経由でStaples(Sunset Blvd)に行き、封筒など購入し、帰宅。ネットワーク接続を再度試みるが、失敗。読書、休憩。


 夕刻には、ひさしぶりにTVのまえに。オバマとロムニーの三度目で最後のディベートをJack といっしょに観戦。政治家は「言葉」が武器なんだと感じ入る。2回目の喧嘩腰はなかったが、何ともすごいものだ。今回は世界での警察国家米国の財政的・産業的な負担と利得に押しつぶされる未来像が、重苦しくのしかかっていて、さばききれない姿が露呈したのではないだろうか。当方、サンフランシスコの試合ぶりが気になっていたのだが、それどころではないテレビ世界のようだった。

 妻が帰宅後に、夕食に出かける。今日は和食にしようということで、Beverley BrvdにあるJackご贔屓のメキシンカンレストラン"El Coyote"の真向かいにある"Izakaya Itacho"にでかけた。日本人板長の店である。久保田の吟醸酒などいただき、そこそこの簡単な会食にしたが、なかなかの水準だった。我が住居地の居酒屋の水準よりかなりましな料理だった。勘定もやや高く、チップを入れて190ドルほどだった。でも満足感は高かった。

10月23日(火)
 昨晩は、睡眠に苦労して深夜にかなりの読書をしてしまい、デバスを1錠飲んだ。それでも7時に起床し、朝の散歩にはつきあった。いつものことだが、家々の前庭の花たちと芝生の美しさには感心する。ハロウインの支度の具合で、小さな子たちのいる住まいの暮らしぶりなどが偲ばれる。



 月曜日が定休なので、今日火曜日「Gettey Center」に行くことにした。10時半ころに、妻の運転で出発。ナビにきちんと入力して出かけた。これまで何度もJack の運転で通っているので、順調に進めたが最後の Getty Drが大工事中で、一瞬見逃してしまった。やむなく2マイルほど戻って再侵入するはめになったが、5分ほどのロスで済んだ。パーキングビルは従来と違って予約制ではなく、到着順に入場と変わったので、満車を心配していたが、待ち時間もなくスムーズに入場。広大な駐車施設内はさすがにいっぱいで、地下4階まで下がってやっとスペースを見つけた。

 このミュージアムは、実に良く管理されていて、きわめて心地よく過ごせる。トラムカーで山頂の施設に登るのだが、その道程の眺めの素晴らしさは、何度来ても感嘆する。数分間のこの時間が、来場者のこころを一気に下界の雑念をリセットするようで、トラムを降りた瞬間に、「人類が作り上げた美しいもの」への期待が膨らんでくる。その気持ちを抑えて少し早めのランチとする。きちんとしたレストランもあるのだが、今回はカフェテリアで済ませることにした。サンドイッチとスープ(なんとトムヤムクン)だけにしたが、食べきれるものではなく、半分近くを持ち帰ることになった。
 ここでは、フリーWIFIが使えるので、やっとネットにつなぎ、託児してきたJeanの様子などのメールや画像を見ることができた。60通ほどのメールがたまっていたが、緊急のものがなかったので安心した。

 構内にはいくつもの展示館がクラスターのごとく点在している。漫然と眺めて観るのも良いのだが、今回は車椅子見学なので「サウスパビリオン」一つにしぼった。装飾美術のコレクション、特にフランス17世紀18世紀の家具調度類が充実している。パリのルーブルや装飾美術館たちのコレクションも素晴らしいのだが、ここのコレクションは、その展示の美しさでは世界一だと思う。実にメンテナンスが良く、解説も見やすく充実している。今回感心したのは、館内の室内仕上げ。壁面は美しいサテンパネルを主としており、その静謐さには感銘を受けた。床仕上げは堅木ブロック仕上げだが、決して冷たさを感じさせない。

 18世紀、革命期にクロード・ニコラ・ルドゥがアメリカ人デベロッパーの仕事を受けてパリに作った邸館の一つが再現されているが、以前よりますます美しくなってきたように感じた。このミュージアム、博物学・歴史学的には大きく発展が期待されている財団だが、一般社会への良質な情報発信、とくに児童生徒たちへの教育貢献は感動的である。ポール・ゲッティーという稀代の実業家が残した膨大な資産が、このような形で社会に還元される姿を見ると、アメリカ合衆国の資本主義のすごさに圧倒される。何度訪問してもこころ熱く、充実感に満たされて帰ることができる。我が国の大実業家たちにも見習って欲しいものだ。

