ポール・ゲッティー美術館(1)
J.Paul Getty Museum

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「ポール・ゲッティー美術館 J.P.Getty Museum」はインテリア学習者の教材用に1998年に作成したスライド集を再編集したものです。
1.本編はポール・ゲッティー美術館に収蔵されている装飾美術の主要作品を収録した。
2.調査は1996年から98年、編集・解説記述は98年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。


 1993年、ロスアンゼルス近郊のマリブにある『ゲッティーヴィラ』を初めて訪ねました。海岸近くの静かな住宅地にある素敵な美術館でした。大富豪J.ポール・ゲッティー氏が、1976年に死去したという報道も記憶に残っていましたし、彼が残したコレクションが、ローマンヴィラの復元建物に公開されていることも知ってはいましたが、この訪問は極めて印象的でした。パリ、ロンドン、ニューヨークなどの名だたる美術館、博物館には何度も足を運んでいますが、J.P.ゲッティー氏の美術館は、展示館そのものが美術品という、まったく違う感激を与えてくれました。
 一人の富豪が、自身の趣向でコレクションし、まったくプライベートな美術館を作り上げるというダイナミックなアメリカンドリームの『精華』を目にしたのです。J.P.ゲッティー氏の事業展開がどのようなものであったのかは、良く承知しておりません。いろいろ際どいこともあったのかも知れません。でも、このような『精華』を残してくれたことは、極東の一市民にとっても誠にありがたいことです。富豪の道楽から始まったのでしょうが、きちんとしたキュレーターや研究者も身近にいたのだろうことは、コレクションを見れば分かります。我々の知らないクリスティーズとかサザビーズとかのオークションの世界で、蒐集が続けられていたのでしょう。一人の人間のたかだか50年ほどの活動期に、これだけのコレクションを残すにはかなりの精力を傾注したでしょうし、詰まらない失敗もあったことでしょう。お金が文化に変わる過程は想像がつきません。
 今回の「ゲッティーセンター」の計画と建設は、ヴィラを訪ねた帰り道に眺めておりましたが、こんな規模で出現するとは思いも掛けませんでした。遺産を管理する財団も、素晴らしい仕事をしてくれました。建築家のマイヤー氏、インテリアデザイナーのデスポン氏の丁寧な仕事は、私たちを優しく迎えてくれます。美術館自体の規模はそれ程大きなものではありませんが、装飾美術部門の美しい展示は本当に嬉しいものです。
 J.P.ゲッティー氏は、フランスの装飾美術、17世紀から19世紀にかけての華やかな展開をコレクションのテーマにしています。このようなコレクションは、本場のパリではもちろん、ニューヨークでも見ることができますが、ゲッティー美術館ほど美しく展示し、楽しく見せてくれる所はありません。ロスアンゼルスという、私たち日本市民にとってはもっとも親しい海外都市に、このような公開性の高い美術館ができたことは、自分たちの文化資産が拡大したような気にさえなります。
 このスライド教材は、装飾美術部門の中でも家具を中心に編集し、インテリア学習中の生徒の方々がロスアンゼルスを訪問する時の参考資料となることを意図したものです。
スライドの写真は美術館資料写真の複写です。自前で撮影したものも大量にあるのですが、仕上がり具合はプロのものには適いません。今回はギブアップして、複写で紹介します。撮影者は次の方々です。
Jack Ross, Charles Passela, Ellen Rosenbery, Louis Meluso, Arex Vertikoff
解説文は、主としてAcknowledgementsに記載した資料を参考にしていますが、今回はかなりの思い入れと若干の独断を込めて作成しました。(松本 茂 1998年4 月1 日)


01

サンタモニカ・マウンテンのゲッティーセンター・西北からの俯観−1997年完成
(J.P.Getty Center, Aerial View)
ロスアンゼルスは、環太平洋圏の主要な都市の一つとして、私たち日本人にも馴染みの深い街です。このゲッティーセンターの美術館は、古代ギリシャ・ローマの遺産、ヨーロッパの絵画、写本、彫刻などの優れたコレクションを持っていますが、17,18世紀を中心とする装飾美術部門もたいへん充実しています。
センターはロスアンゼルスの西、サンタモニカに近い丘の頂上に広大な敷地(750エーカー)と素晴らしい眺望に恵まれて建てられました。建築設計者、リチャード・マイヤー氏は、この環境に幾何的な形態の建物群を房状に配置し、柔らかなトラバーチンのテクスチャーで包み込むという優しい空間を作り出しています。来館者が経験する美術館独特の疲れを癒すオープンスペースも豊かで、美を楽しむ工夫がいくつもなされています。


02

J.ポール・ゲッティー美術館・北ファサード−1997年完成
(North Facade of the Museum)
サンディエゴ・フリーウェイ(405号線)から出るとすぐそばにある駐車場(この使用だけは予約が必要で有料5ドル)で、トラムウェイに乗り換えて丘に上ります。頂上で下車すると、目の前にこの美術館のファサードが現れます。素敵なアライヴァルセンスです。1976年7月、J.P.ゲッティー氏の美術財団に対する巨額の遺贈をもとに構想された新美術館の建設は、1983年に計画決定され、89年に着工97年の開館までに14年の年月を要しました。ゲッティーセンターは、この美術館とともに、美術史・人文学研究、遺産保存、美術史情報処理、美術教育、美術館学の5つの研究所と美術関連助成事業団などの施設を含む、美術史研究・美術教育の総合施設です。


