松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

私の『自己責任』

(2004.4.27.−9.6.)

 このところ、不良世情の慢性化にはかなり絶望的になっていましたが、「イラク人質事件」の推移にはほんとうに悲しい思いをしております。一億二千万分の一の日本人として、どう「自己責任」を取ったらいいのでしょうか。偉い人たちが責任を取るというのは、TVを見ていますと、どうも深々と頭を下げることのようで、ほんの数十秒の辛抱です。死を選んだ養鶏会社の会長夫妻のように、深刻に責任を考える方たちは、生真面目すぎるよということなんでしょうか。
 K党の幹事長のおっしゃるように、「救出費用を払うのは当然」だから、人質たちの一家は外務省役人たちの何億円という人件費を支払って、破産しなければならないのでしょうか。それとも、J党の議員さんがいわれるように、「反日分子」は見捨てられ殺されることで責任を取れば良いのでしょうか。
 偉い人ほど責任を取らない、権力者は責任免除という日本国の美風は、あの「一億総懺悔」という敗戦責任の取り方に発しているのではないでしょうか。ほんとうに、真剣に、勇気を持って考えていただけないものでしょうか。「拉致国家」から過去責任を問われてぐうの音も出ない、水に流してよと泣きついても、経済制裁だぞと脅しても、国際的な支持は得られない、なんでそんなに過去が怖いのでしょうか。責任を取ったら、国家が消滅するのでしょうか。
 私の人生という誠に短いスパンの中で、ついこの間まで、わが同胞の米国への「自爆攻撃」を軍神と崇めた経験をさせられ、今ではニューヨークの「自爆攻撃」の敵討ちに、わずかな世代の差しかない若者を、戦力ではない軍隊として砂漠の中に派兵するという日米同盟への支持を強いられる。いったい国家というのはなんという健忘症なんでしょう。
 勇気ある若者の人道支援、ヒューマンな活動が、「反日分子」と口汚くののしられる。砂漠の砦の中で、安全に「宿営」し安全に「帰陣」する戦力ではない軍隊が讃えられる。国家のみが「日本」であり、民はすべて「反日」なんでしょうか。このような国家主義的風潮が、民力を疲弊させ、若者たちの将来展望を失わせてしまう。首相は「靖国」にしがみつき、都知事は「日の丸君が代」を振りかざし、アジアでの孤立化というブラックホールに突進する。
 この首相、都知事も民主的な手続きで「民」が選択したもの。その「民」のひとりとしての自己責任はどう果たせば良いのでしょうか。危険水域に入ってきた国家の「右傾化」と心中することで責任を取らねばならないのでしょうか。
 非力でも、この国の善良な「民」のひとりとして、ローカルに細々と、鬱々と、身の回りから解きほぐしていく手法を選択することしかないのでしょうね。きついなあ。
 中国の通信社「新華社」が配信した日本の右傾化についての特集記事の一部を転載してみます。

☆☆特集:膨張する日本の右翼勢力 新華社総合解説

 日本の右翼政治勢力は各地に広がり、冷戦後縮小するどころか日に日に膨れ 上がっている。今回、日本皇民党の一員が中国の大阪総領事館の表門に突っ込 み、放火する事件を起こしたのはその典型例である。実際、日本の右翼勢力と 右翼団体の歴史は古い。戦前、日本の軍国主義者が起こした一連の侵略戦争は 右翼の鼓吹するファシズムと密接なかかわりがあった。戦時中、日本の右翼は 軍閥、財閥と結託して、狂気じみた対外侵略戦争を起こした。戦後、日本を占 領した米軍が一度は右翼団体を解散させ、その勢力は弱まった。だが冷戦の開 始と共に、反ソ、反共を目的とする米国のひ護の下に、古い右翼勢力が復活す るだけでなく、新しい右翼団体が生まれ、次第に日本の政治、経済、社会に影 響を及ぼすようになった。
 現在、右翼政治団体は900、約12万5000人に達している。右翼団体は東京、 名古屋、大阪、福岡などいくつかの大都市圏に集中し、東京とその周辺だけで 35団体、約8万人に上る。さらに多くの右翼政治団体がまったく政府に登録さ れておらず、その正確な数字を把握するのは難しいといわれる。
 80年代以降、日本の政界と社会に「右旋回」の傾向が現れ、右翼の鼻息がま すます荒くなり、一部の右翼団体、特に暴力団から変わった右翼組織が横行し た。小泉首相ら指導者の、靖国神社参拝にこだわり、軍事大国の道を歩み、平 和憲法を改正するといった一連の行為は、右翼を放任する警察の態度と相まっ て、客観的に右翼政治勢力の鼻息を一層荒いものにしている。
 右翼勢力が再び蘇った重要な条件は、経済界の強力な支援である。第2次大 戦中、右翼団体の活動資金は主に三井、三菱、住友の3大財閥から出ていた。 しかしこれらの財閥は戦後粛清されず、経済力が温存された。戦後の経済高度 成長が始まるにつれ、3大財閥は新しい形態で次々に復活した。そして再び右 翼団体の経済的後ろ盾となり、さまざまの手段で右翼勢力に輸血をし、活を入 れ、これらの右翼団体に頼って政治資本を得ようとした。例えば、史実を否定 し、侵略戦争を美化する右翼政治団体「新しい歴史教科書をつくる会」の支援 企業は95にも達し、財閥は16に上る。実際、「つくる会」の活動にとって、会 員の会費だけでは何もできず、主な財源をよく知られた鹿島建設、三菱、住友 グループなど、実力のある企業や財閥に求めている。
 こうした大きな背景の下で、右翼団体はあちこちに手を伸ばし、事件を起こ している。周知の通り、中国の釣魚島問題、韓国の独島問題(日本では竹島と いう)、日本の歴史教科書問題はすべて、右翼団体がたきつけたものだ。現在、 彼らは中国の釣魚島問題で、約420の団体を糾合して、反中国扇動の活動をして いる。右翼政治勢力の影響の拡大、小泉首相の4度の靖国参拝、極右石原慎太 郎の東京都知事高得票再選、多くの政治家の右傾発言による票獲得はいずれも、 日本の右翼政治勢力が膨れ上がっていることを示すものである。(東京4月29日発新華社/転載承認)



