装飾美術館のコレクション
Musee des Arts Decoratifs

戻る装飾美術 Decorative Art

はじめに

「Musee des Arts Decoratifs の装飾美術」はインテリア学習者の教材用に1993年に作成したスライド集(パリで学ぶ建築と装飾美術の歴史 インテリア編)を再編集したものです。
1.本編は装飾美術館に収蔵されている 主要作品を収録した。
2.調査・撮影は1983年から91年、編集・解説記述は93年に行った。
3.同館図録(Chefs-d'oeuvre du Musee des Arts Decoratifs)からの引用は(資料写真)と記した。
4.収蔵品データは仏文表記しているが、原稿入力の都合でアクサンを付していない。
5.固有名詞のカナ表記は現地音にならったが、慣例のあるものはそれに従った。

01

装飾美術館
(Musee des Arts Decoratifs)1993年撮影
ルーブル宮のリボリ通りに面する北翼の西端建物が、この美術館に使われています。最西端部のパヴィヨン・ド・マルサンはモード博物館です。ルーブル宮のこの部分はナポレオン1世と3世の時代に建設されています。スライドはカルーゼル広場側より見たところ。1991〜93年現在調査発掘のため工事中です。この美術館はルーブル美術館のような国の施設ではなく Union Centrale des Arts Decoratifs 装飾美術協会という民間の団体によって運営されています。他のページで紹介するニシム・ド・カモンド美術館もこの団体の運営です。

02

装飾美術館各階案内図
(Plan de Musee des Arts Decoratifs)
このスライドは装飾美術館の1996年当時の各階案内図です。第1層の濃い黄色部分は20世紀モダンデザイン、グレーの部分はアールヌーボーとアールデコなど。第2層の薄緑色部分は13〜16世紀・中世・ルネッサンスなど、この館でもっとも旧い時代のもの。第3層のピンク色の部分は17世紀・ルイ13世・ルイ14世様式、水色部分は18世紀・ルイ15世様式など。第4層のパープル色の部分は18世紀・ルイ16世、ベージュ色の部分は19世紀・アンピール・王政復古期・ルイフィリップ・第2帝政様式の家具調度品が展示してあります。
1996年、この美術館に隣接するカルーゼル広場の地下工事の進行にともなって全館閉館となりましたが、98年1月に中世・ルネッサンス部門だけが公開されました。全面公開は2002年の予定です。訪問の際には、公開の時間などを確認されることが必要です。(同館案内リーフレットより)

03

金属飾りの付いた長櫃・コッフル
(Coffre a Pentures)
1300年代にフランスで作られた、楢材の厚板を組んだ長櫃です。側板と底板の厚さは6センチもあります。このような長櫃は衣装やタピスリーなどを収めたもので、もっとも日常的に使われた代表的な家具です。素朴なパターンの鉄製金属飾りがロマネスク時代らしい力強い表情を見せています。(資料写真)

04

『ヘラクレスの苦行』と呼ばれる長櫃
(Coffre dit"Des Travaux d'Hercule")
1546年という制作年が彫り付けられています。クルミ材に精巧な彫刻が施された長櫃です。ギリシャ神話の英雄ヘラクレスが成し遂げた12の苦行の中から4つのシーンを表したものです。この図像はリモージュ聖堂の彫刻を模したものといわれています。フランソワ1世時代のイタリアルネッサンスとの交流をしのばせます。(資料写真)

05

2段重ねの箪笥・アルモアール
(Armoire a Deux Corps)
1500年代後期のものと思われる、やはりクルミ材に彫刻したものです。勝利と栄光を表すレリーフは金で塗装され、黒大理石の象眼が効果的に配されるという、とても技巧的な作品です。形態はたいへん建築的で、ルネッサンス様式で作られ始めるイルドフランスの城館様式につながるものです。
16世紀も後期になると長櫃を主要な家具としていた時代から、このようなアルモアールを衣装箪笥として使用するようになります。(資料写真)
高さ 179cm、幅 151cm、奥行 111cm