03

英国サリー州サットンプレイス邸館ダイニングルームのJ.P.ゲッティー氏−1959年撮影
(Mr. J.Paul Getty in the dining room at Sutton Place, Surrey,England)
1892年、ミネアポリスに生まれたJ.ポール・ゲッティー氏は、弁護士であった父親が始めた石油事業に若い頃から参画し、二つの世界大戦を経て巨万の富を得ました。彼は、事業経営と同じほどの情熱で美術品のコレクションにも傾倒し、古代美術から始めて、絵画の世界にはいり、36年以降はフランス18世紀の装飾美術の蒐集にも関心を深めました。59年には英国のサットンプレースにある16世紀初期のチューダー朝様式の邸館を購入し、彼の私邸兼本部事務所としています。この写真はそのダイニングルームの大テーブルに向かって食事のサービスを待つJ.P.ゲッティー氏を写したものです。ソリッドの金食器、燭台も彼のコレクションです。彼は、若い頃よりヨーロッパと合衆国に同程度に居住して事業経営に当たっていましたが、1954年には、キュレーターの勧めもありカリフォルニア・マリブにランチハウスを建て、蒐集品の公開を行いました。


04

カリフォルニア・マリブにあるゲッティー・ヴィラの俯観−1974年完成
(Getty Villa, Aerial View)
ランチハウスにおける蒐集品の公開、美術館の開設という経験を経て、彼は自分自身のコレクションに美術史的な正当性を確立したく、著名な美術史家バーナード・ベレンソン氏に師事し、イタリア・フィレンツェ近郊のベレンソン研究所(ヴィラ・イ・タッティに設置されたハーバード大学の施設…スライド教材『トスカーナのヴィラとガーデン』参照)で研究生活もしています。その学習で古代のローマンヴィラに関心を抱き、ヘラクレネウムのルキウス・カルプルニウス・ピソ(ユリウス・カエサルの父)のヴィラ(ヴェスヴィビオス火山の噴火で埋没)の再現を考えます。この俯観写真が1974年1 月に開館したゲッティー美術館の姿です。今回のセンター美術館の開館にともない、現在このヴィラは閉鎖中ですが、2001年には修復と増設の工事を終え、古代美術の研究所と美術館として公開される予定です。


05

サウスパヴィリオンのグレートホール−1680年代の再現
(Great Hall at South Pavilion)
新美術館は、リチャード・マイヤー設計の現代建築ですが、一番大きな装飾美術の展示館(サウスパヴィリオン)は、その室内を17世紀後半、ルイ14世の時代から、18世紀末、ルイ16世の時代にかけての様式で仕上げられています。このデザインは、ニューヨークに事務所を持つパリのエコール・デ・ボザール出身のフランス人建築家・インテリアデザイナー、ティエリー・デスポン氏によるもので、彼は1988年から計画に参加しています。美術館の中の美術館と呼ばれる展示室を14室完成させました。装飾美術の展示は、5 つのパヴィリオンの内2 つを占めています。このグレートホールは、1680年代の様式をイメージしたもので、壁のシルク・ブロカテル(リヨンの工場で17世紀の紋紙を捜し出して織った)の布張りは当時の夏期仕様です。腰壁の仕上げやドリス式円柱はややシンプルにすぎる感じがしますが、床のパーケットは時代を見事に再現しています。


06

レジャンス・初期ロココ様式の部屋・クレッサンのデスクとコモード− 1720-40年頃
(A Regence paneled bedchamber,1723)
デスポン氏が手掛けた14室の内、4 室はボアスリー(boiserie木工の装飾パネル)による精巧な仕上げがされています。このレジャンススタイルの部屋(chambre a coucher 個室・寝室)は、1720年代当時に作られたものを再現しています。1715年のルイ14世の没後、ルイ15世の親政が始まる1723年までの、オルレアン公の摂政時代を「レジャンス」と呼んでいますが、この部屋は初期ロココスタイルの雰囲気を良く再現しています。床のタピスリーはルイ14世が所有していたサヴォヌリー製です。中央の大きなデスク(Bureau plat)と右手の大鏡の下のコモード(Commodo)はシャルル・クレッサンの1735〜40年頃のものと思われます。

07

ルイ14世後期様式の図書室・選定公のデスクとゴールの小テーブル− 1670-1720年頃
(Regence room, 1670-1720)
このブルーグレーのボアスリーで仕上げられた部屋は、パリのヴァンドーム広場に面する個人邸の図書室を移築したものです。この図書室は1719年に作られていますが保存状態は誠に良く、修復も洗浄を主とした手法で行い、コーナー部分の一枚だけは全く修復せずに展示してあるほどです。
レジャンス時代の室内ですが、ルイ14世時代の様式からそれほど離れていません。暖炉上部のレリーフはルイ14世の横顔です。床のマルケトリーも見事な職人芸で、この個人邸の水準の高さは貴重なものです。
中央の風変わりなデスク(Bureau Mazarin)は、フランスに亡命したバヴァリア選定公の所有品(1692-1700年頃)で、真鍮、鼈甲、ピューター、銅、真珠貝などを多用した「ブールマルケトリー(Boulle marquetrie)」(ブールの作品の項で説明します)で仕上げられています。小テーブルはピエール・ゴールの1675年頃の作と思われます。


