ポール・ゲッティー美術館(2)
J.Paul Getty Museum


戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「ポール・ゲッティー美術館 J.P.Getty Museum」はインテリア学習者の教材用に1998年に作成したスライド集を再編集したものです。
1.本編はポール・ゲッティー美術館に収蔵されている装飾美術の主要作品を収録した。
2.調査は1996年から98年、編集・解説記述は98年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

 1993年、ロスアンゼルス近郊のマリブにある『ゲッティーヴィラ』を初めて訪ねました。海岸近くの静かな住宅地にある素敵な美術館でした。大富豪J.ポール・ゲッティー氏が、1976年に死去したという報道も記憶に残っていましたし、彼が残したコレクションが、ローマンヴィラの復元建物に公開されていることも知ってはいましたが、この訪問は極めて印象的でした。パリ、ロンドン、ニューヨークなどの名だたる美術館、博物館には何度も足を運んでいますが、J.P.ゲッティー氏の美術館は、展示館そのものが美術品という、まったく違う感激を与えてくれました。
 一人の富豪が、自身の趣向でコレクションし、まったくプライベートな美術館を作り上げるというダイナミックなアメリカンドリームの『精華』を目にしたのです。J.P.ゲッティー氏の事業展開がどのようなものであったのかは、良く承知しておりません。いろいろ際どいこともあったのかも知れません。でも、このような『精華』を残してくれたことは、極東の一市民にとっても誠にありがたいことです。富豪の道楽から始まったのでしょうが、きちんとしたキュレーターや研究者も身近にいたのだろうことは、コレクションを見れば分かります。我々の知らないクリスティーズとかサザビーズとかのオークションの世界で、蒐集が続けられていたのでしょう。一人の人間のたかだか50年ほどの活動期に、これだけのコレクションを残すにはかなりの精力を傾注したでしょうし、詰まらない失敗もあったことでしょう。お金が文化に変わる過程は想像がつきません。
 今回の「ゲッティーセンター」の計画と建設は、ヴィラを訪ねた帰り道に眺めておりましたが、こんな規模で出現するとは思いも掛けませんでした。遺産を管理する財団も、素晴らしい仕事をしてくれました。建築家のマイヤー氏、インテリアデザイナーのデスポン氏の丁寧な仕事は、私たちを優しく迎えてくれます。美術館自体の規模はそれ程大きなものではありませんが、装飾美術部門の美しい展示は本当に嬉しいものです。
 J.P.ゲッティー氏は、フランスの装飾美術、17世紀から19世紀にかけての華やかな展開をコレクションのテーマにしています。このようなコレクションは、本場のパリではもちろん、ニューヨークでも見ることができますが、ゲッティー美術館ほど美しく展示し、楽しく見せてくれる所はありません。ロスアンゼルスという、私たち日本市民にとってはもっとも親しい海外都市に、このような公開性の高い美術館ができたことは、自分たちの文化資産が拡大したような気にさえなります。
 このスライド教材は、装飾美術部門の中でも家具を中心に編集し、インテリア学習中の生徒の方々がロスアンゼルスを訪問する時の参考資料となることを意図したものです。
スライドの写真は美術館資料写真の複写です。自前で撮影したものも大量にあるのですが、仕上がり具合はプロのものには適いません。今回はギブアップして、複写で紹介します。撮影者は次の方々です。
Jack Ross, Charles Passela, Ellen Rosenbery, Louis Meluso, Arex Vertikoff
解説文は、主としてAcknowledgementsに記載した資料を参考にしていますが、今回はかなりの思い入れと若干の独断を込めて作成しました。(松本 茂 1998年4 月1 日)


36

猿と二人の子供がいるシャルル・クレッサンのコモード− 1735-40年頃
(Hotel Carnavalet)
シャルル・クレッサン(Charles Cressent 1685-1768)は、レジャンス期を代表するエベニストです。彼は、サンルック・アカデミー(聖ルカは画家の守護神)で本格的に彫刻を習得していましたので、飾り金ブロンズ(オルモル or moulu)の彫金も自分でやらないと納得できなかったようです。この二人の子供と真ん中の猿が嗅ぎ煙草を奪い合ってる金ブロンズも彼の作です。オルモル職人の組合とはたびたびトラブルを起こし、制裁金も支払っていますが、自分の工房にオルモル職人を雇い入れるなどして凌いでいました。クレッサンは、コモードやデスク(bureau plat)などにたくさんの習作を残していますが、自らの工房で企画製作し、在庫商品のカタログを発行して売り立てをやっています。1748年、57年、65年の売り立ては特に成功したとの記録が残っています。このコモードは、1756年のカタログにNo.132の商品として記載されています。トップは「ブレシェダルプ(breche d'Alpe)」というヴァイオレットの大理石が使われています。この大理石は、この時期の彼の作品でしばしば使われているお気に入りの材料です。
(H:902 W:1,365 D:648)


