松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

私の「プロピュライア」(1)

(1997.2.25.)

 かなり前のことになりますが、1980年頃でしたでしょうか、パリのラスパーユ大通りのホテルに滞在していた時、早朝ジョギングでダンフェールロシュロー広場まで走り、一息入れた小公園が Claude Nicolas Ledoux 記念公園であることを、偶然に発見しました。C.N.Ledoux は私の卒業論文のテーマでしたので、この発見にはうれしい思いをしました。
 しかも、そこにはLedouxの悪名高い「バリエール」入市税徴税署が通りを挟んで2棟建っていました。この建物は、ルイ16世時代の1785年から89年にかけて、パリの旧市街地を囲こむ市壁と市門、なんと50以上も造りあげたバリエールの中の一つです。Ledouxは、この建物群を Propyleesと古代ギリシャ風に呼んで、パリを新古典の荘重な都市に仕立てるなどとの名分で、王政末期の理不尽で不手際な徴税の片棒を担いだわけです。
 Le mur murant Paris rend Paris murmurantという語呂合わせ(mur壁, murant囲む, murmurantぶつぶついう)まで生まれていますが、Ledoux自身は、「韻をふんだという評判だが本当である」などと嘯いています。メルシェによると「1200万リーブルの費用を掛けても、毎年 200万の税金を取れるのだからうまい企画だった」わけですが、Ledouxが請求した40万9000リーブルの設計料は革命で踏み倒されてしまったようです。(因みに当時のリーブルを現在の円貨に換算すると5000円ほどでしょうか、Ledouxは20億円ほどの損害だったわけです。それにしても50件の設計を一時に受注するとは大した腕前です)本題にはいる前の、前置きが少し長くなりますが、若干の観光案内をさせてください。
 Ledouxのバリエール(入市税徴税署)は、89年7月のバスチーユ襲撃の1月ほど前に各地で焼き討ちにあい、革命時にはほとんどが取り壊され、現在残っているのは「ラヴィレット」「モンソー公園」「ナション広場」それに前述のアンフェールの4つだけです。「ラヴィレット」のが一番大きくて保存状態も良好です。「モンソー公園」のは、小さな円堂でとても可愛らしい建物です。「ナション広場」のはアンフェールと同じように、向かい合った構成で円柱まで持っています。Ledouxの作品で興味深いものが、マレ地区のカルナヴァレ博物館に残されています。26歳頃の出世作「カフェミリテール」と30歳のときの初めての大型注文「ユゼス邸」の室内移築です。1762年の「カフェ」は、ルイ15世の時代とは思えぬ気負ったピラスターとボアスリーを見せています。66年の「ユゼス」は優美なネオクラシックスタイルを思わせますが、やはり一癖も二癖もある装飾モチーフを使っています。
 さて、本題のテーマはフランス革命期の芸術家を通して『工人と権力』とでもいうのでしょうか、ものを創ることがいかに政治的行為であるかを考えてみようということです。
 クロード・ニコラ・ルドゥーは、1736年3月21日にマルヌ県ドルマンに生まれ、1806年11月18日にパリで死んでいますから、私よりほぼ200歳の年長者になります。
 Ledouxは、ポンパドール夫人のあとがまデュバリー夫人に引き立てられた「王の建築家」とされていますが、リシャール・ミックのように宮廷にべったりというわけではない、あくまでも体制側の実力者にくっついて美味しいプロジェクトを掴んでくるという「普通の建築家」であったと思われます。
 強力な「筋」をたぐり、望ましいプロジェクトにありつき、個性的で常に「壮大な」プレゼンでクライアントの懐を開かせることについては、かなりの才能を持っていたようです。
 作品は取り壊されたものが多く、パリではなかなか目にできませんが、デュバリー夫人のために造った厩舎(1772年、ヴェルサイユ市の警察署に使われている)などは貴重なものの一つです。前述のメルシェは Le tableau de Parisの中で「近代建築−珍妙な住居の見本」としてテュリュソン夫人の邸宅に言及しています。「…かっては厳然として威厳を保っていた建築術も、我々のみだらな風俗と思想に膝を屈してしまった。…」(原弘氏訳)
 テュリュソン夫人邸は、1781年46歳の絶頂期のものですが、当初見積り40万リーブルが完成時には200万リーブル(なんと10億円!)になったということですから、彼の「催眠術」はなかなかのものだったのでしょう。クライアントは宮廷貴族から新興ブルジョアジー、晩年にはアメリカの投機家までいますが、住居の作品がかなりのものを占めています。
 1789年の革命で、彼の名誉と富はぐらつきだしますが、ジャンヌ・ヴォーヴェルニュ(デュバリー夫人)の起訴に連座して、93年12月19日にはとうとう逮捕されてしまい、95年1月23日までラ・フォルス監獄に収監されます。彼の収監要件は「反革命分子第5ジャンル=口では、自由、共和制、祖国ということばを使うくせに、旧貴族、僧侶、貴族的な人物、穏和主義者と交流し、その境遇に興味を示す人物」という細やかなものでしたが、93年1月ルイ・カペー、10月マリー・アントワネット、12月8日ジャンヌが刑死した状況の中で、彼もギロチン寸前という恐怖を味わったようです。(前述のリシャール・ミックは、愛するスポンサー、マリー・アントワネットを追うように刑死しています。)死を免れたようでもこの監獄暮らしは、彼の思想と「創作思想」を一変させることになります。(以下次号)



