ニシム・ド・カモンド美術館
Musee Nissim de Camondo

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「ニシム・ド・カモンド美術館 Musee Nissim de Camondo」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集
(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編はニシム・ド・カモンド美術館に収蔵されている 主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
4.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。


01

ニシム・ド・カモンド館
(Hotel Nissim de Camondo)
パリ8区モンソー公園のそばにあるこの美術館は、カモンド伯爵が子息ニシムの戦死(第1次大戦)を追悼して、自邸とコレクションの一切を装飾美術協会(Union centrale des arts decoratifs)に寄贈して開設されたものです。

コレクションは18世紀ルイ15世・ルイ16世様式の最高級の家具、タピスリー、ボアスリー(金塗装木工)、金銀細工、陶磁器、彫刻、絵画などが、きれいに修復された18世紀貴族邸館のサロンにしつらえてあり、フランス装飾美術の素晴らしさを味わうことができます。この美術館も、公立ではなく装飾美術館と同様に上記の協会が運営しています。

       Nissim de Camondoフランス空軍将校
       1917年9月5日 空中戦にて戦死。


02

玄関ホールと大階段
(Vestibule et Grand Escalier) 収蔵番号 #7,#12,#15,#16
市松模様の大理石床と金ブロンズの手摺という貴族邸館の典型的なスタイルです。中央ベルジェールはX字型の脚とローズ色のベロアの張り地というイタリア様式の珍しいもの。アルコーブにある白大理石の壺とエジプト御影石の台は1760年頃、階段昇り口のブロンズアプリク(壁付燭台)は1766年、白大理石のビナスとキューピットの彫刻も1760年頃のもの。



03

コンソールテーブルと染付細首花瓶
(Console et Bouteille) #3,#14
ヴェスティビュールの両壁には、このコンソールと花瓶が対面して置かれています。コンソールは天板がアルプス角礫大理石、脚部がコキーユとロカイユモチーフの金塗装木彫で1750年頃の作、高さ81cm、幅 132cm、奥行61cmあります。龍雲紋様の花瓶は、高宗乾隆帝(1735-96)時代の作で高さ80cmです。。





04

泉水盤・フォンテーヌ
(Fontaine) #30
ロココ的なヴェスティビュールのフォーカルポイントになっているのが、この大きなフォンテーヌです。ローヤルレッドの大理石でコキーユ型の盤とスクロールの脚部を彫りだし、それに鉛製イルカ像吐水口を緑色に塗装された葦が囲むという手の込んだものです。1760年頃。高さ 180cm・幅 190cm・奥行69cm。





05

肘掛け椅子・フォートゥイユと香炉
(Fauteuil et Brule-parfum) #37,#38
大階段2階ホールにペアで置かれたフォートゥイユと香炉です。フォートゥイユの背と座は黄色地に華麗な花模様を織り出したサボヌリーのタピスリーで張られています。レジャンス後期1725年頃の作です。3本脚の香炉は金塗装の木彫とブロンズ製で、1775年頃のルイ15世末期様式。高さ 105cm。





06

壁掛け・タピスリー
(Chancellerie en Tapisserie) #45
階段室の壁面に納められたこのタピスリーは、アルジャンソン伯爵のシャンスルリー(貴族章飾り)と いわれています。ブルボン朝のユリ紋様入り青色地の中に天蓋に覆われたフランスの栄光を象徴する盾を二人の天使が支える図像があります。ルイ14世時代1685年頃のゴブラン工場製。縦 3.5・横 3.6m。





07

公式執務室・グランビュロー
(Grand Bureau)#47,#48,#49,#114
階段室にもっとも近い所にある18世紀貴族の華麗なビュローです。室内のボアスリーはピア・ジョセフ・ソーヴァージュによるもので、正面の暖炉は白大理石を真珠と金ブロンズで飾っています。左右の飾り箪笥にはジャン・フランソワ・ルルーの銘があります。このビュローにはラ・フォンテーヌの寓話による6枚のタピスリーが飾られています。




08

蛇腹蓋付の事務机と椅子
(Bureau a Cylindre et Fauteuil de Bureau) #55,67
このシリンドル(蛇腹蓋)のついた机はバーズアイのマホガニー製で、金ブロンズで飾られています。クロード・シャルル・ソーニエの銘があり1775年頃の新古典様式。高さ123cm・幅 133cm・奥行68cm。椅子は座と背の内側が皮張りで外は籐張りで、木部は金塗装、脚には机と同じく縦溝が彫られています。