 夕食は、これもおなじみのラーチモント通り「Chandara(タイレストラン)」に出かけた。パティオでの食事だが、南カリフォルニアならではの楽しい会食の時間が過ごせる。肥満に襲われている荒らっぽい米国人サービスの世界で、アジア人のスレンダーな女性たちの優しい給仕には、こころ安らぐ。隣席には韓国人の若者グループが楽しげに歓談していたが、アジア文化の洗練されたサービスが合衆国社会にも少しずつ浸透しているのではないだろうか。昨日のJoan’s の人気ぶりなどにも、そんな嗜好が受けているように思った。Chandaraの勘定も100ドル以下で嬉しい。
 完成されながら模索する欧州、世界に君臨せざるを得なくなったUSA、そして混沌の中に沈んでいるようなアジアとアフリカの成長と成熟、これらがなんとか無事に歴史を重ねて調和して行って欲しいものと、つくづく思い詰めている。  会食が終わって、Jack のバトラー フィリッピン青年のLeo君が迎えにきてくれたが、いつものキッチンテーブルには、きちんとデザートが用意されていた。嬉しいものだ。

10月24日(水)
 今日はオレンジカウンティーの大学を訪問し、そのままLAXから空路サンフランシスコへ行くという計画。真起子は道程不案内の上に長距離の運転故、朝7時には出発したいという。バゲージのパックもあり、5時半に起床し、慌ただしくパッキング。6時半ころフルーツとコーヒーで一息ついて出発。Googleで調べたルートとナビのディレクトが違う。ままよ、ナビ任せにしたのが運のつき。とんでもない馬鹿なナビに振り回され、かなり無駄走りをさせられる。ドライバーの妻は「手に汗握る」真剣ドライブ。それでもなんとか目的を果たすことはできた。

 LAX に戻るにも、安全を見て早めに車を走らせたが、今度はきわめて順調にレンタカー屋に到着し、早々とUAのターミナルに入る。ゆっくり昼食(コーヒーだけで持参のサンドイッチで済ませる)。ネットに接続して暫時、PCでお仕事。UA703のA320 でサンフランシスコへ。今回はユニオンスクエア至近のレトロホテルに投宿。古めかしくしているようでもあり、本当に古びているのか。TVはSFジャイアンツvs DTタイガースのゲームを報じてくれるが、なんとこのTVはアナログ電波。何とも据わりが悪い観戦になった。でも第1戦はSFの大勝。タイガースは1点稼いだだけ。阪神ファンの当方妙な気分。今回だけは、ジャイアンツを熱烈応援。明日はどうなるか。帰国後に優勝祝賀?

 夕食は、2ブロック南の「Kuleto’s」に予約なしで入ったが45分待ちとかで、断念。ふらりと出て立ち寄った地中海レストラン「Santorini」で簡単に済ませて、早めのベッドイン。残ったオリーブとチーズを持ち帰った。

10月25日(木)
 ひさしぶりのSFでやや興奮気味か。5時前に目覚めてしまった。手持ち無沙汰だが昨日からネットにつながったので、ブログを一つ書いてしまった。SF Giants 第1戦の快勝物語だ。何かこの町は住まい手が主人公という感じが一番強い。独特な地域思想があるようだ。カリフォルニアストリートを駐車禁止にするべきか否か、こんなことも近隣住民集会で意見聴取する。直接民主主義などと開き直るまでもなく、住民参加は徹底している。そんな町でのホームチームの勝利、チャンピオンシップ奪取、嬉しさが共有されるのだろう。

 朝食はすぐ側にある「有名店」Sear’sに。妻はパンケーキ、私はフレンチトースト。いつも同じ。オールドアメリカンは気に入っているが、なんせ馬鹿でかいのが難点。とは言いつつも、全5枚を完食。さすがに妻はスリークォーターでギブアップ。腹ごなしに「思い出のサンフランシスコ」感傷ツアー。バス、タクシー、徒歩でほぼ午前中いっぱい散策で過ごす。

