ウォーレスコレクションの装飾美術
Decorative Arts of Wallace Collection

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「ウォーレスコレクションの装飾美術 Decorative Arts of Wallace Collection」はインテリア学習者の教材用に編集したものです。
1.本編はウォーレスコレクションに収蔵されている装飾美術の主要作品を収録しました。
2.調査は2000年12月に行ないましたが、管理者側の都合で写真撮影ができなかったため、すべて資料写真によりました。
3.収蔵品データは英文表記していますが、一部仏文表記も加えました。原稿入力の都合でアクサンを付していません。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならいましたが、慣例のあるものはそれに従いました。


00

ウォーレスコレクション
(The Wallace Collection)
この写真は、マンチェスタースクエアの芝生のオープンスペースを通して見た元ハートフォード侯爵邸(ウォーレスコレクション)のファサードです。1776年から88年にかけて第4代マンチェスター公爵が建てたものですが、スペイン大使館、フランス大使館などに使われていたものをハートフォード侯爵家が購入し、1872年から75年にはリチャード・ウォーレス(Richard Wallace, 1818-90)が所有する膨大な美術コレクションを収蔵するために、北側に東西両翼を伸ばし、ジョージ通りに面する北翼で中庭を囲む形にしました。(この中庭は現在「バガテル」と名付けられた素敵なカフェ-になっています。この改修工事も2000年のミレニアム記念事業の一つです。)
リチャード・ウォーレスの死後、1897年に夫人のアメリー・ジュリー・シャルロットはコレクションを国に寄付し、1900年6月22日に国立美術館として一般に公開されました。ミレニアム事業の一つとして1998年から大規模な改修工事が行われ、ちょうど100年後の、2000年6月22日にリオープンしました。このリニューアルにより、とても親しみやすい楽しいミュージアムになりました。
コレクションは、ハートフォード初代侯爵によって始められていますが、4代目のハートフォード侯爵 (1800-1870) はパリに常住し(ブーローニュのシャトーバガテルにも住んだ)、ヴァトー、ブーシェ、フラゴナールなどの絵画をはじめ、ブール、クレッサン、リースネルの家具やセーヴルの銘品を集めました。リチャード・ウォーレスは4代目侯爵の庶子で、やはりリモージュエマイユやマヨリカ陶器、金細工などの優れたコレクションを、残しています。(2001年11月14日 松本 茂)

01

オップノールのコモード 1695年頃
(Sarcophagus-shaped Commode c.1695, Oak veneered with Boulle marquetry, Gilt-bronze mounts attributed to A.-J.Oppenordt working to a design by Jean Berain)
ウォーレスの家具コレクションの中でも、もっとも古い時代のものの一つです。制作者はオップノールに同定されています。アレクサンドル-ジャン・オップノール (Alexandre-Jean Oppenordt,1639-1715) は、ゲルダー(オランダ)の生まれですが、早くにルイ14世治下(ほとんど同世代)のパリに出て家具制作者の地歩を固めました。1679年にはフランスに帰化し、84年には宮廷建築庁の推薦でルーヴルに工房を構え、ルイ14世時代初期の代表的家具師となりました。この年の1月だけで、宮廷建築庁から4,000リーヴルの支払いを受けています。現在の円価では4千万円ほどでしょうか。
このオーク材のマルケトリーで仕上げられたコモードは、精巧な彫刻などを施した石棺(サーコファガス)を思わせる形をしていますが、金鍍金ブロンズ彫刻はベランによるものです。ジャン・ベラン (Jean Berain, 1640-1711) は当時を代表する装飾美術家で、ルブランによるルーヴル宮アポロンの間の壁面装飾に参加しています。オップノールはベランのブロンズ彫刻による家具制作で多くの受注を得ました。1684年に宮廷建築庁から受けた支払額だけで27,820リーヴルにもなっています。