37

ヴェネチアの金塗装のアームチェア− 1730-40年頃
このイタリアンロココの肘掛椅子も作者は同定できていません。しかし、アントニオ・コッラディーニ(Antonio Corradini,1700ca-1752)の作風に非常に良く似ています。コッラディーニは、有名な木彫師アンドレア・ブルストロン(Andrea Brustoron,1662-1732)の忠実な後継者で、最後のブチントーロ(ヴェネチア頭領ドージェの儀式用のガレー船・コレ美術館で公開されている)の装飾者として知られています。
彼は、カ・レッツォニコにもたくさんの肘掛椅子、コンソール、テーブル、スローンなどを納めていて、ここの1700年代博物館で、いろいろなイタリア時代家具といっしょに目にすることができます。
この金塗装のアームチェアは、バロックのダイナミックな形態が、ヨーロッパロココの優美さを吸収し始めた過渡期のものの一つです。骨組みはウォールナットとパイン材に金塗装。ジェノア・ヴェルヴェットの張地は後代に復元張り替えたものです。
(H:1,400 W:860 D:870)




38

時計とファイル棚の付いたBVRBのスタンプのあるビュロー−1740年頃、時計1746年
BVRBというスタンプのある家具は、ルイ15世時代を代表するほどのものですが、このイニシアルが何を表すのかは、美術史家バローリの1957年の解明でやっと明らかになったばかりです。オランダから移住した家具職人ベルナール・ファン・リーセンブルフ1世は、1696年以前にフォーブルサンタントワーヌ街(現在でも家具職人の街)に工房を開いていることが分かっていますが、その息子ベルナール2世(Bernard II van Risenburgh 1696-1766)の時代からBVRBのスタンプを使ったようです。この真っ黒な家具は、オーク材にヴェルニ・マルタン(vernis Martin)というマルタン兄弟によって開発された、東洋の漆塗りを真似た技法で仕上げられています。この仕上げ技法は、ロココ時代のシノワズリー趣味によって、一世を風靡したものです。時計の両脇につけられた中国女性像もマルタン兄弟の作と推定されます。中央部のオープンの棚は、書類束の入った革張りボックスを収納したもので、現代のファイリングキャビネットとでもいえるものです。上部の時計装置はエチエンヌ・ルノアール (Etienne Le Noir 1699-1778)のものですが、ケースの作者は同定できていません。
(H:1,920 W:1,030 D:410)


39

ジャン・ピエール・ラッツのサテンウッドのコモード− 1745-49年頃
ラッツ(Jean-Pierre Latz1691-1754)は、1970年のヘンリー・ホーリーの研究でその業績が明らかになりました。それによると、彼はケルン近郊の生まれで、1719年にパリに移住し、36年にフランスに帰化しています。ケルン時代からマルケトリーの名手で、ロココ時代の家具師として大きな成功を納めました。特に時計ケースには逸品が多く、ブールマルケトリーの華麗な作品を残しています。この優美なコモードにはスタンプが欠落していますが、これと全く同じものがローマのクイリナーレ宮にあり、ラッツの作と同定できます。
(H:877 W:1,515 D:650)


40

ドイツ製のコモード…ヨアキム・ディートリッヒ作−1745年頃
ミュンヘンの家具師ディートリッヒ(Joachim Dietrich ?-1753)の作とされるこのコモードは、バヴァリア選定侯マックス・エマニュエルお抱えフランス人建築家・版画家フランソア・ド・キュヴィリエ(Francois de Cuvillies 1698-1767)の影響を強く受けています。キュヴィリエは、選定侯の趣味もあり、当時のドイツでのフランスロココの流行を仕掛けたデザイナーで、ニンフェンブルク宮の狩猟館なども造っています。
このコモードは、松材をジェッソー(gesso硬質石膏)で平滑にして白塗装しています。ドイツでは通常、木彫に金塗装ですませていた部分に、フランス風にオルモルを使用するなど、パリのコモードを強く意識しています。バイエルン地方は、古くから家具工芸の盛んな地で、多くのドイツ人がその技術を抱えて、パリに移住し王室の寵愛を受けるまでに成功しています。このコモードは、ペアで蒐集されています。
(H:832 W:1,260 D:619)