 このエドワーディアンスタイルのレンガ造ハウスは、1904年(大震災の2年前)にBrandenstein家(MJBコーヒーの創業)の娘さんの婚姻に際して、Herman Barthという建築家の設計で建ったものです。サンフランシスコ市のランドマークに指定されています。1989年、ここに滞在中10月17日午後5時04分に「ロマプリータ地震」に遭遇しました。思い出の深い建物です。この建物の隣、California St.のコーナーにあるビクトリアンハウスと2ブロック先のやはりビクトリアンハウス(ヘリテージ財団の事務所になっている)、この3つの邸館は、Franklin St.のヘリテージツアーに入っています。
 正午過ぎにホテルへ帰還。妻はロビーでのコーヒーいっぱいだけで、再び町中へ。当方は、メールチェックや日記など書き散らしてベッドイン休憩。

 妻はお買い物を抱えて2時過ぎに帰還。すぐに二人で出かける。当ホテルのすぐ前にあるセントフランシスホテル前に武装警官のバイク隊30台ほどに、爆弾処理車まで集まって物々しい警戒。ホテル内に余程のVIPでもいたのだろうと思ったら、テロ対策の訓練だった。観光客が盛んに写真を撮っていた。








 パウエル通りの新店DSW靴屋で私の靴なども買う。探していた室内靴も見つかった。買い物を抱えたままユニオンスクエアのカフェ"Il Cafe"でペーストリーとコーヒーを求め、オープンエアの石段に座って暫時の休憩。広場床にペイントしている女性やらトランペットを高らかに吹き鳴らしている男性やら、楽しげで自由な空気が流れていた。貸しバイクも随所においてある。SFの坂道を上れるのかな。
 ホテルにひきあげ、4時半ころからのワールドシリーズ第2戦をTV観戦。7時半ころ友人が大型の愛犬を引き連れてホテルに尋ねてきた。まだ両チーム無得点のままゲームが続いていたが、7回裏にSFが2点を入れ、8回表のDTが0点で終えたので、勝利を確信して夕食外出することにした。

 ぶらぶら歩きでも、こんなかっこいいフェンスなど見るとほっとする。近くのチャイナタウンで簡単にと歩いて出かけたが、結構な坂道で一苦労。小さなお店で手軽に済ませ、帰りはヒルトンホテル前で拾ったタクシーで帰還した。TVは、ホーム球場での2勝に歓喜している観衆たちを中継していた。TV観戦のままうたた寝していたが、2時ころ起き出して、この日記を書いた。デバスを飲んで、ベッドに入ることにしよう。

10月26日(金)
 起床7時。先日断られた「Kuleto’s」の朝食を試した。イタリアなまりのオートミールが、結構おいしかった。今日は観光ツアーにしようとパウエル通りでケーブルカーに乗る。妻は2ドルで私は75セントと固く信じていたが、いきなりお一人様6ドル。シニア割引なしと言われてびっくり。二人で12ドル払ったが、乗客のご婦人が『バスと違って高いんですよ』と慰めてくれた。公共交通機関ではなく観光娯楽施設なんですね。いつから変わったかWikiで調べたら2011年7月より6ドルに値上げとあった(Wikiには実に詳しく書かれていた。読んでおくべきですね)。大恥掻いてしまった。まあ観光税なんでしょうね。



 この高価な観光電車で、フィッシャーマンズワーフまで行き、観光とお買い物。何処の地でもやることは変わりません。この施設かなり古くなっているが、いたるところの花々が美しく、こころをうきうきさせる。Jeanのお土産など買う。観光ついでにクルージングでサウサリートまで渡ろうかと窓口に行ったら出航まで1時間以上も待たされるようだ。宗旨替えして、アカデミックなツアーに変更。タクシーでプレシディオ経由でリンカーンパークに行くことにする。7、8マイルのことだから30ドルほど奮発すれば済むこと、ケーブルカーの倍くらいで済むだろうと意思決定。このツアーは成功だった。素晴らしい快晴の下、プレシディオの走行は素晴らしく快適なものだった(ここはご承知の通り、日米安保発祥の地、吉田茂によって日本の敗戦国体制を固定化した地であり、米国陸軍の基地であるがSFでは最高にお気に入りのエリアだ。ここからリンカーンパークはすぐだ。本当にうきうきする時間が持てた。

