ベルサイユ宮殿
Versailles

(2)


戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「ベルサイユ宮殿 Versailles」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編はベルサイユ宮殿の装飾美術および、収蔵されている装飾美術コレクションの主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。


26

戦争のサロン
(Salon de la Guerre)
このサロンは西北のコーナーに位置し、アルドゥアン・マンサールとルブランにより1686年に完成しました。グリーンと白の大理石に覆われた壁面、金ブロンズのレリーフ、高いドーム天井を支える金塗装のコーニスなどルイ14世後期様式の大作です。左手の白スタッコのメダイヨンはアントワーヌ・コワズヴォーによる古代装束をまとったルイ14世の戦場での姿です。

27

戦争のサロン・部分
(Salon de la Guerre)
天井画はルブランのもので、このボールトには、嵐の中で戦われたヴェローナの勝利が描かれています。天井リブは金のモールディングで飾られ、コーナーには百合紋様のブルボン家のエンブレムが置かれています。吹寄せ持出しのある大きなコーニスの下には、古代戦士の鎧と百合紋様付きの盾のブロンズレリーフが見えます。中央アーチ型の開口部は鏡のギャラリーに通じています。

28

鏡のギャルリー
(Galerie des Glaces)
ルイ・ル・ヴォーにより1668年に完成していた西側庭園の軸線に展望を持つ大きなテラスは、78年からの大工事でこのギャルリーに生まれ変わりました。アルドゥアン・マンサールとルブランは幅10.5m・高さ12.3m・長さ74.5mという、これまで見たこと もないような豪華で大きなギャラリーを作り出しました。庭園に面した17のアーチ型窓に対応して、東の壁には同じ形態で鏡のパネルが付けられ、シンメトリーを強調しています。現在の姿は、1770年の王太子(後のルイ16世)とオーストリア帝国の皇女マリー・アントワネットとの婚儀の時の状態に復元したものです。(このスライドは南端部から見通したもの)

29

鏡のギャルリー・部分
(Galerie des Glaces)
赤茶色のランス大理石のピラスター、金ブロンズの柱頭、金塗装スタッコのフリーズ上には、コワズボーによる24か所の子供群像や花綱・武具・トロフィーの彫刻が飾られ、長大なボールト天井にはルブランの指揮により、ルイ14世の78年当時までの功績を称える絵が描かれています。このギャラリーには4つの扉があり、王のアパルトマンに通じています。

30

鏡のギャルリー・部分
(Galerie des Glaces)
60本の大理石ピラスターはすべて金塗装ブロンズの柱脚と柱頭で飾られています。柱頭は古代ローマのオーダーに雄鶏と百合のモチーフを組み合わせた極めて独自のフランス様式です。このギャルリーは大理石の白・黒・赤茶色とブロンズの金色が基調色で、ルイ14世時代の調度類はすべて純銀製に金鍍金したものをしつらえていました。

31

平和のサロン
(Salon de la Paix)
戦争のサロンに対比して、鏡のギャルリーの南端に、設けられたサロンです。そのため装飾はたいへん似通っていますが、戦闘場面や武具などは子供の遊戯場面や楽器などのモチーフに代えられています。右暖炉上部のメダイヨンには、1729年ルイ15世19才の年、ルモワーヌによって描かれた平和の創造者としての新王の姿があります。このサロンは王妃のアパルトマンに続いていますので、ルイ14世末期頃からは王妃の音楽室・遊戯室に利用されました。

32

平和のサロン・部分
(Salon de la Paix)
正方形の天井には、ルブランによって描かれた平和賛歌があります。中央円天井には古代の戦車に乗るフランスの偶像=女戦士像、4つの半円部には平和になったスペイン・ドイツ・オランダの象徴・ヨーロッパの和解の図が描かれています。円天井の中心に吊り下げられたシャンデリアは、アメチスト色のクリスタルで作られています。
このサロンに続く王妃の居室群(前出)を抜けると最後は大作絵画の展示広間です。

