オルセー美術館
Musee d'Orsay

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「オルセー美術館 Musee d'Orsay」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集
(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編はオルセー美術館に収蔵されている装飾美術の主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。


01

オルセー美術館
(Musee d'Orsay)
1900年、ヴィクトル・・ラルーによって完成されたオルレアン鉄道の終着駅は、1939年以降廃駅になり、長期間にわたって放置されてきましたが、1973年になり美術館への転用が計画されました。その後、さまざまな政治変動に左右されながらも、1977年から本格的に改修のプロジェクトが開始されました。





02

中央ドーム
(Grand Coupole)
イタリアの女性デザイナー、ガエ・アウレンティの素晴らしい計画で全面改装され、1986年12月に美術館として開場しました。列車の線路とホームのあった駅の大空間は、2層にテラスを設け彫刻などの展示場としています。主要な装飾部分は忠実に復元され、ラルー時代の意匠を活かしています。
この美術館は『1848年から1914年まで』の芸術作品(建築・インテリアや映画・印刷物などを含めて)を、緻密な企画により展示して、快適に見学できることを意図した新時代の美術館です。








03

中階展示案内図
(Plan de Niveau Median)
「地上階」はアングルからモネまでの絵画、カルポーなどの彫刻、ヴィオレ・ル・デュクやオペラ座と街区などの建築が「最上階」にはセザンヌ、ゴッホ、ルノアール、新印象派などの絵画が展示してあります。
これは「中階」の案内図で、[キャメル色]のテラス部分Q・Rはロダン、マイヨール、ブールデルなどの彫刻の展示、[ラベンダー色]の部分にこれから紹介するアールヌーボーの装飾美術が展示されています。Uはフランス・ベルギー、Vはギマール、Wは他の各国、Xはウイーン、グラスゴー。




04

祝典の広間
(Salle des Fetes, Niveau Median)
「中階」にあるこの広間は、駅舎に付属していたホテル(1973年に廃業)の宴会場です。19世紀末、ネオバロックの華麗な装飾技法を目にすることができます。この近く、妻側にあるレストランもホテル時代のもので、見事な装飾や天井画が残されています。ネオバロックの室内装飾はシャルル・ガルニエのオペラ座の大階段室やギャラリーなどにも残されています。




05

オーベック邸の長椅子
(Canape en l'Hotel Aubecq,1904,Victor Horta,1861-1947)
ベルギーの建築家ヴィクトール・オルタが、1904年にブリュッセルに建てたオーベック邸で使われていたカナペです。トネリコ材により、自然で控え目な曲線を描き出し、明るい生地塗装で仕上げています。初期の仕事から、巧みな曲線表現を多用していたオルタが、オーベック氏の嗜好をもとに新しい形態を模索したものといえるでしょう。。




06

小椅子
(Chaise, 1896, Henry Van de Velde, 1863-1957)
アンリ・ヴァン・ド・ヴェルドの初期の家具作品の一つです。画家として仕事を始めていた彼は、1895年から家具やインテリアをデザインするようになりますが、この椅子は1896年のものです。インド紫檀を削り出した微妙な曲線と量感の変化に、彼の感性が現われています。義姉の音楽家イルマのために作ったものです。彼は家具以外にも金属製品・布・陶磁器などにも良い仕事を残しています。。




07

ベッド
(Lit double, 1899, Gustave Serrurier-Bovy, 1858-1910)
リエージュの家具デザイナー、ギュスターブ・セリュリエ・ボヴィーはヴァン・ド・ヴェルドなどに、英国のアーツアンドクラフツ運動をいち早く伝えています。日本の工芸にも関心を持っていましたが、このベッドの小物棚や飾り金具の使い方などにその影響を感じます。このベッドと組になった化粧台と箪笥も展示されています。マホガニーのワックス仕上げです。



08

ロワ邸のヒーターカバー
(Meuble formant Cheminee de Hotel Lois,1897, Hector Guimard, 1867-1942)
ベルギー・ブリュッセルとともに、アールヌーボーの隆盛を支えた都市の一つはパリです。エクトール・ギマールは16区にカステル・ベランジェを建てていた同時期に、このレ・ジェヴリルのロワ邸を造っています。このヒーターカバーは、暖炉に代わるような装飾性の高い家具で、インドマホガニーが作り出す曲線は、それまでの木工では考えられなかったような可塑的表現を見せています。