41

BVRBの変わった形の飾りキャビネット− 1745-50年頃
このBVRBのスタンプのあるキャビネットは、オーク材にサテンウッド、アマランス(紫檀)、桜材で化粧張り、オルモルで飾り縁取りされています。上段の金属ネット(後代に張り替えてある)の中には、貴重な蒐集品、陶磁器やブロンズのアートワーク、珍しい自然産物などを飾ったもののようです。真ん中に引き出せる甲板がありますので蒐集品の観賞などをしたのでしょう。
18世紀までは、このような通常の家具にガラスを使用することはなく、金属ネットが普通でした。唯一、時計文字盤のガラスだけには例外的に使用されました。パリのガラス工場(フォーブル・サンタントアーヌ街…家具職人の街)では17世紀から板ガラスの生産を手掛け、1678年にはヴェルサイユ宮に鏡のギャルリーを造るまでになりましたが、エベニストたちはガラスの使用には永く否定的でした。このキャビネットもペアで蒐集されています。
(H:1,490 W:1,010 D:483)




42

フランソア・トーマス・ジェルマンの壁付き燭台−1756年頃
この壁付き燭台は、1756年に8 個セットで作られ、オルレアン公のパレ・ロワイヤルに納められています。菩提樹の枝にリボンを結んだ柔らかな曲線のデザインは、当時ロワイヤル宮を改装中だった建築家、ピエール・コンタン・ディヴリーによるものと考えられます。この金ブロンズは、ルーヴル宮にあったジェルマン(Francois-Thomas Germain 1726-91)の工房で製作されたと刻印されています。ジェルマンは、1748年に王公認のブロンズ彫刻師(orfevrier du Roi)になっています。オルフェブルは装飾美術の重要な部門で、高い地位を得ていました。この燭台は、1762年のディドロの百科全書にも記載されています。
18世紀末には、王の意向でマリー・アントアネットのコンピエーニュ宮の私室に移されています。
(H:996 W:632 D:410)






43

シチリアで作られた壁付きサイドテーブル−18世紀中葉
ロココはイタリアにも大きな影響を与えています。この南イタリア、シチリアのテーブルは、さすがにバロックの本家らしく、その躍動感は見事です。細部の細工より、大きくはらんだ脚部、それを繋ぐストレッチャーの力感などにイタリアロココの本質を見ることができます。ライムウッド(木目が細かくシナの木しに似た樹)に銀塗装ですが、オリジナルは金塗装だったようです。南イタリアでは金塗装が高価で使いきれなっかったようで、金を真似た黄色い塗装を使っています。貧乏人の金といわれたこの手法を嫌って、後代に銀塗装をかぶせたようですが、その上にニス塗りで仕上げてありますので、あたかもトッフィーキャラメルのような味が出ています。トップはライムストーン。製作者は同定できていません。
(H:1,040 W:1,830 D:780)


44

ジャック・デュボアの時計付きコーナーキャビネット− 1744-53年頃
この食器用のキャビネットは、ロココ初期の建築家・装飾家ニコラ・ピノー(Nicolas Pineau 1684-1754)のドローイングを基にした、ジャック・デュボアの製作になるものですが、過剰な装飾と3 m近い大きさは、当時のパリジャンには好まれず、ワルシャワの家具商ルーリエを通してポーランド将軍、ヤン・クレメンス・ブラニッツキ伯爵に売り込んだものです。ブラニッツキ宮殿では、この大きなキャビネットに合わせたタイル張りのストーブをペアにして設置していたようです。これには、デュボア(Jacques Dubois 1694-1763)のスタンプ(I.DUBOIS)も付けられています。デュボアの母はエベニストの家系で、著名な親方を輩出しています。彼も早くにフォーブル・サンタントアーヌに工房を構えますが、親方になったのはかなり遅く、1742年48歳の時でした。1763年、仕事中に足場から転落して事故死しています。彼の息子ルネ・デュボアは、ルイ15世時代に活躍しています。時計はエティエンヌ・ルノアール。文字盤はニコラ・マルティニエール。
(H:2,895 W:1,295 D:720)






45

BVRBの珍しい形の対面式ビューロー(スクレテール)−1750年頃
これはたいへん珍しい対面式のビューローです。BVRB(ベルナール・ファン・リーセンブルフ2 世)は、様々なタイプ、用途の家具を作っていて、卓面が手前に倒れるビュロー(スクレテール・アン・パントsecretaire en pente)にも銘品が幾つもありますますが、このタイプは珍しいものです。柔らかなサテンウッドの斜め張りに、草花のシルエットを浮き上がらせたマルケトリー、優美な金ブロンズが、この大きなスクレテールの異形を救っています。
BVRBの家具は宮廷の女性たちに愛され、フランソア・ブーシェが描いた有名なポンパドール夫人の全身肖像(1756年)にもその小テーブルが登場しています。
(H:1,078 W:1,587 D:847)


