松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ



私の『平塚らいてう』

(2002.3.27.)

 2月、日本の新型首相小泉が、田中真紀子外相更迭にからんで「男は女の涙には弱いからなあ…」などと取り巻き記者たちにぼやいてみせた。このことを衆議院予算委員会で野党の委員にただされた「女性大臣」がしゃべった愚にもつかぬ 所感をご記憶だろうか。私もだれが何をいったかなどは皆目記憶にはないが、「ああ、こりゃだめだ」とでもいうしかない虚脱感におそわれた。小泉キャビネットには「4人もの」女性が登用されたと、その新型ぶりが喧伝されたが、この日の情景には、ジェンダーを囲い込んでいる大和の国の堅固なバリアーの存在、「富士山芸者」なる世界的普遍的認知の妥当性をあらためて思い知らされた。
 『平塚らいてう-近代日本のデモクラシーとジェンダー』は、女性史研究者の米田佐代子氏がこれまでに追い続けた「らいてう」像を、様々な切り口に整理し構成した、門外漢にもきわめて理解しやすいものである。私もご多分にもれず、ジェンダーの問題などにはさほどの関心をもっていない「普通の」男のひとりだが、本書を一読して、今さらのように考え込んでしまった。
 本書の構成を紹介しておく。

 『平塚らいてう-近代日本のデモクラシーとジェンダー』
 米田佐代子[著]
 第一章 「父の近代」との葛藤
 第二章 デモクラシーとジェンダーの葛藤
 第三章 「産む性」の社会構想と現実
 第四章 「協同自治社会」の実践と挫折
 第五章 「精算されるべき過去」とその克服
 終 章 平塚らいてうにおける「自然」と「社会」

 平塚らいてうについて不案内の方でも、『元始、女性は太陽であった』という印象的な一句はご存じであろう。自伝の標題でもあるこの名句にはらいてうがたたかってきた生涯を讀み解くカギがあるように思う。以下、本書の紹介にもならないが、私のささやかな感想を記したい。
 著者米田氏も、らいてうの人生環境とその思想形成にはかなりの考察をはらい、転々とするらいてうの行動と思想の転位をていねいに追っている。らいてうはすべての生物にとって、その生成の基である太陽というなんびとも逆らい難い武器にかかげて戦いを挑んだのだろうが、この戦術には暗い落とし穴があるように思えてならない。
 1940年10月、戦時体制下のらいてうが『婦女新聞』に書いた「天照大御神に、その生き通しでいられる天皇に絶対帰一し奉ること、これがすべての新体制の根基ではないか」(本書219頁に提示されている)という一文がある。昭和15年、皇紀2600年、国民総動員のもとで知識階級に強制された思想統一の時代ではあるが、体制によって加工された原初的な自然信仰という沈殿物が、らいてうのこころの奥底から浮かび上がってきたのではないか。らいてうの様々な記述や行動にも、このことを強く感じる。
 子を「産む性」の自覚が生物を生かし続ける太陽と合一するというのは、極めて自然なことのようにも思われるが、人類生成以来、この太陽は生存のために不安を抱えたか弱いホモサピエンスの信仰のよりどころとして、先取りされていた。しかも支配の拡大とともにその信仰は、支配のシステムに取り込まれていく。明治政府にとっても、昭和政府にとっても、戦う国家として国民総動員を計る最強の手段として、原始信仰の祭祀としての天皇像を強化することは賢明なことであったろう。
 日本におけるジェンダーを考える時、「産む性」を支配のシステムから解き放ち、不安と依存を断ち切った成熟したホモサピエンスの問題としてとらえることが大切なのではないだろうか。権力の劇場で笑劇を演じた4人の女性大臣たちを眺めながら、このことを強く感じた。

著者近影(2002.4.6.)














「30年で建て替え??」

  (2002.8.2. 神奈川マンション研究会会報に寄稿)

 かなり前のことですが、北海道小樽市の旧い木造建物を再生して専門学校を開校しました。「木の建築―特集・木造学校建築特集(1986)」にも紹介され、いろんな方に自慢げに吹聴したことがあります。その中で、米国人のデザイナーに60年も経った旧い建物をリノベートして学校にしたと話したところ、60年なんてまだ新しい建物じゃないと一蹴されたことがあります。その後サンフランシスコで90年経ったレンガ造の4階建ての大邸宅を日本人学生のためのボーディングハウスに再生しましたが、旧い建物という気持ちはもう消えていました。修復中にロマプリータ地震(1989)に遭遇しましたが、すでに1904年の大地震を経験済のこの建物はびくともしませんでした。こんなことからその後も修復屋もどきのことをやっていて、昨年まで住んでいた25年経過マンションも、現在の35年経過木造家屋も完全なリノベートハウスです。
 「区分所有法」改正のための審議会では、30年問題がとうとう押し切られてしまったようです。狂気の沙汰というしかありません。民事局参事官室の補足説明を読んでいると、日本の建築界は最初から不良品を作り続けていたのだなと考えるしかありません。建築産業は詐欺産業なんですね。30年なんて、まだ新品同様のはずですよ。35年ローンに苦しんでいる人たちに、詐欺にあったのですよと諦めてもらうのでしょうか。
 日本の住宅行政は、あまりに惨いですね。住まいは人間生活、人生、人権の基盤なんですよと噛み付きたくなります。
 住まいという貴重な「財産」をフロー経済の肥やしにするのは止めてほしい。「私的自治」で食い止めることができるから問題はない、とのことです。マンション住民のみなさん、30年経過マンションなんて新品同様、100年なんか軽く突破してやろうと考えていただけるでしょうか。それとも、何の管理もしなくても30年経って建て替える方が、畳と何とかで気分がいいとなるのでしょうか。(何の管理もせず一銭の修繕費も使わなくても30年はもつでしょうね。)
 今度のことは何とも腹に吸えかねる日本国の暴挙です。怒り狂っています。



戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com