松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

セレモニー議会? 居眠り議会? 抵抗議会?

(2009.6.6.)

 小田原市は県西部の町、住民20万弱。2市8町の合併を迫られています。行政も議会も横並び意識が強く、議員定数は選挙のたびに削減され今議会は28人です。議会改革検討委員会は昨年、市民が一読驚愕するような怠慢な報告書を出して解散しています。
 市民からは、2006年12月に定数削減の議案にぶつけるように10人の市民によって「小田原市議会基本条例の制定についての請願」が出されましたが、本会議即決20対8で不採択。2008年12月には「議員の議案毎の賛否を公開せよ」という陳情が出されましたが、議会運営委員会で不採択。この陳情者が中心となって市民署名3,248筆を添えて「議案に対する議員毎の賛否を公開する陳情」を再度出されましたが、本年3月19日の議会運営委員会で継続審議となりました。
 この委員会では、一人の議員より「この陳情に賛成を強要するような手紙が陳情者より寄せられた。その脅迫まがいの恐怖で夜も眠れない。ここで読み上げる」という発言で、奇妙な混乱を発生させ、私信の公開は不適切ではないかという委員発言を無視して読み上げてしまいました。このようなことに時間を取られ、議運傍聴者20人ほどと言う異例の会議は、採決結果、(委員7人、欠席1、議長1除き5委員による採決)採択3、不採択2でしたが、委員長(公明党)意向で「継続にしたい」「良いだろう」で、「継続審査」となったようです。傍聴できなかった筆者の代わりに議事記録をメモしてくれた市民は、怒り心頭のようでした。(議事録の公開は4月20日頃)
 これまでの小田原市議会についてご一見いただける方は、私のブログでカテゴリー「議会制度」にアクセス願います。
(この原稿は2009年4月3日に「開かれた議会を目指す神奈川市民団体連絡会」発行の『かながわ議会DIGEST』に送稿したものです)

追記 継続審査となっていた陳情は、4月29日の議会運営委員会において、3対4で不採択、5月29日の本会議では8対18で不採択となりました。記録のため傍聴者の目視記録による採決結果を記します。
採択賛成 杉山三郎、安野裕子、檜山智子、佐々木ナオミ、木村信市、田中利恵子、関野隆司、原田敏司の8議員
採択反対 鈴木美伸、飯山茂雄、大村学、横田八郎、奥山孝二郎、小松久信、三廻部周雄、俵鋼太郎、武松忠、加藤仁司、志澤清、植田理都子、掘村逸郎、今村洋一、細田常夫、井原義雄、八神久雄、相澤博議員の18議員


2009年のロスアンゼルス夏休み日記

(2009.9.16.)

9月10日(木)レクイエム
 しばらくJean に留守番をさせることになりますが、久しぶりのロスアンゼルスです。年甲斐もなく慌ただしい毎日の中を、振り切るようにしての出立でした。朝9時55分発のバスで成田空港へ。空港でも余裕なく、ファイナルコールにせき立てられて機内へ入りました。低価格のアジア便のせいでしょうか、びっしりの乗客です。毎度のこととは言え、この苦行の時間は堪え難いものです。「エコノミー」の悲哀を痛感する9時間少々が過ぎ、やや予定より早く到着。LAXには Jack のバトラー君Leoが出迎えてくれました。

 午前9時半ころ我がLAの部屋に入りましたので、ちょうど時差16時間ほどの旅でした。キッチンで小1時間ほどおしゃべりをしてから、そそくさとベッドイン。
(室内写真を3枚紹介します)

 今夜は、当方の注文でロスアンゼルスフィルハーモニック(LA PHIL)のコンサートに行きます。LA PHILはウォルト・ディズニーコンサートホールをベースにしていますが、定期演奏は10月からで、9月はハリウッドボウルでの野外演奏です。 5時半過ぎにHancock ParkのJack宅を出て6時前に会場着です。広大な駐車場ですが、高齢者が2名乗車していると申告して、ゲートまでそのまま直行。開演は8時ですが、その前にディナーです。

