スービーズ館
Hotel de Soubise (Musee Histoire de France)

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「スービーズ館 Hotel de Soubise (Musee Histoire de France) 」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編はスービーズ館に収蔵されている 主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

01

スービーズ館 (Hotel de Soubise, Musee Histoire de France)
18世紀まで貴族たちの邸宅地として栄えていたマレ地区にある館です。建設はルイ14世時代末期の1705−09年にかけて行われ、新進の建築家ピエール・アレクシス・ドラメールは端正な古典様式を採用しています。屋階に簡素な手摺を持つ吹き寄せ円柱のコロネードが大きな前庭を取り巻いています。






02

スービーズ館街区全体模型(Model des Archives Nationales)
左手前の前庭のある館がスービーズ館です。後ろの旧ド・ギーズ館とともに「歴史博物館」として貴重なフランス史の原資料を公開しています。一番奥のロアン館はスービーズ大公が子息のために同時期にドラメールによって建てたものです。現在はこの建物群は「国立古文書館」になっています。






03

玄関ホールの大階段 (Grand Escalier)
地上階のヴェスティビュールからストレートに昇る大階段はシンメトリーに配置され、上階の正面入り口は両脇にピラスターを配し、簡素なペディメントを頂くという古典スタイルです。迫り上げの天井は、古代を主題とした10枚の絵画で飾られています。大理石の柱や壁面の白さが古典的雰囲気を強調しています。







04

大階段円柱のオーダー (Colonne de Grand Escalier)
大階段の左右に立つこの円柱は、館内構成の主要なデザイン要素として使われています。円柱のオーダーは、ギリシャ・ローマ・ルネッサンス建築の主要意匠ですが、この柱頭はコンポジットと呼ばれるもので、コリント式のアカンサスの葉飾りとイオニア式の渦巻きヴォリュートを組み合わせたものです。







05

室内のボアスリー (Boiserie Interieur)
ルイ14世の時代に完成したこの建物の内部装飾は、1735年から40年にかけてボフランによって行われました。ガブリエル・ジェルマン・ボフランは、アルドアン・マンサールの弟子で、レジャンス時代からルイ15世時代に活躍した有能な建築家ですが、現存する作品は少なくこの館の内装は貴重なものです。窓間・壁面・扉などの面を飾る手の込んだ木彫パネルをボアスリーといいます。






06

王太子の楕円形サロン (Salon Oval du Prince de Soubise)
ボフランは、ドラメールの古典的スケルトンに際立ってロココ的な装飾を持ち込みました。この館には同じ形のオーバル(楕円形)のサロンが二つあり、どちらも明るいグレイッシュグリーンで仕上げられていますが、この王太子のサロンは白の石膏レリーフと白のボアスリーという控え目なインテリアとなっています。






07

王女の楕円形サロン(Salon Oval de la Princesse de Soubise)
王太子のサロンと同じアルコーブのあるアーチ型のフランス窓、それに合わせた大きな鏡、迫り上げの天井という構成ですが、ボアスリーは金塗装でレリーフの部分は多色の壁画になってます。このサロンはパリ市内にあるロココ様式のサロンとしては最高の傑作といわれています。








08

王女の楕円形サロン・部分 (Detail, Salon Oval de la Princesse de Soubise)
迫り上げ天井、湾曲したコーニス、アルコーブ、鏡、窓間などに華麗なフェスツーン(花綱飾り)やメダイヨンを象ったボアスリーがびっしりと飾られ、いたるところにプッティ(子供群像)が戯れています。今は家具調度もほとんど置かれていないサロンですが、18世紀装飾技術の到達点を見せています。






09

王女の楕円形サロン・ボアスリー (Boiserie, Salon Oval de la Princesse)
白と金の色彩的な対比、古典的なモールディングの線と動きの激しい花・葉・蔓の線の形態的な対比、それに付加した柔らかな白い彫像と多色の壁画など、たいへん多様な技法が使われています。ボフランは師のアルドゥアンほどメジャーな仕事は手掛けていませんが、18世紀前半を代表する建築家です。






10

大公妃の寝室 (Chambre de la Reine)
スービーズ大公妃の寝室です。オーバルのサロンのような奔放さはありませんが、格調を重んじる中にも、繊細なボアスリーや流れるように湾曲した手摺の細工などに、ロココ的な優しさが見うけられます。ベッドヘッドやキャノピーの布使いも控え目な表情で、上品なインテリアになっています。












戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com