02

ブールマルケトリーのキャビネ 1665-70年頃
(Cabinet on stand, 1665-70, Oak veneered with marquetry, pinewood cariatid figures, gilt-bronze mounts, possibly by Andre-Charles Boulle)
2体の黒人のカリアティドが支えるこのキャビネは、ブールスタイルの精巧なマルケトリーが施されています。ブールのスタンプ(制作者を示す印)が見当たりませんので、特定することはできませんが、ヒッポリテーとヘラクレスのカリアティドが支える同じスタイルのキャビネ(c.1680,J.P.Getty Museum 77.DA.1, 当サイトPG#20)の存在から、ほぼブール作とされています。
アンドレ-シャルル・ブール (Andre-Charles Boulle,1642-1732) は、ルイ14世時代を代表する家具師で、特に後世ブールマルケトリーと呼ばれる華麗なインレイ技術で名を馳せています。このキャビネは彼が王のエベニスト (ebeniste du roi) とされた1672年以前20歳代のものと思われますが、黒檀などの貴木に真鍮、銅、ピューター、鼈甲を精緻にインレイするマルケトリー技法は高い水準に達しています。
このキャビネには左右に10ヶの引き出し、中央には扉と下に浅い引き出しがありますが、この扉をあけると4段の引き出しがあります。メダルや宝石などを収蔵した家具です。(H:1,867 W:1,230 D:650)
ブールの作例については当サイトルーヴル(3)#46-#51 を参照)


03

ブール工房のアルモアール 1700年頃
(Armoire, Boulle workshop, Boulle-marquetry, c.1700)
この堂々としたアルモアールもブールマルケトリーとギルトブロンズ(金鍍金のブロンズ)を多用したブールらしい作品です。
2枚の扉はギルトブロンズのレリーフによって、ローマ詩人オウィディウスの「変身譚(Metamorphoses)」から2つの情景が表されています。左扉はダフネがアポロに追われて月桂樹に変身する物語、右扉は演奏競技でアポロに敗れた笛の名手マルシュアースがスキタイ人によって皮を剥がされようとしている物語を題材にしています。 (H:2550 W:1635 D:610)




04

ブールのアルモアール 1715年
(Armoire, Andre-Charles Boulle, Boulle-marquetry, 1715)
これはブールのアルモアールのなかでも特に大形のものです。中央にはロングケースの振り子時計がつけられているため、幅が2m近くもあります。ブールによる時計ケースはそれほど多く現存しませんが、ルーヴル所蔵の1720年作のもの(OA6746)が見事です。
このアルモアールもブールマルケトリーによる仕上げですが、コントルパルティと呼ばれるものです。ブラスや鼈甲(turtleshell)のレイヤーを切り抜くとネガポジの2枚ができますが、グランドが鼈甲になったものを「プルミエールパルティ」、ブラスがグランドになったこの作品のようなものを「コントルパルティ」といいます。鼈甲の量が多い「プルミエールパルティ」の方が高価です。 (H:3115 W:1960 D:658)


05

ジュベールのコーナーカップボード 1773
(Corner-cupboard, Gilles Joubert, Oak veneered with tulipwood and purplewood, 1773)
ジル・ジュベール(1689-1775)は、フォーブル・サンタントワーヌのムニュジエの一族として生まれ、13歳からマルケトリー細工師のピエール・ダスノーのもとで修行し、結婚後はその婚資をもとに1715年にシテ島のサヴァテリー通りに工房を構え、その後パレロワイヤルに移っています。晩年の1751年にマルシャン・エベニストとなり、その後は多くの家具を宮廷に納めています。このカップボードはなんと84歳で納めたものです。

06

ルルーのスクレテール c.1772
(Secretaire a abattant, Jean-Francois Leleu, Oak veneered with marquetry, Gilt-bronze mounts, c.1772)
ジャン-フランソワ・ルルー(1729-1807)はパリ生まれで、アルスナル(セーヌ川右岸岸辺の兵器廠のあった地区)のエーバンのもとで1763年の彼の早かった死(42歳)まで仕事を続けていましたが、後を継いだリースネルとは不仲で、バスチーユ砦の近くに工房を構え、1764年には親方の資格を得ています。
このスクレテールは上部の前板を引き倒すと(abattant)デスクトップになる形式のものです。下部は左右に開きます。この3枚の前板には華麗なブーケがマルケトリーで描かれています。