33

戴冠式の間
(Salle du Sacre)
ここは初期の礼拝堂、その後衛兵控え室に使われていた広間ですが、1837年ルイ・フィリップ王により改装され、ルイ・ダビッドの大作「ナポレオン1世の戴冠聖別式」が展示されました。ここの作品は第2作でオリジナルはルーブルにあります。(なお、城館一般観覧コースは、北翼の礼拝堂---エルキュールの間---公式居室群---鏡のギャルリー---王妃の居室群---この戴冠式の間---南翼の戦場のギャルリーとなっています。この写真は夏期平日の光景です。)

34

戦場のギャルリー
(Galerie des Batailles)
革命後のベルサイユ宮殿は、ナポレオン帝政、王政復古期を経て、7月革命の王ルイ・フィリップ時代に一時取り壊しが決まりかけましたが、フランス史博物館にすることで救済されました。この長さ120mにもおよぶ大ギャルリーには、旧体制・共和政・帝政各時代を通しての戦場場面を描いた33面の大作が展示されています。このギャルリー以外に、『十字軍』『17世紀』『18世紀』『大革命』『執政・帝政』『19世紀』『第3共和政』などの展示室があり巨大な歴史博物館となっていて、自由見学ができます。王の居室群、オペラ劇場、王妃と王太子の私室群などはガイド付きの見学になります。)。
つづいて城館にある2つの大きな施設を見ましょう。

35

王室礼拝堂
(La Chapelle Saint-Louis)
鏡のギャラリーなどの完成後、1700年からアルドゥアン・マンサールにより本格的な礼拝堂の建設が始まり、1710年ロベール・ド・コットにより完成しました。色大理石で大きなパターンを表現した身廊の床、天使のレリーフに飾られた重厚な角ピラスター、上階廊に立つ彫溝のあるコリント式円柱とエンタブレチャーという端正な古典様式です。変形交差ボールト状の天井による大きな窓はとても明るい空間をつくっています。アントワーヌ・コワペルの天井画とフィリップ・ムースニエの装飾は圧巻です。ヴァン・クレーブ作のブロンズ祭壇も秀作です。この城館ではもっとも整った古典空間といえるでしょう。1770年5月16日には、この礼拝堂でマリー・アントワネットと後のルイ16世の婚儀が行われています。

36

王室オペラ劇場
(L'Opera Royale)
ルイ15世時代まではどのようなエンターテイメントもすべて仮設の施設で行われていましたが、1768年、晩年70才のアンジュ・ジャック・ガブリエルは、着工後わずか21か月で本格的オペラ劇場を完成させ、マリー・アントワネットの婚儀に間に合わせました。楕円形の平面を初めて採用したこのオペラ劇場は、すべて木造で造られ、フォウボアの塗装で大理石風に見せるなどの工夫がなされています。バルコニー中央3マスが王の専用ボックスで、可動グリルで囲われています。楕円天井にはルイ・ジャン・ジャック・デュラモーの「一芸に秀でた人々に月桂冠を授けるアポロン」が描かれています。

37

王室オペラ劇場・部分
(L'Opera Royale)
舞台は左右にコリント式円柱を配し、古代風のスタイルをとっていますが、正面上部には巨大な王室の紋章が掲げられています。シャンデリアの蝋燭は全部で 3,000本にもなり、十分な照明が得られていました。またアルヌーによる機械装置も斬新なもので、舞台面と平土間を同じレベルにして大舞踏会が開けるようにしてあります。古典を基本としたオーガスタン・パジューの彫刻装飾は金、ピンク、ブルーの色調で華麗に仕上げられルイ155世後期様式の最大の作品となりました。バスティーユ襲撃後の1789年10月 2日、宮殿警護のフランドル連隊のために開かれた宴会が最後のものとなり、その4日後に王と王妃は、ここを永久に立ち去ることになるのです。