46

トルコ風のベッド−1750-60年頃
とても大きな「ベッド」です。一見ソファのような形をしていますが、奥行きが188cmもあるので、ベッドヘッドが3面にある、つまりたてにも横にも臥せることができるベッドです。写真でも分かるように、ピローが3面についています。このようなスタイルのベッドは、主人が横になったまま接客できるところから「トルコ風」と称したのでしょう。
この作品はティリヤール (Jacques-Jean-Baptiste Tilliard, 1723-1798) によるもので、木部はブナ材に精巧な彫刻を施し、金塗装しています。座面の下にはキャスターが見えていますが、この巨大なベッドを接客のために移動しながら使ったことが分かります。張り地はシルクですが、近年に張り替えられたものです。
(H:1,740 W:2,648 D:1,880)


47

ジョセフ・ボーマウアーのシノワズリーのコモード−1750年頃
ボーマウアー(Joseph Baumhauer -1772)の出自と若年時は何も解明されていません。名前からドイツ出身と思われますが、1745年にムニュジエ一家の女性と結婚し1749年には「王の家具商人(marchand-ebeniste privilegie du roi」の称号を得ています。自分の姓(ドイツではバウムハウアー)がフランス人に発音しにくいことから、フォーブル・サンタントアーヌの工房の名は、「ラ・ブール・ブランシュ」(La Boule Blanch…白い球…賛成は白球、Charles Boulleの名にも掛けている)と名付け、スタンプはジョセフとしています。このシノワズリーのコモードには、日本の家具の蒔絵漆仕上げのパネルを転用しています。継ぎ目は金ブロンズで巧みに隠し、全体の構成は、完全なフランスのシノワズリーにしています。東洋の漆とヴェルニマルタン(パリの漆)が同居している貴重な家具です。家具商人シャルル・ダルノーのスタンプがあり、ボーマウアーに帰属することが確かめられています。
(H:883 W:1,461 D:626)


48

ドイツ、アブラハム・レントゲンの精巧な書き物テ−ブル− 1760-65年頃 アブラハム・レントゲン(Abraham Roentogen 1711-93)は、ラインランドのノイヴィードに工房を構えた、ドイツでも有数の家具師です。息子のダヴィッドも、父を超えるまでの家具師となり、フランス、ロシアにも顧客を持つまでになっています(後述)。この書き物テーブルには、いろいろな仕掛けがあり、複雑に作動します。天板は自由な角度に傾斜でき、その下の浅い引出しと共に、高さがレバーによって変えられますし、中段には8 つの小物入れが筆記用具などを収容するようになっています。天板を平らにし、中段の位 置まで高さを下げると、まったく普通のペデスタルの小テーブルに見えます。パイン、オーク、ウォルナットを使い、パリサンダー(暗褐色のローズウッド)、アルダー(ハンノキ)エボニーなどでダイヤモンド形のマルケトリー仕上げをし、トップ中央に象牙、真珠貝、真鍮などで紋章を象眼しています。紋章には、神聖ローマ帝国の皇子ヴァルダードルフ(Johann Philipp Churhurst von Wanderdorff)のモノグラム<JPC>が読み取れます。皇子はアブラハム・レントゲン工房の優良顧客で、1750年からの10年間に、20本の家具を購入しています。
(H:768 W:717 D:498)


49

ジャン・フランソア・エーバンの書き物兼化粧テーブル−1754年頃
18世紀を代表するようなエーバン(Jean-Francois Oeben 1721-1763)も生年月日(1721.10.9) だけは分かっていますが、若年期の詳細は解明されていません。オランダ生まれで14,5歳でパリもしくはラインランドで家具修行にはいったと考えられていますが、パリで頭角を表し、1749年には有力家具師の娘フランソアーズ・マルグリット・ヴァンデルクルーズと結婚しています。51年から54年にはブールの工房に入り、54年には「王の公認エベニスト」の称号を得、ルーヴルのギャルリーやゴブランに工房を持つなど、ルイ15世の寵愛を受けています。エーバンも仕掛け家具が得意で、この小さなテーブルも、天板が後ろにスライドし、テーブル幅いっぱいの引出しを手前に引くと、別の天板が現れて、卓面を拡大します。内部には、淡いピンクのシルクを張った小物入れが備わっています。表面のトレリスパターンのマルケトリーは、エーバンのもっとも得意とする技術で、当時の宮廷で高い評価を受けました。ポンパドール夫人も、このテーブルに良く似たものを所有していました。
(H:711 W:800 D:428)