07

リースネルのスクレテール 1780
(Secretaire, Jean-Henri Riesener, Oak veneered with marquetry, 1780)
これはジャン-アンリ・リースネル(1734-1806)のスクレテール・アバッタンです。リースネルは、ウェストファリア地方の椅子職人(フランス風にいえばムニュジエ)の子として生まれ、20歳くらいの時にやはりアルスナルのエーバン工房で修行をはじめています。エーバンの死後はその配偶者と結婚しその工房を引き継ぎ、受注していた様々な仕事を見事に完成させ、当時の主要なな仕事をこなしていきました。
このスクレテールは、彼の繊細な作風の中では珍しく格式張った表情を持っています。上部前板を飾るマルケトリーも、月桂樹に囲われた雄鶏(フランスの寓意)は凛々しい姿を見せています。ヴェルサイユのマリーアントアネットの私室に納められていますが、はたして25歳の彼女のお気にめしたのでしょうか。宮廷生活いまだ5年の弱輩ではあまり自分の好みを出せなかったのかもしれません。

08

リースネルのスクレテール 1783
(Secretaire, J.-H. Riesener, Oak veneered with marquetry, Gilt-bronze mounts, 1783)
これもリースネルのスクレテール・アバッタンで、やはりマリーアントアネットのヴェルサイユ庭園に建つプチトリアノンに納めたものです。ダイヤ型のマルケトリーは人気のある装飾で、どの工房も競って採用していますが、リースネルの仕事は誠に美しいものです。上部前板のギルトブロンズのメダリヨンと最上部フリーズはキューピッドによる愛の物語を描いています。この前板を引き倒すと、5つのピジョンホール(カルトン入れの棚)に6つの小引き出しが現れます。マリーアントアネットはプチトリアノンで過ごす時間が多く、このスクレテールは実際に彼女が使用したのではないでしょうか。前板を開いた姿と、マルケトリーのディテールを見て下さい。
(H:1396 W:805 D:420)


スクレテールの前板を開いた姿

                     マルケトリーのディテール

09

リースネルのスクレテール 1783
(Secretaire, J.-H. Riesener, Oak veneered with thuya-wood, Gilt-bronze mounts, 1783)
このスクレテールもマリーアントワネットのために、同年にマルリー城に納められています。ツヤウッドという北アフリカ原産の、バーズアイが美しい材の短板で仕上げられています。ギルトブロンズは前出のスクレテールとメダリヨンもフリーズも同一のものです。
マルリー城はヴェルサイユ宮殿生活の堅苦しさにうんざりしたルイ14世が、パリの西約20Km、ヴェルサイユの北約10Kmほどのマルリーの小さな谷あいに、鄙びた邸館を1679年からアルドアン・マンサールに造らせたものです。水を主役にしたような庭園の中に13の館が建ち並んだものでしたが、1688年から王の死の1715年までは好んで使われたようです。第1帝政までに館は失われ、現在は庭園だけが残っています。マリーアントワネットが好んで出かけた様子はありません。

10

クレッサンのファイリングキャビネット 1740-45
(Filling-cabinet, Charles Cressent, Oak with satine and purplewood Mounts of Dianna as Huntres, 1740-45)
シャルル・クレッサン(1685-1768)は一族に家具職人がいるような境遇ではなく、彫刻家の道を歩んでいましたが、1719年エベニストのジョセフ・ポワトーの未亡人と結婚したことから家具制作の世界に入ったという経歴を持っています。ポアトーの工房は、彼がオルレアン公のひいきを受けたことからかフォーブル・サンタントアーヌからかなり離れたパレロワイヤル近くにあり、クレッサンはそれを引き継いでいます。このファイリングキャビネットは、レジャンス期に家具制作に入った彼の40年代の作品ですが、上部を飾る時計ケースのオルモルはその力量をしめしています。狩りの女神ディアーヌを最上部に置き、躍動する猟犬や鹿が時計を支える構成になっています。上部飾りの重量感に比してギルトブロンズは、ストレートで繊細なものになっています。