08

C.N.ルドゥーのデザインによるJ.P.オスタン館のサロン− 1791-92年頃
(C.N. Ledoux, Hotel de Jean-Baptiste Hosten, 1791-92)
18世紀後半に活躍した新古典主義の建築家クロード・ニコラ・ルドゥー(Claude-Nicolas Ledoux 1736-1806)は、大革命に翻弄された特異な存在として評価されています。ティエリー・デスポン氏もかなりの思いいれを持ってこの部屋の復元を提案したようです。1789年の革命はルドゥーの存在さえ奪いそうになりますが、その混乱期に唯一の仕事を提供したのが、アメリカのデベロッパーJ.P.オスタン氏で、彼に取っての革命後の唯一の作品に、1791年から着手し、93年の投獄までに一部だけが完成したものです。オスタン氏も未完成のまま国外に逃亡しています。(『パリに学ぶ装飾美術の歴史・建築編、インテリア編』参照)
シンメトリーな壁面は中央にシンプルな暖炉、左右と上部は大きな鏡で囲まれています。2脚のフォートゥイユは、1780年代のムニュジエ(椅子などの家具師)セネ(Jean-Baptiste-Claude Sene 1747-1803)のもののようです。


09

C.N.ルドゥーのデザインによるJ.P.オスタン館のサロン(部分)
(C.N. Ledoux, Hotel de Jean-Baptiste Hosten, 1791-92)
ルドゥーは貴族あるいは富豪の邸館をかなり設計していますが、このようなボアスリーの室内が残っているのは珍しく、パリで見られるのは、カフェミリテール、ユゼス館の移築復元(カルナヴァレ館)くらいで大変貴重なものです。このサロンはルドゥーのデザインを、彫刻師ルソー・ド・ラ・ロティエ(Rouseau de la Rottiere)が製作しています。ルドゥーの新古典は、古代ローマの大胆な復古で、ポンペイの発掘で人気の出ていたグロテスク風のモティーフと構成をボアスリーに使っています。かなり商業主義を意識したデザインですが、金塗装した単純な渦巻柱頭の付柱(ピラスター)、その両側は床までいっぱいの鏡で、壁面 境界を消すという不安感を演出したところに、当時の彼の心情を感じます。コンソールテーブルは 1765-70年頃のヴィクトール・ルイのデザインでピエール・ドゥーミエが製作したものです。室内復元はこの程度にして、コレクションをみてみましょう。


10

イタリア・ウンブリアのウォールナットのカッソーネ−1559年頃
(One of a Pair of Cassoni, Umbria, ca1559, #88.DA.7.1)
この美術館の装飾コレクションは、17−18世紀フランスのものを中心としていますが、17世紀以前のものも若干展示されています。ルネッサンス期イタリアのカッソーネは、いわば婚礼家具で、常にペアで新居にすえられたものです。このカッソーネは、ウンブリアの彫刻一族のアントニオ・マッフェイ(Antonio Maffei, Gubbio 1530-?)に帰属されています。中央に家紋、左右には葉飾りを深い浮き彫りで埋め、脚部は獣頭、台桁にはキマイラなどがあしらわれるという、グロテスク志向のデザインです。残されていた手書きのラベルによると、フォリーニョのプレシラ・デ・コンティが再婚相手のグッビオのチェーザレ・ベンティヴォーリオに持参したと記録されています。(H:750 W:1,815 D:590)


11

ピエトル・デュールのテーブルトップ−1580-1600年頃
(Table Top, Firenze or Roma, ca1580-1600, #92.DA.70)
ピエトル・デュール(伊 pietra dura, 佛 pietre-dure)は、古代ローマで用いられた大理石細工の技法が、盛期ルネッサンスのフィレンツェとローマで再生し華麗に開花した象眼技法です。17世紀にはフランスに招かれた職人たちによってその技法が伝えられ、鮮やかな発展を見せることになります。
このテーブルトップの制作年代は、チボリ礫岩が使われていることから、この礫岩がチボリの古代ヴィラから発見された1559年以降と推定されています。それぞれのパターンを白大理石で縁取っているため、たいへん軽快でいきいきした表情を見せています。 (W:1,365 D:1,130)

12

フランドルのオーク、ウォルナット、ツゲ材の飾り棚−1630年頃
(Display Cabinet-Toonkast, probably Antwerp, ca1630, #88.DA.10)
アントウエルペン(ベルギー北部の商業都市)で製作されたとみられていますが、製作者は同定されていません。建築的構成による家具で、当時の建築家デュセルソーやセルリオの図集に影響を受けています。3 本の円柱に挟まれた2 枚のドアには信仰と希望、トップを支えるカリアティッド(女人像の柱)には四季のアレゴリー像が使われています。慈善のアレゴリーは、中央部の二つのドロワーに子供像の浮き彫りで表されています。表面 象眼にはフルーツウッド(桜)、アラマンス(紫檀)、エボニー(黒檀)、鼈甲などが使われています。キリスト教理を主題にした華麗な飾り棚ですが、用途は日常生活用具を収納した様子がうかがえます。(H:2,102mm W:1,580mm D:745mm)