私の「プロピュライア」(2)

(1997.4.25.)

 13ケ月余の監獄暮らしの中で、ルドゥーが何を考え、どのような「転向」をしたのか。いろいろな立場の歴史家が検証していますが、いずれにしても世の中は「大革命」でひっくり返ってしまい、うまい具合にご破算になったのに、彼の「作品」は不幸にも革命以前と全く同じ姿で存続しつづけていました。彼は、自らがいかに「偉大な思想の建築家」、理不尽な迫害を受けた「理性の建築家」であったかをなんとか論証しなければ納まらない気持ちに追い込まれたことでしょう。
 彼の自負心と日々の暮らしは揺れ動きますが、革命の政治もそれに劣らず変動します。そのような不安定な時代、仕事を失った彼の中で、かって、功なり名遂げた絶頂期に準備していた作品集出版というプロジェクトが、大きく膨らんでいったようです。本来は、図版中心の建築教程書として準備されていたものが、大掛かりな建築哲学書に変貌していきます。"L'architecture consideree sous le rapport de l'art, des moeurs et de la legislation"と長々しく名付けられた分厚いこの著作は、アルク村とスナン村の間、ルー河のほとりに、ルイ15世の依頼によって建設した製塩工場(最も政治的生産施設)、1779年に完成しているこの工場を、「自由・平等・博愛」の理想都市という巨大プロジェクトとして浮上させたのです。
 ルドゥー自身、かっては、気づきもしなかった「民衆」の存在、バリエールで囲い込んだ蛮民でしかなかった「民衆」を、ここでは尊厳を持って生産と生活を所有する主体にしています。「民衆を愛する建築家」、旧体制に敢然と立ち向かった「恐れを知らない偉大な建築家」の姿を浮かび上がらせます。 ルドゥーが、厚顔に変節し、詭弁を弄したとは思いません。彼自身、そう考えなければ、芸術家としての全否定につながってしまう危機感に駆られたのでしょう。建築家は、どんな時代であれ、体制に荷担しなければ作品実現は極めて困難です。常に体制の変化を推し量り、体制の安寧を保証するような「創作」を提供しなければならない訳です。しかも、その中に「次の時代」をヘッジするものを、密かに忍ばせて置くという芸当さえ必要かも知れません。
 ルドゥーは著作の中で、実現した製塩工場と「実現しなかったが、計画されていた」都市施設を巧みに混在させて読者を煙にまいています。1804年、彼の生前に出版された本書には、第1巻と明記した通り、全4巻発行の第一歩だったのです。第1巻にもたくさんのグラビアエッチングの図版が添えられていますが、彼が彫らせていたエッチング230枚のわずかな一部でしかありません。(1846年再刊の際にDaniel Rameeによって第2巻が出版された)
 序文の文章は極めて激越で、彼にとって最大の屈辱であった市門(propylees)の破壊について語っている部分などは、誠に圧巻です。その一部(三宅理一氏訳)『……省庁の対立がおき、職権が乱用され、市民たちが驚愕し、遂には恥辱の中から撰り抜かれ復讐心にかられた下劣な内閣に鋭い矢を投げつける方策が重要なことをお目にかけよう。(彼はネッケルに罷免されている)……彼等は四つ辻に脚立を立て、喇叭の音を合図に破壊のために浪費を重ねるしかないけちな亡者どもを呼び出すのである。……』彼の憤懣やるかたない怨念が伝わってくる序文です。 いかに激越であろうと、たかが建築家風情の歯ぎしりなど欧州諸国家の攻めぎ合いと、19世紀の「繁栄」の中に消え去り、その後は育ち始めたモダンデザインの産業的成功の時代には、忘れ去られ葬り去られてしまいます。1930年代以後になると幾人かの美術史家によって「再評価」され、今では再び人気のある「フランス人の建築家」の地位を占めるまでになりました。彼が仕掛けた怨念の時限爆弾が見事に炸裂したようです。
 彼の生涯には、時代を超え、体制をすり抜け、欺き、自らの「創作」を残した一人の天才の姿があります。もっとも本人はさほどいい思いをしたとは思えません。彼の死(1806年)後、遺産はヴィニヨン(パリ・マドレーヌ聖堂の設計者)と娘に分けられていますが、目録によると7,691.97フランとなっています。(当時のフランは革命の混乱とインフレでかなり価値が下がっていますから、3,000円位でしょうか。2,300万円というのは少し寂しい。)
 国家と秩序に拘り、国家からも、民衆からも呪われ葬られてしまったクロード・ニコラ・ルドゥーに比して、同時代の大変動をスルリとくぐり抜け、愛する娘と共に逞しく成功の道を歩み続けた女性画家エリザベス・ルイーズ・ヴィジェ・ルブランに話を転じます。(以下次号)



