松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

私の騒音撲滅闘争記

(2006.7.3.)

 私は、かなり寛容な、協調性と妥協性のある人間で、決して神経質な頑固者ではありません。長年東京の都心に居住していましたが、仕事が少し自由になったのを期に、1993年に東京を脱出し、小田原市に定住しました。新幹線もロマンスカーも、それに高速道路も都心直結。「静穏な毎日と週1、2回くらいの東京出勤」には最高などと、のんきな選択でしたが、これ以後、私の静穏な毎日は、騒音撲滅闘争の日々となります。
 喧騒の東京、静穏な田舎という図式が全くの虚構であることに気づいたのですが、後の祭りでした。東京居住でも、騒音に苛立つことはありましたが、移動は全て自動車でしたから、公共大量輸送機関などと日常的に付き合うこともなく、なんとか「受忍の限度」だったのでしょう。
 転居の翌日夕刻、突然に巨大音のオルゴールチャイム。驚愕しました。防災無線です。東京にもあったのでしょうが、それまで耳にしたことはありませんでした。まずこれが「防災無線」という代物で、災害時に住民に指示を出す無線機による非常用拡声装置であるということ、毎日夕刻に試験放送をするというシステム、長年にわたって住民を馴れ親しませた「慣習」であることを認知するまでに、数日を要しました。新参者が、転居早々騒ぐのもはばかられ、早速二重窓による防音工事をいたしました。日暮れ時6時、冬場は午後4時、「カラスが鳴くから帰りましょ」という童謡による拷問が2分間ほど続きます。二重窓でも耳栓が欲しいほどです。
 こんなな苦行に今後毎日耐えなければならないというのは、あまりにも理不尽。ついに、意を決して小田原市防災部長に抗議に行きました。初対面の見ず知らずの純朴そうな他人様に、苦情を言うのは気の重い、くたびれることです。でも、1時間ほど粘りました。静穏に暮らす基本的人権なんて、大袈裟ですよ。日本全国どこでも同じ、たった2、3分のこと。辛抱してください。「防災」のためですからと、音を小さくすることも、毎日を週一にすることも、全ての妥協案にも耳を貸してもらえない、完敗でした。
 その翌年、「まめなおじさん」と見られたのでしょうか、移り住んだ「小田原セントラルハイツ」という、当時では珍しかった10階建てマンションの理事長にさせられてしまいました。時間的な余裕もあり、マンション管理の学習として引き受けて気がついたこと、なんと防災無線の拡声器塔の用地が、我がマンション敷地に立っているのです。新築時に敷地の一部を小田原市に賃貸して拡声器塔を設置していたのという訳です。
 早速、防災部長に我が方の言い分を受け入れないなら、契約解除だぞとは言いませんでしたが、それらしく脅迫。「なんとかします。まかせてください」の返事で、改造工事を進めてもらったのですが、その工事は拡声器をマンションの反対側に向けただけでした。向かいの方ごめんなさい。いやはや、へんてこりんな顛末でした。(結局このマンションからは逃げ出して、お城のそば、拡声器の無いところに転居という、卑怯な解決をしてしまいました。)
 防災無線との戦いは、無惨な敗北でした。同時並行で進めたのが小田急電鉄との戦い。小田原に転居した大きな理由の一つが、ロマンスカー通勤が出来ることでしたが、これがまた凄いのです。全席指定ですから、どんな時間帯でも皆さんゆっくり座席でくつろいでいられます。そこを狙ってでしょうか、車内アナウンスが、のべつまくなし。列車時間やら停車駅やらトイレ、電話などの利用案内はもちろん、電鉄新商品の案内、車内販売員のサービス案内、携帯電話はマナーモードにしろ、話はデッキでしろ、「お客様のご迷惑にならないようにしろ」といったことが延々と大音響で続くのです。お客様のご迷惑はお前の声だぞと、拡声器で怒鳴ってやりたい想いです。
 この戦いは、かなりしつこく、全ての車掌区の半分くらいの車掌には、ひそひそ声で、猫なで声で、時には脅迫的に、たまに柄にも無く「理路整然」と、通常は不機嫌極まったクレーム声で、乗車のたびごとに続けていました。「少し小さくしてくれ」「車内では調整できません。小さな声で話します」「ご意見はお客様係りに伝えておきます」「回答してくれ」、こんなむなしい戦いを8年間続けました。
 その間の当方に対する扱いは、不逞の乗客、「うるさい」客でしかなく、静謐権などどこのこと、いやなら電車に乗るなよ、電車と騒音はペアですよ、誰も文句言ってないよ、わがままが過ぎますよ、ということ。
 さすがに天下の公共交通機関、一歩も引きません。赤いロマンスカーから茶色いロマンスカーに変わって、少し音量が小さくなったのを機会に、くたびれきって、勝手に休戦してしまいました。
 JR東海、東海道新幹線の駅ホームの騒音、同じく車内放送の無神経、小田急よりひどいですね。異議申し立てに対する対応も、高圧的ですし、まったく問題を理解しないことでも小田急以上です。手の施し様がない困った会社です。出来るだけ乗らないことで自衛するしかありません。
 市町村役場でも、鉄道会社でも、顧客は完全な愚民、すべて大声で指図し、面倒を見ないと、危険なことになる、「静かさが欲しい?一丁前に偉そうなこと言うんじゃない」かって、マッカーサー元帥から「日本人は12歳」とのご託宣を頂戴したが、それから60年、逆に少し若返って10歳を切ってしまったかのよう。公共が発する騒音に、気づいてもらえる歳になるのはいつのことでしょうか。今世紀は無理ですか。
 (1996年12月の天皇誕生日、MRTAによるペルーのリマでの日本大使館攻撃から10年になります。その事件を題材とした私の『トンネルと大音響』という拡声器騒音の意味を問うた原稿が web site に残っています。ご笑覧ください。 http://homepage3.nifty.com/art-vivre/for/1997.html)
(「AMENITY」No.24 2006年8月31日)







戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com