ハリウッドボウルの客席は、日本風に言うと桟敷席で、4席、6席のテーブル付きボックスになっています。みなさんピクニック並みにワインやら結構なごちそうを持ち込んでいます。ケータリングサービスもあります(両国の国技館とはかなり違いますが)。夕暮れのひとときを快活に楽しんでいられます。私たちは(これも当方の注文で)レストランできちんとしたディナーをいただきました。かなりの数のレストランが客席に隣接して設けられています。Jack が選んだのはPatina という人気のおしゃれなレストランでした(ディズニーホールにもあります)。

 8時少し過ぎに演奏開始です。このボウル、収容人員24,000人。今夜は15,000人程度だろうとのことでしたが、客席の熱気はかなりの迫力です。
 今日は9月10日、ニューヨークの悲劇の前夜です。曲はベルリオーズのレクイエムですが、指揮者Bramwell Tovey のタクト、LAマスターコーラルの合唱で「合衆国国歌」が、全客席起立して始まりました。こんな迫力のある「国歌」は初めての経験です。市民国家アメリカの力なんでしょうか。レクイエムは、とても丁寧な演奏で、女声コーラスが素敵でした。休憩なしの1時間半ほど、赤ワインとコーヒーを静かにいただきながら、大群衆の中とは思えないこころ安らかな時間を過ごしました。この大群衆の帰路も、若干の交通制限はありましたが、さほどの混雑もなくさっと引けました。会場の係員たちも最後まで気持ちよく対応してくれました。

9月11日(金)ごみ収集とエネルギーサービス
 今日は、全日休養の予定です。朝7時の恒例のウォーキング。スタンダードプードルの Pearl嬢同行です。出会った犬連れ(猫連れもいます)の近隣の方たちとのおしゃべり、2ブロックほどの散歩ですが、小1時間ほどかかります。道路や前庭のクリーンさは気持ちのいいものです。ここが住宅専用地区とは言え、自国での朝の散策との違いを痛感します。ポイ捨てごみやら吸い殻を拾い集める散策が頭をよぎりました。

 この Hancock Park の家々は、とても丁寧につくられ維持されています。まちの美しさ、まち並みの美しさにはいつもこころを洗われる思いがします。
 朝食はキャンタロップなどの果物といつものバナナ入りオートミール。やっとペースに乗ってきましたが、疲労感が抜けず、10時にはベッドの中。妻はJack の運転で近くのショッピングセンターにお出かけ。Jack は銀行の所用を済ませて12時ころ帰宅。

 1時ころキッチンでいっしょにランチ。食事中でしたが、ごみ処理やら、光熱水費などについて情報収集。Jack宅(100坪ほどですが一人住まい)の請求書を見せてもらいました。ごみ収集は、写真のようにブルー(recyclable 紙類・PS・瓶・缶など)、グリーン(yard waste 芝草・剪定枝など)、ブラック(trash 普通ごみ)のガベージカン(大・中・小がある)での3分類。

 缶の一つ一つに契約番号が付されています。処理については詳しく知らないようでした。収集処理は有料です。料金(彼の追加契約分を含み)は2ヶ月分で$82.64、下水道料金は、使用量で変動しますが、$58.86、$55.59程度(2ヶ月)。上水道料金は、2、3月分は$52.54、4、5月分は$109.84(夏場はもっと多いはず)。電気料金は、$144.17、$113.01(これも2ヶ月分。我が家に比べると3、4倍は使っているように見えますが)。

 以上は公共によるサービス。都市ガスは「南カリフォルニアガス会社」の請求です。これがびっくり。2月分は1ヶ月で$198.90ですが、夏期の8月分は$14.96です。使用量がベースラインを超えると単価が急に高くなるようです。湯沸かしボイラー、クックトップ、洗濯乾燥機もガスですが、暖房(ガスファーネス)がかなりの消費をしているようです。電気料金はもちろん、全体として割安感はありますが、ごみ処理負担は都市経営として分かりやすいシステムに思えました。
 以上の情報収集後またもやベッドイン。夕食はグリークレストランで簡単に済ませましたが、おなじみのタラモサラダはしっかりいただきました。

9月12日(金)
7518年まで後6日

 今日はデザイナー仲間だった Jimmy の死後20周年(1989年9月24日、76歳での突然の死でした)での墓参としました。JimmyもJack もユダヤ系アメリカ人です。天地創造紀元暦ですと1989年9月24日は7498年1月6日、今日は7518年の新年まで後6日です。Jack宅にもシナゴーグから新年礼拝の案内が来ていました(彼はほとんど行っていないようですが)。この天地創造紀元暦については、私のかなり前の記事で触れています。1996年(1996年8月27日「私のカレンダー論」)