私の「プロピュライア」(3)

(1997.6.25.)

 ルドゥーと同時代の、ルドゥーよりやや若い世代ですが、Elizabeth=Louise Vigee=Lebrunという女性画家のことにも少しふれてみます。日本ではこの時代の新古典派画家たちは、あまり高く評価されておりませんので、紹介される機会も少ないようです。今年の四月から東京都美術館で開かれている「ロココから新古典派へ」というルーヴル美術館展には、23歳の時に彼女の師匠ジョセフ・ヴェルネを描いた作品が1点来ています。
 ヴィジェ・ルブランは1755年生れですから、かのマリー・アントアネットと同年です。肖像画家であった父親が娘の非凡さに驚嘆し、本格的な修行に出したのが13歳の時であったといいますから、かなりの注目を集めた天才少女だったようです。
 1779年24歳にして、マリー・アントアネットの肖像画第1作を完成させていますから、女性画家(当時としては極めて異例)として驚くべき成功者であったのです。1783年には、ルイ16世の強力な推薦で芸術アカデミーの歴史部門(!)画家として迎えられるという、信じがたい程の力量 (画才だけではなく)を示しています。マリー・アントアネットとは同年ということもあったのでしょうが、職人の娘である彼女が「親しい友」として宮廷に認められているのです。
 エリザベートも当然、大革命の嵐の中で翻弄されますが、1789年10月のヴェルサイユ襲撃を知るや、一人娘と共に早々とパリを脱出しローマに逃れます。ローマではアカデミーにも推挙され、イタリア画壇にも大きな足跡を残しますが、パリでは彼女の夫ルブランや兄弟たちは、投獄されています。 彼女は、これ以後パリに戻ることなく、ナポリ、ヴェネチア、ウイーン(マリー・アントアネットの出身地には3年も)、ドレスデン、ベルリンとヨーロッパを巡り、1795年から1801年まではセントペテルブルグ、モスクワに、その後はイギリスに滞在し、ナポレオン帝政のパリに戻ったのは1805年のことです。大革命という、フランスがひっくり返ってしまった長い驚愕の時代を、ほとんど素知らぬ顔で、やり過ごしてしまった凄さを感じます。 フランスと「国家」を離れることのできなかったルドゥーの血まみれの格闘の不器用さと、エリザベートが示した国家無視の「純粋職人」振りに芸術家の時代参加の二つの典型を見ることができるのではないでしょうか。
 ところで、このヴィジェ・ルブランについては、WEBに公開されたデータで楽しむことができます。米国アリゾナ州のKevin J.Kellyさんという方が、彼女の伝記から全作品のテキストデータまで、たくさんの画像と共にのせています。美術史の中ではかなりマイナーな作家が、2世紀も後の美術愛好家の努力でその作品が広く公開されるということは、まことに楽しいことです。Kellyさんは、1990年、フォートワースのキンベル美術館所蔵のヴィジェ・ルブラン26歳の時の自画像を見て、その美しさにほれ込んで、このページを開いたそうです。白いブラウスと赤いリボンの自画像は、彼女の美貌ぶりを見事に描き出し、見る人の視線をくぎづけにします。
 ルドゥーの大掛かりな復権の仕組みに比べ、自らの「美貌」でWEBの世界に大きな個人美術館をつくらせてしまったエリザベートの甲斐性には驚くばかりです。
 「ペルー事件」で国家という虚構を、大博打で守ったPresidente Fujimoriのニュースを聞きながら、200年ほど前の二人の芸術家の生きざまと国家のもろさに思いを馳せました。



