松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

2010年のロスアンゼルス夏休み日記

(2010.9.6.)

8月27日(金)
 恒例のLA休暇。毎度のことですが、Jeanとのしばしの別れ、つらいものがあります。今年も、優しいご一家、T家に預けることになります。彼は事態を認識しているのでしょうか、不安げに支度中のスーツケースに座り込んでいます。11時過ぎ、妻も意を決して彼を車に乗せ、彼の生活用品とハウスを積み込んでT家に向かいました。見送る当方を見つめている彼の表情、身勝手さを責めているようです。

 帰宅した妻、無言の当方、不機嫌な時が過ぎていきます。それを救うかのように、同行する友人のSさん親子が大きな車で迎えにきてくれ、いっときの歓談が無理矢理の「平常」を回復し、いよいよ成田への「旅」です。病み上がりの当方を気遣ってか、「寝台車」仕様にしつらえてあり、いささか戸惑いながらも長々と横になって出発しました。

 On time と表示されていた渡航便は、1時間少々遅れて離陸。世界を「狭く」するのにはかなりきわどい無理がかかっているのを感じます。8月末のこの時期でも結構な乗客で、機内はほぼ満席。今回は当方だけ高齢と病弱を理由にCクラス席にしましたが、190センチ近くもある長身の同行大学生は、窮屈なシートに悲惨なかっこうでうずくまっていました。

 午後2時ころ、LAX着。ハンディキャップパッセンジャーの当方は、一番に退出し、バゲージも、イミグレもカスタムも、シヨートカットで通過。10分ほどで、到着遅延で待ちくたびれていた出迎えのLeoに、ゲートで会えました。健常者親子とは、かなりの時間が経ってからやっと合流できました。空港ビルから外に出て、その涼しさにびっくり。機内で羽織っていたセーターは当分脱げそうにありません。


 午後3時ころにJack宅に到着。Jackは、前日に到着していたMさん親子を近隣の案内に連れ出していて不在でしたが、まもなく合流、その後すぐNさん二人連れも新たに到着。しばし歓談の後、今夕の会食の相談を済ませそれぞれにホテルへ。

 こちらは、Leoの運転で、妻とその友人の携帯電話を買いにAT & Tの店まで。結構な時間がかかり、いささかうんざり。帰宅は6時半ころ。大慌てでシャワーを済ませ、Jackの運転でLarchmont Blvdまで、5分ほどのドライブ。久しぶりにJackの運転の世話になりましたが、95歳とは思えないスムーズな走行に安心しました。

 午後7時ころ、いつものChandara(Larchmont Blvd)に集合。S氏夫妻もここで合流。日本からの参会者は5組10人になりました。JackとLeoを加えて総勢12人の宴会です。トムヤムクンなど12、3品のアラカルト注文でテーブルはあふれんばかり。Chardonnayでまずは乾杯。みなさん久しぶりの顔合わせで談笑が盛り上がりましたが、明日もありますので、9時にお開き。
 帰宅後、ほったらかしのバゲージをやっとアンパックして、バスを済ませて早々とベッドイン。結構な疲労感で就寝しましたが、やはり3時には起き出すことになって、読書1時間ほどで再びベッド。

8月28日(土)
 起床は9時。Jackはすでに朝のwalkingを済ませていました。バスを済ませてキッチンに。Jackがオートミールを用意してくれますが、こちらはせいぜいコーヒマシンのセットアップだけ。うまくできたと思ったら、コーヒーを入れるのを失念して、ポットにはお湯が半分ほど。慌ててコーヒーをセットして無事にコーヒー沸かしに成功。おかげで熱いコーヒにありつけました。Jack作のオートミールは、バナナやレーズンがふんだんに入り、ソイミルクで仕上げるという健康食。ネクタリンがとてもおいしい。
 レオも出勤し、かいがいしく作業を進めてくれます。一番若い甥のStevenもやってきて、友人とともにBGMの大掛かりな装置を準備開始。Power不足にならないか心配。数年前のパーティーの際には突然に停電するというハプニングもありました。