09

ロワ邸の喫煙用長椅子
(Banquette de Fumoir de Hotel Lois, 1897, Hector Guimard, 1867-1942)
同じロワ邸ビリヤード室の長椅子です。パリの地下鉄で見せる鋳鉄細工の仕事を思わせるような思い切った曲線を使っています。左手に喫煙道具の小函を捧げているこの長椅子は、まったくの非対象です。彼は日本の床の間や家具などの非相称構成に興味を持っていましたので、その影響もあったように考えられます。




10

ロワ邸の窓ガラス
(Glace de Hotel Lois, 1897, Hector Guimard, 1867-1942)
これも同じロワ邸の小サロンの窓ガラスです。透明の板ガラスに描かれた曲線は、具象的な植物や花を表したものではなく、室内のさまざまなエレメントの形を引き継ぐ抽象的なラインを示しています。繊細な鉛の縁取りと色ガラスのバランスと、奔放で整理されたパターンは、かなり強い印象を与えます。




11

ベナール邸の食堂
(Salle a Manger de Hotel Benard, 1900,Alexandre Charpentier, 1856-1909)
銀行家アドリアン・ベナールの別荘の食堂を移築したものです。パリ出身の彫刻家、アレクサンドル・シャルパンティエが1900年に造ったもので、壁面のボアスリーや柱型などに、力強い表現を見ることができます。






12

小椅子
(Chaise, 1895, Emile Galle, 1846-1904)
ナンシー派の代表者エミール・ガレは、ガラス工芸の分野で高く評価されていますが、この小椅子は、1895年頃のものです。当時のアーツアンドクラフツ運動やベルギーの動きに刺激されて、工芸家ガレが室内調度品の世界にも新しいアートを生みだそうとしていた姿が見えます。






13

ラン模様の本箱と机
(Orchidee,Biblioteque et Bureau,1905,Louis Majorelle,1859-1926)
ルイ・マジョレルはナンシー派の主要な家具デザイナーの一人で、これは彼の、ランをモチーフとしたビューローと本箱です。マホガニーで彫り出した彫塑的な形態に金鍍金のブロンズによる装飾という手法が、彼の華やかな感覚をうまく表現しています。両脇のランプは彼のブロンズとドーム兄弟のガラスで作られています。




14

睡蓮模様のベッド
(Nenuphars, Lit double,1905, Louis Majorelle,1859-1926)
ルイ・マジョレルはルイ15世・16世様式の家具製作で成功していた家具デザイナーでしたが、1895年頃からアールヌーボースタイルの家具を発表して人気を博しました。このベッドと左脇のナイトスタンドは、睡蓮をモチーフとしたもので、1900年のパリ万博に出品して大きな評判を得ました。




15

ベッド
(Lit double, 1900, Eugene Vallin, 1856-1922)
このベッドもやはりナンシー派のウージェーヌ・ヴァランによるものです。ルイ・マジョレルが植物や花のモチーフで曲線を飾ったのに比して、彼は抽象的でよりダイナミックな形態を作り出しました。このベッドでも、両脇のナイトテーブルを支える太いピラーによって、力強い安定感を出しています。





16

鏡付きの箪笥
(Armoire a Glace, 1900, Eugene Vallin, 1856-1922)
この大きな鏡のついたアルモアールは、前出のベッドと組になっているものです。前面の4本の直線ピラーと上部に張り出した櫛形の庇は、たいへん建築的な構成を見せています。インド産の紫檀を使った彼の代表的な作品で、高さ280cm、幅213cm、奥行65cmという大きなアルモアールです。




17

肘掛け椅子
(Fauteuil, 1900, Eugene Vallin, 1856-1922)
同じウージェーヌ・ヴァランのフォートゥイユです。ベッドとアルモアールに見たようなダイナミズムはありませんが、椅子の機能性ををしっかり確保した中に、流れるような曲線を繋いでいます。