13

ドイツ・アウグスブルグのエボニーの飾り棚− 1620-30年頃
(Display Cabinet,-Kabinetttschrank, Augsburg, ca1620-30, #89.DA.28)
重厚な基段に立つこの飾り棚も建築的な構成です。アウグスブルク(ドイツ南部の都市)は16世紀後半から17世紀にかけて優れた家具師を生み出していますが、これも当地最大の家具師ウルリッヒ・バウムガルトナー(Ulrich Baumgartner 1579-1652)の作風を受け継いでいます。側面浮き彫りにALVBのモノグラムが付けられていますので、アルベルト・ヤンツ(Albert Janz)、ヴィンケンブリンク(Vinkenbrinck)の手が入っていると想定されます。精巧な模様の細工には、ペアウッド(ツゲに似た材)、オーク、ツゲ、ウォルナット、クリ、マーブル、象牙、貴石、鼈甲、パームウッド、エナメル、細密画が駆使されています。装飾の主題は、聖書、寓話、神話など多用で雑多なものです。用途としては、小さなドロワーなどは、貴重品類の収納に使われたようです。(H:730 W:580 D:590)


14

ローマの邸館で使われていたバロックスタイルの金塗装のサイドテーブル−1670年頃
(Side Table, Roma, ca1670, #86.DA.7)
ポプラ材に躍動的な彫刻を施した珍しいテーブルです。インスブルック生まれで、ローマで活躍したヨハン・パウル・ショル(Johann Paul Schor)、イタリア名ジョヴァンニ・パオロ・テデスコ (Giovanni Paolo Tedesco,Innsbruck 1615-1674 Roma)に帰属されています。ジョヴァンニはバロックの巨匠ベルニーニに従ってサンピエトロ聖堂の玉座の製作にも携わったといわれていますが、庭園設計から祝祭意匠まで手掛ける才人だったようです。月桂樹の幹に葉、果実を飾り、中央には鷲が隠れ、トップには貝が乗っています。今にも動き出すような激しさを秘めています。ポプラという柔らかな材質を使っていますが、金塗装でブロンズのような重量感を出し、踊るような葉の姿からは、ベルニーニの有名な彫刻『アポロとダフネ』を思い浮かべます。(H:1,700 W:2,250 D:850)


15

シャルル・ルブランの彩色パネル(10枚組の内の1枚)−1661年頃
(One of a Group of Ten Panels, Paris, ca1661)
この彩色ボアスリーは、明らかにシャルル・ルブラン(Charles Le Brun 1619-1690)のもので、しかも彼がルイ14世の財務卿ニコラ・フーケのヴォー・ル・ヴィコント城館の仕事をしていた時代のものに、極似していることから 1659-61年頃の製作と判断できます。ヴォー・ル・ヴィコント城館のフーケのアパルトマン(私室部分、遊戯室、寝室、図書室、食堂など)はこの技法のボアスリーで飾られています。特に図書室のものによく似ていますが、この展示品にあるような宗教的メダイヨン(四枢要徳:正義・慎重・節制・勇気)を持ったものはありません。美的感覚に優れたフーケに採用されずに、工房に残されたということかもしれません。フーケは、城館の落成パーティーに若いルイ14世を招き、その華麗な光景にいたく王の不興を買い、即座に失脚しました。ルイ14世は、フーケの城館を凌ぐものを作り出そうと、フーケの芸術家チーム、装飾家ルブラン、建築家ルイ・ルヴォー、庭園家ルノートルなどを一斉にヴェルサイユに送り込み大宮殿の建設を開始します。ヴォー・ル・ヴィコント城館は、小ヴェルサイユとして残され、フーケの美学を保存しています。(H:2,130 W:790)



16

凱旋山車を表わしたポルティエール− 1699-1717年頃
(Tapestry-Portier du Char de Triomphe, Paris, ca1699-1717, #83.DD.20)
ポルティエールは、出入り口(porte)に吊り下げてすきま風を防いだり、間仕切りとしてプライバシーを守ったりする役割を持っていました。このポルティエールの装飾テーマは、フランスとナヴァール(フランスの国境に接する現スペイン領にあった王国)の王家の紋章と武器やトロフィーを積んだ山車を描いています。このようなテーマは伝統的な室内装飾の主要なものです。ゲッッティーのコレクションは、1717年に王室に納められた6枚の中の1枚です。(H:3,575 W:2,778)





