松本 茂のページ



住宅問題は建物の問題ではない

(「住宅」2001年2月号 社団法人日本住宅協会 2001.1.10.)

 建築という世界から住まいに関わって、もう40年以上になりますが、その間何とも腑に落ちない思いを経験させられてきました。日本人の住まいは貧しい、町並みは醜い、都市は半身不随だ、などという声をたびたび聞いてまいりました。バブル経済、ハイパー成長で巨大建設投資がなされても、住まいは少しも豊かにならず、都市はその機能をますます低下させているように思えます。
 何かがおかしい、何か基本的なところで致命的な間違いをしているのではないか。住宅問題、都市問題の研究家などの仕事ぶりを拝見しても、何か最も大切なことを避けているように思えて仕方ありません。
 ナショナルトラスト(英国)の創始者の一人として、わが国でも名の知られているオクタヴィア・ヒルは、残した手紙のなかでこんなことをいっています。「近年、世間では住宅のひどさを指摘する声がありますが、そこでいわれる建物の状況が、たとえ明日すべて改善されても、なお大きな問題が残り続けていることに気づくでしょう。それは住まい方を改善しなければ、良い住まいに住めない人が大勢いることです」(E.モバリー・ベル著『オクタヴィア・ヒル伝記』−1942、第12章「ふたたび住宅問題に取り組む」から引用、本年4月翻訳書出版予定)この19世紀ロンドンからのメッセージは、私たちにとても基本的なことを伝えているように思えます。
 また、ハビタットII(国連人間居住会議/イスタンブール、1996)で使われた「住む能力の育成」というテーマは、発展途上国、あるいは貧困層の居住状況を取り上げたものですが、このさりげない用語も、21世紀日本の私たちこそ、自分自身の問題として考えることを求められているようです。「住むこと」と「生きること」(to live)は、日本語ではかなり語感に隔たりがつくりだされていますが、「住むことは生きること、より良く住まずして良い人生はない」といい続けてきた私には、自分の思いも重なって、このことばは痛いようにつき刺さります。
 オクタヴィアは、住まい方の改善を住居管理に求め、「ハウジングワーカー」という新しい職業を生み出しています。「住宅問題は建物の問題ではない」(前掲書)、いかに良く管理するかこそが、住宅問題解決の根本だという思想を貫いています。住まい手が、より良く住み、より良く生きるために果敢に奮闘した姿、絨毯の掃除の仕方、洗濯物の干し方まで丁寧に示唆する姿は誠に感動的です。良い住まい方を住まい手に強要するような家父長的手法は否定的に評価されることも多いようですが、いずれにしても、住居管理、住まい方誘導が求められていることは否定できません。
 わが国も成熟社会のように認識されていますので、発展途上国のような「住む能力の育成」のごとき管理主義的手法は歓迎されないでしょうが、そのために、日々生産される住宅が不良社会資産に化すことは避けなければなりません。
 長年の懸案であった「マンションの管理の適正化の推進に関する法律」の施行も近くなりましたが、「建物の問題」では解決できない「住まい方の問題」を、いつまでも避けていることはできないと思います。マンション管理士が、洗濯干しやペットの問題などを、自身の仕事として経験するなかから、新しい提言が出てくるのでしょうか。
(本稿は、国土交通省住宅局の住宅誌に私の翻訳書の宣伝のために寄稿するよう勧められたものである)




戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com