私の『Los Angeles 夏休み』

(2004.9.6.)

Mr. Bush のアメリカではなく、people のアメリカに行ってきました。例年のことですが、Jack の Birthday を祝うためです。今年は89歳です。日本の福祉行政でいうところの「独居老人」です。朝早くのの到着便でしたが、今でもLAX 空港までMercedes で迎えにきてくれます。
毎度のことですが、空港から Wilshire Country Club の近くにある Jack の家まで、ほぼ30分ほど、心がほどけてくる時間です。拘束帯から逃れた気分が高まってきます。
この写真は、お留守番をしていた standard poodle 犬 "Pearl" の歓迎を受けて、中庭で記念撮影したものです。背後に見える bow window 風の部分は彼のbathroom です。


ところでこの中庭、dining room 前にある20坪ほどのこじんまりした party 用の patioですが、ここに forcul point として、exedra 風の vertical gardening をしつらえようとしています。この家は彼が第二次世界大戦のイタリア戦線から復員してすぐに住み着いたものですから、既に半世紀以上もこの中庭をいじってきたわけですが、一昨年の bathroom 大改装の決意とともに中庭の renovation が始まったのです。この metal net で囲われた exedra には oriental な屋根をつけるそうです。どんなのがいいかなと言うので絵を描きましたが、もっと日本風のものがいいと注文がつきました。現在工事進行中です。今度行った時が楽しみです。


このすてきな花が、 metal net 一面に咲き誇るようになるはずです。花の名前は、Mandevillea"Alice du Pont"と invoice に書いてありましたが、亜熱帯性のものでしょう。彼の今回の植栽計画とその予算を聞きましたが、Japanese maple つまりモミジの苗木がいちばん高くて$250.00 でした。秋には紅葉が楽しめるようになるのでしょうか。



Birthday Party の前日の写真です。bathroom の外壁塗装が進行中です。内部は昨年末には完成していたのですが、なんともゆっくりした工事進行です。この職人さんたちに、「明日はパーティーだよ。間に合うの?」と聞きましたら、「大丈夫。誰が見ても工事中とは思えないようにして帰るよ」とのこと。発注側も受注側もおおらかなものでした。



これが彼の bathroom です。bow window のところにtub があり、その先にガラスで囲われた shower booth があります。水磨きの travertine を巧みに曲線カットしてあり、結構めんどうな細工ですが、きれいな工事でした。中庭を眺めながらの bath time はいい気分でしょうが、彼も多分この tub を使うのは月に一、二回で、ほとんどは shower booth ですませるのでしょう。




tub の向かい側にある洗面台です。大きな antique の commode(フランス風ドロワー)のトップ(甲板)を加工して洗面器をはめ込んであります。ドロワーも上手に細工してあり、引き出して使うことができます。top はかなり値打ちものの original marble で、結構いい値段の antique 家具のようです。
私たちの部屋の bathroom は、6年ほど前にやはり2年ほどかかって完成しています。これもなかなかですので一見してください。2000年のページに紹介しています。



ついでですから、living room と dining room を紹介します。これが Jack の living room です。designer 仲間では、Jack Museum と称されているほどいろいろなものが、永年の蓄積でしょう、所狭しと置かれています。でも、とても cozy な部屋です。



dining room です。とても formal なstyleですが、こんな部屋が一つくらいあるのはいいものですね。彼もかなりの高齢ですから、来客を招いて食事をするということは滅多にないようですが、それでもこの dining room はいつもきちんと整えられています。
(ところで、このキャプションには意識して、ローマ字表記をしてあります。やや鬱陶しいでしょうが、Jack にが見た時、なんとなくストーリーを感じて欲しいと思い、妙な表記になりました。ごめんなさい。)



さて、少しばかりお出かけをしましたので、Los Angeles の町中をご紹介します。私の大好きな美術館で、毎回必ず訪ねています。J.Paul Getty Museum は、Los Angeles の西北近郊の Santa Monica Mountain の山頂に10年ほど前にオープンした private Museum です。J.P.Getty さんの遺産をもとに作られた財団が運営していますが、Museum だけではなく、研究、保存、教育など多方面で精力的な活動をしています。