 ここに、お気に入りの美術館"Legion of Honor"がある。小規模な美術館だが、とても可愛らしく、一通りの美術品が美しく展示されていて、教育施設の機能を持ちながらも、市民愛好の施設になっている。SFが誇る施設の一つだろう。家具調度についてもそこそこのコレクションがある。16世紀の貴重な家具も持っている。だが、ゲッティーセンターの潤沢な予算とは違うのだろうが、ややメンテナンスが見劣りする。

 サンクガーデンのある地下のカフェでランチにした。ローカルなアンカースチームビアとギャルソンサラダにしたのだが、このビッグなサラダはお箸で食べたいと、ウェイターに頼んだがないとのこと。フォーク2本で食べられないかと言う。感心な若者だ。試してみたが結構使えるもんだ。
 帰路は、味を占めて「Golden Gate Park」経由でホテルに戻ることにする。このタクシードライバー、浅草に住んだことがあるとか。楽しいおしゃべりの間に、適切な観光案内をしてくれて、ご丁寧にジャパンタウンのPost St.を通ってホテルに着けてくれた。往復ともチップを入れて30ドルで十分だった。

 5時ころに、SF在住の友人が、夕刻の町を走ってSF Giants のホーム球場AT&T Park を見学に連れて行ってくれた。画像はライト側の対岸から撮ったものだが、これでは場外ホームランは海に飛び込む訳だ。今日はチームは移動日でデトロイトに向かっている。土産物店は大勢の客で賑わっていた。Tシャツなど買ったが、できるだけ"Giants"ロゴマークの小さいものにした。


 夕食は、友人の案内で、ジャパンタウンの立派な韓国料理店にした。ご承知の通り、小皿が何十となく運ばれてくる。マッコリもいただいた。完全に食べ過ぎだが、楽しい団らんで時間が過ぎた。その後、久しぶりの近畿ビル内を散策したが、半分以上の店は当時(バブル終末期)のままにしっかり営業している。来客は当時よりずいぶんと増加しているように見えた。サンフランシスコ市自体、かなり良好な状況にあるように思えた。特に南部の湾岸地区には真新しい大きなビルが林立して、当時の寂しい様子が信じられないほどだ。都市経営に成功していると見ていいのではないだろうか。
 帰還後、明日の帰国準備のパッキングを、ぐずぐずと続けてほぼ終わらせて、この日記を書いている。バーボンを1杯だけ飲んで寝ることにしよう。

10月27日(土)
 6時ころ起床し、ばたばたとパッキング。8時ころタクシーでSFOへ。8時半には空港着。結構なセキュリーティーチェックを通過したボーディングターミナルへ。まだ十分に時間があるので、イル・フォルナイオのカフェでゆっくりと朝食にする。空港が一望できる良いカフェだ。10時半過ぎにUA837(B747)の機内へ。10時間ほどの苦行を経て成田着。

10月28日(日)
 リムジンバスで新宿、そして小田急ロマンスカー28日(日)16:10発、小田原17:19着に乗車、日常に戻った。翌月曜日、「アニエル」に愛犬Jean を引き取りに行き、帰路気にかかっていたN先生宅へ見舞いに行った。

ぐずぐず記録した日記とカメラが整合せず、意外に手間ひまかかった。




セシウム災害から避難して
新たな拡声器音災害に遭遇

(2012.11.6.)

 わが、神奈川県小田原市は、福島第一原発からは、三百キロほど離れては居ますが、放射能汚染被害はかなりの生活影響を及ぼしています。特に自然農法あるいは自給自足を志して新規就農された方たちには、取り返しのつかない喪失感を与えています。
 茶、野菜、果実、水田、畜産など、首都圏消費地の至近で、足柄平野という農産適地を有する地方都市にとって、311の放射能拡散は、市民生活の将来に大きな不安を突きつけています。
 私の知人という狭い範囲の方々だけからでも、成長期のお子さんを抱えていられるご家族、3世帯がこの地を脱出して関西以西に転住されています。  その中の、奈良県に新たな暮しを築き始められた方から、こんなお便りをいただきました。