06

肘掛け椅子・フォートゥイユ (Fauteuil)
1600年代後期のもので、これもクルミ材にていねいな彫刻を施したこの時代の逸品です。堂々とした構成の肘掛け椅子で、アカンサスや小花など古典的なモチーフの彫刻が躍動感のある形態を美しく飾っています。湾曲した大きな肘掛けが、力強さを感じさせます。部分的に金塗装もされていて、太陽王と自らを呼んだルイ14世が育てていく装飾美術の黎明期、ルイ14世初期様式らしい、質の高い技巧を感じさせます。(資料写真)




07

王妃の肘掛け椅子・フォートゥイユ (Fauteuil a la Reine)
1720年頃のもので、これはブナ材を使い木部全面に金塗装を施したものです。ロカイユ模様やコキーユのパターンなどが装飾のモチーフに使われています。ルイ14世時代は1715年に終り、わずか5才の曾孫がルイ15世として王位を継承しましたので、1726年までオルレアン公が摂政となります。この時期をレジャンスと呼んで、ルイ15世様式への過渡的なものとしています。これは女性用のフォートゥイユですが、ルイ14世様式の豪壮な装飾が優美さを加えた新様式に変わってきています。(資料写真)




08

肘掛け椅子・フォートゥイユ (Fauteuil)
これもレジャンス様式のフォートゥイユです。クルミ材にコキーユ(貝殻coquille)の模様が彫られています。座や背の張り地は、ゴブラン織りのような厚手の生地が使われることもありました。背面のパネリングも当時のものを復元したものです。






09

長椅子・カナペ (Canape,英 Settee)
これは1730年代のカナペ・2〜3人掛けのフォートゥイユで、クルミ材に金塗装を施したものです。木彫部分の全体に精巧なロカイユ模様を浮き出させ、ルイ15世様式の華麗さが強調されています。ロカイユ(rocaille)とは自然の岩の形を指す言葉で、これをモチーフにした装飾をロココ(rococo)と通称するようになります。

10

肘掛け椅子・フォートゥイユ (Fauteuil)
1760年代のフォートゥイユです。クルミ材にロカイユ模様を彫りだしていますが、かなり抑制されたスタイルになっています。張り地の絵柄は当時のシノワズリー趣味を示す装飾です。ロココ様式には中国の装飾美術のモチーフ Chinoiserieも良く取り入れられました。





11

籘張りの小椅子・シェーズ (Chaise a Canne)
同じ時代に作られたサイドチェアです。籘を使った椅子は軽量で持ち運びに便利なため、17世紀の後半からイギリスで普及し、ヨーロッパ各国でも多用されるようになりました。インフォーマルな様式ですが、多人数にフレキシブルに対応できるものとして重宝されるようになります。






12

書き物机・スクレテール (Secretaire)
1760年代に作られたスクレテールです。クルミ材本体に金鍍金のブロンズで流れるような美しい曲線を描き出しています。鏡板の表面化粧はさまざまな色彩の銘木がインレイ(寄木象眼)されています。このような技法を駆使する職人はマルケトゥール(marqueteur)と呼ばれ家具製造に重要な位置を占めていました。右側のコーナーチェアは、イギリスではバーバーズチェアと呼ばれるもので、ライティングチェアとして使われました。
籐椅子の流行……1666年 9月、史上有名な『ロンドン大火』で重い家具の持ち出しに苦労した経験から、籐椅子の軽量さが高く評価されて急速に普及しました。そのため、木製椅子や張り地の業者が売れ行き不振に困ったといい伝えられています。

13

たれ飾りのついた書き物机・スクレテール (Secretaire "En Pente")
このスクレテールは、1748年ルイ15世がポンパドール夫人のために完成させたベヴュー城に納められたものです。クルミ材に青と赤のうるし塗装、金鍍金のブロンズ、シノワズリーの風景と花の象眼、それに鉄の薄板を縁飾りのようにインレイするというたいへん凝ったものです。ポンパドール美術をますます優美なものにしたようです。女性用のスクレテールは個人的な書き物、化粧などに使われていました。(資料写真)