「拝啓 東京都知事 青島幸男 様」

(1997.8.26.)

 過日、あなたの下僚と思われる東京都福祉局生活福祉部援護福祉課長発信になる8月14日付文書の送付を受けました。それには、『あなたに貸付けを行った戦没者遺族等奨学金について、返済状況を調査したところ、下記の金額が返済されておりません。速やかにお支払いを願います。支払い又は償還計画書の提出等何らかの連絡がない場合は、係員が直接自宅に伺う場合がありますのでご了承ください。記 未納額合計 金3,000円』と記載されておりました。
 『戦没者遺族奨学金』!! 8月15日の敗戦記念日には、遺族会による戦没者追悼式典の開催などの報道を目にしておりましたが、自らも戦没者遺族であったことを突然に東京都の公文書で想起させられると同時に、借金をしていながら、50年経っても返していないぞ、取り立てに行くからな、という脅し言葉に動揺しました。
 半世紀近く前の戦後混乱期、都立高校に入学した当時、情の厚い国語の先生から『戦没者遺族奨学金』の受給を勧められて応募した微かな記憶もよみがえってきました。たしかに、貸付けを受けております。しかし、就業して数年後には完済したものと記憶しております。したがって本件の貸付金について、これまで一度たりとも返済督促を受けたことがありません。今回、全く突然に、唐突に、事情の説明もなく、返済せよとの強い督促には、言いようもない悲しさと怒りを覚えました。
 東京都の財政が逼迫し、わずかな取りはぐれも見逃すなという号令をお掛けになったのでしょうか。貸付金受領時から、9回ほど転居しておりますので、現在の所在をつきとめるには、かなりの事務量を要したことと存じます。とても 3,000円では済まなかったこととお察しいたします。
 ところで、どういうわけで東京都が『戦没者遺族等奨学金貸付』などという面倒な援護行政をしたのでしょうか。それは、まさに戦争責任の負い目に発したささやかな援護施策であったのです。自国民を 300万人以上、アジア他国では 1,500万人以上を死にいたらしめたという誠に大きな『人災』の処理であったのでしょう。私の兄は敗戦の32日前に魚雷攻撃にて殺されております。遺族に対する戦死通知は、敗戦被害によるどん底生活の中で受けました。ご存じでしょうが紙切れ一枚入った木箱とともに。
 東京都の終戦記念日行事として、遺族奨学金の返済督促をお考えになったのですか。『意地悪ばあさん』のブラックユーモアなのですか。われわれ弱者の胸はフツフツと痛みます。
 中央政府の勅任官とともに、知事(地方長官)も、『天皇の百僚』に入るそうですが、青島知事までが、戦後を消し去ることに熱心になられたとはどうしても信じたくありません。
 今回は、はなはだ不愉快な思いをさせられましたが、本件は、公共団体がその構成員に貸付けを行い、返済がなされていないものについては数十年後といえども最後まで追及するという『公正』で『真剣』な行政の姿を示したにすぎないと考えることとします。
 私は、貸付けを受けた奨学金は完済したと信じておりますが、現在では残念ながらそれを証明することはできません。援護福祉課長は、『無謬』の記録をお持ちなのでしょう。行政の記録は一私人の申し立てなどでは覆せないのでしょうし、今の私にはその元気はありません。『泣く子と地頭には勝てない』という日本的美風にしたがって、『戦没者遺族等奨学金の返済金』として金 3,000円を現金にて同封いたしました。返済金として収納ください。小額ですが都財政の助け(あるいは貴公邸のお花代)になれば本懐です。不届きにも数十年間も支払いを遅らせて金利もつけないとお怒りでしょうが、金利を免除してくださった援護福祉課長の温情に甘えました。なお、お手数ですが、ご収納後は速やかに受領証とともに未返済を証する資料ををお送りください。
 東京都自治行政の益々のご発展と青島知事のご健勝を祈念します。敬具 (これに返事が来れば次号で紹介します。--後記-返事は来なかった。)



私の『トンネルと大音響』

(1997.10.30.)