11

ルネ・デュボアのファイリングキャビネット c.1765
(Filling-cabinet, Rene Dubois, Oak veneered with French vernis, Gilt-bronze mounts, c.1765)
ルネ・デュボア(1737-99)が1765年から1770年頃に作成したと思われ、1810年頃までクーラキン候のコレクションに入っていました。次項の書き物机とインクスタンドの書斎用3点セットです。いづれもグリーンのラッカーで仕上げられています。キャビネットは下部が鍵付きの書類入れ、上部は3つに仕切れれた書類入れになっています。書類などは皮張りのファイルボックス(カルトン)に入れて、これらのコンパートメントにきちんと納まるようになっています。このようなキャビネットをカルトニエール(cartonnier)といいます。
キャビネットの上部には、プシケとキューピッドのギルトブロンズ像が飾られています。(H:2141 W:731 D:410)


12

ルネ・デュボアの書き物机とインクスタンド c.1765
(Writing table and inkstand, c.1765)
ルネ・デュボアは、著明な家具師ジャック・デュボアの第2子で、兄のルイが早くにストーブ師となったので、家業を継いだようです。母方にも家具師が多く、一族代々フォーブル・サンタントワーヌで工房を経営していたようです。フォーブル・サンタントワーヌ(バスチーユ広場から東へ通る街区)は家具関連の業種が集まったパリの主要な産業地区で、現在もその様子がうかがえます。
(Writing table H:754 W:1435 D:730 inkstand H:153 W:443 H:170)

 

13

ゴードローのコモード 1739
(Commode, Antoine-Robert Gaudreaus and Jean-Jacques Caffieri, Oak veneered with Kingwood, 1739)
このコモードは1739年アントワーヌ・ロベール・ゴードロー(c.1680-1751)が、ヴェルサイユ宮殿のルイ15世の寝室のために納入したものです。ゴードローはルイ15世の主要な家具師の一人で、特に晩年の25年間は王の専属的な家具師でした。アシンメトリーなギルトブロンズはジャン-ジャック・カフィエリ(1725-1792)の作です。正面左右の火炎状の飾り金具は立体的にひねられてドロワーの取っ手金具になっています。カフィエリはロココ期の代表的な彫金師で、多くの優れた仕事を残しています。
ゴードローによる曲面状のマルケトリーはこの当時珍重されていた家具材のキングウッドを巧みにインレイした美しいものです。ウォーレスコレクションの中でも自慢の逸品です。(H:888 W:1955 D:806)

14

マルシャンの漆仕上げのコモード 1755
(Chest of drawers, Nicolas-JeanMarchand, Oak veneered with lacquer, 1755)
ニコラス-ジャン・マルシャン(c.1697-1757以降)の漆仕上げのコモードです。
彼は鋳造家の一族で、パリのフォーブルサントノーレ(家具工芸の中心地区)に工房を構え、漆家具を得意としていたようです。このコモードは、1755年、王の家具納入者ジル・ジュベールを通してフォンテンブロー宮殿に納められた2ペアの内、ルイ15世王妃レシュチンスカの寝室にあったものの一つです。もう1ペアはルイ15世の寝室に納められました。ギルトブロンズの飾りは、彼の一族の手になるものと思われますが、上下2段の引き出しの取っ手はブロンズ飾りの彎曲部を巧みに使っています。(H:845 W:865 D:558)


15

ルネ・デュボアのコモード c.1765-75
(Chest-of-drawers, Rene Dubois, Oak veneered with Japanese lacquer, Gilt-bronze mounts, c.1765-75)
ルネ・デュボアはこの時代の家具師の多くと同様、シノワズリーの仕事を残していますが、このコモードは漆蒔絵をドロワー前板のメダリヨンに再利用した見事な作品です。小さな蒔絵のパネルを組み合わせ、その継ぎ目をギルトブロンズで隠すような巧みな手法を取っています。ドロワーは1段で、左右の扉を開くと中棚があります。(H:920 W:1575 D:570)