09

布張り椅子・ベルジェール
(Bergere) #66
暖炉の前にペアで置かれているベルジェールです。金塗装された高い弓型の背と縦溝の脚、時代風の縞柄ベロアは、ルイ15世後期様式の特徴を示しています。クロード・シェビーニュの銘がある1780年頃のものです。高さ 102cm・幅73cm・奥行74cm。






10

ゲーム椅子
(Chaise Basse) #70
これも暖炉の前にペアで置かれているヴワイユーズスタイルのシェーズバスです。この椅子はたいへん低い座と肘乗せの付いた背を持ち、座った婦人と後の立った紳士がペアになってゲームを楽しんだり、時には逆に腰掛けて肘や顎を背に乗せて座るように作られた遊び椅子です。脚部には牝鹿の意匠、座面の帯にはコキールの模様が彫られ、グレーに塗装されています。高さ97cm・幅56cm・奥行46cm。



11

グランサロン
(Grand Salon)#121,#134,#135,#176
グランビュローの隣にある、白と金のボアスリー、白大理石に金ブロンズの暖炉、大きな鏡というルイ16世様式のサロンです。左右の黒い漆塗りの箪笥はアダム・ワイスワイラー、中央の丸型ゲリドンはピエール・フィリップ・トミール、カナペなどの椅子はジョルジュ・ジャコブ、絨毯はサボヌリー工場 の1678年製です。





12

婦人用書き物机
(Bureau de Dame) #126
このサロンに置かれたローズウッドの婦人用ビュローです。金ブロンズの飾り金物と花模様のセーブル陶器、ブロンズの縁取りのある弓型に反った細い脚などが女性的な優しさを表現しています。1766年 7月30日にメートル・エベニストの資格を得たマルタン・カルランの初期の仕事です。このMaitreEbenisteとは、宮廷に出入りする家具職人に与えられた尊称で、永年の修行を積み、親方とギルドの推薦を得て初めてこの尊称を王より受け、独立の工房を持ちます。Marqueteur(象眼細工師) Orfevre(金銀細工師)なども同じです。









13

丸テーブル
(Table Ronde) #133
婦人用ビュローのそばに置かれたローズウッドのサイドテーブルです。天板とフリーズはセーブル工場製の花模様陶板で飾られています。天板と中棚板には金ブロンズの止め縁が回されています。やはりマルタン・カルランの作で、1770年頃のものです。高さ73cm・直径41cm。






14

小型コンソールテーブル
(Console) #180
グランサロンからユエのサロンへの通路にある小さなコンソールです。ロカイユ形態の1本脚は金塗装の木彫で飾られ、天板は角礫大理石で作られています。ルイ15世初期様式による1745年頃のものです。高さ86cm・幅50cm・奥行38cm。






15

蛇腹蓋・シリンドル付の小型机
(Bureau a Cylindre) #191
ユエのサロン(サロン名はここに飾られている8枚の絵の作者ジャン・バプティスト・ユエによる)にある婦人用の書き物机です。曲面になった花模様のマルケトリー(寄木細工)が美しいこの机は、ルイ15世時代の名工ジャン・フランソア・エーバンの1760年頃の作です。高さ98cm・幅82cm・奥行52cm。ジャン・バプティスト・ユエ Jean--Baptiste Huetはフランス革命の前後に活躍した絵描き、パターンデザイナーで、トワレドジュイやレベイヨン壁紙のために気品ある古典的なデザインをしています。









16

長椅子・カナペと足載せ・タブレ
(Commode, Salon safran, #44)
ユエのサロンにあるルイ16世様式のカナペです。長方形のシンプルな背にロカイユの尖頭飾りと両端部の箙型の飾り、捩じれた脚などが特徴的です。木部は金塗装、張り地は絹でライトブルーの地に白を織り出しています。1775年頃のジャン・バプティスト・セネのもの。高さ 105cm・幅 161cm・奥行72cm。





17

食器下げ用コンソール
(Console-desserte) #238
明るい緑色を基調に仕上げられた食堂の大きな鏡パネルの前に置かれたコンソールです。高さは 1m、幅は 1.9m・奥行55cmもあるサービス用のものですが、マホガニーに金ブロンズの飾りと3枚の白大理石の甲板などを使った見事なものです。アダム・ワイスワイラーによる1780−90年頃の作。





18

食卓と椅子
(Table et Chaises) #240,#243,#267,#268
ジャン・アンリ・リーズネルによる1775−85年頃のマホガニー製1.6m角の食卓です。テーブルカバーはボーヴェイ工場製で、薄い黄色の地に花模様を織り出したタピスリーです。椅子はグレイッシュパールに塗装され、オービュッソンの布が使われています。絨毯もオービュッソン製で1760−70年頃のもの。