17

サヴォヌリー・シモン・ルールデ工房のカーペット− 1665-67年頃
(Carpet, Savonnerie, Chaillot, ca1665-1667, #70.DC.63)
カーペットは、近東ペルシャ、トルコが文化、技術的な源泉ですが、ルネッサンス期のヨーロッパはその製品輸入を経て、技術の導入にも懸命の努力を続けました。アンリ4 世は、1606年ピエール・デュポンによりルーブル宮にカーペット工房を開かせています。デュポンの弟子シモン・ルールデ(Simon Lourdet,1595ca-1667?)は、1627年に当時のパリ城壁の外(現在のシャイヨー宮の位置)にあった石鹸工場の建物を利用して新しくサヴォヌリー工房を開きました。パイル織りという本格的なカーペット技術は、ルーヴルとサヴォヌリーの工房にしかなく、しかも高価なものでしたから、オービュッソンなどでは従来からの綴織りの技術で一般需要に応えていました。このミルフルール(万華模様)風の大きなカーペットは、タピスリーに見られるような主題性はなく、いかにも近東の植物紋様を思わせるデザインです。回りのボーダーには花を盛った明朝染付磁器が配置されています。王室の趣味性に合わせた華麗なカーペットです。ウールとリネンのパイル、コットンの基布、プラッシュ仕上げです。(L:6,705 4,400)


18

ウォールナットとオークの書き物テーブル− 1670-75年頃 (Reading and Wrighting Table, Paris, ca1670-1675, #83.DA.21)
この小さなテーブルのトップは、読み書きの都合に合わせて傾斜でき、側面のドロワーには筆記具一式が納まるようになっています。トップのブルーのシルクヴェルヴェットは、近年の復元です。このテーブルはルイ14世の遺品調書に記載されていますが、製作者の同定には至っていません。調書によると、これは王の愛妾モンテスパン夫人のために造った陶器のトリアノン(1687年に現在のグラントリアノンに建て替え)に置かれていたようです。陶器のトリアノンはブルーと白のタイルで化粧されていましたので、この家具もアイボリーをベースにブルーに染色した角材の象眼という技法を使っています。当時のシノワズリ趣味による染付磁器(ブルー)の蒐集熱に合わせたのでしょう。ルイ14世とモンテスパン夫人は、陶器のトリアノンで昼食を取るのを楽しみの一つにしていたといわれています。
1936年、J.P.ゲッティー氏がニューヨークのフレデリック・ゲスト夫人のサットンプレースサウスにあるペントハウスに住むようになり、時代家具美しさとその魅力を知って、装飾美術を蒐集する気になってからの、家具コレクションの最初期の一つです。(H:635 W:485 D:355)


19

ピエール・ゴールの小さなペデスタルテーブル−1675年頃
(Table, Paris, ca 1675, #82.DA.34)
前出のブルーグレーのボアスリー復元室に置かれていたテーブルで、ピエール・ゴール(Pierre Golle,1620-1684, m.1656)によって、ルイ14世の皇太子ルイ・ル・グラン・ドウファン(ルイ15世の祖父)のために作られたものです。トップの2 枚のフラップには皇太子の紋章ドウファン(イルカ)が、フリーズ(側板)とペデスタルのスタンドにはフルール・ド・リ(ブルボン王家の百合の紋章)が象眼されています。2 枚のフラップを開くと、東洋風の意匠を身につけた3 人の女性が、キャノピーテントの下でお茶を楽しんでいる光景が描かれています。このことから、ティートレーなどを置くためのペアのテーブルとして使われていたと思われます。オーク材に鼈甲、真鍮、ピューター、エボニーの象眼、金ブロンズと金塗装が使われています。ペアの片方はイギリス王室コレクションに入っています。(H:767 W:420 D:361)

20

ヘラクレスとヒッポリュテーが支えるシャルル・ブールのキャビネット−1680年頃
(Cabinet on Stand, Paris, ca 1680, 77.DA.1)
この壮大なキャビネットは、ルイ14世によるオランダ戦争(1672-78)の勝利に伴うナイメーヘンの講和条約署名(1679)を主題にしています。中央1枚ドアのマルケトリーには、中心の雄鶏(フランスの象徴)が下左の鷲(神聖ローマ帝国)と右のライオン(スペイン)を踏み従えている光景が描かれています。上部フリーズ中央のメダイヨンはルイ14世の横顔の浮き彫りです。オーク材を白と金で塗装した2体の彫像は、左が最強の女、アマゾン女王ヒッポリュテー、右は最強の男、ヘラクレス、つまり最強の人々がルイ14世の体制を支えているという寓意が表されています。ただ、この主題をアウグスブルク同盟戦争における、1693年のシュタインケルクの戦闘と取る説もありますので、製作年代はそれ以降となるかも知れません。いずれにしてもシャルル・ブールの30歳代後半の、力強い創作性にあふれた銘品の一つです。(H:2,299 W:1,512 D:667)