メダリヨンのディテール



16

クレッサンのコモード
(Chest of drawers, Charles Cressent, Oak with kingwood, Gilt bronze mounts)
クレッサンはマルケトリーの仕上げはかなり単純にしていますが、ギルトブロンズによるオルモルは他の追随を許さないほどの見事なものです。
このコモードも、中央にはカルトウーシュに囲まれた顔面像、躍動感のあるアカンサスの葉と左右に配したグリヒンなど、アシンメトリーに構成されたオルモルで飾られています。


17

ブールマルケトリーの両袖机 18c初め
(Knee-hole desk, Boulle marquetry, Gilt-bronze mounts, early 18th century)
制作者は同定できていません。レジャンス期のものとされていますが、ルイ14世時代の堅苦しさを残しています。マルケトリーもブールの手法ではありますが、やや単純なもので、ブールの華麗さはありません。



18

ヴァンデルクルーズの小机 c.1760
(Work-table, Roger Vandercruse, Oak veneererd with satine and purplewood marquetry, mounted with a Sevres porcelain, c.1760)
ロジェー・ヴァンデルクルーズ(1728-99)は、ラインラント出身の家具職人の子としてフォーブル・サンタントワーヌに生まれ、自らをフランス風にラクロアまたはドラクロアと称しています。家具にはR.V.L.C.(Roger Vandercruse La-Croix)と銘(stamp)しています。彼の姉妹の一人フランソワ-マルグリットはエーバンに嫁し、後にリースネルの妻となっています。
繊細なマルケトリーを得意とし、ロココ期の代表的な家具師のひとりです。この小机も流れるようなゆるやかな脚、小振りなオルモルなどで優美な趣味を満足させています。トップは、セーヴル窯の軟磁器のプラックを使っています。


19

ルルーの化粧机 1763-64
(Tillet and writing table, ascribed to Leleu, 1763-64)
婦人用の書き物と化粧のためのテーブルです。ネオクラシック期に活躍した彼にとっては、ロココ晩期の作品として貴重なものです。ルルーがエーバンのもとで仕事を続けていた時に手掛けた小机で、そのまま引き取って独立後のルルーが仕上げたものです。全面に花束がリアルに描かれているテーブルトップは書き物のためで、このトップを後ろに下げ、裏面に鏡がついた上蓋を引き上げると化粧用のトップが出てきます 。また、左右からは書き物と化粧の道具などを入れるボックスが引き出せるようになっています。このような、巧みな仕掛けはエーバン工房の得意としたもので、独創的な仕掛けで注文主を満足させていました。仕掛けを開いた姿を見てください。

(H:708 W:570 D:437)

仕掛けを開いた姿



20

リースネルのシリンドルデスク c.1770
(Roll-top desk, Jean-Henri Riesener, Oak veneererd with marquetry, Gilt-bronze mounts, c.1770)
このシリンドルデスクと非常によく似たデスクがヴェルサイユのルイ15世の書斎に残されています。当サイトVE#13ヴェルサイユのデスクはJ.-F.エーバン(c.1725-86)が手掛けたものをジャン-アンリ・リースネル(1734-1806)が完成させて、1769年になんと62,000リーヴル(現在の邦貨では3億円?)で納入したと記録されています。ウォーレスのデスクは、その翌年1770年にオルセー伯爵に納めたものです。ルイ15世のデスクににくらべるとギルトブロンズが全く違いますが、本体の仕様は極似しています。このようなデスクにはあっと驚くような仕掛けがしてあり、隠し引き出しなども見つけ出されています。
(H:1390 W:1955 D:1025)