今度は城館の西北1kmほどのところにある『トリアノン宮殿』を見ましょう。

38

グラントリアノン
(Grand Trianon)
主翼棟西庭園側のファサードです。ここには1670年に造られた、ブルーと白のマジョリカタイル張りの離宮がありましたが、鏡の間などの大工事完成後の1687年に大理石の建物に造り替えられました。アルドアン・マンサールとロベール・ド・コットは、イオニア式列柱のあるペリスタイル、ピラスターと大きなフランス窓、イタリアンスタイルの屋根手摺という古典的な小宮殿を、ラングドック産のピンクの大理石で造り上げました。

39

グラントリアノン
(Grand Trianon)
主翼棟中央にあるペリスタイルから西翼棟を見たところです。ルイ14世が、大庭園からかなり離れたトリアノン村にこの離宮を設けた目的は、堅苦しい城館の儀式を逃れて、愛妾と密かな軽食の時間を持つためで、このペリスタイルは夏期の昼食をとるためのものです。ルイ15世と16世はこの離宮にさほど関心を示さず、その後はルイ・フィリップ王やナポレオン1世が利用しただけでしたが、ド・ゴール大統領時代に改装され国賓の滞在などに使われています。

40

鏡のサロン
(Salon des Glaces)
主翼棟の南端にある、天井近くまで高く伸びたフランス窓で日照豊かな明るいサロンです。壁面には鏡が多用され、ルイ14世様式の装飾で作られた白いフリーズとアーチで快適な空間となっています。窓と鏡に掛けられているコンピエーニュ製ライトブルーの絹のダマスクはマリー・アントワネットの発注したものですが、彼女は一度も見ることなく、ナポレオン1世の時代になって、やっとしつらえられました。このサロンは閣議などに使われたので、たくさんのアンピールスタイルのフォートゥイユが並べられています。

41

マリー・ルイーズの寝室
(Chambre de Marie Louise)
ルイ14世時代に王の寝室として設けられた部屋でしたが、ナポレオン1世は皇帝妃の寝室にするために、壁を取り払って大きなアルコーブを造らせています。両端にある真っ白な円柱の間に、著名な宮廷家具師マルシオンによる精緻な飾り手摺を設けて、アルコーブを仕切っています。中央のジャコブ・デスマルテ制作の両面コンソールテーブルには、セーブル陶器のティーセットが置かれています。古典様式の背景にアンピール様式の装飾という面白い空間です。

42

ナポレオン1世の書斎
(Cabinet de Naporeon-I)
ルイ14世時代にマントノン夫人の寝室として造られた部屋を、1809年に皇帝の私室群に改装しました。この小部屋の壁面は、金塗装のペルメットで縁取りされた中をグリーンの絹ダマスク張りにするという華麗なものです。天井のロゼットも古代趣味のモチーフを揃えた独特のものです。中央の小テーブルはエジプト風の台座に、色大理石のモザイクと貝の象眼の天板を乗せています。フォートゥイユの布張りは壁パネルと同じ仕様です。ジャコブ・デマルテによるアンピール様式の素晴らしい室内です。




43

ナポレオン1世の寝室
(Chambre de Naporeon-I)
この小さな寝室は、1809年の離婚の後に皇帝が引き籠もった傷心の部屋です。壁面・キャノピー・ベッド・長椅子に使われている薄紫と銀色で刺繍されたボーダー、セーム皮色のモアレの張り地はチュイルリー宮殿のジョセフィーヌの部屋のために作られたものです。家具類はやはりチュイルリー宮殿の皇帝の居室から持ち込んだものです。ベッドと長椅子はジャコブ・デマルテ、コンソールやデスクはボードゥアンの作です。私室らしい控え目な装飾と柔らかい色彩はアンピールスタイルの隠された側面を見せているようです。



44

プチトリアノン
(Petit Trianon)
東南の前庭側ファサードです。ルイ15世はポンパドール夫人の発案で1761年にこの小館を着工しますが、1764年には彼女を、65年には王太子ルイを、68年には王妃マリー・レシュチンスカを失い、失意の中で完成を迎えています。70年に15才の孫嫁マリー・アントワネットを得て、一時の明るさを取り戻しますが、74年に彼自身がこの世を去っています。ガブリエルは、切り石積みのベースの上にコリント式のピラスター、イタリア式の飾り手摺、背の高いフランス窓を持つ主階を乗せた端正な新古典様式の傑作を造り上げています。