 昨年末、「平和な日本」を仰天させたMRTAの「オスカル・トレ・コンデス作戦」は、フジモリさんの完勝に終わりました。いったいどういう結末を迎えるのだろうと、ハラハラしていた純朴な日本人の一人として、数日前に放映されたNHKTVの特集ドキュメント番組はたいへん興味深いものでした。(なんと芸術祭参加番組!)フジモリさんは、事変勃発直後から地下トンネルによる突入攻撃を決定し、実物大の演習モデルまで用意して兵士の訓練を重ね、トンネル完成までの日時を稼いでいたのだそうです。ネストル・セルパ隊長も、シプリアニさんも、カストロさんも、心優しい日本人も、あるいは橋本氏も見事にいっぱい食わされたようです。でも、これこそ国家統治者たる大統領の甲斐性なのでしょう。
 ところで、本稿はMRTAとペルー共和国のことに口を挟むことが本題ではありません。「トンネルと大音響」が主題です。突入用のトンネル堀りが日本大使公邸に近付くと、当然その掘削音によってMRTA兵士に気づかれることになります。そこで、フジモリさんは軍歌の大音響を公邸周辺に流し、掘削音を消す街宣車作戦に出たのだそうです。単純な戦術ですが、すごい手法ですね。
 音響技術の発達か何かは知りませんが、この大音響作戦は、わが日本国でもたいへん日常的手法のようです。5年前に東京を離れ現在の小田原市に転居しましたが、最初に驚いたのが突如として街中に流されるオルゴールチャイムの大音響でした。「防災無線放送」だそうです。市の防災課に執拗に抗議しましたが、夏場は午後6時、冬場は4時にチャイムを鳴らすのは防災連絡装置の作動確認のためで、中止できないとのことで、現在もこの時間、今日は午後4時が魔の時間として生き続けています。(でも、3年ほど前、わがマンションの管理組合理事長をつとめたとき、当敷地の一部を市が借りているという弱みに付け込んで脅迫したところ、拡声器を反対向きに変えました。向かいの人はどうなるの?)
 東京には、小田急という私鉄の特急かJR新幹線で通っていますが、これがまた凄いのです。ことに新幹線のモーター騒音に上乗せしたスピーカー騒音の充満するホームは、なんとも苦行の場所です。事細かな案内、余計なお節介を休みなく流すのは嗜虐趣味なんでしょうか。車内も同じで、テープの案内、それが終わると車掌の案内、一時たりとも黙ってくれない。何か喋っていないと安全走行が損なわれるとでもいうようです。小田急は、ロマンスカーという箱根行の行楽特急でもあるので、少しは違いますが、やはりテープと車掌、それに車内販売係りの女性がびっくりするほどの大音響で、コマーシャルまでサービスしてくれます。「携帯電話のご使用は他のお客様のご迷惑となりますのでご遠慮ください」などしゃあしゃあといわれると、「お前の方がよっぽどうるさい」と怒鳴りたくなります。
 この5年間、一日一善をモットーに、乗車の度に車掌を呼んで強硬に抗議を続けています。車掌の反応はさまざまで、小田急は音量を下げてくれる車掌が7割ほど、JRはゼロです。JRの車掌さんはこちらの言い分が理解できないようで、音が大きいとなんで困るんですかといった顔をされます。「国家鉄道」の教育は行き届いていたようです。
 スピーカー騒音との戦いは、市や鉄道だけではありません。商店街、スーパーや百貨店、ご贔屓のヨドバシカメラも、騒音は凄まじい。その都度一戦を交えるのはかなり体力を使いますが、世のため人のためゴルゴタの丘に登るまではと殉教者の覚悟です。 ところで最近、中島義道さんという電気通 信大学(!)のドイツ哲学の教授なる方が、同じような殉教者を目指していることを発見しました。彼の著作『うるさい日本の私』(洋泉社)に書かれている執拗で強力な抗議の姿を知ると、当方などは誠にひ弱な反抗者のようで恥ずかしい思いです。
 日本人は「公」「強」の発する騒音はどんなものでも容認しますが、隣人の「個」「私」の発する騒音にはひどく攻撃的です。私のマンションでも、ピアノの練習、洗濯機の夜間使用、ドアの開け閉めなどでは細かい苦情が満ちています。でも、市役所が大音響で「ゴミの収集方法が変わりました……」と怒鳴り散らしても、町内会のスピーカーから「今日は燃えないゴミの収集日です……」という大音声を早朝に聞かされても、だれ一人うるさいと思わないようです。スピーカーで怒鳴って通達するのは、軍隊か刑務所くらいものです。日本中が刑務所になったのでしょうか。それとも、ひょっとすると足元に地下トンネルが密かに掘り続けられているのかも。ある日突然に特殊部隊が飛び出してきて「全員射殺」なんてことになるのでしょうか。
 いずれにしても、「公」の大音響はひ弱で従順な民草教育を目指す秘められた暴力的手法の一つです。この年末、一段と「うるさい日本」になることでしょう。みなさんも大音響反対闘争に参加しませんか。