18

椅子
(Chaises, 1905, Josef Hoffmann, 1870-1956)
1897年、ウイーンでは『ゼツェッシオン−分離』のスローガンを掲げたデザイン運動が結成されました。この4つの椅子はヨーゼフ・ホフマンの1905年から1908年頃までの作品です。これまでの様式的な美から、見事に分離した別の美の姿を突き付けたのです。これらの椅子にはともに曲木が使われています。





19

肘掛け椅子
(Fauteuil, 1901, Adolf Loos, 1870-1933)
分離派のさまざまな試行錯誤は、幾つかの潮流を生み出していきますが、1901年にこの椅子をデザインしたアドルフ・ロースは、1908年には『装飾と罪』と題する著作によって、一切の『装飾』を否定することを表明しています。20世紀モダンデザインの一つの理論的出発ともいえるでしょう。





20

白いベッド
(Lit blanc, 1904, Charles Lennie Mackintosh, 1868-1928)
同じ時期、スコットランド・グラスゴーで独自の仕事を進めていたチャールス・レニー・マッキントッシュのものです。この作品は彼の大切なクライアント、ミス・クランストンの寝室のために作られ、白い家具シリーズと呼ばれています。キャノピーのついたベッド、小テーブル、箪笥などすべて直線で構成されていて、装飾はたいへん控え目ですが、極めて個性的な表情を見せています。




装飾美術を学ぶパリのその他の施設
このスライド集では6つの施設を取り上げましたが、これら以外にも素晴らしい宝庫がたくさんあります。その中から次の二つを紹介します。
ルーブル美術館
(Le Musee du Louvre, Metro Louvre-Rivoli,T:40/20/51/51 開館 9:00〜16:00、月・水曜は21:45分まで、休館 火曜および祝祭日。日によって閉鎖される部屋も多いので確認を要す)
世界有数の規模を誇るこの美術館は、13世紀フィリップ・オーギュストが築い たパリの重要な砦をもとに、フランソワ1世以後の諸王が造り続けた巨大な城館を利用しています。美術館としての利用は、フランス革命以後(1793年8月10日最初の一般公開・1993年は200周年記念行事)のことですが、膨大な収蔵品が複雑な空間のなかに展示されていますので、効率的な観覧のためには事前にかなりの準備しておかなければなりません。特にここ数年は大規模な改修拡大の工事が進められていますので、最新の情報による下準備をお勧めします。装飾美術関連の情報を以下に上げます。 ドノン翼の最東端2階にある『アポロンのギャラリー』はルイ14世の命により巨匠ルブランが手掛けたものですが、ベルサイユの大造営が始まったため未完のままに放置さ れていましたが、大2帝政時代にドラクロアの指揮で完成を見ています。ルイ14世様式のギャラリーとしては最大の傑作です。このギャラリーを東に方形宮シュリー翼に入り、古代エジプト部門を通り抜けたところの東翼(コロナードの間)と北翼、西翼の一部が装飾美術の展示部門です。古代・中世・ゴシック・ルネッサンス・ルイ14世時代・ロココ・ネオクラシック・アンピールなど名匠の作品を見ることができます。
パリ市庁舎
(L'Hotel de Ville de Paris, Metro Hotel de Ville,T:42/76/40/40 サロンの入館は第一月曜日の10時30分に案内事務所・Bureau d'Accueil, 29 rue de Rivoliにて受付。T:42/76/43/43 変更されることが多々あるので確認を要す)
パリ市民の自治を象徴するこの庁舎は、王権との永い係争の歴史を持っていますが、現在の姿に完成したのは1882年7月13日です。建物完成の後、内部の装飾はさまざ まな長期の論議(保守派・共和派・自治主義者)を経て妥協案が成立し、厳選した12名の委員のもとで公開コンペと特命依頼の二本立てで装飾計画をまとめることとしまし た。主要テーマは「パリの歴史、共同体の国家権力からの解放、パリ市の英雄エティエンヌ・マルセルの生涯」としています。これらは、Salle de Fetes,  Escal iers des Fetes, Salon d'Introduction, Salon de l'Art, Salon d'Entree, Salon de s Lettres, Salon des Sciences, Salon Lobau, Salon Cheret, Salon Detailleなどのさまざまなサロンに、19世紀アカデミズムにより華麗に表現された装飾を見ることができます。


戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com