50

ジョセフ・ボーマウアーの初期新古典様式のキャビネット−1765年頃
このキャビネットは、1750年のコモードと一変して古典建築志向のデザインです。時代潮流にいち早く対応した「ブール・ブランシュ」の活力を感じます。ドアの生地蒔絵は17世紀の日本のもので、かなり高価な材料を使っていることが分かります。隅切りした角に付けられたイオニアオーダー風ピラスターのフルーティング(彫溝)には銅が象眼され、オルモルと重厚な対比を示しています。オークの下地に、エボニー、チューリップウッド、アマランスで化粧仕上げし、木地蒔絵に合わせたヴェルニ・マルタンで塗装しています。トップは、マーブルではなく、オレンジと黄色の碧玉が使われています。
新古典志向は、1748年から始まったポンペイなどの遺跡の発掘、ピラネージ等による古代ギリシャ、エトルリア、ローマの遺跡の詳細な紹介、あるいはルイ14世時代のグランドマナーへの回帰願望などに触発されて、60年代から始まっています。
(H:896 W:1,202 D:586)


51

ジル・ジョベールの4脚獣足の大きなコモード−1769年
ジル・ジョベール(Gilles Joubert 1689-1775)は、フォーブル・サンタントアーヌのムニュジエ、ピエール・ジョベールの子として生まれ、1702年13歳でマルケトールのピエール・ダヌーに弟子入りし、エベニストの道を目指しています。1714年にエベニスト一族の娘と結婚してシテに移り、1722年にはパリ中心部サントノーレに工房を構えます。ルイ15世の家具庁への納入実績を見ると、1771年には80,000リーブル(現在の邦貨で5億位か)に達しています。1763年には王公認のエベニストとなり、74年に85歳で引退するまでの26年間に 4,000本もの家具を宮廷に納め、リースネルを凌ぐ家具師として知られていました。このコモードは、1769年8 月28日にヴェルサイユ宮の王女ルイーズの寝室に納入されたと宮廷家具調度品調書に記録されています。それによると、これはペアで納められ、コントルパルティマルケトリーのものがあったようですが、現存していません。
(H:935 W:1,810 D:685)


52

ヴィクトル・ルイのデザインによる金属製のコンソールテーブル− 1765-70年頃
このテーブルのデザインは、新古典派の建築家ヴィクトール・ルイ(Victor Louis 1737-1807)による、ポーランド王スタニスラウス・アウグスト・ポニアトウスキーのための1766年のドローイングによって製作され、69年にワルシャワの王宮に納入されています。
このコンソールテーブルには製作者の刻印はありませんが、ピエール・ドーミエ(Pierre Deumier 1760年頃始業)が、1763年に出した新聞広告に記載されている製品の技法に極似していますし、また彼の工房は、1766年から68年の3 年間に、ワルシャワの王宮に25,714リーブル(1億6000万円)の家具を納入していますのでので、彼の作と同定しています。すべて金属によって家具を製作することは、金ブロンズの持てはやされた新古典様式の時代でもたいへん稀なことで、現存するものもわずかです。ピエール・ドーミエは、稀少の金属家具師といえるでしょう。
(H:835 W:1,295 D:520)


53

フィリップ・クロード・モンティニーのブール・リバイバルのスクレテール− 1770-75年頃
フィリップ・クロード・モンティニー(Philippe-Claude Montigny 1734-1800)は、シャルル・ブールの死後2 年目に生まれた、次々世代の家具師ですが、32歳の若さで親方資格を得ています。新古典趣味の当時、流行に敏感な貴族たちの間では、チエンヌ・ルヴァッスール(Etienne Levasseur 1721-98)なども見事なブール・リバイバルを手掛けていますが、モンティニーはその第一人者とされて、1777年のパリの新聞に紹介されています。この家具は、前引倒し式スクレテール(scretaire a abattant)で、完全な新古典様式、当時のギリシャ趣味(gout grec)ですが、正面と側面のパネルは、1680年代のブール製作のテーブルトップを再生したものです。正面は短辺方向、側面は長辺方向に二分割して使用しています。このような手法はさほど珍しいことではなく、家具工房では古い時代の家具部材をしばしば再利用していました。
(H:1,415 W:845 D:403)


54

イタリアで製作された壁付きサイドテーブル− 1760-70年頃
このイタリア製作のテーブルは、極めて個性的な作品です。新古典趣味の外にあったイタリアで、フランスロココの影響に変化が現れてきた様子がうかがえます。外側に4 本、内側に2 本、計6 本の脚を持ち、ストレッチャーが複雑に繋いでいます。それぞれの脚にはアカンサスの葉や子羊の頭部、輪になったガーランドが飾られています。これらのモチーフや、トップレールの幾何的な装飾エレメントには、新古典流行の影響が見られます。
当時はピラネージ(Giovanni BattistaPiranesi 1720-78)によって、エトル  リアやローマの古代文化の優越性が広く伝搬していましたので、この素晴らしい技術を持った家具装飾家にも、新たな刺激を与えたものと考えられます。
(H:1,050 W:1,530 D:740)