私の『200年前』

(1997.12.16.)

 年はあらたまりましたが、どういう訳か18世紀末、200年前のことが気になって仕方ありません。いつぞやの工房だよりに、クロード・ニコラ・ルドゥーは私より200歳の年長者と書いたのもそのひとつです。かのナポレオン・ボナパルトとは166歳違い。200年前には私より34歳も若造です。その若者が、エジプトに遠征したのが1798年。
 1796年のイタリア遠征は、彼の最大の出世事業だったようですが、かなり荒っぽくイタリア各地の美術品を収奪してフランスに持ち帰っています。ヴァティカンからは古代ローマ彫刻の目玉作品「ラオコーン群像」と「ベルヴェデーレのアポロン」をMuseum central des arts (後にナポレオン美術館・ルーヴル美術館の前身)に持ち帰りました。もちろん皇帝失脚後にはイタリアが取り戻して、現在は教皇の手元に納っています。
 ところで200年前、1798年のエジプト遠征の際には、ヴィヴァン・ドゥノン(後のルーヴル館長)を同行し、古代遺品、美術品対策に万全を期しますが、イタリアの時ほど無茶な収奪をしていないのです。エジプト戦争があざやかな勝利を納めるという訳にいかなかったこともあるのでしょうが、へたに専門家を連れていったばかりに、できなかった無茶があったのでしょう。翌年も再度エジプトに渡っていますが、2ケ月ほどで政争の続くパリに取って返し、プリュメール18日のクーデターを成功させて実権を握るという大忙しで、イタリアほどのコレクションはできなかったようです。
 しかし、古代エジプト文明に対する大衆的関心を急速に高め、エジプト学におけるフランスの地盤は確固たるものになります。シャンポリオンのヒエログリフの解読はルイ18世の時代ですが、彼のエジプト調査は、現在のルーヴル美術館の古代エジプト部門の骨格をつくっています。1798年7月ピラミッドを前に兵士たちに「5千年の歴史」を語った彼が、今日のナポレオン広場に立つガラスのピラミッドを眺めたら、何というでしょうか。「俺のつくった美術館だ。ナポレオン美術館の名を汚すな。」それとも、「俺の後輩どもも結構良くやっている。」どちらでしょうかね。
 昨年のハトシェプスト葬祭殿での事件。11人の日本人の中で唯一生き残った方が小田原市民で、市長が見舞いに行かれたそうです。昨今はルクソール観光には日本人の姿が見られないとのことですが、「安全な」ルーヴルでエジプトを観るか、身の危険を顧みずルクソールやアスワンまで出かけるか、熟慮を要しますね。湾岸戦争の真っ最中に、ガラガラ、スキスキのエジプトを観せてもらった私は何か得をした気分です。36歳若ければ、もっと得した気分だったでしょうが。
 ナポレオンがピラミッドを目にした200年前。そこには、私が観た姿とほとんど違わない姿(多少砂に埋まっていたかな)があったのでしょう。もし、200年後に日本人観光客がそこを訪ねても全く同じ姿があるのでしょうか。それとも地球温暖化とかで、海の中に立っているなんてことになっているのでしょうか。

戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com