45

プチトリアノン
(Petit Trianon)
西北の庭園側のファサードです。4本のコリント式列柱が古典的表情を強調しています。地上階は衛兵の控え、キッチンやパントリーで、テラスを持った主階は、マリー・アントワネットによって改装された食堂、音楽室、ビリヤード室などになっています。現状はナポレオン3世の皇后ウージェニーによってマリー・アントワネット時代の室内に復元されたものです。

46

音楽室・グランサロン
(Grand Salon)
マリー・アントワネットは、音楽とともにその教師グレトリーを熱愛し、この音楽室でハープとハープシコードに興じました。彼女の2つの楽器のほかに、3色使いのダマスクを張ったセネによるフォートゥイユ、リーズネルの書き物机などなどのほかにも、王妃所縁の品が皇后ウージェニーによって収集されて置かれています。

47

マリー・アントワネットの私室
(Boudoire de Marie-Antoinette)
主階の東コーナーあるマリー・アントワネットのブードワールです。彼女の好んだ薄いブルーを基調に、白でアクセントをつけたスキームのこの小部屋は、完全なアントワネットスタイルのインテリアになっています。テラスに開いた2つの大きな開口部には、下から迫り上がってくる鏡つきのパネルが装置されていて、完全なプライバシーが確保されるようになっています。フォートゥイユはジョルジュ・ジャコブの作です。

48

王妃のオペラ劇場
(Opera de la Reine)
無類の芝居好きだったマリー・アントワネットが、1780年にお抱え建築家ミックによって造った素人芝居用の劇場です。やはりブルーを基調に金と白でアクセントをつけていますが、私的な遊び部屋らしく金塗装の装飾はかなり独特のものです。舞台側には左右の女人像燭台、金フリンジをつけたカーテン、ボールト天井正面のMを象ったモノグラムなど、ルイ16世時代の古典志向の中でのトワネット・ミック流のロカイユ趣味がうかがえます。1785年、待ちかねていた第2王子(後のルイ17世)の誕生や、大スキャンダルの「首飾り事件」の渦中にあったこの年に、王弟アルトア伯(後のシャルル10世)などと演じた「セビリアの理髪師」が話題として語り継がれています。

49

ヴィジェ・ルブラン作・アントワネット肖像画
(Portrait de Marie-Antoinette)
エリザベト・ヴィジェ・ルブランElisabeth Vigee-Lebrunは、アントワネットの友人で、彼女を25回も描いていますが、この「薔薇を持つサテンドレスのマリー・アントワネット」は最初の作(1779年)といわれています。結婚後9年目、前王死去後5年、すべてを彼女の手中にしたように思われた、24才の時の肖像です。王妃のアパルトマン・大食卓のサロンには、同じヴィジェ・ルブラン夫人による、アントワネットとその子供たちを描いた有名作も飾られています。
(………「不幸のうちに初めて人は、自分が何者であるかを本当に知るものです」という、なかば誇りやかな、なかば打ち驚いたこの言葉が、とつぜん彼女の驚いた口から洩らされる。まさにこの苦悩によってこそ、彼女のささいな平凡な人生も実例として後世に生きるところがあるという一種の予感が、彼女を襲う。そしてこのような一段と高い責務の自覚によって、彼女の性格は自分自身を超えて成長する。はかない形が崩壊する直前に、芸術品、永続的な芸術品が実現する。最後の最後の瞬間に、平凡人マリー・アントワネットはついに悲劇の域に行きつき、その運命と同様に偉大となるからである。………Stefan Zweig, 1932, Marie-Antoinette, 高橋禎二・秋山英夫訳『マリー・アントワネット』岩波書店 1980)