55

ルネ・デュボアの引倒し式スクレテール−1775年頃
ジャック・デュボアの二人の息子ルイ(1732-?)とルネ(Rene Dubois 1737-99)は、1755年には早くも親方の資格を得ていますが、長子ルイはサン・ルックアカデミーに所属し、若くしてストーブの製作者に転向します。1763年ルネが26歳の時、父が事故死したため母のマリー・マドレーヌが家業を見ていましたが、1772年ルネは銀細工師の娘バルブ・マルグリットと結婚し、その持参金10,000リーブルをもとに、父の在庫品と工房を25,002リーブルで母から買い取り、工房主となっています。彼は、マルシャン・メルシェ(marchand-mercier)という宮廷出入りの仲買人(marchand-mercier)からの仕事を中心にして、大革命による王室の崩壊(1792)まで50年以上もその工房の事業を継続させました。
このスクレテール(scretaire a abattant)は、単純な長方形を基本とし、上段にガラスドアの付いた飾り棚、中段はピジョンホール(仕切りのある書類棚)と引倒し天板、下段はカップボードになっています。4 枚花弁(quqtrefoils)で構成したマルケトリーには、真珠貝でアクセントを付けています。トップはグレーのマーブルです。
(H:1,600 W:702 D:337)





56

マルタン・カルランの燭台付き可動式譜面台− 1770-75年頃
マルタン・カルラン(Martin Carlin 1730ca-1766)も、フランス出身ではなく、父親はスイス・フリブールの大工で、彼はバーデンで生まれと考えられています。度のような経緯でパリに出てきたのかは何等解明されていません。1759年には、ドイツ、オランダ系の職人たちとパリに居住していて、エーバンの妹マリー・カトリーヌと結婚したことだけが分かっています。結婚当時はまだ日当職人でしたが、エーバンやヴァンデルクルーズの支援で力を付け、エーバンが42歳で双生早世した1763年にはフォーブル・サンタントアーヌに「白い鳩(la Colombe)」という工房を構えています。ヴェルニ・マルタンや陶片(plaques)を使って、新古典スタイルやシノワズリーの軽快で優美な家具を多数造っています。
この譜面台には自由に動く燭台が付けられ、譜面卓はその角度と高さが変えられるようになっています。このようなカルランの洗練された新古典のスタイルは、エトルスクスタイルとかアラベスクスタイル(style etrusque,arabesque)と呼ばれました。
(H:1,486max,942min W:502 D:368)







57

マルタン・カルランの陶板で飾られた引倒し式スクレテール−1776,7年頃
マルタン・カルランは、長方形スタイルの引倒し式スクレテールを様々なバリエーションで造っていますが、このタイプのものはそれほど多くありません。両サイドのオープンな棚はマルケトリーで化粧され、レールが付いていて、ちょっとした身の回りの物を置いたのでしょう。フロントを引倒すと小さな引出しとピジョンホールがあります。フロントには2 枚の長方形の陶板、台部の引出し前板には3 枚の小さな陶板が飾られて、このスクレテールの印象を決めています。この陶板はルイ15世がポンパドール夫人のためにセーヴルに作った王立工場で製作されたものです。パリの陶磁器製造は、西郊外のヴァンセンヌ工場で行われていましたが、ここの軟磁器に満足せず、新たな工場を東郊外のセーヴルに工場を作り技術開発を進め、ブルー・ド・セーヴル(blue de Sevres)などを作り出しました。
(H:1,079 W:1,030 D:355)



58

フランチェスコ・アントニオ・フランツォーニの大理石のテーブル−1780年頃
フランチェスコ・フランツォーニ(Francesco Antnio Franzoni1734-1818)は、18世紀第4 四半期に活躍したローマの彫刻家・修復家です。かれのデザインには、古代ローマ、イタリアの古典的なモチーフが独創的に採用され、新古典装飾のエレメントと見事に融合しています。
ヴァチカンにあるピオ・クレメンティーノ美術館で、古代の彫刻や装飾美術品を修復するばかりか、美術館内のファーニシングでも実績を残したことで知られています。このテーブルは翼を持った2 匹の小羊が、スワッグ(花飾りswags)を付けて大きなテーブルトップを支えています。(このスワッグがなければ、重いトップは小羊の脚だけでは支えられない)彼は大理石産地カラーラ(Carrara)の生まれだけあって、素晴らしい石材を象徴的な小羊の姿に変えています。トップはアプアン・アルプスのメディチ家の石切り場で産する礫岩(breccia Medicea)です。
(H:1,000 W:2,000 D:810)


59

ドンキホーテ物語シリーズのタペストリー<サンチョ・パンサのバラタリア島入城>−1771-72年
このタペストリーはセルバンテス(Miguel de Cervantes Saavedra, 1547-1616)の有名な物語のひとつの情景を描いたものです。ゴブラン工場では、1717年から1794年にかけて、著明な画家コワペル(Charles-Antoine Coypel, 1694-1752)が描いた28枚の下絵によって、ユーモラスな騎士道冒険物語のタペストリーを作製していました。素材はウールとシルクです。
この作品には1772年作製の表示がありますが、同時に作られた3枚はルイ16世によってザクセテッシェン公爵夫妻(夫人はマリーアントアネットの妹)に贈られています。