19

泉水盤・フォンテーヌ
(Fontaine)#260
このフォンテーヌは濃い茶色の大理石で、バロック的な背とコキールの盤を彫り出しています。吐水口になっているイルカの彫刻とパームの脚部は、珍しいイタリア・シェナ産の黄色い大理石を使っています。高さ 185cm・幅79cm。1740年頃のもの。イルカ・Dauphin ドーファンはブルボン朝の王太子を象徴しています。





20

陶磁器の部屋
(Cabinet des Porcelaines) #270,#271
食器類の小部屋です。奥の丸テーブル(H70,Dm90)と隣のトロリー備えてあります。皿やカップなどはシャンティイ、セーブル、マイセンなどで揃えられています。丸テーブルの上にあるのは銀製のセルスプーンです。







21

私的執務室
(Petit Bureau) #337,#340,#344,#345,#349
この部屋のボアスリーは灰緑色の地に金のアクセントという押さえた仕上げです。暖炉は濃青色のトルコ大理石、左右のガラス戸棚はローズウッドの寄木張り、事務机はマホガニーに金ブロンズ。左手の寄木張りの2段ビュローにはロジェ・バンデルクルーズの、小さな円筒型のテーブルにはシャルル・トピーノの銘があります。





22

腰高箪笥・コモード
(Commode) #339
ビュローに置かれたロジェ・バンデルクルーズのコモードです。これにも、繊細な細工のマルケトリー(寄木張り)と端正な金ブロンズ飾りが使われています。天板は斑紋入りのスペイン産大理石です。高さ89cm・幅 130cm・奥行59cm。






23

小テーブル
(Table) #346,#448
中に置かれた小テーブルです。大理石天板の下に引き出しが一つあります。高さ71cm・幅52cm・奥行36cm。床に敷かれた長方形のオービュッソン柄の絨毯は、楕円形のメダイヨンにさまざまな花模様をちりばめています。4.33×3.47cm。













24

裁縫テーブル・トリコトゥーズ
(Table Tricoteuse) #347
天板と中段板はダイヤ型の寄木になっています。天板に深い立上がりがついたこの小さなテーブルは、編み物や裁縫用に使ったもので、道具類を収める引き出しもあります。ジャン・アンリ・リーズネルの1788年の作です。高さ78cm・幅77cm・奥行35cm。






25

枝付き燭台・カンデラブル
(Candelabre) #467
3階のギャラリーに置かれたペアの燭台の一つです。総ブロンズ製で、黒と金で塗り分けられています。7本の蝋燭が花瓶に生けられたケシの花から立ち上がっています。高さ1.22mの御影石の台座に乗ったこの燭台は1.17mもある大きなものです。















26

事務机と事務椅子
(Bureau Plat et Fauteuil de Bureau)#522,#533,#543
3階青のサロンにある大きなビュローです。木部は寄木細工で仕上げられ、天板と左右の引き出し板は黒い皮張りになっています。高さ81cm・幅1.93cm・ 奥行98cm。引き出し板に乗っている文具函にはマリー・アントワネットの紋章がブロンズで飾られています。事務椅子の背と座は籐張りです。




27

図書室
(Bibliotheque) #587,#591,#623
3階の図書室です。中央の丸テーブルは白大理石の天板、大きく反った4本の脚、簡素なブロンズ飾りを持っています。高さ73■・直径 1■。ベルジェールとフォートゥイユは、赤と白を織り出したベロア張りです。8角形のメダイヨンを持つ絨毯はオービュッソン柄のサボヌリー製、1765−75年頃のもの。





28

寝室
(Chambre a Coucher) #634,#646,#721
3階にある寝室です。(ベッドはアルコーブに入っている)ボアスリーは淡いグレーと白で塗装されています。絨毯はサボヌリー製で、4つのコーナーに大きな花柄のメダイヨンがあります。窓際のグレー塗装のベルジェールはクロード・ルクレールの作です。






29

肘掛け椅子・フォウトゥイユ
(Fauteuil) #647
長方形の座と背を持ったこのフォートゥイユは、グレー・青・ローズで塗装され、直線構成の古典的な形態に優しさを加えた秀作です。ジョルジュ・ジャコブの1780−90年頃の作です。高さ91cm・幅62cm・奥行52cm。







30

第2寝室
(Deuxieme Chambre) #757,#759
3階にある第2寝室です。中央の2本脚の小テーブルは、マホガニー製で1760−70年頃のもので、高さ75cm・長さ 131cm・幅50cm。金属製のベッドは、スチールの骨組みにブロンズの飾りを付けています。高さ 108cm・長さ 213cm・幅 126cm。








戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com