 エントランスへのペーブメントの敷石に不具合があり、若干の手直しと砂利詰めをやってみました。結構転圧などに手間取りましたがうまくし上がりました。最年長の姪Dianが陣中見舞いですが、ご本人も足腰不具合でステッキをついています。シアトルからQuettaも早々とお手伝いに来てくれました。その後、二つのパティオにランタンを吊るしたり、飾り付けをしたり、ケータリング屋が入る前の作業を進め、とりあえずのランチをキッチンで取りました。



 午後3時になるころ、ケータリングチーム総監督以下10人ほどが、来宅いよいよ準備開始。手慣れたチーム作業で瞬く間に10人10卓がしつらえられ、リネン類もそれなりの体裁ができています。センターピースはミラープレートに乗ったキャンドルボールです。まだ5時の明るい時間に点灯しました。




徐々にパーティー会場のムードが漂ってきます。招待客も三々五々集まり出し、談笑のグループができてきます。ワインやカナッペなどのサービスでカクテルパーティーが始まり、みなさんとてもアクティブな会話を続けられます。疲れを知らない高齢者、フィリッピン介護人付きの者、酸素ボンベを引いているもの、まさに多彩な参会者です。平均年齢は多分65歳くらいか。Diane作成のネームプレートがエントランスの二つのテーブルに並べられていましたが、全部で140枚。(受付がある訳ではありませんが、残ったネームプレートは10枚ほど。参会者130人!

 やや陽が落ち出した午後7時ころ「ディナー!」の案内があり、ガーデンに向かう客、ブッフェに並ぶ客など、ややざわついてきますが談笑は途切れません。イェローのテーブルクロスにオレンジのナプキン、緑の中にアクティブなムード、そしてひとびとの勝手気侭な服装がカジュアルな雰囲気で人のこころを和ませています。StevenがセットアップしたBGMも高齢者向きの選曲でした。

 8時半ころ、いよいよバースデイケーキのカット。この巨大なケーキはダイニングルームのメインテーブル一杯におかれています。姪のDianのギフトです。参会者の説によると500ドルくらいはかかっただろうとのこと。100人分にしても1人5ドルか。Jackがナイフを入れると一斉にカメラのフラッシュ。ウェイター二人掛かりで運び出して100カットの作業。素早く全員にサービスしてくれましたが、その巨大さ、アメリカは変わっていないなと思わされました。まだまだ談笑はつきません。最後の客が帰ったのは、11時過ぎ。今年のJackは最後まで元気に良く持ちこたえました。当方はくたくた。ふぅ。
● 8月29日(日)
 さすがに当方は疲労困憊、9時過ころ朝食に起こされてしまいました。いつもは5時に起き出してしまう「老人」がカリフォルニアの空気で若返りしたのでしょうか。今朝は昨晩泊まっていったシアトルのQuettaも同席。Leoが素敵な「アメリカンブレックファースト」を準備してくれていました。食卓の豊かなフルーツはいつもながらありがたい。フルーツ貧困国の日本にお裾分けしたい。









 朝食後、JackとLeoは東京から来たM親子をホテルでピックアップしてLAXまで送るために出かけて行きました。残ったQuettaと当方二人は、飾り付けしたランタンの撤収作業。終わるとQuettaと妻は早速にハードウェアストアにお出かけしてしまい。当方一人お留守番。電話の多いのにやや辟易。アメリカの固定電話は、日本よりかなり活躍しています。










 昨夕のケータリング屋からも電話。残していった機材の撤収のこと。ついでに、このパーティー設営の委託費用のこと。業者のエスティメートを見せてもらいましたが、設営から料理、人件費など一切で5,800ドルほどでした。Jackが業者にチェックを切るのをのぞいていましたが、若干の追加費用とチップなどを含めて8千ドル近くでした。デフレ日本の当方にはかなり高く思えましたが、サービスの質を思えば、こんなものなんでしょう。







 ランチは、Jack, Leo, Quetta, Makiko, Shigeruの5人。Leoが素早い仕事でサラダ、サーモン、チキンをサービス。ランチの後2時過ぎ、MakikoはLeoの運転で、Globe Centerまでお買い物。JackとShigeruはそれぞれお昼寝タイム。この涼しさは何とも快適。まさに静養の一週間が過ごせそうです。Leoも一休みしてから帰宅しました。

