ベルサイユ宮殿
Versailles

(1)


戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「ベルサイユ宮殿 Versailles」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編はベルサイユ宮殿の装飾美術および、収蔵されている装飾美術コレクションの主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。


01

ベルサイユ宮殿
(Versailles)
パリの南西約18kmの郊外にある広大な王宮です。この俯瞰写真はベルサイユの市街地側(東側)上空から撮影したものですが、ここに見える範囲だけでも約100万平方mあります。狩猟地をいれると6600万平方mもあったようです。市街地に向かって放射状に伸びる3本の通りに挟まれた2つの連棟建物は王宮付属の厩舎です。その先が軍隊広場で、鉄グリルの門が設けられています。手前に伸びる2つの翼棟を宮臣の翼屋といい、それに挟まれた広場を宮臣の中庭と呼んでいます。


02

ベルサイユ宮殿主要部配置図
(Plan de Versailles)
一番下(西端)赤色の2つの連続建物が厩舎です。その上の左右(南北)に長い建物が城館(Chateau)で、さらにその上に広がる黄緑色の部分が花の庭園(Les Jardins)、濃い緑色部分が森の庭園 (Le Parc) です。これらの庭園はル・ノートルによって1682年頃には現在の形に近いものが完成していました。右上(西北角)の部分はトリアノンで、二つの離宮 Grand TrianonとPetit Trianon などがあります。17世紀当時、この地域は沼沢地で、城館のある部分はかなりの盛土をしたため、小高い丘のようになっています。このスライドで紹介する室内の装飾は、城館の中央部と2つのトリアノンが中心です。
(Versailles, Casa Editrice Bonechi)




03

城館東側遠景
(Vue Aerienne de Versailles)
軍隊広場からの遠望です。このスライドでも分かるように、左右2棟の宮臣の翼屋はルイ14世様式、その奥のガブリエルによる城館東端の2つのパビリオンは新古典様式です。このように、異なる様式が混在する東のファサードはたびたび改築を計られますが、王の意向もありルイ13世時代の初期城館の面影を残すことになりました。右側北翼の突出屋根の部分は王室礼拝堂です。

04

中央格子門
(Le Grille D'Honneur)
鋳鉄とブロンズのグリルは、王政復古後のルイ18世時代に作られたもので、アンピール風のスタイルです。ここから宮臣の中庭、王の中庭と続き、一番奥の大理石の中庭に面するアーチ窓の部分が、王の寝室です。大理石の中庭を囲むコの字型の部分は、ルイ13世が作った小さな城館で、太陽王が一番愛着を持っていたといわれています。

05

ルイ14世の騎馬像
(Statue de Louis XIV)
中庭の中央に立つこの像は19世紀ルイ・フィリップ王が建てさせたものです。ルイ14世太陽王は、1661年23才の時、財務卿フーケに披露されたヴォー・ル・ヴィコント城館(パリ南東約42km)の壮大さにいたく自尊心を傷付けられ、臣下に負けない大宮殿の造営を決心したといわれています。

06

ルイ14世の騎馬像
(Statue de Louis XIV)
わずか5才で即位したルイ14世は、幼年期に体験したフロンドの乱(貴族の反王権反乱)の恐怖が忘れられず、パリを恐れていたことと、父王ルイ13世が作ったベルサイユ城での田園生活に憧れていたこともあって、この小城を大宮殿にしようと思い立ったようです。23才で親政を始めた太陽王は、フーケを逮捕して彼の傘下の建築家ルイ・ル・ヴォー、室内装飾家シャルル・ルブラン、造園家アンドレ・ル・ノートルなどにベルサイユ城の大拡張を命じました。これ以後、数回の巨大工事を経て今日の姿となりました。



07

城館西正面
(Chateau, Vu de Partierre d'Eau)
1678年からは建築家ジュール・アルドゥアン・マンサールに命じて工事を続け1684年には中央部にあったテラスを改造して鏡の間を完成させています。
6本の列柱を持つ中央のパビリオン、左右4本の列柱を持つパビリオンまでが鏡の間です。この突出した部分から80m下がって長大な翼棟が伸びています。