21

マルタン・カルランの書き物小机 1783-84
(Work-Table, Oak veneered with tulip-wood, Severes porcelain plaques, Martin Carlin, 1783-84)
マルタン・カルラン(1730-85)は、漆を使った蒔絵風に仕上げた家具やセーヴル陶板を使った家具を得意とした華麗な作風の家具師です。このような小振りな書き物机も多数残していますが、いろいろに動作する仕掛けを備えたものもあります。この机も、前板を引き倒すとその中に2つの引き出しがあります。トップは、スティールの支柱で持ち上げられ、回転したり引き起こしてブックレストにしたりできるようになっています。側面からはキャンドルスタンドが引き出せます。
(H:790 W:407 D:328)


22

ヴェスヴェレールの仕事机 1786-90
(Work-table, Adam Weisweiler, Oak veneered with marquetry of satinwood and ebony and mounted with Wedgewood cameos, 1786-90)
18世紀末から19世紀初頭にかけて活躍したアダム・ヴェスヴェレール(ドイツ風にはヴァイスヴァイラー, 1744-1820)は、この当時の家具師の多くと同様に、ラインラントからの移住者で、1777年の婚姻記録では、すでにフォーブル・サンタントワーヌに工房を構えていたようです。ネオクラシック期からアンピール期にかけて、魅惑的な仕事を残しています。この婦人用(裁縫などの)仕事机はサテンウッドとエボニーがダイヤ型の美しいマルケトリーに仕上げられています。それぞれの段にはウェッジウッドカメオが優美に飾られています。1800年代に皇帝妃ジョセフィーヌの所有となったようです。
(H:765 W:658 D:385)


23

モリトールの化粧テーブル 1788-90
(23 F321 Toillet table, Bernard Molitor, Oak veneererd with marquetry, Gilt-bronze mounts, 1788-90)
ベルナール・モリトール(1755-1833)は、ルクセンブルクのベッツドルフに生まれ、かなり若い時にパリに移住し、アルスナルに仕事場を構えて様々な商いを試みています。1787年に親方になるとすぐに、フォンテンブローのマリーアントアネットのブードアールのマホガニーの寄せ木床仕上げの仕事を得ています。1788年には結婚するとともにブルボン通り(現在のオルセー美術館の裏の街区)に仕事場を移します。王妃以外にもポリニャック夫人を初め多くの貴族たちの顧客を得て急速に仕事を拡大していきます。しかし、すぐに大革命の中で翻弄され、工房の閉鎖に追い込まれます。1796年の妻の死後工房を再開し、注文流れになっていた多くの家具在庫をもとに商いを活発化させています。マリーアントアネットの注文流れと称して、王政復古後のルイ18世に買い取ってもらった家具などもあります。
この化粧テーブルは、ペアの家具で「ポンパドール風テーブル」と称して1796年の工房再開時のインベントリーに記載されています。ペアの片方はロスアンゼルス近郊ののサンマリノのハンティントンギャラリーにあります。このギャラリーにも素晴らしいたくさんのコレクションが収蔵されています。


24

ブーヤールの小椅子 1786
(Chair, Jean-Baptiste Boulard, 1786)
ジャン-バプティスト・ブーヤール(1730-89)は、ルイ16世時代の代表的なムニュジエ(menuisier, 椅子やコンソールテーブルなどの指物師) で、王家一族を初め、上流貴族たちの邸館にさまざまな椅子を納めています。この小椅子はフォンテンブローのルイ16世のカードルームのために作られたもので、女性用として二重のクッションを備えています。張り地はシルクで精巧な模様を織り出しています。
(H:934 W:574 D:506)


25

ブールのペデスタル時計 1712-20
(Clock and Pedestal, attributed to A.-C. Boulle, Oak veneered with Boulle marquetry, Gilt-bronze mounts symbolising Love Triumphing over Time, 1712-20)
ウォーレスコレクションには優れた時計の収集があります。このペデスタル時計のケースはアンドレ・シャルル・ブールの作とされています。多くの時計コレクションの中でも最も旧いものの一つです。ブールマルケトリーで仕上げられた格式張ったものですが、「愛は時を超える」というテーマのオルモルで飾られています。