 2時間ほどの快眠の後、スタンダードプードルのPearlのお散歩にでかけました。かつては2〜3ブロックを回っていましたが、近年はJackもPearlも高齢化しましたので、1ブロック散歩に縮小しています。同じブロックの北側の角地に、チューダースタイルの大きな家がありますが、そこのご主人Bob(Gershon)とばったり。話し込んでいるうちに奥さんのBarbaraも出てきて、結構な長話。昨日のパーティーにも参加されていましたので、日本からの参会者への関心もいろいろ。浴衣姿で参加したMさん親子のことからJALのことまで話題になって、終わりそうにありません。この地では、立ったまま1時間くらい話し込むのは普通ですが、なんせ80、90代という高齢者同士ですからこの長話には脱帽です。Pearlもそわそわしていますが、一向に動き出さないJackを恨めしそうに見上げていました。

 このHancock Parkという地域は、かなり良好な住宅地で、ブロックごとに街路空間(車道、植え込み、歩道、前庭)は50mほどありますので、たいへん爽やかな環境を作っています。Beverly HillsとかBell Airというような高級住宅地はまた、まったく違う世界です。昨夕の大パーティーに参加した130人の車は、この街路に路駐です。かなり遠くに止めた方も居たようですが、みなさん路駐ルールに慣れていますので、近隣の方も自然体で受け止めてくれるようです。日本国との住環境の相違を痛感する光景です。ワインも100本近く出ていますが、この程度は飲酒には該当しないのか、車社会のロスアンゼルスのルールなのか。これも大きな違いです。

 7時ころになって、Makikoからお迎え頼むコール。Jackの運転で指定された近くのKマート前までお迎え出動。出かける際に車の鍵が見つからずに、Leoに電話して探したり、アラームが鳴ってセキュリティーと電話で安全確認などと出発前にかなり時間を食ったので焦っていましたが、日曜日のこの時間帯ひどい混みようで、無理なUターンや黄信号無視、駐車場通り抜けまでしてやっと指定の場所に30分以上かかって着きましたが、待っているはずのMakikoの姿はなく、そこいらじゅう道路から店の中まで探しましたが、発見できない。タクシーででも戻ったのだろうと、やむなく引き返し。案の定Makikoは鍵の開かないJack宅前で待っていました。なんと言う無思慮。携帯電話の番号を聞いていなかったのです。30分待ったけど来ないのでタクシーで帰ったとの話。あぁ。いささか疲れた3人無口のまま、テークアウトの中華とのり巻きで夕食。早々の就寝としました。95歳の疲れた老人に負担をかけて、かなり落ち込んでしまいました。

8月30日(月)
 今朝はどうした訳かMakikoが早起き。7時に起こされ、JackとPearlのお散歩につき合いました。Jackもかなり元気を回復したようで、2ブロックの散歩になりました。さまざまな隣人にお会いしますが、パーティーの参会者からは結構な賛辞をいただきます。良いコミュニティができていること、うらやましいですね。小田原城での散歩仲間は近隣の方が多いのですが、きちんと朝のあいさつを交わせるのは半分も居ません。誕生祝いにきてくれるなんて、想像だにできません。

 週日らしい静かな朝で、中庭の陽の光がまぶしい。キャンタロップのスターターで、オートミールの朝食。ミルクとクリームを取り違えて、濃厚なオートミールにしてしまいましたが、意外にいけました。元気回復し、リビングルーム前のパティオにアイアンチェア3脚とテーブル2本をセットしました。しばし朝の日光浴。真夏と思えない爽やかさ、身もこころもクリーニングされた気分でした。

 MakikoとLeoは昼食を仕入れにスーパーに。Jackには、「顧客」がインテリアの相談に来ました。95歳の初仕事になるのかな。Jackに確認しましたら、30年来のクライアントで、今年初めから続いているプロジェクトの打ち合わせとのことで、パーティーの席に最後まで残っていたのはこのクライアントでした。すごいことです。こういう高齢化社会を広げたいですね。 LeoとMakikoは、SUBWAYまでサンドイッチを買いに行き、今日のランチとしました。なかなか結構なものでしたが、その巨大さにOLD AMERICAN 問題を感じました。3時過ぎから、私もつき合ってLeoの運転でBevery Center角のBED,BATH & BEYOBDに買い物に行きましたが、目当ての品が店頭在庫不足で、マネージャーの手を煩わせて近隣の姉妹店を探させ、Inglewood の店まで行くことになりました。そこそこの距離がありますが、初めての地域で競馬場(メドーではない)やらカジノやらがあり、やや殺伐とした雰囲気の地でした。

