松本 茂のページ



戻る 松本茂のページトップ

私の「衰亡史」

(1996.4.23.)

 3 年前、東京を脱出してから「車内読書」というものを経験しております。小田原というシブイ町から喧騒の新宿まで75分の貴重な時間ができたからです。お陰様で、「ローマ帝国衰亡史」全11巻なる大著を1年ほどかけて読むことができました。
 この書の著者 Edward Gibbonは1776年に書き始めて、巻末に1787年6 月27日の日付をいれていますから、11年の歳月を要しているわけです。私の読んだ日本語訳の新訳は74年に中野好夫氏が手をつけて以来、後継者二人の手を経て訳了したのが93年8 月ですから、19年もかかっています。
 200年以上も前の書ですから歴史書としては、かなりの修正部分も有ろうかと思いますが、英国人ギボンの冷静な批判精神を基礎とした壮大な時間空間の遊弋は、誠に感動的です。
 文化を支える最大のものが歴史の検証であるという当たり前のことが、 200年前のヨーロッパではしっかり実現していたのだなあなどと感心しながら読んでいました。
 Far East、東洋の果てに生を受けた小生にとっても、西洋は誠に気になる存在です。日々の暮らしのすべてが絡め取られているわけですから、なんとしてもこの怪物と正面から対峙しないわけにはいきません。そのための一つとして、古代ローマという非ヨーロッパ的な文化が、どのような形でユーラシア大陸に影響を残していったかを実感するには、この「衰亡史」は格好の書です。
 ことに、ここ数年手掛けていたフランス装飾美術史教材の記述をしながら、彼等がその装飾思想と技法を成立させていった過程をたどってみたいものと常々感じていましたので、「衰亡史」に描かれた中世西洋の姿はほんとうに興味深いものでした。しかし、1996年の日本国に籍をおく私にとっては、 200年前のギボンが、当時の政治状況、文化潮流の中で、自らのアイデンティティーの源泉であるヨーロッパ誕生と生成の過程を、冷ややかとも言えるような鋭い視点で捉えている「歴史家」のスタンスは驚きでした。
 振り返ってみるに、私たちの歴史的アイデンティティーはどこにあるのでしょう。つい50年前 100年前はもちろん、古代史についてさえ「情報公開」されていないのですから、私たちはいまだ歴史を獲得していないことになります。明治政府の「維新」は欧米帝国主義時代の暴風からの緊急避難であったのかもしれませんが、ここまで長く避難生活をさせられるのではたまったものではありません。
 「歴史に目を閉ざすものは、現在にも盲目となる」というヴァイツゼッカーの演説に拍手を送って早10年の歳月が流れました。確かに私たち極東アジアの人間にとって、西洋社会なみの成熟度に達するにはいささかの時間がかかるのでしょうが、ちょっと度外れてはいないでしょうか。
 このところの、神戸被災者の苦渋、血友病薬害被害者の怒り、子供社会の荒廃、オウム「事件」のいかがわしさ、政官業の猥雑さ、金融業者の鉄面皮、報道機関の脆弱さなどなど、「盲目社会」が白日のもとにさらけだされています。
 私たちが正しい過去を獲得しなければ、この「盲目社会」は絶対に開眼しないでしょう。日本国という「国民国家」を今後も存続させるのであれば、景気対策などという気休めの投薬ではない、いささか痛い外科手術が要りそうです。私たちがそれに耐え得るのかどうかは、やや心許ないようですが、間違いなく病状だけは進行して行くでしょう。
 ここ数日の歯痛に耐え得ず、明後日に歯医者の予約をした小生の等身大の現状認識です。

私の「ラ・マルセイエーズ」

(1996.6.23.)

 毎年のことですが、7月は心たかまる良い月です。4日のアメリカ独立記念日、14日のフランス革命記念日。7月は革命の月なのでしょうか。今年は、独立宣言から220年、バスチーユからは207年になります。私は梅雨時の鬱陶しい季節になると、「ラ・マルセイエーズ」をBGMにして朝食をとることにしています。元気が出てとても良いものです。
昨年はこの歌がフランスの国歌に制定されてから、ちょうど200年とかいうことで、吉田進さんという人の編集でCDが出ています。(吉田さんは、中公新書で「ラ・マルセイエーズ物語」も書いています。)アトランタのオリンピックでは、国の旗と歌を背負った競争が世界中に報道されるのでしょうが、この「旗と歌」自身もコンペティションの中に晒されます。KIMIGAYOを聞かされることは少なそうなので結構ですが、この「ラ・マルセイエーズ」もめったに聞こえてこないことでしょう。
 ところで「ラ・マルセイエーズ」は、これまでも大きな政治変動の度に、国歌の地位を追われています。ナポレオン帝政から王政復古、第2帝政終焉までの長い間、革命派の歌として投獄されていました。第3共和政以後も、反動期には追放されています。現在でも、体制側の世界では敬遠されがちな歌です。アルベールビルの冬季オリンピックでは、過激な歌詞の部分は「国際的配慮」とやらで削除されました。革命の歌を「国の歌」にするのは、なかなか大変なようですが、わがKIMIGAYOはお相撲さんの歌としても様にならないようですので、いく末はいかがなものでしょうか。梅雨時には、元気の出る「ラ・マルセイエーズ」がお薦めです。ぜひ一度お試しください。




私の「カレンダー論」

(1996.8.27.)