26

ブールによるヴィーナス像のある置き時計 c.1715
(Mantel Clock, attributed to A.-C. Boulle, Oak case veneered with tortoiseshell and ebony, Gilt-bronze mounts, c.1715)
アンドレ・シャルル・ブールの置き時計です。特別こったテーマはありませんが、キューピッドを伴ったビーナスが花冠を捧げている彫像が添えられています。文字盤には、浅いレリーフで6体のプッティ(小児像)がカルトゥーシュに囲まれた時刻数字を支えています。
(H:790 W:535 D:420)




27

オップノールとブールによるペデスタル時計 c.1720
(Pedestal clock,attributed to A.-C. Boulle working to design by G.-M. Oppenord, c.1720)
オップノールとブールはルイ14世時代に活躍した家具師ですが、ブールの方がやや後輩に当たり、この作品もオップノールの主導のもとに作られたもののようです。時代はオルレアン公の摂政となり、貴族層の意識は大きく変化しました。この新しいレジャンススタイルの嗜好に応えようとした作風の変化が感じられます。二人の代表的家具師の老年期の作品として貴重なコレクションです。







28

b>クレッサンの掛け時計 1747
(Cartel clock, Charles Cressent, Gilt-broze case symbolising Love Triumphing over Time, 1747)
シャルル・クレッサン(1685-1768)によるギルトブロンズの掛け時計です。 この彫塑のテーマは「愛は時を打ち負かす」という寓喩で、アンドレ・シャルル・ブールが1695年ころの作品に使って以来、 時計のデザインにはしばしば採用されてきたものです。トップに見える彫像は「愛」の寓意像としてのプット(小児像)で、背中には昆虫(儚い生命の)の羽根をつけていますが、左手には「時」から盗み出してきた砂時計を持っています。彫刻家でもあるクレッサンの見事な作品です。(H:1359 W:527 D:356)
なお、このカルテル時計に極似したヴァージョンが4つあり、その一つはルーヴルにも入っています(inv.OA9586)。他は、ニューヨークのメトロポリタン美術館、マルセイユ市役所、アムステルダム国立美術館に収蔵されています。


29

天文時計1750頃
(Astronomical clock, Movement M. Stollewerck, Oak veneered with purplewood and satine, Gilt and patinated bronze mounts, c.1750)
このような贅をつくした天文時計は、18世紀ヨーロッパの貴族たちにとって最大のホビーだったようです。ストールヴェルクによる装置は、黄道十二宮の運行から太陽齢、月齢までが読み取れるという複雑なメカニズムを持っています。
高さが3m近くもあるケースは、パープルウッドとサティンのマルケトリーで仕上げられ、ギルト(金鍍金)のブロンズと錆加工のブロンズによる彫金で装飾されていますが、作者は同定されていません。 (H:2945 W:1335 D:91)



30

デュプレシス(ケース)の演奏時計 c.1762
(Musical clock, Gilt-bronze case ascribed to Duplessis, Movement by F. Viger, c.1762)
精緻な細工のギルトブロンズケースに納まったオルゴール時計です。時計師ビジェールによる装置は紙テープに仕込んだ13曲の音楽を演奏します。わらべ歌'Ah! Vous dirais-je, Maman' も聞くことができます。華麗なギルトブロンズはデュプレシスの彫塑によるもので、時計文字盤の上を飾るスパニエル狩猟犬はしっかりと獲物の鳥をくわえています。台座の右手には狩猟用のフレンチホルンが見えます。このような大形で(高さ90cm)精巧な装置をともなう置き時計は暖炉上に置かれ、部屋のフォーカルポイントになっていました。デュプレシスは人気の高い彫塑家で、かの有名なヴェルサイユのルイ15世のシリンドルデスク(1769)のギルトブロンズも、彼の作です。(H:905 W:660 D:300)
'Ah! Vous dirais-je, Maman' は、イングランドでも良く知られた旧い子守唄で、つぎのように歌われている。
'Baa, baa, black sheep, Have you any wool? Yes, sir, yes, sir, Three bags full: One for the master, And one for the dame, And one for little boy, Who lives down the lane.' (Tommy Thumb's Pretty Song Book, c.1744)