 帰宅後、JackのドライブでディナーはメキシカンレストランCoyoteにしました。Jackの30年来のなじみで、95歳誕生日を店員総出で大合唱、良いディナーになりました。お勘定は当方で払いましたが、なんと3人でマルガリータ付きで結構いただいて、60.25ドルとのこと。チップ大奮発?、20ドル加算して支払ってきました。当方は帰宅後早々とベッドへ。

8月31日(火)
 今朝は私が7時に起きて中庭の掃除(葉っぱ拾い)をしているうちに、MakikoもJackも支度をすませたのでPearlのお散歩に出発。今朝は見事なカリフォルニア晴れで、まぶしいばかりですが、気温はかなり低い、70°F(21℃)ほどだろうとのこと。日陰に入ると特に寒い。持って帰りたいような朝でした。朝食を済ませて、豊かな休息時間。ありがたいことです。
 12時近くになって、ファーマーズマーケットまで出かけました。この町の名物ですが、隣接地にショッピングコンプレックスのグローブセンターが誕生したことから、集客力が高まり、新しい施設の開発が始まっています。ランチはいつものことですが、Phil'sのファーストフードで済ませました。火曜日ですが、かなりの人出。楽しい時間です。MakikoをBevery Centerに降ろして、Jackとともに帰宅。再度休息です。今度はしっかりベッドイン。5時すぎて起き出しましたが、すでにJackとPearlはお散歩を済ませていました。
Makikoが帰宅後、キッチンで、昨夕のCoyoteからのドギーバッグでささやかなディナー。でも3人ともワインが進んで、TVシネマの“The Bridge of Madison County”をリビングルームで鑑賞。散骨のラストシーンから3人とも感傷的になってJackやShigeruのお墓の話になりました。Jackはmotherの隣とJimmyの隣(Forest Lawn Grandale)と二つ墓ができていて、両方に埋骨するのだそうです。

9月1日(水)
 7時半、散歩。Pearlはかなり高齢化が進んだようで、歩行もややおぼつかないところがあります。それでも2ブロックは歩きました。スタンダードプードル14歳ですので、来年の散歩はかなうのでしょうか。当方も似たような状況ですが、希望を持ち続けましょう。Jackが一番元気です。





 今日はSさんの古い友人Ken(Marshall)が、サンタモニカツアーをサービスしてくれるとのこと。Lakewoodから遠路駆けつけてくれました。予定より1時間ほど遅れてSさん親子とMakikoはピックアップされて出発しました。Leoが用意してくれたズッキーニの花の天ぷらとサラダで、男3人のランチ。デザート付きでなかなかのものでした。

 食後すぐに、Leoの車でLACMA(ロスアンゼルス郡立美術館)に出かけ、エントランスまで行って初めて水曜日が定休日と知りました。でもこのまま帰宅するのも業腹ですので、ガードウーマンに「ほかのMuseumで近いところを教えてくれ」と尋ねたところ「同じ公園の中にPage Museumがある、歩いて行けるよ」とのことで、とぼとぼ公園の中を歩きましたが結構な距離でした。



この公園はかつてRancho La Breaと呼ばれたアスファルトタールの採掘場で、古代生物の化石発掘が続けられていました。Page Museumは、埋蔵発掘物の展示をするために設立された自然史博物館です。古代動物のスケルトンが静かに眠ている館内をホイールチェアでゆっくり学習させてもらいました。LACMAは明日再挑戦です。