 『-----住んでいるアパートは民間の、農家の何代目かが大家さんをやっている築30年超のアパートです。2階建ての連棟式(テラスハウスと関東ではいう)で、7棟あるうち、今は我が家も含めて3棟入っています。こちらは、大家さんの高齢化もすすみ、老朽化したアパートに若い家族は入らず、かといって新築することもできず、となかば放置状態になったアパートがいくつかあります。
 また、店子が入ったら入ったで、手をかけなければならないというのが手間だそうで、代替わりした大家さんはあまり貸すことに乗り気でない・・・そんなアパートにわたしたちは入りました。
 2月に入ってすぐ、大家さんに『隣のいまは貸していない部屋にはスピーカーがついているが、あなたの部屋にはついていない。いずれそのスピーカーをこちらにうつしたほうがよい。防災放送や、学校のお知らせ、地区の行事のお知らせが入るから』といわれました。
 わたしは「いますぐでなくてもいいです」と答えましたが、越してきたばかりでなにも周りがわからないので、子どもの学校のお知らせなどは受け取ったほうがいいかなーと思っていました。とくに地震や災害に関しては。
 ついに5月に、近所の電器屋がやってきてスピーカーをとりつけました。「古い型だからね」というので「音量の調節はできるんですか」とたずねると、できないとのこと。
 その日からたびたび、夜7時になると町内放送が入るようになりました!  8畳一間の狭い部屋に響き渡る大音量で!笑!
ラジオのニュースも、音楽も、そのときはかき消されます。
「みーなさん!こんばんは!畑自治会よりお知らせです」「どこそこのだれだれが何歳でお亡くなりになりました、つきましては・・・・・」「明日は小学校の廃品回収です、朝何時までに・・・・・・」「班長さんならびに役員さん、住宅管理者のみなさん、回覧が届いております、取りにきてください・・・・・」
 直接わたしたちに関係ない話題も含まれてるのに。回覧板をとりにきてというのは、その人に直接連絡してほしい。
そんな思いを飲み込みながら、黙って夕飯をとります。  あるときは近所の防災のサイレンが何分もウーーーーー!!ウーーーーーー!と鳴り響きました。
 ぎょっと飛び起き、なにかの間違いじゃないかしらと時計をみると午前3時。気味悪い、早くやんでくれ、と身を硬くしていると、部屋のスピーカーから「みーなさん!」またまたぎょっ!「ただいまの火事は、市内のどこそこで発生しました」市内といっても、かなり遠い場所での火事でした(あとで知りましたがこれは誤報だったらしい)。
 もうちょっと大家さんと話しやすい関係になったらスピーカー取り外してもらおうかな・・・それとも、トンカチでこわしちゃおうかな・・・』

 この方とは、これまで「拡声器災害」について話題にしたことはありませんし、小田原の地でも「防災無線放送」は経験されているはずですが、よほどの驚きだったのでしょう。こんな愚痴を送ってこられたのです。確かに、地域内すべての住居に拡声器を据え付け、防災から自治会通知、近隣訃報などを、時間に関係なく音声で伝えるというのは、お聞きしたことはありません。極めて乱暴な「騒音災害」施策です。
 しかし、これは奈良県の一地方都市の突出した施策と言うことだけではありません。
 日本国のすべての地域、公共的施設、交通機関、大型商業施設、商店街などで、「拡声器によるお知らせ」は平然と行われています。そしてそれを必要と考えている受信者がマジョリティーなのです。騒音災害に異を唱えるのは全くの小数派、こういう状況の解消は、は日本人の成熟を待つしかないのでしょうか。
 かつて、この”AMENITY”誌で「拡声器による総員通知は、軍隊か刑務所だけだ」という指摘を拝見した記憶がありますが。まさにそのとおりです。日本人すべてが「刑務所」から脱獄する覚悟を決めるか、釈放される日を気長に待つのか、覚悟が問われているように思います。

(この記事は「静かな街を考える会」発行の"AMENITY"No.30 に寄稿したものです。「静かな街を考える会」は永年にわたって、交通機関、公共施設や街中の拡声器騒音について講義を続けられています。http://sky.geocities.jp/bunka_so_on/


戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com