50

リゴー作・太陽王ルイ14世肖像画
(Portrait du Roi de Soleil)
イアサント・リゴー Hyacinthe Rigaud はルイ14世の末期から15世時代に活躍した宮廷画家で、彫刻のコワズボーに並んで高く評価されています。この肖像画はスペイン王フェリペ5世となった孫王子に贈るため、1701年に描かせたものですが、太陽王はあまりにも気に入ったのか終生手もとに置いてしまいました。戴冠式の衣装を身に着けたこの肖像画のオリジナルは、ルーブル美術館にあり、アポロンのサロンにはそのレプリカが飾られています。
(……ルイ14世が単なる普通人として生まれていたならば、恐らく彼は誰からも一顧だにされないであろう。なぜならば彼はすぐれた能力を全くもっていないからである。…………彼が建てさせた美しい諸建造物はほめそやされている。けれどもわれわれは次のことを経験によって知っている。それは「国民を代表する代議員たちが人民の金を守っていないすべての国では、あらゆる種類の支出のために人民の金を用いることはたやすいことである」ということである。……… Madame de Stael,1813-16,CONSIDERATION SUR LES PRINCIPAUX EVENEMENS DE LA REVOLUTION FRANCAISE, 井伊玄太郎訳『フランス革命文明論』雄松堂出版 1993)



ベルサイユ宮殿の主な住人たち

ルイ13世(1601誕生-1610即位-1617親政-1643死去)==アンヌ・ドートリッシュ
ルイ14世(1638誕生-1643即位-1661親政-1715死去)==マリー・テレーズ・ドートリッシュ、マダム・マントノン、マダム・モンテスパン
ルイ15世(1710誕生-1715即位-1726親政-1774死去)==マリー・レシュチンスカ、マダム・ポンパドール、マダム・デュバリー
ルイ16世(1754誕生-1770結婚-1774即位-1794.1.21刑死)==マリー・アントワネット(1755誕生-1794.10.16刑死)
ルイ18世(1755誕生-1814即位-1824退位死去)
シャルル10世(1757誕生-1724即位-1830退位-1836死去)
ルイ・フィリップ (1773誕生-1830即位-1848退位-1850死去)
ナポレオン1世(1769誕生-1804皇帝-1815退位-1821死去)
ナポレオン3世(1808誕生-1848大統領-1852皇帝-1870退位-1873死去)