08

城館中央部案内図
(Plan de Chateau)
1631年のフィリベール・ル・ロワによるルイ13世の普請を残している城館中心部の1、2階案内図です。小さな全体図水色の1は礼拝堂、2は王室オペラ劇場です。黄色部分は、3のエルキュールのサロンから、9のアポロンのサロンまでを Graands Appartments 公式居室群といい、オレンジ色10は戦争のサロン、12は平和のサロン、中央の11が鏡のギャルリーです。黄緑色13の王妃の寝室から19の王妃の衛兵の間までが Appartment de la Reine 王妃の居室群です。赤色20は戴冠式の間、その先にルイ・フィリップが設けた23戦場のギャラリーがあります。27王の寝室などがあるグレーの部分は、王の表御座所、34王の私的書斎などがある紫色の部分は、王の奥御座所と、大理石の中庭を取り巻くように Appartment du Roi 王の居室群があります。下の図は地上階で、グリーンの部分は王太子たちの居室群、茶色の部分は王女たちの居室群、ブルーの部分はマリー・アントワネットが作らせた私的居室群です。
(Versailles, Casa Editrice Bonechi)


09

円窓・牡牛の目のサロン
(Salon de l'Oeil de Boeuf)
ルイ13世の城館で1684年から1701年まで王の寝室と化粧室として使われていた部分を、新寝室の完成後にアルドゥアン・マンサールとロベール・ド・コットによって、一つにまとめて完成させたサロンです。金塗装のボアスリーと大きな鏡の使用などは、ル・ヴォー時代の初期ルイ14世様式の重厚な格調ある表現に比べて軽快な華麗さが強調されています。牡牛の目という呼び名は王の寝室側の壁にある楕円の窓の形からつけられました。この部屋は王の起床と就寝の儀式を待つ王臣たちの控えの間として作られたものです。

10

王の寝室
(Chambre du Roi)
1701年に完成したこの新寝室は、大理石の中庭中央に面して東側にアーチ型の大きなフランス窓とバルコニーを持っています。鏡の間側のベッドヘッドウォールの欄間にはニコラ・クストーによる「フランスは王の眠りを見守る」と名付けられた金塗装のレリーフがあります。この壁面とベッドキャノピー、カーテン、スプレッドなどは、金糸・銀糸の刺繍で仕上げられたブロケードが使われています。このブロケードは1980年に、ルイ15世時代の姿にリヨンの工場で復元されたものです。王の起床と就寝の儀式は1789年まで毎日繰り返されましたが、ルイ15世は儀式のためにここに入りその後私室のベッドで就寝しました

11

王の公式執務室
(Grand Cabinet du Roi ou du Conseil)
王の寝室の南隣にあるこの部屋は、ルイ14世の死後、ルイ15世に迎えられたアンジュ・ジャック・ガブリエルによって作られました。アルドゥアン・マンサールによる寝室や控えの間に使われた金塗装のボアスリーは、ロカイユ模様を使った軽妙で繊細な装飾になっています。初期ロココ様式のもっとも豪華な傑作です。

12

時計の間
(Cabinet de la Pendule)
大理石の中庭の北側に面する部分は王の私室群です。東側奥に据えられた振り子時計からこの名が付けられました。この時計は1753年に科学アカデミーからルイ15世に贈られたもので、パスマンの発明した天文時計です。コペルニクスの理論による遊星の運動を組み込んだクリスタルの球を持つこの時計は、ジャック・カフィエリの金ブロンズ彫刻で飾られた大作です。遊戯室として使われた部屋で、公室よりは簡明なスタイルになっています。

13

ルイ15世の私的書斎
(Cabinet de Travail de Louis XV)
時計の間につづくこの書斎はルイ14世時代のビリヤード室をガブリエルの指揮で改装したものです。 フェルベルクトの彫刻になる金塗装のボアスリーは、花と子供をモチーフにしたロココ最大の秀作です。中央に置かれた有名な蛇腹蓋付きのスクレテール(Secretaire a Cylindre)は、エーバン工房の制作で、1769年リーズネルによって仕上げられました。革命後の競売で家具調度品はヨーロッパ各国やアメリカに散逸しましたが、この名品は幸運にも残されたものの一つです。ルイ15世はこの部屋の奥にさらに私的な秘密書斎を作っています。
つぎに中央翼南面部分の『王妃の居室群』を見ましょう。