 話が脱線しましたが、彼の墓は、ロスアンゼルスの西、グランデールにあるForest Lawn という霊園(なんと総面積400ha)にあります。何度訪れても素晴らしい景観に驚きます。Jimmy の墓は ”Great Mausoleum” と称する中心施設の霊廟にあります。このところ、話題とされたマイケル・ジャクソンの墓もこの霊廟です。Jack もJimmy の死に際してこの霊廟に墓を用意しています。
 ミラノやヴェネチアのお墓も見学したことがありますが、ここは、カリフォルニアらしい霊園です。Jean Hersholt という方が1906年に開園されたとのことですが、この霊園の他にもカリフォルニア州に6カ所あるそうです。大きなビジネスを成功させた方のようです。

 墓参の後、Leo の案内で、COSTCO に行きました。毎度のことですが、生活雑貨・食材の購入です。大型のカートに山盛り購入して$350(当方の持ち帰り分は$135ほどでした)。30分ほどで引き上げましたが、うかうかしていると、1時間位は滞在しそうです。我が国にも数店舗展開されていますが、まだ、十分にマーチャンダイジングができていないし、遠いので、あまり出かけていません。
(Hancock Park のまち並みを少し紹介します)

 Leo がすばやく、できたてのピザとホットドッグを仕入れていましたので、今日もキッチンでのアメリカンランチとなりました。ランチ後は、妻は Jack の運転でGlove Center にショッピング、私はベッド。
 6時ころにお迎え要請の電話があり、妻をピクアップした脚でコリアンタウン8th St. 裏の「韓流焼き肉屋さん」でディナーとしました。
初めての店でしたが、「タンとカルビ」などと気楽に注文しましたら、想定の3倍を超えるほどの量が出てきて愕然。確かに来客のほとんどすべては、この地のコリアン社会の住人のよう。

 地域社会の食堂に招かれざる客が舞い込んだようではありましたが、サービス係の中年婦人は、愛想はありませんが、的確で素早いサービスで、せわしなくはありましたが「無事」に最終まで終了と思いきや、最後の締めくくりに「冷麺」登場。この「冷麺」はかなりこれまでの経験と違う代物でした。日本流に言うと「甘酢味の素麺」のような感じでした。韓国でも大きな地方色があるんでしょうね。いつもは「京畿道味」、今日のは「全羅道味」だなどと、勝手に「県民ショー」なみに納得して箸をおきましたが、焼き台にはまだ山盛り残っています。ドギーバッグ2箱抱えて店を出ました。エスニックの新しい店に入るのはかなり勇気が要ります。

9月13日(日)サンデーブランチ
 日曜日、恒例の Charlotto(Jackの姉) 宅でのファミリーサンデーブランチです。ベーグル屋さんに寄って、焼きたてのベーグルを抱えてWest Hollywood のヒルトップへ。Charlottoの長女Dianne とビーグル犬ライカ、三男 Steven 夫妻、それに JackとPearlに我々二人。次男夫妻、孫夫妻はおさぼりで、少人数のブランチになりました。Steven の配偶者のDollis はベルリン育ちですが、かいがいしいお嫁さんで、次男 Larry の配偶者とは大違い。日独相似たりでしょうか。Obama 贔屓の Steven は、日本の政権交代に強い関心を持っています。長年の Conservative の政治から脱却できるのか?どう思うかと問いつめられて、I hope so.と頼りなげな返事に苦笑されてしまいました。彼のObama は着実に Change を実現していると誇らしげでした。
 一時、とても弱まったと言われていたCharlotto も今日はまったく快調で、昼過ぎまで談笑に加わっていました。私と Jack の方が疲れてしまって、彼女が引き上げてすぐに失礼しました。帰宅後またもやお昼寝としました。

 夕食は、手近なところでと、いつもの Chandara でトムヤムクンなどを賞味。夕暮れ時の空の美しさにはうっとりさせられました。帰宅後のパッキングは難行です。明日はかなり早い時間での出立になります。短い夏休みが終わりました。


つたない雑記にお付き合いいただき
ありがとうございました。




戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com