21

シャルル・ブールのキャビネット(マルケトリーの部分詳細)
(Detail of central door)
シャルル・ブール(Andre-Charles Boulle, Paris,1642-1732, master-1666以前)は17世紀後半から18世紀初めにかけてのフランスを代表する大家具師です。彼はパリ生まれですが、父親はオランダのヘルダーランド出身で、ムニュジエ(椅子などの家具師)として1653年にサン・ジュヌヴィエーヴに工房を構えました。シャルルは1666年以前にムニュジエの親方資格を得ましたが、1672年にはルーヴルのギャルリーに工房を構える特権を獲得、翌年にはわずか31歳にして宰相コルベールの推薦で『王公認のエベニスト(キャビネットなどの家具師)、彫金師、金箔師、彫刻師』という家具師として最高の称号を取得しました。
これは自然材と着色材の精巧なウッドマルケトリーですが、彼の本領は鼈甲、真鍮、ピューターなどを駆使した象眼で、「ブール・マルケトリー」と呼ばれています。


22

スタンドに乗ったシャルル・ブールのコッフル−1684年
(One of Two Coffers on Stands, Paris, ca1684, #82.DA109.1-.2)
この石棺形のコッフルは、ルイ14世の皇太子がペアで作らせたもので、1689年の家財調書に1684年ブール納品と記載されています。コッフル(長櫃イタリアではカッソーネ)としてはかなり小振りなものですが、宝石類を納めたと考えられます。スタンドもブールの作ですが、17世紀末か18世紀初頭に追加されたもののようです。ウォールナットとオークを下地に鼈甲、真鍮、ピューター、角材、イトスギ、ローズウッド、エボニーで表面仕上げされている、盛期のブールマルケトリーです。このマルケトリーは鼈甲をベースに真鍮などを象眼した「プルミエールパルティー」(premiere partieポジ)ですが、抜き型となった真鍮などをベースに鼈甲を象眼した「コントルパルティ」(contre partieネガ)も同時に造られることも多く、このコッフルもイギリスのマールボロ公爵のブレンハイム城にコントルパルティが納められています。(H:1,566 W:899 D:558)


23

シャルル・ブールの華麗なマルケトリーのテーブル−1680年頃
(Table, Paris, ca1680, #71.DA.100)
マルケトリーの名人ブールの家具でもこの2種類の技法、ウッドマルケトリーと鼈甲・真鍮・ピューターのマルケトリーを華麗に駆使したものはたいへん珍しいものの一つです。ルイ14世の調書にこれとよく似たテーブルの記載がありますが、正確には同定できていません。ただ、技法の水準から考えて、疑いもなくブールの仕事でしょう。ルイ14世一族の誰かの所有であったと考えられます。ブールの手になる類似のテーブルと比較して、この作品は脚部とトップエッジのピューターのマルケトリーに特徴があります。(H:720 W:1,105 D:736)

24

シャルル・ブールの華麗なマルケトリーのテーブル(トップの詳細)
(Detail of Table Top)
エボニーの落ち着いた黒、鼈甲の深みのある赤、この2種類のトーンをベースに、真鍮とピューターによる縁取り、自然材と着色材の多用な樹種を使ったウッドマルケトリーのアレンジメントが見事です。モチーフは芍薬、ヒヤシンス、チューリップなどです。











25

シャルル・ブールのロングケースのパーンデュル(振り子時計)− 1680-90年頃
(Long-Case Clock, Paris, ca1680-90, #88.DB.16)
これは1657年にクリスチャン・ウイジャンが考え出した縦長振り子時計の初期の事例です。文字盤には"Gaudron AParis"と銘が付されていますので、当時の優れた時計師アントワーヌ・ゴードロン(Antoine I Gaudron 1640-1714)の製作したものでしょう。時計ケースは高さが 2.5mもあり、振り子が振れる中央部をふくらませ、中間部を思い切って絞ってあります。ゴードロンの時計は当時の最先端の技術を駆使していて、その誇りは、文字盤の下に刻まれた太陽運動の不規則性に挑戦する詩句に現れています。"Solem audet dicere falsum…太陽は嘘つきだと敢えて言おう"この時計とまったく同じものがエコール・デ・ボザール(Ecole Natinale Superieure des Beaux-Arts)にあり、ルイ14世の遺品調書および1792年の革命政府の調書によって、時計ケースがシャルル・ブールの製作であることが分かります。オーク材で造られたケースは、鼈甲、真鍮、ピューター、エボニーの植物模様のマルケトリーで、金鍍金ブロンズのオルモルが飾られています。(H:2,465 W:480 D:190)









26

中国皇帝物語シリーズの『天文学者たち』と名付けられたタペストリー
(Tapestry,"Les Astronomes" from the series L'Histoire de l'empereur de la Chine, Paris, ca1697-1705, #83.DD.338)
このタペストリーは、ルイ14世が嫡出子として認知したモンテスパン夫人の子トゥールーズ伯爵(1678-1737)が作らせた10枚組の内の1枚で、精巧な細工のボーダーには夫人のモノグラムと紋章が表現されています。
この10枚組のタペストリーは17世紀当時の中国の歴史を主題とし、この1枚は清朝の順治帝(在位1644-61)が地球儀の側に立ち、顎ヒゲをはやし椅子に掛けているドイツジェスイット派の神父アダム・シャル・フォン・ベル(1592-1666)に話し掛けている情景を表しています。神父ベルは彼の天文学の知識により清朝に厚遇されていました。右側に見える大きな環状天球儀は、ヨーロッパの技術をもとに中国人が製作したもので、現在でも北京の天文台に保存されています。(H:4,240 W:3,190)