31

バウムハウアーの置き時計 c.1768
(Mantel clock, Gilt-bronze case on an oak plinth veneered with ebony, stamped by Joseph Baumhauer, Movement by Ferdinand Berthoud, c.1768)
ジョセフ・バウムハウアー(Joseph Baumhauer, ?-1772)は,その名前からも分かるようにドイツからの移住者です。1745年より以前にパリに居を構え、ムニュジエの娘と結婚し1747年に長子を得たという記録が残っています。ルイ15世時代の嗜好に巧みに応えた華麗な作品を残しています。時計の操作部は著明な時計師フェルディナン・ベルトーによるものです。

32

カフィエリのロングケース時計 c.1768
(Long-case clock, Case of oak veneered with ebony, Gilt-bronze mounts by P. Caffieri, Movement by F. Berthoud, c.1768)
フィリップ・カフィエリ(Philippe Caffieri, 1634-c.1716)はルイ14世時代の代表的装飾彫刻家で、宮廷に入る家具の多くに彼のオルモルが使われています。彼はルブランのもとでヴェルサイユ宮殿の仕事にも携わり、有名な「大使の階段(現存しない)」の木彫を仕上げたといわれています。彼の後継者ジャック・カフィエリ(1678-1755)も、孫にあたるジャン-ジャック・カフィエリ(1725-92)も彫刻家として大成しています。
この時計の操作部はフィリップ・ベルトーです。




33

マルタンクールの置き時計 c.1780
(Mantel clock, Case of gilt, patinated and enamelled bronze, attiributed to Etienne Martincourt working to a design by Augustin Pajou, c.1780)










34

ベランジェのデザインによる置き時計 1781
(Mantel clock, after a design by Belanger Movement by J.-B.Lepaute, similar to a clock made for Bagatelle in 1781, 1781)






35

多機能の置き時計 c.1785
(Mantel Clock, Gilt and enamelled bronze, Movement by R. Robin, c.1785)










36

セーブル陶器による置き時計 1786
(Clock, Sevres porcelain colum dated1786, Gilt-bronze mounts, Movement by Germain Dubois, 1786)











37

ブールマルケトリーのインクスタンド 1710
(Inkstand, Boulle marquetry attributed to A.-C. Boulle made in 1710 for the College of Surgeons, 1710)







38

ブールの化粧室鏡(背面)F050 Toillet Mirror 1713
(Toillet Mirror, Boulle marquetry, Gilt-bronze mounts, attributed to A.-C. Boulle, 1713)
(H:730 W:560)









39

錬鉄とギルトブロンズによる階段の手摺 1719-20
(Balustrade, Iron and gilt-bronze, made for the Bibliotheque du roi, Paris, 1719-20)
この階段手摺は1719年に創設された王立銀行の建物に取り付けるために作られました。王立銀行はたった1年で操業を止めてしまいましたが、その建物はルイ15世の図書館に使われました。
鋳鉄とギルトブロンズ巧みに構成していて、中央部は、ルイ王のLの字をモチーフにしています。ひまわりの花は太陽王をたたえるものでしょうか。蔓の花頭は金貨で飾られています。
その後建物はリチャード・ウォーレスに買い取られ、この手摺は1874年にハートフォードハウス( ウォーレスコレクションの建物)に移設されました。


40

少年像のキャンドルスティック 1745-49
(One of a Pair Cndlsticks, Gilt and silvered bronze, Made1745-9, probably to a design by J.-A. Meissonnier 1745-49)










41

マリーアントアネットに納められたキャンドルスティック1781
(Pair Cndlsticks, Gilt bronze, delivered by C.-J. Pitoin for the Cabinet de la Meridienne of Marie-Antoinette at Versailles, 1781)









42

中国青磁の壷による水指し
(Ewer, Chainese celadon porcelain of 1725-35 mounted in French gilt-bronze, 1745-49)













戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com