 帰宅後、Pearlの散歩につき合いましたが、2軒となりのBarak氏宅前で高齢のご主人にばったり。奥さんのRossは車椅子で玄関先に座られています。週末はMalibuでしたので、パーティーではお会いできなかったため、再会をことのほか喜んでくれました。散歩の帰り道では、隣家のJimmy(キャンサー治療で欠席)にも会いましたが、近隣のつきあいが大切にされていることに改めて感じ入りました。

 サンタモニカツアーに出かけていたSさんたち3人も、午後6時半ころには帰宅しましたので、少しばかりの談笑の後に、Peruvianレストランに5人で出かけました。ペルー料理というのは未経験ではありませんが、この店はシーフードと謳っているだけになじみやすいものです。この店はいっさいビールすらアルコール飲料はサービスしませんが、席待ちの客がドア前に並んでいるような人気店です。5人で4皿ほどの注文でしたが、しこたまドギーバックを持ち帰ることになりました。

9月2日(木)
 今朝はどういう訳か朝寝坊。「朝食の準備ができました」という声に起こされました。こんなこと何年ぶり。ゆっくり休養できたということとしましよう。パジャマの上に服を羽織って駆けつけましたが、Jackは顔色も良くとても元気そう。ノンアルコールPeruvianが合っているのかな。

 時間を惜しげもなく使い尽くしたこの一週間も、今日で終了します。美しいカリフォルニア晴れのロスアンゼルスをしっかり記憶に残して置きたい。最終日ですが、今日はSさん同行のYukiを連れて出かけます。

 再挑戦のLACMAでしたが、またもやオープンしていません。ガードマンに聞きましたら、正午にオープンとのこと。まだ40分ほどもあります。再びタールピット見学にしましたが、今回はガイドツアーのお尻に付いて回りました。Yukiが生物考古学に興味を持った風にはみえませんでしたが、新しい知見ではあったようです。まだ時間がありますので、公園となりのOffice Depotでお買い物などして、ちょうど正午に、やっと入場。








 Jackのメンバーズカードで二人ともフリーでした。買い物袋もレセプションで快く預かってくれ、いざ見学。6つのビルディングが常設展示で、一番新しい大きなビルディングは企画展施設です。まず4つのビルディングをこころ静かに見学し、ランチにしました。Patinaが経営するややソフィスティケートなカリフォルニア料理。久しぶりに気取ったランチでした。 元気を回復し、日本美術に特化したパビリオンをじっくり見て回りました。桃山時代から明治初期までのコレクションが豊富でしたが、縄文時代の火焔土器や、古墳時代の埴輪などもありびっくりしました。日本占領時代の収集品も多いようですが、不法に接収したものはないはずです。このビルディングは、3階建てですが栄螺堂スタイルの斜路が1階までなだらかに続き、とても気持ちよく鑑賞できました。

 預けた荷物を受け取り、さてどこに行こうか。かなりくたびれたのでSofitel Hotelのテラスで一休みしました。







しばしのおしゃべりの後、らしくもなくBevery Centerでショッピング。安物のシャツを1枚買いましたが、袖丈と胴回りがフィットしなくて苦労しました。病後の怠惰な暮らしがたたったのでしょうか。大いに反省です。






 夕食は、Sさんの希望もありLarchmont BlvdのLe Petit Greek Restaurantです。Jackを中心に、5人での会食は、最後の夜にふさわしいにぎやかで和やかなものでした。5年後の100歳誕生パーティーでの再会を誓って締めくくりました。

9月3日(金)
 最終日の朝、Makikoは5時に起き出して、パッキングを始めています。渋々つき合いましたが、かなり知恵を絞ってオーガナイズしないと納まりません。なんとかバランスよく3つのバゲージにまとめました。毎度のことですが、衝動買いした重量物には閉口します。

 7時半、最後の散歩。今朝は、見事なフォッグで寂しげな街並に一変していました。LAにも霧が出るんですね。朝食の時間には、見事に晴れ上がっていつものカリフォルニア晴れ。Jackサービスのオートミールをしっかり味わいました。また来年です。 11時半ころ、Jackに別れを告げ、Leoの運転でLAXに。大荷物をチェックインしてSQのラウンジまでホイールチェアで送ってもらい、この日記を閉じました。




相互に関係なく記録されたカメラとテキストの編集に戸惑い、まことにつたない雑記になりました。



戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com