 1989年1月に天皇が死んで、「昭和64年」は「平成元年」に化けました。「平成天皇」が「崩御」したら、またまた「○○元年」を繰り返すのでしょうか。いやいや、なんせ長寿社会ですから2000年も、無事に平成12年ということになりましょう。「大正10年」生まれの老人はその時何歳か、なんて悩まず、14−10+63+12=79などという単純算数は日本人たるもの瞬時にできなければいけないようです。わが賢い官僚たちは、昭和天皇の死の10年前に、「元号法」なる世にも短い法律を成立させています。@元号は政令で定める。A元号は皇位の継承があった場合に限り改める。これで全文です。この仕掛けで、元号表示の「伝統」が法制化され、世の中なんとはなしに、平成8年と表記するように強いられているわけです。時間をネーミングするという楽しみを内閣に与えた日本の国会は、なかなかの粋人の集まりです。
 ところで、古来どこの国も記年法には苦労したようです。ユリウス・カエサルの「ガリア戦記」をみると、『メッサーラとビソーが執政官の時…』などと表現されていますが、この手法は共和政から帝政に変わっても継続されたようです。日本も含めた中国文化圏では、皇帝や天皇が「元号を定め」てきたのはご承知の通りです。いわゆる西暦、イエス・キリストの誕生年を紀元とする名案は6世紀のローマ修道士ディオニュシウス・エウシグウスの発明とかで、西欧世界で普遍性を持ったのは、8世紀から10世紀にかけてのようです。どうも、マホメットによるイスラム教の広がりとイスラム紀元の出現が背景のようにも思えます。スパンの大きなキリスト紀元は、実用的で年代記の表記もスマートなものにできます。世界共通記年法の地位を得たのは、西欧列強の力の結果かも知れませんが、表記の便利さは大きな要因でしょう。いまだにキリスト紀元に逆らっているのは、イスラム国の一部と台湾(孫文革命紀元)、日本くらいのようです。
 キリスト紀元の最大の泣きどころは、キリスト以前の記年をBC記号でマイナス表記しなければならないところです。旧約聖書による「天地創造紀元」なるものはキリスト誕生の5508年3ケ月25日前のこととされていますから、有史以来の事象はすべて単純記年でき、古代史家もたいへん便利になることでしょう。かの「ローマ帝国衰亡史」のギボンも、天地創造紀元が生き残ってくれたら歴史家は楽できたのに恨めしく思うとぼやいています。天地創造紀元では、今年は7504年となります。2496年後には、10,000年になりますが、それまで人類史が継続していると、ちょっと面倒なことになりそうです。このところ騒がれている「ミレニアム・バグ」2000年問題どころではない、5桁年表示問題などということがでてくるか。でも、2500年も先には今の電脳は存在しないでしょうから、今から悩むことはなさそうですね。
 とはいえ、日本国が「元号」にこだわって、不便極まりない「平成」を死守するのは何故でしょうか。私もキリスト者ではありませんが、普通の暮らしをしていく上では西暦は便利なのに、役所に出す書類は元号表記しなければ受理してくれないという不愉快なバリアーにぶつかります。「平成」になったのだから、「昭和」のことは忘れました。解決済みです。そんな大昔のことを蒸し返されては困ります。ということなのでしょうか。このところ、そうは旨くいかないようで、「偉い」人たちも冷や汗のかきどうしです。早く厄介な「平成」を逃げ出したいのではないでしょうか。

私の「○×論」

(1996.10.27.)