27

暖炉飾りの時計ケース・テラコッタモデル− 1700-10年頃
(Model for a Crock, Paris, ca1700-1710, #72.DB.52)
この当時、暖炉の上には手の混んだ細工の置時計が飾られていました。このテラコッタモデルは、発注者へのプレゼンテーションのために、作られたものですが、これによって完成された現物は発見されていません。発注者の気にいらなかったのでしょうか。デザインが気にいらなかったのか、主題が好まれなかったのか。主題の「プロセルピナの誘拐」は歴史画ではたびたび登場するドラマティックで、ややエロティックなところが時代風潮に合致したものです。バランスの取れた美しい形態は、発注者にも伝わったはずですから、主題に問題があったと、解説者は独断しています。当時の装飾家は、発注者の心情を推し量って、主題の選択には大変慎重でした。主題のない、抽象的な装飾は発注者の状況が見えない時に取った選択だったのではないでしょうか。(H:787 W:521 D:242)



28

ゴブラン製のタピスリー『12月のモンソー城』− 1668-1712年
(Tapestry "Le Mois de Decembre, le chateau de Monceaux" from the series Les Maison royales, Paris, before 1712, #85.DD.309)
このタピスリーは、ゴブラン王立製作所のジャン・ド・ラ・クロア(Jean de la -1712)の工房で作られたことが、右下隅のボーダーの縫い取りに"I.D.L.CROIX"とあることで分かります。ゴブラン王立製作所は、16世紀に創設されていたゴブラン家(Gobelins)のタピスリー工場を1662年にルイ14世が買収し、1604年創業のサヴォヌリー工場も合併して王立の工場としたものです。前述したフーケの失脚(1661.8.17.)にともなって登用したシャルル・ルブランをこの製作所の主任デザイナー兼所長に任命しています。このタピスリーもルブランの商品企画・下絵デザインをもとに製作された12の月を主題にしたシリーズの一枚です。ルブランの下絵による連作は、すべてルイ14世の所有する城館とそこでの生活光景を表現したものですが、ある種のフィクションではあります。ルイ14世は、中景で猟犬を先導させている騎乗の姿で表されています。(H:3,175 W:3,308)


29

ゴブラン製のタピスリー『12月のモンソー城』(部分詳細)
(Tapestry "Le Mois de Decembre, le chateau de Monceaux" Detail)
モンソー城は、パリの東40km、モーの近くにあり、メディチ家出身の二人の女王の思い入れのある城です。カトリーヌ・ド・メディシスは、建築家フィリベール・ドロルムと彫刻家プリマティッチオに造営を託し、マリー・ド・メディシスは、建築家サロモン・ド・ブロッスに工事を引き継がせ、後には彼にパリのリュクサンブール宮殿の造営(1617年)もまかせています。1642年のマリーの死後は荒廃が進み、1650年頃からは住むこともできなくなったと言われていますが、その廃墟の光景が極めて風情のあるもので、画題などに生かされていますが、このタピスリーは、マリー時代の状況を背景に描いています。前景には、二人の若い楽士と大きな弦楽器、誠に平和な光景で、ヨーロッパに戦乱をもたらすことなどないかのようなメッセージを伝えています。しかし同時に、見たこともないような珍しい鳥の姿や異国風なカーペットを挿入して、王の支配圏の広大さを誇示しています。タピスリーは、室内壁面の重要な装飾エレメントですが、室内気温の維持、断熱という機能のためにも大切なものでした。このタピスリーは、コットンの基布にウールとシルクで織り出されています。


30

バヴァリア選定公のものと思われるブールマルケトリーのデスク− 1692-1700年頃
(Desk-Bureau Mazarin, Paris, after 1692-ca 1700, #87.DA.77)
バヴァリア選定公マックス・エマニュエル(Max Emanuel,1662-1726)が使用していたものではないかと推定しています。選定公のボンネットや紋章のモチーフが使われていることから、選定公がパリの職人に発注したものであることは確かです。ゲッティー美術館の学芸員は、デスクのキーホールにMEというモノグラムが彫られていることと、エマニュエル公が1704年パリに亡命した時の調書の一部にブールマルケトリーの家具に関する記載があることで、所有者の同定をしています。デスクトップの紋章は、公の亡命後に新しい所有者によって付け替えられていますが、その紋章は同定に至っていません。(H:705 W:890 D:510)

 

31

フランス財務長官ピエール・クロザのタブレ− 1710-20年頃
(Stool-Tabouret, Paris, ca1710-20, "84.DA.970)
このレジャンススタイルのタブレ(ストゥール tabouret)は、ルイ14世の末期に財務長官として財を成し、美術蒐集家としても名を馳せたピエール・クロザ(Pierre Crozat,1661-1740)が、パリのリシュリュー通りに構えた屋敷のためにそろえた家具類の中の一つです。フォートゥイユ(肘掛椅子)、カナペ(長椅子)などと共に、モロッコ革に絹糸の縫い取り模様をつけた張地で揃えられています。1740年の遺産調書では、フォートゥイユ12脚、カナペ2 脚、タブレ4 脚と記載されていますが、実際にはフォートゥイユ6 脚、カナペ2 脚、タブレ2脚しか残されていなかったようです。しかも第一次大戦でドイツに奪われ、戦後返却された時には、タブレが1 脚紛失していました。その紛失した1 脚が、シカゴ、ニューヨークのコレクターの手を経て、1984年にゲッティー美術館の収蔵品となったのです。6 脚のフォートゥイユの内2 脚が、1989年クロザの子孫によってルーヴル美術館に寄贈されています。(『パリで学ぶ装飾美術の歴史・ルーヴル美術館編』参照)このタブレの張地革は、ルーブルのものに倣ってオリジナルの姿に修復したものです。(H:470 W:635 D:480)