60

ギヨーム・ベネマンのピエトル・デュールのあるコモード−1788年
ギヨーム・ベネマン (Guillaume Beneman -1811)もドイツ出身と考えられますが若年時は不明です。ドイツで修行した後パリに移り、フォーブル・サンタントアーヌで手間職人をしていましたが、1784年に宮廷家具庁から修繕仕事を受注して腕を認められ、鋳物師、彫金師、塗金師、錠前師、石彫師などの手間職人のチームを作り、ダゲール(有力な家具納入商人)の注文を受けるようになり、1785年には王のエベニストの称号も受けています。このコモードは、サン・クルーのルイ15世の寝室にペアで納入されたものの一つです(ダゲールの納入価格はペアで 5,954リーブル、なんと 3,500万円)。オリジナルの仕上げは、4 枚の蒔絵漆とヴェルニ・マルタンでしたが、革命後にピエトル・デュールに変えられています。ピエトル・デュール(pietre-dure)はマーブルの寄木細工で、16世紀のフェレンツエとローマで発展したものですが、ルイ14世の時代にパリのゴブラン王立工場に技術が導入され、家具などにも使われるようになりました。
(H:922 W:1,654 D:641)


61

ダヴィッド・レントゲンのロールトップのスクレテール−1785年頃
アブラハム・レントゲンの後継者、ダヴィッド(David Roentogen 1743-1807)は、父親が1750年に設立したノイヴィードの工房を72年に引き継ぎ、中央ヨーロッパ一帯からポーランド、ロシアにまで販路を広げ、1774年には初めてパリに出かけ、新古典流行を吸収するだけでなく、顧客開拓にも成功します。1775年から79年の間にロートリンゲン公から大きな注文を受け、79年の再訪門では、「王と王妃のエベニスト・メカニシャン (ebeniste-mecanicien du Roi et de la Reine)」という称号を受け、宮廷にも大量の納入を始めています。
このスクレテール(secretaire a cylindre)は、複雑な仕掛けが仕込まれていて、ロールトップを開けると隠しボタンやレバーの操作で様々な引出しなどが自動的に動くようになっています。
(H:1,683 W:1,559 D:893)


62

ダヴィッド・レントゲンのロングケースの音楽時計− 1784-86年
ダヴィッド・レントゲンには、ペーター・キンツィンク(Peter Kinzing 1745-1816)という同年代の時計師・メカニシャンの協同者がおり、仕掛け家具の装置を製作していました。今見たスクレテールの仕掛けもキンツィンクの仕事です。この音楽時計の時計装置には"Roentgen & Kinzing a Neuwied"という刻印が、音楽装置には"Jean Guillaum Weyl Fait a Neuwied le 16 May178?"の刻印があります。(Johann Wilhelm Weil 1756-1813)この時代は、家具師たちが競って複雑な機械操作のある家具を造っていましたので、高度な機械製作のできる職人は、重要な協同者であったようです。
この音楽時計の古典建築構成の上部バラストレードに囲まれたケーストップには、アポロンの金ブロンズ像が乗っていたと思われます。アポロン像のある時計ケースは、レントゲン工房の人気商品でした。文字盤は鎌を持ったクロノス神(時と世界を支配した)の浮き彫り像が支えています。文字盤の上のガーランド(花飾り)は、季節の変化を示し、その上にあるフリーズの4 つのメダルは、昼と夜を示すようになっています。
レントゲン工房は、機械仕掛けの家具と大掛かりな時計付きの家具などを得意としていました。
(H:1,920 W:640 D:545)


63

パランのライムウッドのデモンストレーション木彫パネル−1789年
この神業ともいえるようなライムウッドの木彫は、彫刻師の技量を見せるための一枚厚板浮き彫りです。ライムウッド(limewood)は、彫刻用の素材として理想的な木目の詰まった、しかもさほど堅くない樹種で17世紀から好んで使われました。この作者オゥベール・アンリ・ジョセフ・パラン(Aubert-Henri-Joseph Parent 1753-1835)は、1777年にルイ16世に一枚の木彫パネルが逸品として受け入れられて以来、ヨーロッパ全域にリアルな表現の名匠として知れわたりました。彼は1784年から88年までイタリアに滞在し、古典彫刻の神髄を学んでいます。
この木彫浮き彫りは、古典を模した柱脚の上に同じく古代風の壺に花を盛り、巣を狙う蛇と戦う雄の小鳥と巣を守る雌の小鳥を配しています。毛を逆立てた小鳥の動物的心情と、小さな花弁、繊細な葉脈などの植物の生命が見事な調和と演劇的効果を強めています。
(H:694 W:479 D:62)