 かなり前のことになりますが、米国サンフランシスコ市の車輛局で、自動車運転のライセンス試験を受けました。私にとっては最初で最後の英語による試験経験です。道路交通規則を主とする50問の設問は○×択一式のものでした。ただ、この○×は正しいものに×、つまり選択を示す記号を、誤っているものに○、つまり零をつけよという仕組みです。まあ日本国の習慣とはまったく逆ですが、逆と思えばさほど悩むことでもなさそうでした。「×は正しい記述に、○は間違い記述に……」と言い聞かせながら25問ほどいって、裏面の設問に移るころにはなんと、「正しい記述には○、間違い記述には×……」で答えていることに気付きました。
 聞いたこともない道路用語や車輛用語に、英語ダメ族の当方は汗水タラタラですから、頭の中はほとんどパニック状態。過去の○×基本設定の臨時的設定変更はきわめて自然に昔帰りをしてしまうのです。この設定戻りには誠につらい思いをしました。どうしてこう日本と米国はなんでも逆なんでしょう。右側通 行などは多少の時間でなれてしまいますが、3ボール・2ストライクなどというTV放送にはなかなかなじめません。
 ところで、今回の選挙、新旧の保守政党すべてが、「ぎょうかく」合唱でしたが、○「官」を×「僕」に、×「民」を○「人」に設定変更できるのでしょうか。「民」は天皇の赤子、「官」は天皇の僚のはずですから、保守政党が革命を起こして、権力を人民の手に握らせようとでもいうのでしょうか。少し困難のようですね。
 すねた言い方をしましたが、私たち愚民にも簡単に「ぎょうかく」を実現する、とても経済的な方法が目の前にぶら下がっていたのに、みなさんボンヤリ見過ごしているようです。
 今度の「最高裁判所裁判官国民審査」で、×をつけましたか。「審査」ですよ。こんな貴重な権利を行使した人はたったの9%ほどしかいない。真ん中のすっぽ抜け直球を、見逃し三球三振した人が90%以上とはほんとうに情けないですね。「罷免を可とする」裁判官に×をつける、つまり選択するという、わが国では唯一のデモクラシーのチャンスを見逃し三振なんて、ほんとうに勿体ない限りです。さすがに沖縄の人たちは、痛め付けられすぎたのでしょう、30%を超える方がデモクラシーを実行したそうですが。「国民」が司法府の裁判官どもを「審査」することは、ピープル主権の根本です。
 人の名前に×をつけるのはどうも気が進まないなどと、弱気なことをいわずに、次回からは堂々と全員で×をつけましょうね。私たちがデモクラシーを選択(×)する毅然たる意思表示です。一気にやらないと、またぞろ「国民審査法の改正」などということを賢僚たちは考え出すでしょうから。

私の「3勝3敗」

(1996.12.10.)

 住まいの設計は、まことに面白いものです。なにがしかの報酬はいただきますが、生計をたてるにはほど遠いことはみなさんご承知のとおりです。それでも、止められないわけですから、余程のものなのです。今年も性懲りもなくやってしまいました。
 ここ数年の三大強敵は、●いまだに猛威を振るっている「ウッドフローリング」●相変わらず感染率増大の「ウォシュレット」●近年TVを媒介して急速に増殖している「24時間風呂」です。
 クライアントのほぼ100%ちかくがこの三大強敵に捕捉されています。対応策には@依頼を断るA断固説得しクライアントの治療に当たるB治療をあきらめて従順に依頼を受ける……ということしかありません。@を実行すれば仕事は0に限りなく近付きます。Bの姿勢がもっとも生産性の良いものになりますが、「社会的職能者」としては承服できるものではありません。というわけで、Aになりますが、治療に要する労力と時間はかなりのものです。とどのつまり@になってしまうのがほとんどです。
 さて、三大強敵にマインドコントロールされている患者の治療方法は、「脅迫」一本槍です。
 「フローリング」……年少者に聴覚障害を起こさせる。会話が不明瞭かつ険悪になり家族崩壊につながる。中年以上の者は歩行時の衝撃で疲労が蓄積し脚力が低下する。高齢者は転倒などで骨折、寝たきりの悲惨をまねく。冬場は下半身の冷えで不妊症になる。主婦は掃除の負担に悲鳴を上げる。マンションでは下階居住者との紛争激化で殺人事件さえ発生する。森林破壊は地球の寿命を縮める。などなど。
 「ウォシュレット」……ヒーターの故障で火傷の心配がある。個人差で洗浄度は不安定。(ペーパーがいやならウェットティッシュ−が良い)電気エネルギーの無駄使い。などなど。
 「24時間風呂」……浴槽の保温は弱い。したがってエネルギー費用の負担は大きくなる。フィルターの能力はすぐ低下する。清潔度が落ちる。交換費用がかかる。常時加湿状況で住まい全体が多湿になり、黴が発生する。などなど。
 でも、なかなか治療は成功しません。良い知恵があったら教えてください。
 わずかな成功例……親しいクライアントには有無をいわせずこちらのポリシーに従わせますが、それでも、A4のワープロ5枚ほどの「論文」を要します。今年の戦績は3勝3敗でした。
 来年もこの空しい戦いを続けます。

戻る 松本茂のページトップ

戻る Site Map


生活美学社 松本 茂/ 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com