32

シャルル・ブールのメダルキャビネット− 1710-15年頃
(Medal Cabinet,Paris, ca1710-15, #84.DA.58)
このキャビネットのドアの内側には、メダルあるいはコインの蒐集用として22枚の浅い引き出しが備わっていましたが、後代の所有者によって、葉巻のヒュミダー(適湿貯蔵庫)に変えられています。これとペアの片方はエルミタージュ美術館にあり、オリジナルの姿を残しています。2枚のドアにつけられたマスク、中央框のマーキュリーのカドセウス(蛇が巻き付き先端には鷲の双翼がある杖)、側面のライオンの頭部は金ブロンズで飾られいます。ロベール・ド・コットの息子ジュール・ロベールの1767年の遺産調書に記載されているキャビネットが極似しています。ブールの家具もレジャンス時代には、次第にエレガントになってきたようです。(H:825 W:1,400 D:725)


33

サボヌリーの布地による3つ折れ屏風の片双 − 1714-40年頃
(One of a Pair of Three-Panel Screen-Paravents, Chaillot, Paris, ca1714-40, #83.DD.260.1-.2)
高さが9フィートもあるこの屏風は冷たいすきま風を防ぐためのものです。絵柄は、暖かい日ざしを浴びている庭園の東屋、咲き乱れている花々や色鮮やかな南国の鳥などを描き、厳しい冬の室内を暖めるかのようです。
この屏風は当時シャイヨーにあったサヴォヌリー工場で製作されたものですが、優れた染色技術を示していて、現在でも鮮やかなオリジナルの色彩が保たれています。(H:2,736 W:1,932)







34

女性頭像のある後期ローマンバロックスタイルの壁付きサイドテーブル− 1720-30年頃
(Side Table, Roma, ca1720-30, #82.DA.8)
人や動物のマスクと女性の頭像がダイナミックに踊っているこのテーブルは、ローマンバロックの後期スタイルですが、変形したガーランド(花環飾り)や装飾エレメントの姿にロココへの移行が感じられます。リンデン(菩提樹)ウッドとスプルースに金塗装で、のたうつストレッチャーにはイタリアバロック木彫の底知れない力を感じます。
イングランド東部リンカンシャーのグリムソープ城とローマのバルベリーニ館にこれと対のものがあります。これら3つのテーブルは、元来はローマの邸館のグランドホールに4つまたは6つのセットで置かれていたものと考えられています。トップは後代に替えられた大理石の薄片張りです。(H:939 W:1,905 D:965)


35

怪獣像のある初期フランスロココスタイルの壁付きサイドテーブル−1730年頃
(Side Table, Paris, ca1730, #79.DA.68)
この大きな壁付きテーブルは初期フランスロココの精巧な代表作です。ライオンの頭部、ドラゴン、蛇、キマイラ(頭はライオン、胴は山羊、尻尾は蛇の怪獣)といった装飾モチーフは、ロココにたびたび登場するものです。このテーブルには、2 卓の同じデザインの小さなテーブルが付属して、同じデザインによるボアスリー仕上げの大きなサロンに据えられていたようです。このような木彫の家具は、建物ムニュジエ(menuisieres en batiment)が、室内仕上げといっしょに製作していました。椅子などの職人は家具ムニュジエ(menuisieres en meuble)といい、ともに製作者を表すスタンプ(証印estampiller)を押すことを求められなかったので、作者の同定はかなり困難です。高価なテーブルやキャビネット類の職人はエベニスト(ebenistes)と呼ばれ、職人の地位、製作物の価格も全く異なっていました。ムニュジエ出身でエベニストの組合に入ることは非常にまれなことでした。(H:893 W:1,702 D:813)




Acknowledgements:

"Masterpieces of the J. Paul Getty Museum, Decorative Arts"; Charissa Bremer-David, Catherine Hess, Jeffrey W.Weaver, Gillian Wilson, 1997

"The J. Paul Getty Museum and Its Collection, A Museum for the New Century"; John Walsh and Deborah Gribbon, 1997

"The Getty Center Decorative Arts Galleries, Thierry W.Despont's Classical Space in Los Angeles' Modernist Museum"; Hunter Drobojowska Philip,'Architectural Digest', December 1997

"French Furniture Makers, Art of the Ebeniste from Louis XIV to the Revolution"; Alexandre Pradere, Translated by Perran Wood, 1989, Ste Nlle des Edition du Chene



ポール・ゲッティー美術館(2)

戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com