14

女王の小椅子・シェーズ (Chaise a la Reine)
このサイドチェアは,1770年頃のもので、ブナ材で作られています。装飾の彫刻を見ると、かなり単純な線をデザインの主要なモチーフにしているように、ルイ15世様式末期の姿が、ネオクラシック様式の到来を告げているようです。この小椅子は、化粧室などに使われたものと思われますが、ルイ16世の末弟アルトア伯・後のシャルル10世の住まいに入れられました。(資料写真)





15

ネオクラシック様式のサロン (Salon en Style neo-classicisme)
装飾美術館にはこのような復元室内が多数造られています。このサロンは古典様式のピラスター(付柱)コラムのある暖炉、古代モチーフの壁飾りなどをバックグランドにして、直線的な脚を持った椅子やテーブルが見られます。窓飾りもローマ風の古典スタイルです。


16

丸テーブルと小椅子・シェーズ (Table Ronde et Chaises)
このような小椅子は背に籘編みを用いていることからも分かるように、日常的な使い易さを求めて作られています。ネオクラシックの知性志向と新しく成長し始めたブルジョア階級という時代状況が、装飾の世界にも新精神を生み出してきたといえるではないでしょうか。


17

腰高箪笥・コモード (Commode)
1764年、ジャン・フランソワ・ルルーの製作になる、楢材とマホガニーのコモードです。ルルーはリーズネルと同じくジャン・フランソワ・エーバンの工房で仕事をした名工です。このコモードは、マダム・デュバリーのために作られたもので、ベルサイユ宮に保存されていました。ルイ15世様式末期の秀作です。(資料写真)
高さ 86cm、幅 140cm、奥行 61cm。

18

18 腰高箪笥・コモード (Commode)
これも同時代のコモードです。ロココ時代のコモードに見られた曲面の細工などは影を潜め、古典様式の端正な形態とブロンズによる直線の強調が、控え 目な装飾性を格調あるものにしています。このコモードは開き扉によってドロワーを見せないように工夫するなどの新嗜好を示しています。





19

配膳箪笥・シフォニエ (Chiffonnier)
1768年、ジャン・アンリ・リーズネルの製作になる、楢材にクルミやエボニーなどの堅木で寄木仕上げをしたシフォニエです。シフォニエは衣服ではない布製の装飾品や食堂用の布類を収納するものです。高さ 141センチのこの箪笥は、上に2段、下に3段の大きなドロワー、最上部にも浅いドロワーがついています。繊細なブロンズ細工の縁飾りや鍵飾りが、には、技巧的なマルケトリー(寄木仕上げ)によって花籠が表されています。(資料写真)




20

書き物箪笥・ボヌールデュジュール (Bonheur-du-Jour)
1805年頃、シャルル・ジョセフ・ルマルシャンの製作になるボヌールデュジュールです。バーズアイのあるキューバマホガニーが使われています。引き出し付き天板の奥に、小型の戸棚をつけた女性用の書き物机をボヌールデュジュールと呼びます。これは第1帝政期の典型的なアンピール様式です。ブロンズの飾りはエジプト・ギリシャ・ローマをモチーフにして、女性用家具とは思えないような、力と均整の美を表現しています。これはマルメゾン宮殿に納められたものです。(資料写真)
高さ 130センチ。

21

ボルドー公の揺籠・ベルソー (Berceau du Duc Bordeaux)
王政復古期1820年、フェリックス・ルモンの製作になる幼児用の揺籠です。ニレやトネリコ材などの根材に高度な加工を施し、金箔張りのブロンズでアンピールを越えるほどの華麗で威厳のある装飾性を持たせた作品です。太陽・神権を象徴するモチーフを高々と掲げています。長さは 1.3mですが高さは 2.2mもあります。この揺籠の主はブルボン朝最後の国王シャルル10世の孫で、父ベリー伯が暗殺されたこの年に誕生し、ブルボン王党派に担がれてシャンボール城を手に入れ、パリコミューン内戦後には最後の王位継承に挑戦しますが惜敗しています。(資料写真)