14

王妃の階段
(Escalier de la Reine)
この階段は、マンサールによって1681年に完成したもので、ルブラン風のルイ14世初期様式による色大理石の単純な形 態を繰り返す手法が使われています。1701年には、アーチ型バルコニー風の壁(右側上部)にトロンプルイユ=騙し絵が、フィリップ・ムーニエなどによって描かれています。階段室から右手に行くと王妃の衛兵の間、左手に行くと王の居室群前室につながります。ルイ16世時代には、王家の居室に行くための正階段に使われました。





15

王妃の衛兵の間
(Salle des Gardes de la Reine)
王妃のアパルトマンの最初の部屋は衛兵たちの控え室で、初期ルイ14世様式を無疵のままで残しています。壁面は大理石とブロンズという重厚なものですが、1676年に敷かれた床はナラのヘリンボン仕上げになっています。区画された天井画はノエル・コワペルの作品です。革命の始まりを告げるバスチーユ襲撃後の10月6日、ベルサイユからの王の帰還を要求するパリ市民に侵入され、この部屋で群衆と王妃の警護兵との乱闘が行われました。

16

王妃の友人たちのサロン
(Salon des Nobles de la Reine)
王妃マリー・アントワネットを取り巻く選ばれた女友達のために作られたサロンです。時代遅れのルイ14世スタイルの壁面は、お気に入りの建築家リシャール・ミックによって布張りに改装されていますが、ミッシェル・コルネイユの天井画はオリジナルのまま残されました。現状は1789年の夏の姿に修復したものです。正面と隅のコモードはリーズネルの作品です。

17

王妃の寝室
(Chambre de la Reine)
この寝室はルイ14世が王妃マリー・テレーズ・ドートリッシュのために作ったもので、その後は子息の妃、孫の妃、曾孫ルイ15世妃マリー・レシュチンスカに使われ、最後にマリー・アントワネットが住んだものです。ル・ブランによるルイ14世時代の内装はレシュチンスカのために大幅に作り直されています。ベッドヘッド・キャノピー・カーテンの布は絹の畝織りで作られた精巧なもので、リヨンの工場で復元したものです。キャノピー正面の鷲のブロンズ像は、マリー・アントワネットの出身王朝オーストリアハプスブルグ家の国章です。左手にある宝石箪笥も散逸を免れた逸品の一つです。そのすぐ右にかすかに見えるのは隠扉です。

18

マリー・アントワネットの宝石箪笥
(Serre-Bijoux de Marie-Antoinette)
精巧な錠前を持つこの宝石箪笥はドイツ出の家具師ジャン・フェルディナンド・シュウェルフジェーが1787年に制作したものです。クルミ材にパール貝・ガラス・ウェッジウッド風セーブル陶器などの象眼、金ブロンズの飾り金物などで豊饒な美しさを見せています。四季を表す4体のキャリアティッド(女人像)、箙型の8本の脚、それを飾るブロンズのフェスツーン(花綱)などは、アンピール様式の到来を予感させるものです。この箪笥のすぐ右手には小さな隠扉が王妃の私室群につながっています。1789年10月6日、マリー・アントワネットははこの扉から脱出して以来、ここに戻ることはありませんでした。
今度は北翼側『公式居室群』を見ましょう

19

エルキュールのサロン
(Salon d'Hercule)
ルイ14世の末期、この位置にあった礼拝堂(後出)が完成したのに続き、1712年に大改装工事に着工しましたが、完成 は1736年ロベール・ド・コットの手によりなされました。ブロンズの柱頭を持つ赤大理石のピラスター(付柱)と重厚なエンタブレチャー(臥梁)に支えられた天井には、全面区画のない大面積(315平方m)に、フランソワ・ルモワーヌによるヘラクレスを題材とした天井画が描かれています。3年がかりでオリンポスの140の神々を微細に描きこんだ彼は精魂尽き果てて、完成まもなく自殺したといわれています。ルイ14世は自らを太陽になぞらえ、公室のすべての天井画にローマの神々を描かせ、それらの神々がサロンの呼び名となっています。このサロンは城館の中でもっとも大きく、ルイ14世後期様式の最高傑作です。