16・17・18世紀の主なフランスの装飾美術家

Claude Audran-I (1597-1677), Claude A-II (1639-83), Claude A-III (1658-1734)
画家・装飾家の一族。1世はコワペルなどと共に3代にわたってベルサイユの造営にに関わっている。2世もルブランの助手として活躍、3世はロココの先駆けとなる仕事をしている。
Jean Berain (1640-1711)
ルーブル宮殿アポロンの間のボアスリーを手初めに、ルイ14世のもとで衣装から祭典のデザイン、オペラの舞台装置まで手掛けた。
Jacques-Francois Blondel (1705-74)
1759年建築アカデミーの教授になり、著作と建築を通して18世紀後半の美術界に大きな影響を与えた。
Gablier-Germain Boffrand (1667-1754)
アルドアン・マンサールの弟子。レジャンス時代の有能な建築家。スービーズ館など。
Francois Boucher (1703-70)
ポンパドール夫人の絵画教師、1755年にはゴブラン工場長に任命された18世紀中頃の流行画家。
Andre-Charles Boulle (1642-1732)
ルイ14世時代の代表的な家具師で、フランスの近代家具様式の基礎をつくった。
Philippe Caffieri (1634-1716), Jacques C- (1678-1755), Jean-Jacques C- (1725-92)
彫刻家の一族。フィリップは1678年ベルサイユのボアスリー、ジャックとジャン・ジャックはルイ15世・16世のブロンズ装飾などを手掛けた。
Antoine Coysevox (1640-1720)
ルブランやアルドアンなどとともに、ベルサイユの仕事に携わった彫刻家。肖像彫刻に秀作を残した。
Jacques-Androuet Ducerceau (1520-84ca), Baptiste D- (1545-90), Jacques D- (1550ca-1614), Charles D- (?-1606)
装飾家の一族。ジャック・アンドルーエは図版の出版、バティストはポンヌフ、ジャックはルーブルの装飾などで知られる。
Charles-Nicolas Cochin (1715-90)
ルイ15世お気に入りの銅版画家、装飾家。18世紀末期の新古典主義の萌芽が見られる。
Robert de Cotte (1656-1735)
アルドアン・マンサールの弟子で、1710年以降建築に置けるロココ様式を開拓した建築家。
Noel Coypel (1628-1707), Antoine C- (1661-1722), Charles-Antoine C- (1694-1752)
著名な画家一族。ノエルは絵画アカデミーの学長、アントワーヌはベルサイユ礼拝堂の天井画やバロック風トロンプルイユ、シャルルは美術行政などで名を残している。
Jacques-Louis David (1748-1825)
革命期には共和派議員になり、ナポレオン1世のもとで美術界の独裁的支配者になった大画家。晩年の亡命後は不遇。
Jean-Honore Fragonard (1732-1806)
ブーシェの弟子、ロココ的な軽妙な画風で宮廷婦人たちの人気を得たが、革命とともに没落。
Jacques Gabriel (1667-1742), Ange-Jacques G- (1698-1782)
マンサール一族に匹敵する建築家一族。1734年ジャックはロベール・ド・コットを継いで王室首席建築家、アンジュ・ジャックも1742年にその後を継ぎベルサイユのオペラやプチトリアノンなどを残す。
Francois Girardon (1628-1715)
ルブランとともにベルサイユの仕事に参加したアカデミー古典主義の彫刻家。グロットの彫刻など。
Jules Hardouin-Mansart (1646-1708)
フランソワ・マンサールの姻戚。1675年に王室建築家となりベルサイユを手掛ける。
Jean-Baptiste Huet (1745-1811)
18世紀末に活躍した装飾画家。壁紙・染色プリントなどのデザインにも秀作を残した。
Charles Lebrun (1619-90)
1662年には「王の首席画家」に昇りつめた17世紀美術界の大物。豪華壮麗な古典主義的作風の装飾家。
Claude-Nicolas Ledoux (1736-1806)
革命の直前に活躍した独創的な古典主義形態を追及した建築家。近代建築の理念を予感させる。
Louis Le Vau (1612-70)
ヴォー・ル・ヴィコントを完成させた後、ベルサイユの仕事に携わった多才な建築家。フランス学士院の建物も彼の作。
Francois Mansart (1598-1667)
17世紀のフランスに古典建築を実態化させた。非妥協的な性格で、かなりの仕事を中途で終えている。
Andre Le Notre (1613-1700)
1630年代から活躍した造園家。ヴォー・ル・ヴィコントやベルサイユの庭園設計で、各国に影響を与えた。
Pierre Lescot (1510-1578)
フランスルネッサンスを代表する古典主義建築家。ルーブルの本格的再建は彼の方形の中庭から始まった。
Jean Francois Oeben (1720ca-1763)
ルイ15世時代の著名な家具師。早逝したが、その工房からは多くの優れたエベニストが出た。
Gilles Marie Oppenord (1672-1742)
ルイ15世の摂政オルレアン公付きの建築家で、レジャンス様式の発展で重要な働きをした。
Jean-Baptiste Oudry (1686-1755)
タピスリーの下絵などで巧みな仕事をした画家。1734年、ボーヴェーの工場長となった。
Jean Henri Riesener (1734-1806)
エーバン工房を引き継ぎ、1868年にはメートルエベニストの称号を得、優れた仕事を残している。
Hyacinthe Rigaud (1659-1743)
レジャンス、ルイ15世時代に活躍した宮廷画家。肖像画の世界に新しい形式をつくり出した。
David Roentgen (1743-1807)
寄木細工の家具などに優れたものを残した。マリー・アントワネットの贔屓を得て活躍した。
Claud-Charles Saunier (1735-1807)
ルイ15・16s世に仕えたエーバンの弟子。1752年にはエベニストとなった。
Elisabeth Vigee-Lebrun (1755-1842)
18世紀後期の著名な女性肖像画家。マリー・アントワネットとは友人つきあいで彼女を25回も描いている。



戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com