22

コンソールテーブル (Console)
第2帝政期の1864年、パリ・シャンゼリゼに新築されたペーバ侯爵夫人の邸宅のために作られた4つのコンソールの一つです。金箔張りのブロンズ台座と2体の青年像が支えるマーブルとオニックスのトップは、セカンドアンピールの洗練された古代嗜好を示しています。(資料写真)
高さ 110cm、幅 161cm、奥行、58cm。


23

化粧用テーブル (Table de Toilette)
1867年、ポール・クリストフル、エミール・オーギュスト・レイベール、ギュスタブ・ジョセフ・シェレなどの製作になるテーブルです。格調ある建築的な形態に奔放な彫刻と繊細な金属細工をともなった、セカンドアンピール時代の装飾技巧の円熟を感じさせる大作です。
高さ 70cm、幅 95cm、奥行 62cm。


24

燭台テーブル・ゲリドン (Gueridon)
1904年、エクトール・ギマールのデザインによる梨材のゲリドンです。ゲリドンは、ルイ16世時代に考え出された3本脚の燭台を乗せる小型テーブルで、高さを調節できるようになったものです。このゲリドンはギマールが設計したレオン・ノザール邸のために作られたものです。アールヌーボースタイルは、金属やガラスのような鋳造する素材でも、木材や石などの切削加工する素材でも、流れるような力感のある形態を生み出しました。(資料写真)
高さ 76.5cm、幅 53cm、奥行 46cm。
(装飾美術館にはアールヌーボーの秀作も多数展示されています。)

25

長方形の箪笥・キャビネ (Cabinet "Etat Rect")
1922年、エミール・ジャック・ルールマンのキャビネです。キャビネという言葉はもともと納戸・物置などの小部屋(英 closet)を差すものでしたが、このような収納家具の呼び名にもなりました。ルールマンはこのキャビネで、18世紀からの輝かしい伝統を持つ化粧張り技法を現代風に蘇らせようとしたものです。象牙の白と、マカッサル黒檀の黒という、鮮明な対比で大胆に表現しています。建築的でスクエアなキャビネにこの化粧張り表現の曲線は極めて印象的です。(資料写真)
高さ 126cm、幅 85cm、奥行 32cm
(この美術館にはアールデコスタイルの、ジャンヌ・ランバンのアパルトマンの一部が復元展示されています。)

26

寝椅子・シェーズロング (Chaise Longue)
1941年、シャルロット・ペリアンのデザインになるシェーズロングです。ナラ材の脚部、ブナ材の曲木に竹材のスラットという独創的な構成は、日本の工芸指導所の依頼によりデザインされたもので、1941年に東京と大阪の高島屋で展示されました。その後日本民芸館に収蔵されていましたが、1985年に装飾美術館に寄付されています。(資料写真)

27

繰り返し模様の壁紙・パピエパン (Papier Peint,Panneau a Motifs Repetitifs)
1778年にレベィヨン壁紙工場で作られたものです。18世紀、手描きによるパピエパンが普及し出したのに目をつけたジャン・バプティスト・レベィヨンは、1765年から版木印刷によるパピエパンの量産を考案し、このような繰り返し模様のエンドレス長尺の製品を開発しました。(資料写真)

28

アラベスク模様の壁紙・パピエパン (Papier Peint,Panneau Arabesque)
1788年、同じレベィヨン工場で作られた壁紙です。タピストリーで飾られた壁面の効果を、このような量産20色刷りの壁紙で代用できるようにして、たいへん人気を博しました。レベイヨンは、劣悪な工場で労働者を長時間酷使することで巨万の富みを築くことに成功しましたが、平等思想に目覚めた高揚期民衆の槍玉に挙げられて1789年 4月にその屋敷を襲撃されてしまいました。(資料写真)






戻る装飾美術 Decorative Art

戻るSite Map


生活美学社 松本 茂 / 250-0045 神奈川県小田原市城山4-1-11
Shigeru Matsumoto, Architect / Societe Art de Vivre, Odawara Japan
smat2@nifty.com