20

豊饒のサロン
(Salon de l'Abondance)
ヘラクレスのサロンに続く小さな部屋です。ルイ14世時代には、ワインやジュース、ソルベなどがサービスされた、今風にいうとカクテルルームに使われた、ややくだけたサロンで、16世時代にはゲームルームに使われたようです。天井にはルブランの弟子ルネ・アントワーヌ・ウーアスによって豊饒の女神が豊かな実りを配っている情景が描かれています。室内は控え目な大理石とブロンズの装飾に比して、グリーンのジェノアベルベット(型押しされたビロード)の表情が優しい雰囲気を作り出しています。この布張りは冬の化粧で、夏は絹のサテンが使われました。ヴァン・ローのルイ15世像が掛けられています。

21

ウェヌスのサロン
(Salon de Venus)
このサロンから戦争のサロンまでは、ル・ヴォーとルブランによって1668年に完成された6つの公室が続きます。このサロンには、当初「大使の階段」が設けられていましたが、エルキュールのサロン完成時に改装されました。幾つにも区画された天井にはビーナスを中央に、様々な神々からシーザーとクレオパトラまでが、ウーアスによって描かれています。また、左手壁面にはジャック・ルソーによるパースペクティブなトロンプルイユが描かれ、対面の壁にも同様の騙し絵があり、このサロンに広がりを与えています。右側ニッチにはジャン・ウァランによる、古代ローマ戦士の姿をしたルイ14世の立像が立ち、左の扉には太陽を表すブロンズのエンブレムが飾られています。

22

ディアーヌのサロン
(Salon de Diane)
階段室であったウェヌスのサロンのイメージを引き継ぐ玄関室で、ルイ14世時代にはここにビリヤードテーブルが据えられていました。壁面にはピラスターがなく、そのため色大理石のパターンがとても印象的です。天井は大きく5つに区画され、ブランシャール、ラフォッス、オードランによるディアーヌをテーマとした天井画が描かれています。右手の大きな台座に乗ったルイ14世の胸像はバロックの巨匠ベルニーニの作です。最初の依頼作の騎馬像が気に入らなかった太陽王は、柔らかな布を無造作に肩に羽織った古代ローマ風の胸像を指定して依頼したようです。このサロンは簡素ですがルブランの佳作の一つといえるでしょう。

23

マルスのサロン
(Salon de Mars)
軍神マルスをテーマとした沢山の天井画を持つこのサロンは警護兵の控え室です。中央天井にはクロード・オードランによる2輪馬車の戦車に乗って戦うマルスの勇壮な姿が描かれ、コーニスは同じオードラン作の古代ローマ戦士の兜と武器などの彫刻が飾られています。壁面は布張りになり、ルブランやヴェロネーゼなどの多数の絵画を飾りました。赤いサテンは夏の装いです。正面の正装した立ち姿は、ヴァン・ロー作のルイ15世妃マリー・レシュチンスカです。このサロンは夕宴の際には、ダンスや音楽などの遊戯に利用しました。



24

メルキュールのサロン
(Salon de Mercure)
この部屋は当初ルイ14世の寝室に使われ、ゴブラン工場の銀細工師ロアールとヴィレールの制作になる重さ 1トンもある純銀製のベッドがしつらえられていましたが、1689年に財政赤字のため鋳潰されました。1715年、ルイ14世の遺体はこの部屋に安置され、1週間にわたってミサが行われたそうです。

25

アポロンのサロン
(Salon d'Apollon)
このアパルトマン6室の最奥、玉座のサロンです。天井にはシャルル・ド・ラフォッスにより戦車に乗った太陽神アポロンが描かれ、ルイ14世の権威を称えています。天井右手のコーニスに見える3つのフックはかって玉座のキャノピーを吊っていたもので、総金糸のペルシャ絨毯に覆われた台座に乗る、高さ 2.6mの純銀製の玉座が置かれていました。今は背面を飾っていた金銀糸刺繍のタペストリーが残るだけです。 中央に見える燭台は、ルイ15世時代に鏡のギャラリーに据えるために作られたものです。そのレプリカが今のギャラリーに据えられています。左の壁にはイアサント・リゴーが1703年に描いた63才のルイ14世の姿があります。

ここまでで北翼側の『公式居室群』は終わりますが、続いて庭園に面する西側のギャルリー群を見てみましょう。




次ページへ


戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com