Museum がある山頂には特定の自動車しか上れません。訪問者は山麓にある大きな駐車場に車を留めてこの Tram で上ります。財団の運営費は遺産からの金融収入(なんと500億円)と市民からの寄付によっていますので、入場料はありません。大勢のガイドは、docent の資格を得た一般の市民たちです。彼らにひと言お尋ねすると、懇切丁寧な解説がいただけます。彼らがこの Museum の最大にフアンなのでしょう。



この Museum は、楽しく時間を過ごせるということを大切にしていますが、Garden の整備は誠に見事です。この小さな池も design 密度の高い、非常に工夫されたもので大人も子供もともに快適な時間を過ごせるような気遣いが感じられます。新たな landscape design の意欲的な提案として、大成功の事例だと思います。美術品の観覧に疲れた訪問者が、この garden で元気を取り戻してまた館内に戻る姿を見かけます。



展示美術品は、fine art が中心ですが、この写真のような家具装飾品の collection もこの Museum の特徴です。17-19世紀の French Furniture にはすばらしいものがたくさんあります。修復保存や室内の移築などは、Musee Louvre を凌いでいるように思いました。French Furniture にご関心のある向きは、このサイトの「装飾美術の世界」にある J.Paul Getty Museum を開いてください。これまでに蓄積したたくさんの資料がご覧になれます。



これは、LA の down town に今年のはじめに開館した Walt Disney Music Hall です。斬新な形態と機能を持つ話題の施設です。成功した事業家が、ゆかりの地に大きな文化・教育・研究・福祉などの施設を寄贈するというのが American Dream の到達点のようです。アメリカ自由経済の強さとともにある種の怖ささえ感じさせます。
このホールの一角にある PATINO というこ奇麗なレストランで昼食をしてきました。



話題の Shopping Complex です。LA の観光スポット Farmer's Market の隣地にできた最新商業施設で、かなり成功しているようです。
購買が大きな娯楽となっている今日の消費社会では、遊びとしてのいろいろな仕掛けやお祭り気分が必要なのでしょう。来場者たちは大いに楽しんでいました。



この写真は、昨年12月のものです。天空駈けるサンタクロースは、アメリカの景気過熱を物語っているようです。今年は Presidential Election の年で、人々の話題は、ついそちらに向かいます。私たちがお会いした方々は、皆さん「反ブッシュ」でしたが、私たちがイメージする「アメリカ人」は USA では、多数派ではないようですね。大好きなアメリカが漂流しつつある姿は、悲しくも恐ろしくもあります。



Santa Monica の朝市です。Santa Monica 市の Third Street 200mほどを毎週水曜日に車両通行禁止にして開催しています。生鮮野菜、フルーツから加工農産物、ジャムやチーズはもちろん、グリーンの装飾品まで楽しげで元気な品々が豊富に揃っていました。簡単なテントがけのお店ですが、生産者ならではのさまざまな工夫がされていて、消費者にはありがたいものです。



山積みされた「朝もぎ」のネクタリン、その自然な香りが通りがかりの人を引きつけていました。農産物がトレーに乗って蛍光灯の下に飾られている光景に慣れてしまった私たちには、感動もののシーンです。
ついつい、大量購入してしまいました。こういう朝市は、どの都市でも珍しいものではなく、New York や Paris のような大都会でも、一般市民の食卓を支えているのです。日本の生産者にも一工夫して欲しいと思いました



いよいよ誕生日の当日です。朝から幾人ものお手伝いがキッチンで忙しく準備を始めました。正面でカメラに向いているご夫人は、Jack のお姉さん。92歳です。彼女も5年ほど前にご主人を無くされて、West Hollywood の眺望絶佳の大きな住まいで、しっかり独り暮らしをされています。パーティー準備の監督に見えたのでしょう。



パーティーが始まります。さっそく飲み物片手に会話の輪がいくつもできてきました。いちばん若い客の男の子は、Jack のお姉さんの孫娘の子供です。こうやって、四世代がいっしょに時間を過ごせるのは良いものですね。長寿社会は人類の大きな成果といえるのではないでしょうか。
今年はこじんまりしたパーティでしたが、それでも30人以上になりました。






さて最後に、妙な光景ですが、Jack 家のゴミ出しgarbage の写真です。
green can が二つ、black can と blue can がそれぞれ一つ。black が焼却できる普通ごみ、blue が各種のリサイクルごみ、green は刈り取った芝生や小枝などと分別されています。
garage から自宅前の車道まで引き出しておくと、収集車が積み取っていきます。



これは、Los Angeles 夏休みとは全く関係ありませんが、私たちの近隣15世帯ほどの「ごみ集積場」です。「日米同盟」を堅持する我が政府にも、ごみ処理でも同盟を堅持して欲しいですね。
もちろん、ごみ処理はどの国でも手こずっている問題ですが、私たちの時代にもう少しましな姿にしたいものですね。気を重くする締めくくりになりました。ごめんなさい。






戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com