64

パランのライムウッドのデモンストレーション木彫パネル(部分)
パランはその姓(PARENT)、英語読みではペアレントつまり両親を意味していますが、蛇から巣を守る2羽の小鳥の両親に自らの姓を潜ませるという、かなり凝ったテーマ選択をしています。しかも、巣に籠るフランス人民を、人民の親である国王ルイ16世と王妃マリー・アントアネットが怠惰から抜け出し、ヨーロッパ列強の威圧を撥ね除けて戦ってほしいという、革命前夜のフランス王室に対する政治的メッセージも含んでいます。ライムウッドという、ディテール表現に優れた淡い色の素材の上に、古代の柱脚と壺は平面的表現で抽象化して遠くに追いやり、蛇と小鳥はドッシリとした躍動感で表し、花や葉の植物表現は、立体彫り、深浮き彫り、浅浮き彫り、背景に沈み込むような微かな彫りという多彩な技法で見せています。16世紀から花開いたフランス装飾美術が、これだけの技量に支えられていたのだという、時代のデモンストレーションとして貴重なコレクションです。


65

パランのもうひとつのデモンストレーション木彫パネル−1791年
このパネルは、3年後1791年の作品です。蛇と戦った親鳥は死に絶えていますが、巣はかろうじて残っていますが、卵は孵化するのでしょうか。1791年という、国王のヴァレンヌ逃亡事件で大きく揺らいだフランスの国家体制を揶揄するかのような、きわどいテーマを選んでいます。鎖に繋がれた君主制の権威を示す2枚のメダルが目を惹きます。
(H:587 W:397 D:57)










66

ピエール・フランソア・フォーシェールのウォールライト(壁付燭台)−1787年頃
ピエール・フランソア・フォーシェール(Pierre-Francois Feuchere 1737-1823)は、1763年に26歳で親方資格を得た、18世紀後半に活躍した金ブロンズの名人です。
このウォールライトは、1787年パリの王室家具庁の建物(リヴォリ通り、現在は海軍省)にあった、総監督ティエリー・ド・ヴィル・ダヴレイの寝室に納められています。次の年1788年には、彼はこれと同じ形のウォールライトに、ハートを捧げるエンゼルを付けた3 本目の枝を追加したもの4 台を、サン・クルー宮のマリー・アントアネットの化粧室に納めました。この3 本枝のウォールライトは、ルーヴル美術館のコレクションにあります。
ゲッティーのウォールライトは、ペアで蒐集されています。
(H:616 W:320 D:185)


67

アンドレ・ガールの『魚のシャンデリア』− 1818-19年頃
アンドレ・ガール(Andre Galle 1761-1844)は、ルイ16世からナポレオン帝政、王政復古期にかけてたくさんのブロンズ彫刻を、王や皇帝の宮廷に提供し続けました。それと同時に、このシャンデリアを含めて、パリの産業博覧会にも先端的作品を出品しています。
これは王政復古期ルイ18世時代の作品ですが、「魚のシャンデリア(lustre a poisson)フランス工業製品博覧会(Exposition des produits de l'industrie francaise)」という刻印があります。金色の星をちりばめたブルーの円球につり下げられた鉢には金魚をいれるように意図されていたので「魚の…」と銘打ったのです。ガールは金魚の絶え間ない動きが目を楽しませると説明しています。ルイ18世の金魚嫌いを承知して出品したようです。
ブルーの円球は、12の星座を彫った金ブロンズのゾディアック(黄道帯)を持ち、宇宙を表しています。このシャンデリアの装飾モチーフ、グリフィンや星座の象形は、ペルシェとフォンテーヌ(第1帝政期の人気建築家)の「インテリア装飾全書, 1801年」の挿図から取られたようです。
(H:1,295 Diameter:965)





Acknowledgements:

"Masterpieces of the J. Paul Getty Museum, Decorative Arts"; Charissa Bremer-David, Catherine Hess, Jeffrey W.Weaver, Gillian Wilson, 1997

"The J. Paul Getty Museum and Its Collection, A Museum for the New Century"; John Walsh and Deborah Gribbon, 1997

"The Getty Center Decorative Arts Galleries, Thierry W.Despont's Classical Space in Los Angeles' Modernist Museum"; Hunter Drobojowska Philip,'Architectural Digest', December 1997

"French Furniture Makers, Art of the Ebeniste from Louis XIV to the Revolution"; Alexandre Pradere, Translated by Perran Wood, 1989, Ste Nlle des Edition du Chene



ポール・ゲッティー美術館(1)

戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0005 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com